ビルドガイド: トリスターナ - Tristana

トリスターナ: [7.9]『ヨードルの主砲』取扱説明書

執筆者: nnhs (最終更新日: 2017-05-04 00:51:38)

26,209   35

212
13
94%
トップページ > ビルドガイド検索 - トリスターナ > 【ビルドガイド】トリスターナ: [7.9]『ヨードルの主砲』取扱説明書
このガイドはバージョン 7.9.2 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
ミッドパッチアップデートによるの主な変更点まとめ
 3,300ゴールド→3,400ゴールドNerf
 3,600ゴールド→3,400ゴールドBuff
数バッチ前に大きな変更が入ったにより、ビルドが大きく変わりました。

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 6
  • 攻撃速度の印(III) 攻撃速度 +1.7%
    x 3
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 攻撃速度の神髄(III) 攻撃速度 +4.5%
    x 2
  • ライフスティールの神髄(III) ライフスティール +1.5%
    x 1

サモナースペル

マスタリー

5/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

1st リコール

余ったお金で

ADアイテム

AS&Critアイテム

防御系アイテム

忘れずに

最終ビルド

更新記録
2016/09/26 本ガイド投稿
2016/09/27 「相性の良いサポート」セクションの追加
2016/10/06 「敵ADCのマッチアップ」セクションの追加
2016/11/07 「ビルド」セクションの内容を変更
2016/11/10 マスタリーの変更
2017/02/10 「マスタリー」セクションの追加
2017/05/04 最終ビルドの変更
      「ビルド」セクションの内容を変更
長所と短所
長所
-1. Pによりゲーム後半のAA・スキル射程が長い
-2. W長射程ブリンクによる追い性能・タワーダイブ性能
-3. WR長射程ブリンクとノックバックによる自衛力
-4. EQによる高いプッシュ力、タワー破壊能力
-5. スノーボール性能が高い
-6. レイトゲームに強い
-7. かわいい ボクっ娘

短所
-1. ゲーム序盤のスキル射程が短く、スキルショットもないためレーン戦が弱い
-2. スキルのCDが長い
-3. コアアイテム()が完成するまでダメージがあまり出ない
-4. EのPassiveにより、レーンをプッシュしてしまう
-5. EのPassiveにより、CSを取るのに習熟が必要
-6. ERのダメージ計算に習熟が必要
サモナースペル
 つよい
 やさしい
ルーン
新 ADCルーン&マスタリー
ADルーン x6 ASルーン x3
ARルーン x9
MRルーン x9
ASルーン x2 LSルーン x1 +天賦の才
旧ADCルーン&マスタリーよりもAD・APが伸びる。オススメ。

旧 ADCルーン&マスタリー(個人差があります 僕が使っていたものです)
ADルーン x3 ASルーン x6
ARルーン x9
MRルーン x9
ADルーン x3 +吸血衝動
ルーンが無い、IPが足りないなどの場合、こちらで代用可能。
マスタリー
闘争本能
1段目
烈火 スキルのよるダメージよりも、AAを撃つ回数が重要。(例外:
2段目 選択
鮮血 レーン戦でのAAによるハラスが強くなる。レーン戦に自信がある時に。AA射程が長いチャンピオンとの相性が良い。
つまみ食い レーン戦でのサステインが高まる。レーン戦に自信がない時に。序盤が弱いチャンピオンとの相性が良い。
3段目 選択
吸血衝動 ルーンセクションに書かれている通り、 ADCルーン&マスタリーを使う場合はこちら。
天賦の才 ルーンセクションに書かれている通り、 ADCルーン&マスタリーを使う場合はこちら。
4段目 選択
賞金首狩り スノーボール性能が高い。腕前に自信がある場合はこっち。
闘争の愉悦 序盤から効果を発揮する。安定を取りたい場合はこっち。
5段目
乱撃の極み 物理ダメージがメインなので物理防御貫通が重要。(例外:
6段目 選択
渇欲の精神 スタックが溜まると次の攻撃にMS上昇の効果を付与し、LSを上げる。攻守バランスの良いキーストーン。
戦いの律動 通常攻撃によってADが高くなる。攻撃寄りのキーストーン。
計略思想
1段目
粗暴な行為 CSを取りやすくなる。
2段目
ひそかな楽しみ ポーションを強化することで、レーン戦を楽にする。
3段目
無慈悲 体力が40%以下の敵チャンピオンへのダメージを伸ばす。
4段目
危険な賭け 集団戦における経戦能力の向上。これのお陰で生き延びる事が多々ある。
スキル紹介
スキルの詳細や数値については こちら をご参照ください。

P ドロー&グロー
「バンドルガンナーは、死ぬまでバンドルガンナーだよ!」

レベルが上がるにつれて、AA、ERの射程が増加する。
ゲーム序盤に弱く、ゲーム終盤に強いのアイデンティティ。
レベル16以降、基礎AA射程最長のよりもAA射程が長くなる。
Q ラピッドファイア
「速射開始!」

