ビルドガイド: イブリン - Evelynn

イブリン: ビギナー向けAPイブリン

執筆者: mask (最終更新日: 2016-08-29 07:13:27)

4,819   0

6
0
100%
トップページ > ビルドガイド検索 - イブリン > 【ビルドガイド】イブリン: ビギナー向けAPイブリン
このガイドはバージョン 6.17.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 魔力の神髄(III) 魔力 +4.95
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

1st

最優先

お金が余ってるとき

おすすめ武器

おすすめ防具

最終ビルド例1

最終ビルド例2

最終ビルド

イントロダクション
イブリンでキル取りまくれるとめちゃくちゃ楽しいです。
基本性能があまり高くないので立ち回りはやや難しいですが、操作は簡単なので、ハンドスキルに自信が無い人にもおすすめのチャンプです。
著者のレートは低いため、高レートでは通用しない事も記載されてるかもしれません。悪しからず。
長所と短所
長所
- 1. (レーン)passiveのステルスのおかげで、Gankルートが多彩/味方レーナーとGankのタイミングを合わせやすい。
- 2.(集団戦)防具を積んでultを複数の敵に当てれば、イニシエーター/壁役にもなれる。
- 3.(集団戦)瀕死の敵を尾行して、キルを回収するのが得意。
- 4.育っていれば奇襲のプレッシャーのおかげで、敵の行動をかなり制限できる。


短所
- 1. 序盤でGankに失敗すると、以降何もできない。
- 2. 装備が整っていないと、大抵のチャンプに殴り合いで負ける。
- 3.ピンクワードを置かれると行動を制限される。

サモナースペル



勿論必須。
青スマイトを持った後は主に対チャンピオン用スペルとして使います。
クリープにはウルフ、カニ、ドラゴン/バロンのみに使用。連続で使用するとクールダウンが長くなり、gank力が著しく下がるので注意。


主に確実にキルが取れる際の追撃に使用。
フラッシュが残っていれば序盤のタワーダイブも積極的に行えます。逃走にはWを使うのが理想です。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R
Q→E→Wの順で取得。
以降R→Q→E→W。


半永久ステルス。ただし、一定の範囲に敵にはステルスが看破されます。
戦闘時以外はなるべくステルスを維持してマナを保ちましょう。
レベルが上がるとステルス復活までの時間が短縮されます。
ステルスが解除されるのは以下の場合。
・戦闘時(攻撃をする/される)
→AAが自動で入る設定にしてある場合、意図せぬ攻撃でステルスが解除されるので注意(付近にワードを置かれた時等)。
→継続ダメージ中はタイマーが進まず、一向に再ステルスできないので注意。
・リコール時
→敵のステルスワードが置かれてそうな茂みでリコールするのは危険です。
・オラクル・オルタレーション使用時
→理不尽な仕様です。ステルスワード探すために自身のステルスを犠牲にするのは惜しいので、 こっちを持ちましょう。


一発の火力は低いですが、回転率が凄まじいです。
敵に追いつけなくてもQを連発してるだけで殺せることも。
対象は選べないので、敵の周りにミニオンが居る場合は先にEを当てるといいです。


単なる移動速度と思いきや意外と奥が深いです。
ユニットすり抜けと、キル/アシストによるCD解消が強力。
元のCDは長いので、使いどころが肝心。
敵がスローCCを持たない場合、あるいはCD中の場合はこのスキルで突っ込む事が有効だが、そうでない場合は後出しで使うべきです。
上述の通り、キル/アシストによってCDが解消されるので、タワーダイブ後の撤退を容易にしてくれます。


ダメージソースその2。高ダメージ+その後のAS上昇が嬉しい。
APビルドの場合でも、ASのあがった通常攻撃は十分なダメージソースになります。
ただし調子に乗って、殴り合いの強いファイター系champに張りつくと、多少のヘルス差があっても返り討ちにされてしまうので注意です。
オブジェクトには使えないので、タワーを殴る時は敵ミニオンにこれを当ててからフォーカスを変えましょう。


使い方は主に二通り。
①孤立しているが、ヘルスが残っている敵を奇襲する時のローンチとして。
②集団戦のイニシエート/セカンドイニシエートとして。

①の使い方は簡単です。こちらが見えていない敵に当てて、その後は張りついて殴るだけです。勿論フルヘルスのファイター等に当てても絶対勝てないので調子に乗らないように。何度か使ってる内に勝てる時/そうでない時が分かるようになってきます。

