プレイガイド

ジャングルの知識81+α

執筆者: 天皇Fakerと皇后Faker (最終更新日: 2017-05-28 14:17:11)

22,690   60

387
97
80%
トップページ > ビルドガイド検索 - 一般ガイド > 【一般ガイド】ジャングルの知識81+α
2017/05/28
5章で鳥からスタートと赤バフからスタートを比較してみました

2017/05/19
ノーマルで試合が開始される前(チャンピオンピック時)に自分のサイド(左か右か)を確認する方法を追加しました(目次の一番下に追加しています)




since 2016/10/07

ご来訪ありがとうございます

はじめにこのガイドは個人的なメモとしての要素が大きいことを述べておきます
ですが、ガイドでこの場を借りているからにはガイドとしても成立させたいと思っております

ジャングルをするにあたって最低限しっておきたいことをメモとしてまとめています。
私は下手なのでメモとして知識を残しています

あくまで自分に対してのメモなので自分が解ればよいという感じで書いたのですが、人目に触れる形になってしまっているということと、初心者さんが専門用語わからないのでは?という指摘をうけましたのでそのあたりも考慮して書き直しました
またメモというだけなら非公開でいいのでは?という意見もありますが、フレンドさんの中には更新を期待していつも見て下さっている方もいますので公開設定にしています
加えてこちらのガイドはまとめる為に便利なツールが揃ってるというのもこちらをお借りしている理由の一つです
私自身まだ初心者ですので間違いもあると思いますが指摘していただけると幸いです

ランクを回してもおそらくブロンズ5確定だろうというくらいの下手くそです
目標は高く持ち2018年にゴールドなりたい!という感じです
そんな私のメモですので、おそらく読まれる方にとって意味のあるものにはなっていないと思います
それは前もって言っておきます

私のようなアンランクの雑魚プレイスキルのプレイヤーには勿体ないくらい私は上手なフレンドさん達に恵まれています
チャレンジャー、ダイヤと本当に私には勿体ない方達です
そういった方達とフレンドになれたことはすごく恵まれていることです
なんといっても
私が持ち合わせていない知識を持ち合わせており、それらを教えていただくことができる
そういった方達の試合を観戦することができ、疑問におもった部分は質問ができる
個人的に練習してもらったり、ダメ出しをしてもらえる
こういったことから得た知識をメモとしてまとめています
「情報が多すぎる」、とよく言われることがありますが、上手な方達はここに書かれていること以上の情報を1試合の中で整理して即座に行動に移しています
整理すべき情報が多すぎるからこそ私も忘れてしまう、だからメモとして残しています
ここに書かれているようなことを私が常に実行でき、良いプレイができるのかと聞かれたら答えはNOです
できるから書いているのではありません、できるようになるために書いているのです
ですが、知識というのは大切だと思っています
知識なしで闇雲に行動するより前もってある程度の知識がある方が断然有利ですし、あらゆることが見えてきます
その知識で補える部分+経験で身に着く部分(感覚のようなもの)が上手くかみ合ってきたときに自分のプレイもよくなっていくのではないかと思います

メモとしてこういった場を借りているのもどうかとは思いますが、LOLのポイントをまとめる際に豊富なツールがそろっていますのでこちらをお借りしています

もし理解できないことがありましたら下の方にコメント欄があると思いますので質問してくだされば答えられる範囲で答えます
もしくはだれかもっと詳しい方が答えていただけると幸いです

アンランクのプレイヤーの書いた記事・そしてメモなんて読めないという方はスルーしていただいて大人の対応をお願い致します
読んで下さった方は少しでも吸収できるものがあれば幸いです、吸収できるものがなかったときは時間をとらせてしまいすいませんでした
目次
クリックでその内容に飛べます


1章 
一度もジャングルを経験したことがない人のためにジャングルとは?

ジャングルとは?ということを自分なりの考察で書いたものです(読まなくていいです)

2章 
ジャングルを担当するにはどうすればいいの?やってみたけどわからない

ジャングルを初めてやってみようという方はどうぞ

3章 
理解しているようで曖昧にしているトリンケット・ワード及びジャングラーのワーディングについて

ジャングルにも関係してくるトリンケット・ワードのお話しとジャングラーのワーディングの話。読んで損はないと思います。

4章 
中立モンスターについて

中立モンスターのバフの解説など

5章 
中立モンスターの周り方

中立モンスターの周り方。周り方はたくさんありきりがないのでこんなのあるよっていうのを書いただけです

6章 
ジャングルの知識81+α(随時追加予定)

列挙している形です、ジャングル経験者はここ(6章)だけ読んでくれれば問題ないかも

7章 
ジャングル運用でマスタリーレベルを6以上にできたチャンピオンの私なりの取説

ジャングルチャンピオンの簡単な取説



その他LOLをプレイするに当たって参考になりそうなサイト紹介

OP.GG(日本語)
こちらのサイトでは検索スペースにサモナーネームを打ち込んで検索するとその人の情報を得られます
また左上のチャンピオン分析などからチャンピオンのビルドなどを調べることができます

champion.gg(英語)
チャンピオンのビルドやマスタリーを手っ取り早く検索できます

チェンピオン一覧(日本語)
私はこちらを一番愛用しています
プロが実際に使用したビルドや、その購入過程、ルーンやマスタリーなどなど
勿論レーン毎の平均的なルーンやマスタリーも調べることができます

データベース/チャンピオン(wikiより)
wikiのこのページで使いたいチャンピオンのスキルをしっかり把握できます


すごくどうでもいいことですがノーマルをプレイしていてよく質問されるのでどこに追加しようか迷った結果ここに
ノーマルをプレイする際チャンピオンのピック時に自分がどちらのサイドなのかわかります

ノーマルをプレイする際、チャンピオンピックの画面で背景にサモナーズリフトが映し出されています

下図のように右上のネクサスが赤く光っているときはそちらが敵サイドつまり自分は左下の青サイドです



逆に下図のように右上のネクサスが青く光っているときは自分は右上のサイドということになります




1章:ジャングルとは(個人的見解)

ちょっと時間ができましたので、一度もジャングルを経験したことがない人のためにジャングルとはなんぞや?
ということを個人的見解で書いていきたいと思います

まずジャングルが何?ということを語る前にですね、そもそも今のLOLの構成ってなんであんなになるの?っていうことを考察したいと思います。
あくまで考察ですので間違ってるかもです

まずは下図を見て下さい



現在主流とされているLOLでの構成はごらんのとおりです
つまり
トップレーンにはトップ1人
ミッドレーンにはミッド1人
ボットレーンにはADCとサポートの2人
ジャングル1人となっています

トップレーンにはタンク系の硬いCC多めのチャンプがあてはまることが多いです
ミッドレーンにはメイジやアサシンの様に瞬間火力は大きいが撃たれ弱いチャンプがあてはまることが多いです
ボットレーンにはADC(アタックダメージキャリー)といってAA(普通に右クリックででる攻撃)のダメージが強いが撃たれ弱い、ただし育った場合もう止められなくなるチャンプがあてはまることが多いです
ボットレーンにはもう一人サポートという役割がつきます、これは味方へのシールドや回復であったり、敵を拘束するCCを持っているチャンプがあてはまることが多いです

ではなぜこのような配置になるのか考えてみましょう

その前に一番重要なこと
LOLはチーム5人が効率よく経験値を獲得し、効率よくお金を貯めることが勝利への道となりますこれを踏まえて考えていきたいと思います

レーンは全部で3つあるわけですが、チームは5人で編成されます
効率よくということを考えるならば、1レーンに1人ということになりますがそれだと2人が余ってしまいます
ではそれをどうすればいいか?

まずミッドレーンから考えてみましょう
1人でも十分に相手と戦うことができ瞬間火力も高いが撃たれ弱いメイジやアサシンがミッドレーンに確定すると思います
これは、まず瞬間火力が高いことから経験値を1人で1レーン分全てもっていきたいわけです、しかし撃たれ弱いことからガンクされた際にすぐに溶かされてしまう可能性があります
そこで1人で経験値を得ることができ、尚且つガンクから逃げやすいレーン、つまりタワーとタワーの間隔が一番狭いレーンを選択する必要がでてくるのでミッドレーンにはメイジやアサシンが1人ということになります
また瞬間火力が高いことから、他のレーンに顔をだしてキルを取りやすいということも考慮すると真ん中に位置するミッドレーンとなるでしょう。
※ガンク:複数人で数的有利をつくり相手を襲うこと

これでミッドレーンはきまりました

次はトップレーンを考えます
トップレーンはタワーとタワーの感覚が非常に広いです
つまりガンク受けた際逃げるのが困難となります、それを逃げ切る為にも体力が多くそして何より硬くてなかなかキルされないタンク系のチャンプがトップレーンを担当することが多くなると思います
またトップレーナーはタンクという性質から装備を整えてどんどん硬くならなくてはいけませんし、1人でも十分戦えます
ですので、トップレーンはタンク1人ということになります

次にボットレーンを考えます
ボットレーンもタワーとタワーの感覚が広いです
ADCというのはAA(通常攻撃)が非常に強いですが、フォーカス(相手が狙うこと)されると一瞬でキルを奪われます
またADCは育つことで後半の集団戦においてAAだけでとんでもない火力がだせ、攻撃速度も速いですので積むアイテムを間違えなければ、タンクさえも容易にキルしていまします
ですが、それは育つということが前提になります
育つためにはガンクをされた際にキルされたくないわけですし、できればキルをしたい
そこでボットレーンにはサポートという役割のチャンプも付き添います
サポートは味方にシールドをはったりライフを回復させることができるチャンプであったり、強力なCCを持っており相手をスタンさせたりできる者がサポートにつきます。つまり味方ADCを守ったり、キルを取らせてあげたりという仕事をします
ですが、1レーンに2人ということは、そのレーンの経験値も2人で分けることになりますのでADCとサポートはトップやミッドよりレベルは低くなります
ですが、何度もいうように育つと強いADCを育てることがサポートの役目ですので、基本的にボットレーンのミニオンのCSを取るのはADCのみとなります
サポートはCSをとってはいけません
※CSとは相手ミニオンをラストヒットを取ることで、これによりお金をより多くもらえます。ラストヒットなんて攻撃してりゃ普通にミニオン倒せるじゃん?って思うかもしれませんが、味方ミニオンが相手ミニオンを攻撃しているのでタイミングよくミニオンを攻撃しないとラストヒットはとれません

※サポートでもレリックリールドというアイテムを初期装備で買っているなら、ある程度CSを取ってもかまいません。レリックシールドにつては個々で調べて下さい

ADCにお金を稼いでもらって、装備を整えてもらうのです
ADCがキルされそうな場面では自分が盾になってキルされてでもADCを守ります
それでADCは育つわけですが、サポートはというとCSを取らなくてもお金が入ってくるようなマスタリであったりアイテムを購入することでそれを少し補い、基本的にはサイトストーンというアイテムを購入しワードなどで視界を確保し味方が動きやすいようにします
をサイトストーンを買ったタイミングくらいでに変更しまた9レベル以降はに変更し相手のワードを発見し破壊するのもサポートの仕事となります

ここまでの考察から考えると
トップとボットはタワーの幅同じなのだから、反対でもよくない?と考えるかもしれません
しかしそれは間違いだと思います
ドラゴンやバロンのことを頭に置いておかなければいけません
バロンは20分になるまでは出現しませんが、ドラゴンは20分までに数回出現します
バロンがトップ側なのに対してドラゴンはボット側です
そうなると20分までにより多く出現するドラゴンを取ってチームを有利にしたいわけです、ドラゴンは相手との取り合いなのでできれば早く倒したいですし、それには人数が必要になります
それを考えるとドラゴンの近くにできるだけチャンプが多い方が有利ですので、ボットが2人になります

ここで余談ですが、トップはドラゴンから一番遠い位置にいます、ですので選択するサモナースペルはテレポートが多くなります
これはボット近くで集団戦が始まったときにワードなりタワーなりにテレポートで即座に駆け付け味方を有利にするためです

これはあくまで序盤から中盤にかけてのフォーカスがドラゴンにあるからですが、では中盤以降にドラゴンではなくチームとしてバロンを視野にいれている場合はどうなるでしょうか?
中盤ともなるとお互いタワーの1本や2本は折られている状況でしょう
その際、もしフォーカスをバロンにしているならば、よくボットレーンはそのままADCがプッシュしトップはトップレーナーがそのままプッシュし続けている姿を目にしますが、あくまでバロンをフォーカスしているならば、これは逆になりますバロンから一番遠いトップレーナーがボットをプッシュしバロンに近いトップレーンはADCがカバーに入るというかたちになります
これは勿論ドラゴンのときと同様にバロンに近い側にADCやサポートがいて、遠い側にテレポートを持つトップがいることでいざバロンが始まるぞってときにトップレーナーはテレポートで即座に駆け付けることができるからです

集団戦においてスプリットプッシュとか色々あるんですが、ここでは省略します


そして、最後に残り一人がジャングルとなります

レーン以外の部分には下図のように中立モンスターというものが存在します



これらの中立モンスターからも経験値やゴールドを手に入れることができます
となると、ここに1人役割分担をおいて育ってもらうことが経験値やゴールドの面からも有益だと考えます

ここでやっと結論です!
ジャングルとは、経験値やゴールドを効率的にチーム全体が取って育つために中立モンスターを狩って経験値やゴールドを得る役割ということになります

これは単純に経験値やゴールドの面から考えたジャングルの話であって、ジャングルだから中立を狩っていればいいというわけではありません
ジャングルは中立モンスターを狩りながら育ち、そして3つのレーンにちょっかいをだす、つまりガンクをしかけてレーナーを勝たせる役割をします
そして試合全体の主導権を握らせるという大きな役目をもっているのがジャングルなのです

ここからは極めて個人的な見解になります経験値をチーム全体で効率よく得るためにJGという役職は不可欠ということは理解していただいたと思います
ではそれを踏まえて戦術的な面からはどうでしょうか?

ジャングラー(およびミッド)は試合を動かす要である(要というだけで他のレーンが動かせないという意味ではないです)
ジャングラーやミッドが試合を動かす要というと語弊があるかもしれません、要であると同時に試合を壊してしまう恐れもあります
それは勿論他のレーナーにも言えることですので、基本的にチームとして持ちつ持たれつです


これは簡単な例だとガンクをしかけることで、そのレーンを有利にすることができます(はじめてジャングラーを担当する人はガンクを練習すると思います、というよりジャングラー=ガンクというイメージだと思います)

しかし、ジャングラーは常にマクロな視点での判断が要求されます(個人的な対戦でのプレイスキルをミクロに対して全体的にどうこうというのをマクロといいます、確かそうだったはず・・・)
どういうことかといいますと
きわめて重要な例としてワーディングというものがあります(これはサポートをなさっている方ならわかると思います)
例えばです、こちらのトップレーンが押しているときに、ジャングラーは相手のトップジャングルに入りやすいわけですが、その場合に相手のトップジャングルにきちんとワードをさせるかどうか?
※トップ押してるし、他のレーンガンクいこう!だけではないのです
これをすることでどう有利になるかというと、ワードを刺す場所にもよりますが、まず相手ジャングラーがゴーレム狩っているのか?赤バフ狩っているのか?鳥狩っているのか?などの情報がはいります、また相手のジャングラーがトップサイドにいるのかボットサイドにいるのかということもわかります
つまりそれは、相手のジャングラーがトップサイドのワードで捉えられているならボットサイドにはいない、捉えられていないならボットサイドにいる
ということになり
トップレーナー、ボットレーナーがそれを意識できる人達であればジャングラーが置いたワードによって自分たちは今攻めていいのか悪いのかの判断ができます
また、ミッドレーナーにも要求されることですが、ワードで相手を捉えることで寄りが速く行えれば数的有利な状況で相手をキルできます
その際にブラストコーンの有無を確認できる位置にワードを刺していれば相手がブラストコーンで逃げることを事前に防ぐこともできます
このようにトップが押しているというだけで、できることはまだまだ沢山でてきます
そういったことからの必要性がわからないと思っている方やにする意味ある?と思っているかたはマクロな視点でみるということを意識すればがどれほど重要なアイテムなのかわかるとおもいます
このように、色々な角度から試合を有利に運ぶ手助けをできるのがジャングラーなのです




ジャングルを担当するにはまずどうすればいいのか?
という話は次の章でします

ここで余談ですが
トップは基本的にサモナースペルはフラッシュとテレポートを持ちます
理由はドラゴンから一番遠い位置にいるわけですから、ドラゴンの奪い合いなどがはじまったり集団戦がはじまったときにテレポートをつかってワードに飛んだりして味方の援護に素早く駆け付けるためです
フラッシュは基本的にはガンクなどで危ないときの逃げの手段であったり、逆に相手を追撃するときの手段として使われます