5秒間ASを大幅に上昇させる。プッシュ力・タワー破壊性能を後押しスキル。
を積んだ頃からこのスキルの効率が跳ね上がる。
CDが長いため、使いどころには注意。
W ロケットジャンプ
「大ジャーンプ!」

発生と移動速度が少し遅めな長距離ブリンク。相手に直撃した場合、魔法ダメージと重いスローを与える。
このスキルを上手く使えるかどうがで、のポテンシャルは天と地の差が出る。
敵チャンピオンにつけたEが最大スタックによって爆発した場合、CDが解消される。
キル/アシストを得た場合、CDが解消される
・ブリンク中でもAA、スキル、スペル、アイテムが使用可能
ブリンク中にCCを受けると、打ち落とされてしまう。
調子に乗って、敵陣のド真ん中まで突っ込まないこと!
E ヨードルグレネード
「導火線にご注意!」

の全てが詰まっているスキル。
このスキルにより、プッシュ力とタワー破壊性能が他のADCと比較してズバ抜けて高い。
Eのついた敵チャンピオンにAA、スキルを使用すると、スタックが溜まっていく。
・最大スタックまで溜まり、1スタック毎に、このスキルによるダメージが30%増加する(最大で120%!)。
・敵チャンピオンにつけたEが最大スタックによって爆発した場合、WのCDが解消される。
R バスターショット
「ゼロ距離射撃っていいよね!」

の自衛力、バースト力を後押しするスキル。
AoEノックバックを相手に与えることで、のように強力なイニシエートが入ってきた場合や、
のようなジャガーノートと距離を取る場合、
のようなアサシンを剥がす場合など、活躍する機会はかなり多い。
また、Eのスタックを溜めることもできる。
しかし、
AoEノックバックを与えることで、チームの不利益に繋がる場合がある。
このスキル単体では、ダメージに期待することができない。
といった大きなデメリットがある。
このスキルを上手く使いこなすことができるようになれば、立派な使いと言えるだろう。
ビルド
コアビルドを積む順番
(1,150Gない場合は) → (好きなタイミングで

余ったお金でを買う。の補充も忘れずに。
AD +40、AS +25%、LS +15%
以前の性能と比べると、ASが犠牲になった代わりに、ADとLSが上昇。
素材の段階()からLSを得る事ができるのでサステインが上昇し、序盤が弱いのレーン戦が安定した。
が欲しいステータスが詰め込まれており、完成すると高い1v1性能を得る事ができる。現状のOPアイテムである。
以前は「(1v1性能) → (火力の底上げ) → (AoEダメージ)」といったビルドパスであったが、
で充分に1v1性能が得られるようになったために、
(1v1性能) → (AoEダメージ) → (火力の底上げ)」というビルドパスに変化した。

その後のビルド
コアアイテム or or  etc.

AD +65、LS +10%、MR +35
自身にかかったCCを解除することができる。
相手にCCが多い場合や、のような強力なCCを持ったチャンピオンがいる場合は必ず積む。
AD +80、LS +20%
驚異的なLS +20%。体力が満タンの時は自身にシールドを展開する。
相手のCCが薄い場合や、自分が育っている場合に積む。また、ゲームが劣勢の場合にリスクを承知の上で積むことも。

AD +50、+35% Bonus AR Penetration
相手のタンクが育っている場合、タンクが多い場合に積む。
HPが高い敵チャンピオンに対してダメージが増える。
AD +50、+35% Bonus AR Penetration
相手のタンクが育っている場合、タンクが多い場合に積む。
また、相手にのようなHP回復に長けたチャンピオンがいる場合は必ず積む。


AS Critアイテムについて
は、多くのAS Critアイテムと相性が良い。
それぞれメリットが大きく違うので、状況に応じたビルドを心がけよう。

AS +40%、Crit +30%、MS +7%
・AAがAoEになるため、集団戦でのダメージを大幅に増加することができる。
・レーンクリア・プッシュ能力が向上する。


1st アイテム候補1 とにかく集団戦を意識したアイテム。
レーン戦が不利~互角の際に積むと、ゲーム序盤の集団戦から存在感を出す事ができる。
AS +35%、Crit +30%、MS +5%
・スタックが溜まるとAAに追加ダメージが乗るため、バーストダメージが増える。
・レーンクリア・プッシュ能力が向上する。


1st アイテム候補2 単体へのダメージを意識したアイテム。
レーン戦が有利であったり、ゲーム序盤からキルを取れた場合、スノーボールがとてもしやすくなる。
AS +30%、Crit +30%、MS +5%
・スタックが溜まるとAAの射程が伸び、追加ダメージが乗るため、AAでのハラスが可能になる。
・射程が伸びるため、安全な位置取りをしやすくなる。
・追加ダメージはタワーにも反映されるため、Siege能力が向上する。


