ビルドガイド: レネクトン - Renekton

レネクトン: あなたが最高にrenekするためのガイド

執筆者: ChinoGrandHotel (最終更新日: 2017-05-23 15:26:13)

16,873   4

67
2
97%
トップページ > ビルドガイド検索 - レネクトン > 【ビルドガイド】レネクトン: あなたが最高にrenekするためのガイド
はじめまして。ChinoGrandHotelと申します。
私はシーズン6の終了間際にplat(JP)へと昇格したばかりで、主にtop Renektonをプレイしております。
LoL歴は大体3年くらいですが、そのうち1年以上はtop Renektonしかプレイしていませんでした。

何故、Renektonなのか?
単純にキャラクターが好みというのもありますが、なんといってもRenektonは最高のchampであるからです。
序盤から対面を圧倒し続け、その勢いを保ちながら相手チームを蹂躙していく快感は何よりも最高です。

本ビルドでは、そんなきわめて最高なRenektonを皆さんがPickして、topレーンで最高にrenekすることを目標としています。
ほとんど私自身の所感と経験、空想、妄想などで構成されていますが、少しでも参考になれば幸いです。

また、コメントや質問も随時募集しておりますので、気軽に投稿してください。


(追記 2016/12/26)
シーズン7が始まりました。
色々と環境が変わりましたが、topレーンについてはの影響が大きいですね。
申し訳ないことに私自身LoLから一旦離れてしまっていたため、現環境をちゃんと把握できておりません。
これからこつこつとリハビリを続けつつ、Renektonの研究に戻りたいと思います。
今シーズンも最高にrenekしていきましょう。

ルーン

  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 攻撃力の神髄(III) 攻撃力 +2.25
    x 3
  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタートアイテム

ほぼ必須

武器候補

防具候補

最終形(火力特化)

最終形(耐久特化)

最終ビルド

更新履歴
2016/10/27
・公開。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2017/02/09
・「長所と短所」セクションに短所をひとつ追加。
・「アイテム」セクションを全体的に細かく修正、追記。
・Poppy対策の内容に一部追記。
・「Lv1からW→E→Qを取る戦法について」セクションを追加。Renektonにある程度慣れている方向け。

2017/03/03
・「アイテム」セクションにて、スタートアイテムの解説を修正。の素材変更に関して追記。

2017/03/21
・Nautilus対策、Yorick対策を追加。

2017/03/24
・「アイテム」セクションにて、スタートアイテムの解説を修正。スタートをよく採用しているため、順序を入れ替え。
・「コンボ」セクションにて、を絡めたコンボなどを追加。

2017/04/20
・10,000View突破してました。ありがとうございます。
・Kled対策を追加。

2017/04/21
・Rumble対策を追加。
・目次を追加。

2017/05/23
・アップデートに伴い、ビルド例や「アイテム」セクションを全体的に修正、および新アイテムを追加。
長所と短所
長所
- 1. パッシブと各種スキルのおかげで、レーン戦が強い。
- 2. Wやアイテムを使ったコンボにより、瞬間火力が高い。
- 3. 見た目がカッコいい。
- 4. skinが豊富。

短所
- 1. レーン戦で負けるとほぼ何もできない。
- 2. 試合中盤から息切れを起こしやすく、集団戦での存在感が薄まりがち。
- 3. CCに弱い。
- 4. pick時の音声がうるさい。

Renektonは序盤に特化したchampです。
レーン戦で対面からkillを奪ったり、他レーンへのgankなどで育ち始めると中盤もその勢いをキープできます。
最高にrenekしたいのであれば、序盤から積極的に仕掛けることが必要不可欠です。

ちなみに私のお気に入りskinは灼熱の大地レネクトンです。
サモナースペル

瞬間火力が持ち味であるRenektonには欠かせないサモナースペルです。
対面からkillが奪えるなら迷わず使います。


序盤はrecallしてから素早くレーンに復帰することで、自身のfarmや相手へのプレッシャーを持続させる利点があります。
ですが最も大きな利点としては、他レーンの集団戦に駆けつけることでチームに貢献できることでしょう。
レーン戦でRenektonだけが最高になるのではなく、ゲーム全体を通して味方全員が最高になることを目指しましょう。


対面からkillを奪いやすくなり、序盤の立ち上がりが容易になります。
しかし、他レーンに絡む機会が少なくなったり、split pushがしにくくなるなどの理由から私はあまり採用していません。
ルーン
汎用ADルーンって感じですね。
たまに青にCDRを入れたりしますが、安定性を考えるとMRflatでいいと思います。
対面がAPである場合は黄にHPflatを入れています。

シーズン7からARpenの仕様が変わってしまい、序盤の影響力が落ちてしまいました。
今は昨シーズンのルーンから赤をADflatに置き換えて使っています。
マスタリー
が欲しいので、18/0/12にしています。

対面が序盤から硬くないタイプであればを取得しても良いと思いますが、集団戦でのDPSや防具を持つ相手へのダメージが落ちるので中盤以降が余計辛くなる印象があります。
12/18/0と振ってしまうとが取れないのが惜しいのもあって、私は18/0/12を採用しています。

シーズン7からが注目されています。
集団に飛び込むRenektonとしても恩恵は大きいと思いますが、その分若干の火力を犠牲にしています。
対面に合わせるのがベストだとは思いますが、安定性を選ぶならで良いと思います。
を採用する場合はを活用することを意識しましょう。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

優先順位は>>>です。
Lv3までのスキルオーダーは対面によって変えています。

Lv1
基本的にはを取りますが、相手がLv1でそんなに強気に戦えないmeleeである場合はを取ることもあります。
でハラスするとレーンを押してしまうため、で優位に戦える相手なら大体の方が良いです。
特にNasusに対してはを取って、Lv1からCSを妨害していきます。
を取る場合はこちら側の体力も削れてくることが多いので、残体力と相談してを選択しましょう。

Lv2
レーンの状況に応じて、Lv2で取得するスキルを選択します。
簡単に言えば回復の、火力の、安定のという判断基準です。
相手と自身の残体力、相手jgの予想gankタイミングなどを考慮して決めましょう。
ダメージ計算に慣れていないうちはが無難です。


スキル解説

Passive: AA毎に5フューリー増加する。50フューリー以上ある場合にセベクの怒り(R)以外のスキルを使用すると、50フューリー消費してスキルが強化される。また、自身のHPが50%以下になるとフューリーの増加量が50%増加する。12秒間戦闘を行わないと毎秒4フューリー減少し、建物を攻撃した場合は増加しない。
Renektonが最高である要因のひとつです。
レーン戦ではこのfuryゲージを有効活用することが大事です。
レーンを押し過ぎない程度にミニオンを殴りながら、furyゲージをキープすることを意識しましょう。


Active: 武器を振り回し周囲の敵ユニットに物理DMを与え、当たった敵ユニットの分だけ自身のHPを回復する。対象がChampionの場合、回復HP回復が200%増加する。更に当たったユニット1体につき2.5(Championは1体につき10。最大30)フューリー増加する。
物理DM: 60/90/120/150/180 + [増加AD × 80%]
回復HP(1体毎): 3/4.5/6/7.5/9 + [増加AD × 4%]
対Champion回復HP(1体毎): 9/13.5/18/22.5/27 + [増加AD × 12%]
回復HP上限: 50/75/100/125/150
CD: 8s Range: 325
フューリー強化: 与えるDMが50%増加し、回復HP上限が200%増加する。但し、フューリー増加効果は無くなる。
物理DM: 90/135/180/225/270 + [増加AD × 120%]
回復HP(1体毎): 9/13.5/18/22.5/27 + [増加AD × 8%]
対Champion回復HP(1体毎): 27/40.5/54/67.5/81 + [増加AD × 24%]
回復HP上限: 150/225/300/375/450
回復、push、ハラス、fury稼ぎなど様々な場面で活躍する優秀なAOEスキルです。
ハラスに使用する際は、射程距離の先端を当てるのが理想です。
大変便利なスキルですが、ミニオンを巻き込むと意図せずにレーンを押してしまうため、注意して使いましょう。


Active: 次に行うAAが2回攻撃になりRangeが50増加(合計175。セベクの怒り(R)を使用中は合計225)し、Stun(0.75s)が付与され、敵ChampionにHitした場合10フューリー増加する。このスキルは使用時にAAタイマーをリセットする。
物理DM(1Hit毎): 5/15/25/35/45 + [AD × 75%]
CD: 13/12/11/10/9s
フューリー強化: 攻撃回数が3回に増加し、Stunの効果時間が延長(1.5s)される。但し、フューリー増加効果は無くなる。
瞬間火力の高いスタン付きのAA強化スキルです。
相手に接近したり、近づいてくる相手を迎撃する際に活躍します。
furyゲージ消費時はさらにダメージを与えられるので、killを狙いたい場面ではこのスキルにfuryゲージを使うことが多いです。


Active: 指定方向にダッシュし触れた敵ユニットに物理DMを与える(スライス)。このスキルが敵にHitした場合、4秒間の間だけ再度使用できる(ダイス)。更に当たったユニット1体につき2(Championは1体につき10。最大30)フューリー増加する。
物理DM(1Hit毎): 30/60/90/120/150 + [増加AD × 90%]
CD: 18/17/16/15/14s Range: 450
フューリー強化: ダイスが与えるDMが50%上昇し、4秒間敵ユニットのARを減少させる効果が追加される。初回使用時はフューリーを消費しない。
物理DM(Dice): 45/90/135/180/225 + [増加AD × 135%]
減少AR: 15/20/25/30/35%
相手に当てることで再使用できるblinkスキルです。
1回目で接近し、2回目は離脱や追撃に使用します。
逆にこのスキルが使えないとgankに対する逃げ手段がなくなってしまうため、安全かどうかをよく判断してから使いましょう。