ミッドは基本的にはフラッシュとイグナイトを持ちます
フラッシュの理由はトップと同じですが、イグナイトは瞬間火力が高いミッドレーナーが確実に相手からキルする手段として持ちます
イグナイト以外に、遠距離系のメイジはバリアをもったりします
対アサシンだとイグゾースト(相手の火力を下げる)を持ったりします

ADCは死なないことがが前提なのでフラッシュとヒール
サポートはフラッシュは他のレーナーと同じですが、基本的にはイグゾーストをもつことが多いです
イグゾーストでここぞという場面で相手を逃がさないようし味方にキルを渡したり
味方を逃がしたり、とりあえず相手の動きを封じ込め受けるダメージを軽減させます

そしてジャングルは基本的にフラッシュとスマイトを持ちます
基本的にといいますかスマイトに関しては絶対と言っていいほどもちます、もたないとジャングルできないです

※あくまでも基本的になので、わからなかったらこれもってりゃいいんじゃない?程度のことです
チャンピオンによって持つサモナースペルも変わってきますのでそのあたりは自分で調べてみてください
ランクを回すなら自分の対面チャンプはおそらくピックの時点でわかるでしょうからそれに応じたサモナースペルにしてください

以上でジャングルとはなんぞや?ということについての考察を終えます

次の章ではジャングルをするにはまずどうすればいいの?ということを書きたいと思います


目次へ
2章:ジャングルを担当するにはどうすればいいの?やってみたいけどわからない
ここではジャングルをやってみたいけど始め方がわからないという方のためにかなり簡単に始め方を書いていきます

ジャングルを担当するにはサモナーレベルが10以上ないと無理です
つまりレベル9以下ではジャングルはできません
理由はジャングルはスマイトというサモナースペルがないと担当することができず、そのスマイトを使えるようになるのがレベル10からだからです

ではなぜジャングルをするにはスマイトが必要なのか?
簡単にいえば、効率よく中立モンスターを狩り効率よく経験値やゴールドを得るにはジャングル専用のアイテムが必要となるのですが
それを買うにはスマイトをサモナースペルで持っていないと購入できないからです。

勿論それ以外にもスマイトの効果はありますが、それは後の章で後述しています

ではジャングルをはじめるわけですが、スマイトをサモナースペルで選択したならば
初期アイテムで
ハンタータリスマンとハンターマチェットを購入することが可能になります

それぞれの効果は下記のとおりです

ハンタータリスマン
スキルかAAで攻撃したときに5秒かけて25HPを吸い取ってくれます。スキルも効果が発動するので、AOE(範囲スキル)を中心に回るチャンピオンは最初にもつとよいかも。
また、マナを自然回復してくれるのでマナを多用して中立を狩るチャンピオンもこちらがいいでしょう。

ハンターマチェット
中立モンスター限定のライフスティール8%が付与され、中立モンスターにAAを入れると20のボーナスダメージを得られます。
AAを主体にジャングルを回るチャンピオンはこちらがいいと思います。
※ライフスティールというのは例えばダメージを100与えた場合にライフスティールが8%ならば100の8%つまり8ライフを回復するという効果です、ただしAAでの攻撃に限ります
これに対してスペルヴァンプというものがり、これはスキルによってダメージを与えた際にライフを回復するというものです


初期装備として上記のタリスマンかマチェットを購入するわけですが
それぞれ350ゴールドですので、あと150ゴールド余ります
それはポーション3つでもいいですし、基本的には詰め替えポーションを購入すると良いと思います。

シンジャオやワーウィックのように、全くポーションを必要としないでジャングルを周ることができるチャンピオンはポーションの代わりにコントロールワードを購入していち早く視界を確保するのもよいと思います



これらを購入したら、中立モンスターを狩っていくわけですが狩る順番であったりは様々です
ですがだいたいこんな感じというものを後述してありますので気になる方は読んでみて下さい

ジャングルを回る際に、一番最初の中立モンスター、これは赤バフか青バフになるのですがそれらを狩る際にボットスタートならADCとサポートにトップスタートならトップにリーシュをしてもらいます
リーシュというのは、狩るのを手伝ってもらうことです、中立モンスターのライフが低くなるまで攻撃してもらいできるだけジャングラーがダメージをもらわないように手伝ってもらいます
こうすることで、ジャングラーがジャングルを周回しやすくなるのです
なぜリーシュが必要かといいますと、1匹目というのはかなり厳しいので倒せなくはないですがかなりライフが削られてしまい、どうしてもファーストリコールが早くなってしまいます、それを避けるためにリーシュしてもらうのです
本当に上手な方はチャンピオンにもよりますがリーシュなしでもカイトといって引いて攻撃引いて攻撃というのを繰り返すことで受けるダメージを軽減しながら回るので、リーシュなしでもまわることは不可能ではありません
しかし、それでもリーシュしてもらうかどうかで回る速さが変わってきますのでリーシュを頼むようにしましょう
リーシュを頼む場合は、自分がトップのバフからはじめるのかボットのバフからはじめるのかを試合がはじまったら知らせる必要があります
その時にGを押しながら左クリックでピンがでてきますのでリーシュしてもらいたい場所にミニマップ上で支援をお願いするピンを出します
旗みたいなマークのやつですね

※チャンピオンによってはリーシュが必要ないチャンピオンもいます、例アイバーン・シャコ
※ただし、シャコは人によってはリーシュが必要になります、これはジャングルとしてのシャコの説明となってしまうのですが
私自身まだシャコを使い始めたばかりで詳しくは説明できませんし、まちがっているかもしれませんが一応簡単な説明を。
ジャングルのシャコが例えば最初のバフに人形のような箱を4つおいているならリーシュは必要ありません
ですが、シャコというチャンピオンは序盤にガンクを決めるというのが特徴でありレベル2ガンクやレベル3ガンクは当たり前です
その場合、最初のバフには箱を2個であったり1個であったりという場合がでてきます
※これは他の場所にあらかじめ箱を設置してレベル3になるまでの時間を速くするためです
そしてダブルバフ(赤青のバフを持った状態)でしかも早くガンクします
そういった場合は、最初のバフで箱を置けて2個なのでリーシュしてあげると良いと思います
そもそも、リーシュしてほしいならジャングラーがその旨を伝えてくると思いますので、あまり気にしなくてよいかと思います。
ただ、シャコだからリーシュいらないよね?っていう決めつけはやめましょう 



そして中立を周回していくわけです。
その際チャンピオンにもよりますが、スマイトを有効に使う必要があります
スマイトは中立モンスターに打ち込むことで一定のライフを回復してくれますので、有効に使いましょう
また敵ジャングラーなどにスティール(ラストヒットをもっていかれること)をされるような危険なときにもスマイトを使って早く倒しましょう。
※例えばドラゴンであったり、バロンの場合はスティールされることは本当に不利な状況を作ってしまいますので、スマイトのダメージはアイコンで表示されているので、複数人でドラゴンやバロンを攻撃すると思いますが、そのときのスマイトのダメージを把握しておいてドラゴンやバロンのライフがスマイトのダメージに近づいてきたらスマイトを打つ準備をしましょう
そしてそのライフを下回ったら速やかにスマイトを打ち込みましょう
※スマイトの攻撃力はレベルと共に上がっていきます



ここで余談になるかもしれませんが
カニを狩る際ジャングラーは全くダメージを受けないのですが、カニは序盤結構倒しづらいです
なんだか逃げ回るし、硬いし
なにより、一番最初にカニを狩る場面ではチャンピオンによってはライフがかなり減っており、その時に敵ジャングラーと出くわすと相手ジャングラーとの相性次第ではキルを奪われてしまいます、怖い時間帯です
そこでカニを狩るためのポイントを書いておきます

カニの狩り方
移動ができなくなるCC、つまりスタンやスネアなどなどをカニに使うことで永続でカニの物理防御と魔法防御が50下がります、更に効果中はダメージ量が25%増加します
これはノーチラスの引き寄せやヴェインのノックバック、またジャンナの打ち上げでも発生するようです
この際マチェットのパッシブダメージもCC効果中のダメージ量が25%増加します

スローでも少しですがそういった恩恵をうけることができるようですが
赤バフによるスローやオーメンのスローではダメージは増加しません

また、ボリベアの場合は相手を後ろに放り投げるスキルを持っているのですが、カニが川を上下に動くのがうっとおしいのでその放り投げるスキルをカニの横側から使い壁に向かってカニを放り投げます
すると、カニが壁から動けなくなるので早く狩ることができたりします



ではつづいて
タリスマンやマチェットを初手で積むことで中立モンスターから特別な経験値を得ることができるのですが、最初周回をはじめて中立を狩っていったり、またガンクをしかけてキルやアシストを得ることでゴールドがたまっています、そうなるとファーストリコールのときに絶対にではないですがタリスマンやマチェットの上位互換アイテムを購入することになります
※絶対ではないというのは、それよりも他のアイテムを優先する場合もあるからです

その上位互換アイテムの説明をしたいと思います
青スマイト
スマイトが敵チャンピオンにも使えるようになり、スローの効果と確定ダメージを与えます
CCが少ないチャンプはもっておくとよいでしょう

赤スマイト
スマイトが敵チャンピオンにも使えるようになり、マークを付与します。
このマークが付いた相手から受けるダメージを20%カットし、そして通常攻撃時に確定ダメージを与えます
敵とのタイマンが強いチャンピオンはもっておくとよいでしょう

緑スマイト
スマイト自体には効果は付与されませんが、このアイテムのアクティブ効果としてワードを2個置けるようになります
最大で2個までしかチャージされませんが、サイトストーンのようにリコールして戻ると最大数までチャージされます
どのスマイトか迷ったらとりあえずこれにしとけばよいでしょう
個人的には私は青スマイトや赤スマイトを好みます、ほんと個人的にはですが。



さらにここから上位互換アイテムにすることができます

エンチャント
※スマイトは全て青で統一して紹介します、青エンチャント青スマイトとか青エンチャント赤スマイトというような組み合わせも可能です

青エンチャント
魔力が60増加し、移動速度が7%アップします、またスキル使用及び移動することでチャージを貯めることができチャージが100貯まると次に発動するスキルで最大4体の対象に60の追加魔法ダメージを与えますので魔法攻撃系チャンプのときにこれにします

赤エンチャント
攻撃力が60増加し、クールダウンが10%短縮しますので物理攻撃系チャンプのときにこれにします

緑エンチャント
体力が400増加し、体力ボーナス15%を得ます、またパッシブで周囲の敵に毎秒魔法ダメージを与えます

黄色エンチャント
攻撃速度が50%増加しAA攻撃時に追加ダメージを与えますので通常攻撃系のチャンプのときにこれにします

あとは、そのチャンピオンの特性ごとにビルドを完成させていき、中立モンスターを狩りながらガンクを決めていくという作業になります


最後にはじめてジャングルを担当してみるという方に担当するまでの下準備について

1.使いたいチャンピオンを決める
個人的にはシンジャオがお勧めです。IPでも確か1500程で購入できますし何よりガンクが刺さりやすいです
シンジャオでガンクの練習をしましょう
シンジャオでガンクが決まらないなら他のジャングルチャンピオンではまずガンクは刺さらないでしょう

2.ウィキでそのチャンピオンのスキルについて詳しく効果を調べる
一応ウィキへのリンクです→データベースチャンピオン

3.プラクティスモードで中立を回る練習をする

4.プラクティスモードでスキルを把握する

5.チャンピオンの動画をyoutubeなどで検索し実際にどういう動きをしているか確認する

6.AIで試すかもしくはノーマルで試して練習を重ねていく


目次へ
3章:理解しているようで曖昧にしているトリンケット・ワード及びジャングラーのワーディングについて
ここでは、私自身がまだあまり理解できていないであろうトリンケット・ワードについて説明します
理解が間違っている可能性もあるので、その場合は一番下にコメントができる場所がありますので匿名で構いませんので指摘してくださると幸いです

ではトリンケット・ワードというもは何かといいますと
一定範囲の視界を確保したり、ワードを発見するアイテムです
LOLというゲームで視界の確保は本当に重要になってきます
ミニマップで表示されるのは、味方チャンピオンの近く、味方オブジェクトの近く、味方ミニオンの近くでありそれ以外の場所に敵チャンピオンがいる場合それはミニマップには表示されません
つまり敵チャンピオンがどこに行ったのか?どう動いているのか?を把握するためにワードを設置することになります
ワードの設置は味方陣内だと主に防御を役目になりますし、リバーなどはガンクをいち早く察知できます、またドラゴンやバロンの場所にワードを置くことで相手がドラゴンやバロンを狩っていないか判断できます
相手陣内にワードを設置すると、防御にもなりますし攻めにもなります
なにより相手ジャングラーの居場所がわかることほど有利な状況はありません

では私の知る限り(間違っていたらごめんなさい)のトリンケット・ワードの説明を書きます



黄色トリンケット
このトリンケットは試合が始まって無料で購入することもできますが、味方の敷地?を出たところで自動で1個補充されます
購入時のチャージ数は1で最大チャージ数は2です
持続時間:60秒から120秒(レベルによって増加)
スタック毎のクールダウン:180秒から90秒(レベルによって減少)
つまり試合が始まってすぐの段階だと1個チャージすることができ、それからは自動で最初なら180秒毎に1個チャージされます、ですがそれには2個という上限があり、仮に使用しなかったとしても2個以上スタックされることはないので使わないと損です

特徴:チャージを1つ消費してステルスワードを指定地点に設置することができます
これはブッシュに設置しようが、そうでない場所に設置しようが相手からは発見されることはありません(赤トリンケットを使用されると発見される)
ただしブッシュに設置していない場合はブッシュに隠れている敵を発見することはできない
味方はこのワードをターゲットすることが可能です、つまりジャックスやリーシンなどの飛びつきやテレポートの対象とすることが可能です

この黄色トリンケットによるステルスワードの機能はなどのアイテムで設定されるワードも同じ効果です
これらには設置上限があり上記のアイテム+黄色トリンケットを設置できる状態だとしても同時設置上限数は設定されており、同時に設置できるのは3つまでとなります。
4個目を設置すると、一番古くに設置されたものが消滅します



青トリンケット
自身のチャンピオンのレベルが9以上になると、黄色トリンケットからアップグレードすることができます
持続時間:敵に破壊されるまで無制限
スタック毎のクールダウン:148秒から99秒
特徴:黄色トリンケットよりも視界が狭いワードを設置することができます
ですが、黄色トリンケットは設置できる範囲が自身のチャンピオンの極近くの場所であるの対し
青トリンケットで設置できる範囲はかなり広くレンジ4000の範囲に設置することができます
ブッシュに設置した場合は敵チャンピオンがその同じブッシュに入ると発見されます、またブッシュ以外の場所ではワードの姿が普通に発見されてしまいます(赤トリンケットが必要ありません)
ただし、発見されなければ設置上限数はないのでチャージされるたびにいくつでも設置することが可能です
試合中盤からトップ・ミッド・ADCがこれに変更することが多いです
味方はこのワードをターゲットすることが不可能です、つまりジャックスやリーシンなどの飛びつきやテレポートの対象とすることができません

また、設置したブッシュ内に他の敵のワードが設置されている場合、敵のワードが壊されるか時間で消滅するまでは青トリンケットによるワードの存在がミニマップにより敵に知られてしまう



赤トリンケット・スイープレンズ
レベル1の段階から黄色トリンケットからアップグレードすることができます
持続時間:6秒
クールダウン:90秒から60秒(レベルによって減少)
レンジ:500から2000(レベルによって増加)
効果範囲:450から575(レベルによって増加)
特徴指定したエリアのステルス状態のワードの機能を停止されることができ、その間ワードと敵のトラップのステルスを看破し発見することができる。発見されたワードや敵のトラップを破壊することができる
これはブッシュの中に隠されたステルスワードにも勿論ですが効果があります
※ただしジャングラーがワードの機能を停止させガンクをかけようと考えた場合、ワードの機能は停止しているのですがこれを破壊しようとするとミニマップに自身の姿が表示されます

敵のトラップは発見することができるというだけで、そのトラップの効果は持続しており、例えばティーモのキノコであれば発見している間もその効果は持続しており踏めばダメージを受けます


敵チャンピオンのカモフラージュ(例えばトゥイッチ・イブリン・レンガーのカモフラージュ)を看破することはできないが、ステルス状態の敵チャンピオンの軌道が赤く表示される
※このとき、姿が表示されたチャンピオンはミニマップには表示されない