相手に距離を取りたいチャンピオンがいる場合や、オブジェクトを意識する際に積む。1st アイテムには向かない。


スノーボールをしている場合
or
AD LSアイテム( or )を積んだ後、2つ目のAS&Critアイテムを積むことで火力の底上げ、継戦能力を磨く。
キミがAttack Damage Carryだ。


その他のアイテム

AD +55、MR +40、CDR +10%
HPが低くなると相手の魔法ダメージを防ぐシールドを展開し、LS・SVが上昇する。
相手のメイジやAPアサシン()が育っている場合に積む。
AD +30
敵チャンピオンに与えた物理ダメージの15%、自身のHPを回復する。
ビルドが完成した場合や、負けられない集団戦を控えている場合に忘れずに飲む。

AD +40、AR +30
死んでも復活することができる(CD 300秒)。アイテム。
相手のアサシン()が育っている場合に積む。
味方サポートがPeelしてくれない場合にも、仕方なく積む。 Peelして・・・
プレイガイド
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ゲーム序盤
はADCの中でも、特にレーン戦が弱いチャンピオンに含まれる。
なぜなら、ゲーム序盤のAA射程が特別長いわけでもなく、スキルショット(例:Q)を持たないためである。
遠距離からのCSを取る事ができないため、AAでCSを取るしかないのだが、その際に相手のハラスを顔面で受けてしまう。
そして、ダメージ交換をしようにも、EをつけたところでAAを入れなければダメージがないため、大抵負ける。
挙句の果てに、意図せずともEのPassiveにより、ミニオンウェーブをプッシュしてしまう。常にGankのリスクに晒される。
Wを過信しすぎてもいけない。発生と移動速度が少し遅いため、Eのようなスキルで無効化されることも。

死なないこと、対面ADCを育てないことを最優先に!

レベル1
Eを取る。EのPassiveにより、レベル2先行は得意。
レベル2
Wを取る。レーン戦ではこの時が一番強い。レベル2先行が出来た場合、サポートと強力して攻めにいこう。
ここでキルを取れるかどうかで、レーン戦の難易度がケタ違いになる。
レベル3~5
Qを取る。上げるスキルはE。これ以降はセーフしながら取れるCSを確実に取ろう。
Wのお陰でサポートやジャングラーに合わせるのは得意。
レベル6~
Rを取る。とはいえレーン戦が強くなるわけでは決してない。
レーン戦においてRよりも優秀なULTはたくさんある(Rなど)ので、セーフを続けよう。

サポートやジャングラーと協力をして相手のBotレーナーを帰らせることが出来た場合、速やかに1stタワーを破壊しよう。
EQにより、タワー破壊能力には長けている。これで辛い時間帯とはおさらばだ!

ゲーム中盤
コアビルドが完成するまでは、Farmを続けよう。
完成したら、サポートと一緒に他のレーンにRoamをしてタワーなどのオブジェクトを取ったり集団戦に参加をする。
EのAoEダメージにより、この時間帯から活躍できるはずだ。
また、コアビルドが完成してから高いバーストダメージを出す事が出来るようになる。
といった敵ADCがひとり孤立している場合、
EW → AA x2~4回→ R』で相手は死ぬ。苦しめられた分、存分に憂さ晴らしをしよう!

ゲーム終盤
を使っていて、一番楽しい時間帯が来た。
もう何も迷うことはない。チームで固まって行動をし、集団戦をしよう、タワーを折ろう、ドラゴン・バロンを討伐しよう。
Pにより伸びたAA射程、ER。相手はトリスターナに辿り着く前に、吹き飛ばされているだろう。
Wのお陰で集団戦における位置取りも難しくない。EとAAのみで充分な火力を出す事ができるため、Rは自衛用に温存しておくといい。

敵を力でねじ伏せて、生き延びて、タワーをへし折ること、インヒビターを破壊すること。
それこそがの仕事であり、全てであり、Attack Damage Carryの真髄だ。
相性の良いサポート
前述の通り、はレーン戦が弱い。
AA範囲でしかCSを取ることができないため、敵BOTに接近する必要がある。
そんなと相性の良いサポートは、

・レーン戦が強いこと。(弱いレーン戦をカバーできる)
・Peel性能が高いこと。(弱いレーン戦をカバーできる)
・キルレーンを作ることができること。(にお金を集める)
・Gankを合わせやすいこと。(にお金を集める)
・レベル2先行が強いこと。(の強い時間を活かす)