②イニシエートスキルとして使う理由は、このスキルが対象の現在体力に比例したダメージを与えるためと、シールドを得た自分が、一時的にダメージの受け手を引き受けられるためです。後から使っても敵の体力が減っているのでダメージ出ない/味方のタンクや後衛がフォーカスされ、不利なダメージ交換になりやすいので、温存する意味は薄いです。
ただし、敵同士が一定の距離を保っていてultを置く場所が無い(複数の敵に当てられない)/ステルス解除後にダメージを出しつつ生存できる、有効な立ち位置が無い、等の理由でultを打てない場合は、敢えて使わずに、集団戦後に①の使い方をするのもアリです。
その場合自分はステルス状態を保ったまま戦闘に参加しない訳ですから、当然味方は集団戦に負けます。敵の生き残ったchampの内、ヘルスが大きく削れたchamp/主要スキルがCD中のchamp/明らかに孤立しているchamp/茂みでリコールしようとしているchamp、これらの条件を満たす敵を追いかけて瞬殺しましょう。うまく行けばキル交換を同等まで取り戻せます。しかし味方からは文句を言われます。
アイテム
コアアイテム

序盤のGank力を高めるためにチル・スマイトは必須です。
エコーは魔力と移動速度が手に入って一石二鳥。


blink無しのイブリンにとって、この武器は魅力的。増加ステータスも悪くないです。
レーン戦でのGank精度をあげたいイブにとって、安価で早期に積める点もグッド。




靴はソーサラーシューズが主流のようですが、個人的にはこちらをおすすめしたいです。
Roam能力が大きく上がるので、短時間で複数のレーンに顔を出せるし、敵の懐に潜り込む速度がめちゃくちゃ早くなります。Blinkを持たないchampには確実にQ、Eが入るでしょう。
W→パッシブ+モビリティの効果で逃げ性能も高いです。


単純に火力を出したいならこちら。
一つのレーンにキャンプする場合や、敵に柔らかいのが多い場合にはこれを積むのがいいでしょう。


武器

Qの回転率のお蔭で、敵追跡時に半永久的にスローを掛ける事ができます。
ある程度tankyにする必要があるイブによって、体力増加も嬉しい。


クリセプを積まないならこれ。
移動速度増加で追尾性能は上がるし、自動効果が発動すればこちらの方が火力は出ます。
逃げる敵に追いつけるのは自分だけなので、自分がcarryしたい人向けかもしれません。
素材アイテムの シーンとの相性がいい。
地味にクールダウンもついてるのもプラス。


火力と防御性能を同時に高められるのが嬉しい武器。
魔法防御系の防具を積まないのなら、必ずこれを積みましょう。


単純に火力が大きく上がります。イブは何より機動力を優先したいので、買うとしたら4手目以降でしょう。


キルを取りつつ死なない事が前提の武器。スタックが溜まれば移動速度と魔力を得られるので、イブと相性がいいです。
死なない自身があるなら積んでください。
中盤までにフルスタック溜められれば、ADCをワンコンできるようになり、試合がぶっ壊れます。



防具

物理防御をあげることで、主にADCとのタイマン性能があがります。また、自動効果によるスローとダメージアップ・クールダウン短縮でQの回転率上昇で、火力の底上げも期待できます。
リッチベインと重複して買わないように。


防御性能に加え、移動速度とスローも得られる。
アイスボーンとの選択になると思いますが、体力も得られる分こちらの方が堅くなれるので、安定します。



敵にフォーカスされてハードCCをくらいがちな時はありかもしれません。(そうならないよう立ち回るのがベストですが)

立ち回り
・スタート~1stRecall
・アイテムを買ったら直ぐに敵jungle(bot)まで走って行って、敵が居るかどうか偵察しましょう。相手が自分の視界に入っても、相手にはこちらが見えてないので、敵junglerがtopスタートかbotスタートか一方的に知る事が出来ます。敵の集団に捕まったら死ぬので、ブッシュを探る時等は要注意。

・もし相手がinvadeするのを察知したら、pingを鳴らして撤退するか、他の味方が近くにいる場合は寄って貰って当たりましょう。勿論負けそうな構成の時は当たりません。

・青sideでも紫sideでも最初にbot側のバフを狩ります。イブ(APの場合は特に)はjungleを周るのがきついので、タンクサポートが居る場合はダメージを受けてもらい、そうでなくても多めのleashをもらうといいです。とどめはスマイトで。