敵チャンピオンのインビジブル(例えばアカリ・カジックス・シャコのインビジブル)を看破することはできないが、ステルス状態の敵チャンピオンの軌道が赤く表示される
※このとき、姿が表示されたチャンピオンはミニマップには表示されない



オラクル・オルタレーション
自身のチャンピオンのレベルが9以上になると、黄色トリンケットや赤トリンケットからアップグレードすることができます
持続時間:10秒
クールダウン:90秒から60秒(レベルによって減少)
効果範囲:400から600(レベルによって増加)
特徴自身の周囲のステルス状態のワードの機能を停止させ、その間ワードとトラップのステルスを看破し発見することができる。発見されたワードや敵のトラップを破壊することができる
これはブッシュの中に隠されたステルスワードにも勿論ですが効果があります
※ただしジャングラーがワードの機能を停止させガンクをかけようと考えた場合、ワードの機能は停止しているのですがこれを破壊しようとするとミニマップに自身の姿が表示されます

敵のトラップは発見することができるというだけで、そのトラップの効果は持続しており、例えばティーモのキノコであれば発見している間もその効果は持続しており踏めばダメージをうけます

敵チャンピオンのカモフラージュ(例えばトゥイッチ・イブリン・レンガーのカモフラージュ)を看破することはできないが、ステルス状態の敵チャンピオンの軌道が赤く表示される
※このとき、姿が表示されたチャンピオンはミニマップには表示されない

敵チャンピオンのインビジブル(例えばアカリ・カジックス・シャコのインビジブル)を看破することはできないが、ステルス状態の敵チャンピオンの軌道が赤く表示される
※このとき、姿が表示されたチャンピオンはミニマップには表示されない



コントロールワード
1スロットにつき最大3個まで所持可能であり、試合開始と同時に75ゴールドで購入できる
各プレイヤーが同時に設置できるオブジェクトの数は最大1個までで、2個目を設置するとう古いオブジェクトが消滅する。
持続時間:敵に発見されるまで無制限
効果範囲:900
特徴:効果範囲のステルスワードの機能を停止させ、ワードとトラップのステルスを看破し発見することができる。発見されたワードや敵のトラップを看破することができる
各プレイヤーが同時に設置できるオブジェクトの数は最大1個までで、2個目を設置するとう古いオブジェクトが消滅する。
ブッシュに設置した場合は敵チャンピオンがその同じブッシュに入ると発見されます、またブッシュ以外の場所ではワードの姿が普通に発見されてしまいます(赤トリンケットが必要ありません)
これはブッシュの中に隠されたステルスワードにも勿論ですが効果があります
※スイープレンズやオラクルオルタレーションを使用しても機能を停止できない

敵のトラップは発見することができるというだけで、そのトラップの効果は持続しており、例えばティーモのキノコであれば発見している間もその効果は持続しており踏めばダメージをうけます

また、設置したブッシュ内に敵のワードが設置されている場合、コントロールワード以外の機能を停止させることができるが、その敵のワードが壊されるか時間で消滅するまではコントロールワードの存在がミニマップにより敵に知られてしまう

敵チャンピオンのカモフラージュ(例えばトゥイッチ・イブリン・レンガーのカモフラージュ)を看破することができ、その姿がミニマップに表示される
敵チャンピオンのインビジブル(例えばアカリ・カジックス・シャコのインビジブル)は看破することはできず、ミニマップには表示されない



ブループラネット
全て看破可能、ミニマップにも表示される
※ただし、ブループラネットは不用意に叩くとそこにチャンピオンがいることが相手にばれる

つまり
カモフラージュスイープで赤い軌道、ミニマップには表示されない
       :オラクルで赤い軌道、ミニマップには表示されない
       :コントロールワードで看破、ミニマップにも表示される
       :ブループラネットで看破、ミニマップにも表示される
インビジブル :スイープで赤い軌道、ミニマップに表示されない
       :オラクルで赤い軌道、ミニマップには表示されない
       :コントロールでで看破できず、ミニマップにも表示されない
       :ブループラネットで看破、ミニマップにも表示される



ジャングラーのワーディング
正直ここで書くことは私も詳しくは理解できていませんが、とりあえずメモとして書いておきます

相手のジャングルにワードを刺すことは非常に重要なことです
トップサイドでもボットサイドでもいいので、どちらかの視界を把握していれば相手ジャングラーの動きは手に取るようにわかります
トップにワードを刺していたとして相手ジャングラーがトップに映っていればトップレーナーは下がればいいですし、映っていなければ相手ジャングラーはボットにいる可能性が高いのでトップは攻めることができます
また、相手ジャングル内にワードを刺していることで相手を挟んだり、相手が逃げようとしている際にマップを見ているトップレーナーならばテレポートを即座に使い1キル奪うことができます

ではどういった場面で相手ジャングルに侵入するのでしょうか?
基本的には相手ジャングラーがマップに映った時に行動します

1.相手ジャングラーのトップへのガンクが確認できたとき、自分もトップサイドにいたら援護にいくがその際相手のガンクが失敗した場合相手は大抵そのまま自陣のトップサイドの中立を狩りに戻るので敵ジャングラーのライフを確認しておいて少ないようなら相手のトップサイドへ入りキルを奪いにいく、ボットサイドにいたらボットサイドが押していたら相手のジャングルをカウンターする押されていたらボットをガンクする
2.相手ジャングラーのボットへのガンクが確認できたときも1のような動きをトップとボット逆に考えます

では効果的にワードを設置するにはどのようなときにどのような場所に設置すればよいのでしょうか?

青サイド(左側サイド)からの視点で書きます(赤サイドのときはその逆と考えてください)

1.トップが押している場面

トップが押している場合ジャングラーは相手のトップサイドのジャングルに入り込みカウンタージャングルをしかけますが、その際に中立が残っていてもいなくても入り込んだのですからワードを設置して視界を得ておきます
その際、下図のような位置にワードを設置することが考えられます



まず図の①の位置ですが、ここにコントロールワードを刺します



よく見かけると思うのは②の位置にコントロールワードを刺している場面です

②の位置にコントロールワードでも良いとは思いますが、今はそこに置かれてしまっている可能性は誰もが考慮にいれてすぐに破壊されてしまいます
ですので、破壊されにくい①にコントロールワードを刺すことになるようです

①にコントロールワードを刺すことの利点は?
1.破壊されにくい
2.相手ジャングラーがゴーレムを狩っているのかそうでないのかが把握できる、狩っていないなら奪いにいける
3.相手ジャングラーがゴーレムを狩った後どちらに進んだかがわかる
4.相手ジャングラーがガンクをしかける際に、青チームがプッシュしているのだからトップのトライブッシュにワードがささっていることを警戒してゴーレム上からの経路でガンクをしかけにくるのを察知できる(勿論バロン横のブラストコーンからのジャンプも見える)
また得にレンガー・イブリン・トゥイッチなどのカモフラージュをつかって、赤チームの後ろからガンクをしかけてくる場合に青チームは相手が消える前に対応できるというところが大きいです(消えていたとしてもカモフラージュなのでコントロールワードで看破できます)
5.Dopa氏の動画に影響を受けた人対策となる

②にワードもしくはコントロールワードを刺すことの利点は?



1.相手ジャングラーが赤バフを狩っていることの確認ができる
2.相手ジャングラーが赤バフを狩った後どちらに進んだかがわかる
3.赤バフは必ずと言っていいほど狩るので、相手ジャングラーがトップサイドにいることを確認するのに優秀

③にワードを刺すことの利点は?



1.相手ジャングラーがトップサイドに寄っていることの確認ができる
2.ブラストコーンが映っていることが重要で、相手ジャングラーがブラストコーンで飛んだことを確認できたり、あの位置で相手ジャングラーをトップとジャングラーで挟むことを前提とするならブラストコーンを破壊して再度ブラストコーンが出現していないかの確認、自分が相手ジャングルにカウンターをする際にブラストコーンが生きていることが確認できればいざというときに逃げ道の確保として使える
3.相手ジャングラーまたはトップが③のブッシュにワードを刺したことを確認できる(赤サイドは青サイドのジャングラーが遠回りのガンクをしてくるのを警戒して③にワードをおくことがある)

④にワード刺すことの利点は?



1.単純に相手ジャングラーがトップ側に入ったかボット側へと向かったかを確認できる
2.鳥が狩られているかどうかを確認できる

2.トップが押されている場面

トップが押されている場合は押している場合とは逆でこちらのトップサイドに入ってこられる可能性があります
得に青サイドの場合はトップが押されておりライフが減っている状態の場合はジャングラーもしくはミッドがタワーダイブをしてトップのキルを奪いにくる可能性があります
その際、下図のような位置にワードを刺しておきます



①にワードを刺すことの利点は?
※①の場所にはトップが押されている状態であれば、トップレーナーがワードを刺すのが望ましいと思います



1.早い段階で相手ジャングラーがカウンターにきているのをとらえることができる(トップが逃げることができる)
2.こちらがトップ側にいるなら、相手ジャングラーを狙うことができる
3.こちらがボット側にいるなら、相手のボットジャングルをカウンターすることができる

②にワードを刺すことの利点は?



1.相手ミッドのトップへのタワーダイブ経路及び相手ジャングラーの経路の視界確保
2.ブラストコーンを映していることで、相手ミッドやジャングラーを挟んだときに相手が逃げられるかどうか前もって知っておく、逆に自分が逃げられるかどうかを前もって知っておくことができる

③にコントロールワードを刺すことの利点は?

1.自陣トップへのカウンター対策(青バフ及びカエル)
2.仮にボットのファーストタワーが折られた場合に、ドラゴンに関してはその時点では相手が有利になるので青サイドジャングラーはボットに長くいる時間が増えることがあります、そういったときにこの場所にコントロールワードを刺すことで気づかれるまでは破壊されることなく視界を確保できカウンターを防げる、と共に相手のジャングラーがこちらのトップサイドにいるのならば青バフと交換でもドラゴンを取ることが可能になるかもしれない(ヘラルドやバロンを視野にいれている場合は逆になり自陣ボットサイドの赤バフにワードを刺す)

3.ボットが押している場面

ボットが押している場合ジャングラーは相手のボットサイドのジャングルに入り込みカウンタージャングルをしかけますが、その際に中立が残っていてもいなくても入り込んだのですからワードを設置して視界を得ておきます
また、ボットが押している場合はワードの設置はサポートとの共同作業になります
その際、下図のような位置にワードを設置することが考えられます



①にワードの刺すことの利点は?



1.相手ジャングラーがオオカミを狩っているのを確認できる
2.ブリンクを持っているジャングラーはオオカミから狩り始めることが多いので、すぐに相手ジャングラーの存在を確認できる

②にワードを刺すことの利点は?
※②の場所にはボットが押している状態であれば、サポートがワードを刺すことが望ましいです



1.相手の青バフ及びカエルを把握できる
2.こちらのボットが押しているのですから、早い段階での相手ジャングラーの存在確認が重要になりそれが可能である

③にワードを刺すことの利点は?



1.ブラストコーンの有無を知ることで相手ジャングラーのブラストコーンでのジャンプによるガンクを防ぐことができる
2.相手ジャングルにカウンターした際に危険なときの逃げの手段としてブラストコーンの存在を把握しておく
3.タワーダイブをしたときの逃げの手段としてブラストコーンの存在を把握しておく

④にワードを刺すことの利点は?



1.ブラストコーンを映していることでその有無を確認できカウンターをする際に危険なときの逃げの手段として把握しておく
2.相手ジャングラーがミッド方面へ向かうことを確認できる
3.相手ミッドが青バフをもらいにいく際に相手ミッドをこちらのミッドと一緒にキルできる可能性がでてくる(相手の青バフが沸く少し前に設置するとその用途として使いやすい)
また相手ミッドをキルすることが目的で無理をして侵入しなくても下図のような位置にミッドもしくはジャングラーがリバーからワードを刺してもよい



⑤にコントロールワードを刺すことの利点は?



1.相手ジャングラーやミッドのドラゴン裏を通っての遠回りをしてのガンクやロームを早期に発見できる(ボットがプッシュしている状態でトライブッシュにワードを刺していてもその時点で敵に気づいても手遅れになることがあります)
2.相手ジャングラー及びミッドが自陣ボットサイドに侵入していることを確認できる

⑥にワードを刺すことの利点は?



1.相手がブリンクを持つジャングラーの場合(持っていなくてもフラッシュにより通過可能)に⑤のコントロールワードでは相手を発見できずガンクがささってしまう可能性があるのでそれを防ぐ
2.ドラゴンの視界を得られる

4.ボットが押されている場面

ボットが押されている場合は押している場合とは逆でこちらのボットサイドに入ってこられる可能性があります
相手ジャングラーやミッドのタワーダイブにも警戒しなければいけません
その際、下図のような位置にワードを刺しておきます



①にコントロールワードを刺すことの利点は?
できればこの位置にはサポートがコントロールワードを刺すことが望ましいです
そうすることでジャングラーが③にコントロールワードを刺すことができます



1.相手ジャングラーやミッドがドラゴン裏を通ってガンクやロームをしてきた際にトライブッシュを避けブラストコーンを使いジャンプしてくることが予想されます、その際に相手の存在を知ることができる
2.ゴーレムが奪われるのを防ぐことができる、仮に奪われても相手ジャングラーを挟むことが可能な場面が生まれる

②にワードを刺すことの利点は?



1.相手がブリンクを持つジャングラーの場合(持っていなくてもフラッシュにより通過可能)に③のワード(コントロールワード)では相手を発見できずガンクがささってしまう可能性があるのでそれを防ぐ
2.ドラゴンの視界を得られる

③にワードを刺すことの利点は?



1.相手ジャングラーやミッドのドラゴン裏を通っての遠回りをしてのガンクやロームを早期に発見できる(ボットが押されている状態でトライブッシュにワードを刺していてもその時点で敵に気づいてもジャングラーがカバーに入るのが遅れる可能性がある)
2.相手ジャングラー及びミッドが自陣ボットサイドに侵入していることを確認できる

④にワード(コントロールワード)を刺すことの利点は?

1.赤バフ付近への相手ジャングラーの侵入を確認できる
2.仮にトップのファーストタワーが折られている場合にヘラルドを視野にいれてジャングラーが行動をするとボットサイドにいる時間が少なくなるのでその場合は気づかれるまで破壊されないコントロールワードを刺してボットへの侵入を把握する

⑤にワードを刺すことの利点は?

1.④と同じくボットサイドへの侵入を確認できる

4.ミッドが押している場合やミッドを守る形でのワードの設置


ミッドはタワーとタワーの感覚が狭く一番ガンクが刺さりにくい場所ではありますが、その代わりにマップ中央に位置しジャングラーがすぐに向かうことができる位置にあります
ミッドがプッシュしているときなどは得にミッドと連携してワードを設置する必要があります
その際、下図のような位置にワードを刺しておきます



①にワードを刺すことの利点は?



1.図のように鳥が一匹映ることが重要で、このことで相手の鳥が狩られているかどうかの確認ができる
2.相手ジャングラーのミッドへの寄りが確認できる
3.相手ジャングラーのトップへの寄りが確認できる

②にコントロールワードを刺すことの利点は?



1.トップ側リバーからの相手ジャングラーの動きが把握できる(得にミッドはガンクを回避しやすい)
2.意外と発見されず破壊されにくい

③にワードを刺すことの利点は?



1.ブラストコーンを映していることでその有無を確認できカウンターをする際に危険なときの逃げの手段として把握しておく
2.相手ジャングラーがミッド方面へ向かうことを確認できる
3.相手ミッドが青バフをもらいにいく際に相手ミッドをこちらのミッドと一緒にキルできる可能性がでてくる(相手の青バフが沸く少し前に設置するとその用途として使いやすい)
また相手ミッドをキルすることが目的で無理をして侵入しなくても下図のような位置にミッドもしくはジャングラーがリバーからワードを刺してもよい



④にワードを刺すことの利点は?