Active: 自身の周りに砂嵐(15s)を発生させて、AAとミートカット(Q)のRangeが50(AARangeは合計175。メッタ斬り(W)を使用中は合計225)とサイズ、HPと20フューリー増加し、周囲の敵ユニットに毎秒魔法DMを与えるとともに、毎秒5フューリー増加する。
増加HP: 250/500/750
毎秒魔法DM: 40/80/120 (+0.1AP)
CD: 120s Range: 350
毎秒周囲ダメージ、fury増加、スキル射程増加、体力増加など様々な恩恵が得られるスキルです。
レーン戦ではkillを狙える時やgankを受けて死にそうな時、集団戦が起こった時などに使います。
使用時のfury20増加はコンボを組み立てる上で役立つ要素なので、覚えておくといざという時に便利です。
アイテム
アイテムビルドは特にこれといった最終形は決めていません。
上記ビルドの最終形はあくまで一例に過ぎず、実際は状況に合わせて組み立てます。
どのchampでも大抵そんな感じだとは思いますが、念のため。


スタートアイテム

基本的にはこれです。
ADだけでなく、LSや体力も同時に確保する安定性の高いビルドです。
対面が序盤から積極的に仕掛けてくるタイプ、逆にこちらからどんどんプレッシャーをかけたい場合にオススメです。
Lv1でを取って最序盤から積極的に攻めていく場合は対面との殴り合いになるため、こちらを採用してます。
上記のと比べると、武器の完成がやや遅くなってしまうのと、
が1つしか持てないため、回復したいならLSやを活かしていく必要があります。


ADを稼ぐ上で安くコスパも良いを最初に積むことで、レーン戦で十分に火力を出しつつ武器の完成を早められるのがメリットです。を3つ持てるので多少のハラスにも耐えられます。
そこまでハラスされる心配がなければを持つと節約になるのでオススメです。
反面、のようなLSや体力増加がないため、殴り合いには不向きです。
によるハラス、の接近・離脱コンボで一方的に相手の体力を削りましょう。


ranged相手、またはLv1からハラスが痛い場合はこちらを採用します。
例として相手に積むことが多いです。
で基礎回復力を高め、を活かしながらじっくりと体力差をつけていき、コンボで殺し切る戦い方となります。
アップデートによりAAや単体対象スキルのダメージカットがなくなった代わりに、ダメージを受けた際に10秒間だけ体力が毎秒2回復するようになりました。
これにより、AAや単体対象スキル以外のハラスが強い相手にもある程度耐えられるようになり、さらに継続ダメージに対しては回復時間も延長します。
例えばにはの回復効果がよく効きます。
ただし、あくまで自動回復量の増加であるため以前と比べてバースト系には弱くなりました。
一旦下がって回復し切るのを待つことも必要です。
が二つ持てる点も大きいです。レーン戦におけるサステイン面を大幅にカバーできます。
相手によっては武器を購入してスタートし、first recallでを購入するのもアリだと思います。


first recall

基本的にはまずこれです。
特に相手との間合いをコントロールしたい時、スキルを回避しながら戦いたい場合はこれがあるとレーニングがラクになります。
例えばは当たりたくないスキルが多いため、かなり有効です。
これでCSを取りつつ相手との距離を詰めて仕掛けたり、相手に仕掛けられないように下がるといった間合いの調節が容易になります。
スキルコンボを叩き込んだ後も相手を追いかけやすい上、離脱する場合も効果を発揮するなど、MS上昇効果は様々な場面で役に立ちます。
さらに体力も得られるので、総合的にレーン戦の安定性を高めてくれる武器です。
二手目は, またはから選んでいます。
基本はで良いと思いますが、今すぐ火力の補強が必要だと感じたらを挟んでます。
また、相手のpush能力が高くてミニオンを押し付けられがちだったり、相手がまだ防具を積んでいないのでコンボ火力を高めてキルを狙いたい。
そんな時はを購入しましょう。


本来は2本目の武器としてこれを購入することが多いのですが、レーン戦で苦戦している場合は先に買います。
殴り合いには不向きですが、スキルコンボの瞬間火力が向上するため、不利な相手に対しても瞬間的なダメージ交換での有利が見込めます。
また、自身がlv6になったタイミングや味方jgのgank時など、僅かなkillのチャンスを狙いに行きたいのであればお勧めします。
ウェーブクリアが速くなるので、常に相手にミニオンを押し込まれがちな場合でも有効です。
midやbotに絡んでいきたい場合、これを買っておくと素早くミニオンを押し付けてレーンを離れられるので便利です。


相手が魔法ダメージ主体である場合はこれを買います。
たまにこれを買わなくても勝てる相手もいますが、安定性を優先するならこれです。
可能であれば、first recallまでのダメージ交換や相手の立ち回りから購入要否を判断しましょう。


などのサステインが厄介な相手には、これを買うことがあります。
正直この後のビルドを考えるとあまり買いたくないので、そこまで苦戦していなければ買う必要はありませんが、
とりあえず一本持っておくという気持ちで購入しておくのも良いでしょう。


ここからは、Renektonに持たせたい各種武器候補を紹介していきます。
武器を積む基準として、ADCやMageなどの柔らかい相手をコンボで殺しきれるまでは最低限積みましょう。
レーンでボロ負けしてしまった場合はおとなしく防具を積みましょう。

武器候補

CDR20%、体力とAD増加、MS上昇、AR低下スタックなど、Renektonに必要なものが大体揃っています。
基本的には真っ先にこれを完成させます。
といった、初手に武器を積んでくる上にLv6から急に強くなる対面の場合、
を完成させる前になどを1つ購入すると安定します。
例としてはなど。


2本目の武器を購入する際はほぼこれを採用します。
Renektonの瞬間火力がさらに強化される上に、split pushでも大いに活躍します。
さらに発動効果でのモーションをキャンセルすることができますので、是非習得しましょう。


最初にを購入しており、相手チームのAPダメージが辛そうだと思ったら先にこれを作ります。
APダメージがそこまで脅威ではなくなった場合はを優先させましょう。


3本目の武器が欲しくなった時に買います。
AAに割合ダメージが乗ることでRenektonのによる瞬間火力が大きく向上し、さらに発動効果で相手を捕まえやすくなります。
終盤では相手Tankが厄介になることもあるので、味方をpeelする際の対tank用武器としても活躍します。


コンボで相手後衛を溶かしきれない具合になったタイミングでを強化します。
火力と同時に耐久力も確保できるのが魅力です。
のモーションはキャンセルできませんが、強化後のAAをキャンセルするように使えばそこまで問題ありません。
AAキャンセルはタワーを攻撃する際にも使えるので、覚えておきましょう。


相手チームが全員そんなに硬くない時、または味方にTankがいる場合はの代わりに買うことがあります。
ただし、中盤以降から防具を積み始めるとの方が火力で勝ってしまうため、購入する機会は少ないです。
序盤でかなり育っているのであれば早い段階で強化しても強いのですが、でも事足りることが多いので、
今必要なのは耐久か火力か、で判断しましょう。


最初にを購入していた場合に強化することがありますが、
はあくまでレーン戦で有利に戦うためのアイテムに過ぎず、
中盤以降は味方ADCがを購入することが多いので、普段は売り払ってます。
味方ADCが積まない、または強力なサステインを持つ相手が複数いる場合は強化すると良いでしょう。


3本目の武器が欲しくなった時にの代わりに買うことがあります。
相手tankがそこまで硬くなければ採用しても良いでしょう。


ほとんど買ってません。
みたいな逃げ足の速い対面ならば最初に買うのもアリな気がします。


次は防具候補です。
Renektonが安定して火力を出すためにも、防具は欠かせません。
火力が十分に出ていると感じたら、防具を優先してください。

防具候補

アップデートにより、MRはADに置換えられ、AR上昇量も下方修正されました。
今までは最初の防具にこれを積むことが多かったのですが、ステータス的に防具としては機能しにくくなってしまったため、
先に他の防具を購入してから積むのが無難だと思われます。
ADが稼げるため、に続く3手目の武器として持つのが安定だと思います。


スタック最大時のダメージはコンボ火力の底上げにもなり、MS上昇は時間帯問わず最後まで役に立ってくれます。
split push時にgankされた際の逃走など、効果を実感する場面が多いです。
ただし、中盤以降はADCのダメージがかなり痛くなってくるのと、発動効果の利便性を考えてを選択することが多いです。


MRが欲しいならまずこれです。
の回復量が増加する上、などのライフスティールにも影響します。
CDRが稼げるのも大きなメリットです。


相手の瞬間火力が怖い時、火力と耐久力の両方を補強したい時に買います。
ただし、あくまで耐久性能は体力増加と自動効果のみなので過信は禁物です。
ARまたはMRを積んでから購入するのが無難だと思われます。
アップデートによりシールド量と増加攻撃力が増加し、他防具の体力増加量が下方修正を受けたため、この防具がかなり優秀になりました。
現環境で体力400は多い方なので、を持っている時は是非とも購入しておきたいです。