・イブは序盤のgankを警戒されて、カウンタージャングルを受ける事も多いです。敵junglerがbotスタートの時は、川の茂みに ワードを置きましょう。味方midレーナーに置いてもらってもいいです。敵junglerがtopスタートの場合は置かなくてもいいですが、不安なら置きましょう。ワードを置いた後はウルフ/鳥を狩ります。

・この時点でかなりヘルスが削られてるので、カニ(回復アイテム)を狩ります。安全に行く場合は敵jungleに入って対面がどっちの森に居るか確認し、敵が居ない方のカニを狩ります。急いでいるばあいは、敵jungleがbotスタートの場合はtop側のカニ、topスタートの場合はbot側のカニを狙いましょう。大抵それで安全に狩れますが、万が一敵に見つかった場合、そのカニは放棄して反対側のカニを狙いに行きましょう。どちらにしても、狩ってる最中に敵が来ても察知できるように、敵森の入り口にワードは忘れずに。二回目のスマイトはこのカニに使います。

・ここまで来たらお待ちかねのgankの時間です。topでもbotでも好きなレーンに行きましょう。敵がプッシュしているレーンより、ダメージ交換が激しく、敵レーナーのヘルスが減っているレーンが狙い目です。

☆最序盤のgank
・川から入っても味方の裏から入ってもいいですが、敵にステルスが看破されないようにだけ注意してください。敵が下がったら逃げ場がないため、裏から入るのはあまりおすすめしません。

・何も考えずに闇雲に突っ込んでも味方は付いてこず、自分が死ぬだけです。焦らず時が来るのを待ちましょう。まだレベル3になっていない場合は、この間にちゃっかり経験値を吸って、レベル3になっておきましょう。

・出るタイミングは、味方が仕掛けた瞬間/相手がスキルを使った瞬間です。Wで加速して、Q→E→AA→Q→AA→Q…で敵をガンガン削りましょう。ミニオンが邪魔な場合はEから入ります。後一発の所で敵がタワー下に逃げ込んでも、自分のヘルスが残っていればフラッシュインして殺しましょう。ミニオンウェーブやスローの反撃があってもWで離脱できます。ただし敵レーナーのスネアやスタン等のハードCCスキルをあてられると、確実に死にます。

・1stガンク後、ヘルスが十分に残っていれば他レーンへガンク、あまり残って無ければファーム、瀕死なら即リコールしましょう。再ガンク時にはルートがばれやすいので、敵のカウンターガンクに十分気を付けてください。イブはカウンターガンクに非常に弱いです。あまり敵を深追いせず、敵にQ一発当てるだけでもいいという気持ちでガンクします。イブはレーンに顔を出すだけでも敵にプレッシャーを与えられ、ビジョンワードを買わせることができるので、少々へっぴり腰なガンクくらいで丁度いいです。

・1stリコールでは必ず ストーカーブレードを購入します。キルを取っていれば ブーツも変えるでしょうが、お金が足りなければブレード優先です。 ビジョンワードは必ず一つは購入したいです。


・二周目~lv.6
・二周目以降は狩り残したバフと通り道のクリープだけ狩って、Gankもしくはカウンタージャングルに直行しましょう。この際Gank時にスマイトが使えるように連発は控える事。

・二周目以降のGankも一周目と基本変わりませんが、敵レーナーがリコールした場合はTabで ビジョンワードを持っているかどうか確認し、それを使用したようならば、川からではなく、必ず味方の裏から入るようにしましょう。二周目以降は特にカウンターガンクに警戒する必要があるので、敵junglerのルートにしっかりワーディングを。

・敵が序盤のジャングル周回で高ヘルスを保つのが難しいアサシン系ジャングラーならば、カウンタージャングルを仕掛けるのもありです。敵に見つからないよう注意しながら森に侵入し、視界を確保します。おすすめはウルフが居る側のジャングルです。ウルフにスマイトを打って視界を確保した後、ワーディングや青バフ狩りを行いましょう。ウルフが残っていなかったら敵ジャングラーがついさっきまでそこでじゃんぐリングしてた証拠なので、カウンターガンクのリスクが低い状態で、そこから近い方のサイドレーンにガンクできます。