1.味方のミッドがリバーブッシュにワードを刺していた場合遠回りをしてそれを回避してミッドの後ろを取られる可能性を防ぐ
※これは特にヘカリムに有効
2.鳥を一匹映る位置にワードを刺すことで鳥が狩られているのを確認できる

5.その他の場面


自分がトップへガンクするときは自陣のボットサイドに、自分がボットへガンクするときは自陣のトップサイドにワードを刺しておきます
そうすることで相手JGがカウンターをしているか把握することができます

はガンクをする際にブッシュにワードがささっているかどうかの確認やドラゴンが沸く30秒前くらいに相手のドラゴンの視界を看破しておくと便利です

またはお金に余裕があるなら数個持つようにし、ガンクのときのワードの無効化やドラゴンやヘラルドを狩るときのワードの無効化に使用します




目次へ
4章:中立モンスターについてあれこれ

ジャングルについての戦略は上手な人から聞いた新しい知識などはどんどんアップしていこうと思っております
また、ジャングル以外にも後々はトップ・ミッド・ボットの知識なども書いていけたらと思っております
下手くそ極まりないのでまだレーンについての知識はそんなにありません、なので実質今は書きたくても書けない状態です


〇 Buffを持ったチャンピオンが死亡したとき
・中立モンスターに殺された場合
Buffは残るが、死亡中も効果時間は経過する。
・敵チャンピオンに殺された場合
赤/青Buffは敵チャンピオンへ移り、効果時間がリフレッシュする。
Baron Buffは消滅する。
・ミニオンやタレットに殺された場合
Buffが消滅する

※Buff(バフ)とは何らかの能力値があがること

※Buffはスマイト(サモナースペルの1つでレベル10で使用可能となる、実質これがないとジャングルはできない)でダメージを与えることによって得られる(赤バフ・青バフ・ドラゴン・ヘラルド・バロンは例外としてスマイトなしでも効果を得る)

パッチ6.22からスマイトによるバフはなくなりました
 代わりにスマイトをモンスターに使用すると体力100+最大体力10%を回復します
 スマイトなしでバフが得られるのは以前同様(赤バフ・青バフ・ドラゴン・ヘラルド・バロン)

パッチ6.22での出現時間・再出現時間・獲得ゴールド・経験値を検証した結果に書き換えます
(あくまで私個人が検証した結果ですので、もしかしたら間違いがあるかもしれません)

獲得ゴールドは20分以上初期装備のまま中立を狩りましたが、なぜかカニだけ倒すたびにゴールドが少し増加しました
また出現時間ですが、ゴーレムとカエルが1分50秒で他の中立が1分35秒なので15秒程遅くなっています
これはゴーレムやカエル出発よりも赤バフや青バフ出発のほうがトップやボットに負担をかけないかもです
そして、貰える経験値が大幅に増えているように思えます、それぞれの経験値は下に書いていますがこれは最初のジャングルアイテムを持っているだけの状態でのおおよその数値です、おおよそというのは何回か試行してそれぞれ多少違いがあったからですただし最初の1匹目に関してはなぜか経験値がだいぶ多く貰えます、特にゴーレムはかなりもらえるのでゴーレムから始めた場合は中立を2匹倒したくらいでレベル3になります、私のレベル30のIDで初期ジャングルアイテムのみでシン・ジャオを使いレベル6になるのに7分程でした

因みに
それぞれ次のレベルまでに必要な経験値は
2まで:280
3まで:380
4まで:480
5まで:580
6まで:680
です




カニ 出現時間2分30秒 再出現間隔180秒 70ゴールド 初期経験値約10

DragonまたはBaron前にSpeed Shrine(Wardのようなもの)が出現。
周囲の視界(範囲525)と近くのチャンピオンとペットへ移動速度28%上昇(効果時間2秒)を与える。Speed Shrineは80秒間持続する。
またカニにダメージを与えているとき少しライフが回復するので、ファースロリコールまでの中立周回ではカニを上手く利用することでライフが厳しいチャンピオンはライフを回復させることができる

カニの狩り方
移動ができなくなるCC、つまりスタンやスネアなどなどをカニに使うことで永続でカニの物理防御と魔法防御が50下がります、更に効果中はダメージ量が25%増加します
これはノーチラスの引き寄せやヴェインのノックバック、またジャンナの打ち上げでも発生するようです
この際マチェットのパッシブダメージもCC効果中のダメージ量が25%増加します

スローでも少しですがそういった恩恵をうけることができるようですが
赤バフによるスローやオーメンのスローではダメージは増加しません

また、ボリベアの場合は相手を後ろに放り投げるスキルを持っているのですが、カニが川を上下に動くのがうっとおしいのでその放り投げるスキルをカニの横側から使い壁に向かってカニを放り投げます
すると、カニが壁から動けなくなるので早く狩ることができたりします


ゴーレム 出現時間1分52秒 再出現間隔150秒 70+10×9=160ゴールド 初期経験値約125+35×3+7×6= 272


※スタン(失神)とはCC(行動阻害)のうちの1つで全ての行動が不可能になる

※ここでよく使われるCC(行動阻害)を簡単にまとめる
スタン:全ての行動が不可能になる
スネア:移動ができなくなる、攻撃は可能
スロウ:移動速度が遅くなる
ブラインド:通常攻撃が100%外れるようになる
タウント:操作不能となり、使った対象を勝手に通常攻撃するようになる。対象が通常攻撃範囲外の場合は、範囲内になるまで勝手に移動する
サイレンス:FlashとTeleport・スキル・アイテムのActive(ボタンを押して発動するスキル)効果が使えなくなる

多くの場合ジャングルまたはレーナーが上記のCC(特にスタン・スネア・スロウ)を敵チャンピオンに付与し、行動を阻害してからガンク(Gang killの略、大勢で1人の敵をボコること、LoLでは主に奇襲などにより多対一の状況を作り、Killを狙うこと)を行う

カエル 出現時間1分52秒 再出現間隔150秒 86ゴールド 初期経験値約200


トリ 出現時間1分40秒 再出現間隔150秒 62+10×5=112ゴールド 初期経験値約20+35×5=195


Ward(ワード)とはそれを設置することでマップで確認することができない場所でも一定範囲視界を得ることができ敵チャンピオンがその場所を通過した場合マップに表示される、基本的にはブッシュ(草むら)に設置する
ジャングルから身を守る手段としてはこのワードを設置することで視界を得てジャングルが近寄ってきていることを確認しタワーまで逃げるという行動をとる

オオカミ 出現時間1分40秒 再出現間隔150秒 68+16×2=100ゴールド 初期経験値約100+40×2=180


赤バフ 出現時間1分40秒 再出現間隔5分 100ゴールド 初期経験値約200

効果時間:90秒(初回のみ120秒)
Champion、タワー、Epic Monster(ジャングルに存在する超大型中立モンスター)と戦闘していない間、5秒毎に最大Healthの1/3/9%を回復。(効果はLv1/6/11で上昇)
通常攻撃に2秒間10/15/25%のスローを付与(Rangedチャンピオンはスロー効果が5/10/15%に低下。効果はLv1/6/11で上昇)

青バフ 出現時間1分40秒 再出現間隔5分 100ゴールド 初期経験値約200

効果時間:90秒(初回のみ120秒)
+ 25 Mana Regen / 5s + 最大Mana/Energyの1%を毎秒回復(マナ自動回復)
+10% Cooldown Reduction(クールタイム短縮)

ドラゴン 

Elemental Dragonを倒したチームへ、「Dragon Slayer」という永続的に持続するBuffが付与される。
倒した種類のDragonに応じて異なる効果のBuffを付与し、同じ種類のDragonを倒す事で2回までBuffが強化される。
1ゲームに3種類のElemental DragonのみSpawn(出現)し、35分以降はElder DragonだけがSpawnする。
このBuffはElder DragonのBuffを除き、効果が消えることはない

※ドラゴンの種類は右下のミニマップのアイコンを見て判断できます
大まかにペイントでアイコンを描きましたのでそれと実物のドラゴンの画像もアップしておきます


Infernal Drake 出現時間2分30秒 再出現間隔6分  25ゴールド 初期経験値約75~ 300


AD(物理攻撃力)とAP(魔法攻撃力)が8/16/24%増加
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Mountain Drake 出現時間2分30秒 再出現間隔6分 25ゴールド 初期経験値約75~ 300


Epic Monsterとタワーに対して10/20/30%の追加True DMを与える
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Cloud Drake 出現時間2分30秒 再出現間隔6分 25ゴールド 初期経験値約75~ 300


非戦闘時に移動速度が25/50/75増加
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Ocean Drake 出現時間2分30秒 再出現間隔6分 25ゴールド 初期経験値約75~ 300


5秒間チャンピオン又はタワーからダメージを受けていない場合、8秒毎に減少HP/Manaの4/8/12%を回復
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Elder Dragon 初回出現時間35分 再出現間隔10分
効果時間:2分。倒すことで繰り返しBuffを得ることができる。 25+250ゴールドをチーム全員 初期経験値約75~ 300


敵への攻撃に3秒間かけて「45 + (45 x Elemental Dragon Buff)」のTrue DMを付与
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



リフトヘラルド 初回出現時間10分 52ゴールドをチーム全員 初期経験値約200


Rift Heraldを倒した場合、Eye Relicを地面に落とすようになり、それを拾ったプレイヤーにGlimpse of the Voidバフが付与される。

効果時間:20分
周囲に味方Championがいない時、敵Championから受けるDMを5%軽減しCorruptionスタック(最大100)を時間と共に得る。
Corruptionスタックが100が溜まった時、スタックを全て消費し次の通常攻撃に(Lv x 15)の魔法DMを付与する。(Rangedチャンピオンは半減)
死亡時にもBuffは失われない。


バロン 初回出現時間20分 再出現間隔7分 25+300ゴールドをチーム全員 初期経験値約800+600をチーム全員


Baronを倒すと、生存中の全ての味方にBuffが付与される

効果時間:3分30秒(Runic Affinityで延長不可)
ADとAPが増加(最大40。時間経過により増加)
Recall(Bを押すことで試合開始位置に戻ること)の詠唱時間が4秒に減少し、ベースに戻った後、HealthとManaが50%回復、移動速度が50%増加(効果時間8秒間)する
チャンピオン周囲の味方ミニオンへ、能力を上昇させるHand of Baron Buffを与える。

全てのミニオン
Superミニオン以外は、Area of Effect、Damage over Time、永続的な効果に対して、DMを75%軽減する。
ミニオンの移動速度が、近くにいるチャンピオンの移動速度を平均した90%程度に増加、最大500。
スローへ耐性を持つ。

Melee ミニオン
+ 75 AD
チャンピオンとミニオンから受けるDMを75%軽減。
タレットから受けるDMを30%軽減。
近くに敵ミニオンまたはタレットがある場合、移動速度が50%増加(範囲800)。
サイズが増加。

Mage ミニオン
+ 20 AD
ミサイルの弾速が50%増加。
攻撃範囲が100増加。

Siege ミニオン
+ 50 AD
ASが半分に減少。
攻撃範囲が600増加。
攻撃がArea of Effect(範囲200)となり、タレットへのDMが2倍になる。

Super ミニオン
+ 25% AS
近くに敵ミニオンまたはタレットがある場合、移動速度が50%増加(範囲800)。

パッチ6.22より以下が追加されました



●レッド=ブラストコーン
●ブルー=スクライヤーブルーム
●グリーン=ハニーフルーツ

ブラストコーン
破壊されると近接するユニット(攻撃者を含む)をノックバックします、壁越しでも有効です
爆発半径内のチャンピオンだけにインジケーターを表示し、起爆したときの落下地点を示します

スクライヤーブルーム
破壊されると、攻撃者が向いている方向の大きな扇状範囲に視界を晴らす花粉を巻き散らし、12秒間ユニットとワードを可視化します(チャンピオンの場合は3秒間)
マウスカーロスを重ねたチャンピオンだけに範囲インジケーターを表示し、花粉が飛ぶ方向を示します

ハニーフルーツ
破壊されるとフルーツを5個落とします
各フルーツにつき最大体力の3.5%か一律8(+レベル毎に6)の体力のうち、いずれか大きい量を回復します
フルーツを食べると、0.25秒間35%のスロウが付与されます





目次へ
5章:中立モンスターの周り方(極々一部)
パッチ6.22での中立の出現時間や再出現時間そして獲得ゴールドなどの検証については上記したとおりです
ここで気になるのが、いままでならトップスタートでもボットスタートでもゴーレムやカエルからが多かったのですが
私が検証した限りでは、カエルとゴーレムだけ出現時間が15秒ほど遅いです
このことで、カエルやゴーレムスタートというより奇襲なども考慮して赤バフや青バフスタートが一般的になるのでは?と予想しているのですが、どうなることやらです


実際周り方はこれから書くものだけではないですが基本となるものを上げてみました
その試合の序盤でどこをガンクしたいか?もしくはカウンターしたいか?によって
周り方はかわってきます
マナがほしいなら青バフを狩る順番を考慮するとか、ライフがほしいなら赤バフを狩る順番を考慮するとか
それはいろいろ経験してご自分で考えてみてください

〇 青バフからの出発
  青バフからの出発は2通りあるかと思います

 1.青バフ→オオカミ→赤バフ



 2.青バフ→カエル→オオカミ→リコール→赤バフ


 
〇 赤バフからの出発
  赤バフからの出発の場合、ゴーレムや特にトリを次に狩りにいくとライフが非常に厳しいです

  赤バフ→オオカミ→青バフ



〇 カウンター(敵サイド)からの出発
これは稀に自陣からの出発ではなく相手の陣内のトップ側の赤バフや青バフから奪っていく周り方(トップが支援・もしくはソロ)
トップが現れるのが遅い場合はカウンターを警戒(この場合トップがピンなどで知らせてあげてください)



※相手陣内の中立モンスターを狩ることをカウンタージャングルという

〇鳥からのスタート(詳しい情報をお待ちしております)
 ※ただし、これは私はまだ詳しく把握していないため間違った解釈を掲載する恐れがあるので個々で調べてみてください

下図を見て下さい



最近流行ってきているジャングルの周り方として、鳥からのスタートというものがあるようです
ただし、これには条件があります
リーシュをミッドにしてもらうのですが、その際ミッドが範囲スキルを所有していることです、範囲スキルで鳥を攻撃してもらいます
理由は小さい鳥だけで5匹いるのですから、範囲スキルでないとリーシュに時間がかかります
この鳥からのスタートが今行われてきている利点としては
1.ボットが経験値とCSを落とさないですむ
2.小さな鳥5匹を狩るだけでレベル2になることができるので、とんでもない速さでミッドにガンクができる
※ただし、これはレベル2の段階でガンクに必要なスキルが揃うというのが前提でもあり、またミッドにある程度引き気味にしてもらう必要があると思います
3.敵ミッドにかなり早い段階でフラッシュを使用させることができるかもしれない
4.敵JGが鳥からはじめなかった場合、こちらの方がレベル4への到達が早い
これは、中立モンスターの経験値は最初の1キャンプ目で多くもらえることが理由です
中立モンスターが自分よりレベルが高い場合、経験値を30多くもらえます、赤バフからスタートすると赤バフの経験値+30しかもらえませんが鳥からスタートすると小さなトリだけでも5匹ひるので鳥の経験値+30×5=150多くもらえることになります
最初は中立モンスターは全部2レベル設定なので1レベルのジャングラーより上ですので多くの経験値をもらえるわけです
このことにより中立を5拠点狩ったときにレベル4になります
鳥→赤バフ→オオカミ→青バフ→カエル(ここでレベル4)→敵JGの鳥→敵JGのゴーレム
といった感じで狩っていけます
勿論チャンピオンによってマナが足りなくなるとか、ライフが厳しいなどあるので全てのチャンプで可能とはいえないでしょうが、範囲スキルを持っておりマナが足りるチャンプならばこの周り方ができます
敵JGの鳥を狩るときに敵ジャングラーと鉢合わせするかもしれませんが、上述したようにこちらがレベル4で敵はレベル3なのでカウンターチャンプでもないかぎり大抵かてます
そこからは、敵JGの鳥とゴーレムの沸きがわかるので、敵JGの鳥とゴーレムをずっといただくことができます
こうなることで、レベル差がどんどん開き勿論アイテムにも差がつき敵JGは育ちがおそくなり自分(ジャングル)だけでなくレーナーも有利に試合を運べます

ただーーーし!!メリットもあればデメリットも勿論あります
レベル3でガンクができるジャングラーというのはレベル3でボットガンクよりトップへのガンクをしたいわけです
理由はボットは相手が2人いること、ADCがサモナースペルヒールをもっていること
これらを考慮すると、ボットへのガンクは下手をするとジャングラーが逆にキルされるかもしくはライフが減っただけだったなんてことにもなります
トップの場合相手は1人で尚且つプッシュされている状態なら自分のタワーまで距離があるので逃げずらい
だからこそガンクがきまりやすいのです
ここから重要!!鳥からはじめれることができるジャングラーなら鳥からはじめるにこしたことはないです
ですが、レベル3でのトップへのガンクを考慮するなら無理して鳥からはじめる必要はないです
青側陣営(左側の陣営)なら鳥からもでいいでしょうが、赤側陣営(右側の陣営)で鳥からはじめるということはレベル3のときにはボットサイド
にいるということでトップへのガンクはいけません
確かにレベル差は開くかもしれませんが、相手(青側陣営)のチャンピオンが鳥から始めにくいチャンピオンの場合なら自分(赤側陣営)は青バフスタートからでもかまわないのです