このような条件が挙げられる。

カルマ
レーン戦が強い、Gankを合わせやすい。
Qハラスして良し、WGank合わせ良し、EPeelして良し。
ジャンナ
Peel性能が高い。
ERPeelのスペシャリスト。QRオールインにも強い。
スレッシュ
Gankを合わせやすい、レベル2先行が強い。
QEキャッチして良し、QWGank合わせ良し。
Wが失敗しても、スレッシュのWで助け出せる。
ソラカ
レーン戦が強い、Peel性能が高い。
WRヒールのスペシャリスト。Qハラスして良し。
敵チャンピオンの足元にEを展開することで、安全にWをすることができる。
ナミ
レーン戦が強い、Peel性能が高い。
QRキャッチして良し、Wヒールして良し、E強化して良し、RPeelして良し。
ブラウム
Peel性能が高い、Pとの相性が良い。
Qキャッチして良し、WEPeelして良し、PRGank合わせ良し。
ブリッツ
キルレーンを作ることができる、レベル2先攻が強い。
QEキャッチのスペシャリスト。
キルレーンにして、をスノーボールさせる。
ルル
レーン戦が強い、Peel性能が高い。
Qハラスして良し、WE強化して良し、ERPeelして良し。
WのAS増加により、のパワースパイクを早めることができる。
敵ADCのマッチアップ
vs 敵ADCのマッチアップについて。

私の主観が多数含まれます。参考程度に読んでください。
また、SUPとの相性・連携によって有利不利が変わることがあります。


OPGG のチャンピオン分析にて、ADCとタグ付けられているチャンピオンのみの紹介となります。

レーン戦 有利・・・レーンの主導権はこちらが握っている。積極的なダメージ交換を意識しよう。
レーン戦 互角・・・プレイヤースキル次第。経験を積めば、ダメージ交換のコツを掴めるはず。
レーン戦 不利・・・プレイヤースキル次第ではあるが、基本的に相手が優位。ダメージ交換は極力控え、CSを取る事に集中しよう。
レーン戦 無理・・・レーンの主導権が相手に握られている。死なないことを最優先に。取れるCSだけ取ろう。