・イブリンはファームを積極的に行わないので、大抵lv.6先行されます。というか、レーンでウロウロする時間が長くなりがちなので、味方全体のレベリングが遅れたりします。そうなった場合Gankが刺さるどころか、返り討ち必至なので、レベルが追いつくまではファームターンになります。バフはなるべく味方に渡したいので、ウルフ、トリ、カニを中心に狩ります。一周廻り終えたらヘルスがごっそり減るのでリコールしましょう。


・lv.6~レーン戦終了まで
・やることは基本変わりません。通り道のクリープでファーム→Gank/敵jungleに侵入してワーディング。ただしこの辺りからは大抵敵junglerの方が有利な時間帯になるので、攻めよりも守りの時間となります。敵の森の視界を確保して敵の動きを掴みつつ、確実かつ安全に敵を狩れるレーンへGankに行きます。botレーンに行く際は敵junglerのカウンターやtopレーナーのテレポートによって集団戦になりやすく、リスクが高いです。行く際は細心の警戒を。

・イブリンは中盤弱いキャラです。再序盤で作った(はずの)有利を崩さないように、セーフプレイの姿勢を崩さないようにしましょう。着実にキルを重ね、オブジェクトを堅実に取っ手行けば、ゲームの主導権を譲らずにすみます。やる事が無い時は無茶をせず、自陣の森で大人しくファームするのも重要です。


・中盤戦
・レーンフェイズが終わり、オブジェクトを巡る集団戦が始まった時間帯。ここまでで相当の資金差が作られている場合は正面からぶつかってもありです。そうでない場合は敵との大規模なぶつかり合いは避け、ステルスを活かして視界確保に徹し、味方及び自分が安全にファームできるようにしましょう。

・視界の確保は孤立した敵の捕捉も手伝います。自分が十分に育ってれば一人でやるのもあり、そうでないならうまく囲って敵を倒しましょう。人数差がつけば、オブジェクトへのアプローチも楽になります。

・小規模の小競り合いが起こった場合、イブリンが居るチームは有利を取れます。敵はその戦いでイブリンを頭数に入れてないからです。近くにいれば味方と合わせてぶつかりましょう。遠くで戦いが起こったなら、後から駆け付けて瀕死の敵を狩りましょう。

→正面からぶつかって勝てなくても、立ち回りによって小さな有利は作れます。その有利を確実にオブジェクト奪取に活かせるようにしましょう。


・終盤戦
・自分が順調に育っている、あるいは味方に圧倒的carryが居る場合は、正面から当たっても勝てるようになります。そうでない場合は、中盤戦に引き続き我慢の時間です。ワード設置マシーンになって視界の有利を取りつつ、装備差が埋まるのを待ちましょう。例によって孤立した敵を狙いに行くのは有りです。

・集団戦で自分だけ生き残っても出来る事が少ないので、自分が犠牲になっても味方のcarryを守る事を優先した方がいいです。自分が死んでも味方がエースを取ればそのままggです。



マッチアップ(ジャングラー&ADC)
ここでは対面となるジャングラーと、イブリンの主な獲物であるADCとの相性について記載します。

随時更新予定。

ジャングラー

普通
一周目はイブリンのが上。相手のQのクールダウン中に殴りかかれば、バーストで倒せます。二周目以降は殴りあっても負けるので、近づいてはいけません。レーン戦でのガンク力も高い上に集団戦の影響力もアムムの方が上なので、やややりづらい相手。


普通
ウーコンは一周目回るのがしんどいので、レベル2では殺しにいけます。レベル3以降は難しいです。アサシンビルドの場合、出会ったらフルコンで殺されますが、全時間帯通じてそんなにきつくはないです。


普通
お互いガンクジャングラーなので、ガンクが上手い方が勝ちます。相手は非常に脆いので、積極的にカウンターガンクしましょう。


難しい
タイマン最弱クラスのイブリンは、カジックスのカウンタージャングルの恰好の的です。最序盤は視界の確保を最優先してカウンタージャングルを回避しつつ、慎重なファームに徹しましょう。序盤凌げば十分戦えます。


難しい
こちらのジャングルを荒らしまわるくそ野郎です。タイマンしてもまず勝てないので、森で遭遇したら味方に寄ってもらうか、相手のジャングルを荒らしに行きましょう。集団戦においても、バーストが低めのイブリンでは、Ultを使われる前にキンドレッドを倒す事は難しいので、非常にやりづらいです。今はナーフされて鳴りを潜めていますが、バフが入るとまた暴れ回ることでしょう。