ただし、相手のジャングルチャンピオンによっては鳥を狩られてしまう可能性があると感じたなら鳥からスタートとなります
ではなぜプロはそのデメリットを考慮しても鳥からはじめるのか?
簡単なことです
プロくらいのレベルになると、レーナーはレベル3でガンクか決まるようなポジションをとらないからです
ですのでトップへのレベル3ガンクが通らないなら赤側陣営でも鳥から始める方がレベル負けしない、鳥を狩られないという点で相手と同じ状態を保てます

ですので、どれくらいのティアの人がどれくらいの実力というのは私みたいなへたくそでは理解できませんが
たぶんダイヤ以上にもなると、レーナーに3レベルガンクはきまらないのではないでしょうか?
そういう場合なら赤側陣営なら鳥から始めるとよいとおもいます
ですが、自分のティアがレベル3で十分ガンクが通るようなティアなら、赤側陣営なら素直に青バフからスタートしたほうがよいのではないかと思います



検証
1周目に相手のジャングルをカウンターする目的がない場合、本当に鳥から回る方がレベルの上がりは速いのか?
一応マスターイーで検証してみました
この検証はルーン及びマスタリーは同じ、アイテムも初期購入のまま(リコールの際も購入しない)リーシュなしで行いました

1.鳥からスタートの場合
(レベル2)→赤バフ→オオカミ(レベル3)→青バフ→カニ→カエル(レベル4)→リコール→ゴーレム→鳥(レベル5)→オオカミ→カエル→ゴーレム(レベル6) 7分30秒くらい

2.赤バフからスタートの場合
赤バフ(レベル2)→オオカミ→青バフ(レベル3)→カニ→カエル→鳥(レベル4)→ゴーレム→リコール→オオカミ(レベル5)→カエル→鳥→ゴーレム(レベル6) 7分30秒くらい

結論
他のチャンピオンだとどうかわかりませんが、少なくともマスターイーの場合レベル6になるまでの時間はほぼ同じ違いは経験値がおそらく最初の小さな鳥でもらえる30×4=120違うだけだと思います
つまり1周目にカウンターを考えていないなら時間はほぼ同じということになります
ですが相手が鳥から始めた場合はこちらの鳥が狩られる可能性は十分にあります
単純にレベル6からガンクが通るチャンピオンで無理にカウンターをしないのであれば時間だけに着目すると変わらないということです



目次へ
6章:ジャングルの知識81+α(随時追加予定)

 ワードについて
初期の黄色いワードは設置してから1分で消滅する
2つまでストックできるが、2つ目がストックされるのは試合開始から3分10秒経過あたりである

 サモナースペルのクールダウンについて(下図参照)



効果はサモナースペルのクールダウン短縮10%
効果はサモナースペルのクールダウン短縮15%


 
相手ジャングルがシャコ・トゥイッチ・イブリンの場合は、バフを最初に狩って奇襲をかけてくるかもしれないということ特にシャコとイブリンは要注意です
 対策としては、こちらも赤バフや青バフからはじめる
※これはパッチ6.22によりバフからはじめるのが基本のようになったので問題ないかと思います
 赤バフや青バフのブッシュに隠れることがあるのでそこにワードを設置する
 ※これに関してもパッチ6.22により、最初のバフに関しては警戒しなくていいかと思います
 最初から赤ワード(探知機能をもつワード)を選択しておく


※イブリンに関しては常にカモフラージュ状態のようなものなので、コントロールワードを置かないとどうしようもないのですが
イブリン自体が序盤さほどタイマンに強いチャンピオンではないので、ライフをできる限り高い状態に保つか上述したように
バフを狩った後次の中立を狩るとみせかけて赤ワードを展開させてみるとか、バフ2個を優先して狩って少なくともバフは渡さないようにするなど色々工夫が必要かもしれません。
こちらのジャングルがシンジャオやワーウィックなどの体力がほぼ減らないで中立を回れるチャンピオンではない場合は、イブリンはとりあえず1キルとりにくると思っていてください。キルされるくらいなら、中立を渡してでも逃げましょう。
もし相手のイブリンがやってこなければ、かなりラッキーです。


早い段階でのガンク(ジャングラーレベル3)
 青サイドならボット出発の赤バフ>オオカミ>青バフ>トップへのガンク(約3分5秒)

 この逆のトップ出発の青バフ>オオカミ>赤バフ>ボットへのガンク(約3分5秒)があるということ
 稀に赤バフ>カニ>ボットへのガンクもあり
 ※赤サイドでも同じことが言える
 ※ボットからはじまりボットへのガンクやトップからはじまりトップへのガンクはそんなにないのではないか?と思います
  理由は後述しています

 この早い段階でのトップやボットへのガンクの対策として
 開始2分40秒くらいでワードを設置する
 理由は、2個目のワードが3分10秒あたりでストックされるが、早い段階で1個目のワードを設定してしまうと1個目のワードが1分で消滅するので2個目のワードを設置するまで視界を確保できなくなる、このことにより2個目のワードのタイミングが3分10秒だと知っているならばその視界を確保できない隙をついてブッシュに隠れることができる、つまりボットへのガンク3分5秒の時点でブッシュに身を隠すことができるので、2個目のワードを設置しによってきた敵チャンプをキルすることができるからである
 これを早くてもボットへのガンクが3分5秒だと知っていれば、2分40秒くらいでワードを安全に設置し、またそこから1分間視界が維持されるので3分40秒までは視界を維持できることとなり、視界を維持した状態で2個目のワードがストックされ、そのまま安全に2個目のワードを設置すればよいということになる

上記の場合ワードを設置する場所はできるならばミニオンを相手タワーまで押し付けておいてドラゴン前あたりに設置すると良い
 理由は、ジャングルがカニをかっているかどうかを把握できることで味方ジャングラーがカウンターを仕掛けやすくなるからである

ジャングルがボットから出発しトップ側ジャングルを狩っていく場合はトップが早い段階でガンクされやすい

序盤はトップへのガンクが多い
 理由は、トップのタワーとタワーの間隔が長いくボットとは違い1人で戦っているためである、また最序盤にドラゴンを狩ることはほぼないこともトップをガンクする理由である、このことによりプッシュしている側は逃げる距離も長くなりガンクが決まりやすくなる

序盤以降はトップへのガンクには注意が必要
 相手ジャングルがレベル6くらいに達したあたりから注意が必要である
 理由は下図をみてもらいたい



この場合、赤チームはトップに2人青チームはトップに1人である
つまり、青チームのドラゴンチャンスができてしまうからである
ジャングルがレベル6になるとチャンピオンによってはジャングル1人でもドラゴンを狩れるうえに、ボット側が青チームの数的有利にもなっている

ガンクをするときは味方のライフに注意する
味方が押されていてガンクチャンスであっても味方のライフが少ない場合は味方チャンプがキルを取られてしまう可能性があり、ジャングルがその後相手チャンプをキルしたとしても1対1交換となりあまり意味がない
ただし、ベイト(釣り)といって敢えて低いライフでタワー下などでファームしてもらい、そこをガンクするのも有効である

10ジャングルは2週目からの青バフは基本的にはミッドに譲る
その場合ピン(Gをおしながらマウスの左クリックを押した状態にするとマップ上に警告や支援などの情報を表示させること)を鳴らしたりすればミッドが寄ってくるのでギリギリのライフまで青バフを削りラストヒット(最後のとどめ)はミッドに譲る
このとき味方ミッドが敵を圧倒的に押している状況がマップで見えたらミッドの状況を詳しく見てキルできそうな感じのときは少し待つ


11自分が赤サイドのときは相手が1週目の青バフをとってから2週目の青バフ再沸きまでに相手の青バフのブッシュにコントロールワード(このワードは以前のビジョンワードのように発見されるまで消えることはない、またこのワードをおくことで敵のワードを無効化できる、ただし敵のワードが同じブッシュに設置されている場合はそのワードを破壊しないと全ての敵チャンピオンがそのコントロールワードの存在を知ることができる)を設置することを心掛ける
青バフ再沸き時間をだいたい掴めているなら、ステルスワードでよい
 理由は下図より



相手のジャングルがミッドに青バフを渡していることが確認でき、尚且つトップも見えている状況ならば青サイド2人赤サイド4人で簡単にドラゴンを取ることができるからである


12味方がワードを設置できていない場合はジャングルが変わりにワードを設置してあげる

13赤バフ・青バフ・ドラゴンの再沸き時間はタブキーを押すことで確認できる

14相手との距離を一気につめることができるスキルを持っているチャンピオンがジャングルをする場合はフラッシュ(一定距離ワープできるサモナースペル)よりもゴースト(移動速度が一定時間アップするサモナースキル)の方がクールタイムの意味でも回転率が速いので効率が良い場合がある

15ガンクをする場合に一回ではなく二回することも大事
 これは2回はこないだろうという心理をつくもので、一回目のガンクに失敗しても帰ったふりをしてブッシュに隠れ直ぐにまたガンクをかける
 このことは成功した場合にも大きな意味をもつ、成功してデスをしてしまったものは二回連続という意識がなくなっているので、トップで成功したなら敵ミニオンをかたずけてマップに自分が映らないようにしてから壁側のブッシュにひそむ、ボットでも同様であるが、ボットは無暗にプッシュはしてこないのでトップがお勧め。特にトップの場合はテレポ(タワーやワード、味方ミニオンを指定することでそこにワープするサモナースペル)を使ってくれればテレポ一回分有利になるうえにまたキルのチャンスである

16ガンクをするときはピンを鳴らす癖をつける
 特にボットは2対2なのでガンクにきていることに気づきにくい、なのでいまからいくというピンをだしてあげることが大切。それだけで味方の反応や対応が早くなりガンク成功率があがる
※ただし、ピンをならすことでガンクきてくれると強気になり無駄に前に出ちゃう人がいるので、そういうことの内容冷静にふるまうことがレーナー(トップ・ミッド・ボットのジャングル以外のレーンで戦うチャンピオン)には求められる

17レーンにCC持ちチャンプがいるなら積極的にガンクをしかけるようにする
CCがあるだけで相手を足止めできガンクの成功率があがる
自分(ジャングル)がCCを持っていないなら尚のことCC持ちチャンプがいるレーンを狙う。

18ブッシュから仕掛ける場合は、探知でワードを確認し無効化したりコントロールワードを置いてワードを無効化しあらじめワードが設置されているか確認する
 おいてある場合でもガンクが間に合いそうならガンクをするし、だめそうならせめてワードを壊してからもどる
 ワードを破壊してからのガンクは破壊をしている時点でガンクにきていることがばれるので行わない方がよい

19ガンクするときにトップやボットでは敢えて遠回りをすることも必要
 下図をみてください
これは赤サイドがボットをガンクする際に遠回りする通り道、青い丸は青チームのワード


これは青サイドがトップをガンクする際に遠回りする通り道、赤い丸は赤チームのワード


こうやってワードが設置してあっても、相手がプッシュしている状況なら遠回りできづかれることなくガンクできる

※プッシュとは相手ミニオンを倒し、相手チャンピオンにハラスなどを仕掛けタワー近くまで下がらせること

20これからガンクするレーンの敵チャンピオンのフラッシュがダウン(フラッシュダウンともいいフラッシュを使いクールタイム中でフラッシュを使えない状態のこと)しているかどうかが重要。
 ダウンしていなくても、しかけるふりをするだけで一回目ならフラッシュを使ってくれたら大成功と考える
 なぜなら、フラッシュのクールタイムは最も長い5分だからである

21ブリンクがダウンしてからガンクする
 ガンクをされたときに逃げる術はフラッシュだけではなくブリンクもある。ブリンク持ちのチャンピオンを狙うならまずブリンクを使うまでじっくりまって使ったときにガンクする

※ブリンクとはチャンピオンが一瞬で移動するスキルのこと(フラッシュのようなもの)、これには壁を越えられる物もある

22敵チャンピオンのライフが低い場合はタワーダイブ(タワー下はタワー攻撃を受けるが、それを承知でタワー下に入ること)をすることも考える、その際味方チャンピオンにできるかぎりミニオンをプッシュしてもらい、味方ミニオンがタワー下に入ったら仕掛ける。

23敵チャンピオンがウルトを使ったかどうかの確認もできればするにこしたことはない。

24味方がプッシュしている場合は相手からしたらガンクがこないだろうという心理を逆手にとって後ろからこっそり忍び寄る
 下図をみてください



この状況でなにも起こらなければ時間が無駄なのでリコールなりをする。もしくは味方に釣りをしてもらって敵を中央付近まで寄せてもらう


25カウンタージャングルの重要性
 敵ジャングルがトップをガンクしているなら相手陣営のボットをカウンターで狩ればいいし、その逆もいえる
 カウンターをすることで敵ジャングルより多くの経験値を得ることができる

26ジャングルはCS(ミニオンのラストヒットをとること)とかを意識しなくていいのでレーナーよりマップを見る余裕があるので、敵が見えたらすぐにピンを鳴らして状況を知らせてあげるように心がける
無駄にピンを鳴らしすぎないように注意

27ドラゴンやバロンを狩るときはラストヒットを相手にとられないように、最後のとどめをスマイトでとるようにする
※ラストヒットを奪うことをスティールという

28後々育つと面倒くさくなるチャンピオンがいる場合は積極的にガンクして潰す

29チャンピオンにもよるが、ジャングルを周回する際に序盤のレベルが低いうちはカイト(引きうち)を利用することで受けるダメージを軽減させる
※カイトとは引きうちのことで、殴っては下がり殴っては下がりを繰り返します、このことにより受けるダメージを軽減させます


30中盤以降はADCに赤バフを譲るとよいかも

31仮に2つ目の相手の青バフをカウンターで取ったとしたら3回目はとらないようにする
 理由は2つ目をとったことで相手が警戒をしているから

32巨大中立モンスターへのスマイトダメージを確認しておく
 理由は例えばバロンに対してスマイトでいくらダメージを出せるのかを知っていればラストヒットをどの段階で打てばいいかわかるのでスティールされるのを防ぐことができる

33敵ジャングラーがバフを取った後でガンクをする際に通るであろう経路のブッシュにワードを設置する
 例えば青サイドならばトリを狩ってからミッドガンクなどは十分ありえるので赤サイドのジャングラーは青サイドのトリブッシュにワードを設置するなどしてミッドがガンクに気づきやすくするようにする

33川のブッシュからのガンクはできるだけ避ける
 理由は大抵ワードが設置されている、ワードならよいがニダリーなどの罠がしかけてある可能性も考慮する

34時にはとことん意地悪になることも大事、例えばミッドにとことんガンクし続けるなど

35ガンク後はできる限り速やかにそのレーンから離れる
 理由は経験値を吸ってしまうから、特にボットではADCが育つかどうかが重要なのでガンクついでにミニオンを狩るなどはやめましょう

36レーンが1つ負けているならまだいいほうなので、そのレーンを見捨ててガンクしないこともときには必要な判断となる

37CCもちのジャングルでレーナーもCCを持っているならCCは後からだすようにする
 理由はレーナーがガンクに合わせてCCをすることが多いのでそこにジャングラーまでCCを合わせる必要はなく、ワンテンポ遅らせる
 これによりレーンを2つにしぼってその2つにガンクをかけ勝たせればよい
 ※ただし、ジャングラーの方が明らかに敵に近い場合は先にCCする

38ボットの場合基本的にはADCをねらってガンクするが、敵サポートがソラカやザイラなどのときはそちらをターゲットして味方に伝え、サポートからガンクする
 理由はソラカが生きていると回復がすごいのでいくらADCにダメージを与えても回復されてしまう
 ザイラはレベルが低い序盤ではADCよりも火力があり面倒だから

39自分(ジャングル)が死んでいる状態でもピンを打って味方にできる限りの情報を伝える

40赤ワードを使ってのガンクのときは敵のワードを無効にできるので敵のワードが設置してあったとしても壊さずそのままガンクする

41ダブルバフ(赤青バフ)を持った状態では絶対に死なないことを心掛けるようにする
 理由は赤青バフは死んだら敵に奪われるから

42相手ジャングルがシャコ・トゥイッチのときは、川ブッシュよりも少しミッドよりにワードを設置してあげる
 理由はシャコやトゥイッチはガンクをするとき姿を消しステルス状態でガンクをしてきます、この場合川ブッシュにワード設置していると消えてからワードを回避してガンクされてしまいます、ですが川ブッシュよりミッドよりにワードを設置することでそのワードは破壊されるかもしれませんが少なくとも姿を消しステルスになる前にガンクに気づくことができます。それがコントロールワードだったとしてもたかだか75円でデスを防げるのです