アッシュ
レーン戦 不利
Qが溜まっている場合、殴り負ける。手が青白く光っていたら発動可能のサイン。
Wのハラスを受けないよう、ミニオンを盾にする。
Rに注意。遠距離で当たるほどスタン時間が長くなる。
ゲーム中盤~
Rに注意。キャッチされたり、強引なイニシエートの危険がある。なるべく集団で行動しよう。
を積むのがオススメ。
エズリアル
レーン戦 互角
Qのハラスを受けないよう、ミニオンを盾にする。
Eによる急接近からコンボを入れてくる場合があるので、HP管理に気をつけること。
を積んだ直後はの方が有利。
を積まれると互角、を積まれると不利になる。
ゲーム中盤~
集団戦前のQによるポークに注意。
Rは気合いで避けよう。
カリスタ
レーン戦 互角
も、AAを重ねないと火力が出ない(EE)ため、先手を取った方がダメージ交換に勝つ。
Qのハラスに注意。Qでミニオンを倒すと貫通するため、HPが少ないミニオンの後ろにはいないようにしよう。
Rでサポートとの連携・イニシエートに注意。相手のサポート次第では、フルコンボを喰らって死ぬ場合がある。
ゲーム中盤~
Rでサポートとの連携・イニシエートに注意。
がひとりで行動している時はチャンス。オールインすれば倒すことができる。
ケイトリン
レーン戦 無理
AA射程の差を活かしてノーリスクのハラスをしてくる。
Pで強化されたAAは痛いので、AA射程に入らないよう下がろう。
Qを避ける。
Wでのゾーニングに注意。踏まないこと。ブッシュの中やタワーの下に設置されることもある。
ゲーム中盤~
Wでのゾーニングに注意。
ゲーム中盤は互角、ゲーム終盤は有利になる。
コグ=マウ
レーン戦 互角
W発動中はAA射程が長いので近付かない。
Eのスローが序盤から重いので、Wを使わないと距離を詰め辛く、逃げ辛い。
HPが低いとき、Rに注意。
を積んだ後のAAハラスが痛い。
ゲーム中盤~
集団戦はの方がダメージを出せるが、機動力が無い。また、WがCDの間は弱い。
がひとりで行動している時はチャンス。オールインすれば倒すことができる。
コーキ
レーン戦 不利
Qを避ける。弾速は遅いので、距離を取っていれば当たりづらい。
Wで急接近し、Eを当ててくるとかなりのバーストが出る。HP管理に気をつけよう。
Rでのお手軽ハラスが痛い。3発毎に強化されたRが飛んでくるので、出来ることなら避けたいところ。
P第二のULT。「ムムムッwww」とのセリフが聞こえたら、強化Wによる長距離ブリンクに気をつけよう。
他レーンへRoamを仕掛けることもあるので、チャットで知らせてあげるととてもやさしい
を積んだ後のR+AAコンボはとても痛い。注意しよう。
ゲーム中盤~
Pの強化Wによるイニシエートに要注意。
周囲のジャングルにを置いて、視界を確保しよう。
シヴィア
レーン戦 互角
Qを避ける。
反射しながら飛んでくるWもなるべく避けた方がいいが、CSを諦める程ではない。
EEで防ぐことが簡単なため、攻めるときはEがCD中を狙おう。
ゲーム中盤~
Rでの仕掛けに注意する。
がひとりで行動している時はチャンス。オールインすれば倒すことができる。
ジン
レーン戦 不利
Pにより、特殊なAAの仕様になっている。4発目のAAがとても痛いので、AA射程に入らないよう下がろう。
Qに注意。最も近いユニットに4回跳ねる。こちらのミニオンが後衛ミニオンのみ(3体以下)になったら距離を取ろう。
Wレーン戦で最も注意するべきスキル。のAAや敵サポートのAA/スキルに当たったら避ける事に専念しよう。
(「QWWQ→AA」のように、ひとつのCCから大ダメージが入る場合がある。)
RこちらのHPが低い場合、レーンに居座らない方が良い。WRの射程外に逃げよう。
ゲーム中盤~
WRによるキャッチに注意。
ジンクス
レーン戦 互角
Qのスキルレベルが上がると、ロケット状態のAA射程が長くなる。
Wはミニオンを盾にするか、避ける。
EによるCCチェインに注意。
Rは射程が無限。スナイプに注意。
ゲーム中盤~
が集団戦でキル/アシスト/タワー破壊を得るとPが発動し、暴走を始める。素直に距離を取ろう。
がひとりで行動している時はチャンス。オールインすれば倒すことができる。
トゥイッチ
レーン戦 互角
PによるDoTダメージが序盤から痛い。AAやWによってスタックが増加する。
Qによってステルス状態になる。姿を現した後はASが増加するので気をつけよう。
相手が誰もいない、またはサポートしか見えていなくても、ステルス状態のがいるかもしれない。を刺そう。
EPのスタックが溜まっている時ほど火力が高くなる。とのダメージ交換は先手を取ったほうが勝つ。
RAA射程がとても長くなり、貫通するようになる。暴れだしたら逃げ切れないため、HP管理に注意。
を絶対に育てないこと。
ゲーム中盤~
はマークスマンでありながら、アサシンでもあるチャンピオン。
が孤立しているとQを使って急接近し、暗殺されてしまう。集団行動を心がけよう。
ドレイヴン
レーン戦 無理
レーン戦で1度でもにキルを渡すと、Pにより大量のゴールドを手に入れる。スノーボール性能が極めて高い。
Qで強化されたAAが痛い、痛すぎる。殴りあうと絶対に勝てない。斧を落とした時がチャンス。
Wで接近/離脱に優れている。仕掛けられたら逃げることに専念しよう。
Rは射程が無限で、往路と復路の2回ダメージ判定がある。両方当たるととても痛い。
を絶対に育てないこと。
ゲーム中盤~
Qによる強力なAAを放ってくるが、AA射程はそれほど長くない。
Pで伸びたAA射程やスキル射程を最大限に活かそう。WRで距離を取れることも忘れずに。
育ったは、のようなCarryをQ2発で消し飛ばす。誰も止められない。
フォーチュン
レーン戦 不利
ミニオンを経由したQでのハラスに注意。HPが少ないミニオンの後ろには特にいないようにしよう。
Eに気をつけよう。ダメージは殆ど無いが、Gank合わせやRとセットで使われることが多い。
Rのダメージがとても痛い。敵サポートのCCに注意しよう。
ゲーム中盤~
集団戦でのRに注意。射程外に出ることが最優先。
ルシアン
レーン戦 無理
スキル主体により、ゲーム序盤から高いダメージが出る。
ダメージ交換をした場合、絶対に勝てない。
ミニオンの延長線上にいるを狙ってQでハラスをしてくる。
見えてからでは避けられないので、立ち位置に気をつけよう。
Eで急接近してコンボを入れてくる場合があるので、HP管理に気をつけよう。
Rを使ってきたら、Wで逃げよう。
を育てないこと。
ゲーム中盤~
はゲーム中盤でパワースパイクを終える。ゲーム中盤~ゲーム終盤はの方が強い。
ヴァルス
レーン戦 不利
Qがとにかく痛い、長い。Qを溜め始めたら、心理戦が始まる。
が育つと、Qが痛すぎてFarmもままならなくなる。Feedしないよう気をつけよう。
Eのスローはもちろんだが、回復阻害が付くことにも注意。Eの上ではを使わないようにしよう。
Rによるキャッチ・イニシエートに注意。Wのスタックがすぐに溜まるため、思わぬバーストが出る。
ゲーム中盤~
集団戦前のQによるポークに注意。
他のADCよりもQにより集団戦での射程が長い。立ち位置に気をつけよう。
Rによりキャッチ・イニシエートに注意。
ヴェイン
レーン戦 互角
PによるMS増加やQにより追撃が得意。
AAやEWのスタックが3つ溜まるとTrueダメージが入る。
レーン戦で最も注意すべき点は、Eによる壁ドンである。壁際に立つ際は気をつけよう。
Rを使うと短い時間ではあるが、ステルス状態になる。素直に下がるのが得策だ。
ゲーム中盤~
は1vs1が非常に得意なチャンピオン。
が孤立している時や、ジャングル内を移動している時はEによるキャッチに注意。
AA射程は圧倒的にの方が長い。間合いを取って戦おう。