相手ADCやAA、クリティカル主体のchampが育ち始めた時に買います。
また、集団に飛び込んだ際は発動効果のslowにより相手後衛を逃がしにくく、さらに味方へのpeelにもなるので幅広く活躍します。


アップデートによりMage用アイテムとなりました。
の自動効果もRenektonとそこまで相性が良いわけではないですね...。


継続魔法ダメージに対抗できる新アイテムですが、ステータスがより劣っている上、
自動効果についてもの回復量増加がRenektonにマッチしているため、購入する機会はないと思います。


相手チームが物理ダメージのみで構成されている場合、またはAD Carryが脅威となっている時に買います。
これも体力増加を持つ防具を積んでから買いましょう。


試合終盤まで差し掛かった時、これを買う時があります。
耐久面ではかなり優秀ではあるものの、発動効果により火力が大幅に減少してしまいます。
基本的には相手後衛に飛び込んでコンボを入れ終わった、各スキルがCD中のタイミングで使用します。
また、効果中は火力が落ちてもfuryを溜めることはできるので、それも忘れずに。


あまり積むことはないです。
はちょっと前まで採用していましたが、
周囲ダメージの恩恵よりものMS上昇、スロウ付きAA強化の方が大きいと感じることが多いです。
push性能もRenektonの各スキルとで十分だと思います。


最後に靴や消耗品などを紹介します。
この辺は他のtanky champと同じ考えだと思います。

その他

基本的にはこれを買います。
Renektonは集団に飛び込む際にCCを受けると何もできず死んでいくことが多いため、Tenacityを稼ぐことでより相手後衛を殺しやすくします。
あとはmageが比較的育っている時に採用しています。


対面がAA主体である場合、これを買うと戦いやすくなります。
あとは相手チームのCCがそこまで強くない時は大体これを買っています。


相手チームのCCがそんなに脅威でない、かつ育っている時はこれを積みます。
純粋に足が早くなることで追撃や逃走が容易になり、さらに暴れやすくなります。
中盤からは育ち始めた相手ADCの攻撃に耐えるためにと交換することが多いです。



試合中盤以降にCC対策としてを採用することが多いです。
火力不足を感じるようならを買いましょう。



recall時は忘れずに買いましょう。
基本的にはマップのどこかに一本刺さっている状態をキープするのが望ましいです。
特に対面がmidやbotにroamしそうな場合は、川の茂みに刺しておくことで味方の助けにもなります。
はultで素早くmidレーンに走ることも多いので必須です。


忘れずに設置、強化しましょう。
Renektonはレーン戦で相手を圧倒しやすいchampであるため、相手jgに狙われることが多いです。
相手jgに合わせて、設置する場所やタイミングを変えながら対策しましょう。
例えば、などは早い段階でgankしてくることが多いため、Lv3になる前にwardを刺します。
また、は飛んでくるであろう位置に刺したり、は川の茂みでなくもっと奥に刺すなど工夫しましょう。
ゲーム全体の立ち回り
序盤(レーン戦)
最高にrenekするための第一歩である、たのしいレーン戦の始まりです。
まず、レーン戦で意識しておきたいポイントは以下の通りです。

・積極的に攻める。
対面との相性にもよりますが、Renektonの強みを最大限に活かすため、どんどん相手に仕掛けてください。
相手のCSを取るタイミングに合わせてAAやでハラスしましょう。
Lv3以降はスキルコンボを叩き込み、一方的なダメージ交換で相手をレーンから追い出しましょう。
また、仕掛ける際はミニオンの数や位置には注意してください。
ミニオンの攻撃を受けすぎると、仕掛けた意味がありません。
レーン隅の茂みに逃げて、ミニオンの攻撃からターゲットを解除することも忘れずに。


・furyゲージを活用する。
furyゲージはRenektonを最高たらしめる最高のシステムです。
スキルを強化してくれるのはありがたいのですが、furyゲージが50以上溜まっていると次に使用するスキルを勝手に強化してしまいます。
そのため、furyゲージをどのスキルに使用すべきかを考えながら、効率的にゲージを消費することが大事です。
現在のfuryゲージ量はもちろんのこと、「あと何発殴ったら溜まるか」も常に意識しましょう。


・コンボを的確に叩き込む。
Renektonといえば、スキルのコンボによる瞬間火力の高さです。
基本形はですが、各スキルの間にAAを挟むことでさらにダメージが伸びます。
コンボについては別セクションに詳細を載せていますので、そちらを参照してください。


・ミニマップを確認する。
レーン戦が強いRenektonは相手jgに狙われることが比較的多いです。
特にRenektonが対面にで接近したタイミングは、相手jgにとっても絶好のgankチャンスです。
で飛び込む前に、まずは相手jgや相手midの位置を把握・推測しましょう。
ミニマップ上に相手jgが現れたら、その位置と時間をなんとなく覚えておくことが大切です。
例えば、数秒前にbotレーンで相手jgが映ったのであれば、直ちにgankされる可能性は低いので安全に仕掛けられます。

また、余裕があればbotレーンで集団戦が始まった際にカメラを移動して軽く観察しましょう。
でRenektonが大暴れできるチャンスにもつながります。
midレーンも同様ですが、midレーンの場合は相手に逃げられやすく、が成功しにくいため慎重に判断しましょう。
もしmidレーンにgankしたいのなら、歩いてgankしてでtopレーンに戻る方が確実です。


中盤(15分~40分ぐらい)
この時間帯になると、ドラゴンやタワーを獲得するための少規模な集団戦が起こり始めます。
ここで、現在のあなたの状況に応じてアドバイスを載せます。
(assist数 / 2をkillに加算して読んでください)

・2kill以上取っている。
最高です。かなり育っていると思います。
ですが、決してレーン戦の戦績だけで満足してはいけません。積極的に集団戦に参加しましょう。
Renektonだけでなく味方にもkillやassistがもたらされ、オブジェクトも取れてもれなく最高になります。
集団戦における立ち回りについては、別セクションに詳細をまとめていますので、そちらを参照してください。

・0~1kill取っていて、対面にCS差を30以上つけている。
問題ありません。立ち上がりとしては合格ラインです。
これは上記アドバイスと被ってしまうのですが、とにかく集団戦に参加してください。
また、ジャングルやレーンのミニオンを味方に怒られない程度に食べましょう。
Renektonの勢いをキープするためにも、farmを怠らないようにしましょう。

・killを獲得できず、対面とCS差がそんなに開いていない。または対面に1killを取られている。
あまりよろしくないです。
Renektonはレーンで結果を出してからがスタートなので、killが取れなかったりCSが少なかったりすると後が辛くなります。
レーン戦の立ち回りをよく再考してみましょう。最高と似ていますね。
集団戦に参加した方が良いのは変わりませんが、少しでも参加が遅れそうな場合はfarmを優先してください。
とりあえず装備が揃わないと厳しいです。
ただし、味方がcarryしているのであれば、それにあやかるためにも集団戦に参加しましょう。

・上記以外の場合
負けました...。かなり辛いです。
Renektonはレーンで負けると、サモナーズリフトにおける基本的人権をほぼ失います。
しかし、社会復帰のチャンスはあります。
集団戦でなんとしてでもkillまたはassistを拾う、またはひたすらレーンでfarmし続ければチャンスは訪れます。
装備さえ揃ってTankになれば、ある程度はチームに貢献できますので、頑張りましょう。

あと、試合中盤はsplit pushも視野に入れましょう。
Renektonはpushがとても速いので、サッとレーンを押してすぐに他レーンに向かえます。
があるなら、TopやBotを押して相手に対応を迫りましょう。
気を付けてほしいのは、他の味方がsplit pushに合わせて動いてくれないと意味がありませんので、
実践してあまり良い結果が生まれなかった場合はsplit pushをしない方が無難です。


終盤(40分~)
そろそろ試合が終わりを迎え始めます。
Renektonもこの時間になるとやれることが少なくなってきます。
この段階で武器を3本以上積んでいる場合、防具が必要だと感じたら黒斧とHydra以外の武器を売り払うことも大事です。
相手集団に飛び込むのが難しくなってきますので、無理だと思ったら味方のpeelに徹しましょう。
はRenekton唯一のCCなので、相手チームの誰に入れるべきかもよく考えましょう。
例えば、のultはスタンで阻止できます。
他にも、は集団に飛び込んで暴れるのでスタンとコンボで迎撃しましょう。
コンボ
ここでは、Renektonのスキルコンボについて解説します。
コンボはRenektonの火力を支える重要な技術ですので、段階を踏まえて習熟に努めましょう。

基本形


まずはこれさえできれば問題ありません。
一回目のは相手がすでにの射程内にいれば省略しても構いません。
その際はのように、Eで追撃して相手を追いかけましょう。
また、二回目のはなるべく相手に当ててください。
密着した状態であれば当たりますので、の後は相手に近寄りながらを入れましょう。

キャンセルキャンセル

を積んだ時はこれを基本形とします。
のモーションが始まった直後にを入力することで、のモーションがキャンセルされます。
さらにのモーションをでキャンセルしていますが、これも上記と同じタイミングです。
これにより、短い時間で高いダメージを与えつつ、モーションをキャンセルしている分だけ素早く離脱できます。
はほとんどこのコンボのために積んでいるようなものなので、是非習得しましょう。



これはが届きにくい、または対策されやすい対面に使用することがあります。
(例:
を入れるよりも射程が若干長く、相手の対策スキルを使わせることができます。
また、furyゲージが溜まっていて強化をchampに当てて回復したい場合にも使えます。