43ここでワードを設置しておくと有利な場所をまとめます
 下図を見てください
 は常にワードを設置しておきたいポイント
 はワードを設置しておくと有利に試合を運べるポイント
 敵ジャングラーの動きを把握することはとても大事なのです




44こちらにCC持ちのチャンプがいるように相手にもCC持ちのチャンプは勿論います、だからといってガンクをしないわけにはいかないのですが、少なくとも相手ミッドがアニーのときなどはガンクのタイミングを計るべきです。
 例えば、まだウルトを覚えていないアニーであればスタックが1個たまっている状態までならガンクしても成功する可能性は十分あります
 逆に2個以上ためっている状態であれば、スキル3つはきだせばいいのでスタンをとられてしまいます。E>W>そしてQをジャングラーに
 当てることでジャングラーはスタンです。
 アニーがウルトを覚えている状態ならスタック1個たまっている状態でもあぶないです、上記同様にE>W>そしてQをジャングラーに当て
 てからのウルトでスタンつきのくまさんもらっちゃいます

45これはジャングルに限らずいえることだけど、全てのチャンプのカウンターチャンプを覚えておくことはとても大事です
※カウンターチャンプとはあるチャンピオンがいるとしてそのチャンピオンが苦手とするチャンピオンのことです
 ジャングルがこれを知っておくことでどういう展開を起こせるかというと、例えば相手ADCが味方ADCのカウンターだったときに
 そこを早めにガンクして相手ADCをつぶしてレベル差をつけてあげないと操作する人が同じくらいの実力だとしたらカウンターチャンプを
 ピックされている時点でレーン戦が長引けば必ず負けるからである
 これはランクマッチなどをするにあたっては必須となる知識だと思う

46レーナーはせめてあからさまなベイトくらいは注意するようにしよう
 例えば相手チャンプが自分のカウンターチャンプだということを知らないとしても、試合がはじまって少しすれば力関係というのは見えてく
 ると思います、完全に自分がおされている場合に突然相手が引き出したりした場合ブッシュに相手ジャングラーが隠れているということを頭
 におきましょう

47青バフをとろうとするのはジャングルだけではない
 例えば赤チームトップがメイジなどのとき、前に押したり川を下くだったりをちょこちょこ繰り返しているときは青チームの青バフを狙って
 いる可能性を考慮しましょう

47トップがプッシュしているときの背後からのガンク

下図を見て下さい



例えば青チームだとプッシュをしない方針だとか、相手の方が強くプッシュされ続けているような状態のときガンクを注意するのは必ずしも赤チームだけというわけでありません
図の赤のラインの様な経路でジャングラーは背後から青チームトップを狙いましょう
これは赤チームが同じような状況にある場合にも同じことがいえます
ですから、トップの担当する方やジャングルが①②③④のような位置にワードをおくことはこういったガンクを避けるためにも有効となります

48青チームが相手ジャングル侵入に成功したら下図の位置にコントロールワードをおくと意外とみつかりにくいです
またここにコントロールワードをおくこで相手に見つかるまでは相手ジャングラーは必ずといっていいほど赤バフはとりにくるので、その場合に敵ジャングラーの位置を把握することができます



49ジャングラーは中立モンスターを狩った数CSを状況にもよりますが1試合80~100を心掛ける
追記で各中立モンスターの説明のところに獲得できるゴールドを書き加えました
これからもわかるようにCS数50しかとっていない人はCS数100とっている人と比べるとかなりのゴールド差がでてしまい、装備にもそれは勿論影響します

50青チームで赤バフから開始して敵ジャングラーを奇襲する際のスキルの覚える順番に注意する
これは例えば序盤強いシン・ジャオなどは普通はQかWを最初に覚え次にそののこりのどちらかを覚えるのですが、奇襲を想定している場合は
QかWを上げたあとレベル2でEをあげることで、逃げようとする相手ジャングラーに突進することができます
他にも赤青チームジャングラーがワーウィックだった場合などWQと覚えるところをあえてWの次にQではなくEを覚えます
そうすることで青バフを狩っていてライフが減った敵ジャングラーを追撃する際にEが有効に働きます
赤バフを所持しているのですから、青チームがライフ的にも攻撃力敵にも有利であることはわかると思います
※ワーウィックのスキルは変更されました

51試合開始時に相手が襲ってこないようにお互い川を挟んで権勢をしあうと思いますが、その際ジャングラーは顔を出さないようにしましょう、顔を出すことで相手にボット出発なのかトップ出発なのかという情報を与えてしまいます

52赤チームが押しているときに青チームにガンクする際前述したように後ろからブッシュに隠れていくのもいいですが、相手のライフ次第では
下図のように攻めるのも有効です



53青チームも赤チームもボットからはじめた際にそのままボットへのガンクは控えましょう、同様にトップからはじめた場合にそのままトップへのガンクは控えましょう
理由はボット開始からのボットガンクやトップ開始からのトップガンクをすることでそのとき相手ジャングラーはガンクしている様子を見ることができジャングラーの足元を見ればバフがついているかどうかわかりますので青バフしかついていないとか赤バフしかついていない状態だとボットからはじめた場合ならトップをまだ狩っていないことがばれてしまいますし、トップからはじめた場合もまだボットを狩っていないことがばれてしまいます、その結果カウンタージャングルをうけてしまいます

54青チームが赤バフ開始からの奇襲をかける場合には下図のような経路をとってきます



この場合赤チームは上の経路をとられると相手が視界に入りません、ですので下図の赤〇の位置に青バフを狩る前にあらかじめワードを設置しましょう、またあぶないときは黄色の矢印のようにフラッシュで逃げ味方に支援を頼みましょう
※これはパッチ6.22でほぼなくなったかもしれません



55中立モンスターへのスマイトを使うタイミング
敵のライフが多いときにダメージを与えやすいチャンピオンなら最初は普通に攻撃しておいて最後にスマイト
敵のライフが少ないときにダメージを与えやすいチャンピオンなら最初にスマイトをしておいてライフを削り後で普通に攻撃

56まだレベルが低い人(極端にはレベル10)などでジャングルを始める場合マスタリーやルーンがそろっていないので中立を周る際にライフがなくなるということがおきます、そういう場合は例えばオオカミならまずその取り巻きを狩ってからメインのオオカミを狩るというように取り巻きを先に狩ることでライフの減りを軽減できます

57ジャングルをする人だけの話ではないかもですが、バロンを狩るときよく後ろに回って攻撃している人を見ますが、後ろからの攻撃は攻撃力半減というデバフをくらったり、チャンピオンが飛び上がる?ようなモーションになったりということが起こるのであまりやらないほうがいいらしいです、敵が壁側からきてる際などに後ろにまわったりすることはあるようです(これは検証してません聞いた話です)

58ガンクにいこうとしてカニが狩られている場合下図の赤い〇の部分がワードの役割を果たすのでガンクは失敗するでしょう、そういう場合は青いラインで示したような経路をとることをお勧めします、花を使ってのジャンプでブッシュに入ったりも効果的です



59プラントを積極的に利用して遠回りすることなく効率よく中立モンスターを狩りましょう

下図のようにジャンプできます



60ガンクするだけがジャングラーではないです
ガンクにばかりきをとられて押されているところをガンクすることに集中しすぎるあまり、味方が劣勢になることもあります
例えばミッド付近でファームをしていてボットに相手ジャングラーが攻めてきて2対3の数的不利な状況ができたいたとしたら、タワーまでさがって持ちこたえてねーではなくこちらもそこに向かい数的に負けないようにしましょう

またあらゆる状況をマップの相手ジャングラーの位置やミッドのロームから判断し、数的不利になりそうな場所には積極的に加勢にいきましょう
ガンクだけではなく、数的不利を作らない、またその逆の数的有利を作るのもジャングラーの仕事だと思います

61ガンク後のライフによりますが、リバーを通って戻る場合はきをつけましょう
できれば下図のような経路で戻りましょう



ガンクにいったときは、相手ジャングラーも加勢にこようとしている可能性があるにもかかわらず少ないライフでそのままリバーを通って戻るのはかなり危険です、上図のように青なら青い線の方向に赤なら赤い線の方向に戻ることでその危険をさけられます

62味方がキルを取られたらタワーが攻撃されていたら威嚇しにいきましょう
味方がキルを取られ相手チャンプがタワーを攻撃している場合、味方チャンプがもどるまでタワーを守りましょう
勿論味方チャンプがキルを取られたということは交戦したのですから相手もライフが減っている可能性があります、その場合はキルを取るつもりでガンクのように攻撃しましょう、このことでタワーも守れますし相手からキルを取れます

63負け戦はしない
当たり前のことですが、これはジャングラーに限らずレーナーでも同じことがいえます
1対1に強いチャンピオンだからといっても2レベル差が付いた相手ジャングラーとばったり出くわしても交戦は避けましょう、2レベル差がついたらまず勝てないと思って下さい
レーナーも対面と2レベル差が付いたらタワーにしがみついてタワー下ファームで踏ん張りましょう
ただし2レベル差がついていてもガンクはまた別で、ガンクは数的有利を作り出すので2レベル差があろうが問題ないです

64並び替え
試合が開始すると、青バフなら青バフのところへ赤バフなら赤バフのところへ移動するとおもいますが、それはミニマップをクリックすれば
自動的にその場所に移動してくれます
その時間を利用してTABキーを押し
私の場合は、例えばジャングルをする場合
一番上をジャングル(私)その下をTOPその下をMIDその下をADCその下をサポートというように並べ替えます
これは敵も同じように並び替えます
こうすることで、F1を押すと自分、F2を押すとTOP、F3を押すとMID、F4を押すとADC、F5を押すとサポートを直ぐにみることができます
これは味方のライフやマナはミニマップの上のアイコンで確認できますが、敵のライフやマナまでは確認できません
ですので、ファンクションキーを利用することで素早くミッドならミッド、ボットならボットの状況を確認できるようにするためです
これで敵のライフを確認することで、どこにガンクすればすぐにキルがとれるか?などの判断ができます

65
味方が死んだとき、そのレーンを素早く確認する
味方が死んだ場合、少なくとも無抵抗で死んだとは思えません、ある程度相手のライフは減っている者です
そして相手はミニオンをプッシュしてリコールしようとします
そこを狙います
これはかなり重要だとおもいます、相手は少ないライフでミニオンをプッシュしているわけですからそこを狙えばキルが容易にとれます

66
どうしてもジャングルがうまくいかない?と悩んだら
3レベルがガンクができるチャンプならとにかくガンクにいく、権勢でもいいのでガンクにいく、フラッシュを使わせる
中立をかっていても、いまがチャンスだとおもえば途中でやめてガンクにいく
集団戦がおこりそうだったり、挟むことができそうだったり、味方が追われていたら、中立をかっている途中であと少しで青バフたおせるのに!ってときでも放置して加勢にいく
これをやってみてください
ファームも勿論大事です、しかしこの積極的な行動でかなりかわってきます
私はカジックスがどうしても上手くいかなかったのですが、この心構え一つでいまのレベル帯なら2桁キルは当たり前になりました
それでもだめなら
ルーンを変更してみる!
カジックスならRでの進化の順番を変えてみる!
などなどです

67やることない?
たとえば、こういったことはあまりないかもですが全レーンがプッシュしておりガンクするレーンがない!
などというときは何をするのか?
まずはガンクです・・・
ガンクといってもカウンターガンク?というものになります
トップとボットで行います
プッシュしているのですから、普通にガンクは無理です、ですから味方の後方からこっそりブッシュに入り身を隠し味方にベイトしてもらい
敵がラインを上げてきたところをガンクします
またガンクには別の方法もあります
赤側なら、トップがタワー下までプッシュしている場合に相手チャンピオンのライフを確認します
減っているようなら、青側トップのジャングルを通り青側チャンプからしたら下と上から挟まれた形になります、これでタワーダイブをしてキルをとります
青側なら、ボットがタワー下までプッシュしている場合に相手チャンピオンのライフを確認します
減っているようなら、赤側ボットのジャングルを通り赤側チャンプからしたら下と上から挟まれた形になります、これでタワーダイブをしてキルをとります
これはタワーダイブといっても、味方レーナーがミニオンを押し付けているならば、若干はタワーからの攻撃を防げますし、ボットレーンならそのままレーナーが強引に突っ込んでいって相手が引いたところを上から挟むという形もとれます
勿論これは相手ジャングルに入るのでそれなりの危険を伴いますので、相手ジャングルの位置を最低でも確認し、また相手のミッドが消えたら
寄ってきている可能性が高いので素早く逃げましょう
そして、こういったガンク以外になにができるか?ということですが
ありきたりなのがファームです
ただただファームをして自分のレベルを上げていきます
しかし、この場合は相手からしたら全レーンおされているのですから、どのレーンにでもガンクを仕掛けることができるわけです
ですので、ファームも大事ですが
特にトップとボットの相手ジャングルの奥深くにワードをさしてあげて、相手ジャングラーの動きを把握する
これが良いと思います
具体的には、例えば青陣営で味方ボットがタワーまでプッシュしている場合
相手赤陣営のジャングラーはガンクをしやすいわけです
勿論、ボットはサポートがいますのでそれなりにワードはさしてあるとは思いますが、いち早く相手ジャングラーの位置を確認するために
赤陣営の青バフの前などにワードを指します
ブッシュに刺す必要はありません
それで赤陣営ジャングラーが青バフやカエルを狩ってそのままガンクという経路ならガンクを防ぐことができます
こういった相手のジャングラーが通るであろう道に、相手ジャングルまで安全にはいりワードをさしてあげることで、やることがないときでも
味方レーナーを守ることができます
ミッドは、基本的にタワーとタワーの感覚が狭いのでレーナーの能力でガンクをさけることが他のレーンよりは可能ですので、できればボットやトップ
特にトップはサポートがおらず一人でレーンをまかされタワーの感覚も広いわけですから、いち早くガンクにきづける位置にワードをさしてあげると良いと思います

68ロームに合わせる
ロームに合わせてガンクすることでガンクの成功率を上げます、正確にはガンクが成功というよりガンクがささったときに優位に立てます
例えば、ミッドレーナーがミニオンを相手タワーまで押し付けた際にトップにロームするというサインを送ったとします
または、それがわかったとします
その場合、自分がトップジャングルにいるならそのロームに合わせてガンクしましょう
そうすることでガンクが決まった際に味方が3人いるわけですから、いっきにミニオンをプッシュしてタワーをおることもできます
ワンチャンスを作り出すことができるのです

69
以前下図のようなガンクルートを紹介しました。このガンクルート特に敵陣をまわっていくルートのガンクはかなりの確率でささります。



自分がレーナーのときこのガンクをされるのはかなり嫌ですよね
ではどこにワードをさせばいいのか?
これはトップ側ならトップレーナーがボット側ならサポートがコントロールワードを置けばよいと思うのですが、特にトップレーナーの場合は
ワードを置きにいく間の時間ロスで経験値差がでてしまいます。
ですので私がジャングラーのときは私がコントロールワードを置いてあげるようにしています。
ではどこにワードをおくのか?それが下図になります。



青チームなら青い〇のところ赤バフの裏にコントロールワードを置いてあげます
赤チームなら赤い〇のところ赤バフの裏にコントロールワードを置いてあげます
そして、できればトップレーナーは移動が少なくてすむオレンジの〇にコントロールワードをサポートも移動が少なくてすむオレンジの〇にコントロールワードを指せばよいと思います
これで、敵陣内にはいってのとおまわりのガンクルートは赤〇や青〇のコントロールワードの時点で察知できるので、十分にトップもボットも
逃げることができます
遠回りのガンクルートをとられた際にオレンジの〇にコントロールワードを置いていても、プッシュをしている状態では逃げきれないことがあります
ですので、早い段階で敵を察知することと、後はここにコントロールワードを置くことで青チームなら敵ジャングラーのボットへの侵入をすぐに察知できますし、赤チームなら敵ジャングラーのトップへの侵入をすぐに察知できます。
またトップやボットはカニを敵が狩っているもしくはカニがかられていない状態だとすると、リーシンのように下図のような経路でのガンクが考えられます



青い矢印と赤い矢印の経路です
要するに壁抜けです
これをされないためにも、青チームならボットのカニをできれば狩ることを意識する赤チームならトップのカニを狩ることを意識する
そして、ここでレーナーがおいたオレンジの〇のコントロールワードがいきてきます
また当然直接リバーからガンクがくることもあるでしょう、その対応としてプッシュするなら紫の〇のところに最低でも黄色トリンケットはおきましょう
これだけやっていれば、トップとボットはかなり安全だと思います。