※ 私の主観が多数含まれています。意見やアドバイスがある場合、是非コメントで教えてください。
おわりに
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

知り合いの初心者がに一目惚れをして、おぼつかない動きをしながらも楽しそうにプレイをしていました。
もっとの魅力を教えてあげられないか、力になれることはないかと思い、このビルドガイドを作成しました。

Facebookで リーグ・オブ・レジェンド公式 を「いいね!」すると、と「Riotガールトリスターナ」を貰うことができます。
Facebookアカウントを持っていて興味をお持ちの方は、是非ゲットしてくださいね!

楽しいLoLライフ、楽しいADCライフ、楽しいライフを送るきっかけとなれれば幸いです。

質問やコメント等、お待ちしてます。

執筆者

nnhs

Farm is my Life.


コメント - 35件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:e42b7fa9
2016-09-27 21:14:19
見やすくて良い
2.
nnhs 登録済みユーザ
2016-09-27 21:46:08
>> 1
ありがとうございます!読みやすいよう、工夫しました!
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:992367f0
2016-10-05 12:27:22
トリス好きだからめっちゃ参考にします。
読みやすくていい記事
4.
nnhs 登録済みユーザ
2016-10-06 20:07:22
>> 3
ありがとうございます!トリスターナは本当にかわいいですよね!
ハロウィンスキン最高!
5.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:b48fb1f5
2016-10-12 08:10:25
読みやすくて助かります。
ビルドとしてはIEを完成させてからハリケーンでしょうか、それともBFのあとはハリケーンでしょうか? 状況次第でしょうが詳細教えてくださいませ
6.
nnhs 登録済みユーザ
2016-10-12 16:33:28
>> 5
少しややこしい書き方をしてしまってすみません。
BF剣(またはピッケル)を買った後、ハリケーンを先に積んでからIEを完成させます。
「ビルド」セクションの文章を少し訂正させていただきました。
7.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:2e376c3b
2016-10-13 02:35:08
>> 6
大変分かりやすくなりました!初歩的な質問にも御丁寧にありがとうございます!
8.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:6a01918a
2016-11-03 00:18:02
非常に参考になりました、トリスターナ買ってみようと思います。
これで晴れてADCデビューだw
わかりやすく、楽しく読めました!最高の記事をありがとうございました!
9.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:6a01918a
2016-11-03 00:18:24
非常に参考になりました、トリスターナ買ってみようと思います。
これで晴れてADCデビューだw
わかりやすく、楽しく読めました!最高の記事をありがとうございました!
10.
二次元人間 匿名ユーザ ID:a85e77c1
2016-11-04 04:58:31
ASCritはProでもSSを積む人が多いけれども、ビルド主はどう思いますかね?
11.
nnhs 登録済みユーザ
2016-11-04 06:07:27
>> 8
ADCデビューおめでとうございます!
参考になっていただけて、とても嬉しいです!

>> 10
2つ目のAS Crit枠にSSを積む利点は、
・バーストダメージを伸ばす
・プッシュ能力・AoEダメージの強化 です。
どちらともトリスターナの持つ性能で事足りていると思うので、
ShivよりもRFcで射程伸ばした方が敵や敵タワーへプレッシャーをかけられると思います。
12.
二次元人間 匿名ユーザ ID:e1fe00d6
2016-11-04 13:56:23
SSを積む場合は、一番目ですよ。そして二番目にRH・RFC・PDの順番で状況によって1つ選択されています
13.
nnhs 登録済みユーザ
2016-11-04 16:19:11
>> 12
そうでしたか!大変失礼しました
ここ最近の「AA系ADCはハリケーンから積んどけ」的な流行でつい勘違いを・・・ Season 5を思い出しますね。

Shivを積むと主に序盤のバースト力が増え、レーンでのキルを取りやすくなり、スノーボール性能が向上します。
また、コアビルドが完成した際に1vs1で勝てるチャンピオン(シヴィア・ジンクス etc.)が相手の場合、ハリケーンよりも簡単に圧倒することが出来るでしょう。

ハリケーンと比較した際のデメリットは、
・集団戦で出せるダメージが劣る
・クリティカルが発動するかによって、ダメージに幅がある
・他のAS Critアイテムとのシナジーが薄い
といったところでしょうか。
ハリケーン:プッシュ能力の飽和
RFc:追加ダメージがどちらか1つ(ダメージが高い方)しか適応されない
PD:AA射程が550を超えるので、MSの恩恵を受けにくい
・・・気にならないという方もいらっしゃると思いますが、いかんせん自分が几帳面なもので・・・(ビルドの凝り具合からご察しください)
ので、私が採用するとしたら、AS CritアイテムはShivだけだと思います。「最終ビルド」のような感じですね。

数回試しに運用してみて、使用感についてこちらで報告させていただきます。
本ビルドにも追記をさせていただくかもしれません。貴重な情報をありがとうございました!
14.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:0af3b79d
2016-11-04 17:36:45
誰かトリスは無料で貰えるって教えてやれよ
15.
nnhs 登録済みユーザ
2016-11-05 03:01:08
>> 14
忘れていました。
「おわりに」セクションに追記させていただきます!