キャンセル

をキャンセルして発動した場合よりも素早く繰り出すことができます。
主にpushで活躍することが多いです。

キャンセル

使用時のモーションは基本的にどの動作でもキャンセルが可能です。
こちらではその中でも特に使用頻度が高いです。furyを20稼ぐことで無理やり強化を当てられます。

キャンセルキャンセルキャンセル

対象を殺し切る際に使用します。
furyが足りなければの前にを使用します。


慣れてきたら...
・AAを挟む
RenektonのスキルはすべてAAモーションをキャンセルすることができます。
これにより、コンボ中の各スキル使用直前にAAを挟むことで、コンボダメージを伸ばすことが可能です。
ただし、AAを挟みすぎるとコンボを出し切るまでに時間がかかってしまい、相手の反撃を受けるリスクも高まります。
状況を見て、相手から反撃を受けない程度に適度なAAを挟めるのがベストです。

・ultを活用する
は使用時に20fury、さらにその後は毎秒5furyを獲得できます。
今なら強化コンボで対面を殺せそう、でもfuryが足りないしそろそろ相手jgが寄ってきそう...と思ったら、で無理やりfuryを稼ぐのもアリです。
例えば、現在furyが20である場合、でfury20、さらにを対面に当ててfury10、これでfury50まで溜まるので、
すかさずを入れます。
こんな感じで、を使うことでkillが得られそうなら、惜しみなく使いましょう。

・Qでfuryを一気に稼ぐ
集団戦が始まった時、split pushした後でない限りはfuryゲージが空の状態であることが多いです。
相手集団に飛び込む際に強化を使いたい場合はが便利です。
は敵champに当てると1体につきfury10、最大30まで溜まります。
そしてあらかじめを使っておけば、簡単にfury50が得られます。
つまり、以下のようなコンボになるわけです。

(fury20)(fury30)(fury50~60)強化

強化は相手を殺し切る貴重なダメージ源なので、工夫してfuryを稼ぎましょう。
集団戦
レーン戦で最高になっても、集団戦で負けてしまっては意味がありません。
これはtopをプレイする方に多い気がするのですが、レーン戦の結果だけで試合自体を評価してはいけません。
レーン戦で勝ったのなら、必ず集団戦に参加するなどしてチームに貢献しましょう。
あくまでゲームに勝利するまでが、最高にrenekするための最終目標です。


さて、Renektonに求められる集団戦の役割は、以下の二点が主だと考えています。

・相手後衛を無力化する
Renektonの高火力コンボを相手後衛に叩き込み、サモナーズリフトでもっとも最高なのは誰かを思い知らせましょう。
このとき、相手後衛をコンボで殺しきれなかった場合に追撃または離脱の二択を迫られます。
相手後衛の残り体力がAA数発分である時は追撃して殺しきります。
追撃しても殺せそうにない場合は、おとなしく二回目ので離脱しましょう。
もし防具を積んでいて体力に余裕がある場合は、相手を殺しきれなくてもどんどん追いかけ回しましょう。
相手集団と見事切り離すことができれば、必ずなどで離脱して味方集団と合流し、相手集団との交戦に参加しましょう。
とにかく、相手後衛を集団戦から離脱させ、仕事をさせなければ十分です。

また、飛び込むタイミングも工夫してみましょう。この辺は通常のassassinと考え方は同じだと思います。
相手チームがCCスキルをある程度使用したタイミングを狙うと、よりRenektonが動きやすくなります。
茂みや壁越しからで飛び込むなどの工夫も有効です。


・味方後衛を守る
すなわちpeelです。
火力が足りてない上に相手が育っている状況、特に試合終盤はこっちの役割が多いです。
相手のassassinやtankなど、味方後衛に張り付くまさにRenektonのようなやつが襲ってくることを想定して、味方adcなどの傍にいて守ってあげることです。
によるスタン、強化によるAR低下を上手く活用しましょう。
マッチアップ
※個人的所感と経験で書いてます。
・相性の目安
有利:書いてあることさえやっとけば、とりあえず負けることはあまりない。
互角:お互いの習熟度やchampへの理解が勝敗を分ける。
不利:レーン戦は厳しそうなので、味方jgに来てもらうか他レーンに絡んでkillを稼ぎたい...。

有利
で触手を避けつつ間合いを詰め、コンボを叩き込めれば勝てます。
とにかく何も考えずにで接近しないようにしましょう。は回避と接近を両立して使うことを意識してください。
も同様に、受けた後の触手を避けられれば怖くありません。生えた触手の位置はできる限り把握してください。
ハンドスキルが求められる難しい相手ですが、とにかく恐れず冷静に戦いましょう。

有利
相手の装備が整うまでは圧倒できますが、Renektonがある程度育っても中盤以降は1v1での戦闘に負けてしまいます。
Ireliaはこちらのスキルコンボに対してで逃げる手段があるので、二回目で追撃したり、
歩きから入るなどの工夫が必要です。
でCSを取ろうとしたところにを当てられるよう常に意識しましょう。
基本的に殺せそうな時以外は殴り合えません。徹底的に瞬間火力を振りかざし、極力殴り合いは避けてください。
を習得したあたりからは特に強いです。今まで以上に慎重なダメージ計算が求められますので、無理は禁物です。
ちなみに試合中盤は相手後衛に飛びつくよりも、味方後衛を守るためにIreliaを狙わなければならないことが多いです。

有利
で飛び込んだ後は大抵で逃げるので、残像に当てるようにで追いかけてを入れましょう。
このとき、相手ミニオンの集団に飛び込むことになるので注意してください。
これができればとりあえず勝てますが、からのgank合わせが怖いので相手jgには一層警戒が必要です。
集団戦では相手後衛さえ抑えておけば、Wukongが育っていない限りで味方が打ち上げられてもまぁ大丈夫です。
やばそうだったらRenektonが自らを阻止しに行きましょう。

有利
に当たらず、徹底的に相手のAAによるCS妨害を徹底していれば大丈夫です。
Aatroxはかなり柔らかい上に、AAを入れさせなければ回復もできません。逆にタワー下までミニオンを押し込んでしまうと回復されてしまいます。
を落とすとAatroxはより慎重に立ち回るようになるので、タワー下で味方jgと一緒に殺すのが無難です。
を使われたら逃げましょう。追撃のはなるべくで回避しましょう。
を買っておくと殴り合いにも勝てるようになりますが、ダメージ計算ができないうちはそもそも殴り合わない方が無難です。
突然で飛び込んできた場合は相手jgが近くにいるかを使ってくるかの場面が多いので、まずは一旦離れて様子を見ましょう。

有利
とにかくを警戒してください。は常に1回分残しておくような気持ちで。
茂みの中でを使ってくることが多いので、Ekkoが茂みに入ったらを刺しておくとより安全です。
のスタックが2つ溜まっている時はで突っ込んでくることが多いので、なるべくで捕まえて反撃しましょう。
また、そういう状況にならないためにもには注意してください。
基本的に自分のCSを取るか、相手のCSを妨害するかの場面で使ってくるので、ある程度の予測は可能です。よく観察しましょう。
のスタンで一時的に封じることができますので、殺し切る際は特にこれを意識すると良いでしょう。
万が一を使われることも想定して、殺しに行く際は特にEkkoの残像位置を確認してください。

有利
たぶん有利なはずです。私自身はこいつ相手に負けることもあります。
Renektonもそうなのですが、僅かなチャンスを掴まれると知らぬ間に不利になります。いつも以上に体力管理には気を使ってください。
「今殴り合うのは危険だな」と思ったら、には当たらないよう間合い管理などを徹底してください。
特にLv1はおとなしくしていましょう。が当たってしまうとそのまま追いかけ回されます。
武器は言わずもがなが有効ですが、先にを購入してさっさと殺してしまうのもアリです。
無難な選択としては、あたりを優先的に購入しておくとレーン戦が安定します。

不利
※試行錯誤中。また更新します。
がとにかく厄介です。Renektonのバーストコンボが軽減されてしまい、その後の追撃でダメージ交換に負けてしまいます。
そのためが発動する前にを当てる必要があります。
まずの先端を当てに来るCamilleにはで仕掛けましょう。先にAAを入れられる心配もありません。
それ以外はのCDを意識し、を発動させられる前にを当てます。
後者はかなり難しく、を温存する相手には仕掛ける素振りを見せる等の工夫でを浪費させるのが理想ですが、相手が上手いと厳しいです...。
体力が少ないうちはで遠距離から確殺されるため、すぐに離脱しましょう。
装備はを優先しつつなどを挟むといった具合に耐久力を持たせましょう。
はあまり効果的でないように感じます。前述の通りバースト軽減が怖いので、殴り合いを想定したビルドを構築するのが無難だと思います。

不利
によるサイレンスはスキルファイターであるRenektonにとってかなり痛いですが、で迎撃すると互いのスキルが同時にヒットするのでそのまま離脱できます。
Renekton側から仕掛けると先にGarenのを入れられ、でダメージ交換に負けてしまうので、
を合わせることさえできれば死ぬことはあまりありませんが、
を当てられる前にを使われると辛いです。この辺りは使い手の技術や行動パターンによります。
どの道、一人で殺すことは難しいので味方jgに助けを求めましょう。