70
LOLにはインベイドというものがあります

※インベイドとは
Lv1時に集団で敵のJungleに侵入し、Buffを奪ったり、FirstBloodを狙うことを指す相手のJunglerが青Buffを特に必要とする場合は、このInvadeが成功すれば相手Junglerの回るスピードを大幅に遅らせることが出来る


インベイドが行われがちなのは、ブリッツ・ノーチラス・スレッシュといったようなチャンピオンがピックされているときに行われがちです
特にブリッツがピックされた場合は積極的にインベイドをしたりされたりします
なぜ、このようなチャンピオンがいるときにインベイドが行われがちなのかといいますと、これらのチャンピオンに共通していえることは相手を引っ張り寄せるスキルをもっていることであり、そのスキルをレベル1で取得した場合に試合開始とともに5人で一斉に相手陣内に攻め込み
ボットでバフを狩ろうとしている相手チャンピオン達に攻撃を仕掛ける際にその引っ張り寄せる能力がかなり重要になります
例えば、ブリッツが味方チャンプにピックされている場合、だれかが合図をだし一斉に相手のボットに攻め込みます
そしてブリッツが相手を引っ張り寄せて5人一斉に攻撃します。
引っ張られた場合、よほどのことがない限り5人に集中攻撃を受けるわけですから引っ張られたチャンピオンはデスします。
そのあとも、ボット周辺にいるチャンピオンに対して攻撃をしかけ、あわよくば相手のボットのバフをうばってしまいます。
この場合、味方チャンピオンもいつもとは違うスキルを最初に取得したりします、理由は相手を引っ張り寄せたあとフラッシュなどで逃がさないようにスタンやスネアなどのスキルをもっているチャンプならそれを取得することで確実にキルにつなげれますし、引っ張り寄せたチャンプは普通に攻撃するだけで倒せたならば、その周辺にいるチャンプにスタンなりスネアなりを当てることでさらにキルを狙えます
そして1キルだったとしても、みんなが攻撃するので結局他の人にはアシストが入ります
かなり有利です

このインベイドはジャングルとは特別関係ないように思われるかもしれませんが、このことを知っているかどうかその対応は変わってきます
まず大前提として最悪の状況を考えます
インベイドされ1キルを持っていかれる、またはキルされなかったとしても相手5人がこちらのバフ付近におりしかも一人は引っ張り寄せる能力をもったチャンピオンです
そこに近寄るのもかなり危ない状況といえるでしょう
そしてジャングラーにとって一番最悪なのはレベル1のときの最初のバフを奪われてしまうということです
ではどのように対応したらよいのでしょうか?
相手はボットサイドにインベイドをかけてきます、なぜならボットサイドでバフを狩ろうとしているジャングラーもしくはADCかサポートをつかまえてキルを奪い安いということ
キルをうばえないにしても相手のバフをうばえます
インバイトにそなえて5人がボットで待機したいたとしても、くるタイミングはわからないしいつまでもまてませんし、なにより引っ張られたらおわりなので、近寄れません
となると、攻められる側のトップレーナーは相手のトップよりもできるだけ経験値を稼ぐためにいち早くトップで待機することになります
数的にも守る側はミッドとジャングラーとADCとサポートの4人で不利ですし、やりあっても勝てません
ではみすみすバフを渡してしまうのか?
いえいえ、そんなわけにはいかないのです
バフを取られるならとりかえせばいいのです
数的有利を作るために、インベイドはおそらく少なくとも相手のトップ以外の4人はやってきますし、なんなら5人きます
トップはアシストかキルをとれれば、そのままテレポでトップにもどれるわけですからね
ならば、こちらは相手のトップサイドのバフからスタートすればよいのです
そしてそのリーシュを味方トップにお願いすることで、たとえ相手がインベイド成功して相手レーナーがトップにテレポではなく走って移動してきたとしても、そこでトップ側付近のバフで鉢合わせてもこちらはトップとジャングラーの2人、相手はトップのみなので十分勝てます
ですので、相手がインベイドしてくるなとわかったらこちらは相手のトップからはじめればいいのです
そうすれば、こちらのボットがキルさえとられないようにある程度権勢だけしてくれていれば、相手5人をボットに引き付けることができ、相手のトップ側のバフは容易に奪え実質バフを交換しただけになります
相手は時間のロスがあるので損になりますかね。

インベイドに関しては下図をみてください



青サイドがインベイドをする側ですと、このように①のブッシュから②のブッシュそして③のブッシュへといき青バフの前で捕まえる
または、④のブッシュから⑤のブッシュへそしてそのままいっきに青バフ前へいき捕まえる
という経路になります

これに対応する手段としてはオレンジ色の〇の部分にワードをさして来ていることを確認し権勢しつつタワーへ逃げる
または赤い〇の部分のブッシュにミッドレーナーがいち早く到着し潜んでいれば①→②→③と移動してくる場合は全てまるみえです
相手のだれがきているのか、何人きているのか全て把握できます
そして帰っている様子も確認できますし、ミッドレーナーからしたらすぐ上にいけばいいので経験値ロスもありません
運がよければ相手のミッドレーナーがそのままリバーから上がってミッドレーンにくるのでそのとき遠距離攻撃があればそれでダメージを与えて逃げれば、少しですがダメージを先に与えることができます。

赤サイドがインベイドをする側ですと、これと全く逆のパターンで攻めてくるのでだいたいわかると思いますので省略します

71序盤から中盤はレーンにできるだけ残らない
ジャングラーはガンクをする際勿論レーンに顔をだすわけですが、相手チャンピオンであったり相手ミニオンがそこにいる場合にはジャングラーの位置がミニマップで相手に確認されてしまいます
ですので、ガンクを決めたらもしくは失敗したり威嚇をしにレーンに顔をだしただけであっても、速やかにそのレーンから離れることをお勧めします
それはレーナーの経験値を無駄に奪わないという理由でも大切なことです
またカニが狩られていらたらそこを通ってガンクなどはよっぽど相手レーナーがミニマップを見ていない限りきまりませんし、そもそもカニを狩られていワードとなっているところに顔を出すこと自体が自分に居場所をおしている行為です
上記のように相手に居場所を知られるとうことは、その時間が長ければ長いほど相手のレーナーからしたらガンクがこないと安心できる時間をつくってしまいますし、相手ジャングラーからしたらボットに敵ジャングラーが見えていたらトップ側のジャングルを荒らすなどの行為を用意にさせてしまいます
ときどきミッドを横切ってトップからボットへ移動したりというのを目にしますが、ボットに移動したことがばればれになります
そういう行為はできるだけ避けましょう
では、ミニオンにタワーが攻撃されている場合はどうするか?
レーナーが間に合うならレーナーが処理すべきです、ですがレーナーがキルされてすぐにはもどれない場合にミニオンのタワーへの攻撃を避けたい場合には速やかにミニオンを処理し、後はレーナーに任せましょう
リバーまで押してしまおうと押したい気持ちもわかりますが、それは自分に居場所を相手に知らせている行為と思って下さい
これもケースバイケースなので絶対とはいえません。

72レーンの管理
よくレーンの管理はレーナーがしろ!と言っているジャングルさんもいますが、全てそうではないと思います。
間違ってたらすいません。
確かにレーンの管理はレーナーがかなりの部分すべきだとは思いますが、トップレーナーはボットレーンの様子を伺っていてテレポを使ってボットレーンを有利に立たせにいくことがあります
これはそのときの状況ですぐさまテレポートを使うので、ミニオンを相手タワーに押し付けているとかいう状況ではない場合もあります
その際、トップ側にジャングラー(自分)がいるならば、状況にもよりますがトップレーンのカバーにはいるのが好ましいと思います
基本的にレーンのミニオンは処理しないというのが私の考えですが、その場合は別です
ボットレーンまでテレポしたトップがトップレーンもどってくるまでにはかなり時間がかかります
そこに相手のトップレーナーが残っているなら、トップレーンのカバーに入るべきだと思います
ボットレーンで人数差で勝利していても、トップのファーストタワーが簡単に折られてしまうのは避けたいです
ミッドに関しては、ミッドがレーンを管理するのが望ましいと思います、これもあくまで状況によります
ミッドレーナーがロームにいくのはよくあることですが、ミニオンをプッシュしないでのロームはよろしくありません
そこはミッドレーナーの管理が必要です
ですが、例えばトップ側にジャングラーがいて、相手ジャングラーはボットレーンでボットレーンが危ない場合ミッドレーナーがボットレーンにすぐさまロームしてボットレーンを助けに行くような場合、そのような場合はジャングラーがミッドレーンのカバーにはいるべきだと思います。
また相手ミッドレーナーもボットレーンについていくようであれば、ジャングラーもボットレーンへと向かうのがいいのかなと思います

後は既に述べましたが、レーナーがキルされたときには戦った末にキルされたのだから相手も体力が減っているケースがおおいので、そのレーンを確認してキルを奪いに行く、この行為で同時にレーナーが生き返るまでのミニオンの処理を行えばよいと思います
ただし、無駄にミニオンを処理するのではなくレーナーが生き返ってもどってくるまでの時間を考慮してレーナーが間に合いそうなミニオンは残します
また、逆にキルを味方レーナーが奪った場合に味方レーナーの体力が減っているのにミニオンをプッシュしてかえろうとしているときも、サポートしてあげると良いと思います。
こうすることで、相手ジャングラーはキルを奪いに来てもそれを阻止できます

73レベル差がついているレーンは捨ててもよい
例えばトップレーナーがあっというまに相手のトップレーナーに2キル奪われてレベル差が2ついているとします
そのような場合、トップレーナーはタイマンでは勝てないのでガンクを希望するかもしれませんが、自分のトップレーナーがCCが豊富か?
きちんと合わせてくれる人かという見極めができなければ安易にガンクにいくと共倒れします
レベル差が3ついていたら、もうあきらめたほうがいいでしょう
できればそこまでレベル差がつかないような、立ち回りをジャングルがしていくべきだと思います
ですが、1デスしてもセーフティーにいかないプレイヤーもいますので、2レベル差3レベル差つくこともあります
その場合は素直にそのレーンはあきらめて他のレーンを勝たせましょう

74インベイドについて追記
この章でインベイドについて述べましたが、その追記です
インベイドをされることが予想されるとき、相手ジャングルのトップサイドから狩っていけばよいと書きましたが
これはあくまで状況次第です
例えば、こちらもハードCCや遠距離攻撃を持っているチャンピオンがおり、それらのチャンピオンのディスエンゲージでインベイドを阻止したとしましょう。
そうなった場合に相手が引いて自陣ジャングルのボットから中立を狩り始めた場合は問題ないのですが、ある程度先読みができるようになると
インベイドが失敗した際に、相手ジャングラーとトップが自陣のトップサイドのバフを狩ろうとしているのではないか?と考えます
先読みどうこうでなくても、そうなっていることを想定してトップから始めることもあるでしょう
その場合、相手のトップとジャングラーが寄ってくるので、相手のインベイドが失敗したのがわかった場合は、待ち伏せして倒せるなら倒すか、もしくは素直に引いて自陣のバフからはじめると良いと思います。
※エンゲージとは、集団戦をはじめようとすること
※ディスエンゲージとは、集団戦をはじめようとしているのを阻止すること


75青バフのカウンタージャングル
赤バフよりも青バフの方がリバーから近いことはマップを見れば一目瞭然だと思います
しかし闇雲に青バフを取りに行くのはあまり好ましくないと私は思います
できれば、青側陣営ならボットレーンが相手のタワーまでミニオンを押し付けているとき
赤側陣営ならトップレーンが相手のタワーまでミニオンを押し付けているときが好ましいのではないかと思います
理由は、レーンをプッシュしていることで青バフに近い相手レーナーはタワーを守ることを考えるので動きが取りずらいこと
さらにはこちらのレーナーはプッシュしているので、何かあった際にジャングラーを助けに向かうこともできます
また、その際に前もっておおよその青バフの沸き時間を把握していることが当たり前の前提ですが
ジャングラーは相手の青バフに向かう旨をピンなどでしらせると良いと思います
そうして下図のオレンジの〇あたりにミッドかジャングラーがあらかじめワードを置きます
※ジャングラーが置く場合は青バフのところから壁越しに設置すればいいと思います
このことで、仮に相手のミッドレーナーが気づいてよってきたとしても、こちらのミッドレーナーも青バフを取りに行っていることは理解して
いて尚且つワードに相手のミッドレーナーがつかまります、そして上手くいけばジャングラーとミッドレーナーで相手のミッドレーナーをキルすることができます



76ガンクを捨てるレーン
ジャングルであったり他のレーンをある程度経験することで、チャンピオンの特性がわかってきます
そうなってくるとガンクを捨てるレーンというのがでてきます
勿論これは自分が使用しているジャングルチャンピオンの追い打ち性能であったり、CCの有無、またレーナーの追い打ち性能やCCの有無も
関係してきますが
そういうことを考慮した上で、ガンクとおらない!ってレーンが出てきます
それはジャングルを担当しているうちにわかってきます
例えば、これは私の感覚ですがミッドのブラッドミアであったりミッドのレベル6以降のエコー、CSをとることに専念しているベイガー
などのような感じです。
ブラッドミアは地面に潜って移動でき、その間ダメージを与えることができません、その状態でタワー下まで逃げられたら無理です
エコーもウルトでとんでもない回復と回避をしてくるので下手をしたらただの1:1交換になります
ベイガーも安易に前にでてきている場合はガンクは通ると思いますが、ベイガーはCSをとって魔力を上げることが重要だったりしますので
無駄に前にでる必要がありません、また接触するとハードなCCをもらってしまう囲いこむようなスキルもあり、ガンクは結構厳しいです
またアニーなども相手のジャングラーがどこにいるのか把握しないで、安易にスタック数を減らして前にでるようなアニーならガンクはとおりますが、そのあたりをきっちりと把握しジャングラーの存在がわからないときはスタックがなくなると後ろに下がるようなアニーはきびしいです。逆をいうとスタックがたまっているアニーがいくら前にでているからといってガンクにいくのは結構な勇気が必要になります
そういった感じでトップレーンでもとんでもない逃げ性能をもっているチャンピオンがいるので、ガンクが通らないものは通らないのですから
その場合はそのレーンにガンクにいく時間がもったいないのでガンクはあきらめましょう
ただ、あまりにも押されてしまってCSを取るのもままならないような状況に追い込まれている場合はガンクをしかけてあげて、逃げられてもいいのである程度ダメージを与えてレーナーを助けてあげると良いと思います。

77ジャングルとは関係ないかもだけれどタワーの耐久について
タワーはトップ・ミッド・ボットそれぞれのファーストタワーがらいふ3500でライフは一番多いです
しかし、開始5分以内ならボットレーンのタワーが一番ダメージを通しやすいです
理由はトップレーン及びミッドレーンのタワーには開始5分までは防御50%アップが付いていますが、ボットレーンのタワーにはそれがないからです
開始5分までは、ボットタワーへのダメージを受けないような立ち回りが必要なのでしょうか?
またトップやミッドはタワーに攻撃できるチャンスであっても開始5分以内なら、ミニオンに攻撃をまかせて他にできることを優先すべきかもしれません
色々役立ててみてください

78ドラゴンが沸く少し前、ヘラルドやバロンを視野にいれているときには積極的にその前にいるカニを狩りましょう
これは3章のワーディングのところでも書くつもりですが、特にドラゴンを視野にいれるならばドラゴンが沸く時間はわかりますのでその少し前にカニを狩ることでその視界を得ることができ有利な展開をつくれます

79オブジェクトの交換意識

例えば下図のようになってしまった場合を考えます



ボットレーンがミッド・ジャングル・相手ボットレーナーに囲まれており、タワーの耐久も少ないとします
チャンピオンの相性などもあるとは思いますが、ジャングラー1人が寄ってもどうしようもないと判断した場合
ミッドレーナーにレーンをプッシュすることを伝え、ジャングラーもミッドに向かいます
つまり、ボットレーナーにはできるだけ絶えてもらいボットのファーストタワーこそ奪われるものの、こちらはミッドタワーを交換にもらいます
この際、勿論トップレーナーがテレポートを使える状態であることが大事です
理解しているトップレーナーならジャングラーとミッドレーナーでタワーまでミニオンを押し付けている場面で、味方ミニオンにテレポートを使ってきます
これでミッドタワーを折ることができれば、後々のドラゴンやカウンタージャングルなども含め試合を有利に運ぶことができます
下図のような状態です