簡単
タイマン性能が高い訳ではないので、イブリンなら相手の森に堂々と入っていけます。視界の有利を確保すればガンク対決で負けることは無いので、レーン戦では非常に有利を取りやすいです。後半のスケーリングが高い訳でもないので、逆転もされづらいです。


難しい
同じくジャングルを荒らしまわるイブリンの天敵。固さもあるので、集団戦では落とせない相手。レーン戦で味方を育てて、味方になんとかしてもらいましょう。


難しい
序盤のガンクが強く、集団戦でも活躍できるので、難しい相手。特に、集団戦で味方の後衛に飛び込んできた際にはイブには対抗手段が全くないため、相当厳しくなる。序盤でできるだけ大きな有利を取りましょう。


普通
言わずと知れた序盤のカウンタージャングルの鬼。ただ来るとわかっていればさして怖くないので、中立が沸く前に相手の位置を確認して、レベル2になったら相手が来れない位置まで逃げてファームしてましょう。相手の序盤のガンクを防げれば、ゲーム後半ではイブの方が活躍できるために有利になります。


難しい
序盤強い、カウンタージャングル得意、(カウンター)ガンク性能も高めと、イブリンへのカウンター性能がばっちり揃っている。一度キルを持つと止められなくなるので、絶対にキルされてはいけない。再序盤は遭遇しても死にはしないので、視界を確保して敵の位置を把握しつつ、慎重に動きましょう。こちらにミスがなくても相手がうまければ封殺されやすいので、かなり厳しい。


簡単
レベル6まではガンクできない上に、カウンタージャングルもそこまで得意でないので、イブが有利を取りやすい。レベル6以降はカウンターガンクが強いので、再序盤になるべく有利を取りましょう。


簡単
序盤は強くないので、割と好き放題やれます。育つとイブでは止められないので、絶対に育ててはなりません。無論、殴り合いに挑んではいけません。


普通
一周目は回るのが楽でないので、有利を取りやすいです。カウンターガンクをされると対抗手段がないので注意。


難しい
ジャングル内でくそ強いサソリ。言うまでも無くきついです。こいつは制圧したクリスタル範囲内での性能が高いんですが、イブリンの場合はクリスタルの範囲外でも殴り勝てないので、一人では全く対抗できません。
更に序盤のガンクも強力なため、有利を取るのは非常に難しいです。只後半の集団戦では影響力が小さくなるので、序盤上手く耐えられれば勝機はあります。


普通
豊富なCCの為にレーンでのガンク・集団戦で強く、アムムと違って序盤弱い訳でも無いので、基本的に有利に立てる時間が無いです。ただ立ち回り次第では序盤に有利を取る事も十分可能なので、常に相手を上回る動きを心がけましょう。


普通
ジャングルを荒らしてくるタイプ。ガンク性能はイブリンの方が上なので、立ち回りで上回れば勝てます。ジャングル内では槍に当たると死ぬので注意。


普通
イブリン同様、序盤のガンクが強力なチャンプ。イブではこいつのUltを止められないので、集団戦ではやや不利なマッチアップ。序盤でうまく差をつけましょう。


簡単
レーニングでのガンク力は高いですが、タイマン性能が低いため、序盤は有利が取りやすいです。うまく有利が取れたら、中盤以降は封殺できるはずです。


普通
相手を上回るガンクが求められます。まかり間違っても殴り合いしてはいけません。


難しい
再序盤は弱いので、カウンタージャングルが刺さります。しかし、スローが効かないために、レベル6以降は全く対抗できなくなります。絶対にこいつにキルを集めさせてはいけません。


簡単
ラムスはジャングリングペースが遅いので、序盤の有利を握りやすいです。Ultの性能差で集団戦においてもイブの方が活躍できるため、一度有利を取れば封殺できます。


難しい
ガンクもカウンタージャングルも得意で、おまけに固いため、対抗しづらいです。相手を一歩上回った動きが求められます。


普通
大して育ってなくても茂みからのワンコンでイブは落とされてしまいます。視界の有利を取りながら、序盤でしっかりガンクを決めていきましょう。キルを取れなければ終盤は空気になります。


簡単
こいつはレベル6まで森に籠っているので、その間好き放題できます。レーニングフェイズでできるだけ差をつけておき、集団戦で何もできなくしましょう。

なんでイブを使ってるのかって?

見た目が好きだからです。
LoLで一番の美人だと思います。

執筆者

mask



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!