互角
いかにを避けられるかにかかっている、と思ってます。
基本的にはでハラスされて体力差をつけられてしまいますが、lv3からは積極的に仕掛けられます。
で回復しつつ、lv3になるのを待ちましょう。
で樽を先に破壊してしまえばCS妨害にもなるので効果的です。ただし、失敗した時のリスクも大きいです。
茂みにが置かれることも多いので、茂みに近寄ってGangplankの反応を見たり、の配置からある程度推測しましょう。
のスタンはで解除されてしまいますが、接近してを使ったあとすぐにAAを入れずにいると、
たまにGangplankがを暴発することがあるので、一度試してみる価値はあります。
そもそもスタンが解除されたところでダメージ交換には勝てます。
間合いを取られてこちらから仕掛けられず、相手に時間を稼がれると度重なるハラスで不利になりがちなので、仕掛けやすい状況を作ったり体力を回復するなどの工夫が必要です。
また、GangplankがLv6になったら必ず味方に知らせましょう。

不利
で接近してもで距離を置かれてしまうので、がCD中の時以外は安易に飛び込まないようにしましょう。
たまにに反応できないQuinnもいるので、その時はある程度仕掛けられますが、念のため自身の体力と相談してください。
とにかく安全に取れるCSだけ取って、味方jgを呼びましょう。
また、Midレーンへ続く川の茂みには必ずを設置し、Quinnが姿を消している時やLv6になっている時は味方に知らせましょう。

互角
序盤はこちら側が有利ですが、Kledの装備が整ってくると手に負えなくなっていきます。
レーンでしっかりプレッシャーをかけてから味方jgと協力して殺すか、で他レーンに介入される前にRenektonからroamして他レーンを勝たせるなどの対策が有効だと思います。
まず、はKledの主力とも言えるほど強いです。これはKledがAAを入れると自動的に発動するPassiveスキルなので、KledがCSを取る際にこのスキルがCDになったのを見てから仕掛けると良いでしょう。
もなかなか厄介です。CSを取る時は特にが飛んでくるのを警戒してください。などでMSを確保するとより回避しやすいと思います。
万が一に捕まってしまった場合、がCD中でない場合はおとなしくで射程外に逃げましょう。
さえ喰らわなければダメージ交換は有利に行えます。により非騎乗状態になった際は、相手の勇気ゲージを見ながらヒットアンドアウェイで削っていきます。
ここで殴り合ってしまうと、勇気ゲージが溜まってしまう恐れがあるので注意してください。
中盤以降はあまりタイマンで戦いたくないです。追撃性能が高いため、味方がそばにいない場合は下手に仕掛けないようにしましょう。
集団戦ではが脅威ですので、後衛を守るために自身からぶつかりに行ったり、効果終了後にを当てるなどで対策しましょう。
間に合いそうでなければ、のMS上昇効果により突撃してきた敵carryを止めに行くと良いです。

不利
スロウやMS上昇を活かしたrange攻撃、による無敵など、こいつはRenektonのすべてを否定してきます。
ただし、間合い管理の甘い相手ならを覚えられる前に殺せます。何度か試してみて、相手の腕前を量りましょう。
また、得意のrange攻撃に対しては茂みを上手く利用すると勝てることもありますし、を最初に購入して無理やり殺すことも可能ではあります。
この辺りはRenektonの習熟度が問われやすいので、どうしてもRenektonでKayleを殺したいのならお試しください。
それ以外は助けてpingを100回ぐらい鳴らしましょう。

不利
かなりきつい相手です。
に当たらない、の自動効果による強化AAは目視で確認するなどの対策を徹底しましょう。
こちらから仕掛けても逃げ切られることが多いですが、Kayle同様に間合い管理が甘い相手ならギリギリ戦えます。
頑張ってください。
あとはjg助けてくれ~!って大声で叫びましょう。

互角
殺すことは難しいですが、Sionはサステインがないので、きっちり対処さえすればレーンから追い出すことは可能です。
で止められるので、溜め始めた時が仕掛けるチャンスです。
事前にを使っていたらその時は仕掛けず、CD中に仕掛けること。武器が揃っている時は気にしなくていいです。
は割と予測や回避がしやすい部類ですので頑張りましょう。慣れてくれば、わざとミニオン越しに立ってを誘うのもアリです。
によるgank合わせには警戒し、Lv6になったらと味方への報告を忘れずに。

有利
そもそもこいつは途中からレーン戦自体を拒否してくるので有利とは言いがたいのですが、レーン戦に付き合ってくれている間は有利です。
Lv1はがオススメです。大抵Lv1のSingedはをOnにして歩み寄ってくるので、を当てて妨害することでレーンを押さずに体力差をつけられます。
はこちらのが射程差で勝てるため、投げられる前にスタンで足止めできます。
(たまに投げられてからスタンが入ります...)
以上により、基本的にはSinged側から寄ってくるのでスキルコンボは始動がメインとなります。
万が一を食らったらで被ダメージを抑えつつ離脱しましょう。そのためにもは基本的に温存するのが望ましいです。
発動中は追い付けないので、殺しきれなければ素直に退きましょう。ああいうことしかできない哀しい生き物なのです。

不利
キャノン時のAAやによるハラスに加え、ハンマー時のによる拒否能力も備わっており、かなり厳しい戦いを強いられます。
たまにこちらの飛び込みに対してが間に合わない相手もいますが、その後の追撃も十分痛いのでやっぱり駄目です...。
いまいち対戦経験が少ないのであまり言えることはないのですが、のCD中を利用してキャノン時に仕掛けるとまだマシになる気がします。
Jayce側は最初は武器しか積まないため耐久はほとんどなく、Renekton側が高い瞬間火力を出せるのであればkillチャンスはあると思います。

互角
により瞬間火力に対する耐性が高いため、ダメージ計算や体力管理が狂いがちです。
瞬間火力とDPSをバランスよく活かしながら相手しましょう。
CSを取る際は常にAAハラスを警戒してください。近づいてきたらで迎撃し、そのまま各スキルを撃ち込みましょう。
コンボ後は左右に逸れるようにの追撃を警戒しましょう。相手のミニオン越しに仕掛けて離脱できるような状況を作ると、が当たらないのでなお良いです。
のスタック数が1つ以上溜まっている状態から仕掛けるとで手痛い反撃を受けますので、スタック数は常に意識してください。
Lv6になったら味方に報告しましょう。相手がrecallしている時は特にBot組に警戒ピンを鳴らしてください。
相手構成にもよりますが、一度で味を占められるとかなり厄介です。

有利
Lv3になるまでは安全にfarmすることを心がけてください。ここで殺されると一気にやりにくくなります。
を常に警戒してください。溜め始めたらで飛び込むチャンスです。
このとき、密着しすぎると二回目のに対してで引っ張られる可能性があるため、細かな間合い管理が重要です。
また、相手のから始められたらスキルコンボを入れつつ離脱すること。焦って即座にで離脱してしまうと、相手の一方的なダメージ交換で終わってしまいます。
初手に積む武器はよりもの方が間合いを取りやすくてオススメ。
出血スタックを溜めさせず安全に仕掛けて離脱を繰り返えせば問題ないが、ワンチャンスを与えると簡単に転がりだすので油断は禁物。
とにかく肝心なのは間合い管理です。や靴を活かして、Dariusの射程や危険エリアを把握することに努めましょう。

互角
互角と書きましたが、互角でもかなり不利に近いと思います。
のハラスが痛いので、強化でこまめに回復しましょう。
Lv3からは普段通り仕掛けられます。このとき、はあらかじめ使用しておかないとのサイレンスが刺さるので注意してください。
また、こちらが飛び込んだ際にを敷かれることが多いので、有利なダメージ交換は難しいです。
kill獲得に焦らず、で丁寧に体力管理を行ってください。
Cho'gathはCSさえ取らせなければ体力もマナも回復できないので、うまく体力差をつけてゾーニングできると多少楽になります。

不利
相手がちゃんと対策してくると、ほとんど何もできないまま終わりがちです。
こちらがで仕掛けても、Teemoのでなかなか殴らせてくれません。
マナが枯渇していれば勝機はありますが、その前にのAAによりRenektonの体力が尽きることがよくあります。
こいつを一人で殺しに行くなら、Lv6時のスキルと武器が揃った状態でのオールインぐらいしかありません。
でチクチクやりつつ、勝機を待ちましょう。
また、間合いの取り方が甘く、でハラスするようなTeemoなら逆に殺しやすいです。
でもまぁを撒かれる前に味方jgを呼ぶのが無難ですね。はぁ~。

互角
Trundleは追撃や逃走が得意なので、こちらもを的確に使用する必要があります。
基本的には歩いてです。はその後の追撃や逃走で二度使用できるように温存しておきましょう。
先にを受けてしまった場合はおとなしく下がった方が無難です。ADが低下した状態で仕掛けても勝てる可能性は低いです。
また、とタイミングが重なると最大距離まで移動する前にキャンセルされる場合があるため、
を使う際はを使わせた後のタイミングが望ましいです。
Lv6以降はがあるため、より慎重に戦ってください。一度捕まると、そのままド突き回されて死ぬ可能性が高いです。
それからは徐々に相手しにくくなるため、無茶はしないようにしましょう。