ついでに今さっきFacebookに登録してRiotガールトリスターナを貰ってきました。かわいい。
16.
二次元人間 匿名ユーザ ID:fd312678
2016-11-05 14:03:05
>> 15
ビルド主もまだもらってなかったのね。それはさておき──

>> 13
──お察しの通り、個人的にはRHよりもSS派の人間であります。知っての通り、Tristanaは序盤に弱いわけでありまして、それを補うことができるアイテムがSSであるからです。同じくレイトゲームキャリーのヴェインは(ここ最近のBuffの影響が一番ではありますが)SS・IE・AS靴のルートのビルドが広まった結果、ADC勝率は50%を超えています。
また、二本目にはRHをよく採用しますが、その理由としては、「後半はPush力があって困ることはない」からです。同じ値段でありながら、AS上昇率がSS・RFCと比べると高いというのがRHの一番の強みでありますが、ボルトはクリティカル率の上がる中後半に効果が伸びるということでありますから、一本目に積むというのは効果が薄いためです。
何はともあれ、お試しください。
17.
二次元人間 匿名ユーザ ID:e1fe00d6
2016-11-07 09:48:29
>> 16
Tristana Mainとして動画が上がっている、EUWの「hihiHyyyyyyyyypR」はほとんどの試合で、ASCritは一本目にRH、二本目にSSを積み、RFC・PDは全く積んでいませんでした。
一応ご参考までに。
18.
nnhs 登録済みユーザ
2016-11-07 22:10:35
>> 16 >> 17
初手Shivを試してきました。レーン戦で有利を作れた場合にとてもスノーボールし易く、パワースパイクが早まるのを体感することができました。
初手にハリケーンを積むかShivを積むかはそれぞれ「複数へのダメージを意識する」「単体へのダメージを意識する」「パワースパイクを早める」など人の考え方によって分かれるため、その旨も踏まえてビルドの見直しをしたいと思います。
本当にありがとうございました!
19.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:26727fa8
2016-11-08 01:05:30
分かりやすくて助かりました
参考にさせていただきます。
20.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:b40440fe
2017-01-06 12:00:24
いいビルド
21.
nnhs 登録済みユーザ
2017-01-06 15:42:34
>> 19 >> 20
ありがとうございます!
22.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:6d85cfed
2017-01-15 01:03:53
トリスちゃんは安くて可愛くて自己ピールもできる初心者に優しいいい子だからよくお世話になりました…
最近あまり見ないのが悲しい
ASアイテムは結構適当に積んでたのでこういうビルドガイドはありがたいです
23.
nnhs 登録済みユーザ
2017-01-16 17:47:09
>> 22
コメントありがとうございます!
もっとトリスターナが輝けるような環境になって欲しいものですね・・・・!
24.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:9372f865
2017-01-17 23:21:54
このビルド参考にしてキャリーできました!
ありがとうございます!
25.
nnhs 登録済みユーザ
2017-01-18 23:11:44
>> 24
読んでいただきありがとうございます、参考になって幸いです!
26.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:c8875653
2017-05-03 18:35:24
現在王剣ビルドが主流になっているのでその辺りに言及してくれると嬉しい
27.
nnhs 登録済みユーザ
2017-05-04 00:52:18
>> 26
お待たせしました。更新が滞ってしまいすみませんでした。
28.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:c4ab5f18
2017-05-08 07:06:16
ルーンってなんで赤AD*9、紫AS*3にしないんですか?
29.
nnhs 登録済みユーザ
2017-05-08 15:29:24
>> 28
一般的にADCは、レーンでのサステイン(回復能力)を得るために、ゲーム序盤から少量のライフスティールを持ちます。
そのライフスティールをルーンで補うか(ライフスティール ルーン)、マスタリーで補うか(吸血衝動)の選択です。
ルーンで補う方がマスタリーで補うよりもADとAPが(ごく僅かですが)多くなります。