有利
仕掛ける際にを使ってしまうとで簡単に追撃されてしまいます。
Tryndamereはゲージを溜めるためにAAで殴りたがるので、近づいたら確実にコンボで反撃しましょう。
相手がを使用した場合は、Tryndamereに近づいてを当ててください。
を2回使用できればなんとか逃げ切れます。これを繰り返していけば大丈夫です。
最初にや靴を揃えておくと、かなり戦いやすくなります。先にを持ってさらに強気に攻めても良いと思います。
Lv6以降はを盾にしながら攻めてきますが、離脱手段を残しつつ冷静に対応できれば怖くありません。
killできれば間違いなく美味しいのですが、逆にうっかり殺されてしまった場合、Tryndamereが育っているRenekton以上に恐ろしい存在となります。
最初は殺すことよりもfarmさせないことを意識し、武器が揃った段階でkillチャンスをうかがうといった感じです。
まぁfarmさえ阻止できれば問題ないと思います。

有利
図書館を燃やされただけでキレるtopレーンのガリ勉ひきこもりクンw
Lv1はでCS妨害を徹底しつつ、pushを最小限に抑えましょう。
結局Nasus側としてはタワー下でずっとfarmしているだけで勝手にRenektonより強くなるので、過剰にpushしないように気を付けてください。
仕掛ける際はなるべくミニオンから離れた位置に移動してからスキルコンボを叩き込みましょう。
の上でを受けるとかなり痛いです。見てから離脱しましょう。
これらを守りつつ、相手jgの位置は特に意識してください。で合わせられると大体死にます。
中盤からはNasusが硬くなり、も痛くなってきます。
そうなる前に早々と1stタワーを獲得し、他レーンに絡んで勝利の流れを作りましょう。
時間をかければかけるほどNasusが強くなることを意識して、うまくゲームを運んでください。正直、対Nasus戦はここが一番の難関だと思います。
topレーンに居座ってNasusを相手し続けるのもアリですが、相手jgのgankだけは受けないように注意してください。
ちなみに、Nasusを相手し続けたい場合はを持っておくと効果的です。
また、集団戦ではNasusが後衛に張り付いてくるため、必要だと感じたらpeelに回りましょう。
その際もが有効ですが、味方adcがすでに持っている場合は不要です。
peelする際はNasusをで足止めして、できれば味方adcのために強化を当てましょう。
かなり処理しやすくなります。

互角
NautilusはとにかくCCが豊富であり、かつTopレーンでは高い耐久性を持ちながらもそこそこダメージが出ます。
まずを買いましょう。ではレーンで耐えられる程度にしかなりません。もし本当にMRが欲しいならを買いましょう。
Nautilusは集団戦で本領を発揮するタイプであるため、できればレーン戦で負かしたい相手です。
NautilusはによりAAに追加魔法ダメージとSnareが付与されます。ただしモーションがかなり遅いので、のSlowで捕まりそうになったらすぐにを入れてコンボを叩き込み、距離を置きましょう。
とにかくこちらからは仕掛けず、CSを取りに来る時やRenektonにAAを入れてくる時を狙って攻めてください。
これを繰り返すと、相手はマナが足りなくなるはずです。そうなったらどんどんpushしてください。
タワー下に押し込めば押し込むほどCS差が開きます。
基本は上記の行動で戦えますが、Nautilusの本当に恐ろしい点はgank合わせです。大体のNautilusはこれを狙っています。
絶対に忘れないでください。
は常に警戒しましょう。を受けたらですぐにNautilusから離れてください。次々とCCを重ねられるのが一番危険です。
そのため、は相手jgが他の場所で見えない限りは使わないでください。
また、集団戦の話になりますが、Nautilusが味方carryを捕まえた際にRenektonは相手carryを押さえ込むように動くと効果的です。
NautilusのCCは強力ですが、CCを受けた対象への火力は当然チーム頼りです。その火力さえ発揮させなければ大丈夫です。
それを意識しましょう。

不利
Renektonよりレーンに強いchampは実在します。かなり辛い相手です。
Lv3になるまでにを受けすぎないこと。を活用し、可能な限りCSや体力をキープしてください。
Lv3からはで飛び込み、AAを入れてを剥がしてからを入れます。
この時、大抵はよりもが先に入ってしまうので、その後AAとで反撃。
序盤はこれで無理やりダメージ交換を行い、強化で回復しましょう。割となんとか戦えます。
Pantheonはサステインもなくマナが尽きやすいchampなので、上手く立ち回れば相手が先に帰ります。
こちら側の体力が20%近くなった場合は帰りましょう。の回復すら追いつかなくなります。
基本不利ですが、Lv3~Lv6あたりの戦闘はRenektonも十分にやりあえます。頑張りましょう。
Lv6になったら必ず味方に報告してください。そこからPantheonの強みがゲーム全体に影響してきます。

有利
個人的にRenektonで対面していて最も楽しい相手です。
を防がれなければ勝てる、防がれると負ける。お互い、いかに相手を翻弄できるかに懸かっています。
まずは左or下、右or上を交互に付与されることを意識して、相手側に付いた急所はFioraから離れて付け直しましょう。
Lv3からどんどん仕掛けてください。を撃ってきたタイミングを狙うと逃げられにくいです。
を防がれないために、攻めパターンを複数見せることが大事です。
で近づいて即、数回殴ってからは発動するけど殴らないなど、
ワンパターンにならないように工夫しましょう。
Fiora側もを発動するタイミングをずらしてくることが多いです。
単純に見ればRenekton側は特定のタイミング以外でを撃てば勝ち、Fiora側は特定のタイミングにを撃てば勝ちなので、
基本はRenekton側が有利です。焦らずいきましょう。
ただし、Lv6からはFiora側が強くなります。ここからは安易にこちらから仕掛けず、ゾーニングに徹して相手から仕掛けた際に対応しましょう。
相手jgが他レーンなどで確認できた時は仕掛けても大丈夫ですが、Fiora側のultは常に警戒してください。をミスるとこっちが殺されます。

互角
序盤は有利に戦えますが、時間が経つとPoppyが硬くなる上にも痛くなってやりにくくなります。
できれば強くなる前にkillを獲得したい相手です。
まず(二発目)とには極力当たらないこと。をfarmに使ったならチャンスです。
の二発目はPoppyに密着して周囲を歩くようにすると回避しやすいと思います。
で回避してもいいですが、そもそもが展開されている時は絶対に使いたくないので、歩いて回避することを体に覚えさせるのがベストだと思います。
また、を回避することばかり目が行ってしまうと、思わぬところでが入ってしまうことがあります。
この2つのスキルは常に意識しましょう。序盤はかなり強気に戦えるので、積極的に苛め抜きましょう。
Lv1にを取って積極的にダメージ交換を仕掛けて、Lv2のでトドメを刺しに行くとその後が戦いやすくなります。
はRenekton側がコンボで殺しきられてしまう体力である時、Renektonがタワーダイブした時に使われることが多いです。
特に単独でのタワーダイブは避けてください。味方jgを呼びましょう。
また、万が一レーンで負けてタワー下でfarmせざるを得ないような状況である場合、タワーを背にすることは避けてください。
たまにで突っ込まれます。

互角
なかなかkillを取らせてくれない上に、相手jgのgankと合わせやすい嫌らしさがあります。
Renektonはスキルをガンガン使うタイプなので、相手のと相性が悪く、
さらにの拒否能力、によるgank合わせなど、レーン戦における耐久力と安定性がとても高いのが特徴です。
ただしMaokaiがCSを取りに来るところをひたすら妨害し続けることで、MaokaiはスキルでCSを取ることが多くなり、結果的にマナが切れて帰ります。
そのため、対Maokai戦ではsolo killを狙うのではなく、farm差を広げることに焦点を合わせて動くと良いと思います。
自身から向かうのではなく、AAでCSを取りに来たMaokaiを迎撃する動きを基本としてください。
加えて、相手jgからのgankは特に警戒してください。Maokaiが育つと後々の集団戦で厄介な存在となります。
基本的にMaokaiはgankに合わせるためにで後方にノックバックさせます。
相手jgが近くで見えた時、の射程外まで離れましょう。
万が一捕まった場合はを2回使用して離脱しましょう。
この時、相手jgが方向指定系CCスキルを撃ってきそうな場合はそれを見てを使用します。
Lv6以降のレーン戦はあまり変わりません。Maokaiが硬くなると多少面倒ですが、逆にこちらがを完成させていればダメージ交換は有利になると思います。
あとは集団戦で相手後衛に行くか、Maokaiから味方後衛を守るかの判断を常に考えてください。ある意味ここがMaokaiの一番イヤなところです。

有利
おそらく有利だと思います。ultによるgank合わせは絶対に食らわないようにしてください。
相手のルーン構成などによりますが、序盤はがなかなか痛いと思います。
Lv3まではでなんとか耐えてください。
Lv3以降はいつも通りだと思いますが、スキルコンボにAAを挟むのは控えましょう。
AAを入れようとMalphiteをクリックしたけどなかなかAAタイマーが一周せず、後からでASが低下していたことに気がつくなんてことのないように。
コンボ後は、なるべくを再発動させないようにを当てに行ける距離を保ってください。
最初は再発動まで10sかかるので、の方が先にCDが上がります。