もちろん普通のAD ASルーンでも構いません。その際はマスタリー赤の4段目で「吸血衝動」を取ってくださいね。自分が納得できるルーンが一番良いと思います。
30.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:c4ab5f18
2017-05-09 05:30:09
>>29
ドラ剣、もしくはドラシでもいいと思うんですけどどうなんですか?
相手がtankサポだった場合、ロンソ+ヒルポ3はよくないと思うんですけど。
31.
nnhs 登録済みユーザ
2017-05-09 07:14:23
‪>>30
‪(初期アイテムが絡んでくると、やや複雑な話になってしまうのですが、)どんな初期アイテムであれ、ルーンかマスタリーでライフスティールを積むのは大切です。ライフスティールはあるだけ困りません。
‪火力(AD AP、AS)とライフスティールとの折り合いをどう付けるかは、個人の納得できるところで決めるといいと思います。‬
‪(そして、このビルドで紹介しているルーン&マスタリーは、数値的に効率が良くなっています。気になったら調べてみてくださいね。)‬

‪またロンソスタートの話ですが、現環境において、‬
‪・王剣を買うチャンピオン‬
‪・ERを買うチャンピオン‬
‪・相手のハラスが痛い‬
‪・レーンに自信がない‬
‪これらの条件にひとつでも当てはまる場合は、ロンソスタートするのが良いです。‬
‪ポーションが余っていたとしても、「積極的にダメージ交換ができる」というメリットがあります。
‪逆にロンソスタートをしないチャンピオンは、IEを買いたいCaitlynや、初手にGuinsooまたはWit's Endを買うKog'mawくらいだと思います。‬(Ezrealもかな?)
32.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:c4ab5f18
2017-05-09 19:09:35
ロンソスタートは相手のpick up性能が強いチャンプ(たとえば、レオナ、ブリッツ、スレッシュなど)に対しては弱いと聞きましたけど、どうなんでしょうか。

それと、ルーンマスタリーの効率を個人的に調べてみましたが、「最終的な」効率はよかったのですが、トリスターナは序盤が辛いチャンピオンだと個人的に思うので、序盤に強くなるためにはADASルーン+吸血衝動のほうがいいと思います。
33.
nnhs 登録済みユーザ
2017-05-09 21:25:48
>>32
‪Pick UP性能が高い相手に対し、ドラ剣のHP +80によってワンコンからの生存率が上がります。‬
‪ポーションが切れてしまっていた場合だとライフスティールによる回復のみではレーンに残れませんが、ポーションが複数ある場合はレーンに残ることができます。
‪耐ワンコンはドラ剣の方が長けており、その後のレーン維持能力はロンソの方が長けているということですね。なので、ロンソスタートがPick UPに弱いと感じたことは特にありません。

‪また「序盤に強くなる」についてですが、「LS 0.5% & SV 2%」と「AD & AP(レベル2時点で多くなる)」のどちらが「序盤に強くなる」と取るかは人それぞれです。トリスターナはレーン戦が弱いといっても、レベル2時点では対等に戦える性能をしています。‬

‪どちらが強い・弱いわけでもなく、どちらが正しいか・間違っているかという話でもありません。
あなたが納得できる選択が一番良いと思います。‬
34.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ba20b253
2017-07-06 20:40:00
プロビルドを見るとIEシヴ→ラピッドファイアが9割くらいを占めてますけどなんでこんなビルドが上がり始めたんでしょう?
マスタリーも18/0/12が大半でルーンにLSを積んでませんでしたが最近の流行りなのでしょうか
35.
nnhs 登録済みユーザ
2017-07-06 22:49:46
>> 34
王剣にNerfが入り、「超OPアイテム」から「強いアイテム」へと評価が変わりました。
初手に王剣に行くビルドは、素材のLSによるサステインによってトリスターナの弱点「序盤が弱い」を補うためのビルドです。ですがCriticalを積むのが遅れてしまうため、パワースパイクは遅くなってしまいます。
初手にIEに行くビルドは、序盤こそあまり安定しませんが(特に相手のSUPに左右されやすい)、序盤を乗り越える事ができればIE+Shiv(その他AS Critアイテム)と積む事で中盤からかなりのダメージを出せるようになります。
どちらのビルドパスもメリットとデメリットが存在するので、腕に自信のある人はIEビルド、安定を取りたい人は王剣ビルドとするのが良いでしょう。

それと、18/0/12のマスタリーは「ルーンの鎧」による回復&シールド効果の増加と「ひらめき」によるサモナースペルのCD短縮を重視しての選択です。
特に「ルーンの鎧」は、LSだけでなくソラリやリデンプションなど、Peelアイテムが増えたことによって恩恵が増えた点で評価されています。
しかし、クッキーでなくポーションになってしまう点、相手に与えるダメージが減ってしまうというデメリットもあります。マスタリーの選択は完全に好みと言って差し支えないでしょう。

ルーンにLSを積まないのは・・・すみませんがわかりません。流行の変化なのか、あまり深く考えずにルーンを選択しているのか。
ですがルーンなんてほぼ誤差に近いものがありますし、自分が納得するものが一番良いと思います。僕はこの「いろいろ工夫した感」のあるルーンがお気に入りです。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!