有利
は横判定が狭いため、射程さえ把握していればある程度回避できます。まぁそもそもそこまで近づかない方が良いのですが。
Lv2からはに注意してください。の一方的なハラスは強力です。
無事Lv3を迎えられたら、まずCS妨害の構えを取ります。
こうなるとYasuoはでCSを取りに来るので、そこをで迎えます。
の射程には入らないように気をつけましょう。
で動き回られた時は落ち着いてを狙います。で飛びついても良いですが、その後が当たってつむじ風まで当てられてしまうリスクがあります。
そのため、を使うタイミングはよく考えてください。特にLv6以降はまで持っていかれます。
Yasuoから近づいてくることが多いので、基本はを回避用に温存しつつ十分に戦えるはずです。
Lv6からYasuoが一気に強くなります。コンボは特に警戒してください。
Yasuoにを使われる前にこちらがフルコンボを叩き込めれば大体勝てる、はずです。
このマッチアップはあまり負けたことはなく、逆に負けた試合ではLv3になるまでに体力差をつけられたケースが多かった気がします。
あと茂みを巧みに使ってくるYasuoはなかなかやりにくいです。で対応しましょう。

有利
YorickもRenektonと同様にレーン戦が得意なchampですが、その仕組みを理解することでRenektonは有利に戦えます。
まずYorickはのサステインでレーン戦における維持力を発揮しますが、そのためにはミニオンやRenektonを殴る必要があります。Renekton側としては、それを安易に行わせないよう反撃しなければなりません。
相手からCSを取りに来るパターンの普段通りの戦い方ですね。
Renekton自身を殴ってきた場合も同様です。始動コンボを叩き込みましょう。
次に、Yorickはを狙ってきます。これに当たるとのグール達が飛びかかり、さらにヒット時のSlowを利用してで囲み、タコ殴りにしてきます。
グールに対しては、壁で囲まれた際はが有効です。そのため、は温存しておく必要があります。
で相手のを回避しつつ接近し、コンボを叩き込みましょう。
グールに当てて二度目のを確保することも忘れずに。
序盤は上記の対策でかなり戦えると思いますが、Lv6以降はに注意してください。これを使われたらすぐに離脱しましょう。
そもそもYorickは殴り合いに特化したchampなので、いくら有利と言えども長期的なダメージ交換は絶対に避けてください。
また、はなるべくに頼りすぎず自力で回避してください。早めの靴完成、購入をおすすめします。

互角
ヒートゲージの制約はあるもののスキルコストが無くCDも長くないため、なかなか隙の少ない相手です。こちらも慎重にプレイしましょう。
基本的にはでCSが取りにくい状況になります。の先端を当てて最低限のCSを拾いましょう。
Lv3からは相手がを使用した後に仕掛けます。とにかくがCD中のタイミングぐらいしか仕掛けられるポイントが見つからないため、ここでのfuryゲージ調節はそこまで優先的に行っておりません。
RumbleはがCD中の間は間合いを置くので、こちらから仕掛ける際はから入ることになりますが、離脱時のは使用するタイミングと方向に注意してください。
のMS上昇効果で追いかけてきたり、で捕まえてによる反撃が待っています。
理想としては味方ミニオンを壁にして離脱できるようにを使用したいです。または、が撃たれるタイミングを見計らって使用しましょう。
Lv6以降はがかなり痛いです。Rumble側はサステインがないため、furyゲージをに使用すると安定します。
こちらの体力が半分以下の時はによるオールインを警戒してください。そのためにも、相手の体力を削りつつ自身の体力をキープする立ち回りを徹底しましょう。
オススメアイテムはです。

不利
射程の長さを活かして威圧してきます。上手く揺さぶりをかけて間合いを詰め、Renektonの射程内に捉えられればチャンスはあります。
Lv3までにハラスを受けすぎないよう気をつけましょう。
Lv3からは、LissandraがやAAでCSを取りに来たタイミングを狙います。
もしもAAで攻撃してくる場合、ギリギリですが一応AAの最大射程からが届きます。
できればミニオンを経由して離脱手段も確保しましょう。序盤は離脱できないと反撃を受けすぎて結局ダメージ交換で負けてしまうことが多いです。
相手はで対応してきますが、スネアなのでは入ります。あとはで回復しつつで離脱しましょう。
これが上手く決められる相手なら、そこまで辛くないと思います。
気をつけたいのはLv6以降のからgankされるケースです。
射程も長いため、Lv6からは間合いを広く保つ必要があります。も迂闊に見せてはいけません。
おとなしく味方jgを呼びましょう。

有利
基本は有利ですが、相手のハンドスキルによっては苦戦します。
こういうテクニカルなchampには全般的に言えることですが、相手の動きをよく観察しましょう。
たまによく見ると行動がワンパターンな人もいますので、それを見極められると比較的戦いやすくなります。
まずLv2まではおとなしくしましょう。Lv3からが本番です。
基本的にこちらからは仕掛けず、相手の出方を見ながらCSを妨害します。
から入ってきた時はそんなに怖くありません。からのスキルコンボを入れて、で安全圏に移動します。
が遅れてしまうとでスタンされてしまいます。こうなるとダメージ交換は失敗しやすいです。
から入ってきた時も対応は同じですが、スタンが入るため最初は一方的に殴られます。対Rivenでよくやられるパターンです。
で上手く回復しながら地道にダメージ交換で有利を稼いでください。
また、で即座に逃げるのではなく、相手がを使い切ったのを見て再接近してチマチマ殴るとなお良いです。
対Riven戦は実力が拮抗すると、こういう積み重ねを繰り返していくことが多く感じます。
大体これで体力差有利を得てゾーニングできるようになってきます。
最初の武器はあたりが安定しますが、でさらに強気に立ち回ることもあります。
上手く行くとLv6以降も勝てます。
Renektonは瞬間火力ならRivenに勝てますが、DPSでは負けます。そこを意識して戦いましょう。
の使い方が勝利への鍵です。

互角
一番最高にrenekした方の勝ちです。
あまりこういうマッチアップになったことはないのですが、とりあえず先に仕掛けた側が若干不利です。
歩いてを入れてきそうな相手には同じくで対抗し、仲良くその場でスタンになりましょう。
で接近してくるようなRenektonなら勝てます。の間合いを確認しながらで迎撃する構えを取りましょう。
装備はが理想ですが、負け気味ならがオススメです。
この2つそれぞれを持つRenektonがぶつかりあった時、上手く離脱できればが勝てます。
あとは殴り合いに持ち込まれないために、相手のの進行方向を予測してを使えると安全に逃げられます。
あと、furyは常に相手より少し高めをキープしておくことも意識しておくと良いでしょう。
その他アドバイスなど
茂みを活用する

私はレーン戦で頻繁に茂みの中へ隠れます。
相手が不用意に近づいてきた時はいつものスキルコンボを叩き込みましょう。
ダメージ計算に慣れてきたら、茂みの中でを使ってfuryを稼いでから仕掛けてみましょう。
不利なマッチアップの相手に対しては特に茂みに入りまくり、僅かなチャンスを見つけてそれを掴みに行きます。
ranged相手の場合は、AAを受けないために茂みに入って逃げましょう。そこから逆に飛び出して反撃できるとかなり強いです。

さらに、こういう動きを繰り返していると次第に相手は茂みにwardを刺してきます。
この時AAで壊してやるとお得ですし、何よりもwardを茂みに置いてくれること自体が有益です。
バンバン活用して相手に茂みを警戒させましょう。


各アイテムやスキルの利点を理解する

新しいchampを使う時、ガイドや他プレイヤーのビルドなどを参考にすると思います。
スキルの使い方やレーン戦での立ち回りなど、動画を観て覚える熱心な方も多いと思います。
このビルドガイドでRenektonを練習しようとしている方も、いるかもしれません。

最初のうちは仕方のないことなのですが、ある程度操作に慣れてきたらガイドに載っているビルドや立ち回りを無視してみてください。
あまりガイドや動画に従ったままプレイし続けると、不要な既成概念が生まれて後々厄介になりがちです。
大事なのは、このアイテムを積むとこういう強みがある、この動き方はこういう意味がある、といった部分をプレイの中で理解していくことです。
難しいですが、まぁとにかく慣れたら逆に何も考えず自由にプレイしてみましょう。

ちなみに例としてRenektonの場合、序盤に購入する武器には以下のような強みがあります。
: 瞬間火力と継続火力ともにバランス良く向上させる。
: 間合い管理が容易になる。
: 瞬間火力が大幅に向上する。

こんな感じで、「Renektonはこれ積めば強い」ではなく、「こういう強みが得られるのでこの状況に適している」と考えるのがベストです。
初心者向けRenektonガイド
このセクションでは、unrankedからsilverあたりのプレイヤーを対象とした簡易ガイドを載せています。
要するに上記のガイドじゃ情報が多いし何から覚えればいいのかよくわからない方向けです。

Renektonで勝つためにまず覚えるべきこと
以下の3点です。
これだけは抑えておきましょう。

1. Renektonはレーン戦が強い
Renektonはレーン戦が強いchampです。まずはそこを忘れないでください。
相性にもよりますが、基本的には誰に対しても戦いやすい性能を持っています。
対面にビビり過ぎず、Renektonの強みを活かして積極的にプレイしましょう。

また、Renektonがレーンに強い理由やメカニズムをよく理解しておくことも重要です。
以下にまとめておきます。

・一方的なダメージ交換が得意
一度のスキルコンボで接近と拘束、回復、離脱を連続して行えるため、相手はほぼ何もできません。
適切なタイミングでコンボを叩き込み続ければ、相手はrecallせざるを得なくなります。

・レーンの維持力が高い
の回復があるおかげで、多少削られても耐えられます。特にfuryで強化すると大きく回復できます。
また、gankが予想される場面でもの優れた回避能力があります。
よって、体力差で多少不利になったところで相手とのfarm差は開きにくい上に、こちらの1stタワーも削られずに済むわけです。

・味方のgankに合わせやすい
味方jgが寄ってくれる時、Renekton側はで相手に急接近し、そのままで足止めしてあげましょう。
こうすることで味方jgは次のCCスキルを当てやすくなり、killが取れやすくなります。
味方jgのgankを成功させることは、Renektonだけでなく味方jgが育ってくれるので、チーム全体として見ると大変有益です。


2. Renektonは瞬間火力が高い
中盤から武器が揃い始めると、スキルコンボによるダメージも高火力になります。
adcやmageなど、防具類を一切積まない相手に対しては一度のスキルコンボでほぼ殺し切ることができます。
なので、中盤は若干assassinに近い立ち回りが求められます。
である程度の耐久力を確保してから、による急接近で相手後衛から崩していきましょう。


3. Renektonは長期戦に弱い
Renektonはレーン戦が強い代わりに、中盤以降から徐々に弱くなります。
これは小規模な集団戦よりも5v5の集団戦が多くなって、Renektonの急襲が阻止されやすくなってしまうのが大きな原因です。
そうなるとRenektonは防具を積んでtankにならざるを得なくなり、若干火力が出て若干硬いという中途半端な性能になってしまいます。

そうならないために、早々と試合を決着させる知識が必要不可欠です。
レーン戦で十分に育ってきたら、強気に攻めてさっさと1stタワーを取りましょう。
midやbotの1stタワーが残っていたら、gankやダイブなどで手伝いましょう。
とにかく、今一番取りやすいオブジェクトを常に探してください。そしてそれを狙いとした集団戦を起こしましょう。
また、dragonが取れるかどうかも常に判断しましょう。これは相手チームとの生存人数差と味方jgの生死などが大きな判断材料となります。



最後に、rankedでRenektonを使おうと思っている方へ。
rankedにおいてRenektonは先出しが比較的容易なchampであるため、慣れておくとかなり便利だと思います。
私もsilverからplatまで2シーズンかかりましたが、その間rankedを450戦プレイし、そのうち300戦はRenektonでした。
よく対面になどを出されましたが、Renektonの習熟度を高めれば割と勝てます。

今シーズン中はもう間に合わないし、環境やメタの変化でどうなるかはわかりませんが、
来シーズンでGoldを目指している方には、是非Renektonをオススメします。
Lv1からW→E→Qを取る戦法について(難易度やや高め)
他のセクションに追記するのも面倒なので、別セクションとして書き出しました。

RenektonでLv1に、Lv2に、Lv3にを取る戦い方があります。
これは通常のスキルオーダーと比較すると...

長所
・Lv1からレーンを押さず対面にプレッシャーをかけることができる。
・Lv2では対面をsolo killできる可能性が一気に高くなる。
・Lv2から味方jgのgankに合わせることができる。

短所
・相手も殴りかかってくるため、こちらの体力も削れる。
・スキルによるサステインが確保できないため、Lv1で逆に体力差をつけられてしまうとしばらく何もできない。
・Lv2で仕掛けている時に相手jgのgankが来ると簡単に死ぬ。
・相手がLv1から殴り合いに強いと死ぬ。
・相手がrangedやmageだと死ぬ。
・相手がを持っていると逆に死ぬ。


この戦法はハイリスク・ハイリターンです。
最序盤に命を賭けているため、ここで失敗するとレーン戦が一気に辛くなります。
逆に成功するとレーン戦でかなり優位に立ち回ることができます。最高ですね。

次に、具体的な立ち回り方を解説していきましょう。


Lv1
スタートアイテムはです。
まずを取り、CSを取りに来る対面を迎撃します。
この時、AAを入れてからを当てるとさらに効果的です。

を当てた後も可能な限りガンガンAAを入れましょう。
こちらの体力も多少削れますが、最終的に相手の体力が大きく削れていればギリギリOKです。肝心なのはLv2,3で殺せるかどうか、です。
また、相手がLv1に取るであろうスキルを予想しておくと戦いやすいです。
例えばならを取ると思われるので、左右に移動して回避することをあらかじめ意識しておきます。

この後Lv2になりますが、なるべく相手より先に上がれるようミニオンを処理します。
あくまで先行する程度なので、押しすぎは禁物です。
ここでFuryゲージを最低でも40ほどは溜めておき、相手との間合いもが届く距離をキープしておくのがベストです。

Lv2
を取ります。ここからが本番です。
先述したとおり、Furyをある程度溜めており、かつの届く間合いにいることが重要です。
Lv2に上がってを習得したら、すかさず相手に仕掛けます。
この時のスキルコンボは強化となりますが、2度目のはすぐに使わないでください。
できれば強化のあとAAで殴り続け、Furyが溜まったタイミングで強化を相手に向かって撃ちましょう。
こちらの体力が半分以下の場合、でFuryが溜まりやすくなることも忘れずに。

その後もAAを入れ続けてください。とにかくこちらがギリギリ死なない程度に殴りましょう。
上手くいけば相手はを落とし、かつ瀕死の状態になります。
ここでを切ってトドメを刺せるなら、絶対に決めましょう。

ひとまず相手との距離が開いたら、また押しすぎない程度にミニオンを処理してLv3を先行します。

Lv3
を取ります。このあたりは特筆すべきことがあまりありません。
いつも通りレーン戦してください。
体力差で負けている場合は、徹底的にセーフプレイしましょう。レーンを押してでも強化でひたすら体力を確保してください。


こんな感じです。
とにかく肝になっているのはLv2です。
ここは綿密なダメージ計算が必要になるので、Renektonや相手のchampについてよく知っていることが重要だと思います。


最後に、この戦法が特に有効な対面champを以下にまとめます。


普段通りのレーン戦だと削ることはできてもなかなか殺しにくいため、この戦法で迅速にkillを奪えるとかなり有利です。
Lv2でを取った場合、タワー下に押し込まれる可能性があるので警戒してください。


Lv1はでCSを取るタイミングを狙っていくとかなり削ることができます。
ただし、殴り合いする時はをこちらに撃ってくるため、の回復分も計算しましょう。


自分が相手より上手ければ勝ちます。頑張ってください。
おわり
やたらと長いガイドになってしまいました。読みにくくて申し訳ありません。
とりあえず自分が今までに蓄積してきたノウハウは半分以上吐き出せたと思います。
私はほぼ感覚的にプレイしているので、言葉にできないようなものもたくさんあります。
その辺りは皆さんがRenektonをプレイする中で感じ取ってください。
Renektonは比較的扱いやすいchampですが、研究していくとtopレーンのみならずゲーム全体の理解が深まる最高のchampです。
是非使ってみてください。

これからも私はRenektonをプレイし続けると思いますので、また何か掴んだら更新します。
コメントとか質問とかバンバン送ってください。
暇があれば対応します。


最後に、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
またどこかでお会いましょう。
参考リンク
・SoloRenektonOnly - YouTube

ほぼRenektonだけでNAマスターにまで上り詰めたSoloRenektonOnly氏のyoutubeチャンネルです。
この人の動画を参考にし始めてからRenektonで勝てるようになりました。
ほぼ武器しか積まないため、かなり尖ったプレイングをしていますが、攻撃的なプレイを得意とするRenektonには不思議とマッチしています。
特にレーン戦の立ち回りは必見です。


・LOLは弱くても勝てます

通勤中はずっとここの記事を読んでました。
試合に勝つための戦術や考え方がたくさん載っています。
しかも読みやすいしわかりやすい!個人的にかなり助けられているブログです。


・LolJPWiki

レーン戦で対面に勝つには、対面のことをよく知ることが大事です。
「あいつのpassiveって何だっけ?」とか「あのデバフってどういう効果なんだ?」とか、思い出せない時は即調べてます。
試合前に対面を確認してからwikiのページを開いておくだけでもかなり違います。

執筆者

ChinoGrandHotel

SN: ChinoGrandHotel(JP), Tier:Plat(S6), Pref: TOP/MID, Fav: Renekton

不定期でTwitch配信してます。大体renek、たまにshenとかekkoとか。
URL: https://www.twitch.tv/chinograndhotel


コメント - 4件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:3be144c9
2017-03-16 18:56:38
ヨリック、ノーチラス対策をお願いします
2.
ChinoGrandHotel 登録済みユーザ
2017-03-21 11:05:28
>>1

コメントありがとうございます!
NautilusとYorickの対策について追記しましたので、是非参考にしてください。
お恥ずかしい話ですが、私自身もこの二人については若干の対策不足が否めません...。
また発見がありましたら更新させていただきますので、今後とも宜しくお願い致します!
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:55899d86
2017-05-11 16:46:12
現環境ではタイタンハイドラとステラックの組み合わせが強いと思いますが如何でしょうか
4.
ChinoGrandHotel 登録済みユーザ
2017-05-15 09:56:48
>>3

コメントありがとうございます!
仰る通りタイタンハイドラとステラックの相性はとても良く、7.9からはステラックのbuffと他防具類のnerfによってさらに有用性が増したと感じています。
ただし、それに加えて黒斧を積もうとするとAR/MRの確保が遅れてしまうため、その場合はtankが味方にいる構成か、CCが強力で集団戦に強い構成、チームで大きな有利を持っていて火力で押し切れる場合などが望ましいと思います。
黒斧をステラックに置き換えたビルドも悪くないのですが、対面がtankの場合は少々辛いところもあり、CDRも確保できなくなるため、状況や好みによりますね。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!