ですが、状況を判断することが大事でボットタワーがまだ守れるならジャングラーもミッドもボットの応援に向かい、トップレーナーもテレポートで駆け付けるなどすれば守れるかもしれません
それぞれのタワーのライフの確認であったりをしっかりしていないと失うだけになってしまいます

80タワーが破壊されたときの対応

下図をみてください



1.ミッドタワーが折られた場合は相手ジャングラーからすると赤〇のオオカミと鳥を奪いやすくなるのでそれらを優先して狩ります

2.トップタワーが折られた場合は相手ジャングラーからすると青〇の青バフとカエルを奪いやすくなるのでそれらを優先して狩ります
※ヘラルドにも注意!!
3.ボットタワーが折られた場合は相手ジャングラーからすると緑〇の赤バフとゴーレムを奪いやすくなるのでそれらを優先して狩ります
※ドラゴンにも注意!!
折られた場合に相手にとってどこを攻めやすいのかを相手の気持ちになって考えると良いと思います

81相手のミッドが見えなくなったら、味方ミッドの指示でトップかボットへのロームが確認できた場合やワードに映って確認できた場合はすぐに援護にかけつける


目次へ
7章:ジャングルでマスタリーレベルを6以上にできたチャンピオンの私なりの取説
今のところジャングルとしてマスタリーレベルを6以上にできているのは
シンジャオ・カジックス・ワーウィック・セジュアニ・タムケンチ
です
これから練習したいのが、グレイブス・リーシン・エリス・シャコ・新セジュアニです

シンジャオ

ガンクが決まりやすく、火力も文句なしで1対1でもほぼ勝てます
なによりワーウィックなどもそうですが、初期アイテムでジャングルアイテムとポーション1個積んでおけばいいので、最初からコントロールワードを購入できます
サステイン(回復能力)が高いです、王剣を積み終わった後はさらにシンジャオのスキルとの相性で回復がすごいです

■ビルド
初期アイテム

マチェットを選択する理由は2章でも述べていますが、シンジャオはAAでの攻撃が主体となります
ですのでマチェットを選択することになります

ファーストリコール
1650貯まったら

1650貯まらなかったら

などのように買います

コアビルド


このあたりでしょうか
ブーツに関してはCCを避けるため、また魔法に弱い気がしますのででも良いと思いますが、私はあからさまに攻撃速度が変わるのでを好んで積みます

他のアイテムは状況次第でしょうが
勝ってるときなら
負けているときならコアビルドのを積まずに
この辺りを積んでいきます

ビルドはそもそも攻撃力が高く、スキルなどで相手の防御を下げることができるシンジャオは攻撃系アイテムを積まなくても強いです
その方が実は安定しているかもしれません
そのようなときは

であったり

だったりが、安定しているかと思います
倒される前にこちらの火力で押し切る感じです


■ルーン攻撃力はそもそもが高いので攻撃速度重視にしてみました
キルが安定してとれるようになり、デスも少なくなりました

ルーンはちょっと特殊かもしれませんし、私自身まだ色々と試している段階なのですがいまのところは下図のようになっています



神髄:攻撃速度の神髄×3
印:攻撃速度×9
章:物理防御×9
紋:魔法防御×5+攻撃速度×4

としています

■マスタリー
下図のとおりです


危険な賭けよりガンクのときの攻撃力重視で豊緑の贈り物にしていますが、効果あるかどうかはわかりません

■サモナースペル
サモナースペルは単純にです
逃げの手段がないシン・ジャオにはがいいと思います
ゴーストもなかなか使えますが、フラッシュで逃げた敵の追い打ちにもなるのでやはりフラッシュでしょう
余談ですが、トップシンジャオならゴーストがいいのかなーと思います

■スキル
スキル上げの優先度は
>W>Q>E
としています
レベル1でWを覚え体力マックスでバフを狩ります
レベル2でQを覚えノックアップと攻撃力増加
レベル3でEを覚えこれでガンクにいけます

私のシンジャオのスキルの上げ方は本当に特殊だとおもいます



これはあくまでW優先で体力を保つ感じの上げ方ですが
実際、WQEと取得したらEを2段階くらいまで上げたあとQ上げでいいと思います
特にビルドを防御タイプにするのならE2段階上げからのQ5段階までがお勧めだと思います



■中立モンスターやガンクなど
中立モンスターは基本的にはAA(一念のマーク)>Wと連続で入れてAAをするだけです
私は鳥からスタートします、リーシュなしでも大丈夫です
ガンクはEで突進して「一念のマーク」をつけ攻撃しスロウを与えます
そしてスマイト>W>Qの流れでひたすらAAです
ガンクが十分間に合いそうなときはEをフラッシュをされたときのために取っておいて、スマイト>AA>W>Qで攻撃してからEなどとすることもありますが
また、ガンクや1対1の対決において追いの手段としても逃げの手段としてもEは優秀です
EWQAARという流れが体にしみついているかもしれませんが、全てを敵チャンピオンに当てる必要はありません
ガンクの際では相手に逃げられると思ったら、Eで敵にミニオンに突進してWQと叩き込んだり
リバーで追いかけるときや逃げるときにカニがいたらカニにEを使用することでその距離を縮めたり広げたりできます
とりあえず中盤くらいまではかなり強いチャンピオンなので
>スマイト>W>Qで安定して倒せると思います
ジャングルで敵のジャングラーと出くわしても率先して攻撃しても勝てます

また、使う使わないは別としてEで越えられる壁が存在します
薄い壁なら越えられるのでプラクティスモードなどで試してみてください
例えば、ミッドサイドのブッシュの薄い壁や青側トップサイドの赤プラントで飛んでブッシュにいくところの壁など
これは、ブッシュにワードが刺さっていて相手が見える状況のときなどに、使えるので覚えておくといいと思います
あくまで相手が見えるときです、Eは対象指定ですからね

因みに、一部ですが壁のすり抜け動画を撮影しました
初めてシンジャオを使ってみるという方は参考にしてみてください
結構使える場面がありますよ


後は、集団戦というより小競り合いで敵が近くにいるときに
から入る必要はありません、Eは大きな移動手段(追い打ち手段)となりますので
敵が近くにいるならAA(一念のマーク)>W>Qととっておいて相手がブリンクであったり、何かしらの逃げ手段を使った後にE発動とします
ガンクのときにEから入ることが多いので癖でEから使ってしまいそうですが、冷静に状況を判断して
先出なのか後出しなのかを判断してください
またRの使いどころも相手を殺しきれるライフなら使っていくなど慎重に。

基本的にシンジャオは集団戦は苦手だと思います
ですので、アサシンの様な動きで弱ってるチャンピオンに飛びついてキルを奪い逃げてクールダウンを待つという戦い方が良いと思います
は集団戦において、敵を分断させたり、集団に範囲攻撃を加えCCを与えるのに使用します
使う場所を間違えると相手を遠くに飛ばしてしまうので注意です
また、ガンクの際味方方向に飛ばすのにも仕様します、この使い方が一番いいかも?
で出来れば奥のADCあたりに突進したと同時にRを打ちこみADCとサポートあたりが奥へ飛び、他が手前に飛ぶようにして自分はADCをひたすら倒します
手前に飛んだ敵チャンプは数の差で味方チャンプが倒してくれます

最後に細かいことかもしれませんが、敵に追われている状況で敵にミニオンが逃げる方向にいる場合などはEをミニオンに使用することでブリンク代わりとして移動できるので覚えておくとよいかもです

私はこういった感じでシン・ジャオを使用していますが、下手な私でもそこそこキルがとれるので火力に関しては申し分ないチャンピオンだと思います



カジックス

シンジャオの次に練習したのがカジックスですが、シンジャオと比べると大分難しいです
というよりはシンジャオが簡単すぎます
理由としては、ガンクを決める際にシンジャオならばEが対象指定なので相手を逃がさないのに対して
カジックスのガンクはそれとは違ってくること
1対1は強いが、打たれ弱い!兎に角打たれ弱い!
ですので、下手にボットレーンにガンクにいくといっきに潰されることもあります

■ビルド初期アイテム

タリスマンと詰め替えポーションになります
タリスマンを選択する理由は、とりあえずマナがきついというのもありますが攻撃の主体がAAというよりはスキルに依存しがちだからです
詰め替えポーションは、特別理由があるというわけでもないですがジャングルは普通は詰め替えポーションを持ちます

まだカジックスを使い始めて間もない頃は、マナであったりライフであったりに困ることになるかもしれません
そういったときはファーストリコールで詰め替えポーションからハンターポーションにグレードアップできます
できればそのグレードアップなしでも立ち回れるようになってください
微々たるゴールドかもしれませんが、序盤の微々たるゴールドは大変貴重なものですので。

ファーストリコール
ハンターポーションが必要ないなら

この3つはもう人の好み
もしくは
カジックスは瞬間火力メインのチャンプですので
こちらを優先すると良いかと思います
お金が余っていたら必ずコントロールワードも購入してください

ブーツ
ブーツもそのときの相手の状況などによりますが
私はを好みます、理由は後程
後は状況に合わせて相手にAPが多いならADが多いなら
というように状況次第です

コアビルド


このあたりでしょうか
※これだけでクールダウン短縮40%に達します
カジックスがクールダウンを短縮してスキルに頼るチャンプだということがよくわかると思います

ブーツに関しは上述したとおりです
コアビルドが完成したら
などのタンク対策のアイテムや

などで火力を高めると良いと思います

■ルーン
ルーンは基本的に攻撃力重視です
私の場合はルーンに5%分のクールダウンを入れています
これは正直必要ないかもしれません、コアビルドを完成させるとクールダウンは40%になるからです
ですが、必ずしもコアビルドを完成させるとは限りませんので一応クールダウン5%分を確保しています
正直、紋は全て魔法防御でもいいとおもいます
ここは購入アイテムや自分のプレイスタイルと相談してみて下さい



神髄:攻撃力×3
印:攻撃力×9
章:物理防御×9
紋:クールダウン×6+魔法防御×3

としています

■マスタリー


闘争本能の項目の一段目
烈火なのか聡明なのかは好みだと思いますが
スキルでダメージを瞬間的に与えることを考慮して私は聡明にしています

計略思想の精密動作か更なる知性かですが
あくまでもクールダウンをできる限り伸ばしたいのならここをさらなる知性にすればよいと思います
ここで更なる知性を取得しておけば自然に5%のクールダウンを得ることになるので
紋でクールダウンを確保する必要がなく魔法防御に全てを費やすことができます
そのかわり、精密動作で得られる脅威を捨てることになります

そのあたりは色々とプレイしてみて、自分に合った組み合わせを選択してください

■サモナースペルこれは得にこだわりがなければ
フラッシュとスマイトだと思います

■スキルスキル上げの優先度は
>Q>W>E
としています

レベル1でQを取得します
※ここはWでも構わないと思います
レベル2でWを取得します
※1でWを取得した人はQ
レベル3でEを取得します

鳥からスタートのときは1レベルでWを取得+詰め替えポーションではなく普通のポーションを3つ購入



これで問題ないと思います


■中立モンスターやガンクなど
中立モンスターは基本的にはQ>Wで狩っていきクールタイムの間はAAです
鳥からのスタートできます、鳥からのときはWから取得します。ポーションも詰め替えではなく普通のポーションを3つ持ちます
鳥やオオカミなど複数のモンスターがいるときはE>Q>Wとしています
しかし、序盤はEはできるだけ使わない方がいいかもしれません
マナがきつくなります

ガンクはレベル6までは
十分間に合いそうならQ>W>AAといれてから逃げたところでEで良いと思います
ミッドなどはタワーとタワーの間が狭いのでE>Q>W
でいいと思います
これに慣れてきたら、E着地までにスマイト+Q>W
であったり
初手でを購入する場合もあるのでが(後のを視野にいれることと火力増加)
そのような場合は
着地までにスマイト+Q+マチェット>W
と空中で叩きこんで下さい

これがガンクの流れなのですが

カジックスを使っていて重要なことがあります
それはカジックスのRは取得のときにQWERのどれかをアップグレードできるということです
このアップグレードの順番は本当に悩ましいです
人それぞれのプレイスタイルで決めればいいと思います
私はまずレベル6でRをアップグレード、レベル11でQをアップグレード、レベル16でEをアップグレードしています
多いのはQERの順番によるアップグレードではないかと思いますが
私が1番目にRをアップグレードする理由はブーツをを購入することとも絡んでくるのですが
カジックスを使うからには短期決戦で終わらせたいと思っています
つまり、レベル3からどんどんガンクをして相手レーナーを腐らせてこちらを有利にしていくわけですが
その際レベル6からのガンクでRをアップグレードすることで
ブッシュでインビジブルになれること、ブッシュからでてもしばらくインビジブル状態がつづくことを考慮して
そして速度がかなり上がるを購入していれば
例えばボットへのガンクをする際に
ブッシュ経由でボットレーンまでいき、Rのアップグレードによるインビジブルが切れそうなときにR発動でまたインビジブル
そしてそのままAAを入れてからの上記したコンボをいれます
つまり最初にRをアップグレードさせるのは、ブッシュと移動速度とRを上手く使えば相手がワードを指していようが見つかることなく裏をとれます
またサイドからのガンクだけではなく
味方の後ろからガンクに行く際もRを先に使用し、トップやボットのブッシュまで進みそこからはRのアップグレードの恩恵のインビジブルで相手にガンクをかけるようなこともできます
こうすることでガンク成功率が私はかなり上がりましたしキャリーできるようになりました

カジックスの6レベルRアップグレードの動画を撮影してみました(下手です)

〇ミッドへのガンク
低ランクなら普通に決まります

〇トップへの自陣からの侵入からのガンク
無理にこういった使い方しなくてもいいと思います、赤側のトップサイドから回り込んだ方がいい場合が多いでしょう
特に私のような低ランクでは回り込んだほうが確実にガンクがきまります

〇ボットへのガンク
基本的にカジックスはボットへのガンクはしない方がいいと思います、なぜなら柔らかいから
それでも相手のライフもある程度へっていていけそうってときはどうぞ
これも低ランクなら普通に決まりますが、カジックスが死なないとはいいきれません


カジックスは序盤キルが奪えないと正直いって中盤辺りから腐りはじめます、つかいものになりません
ですので最初にRをアップグレードして確実にガンクを決めキルやアシストを得ることで成長します
成長したカジックスははっきりいって止まりません

これはあくまでも好き好きなので、自分に合ったやり方を試してください

カジックスで注意すべきことは
兎に角柔らかいということです、ボットへのガンクはできる限りさけましょう
また集団戦に自分から先陣を切って突っ込んでいくようなことは絶対にさけましょう

後は、Wはアップグレード前でもある程度の壁が越えられるので逃げの手段や追い打ち手段、また中立を狩る際に手際よくかるための手段として使ってください

兎に角、カジックスを使うなら3レベルからガンクを視野にいれどんどんガンクを仕掛けていくこと
集団戦では、控えめに立ち回ること

これを意識して後は慣れだと思います




タムケンチ

レベル6からの機動力が強み、またビルドにもよるがキルを取る目的での構成やあくまでタンクとしての構成と柔軟
レベル6まではガンクしやすいとはいえないが、仮にガンクに成功した際でも硬いのでデスしてしまうという心配は少ない
最初の青バフだけは絶対に相手に取られないようにしないとマナがきついので無駄にリコールしなくてはならない


■ビルド
初期アイテム


私はタムケンをJGとして使用するときは基本的にはAAでの攻撃のダメージを優先させるのでマチェットを積みます
タリスマンでも問題ないとおもいます

ファーストリコール
AA主体でキルを狙っていくなら

味方の構成をみてタンクを考えるなら後々にすることを考えて
にするのに必要なアイテム+

コアビルド
攻撃主体なら

タンクなら


とりあえずは、AAの速度を重視したいのでバーサーカーブーツは買います

攻撃主体のコアビルドができたらタムケンチはかなり強い状態になっています
普通に殴られながらキルを取れるので私はこちらを好みます

タイタンハイドラは体力がアップし攻撃力も増加+AAが強くなるので攻撃主体でもタンクでも買っています

これらができあがると
安定を求めるなら、攻撃主体でもタンクでも防具を積んでいきますなどでいいと思います

あくまで攻撃力を増したいという場合はコアビルドの後に

などを積むとよいかと思います
特には攻撃速度・攻撃力・魔力がアップするのでAAを軸にキルをとっていきたいならお勧めです

■ルーントップと同様にルーンになります



神髄:物理防御×3
印:攻撃速度×9
章:伸びゆく体力×9
紋:魔法防御×9

■マスタリー


これは色々変更してみるのですが
計略思想の雷帝の号令をキーストーンとするのではなく不死者でもよいと思いますが、JGということを考えると私は雷帝の号令です

■サモナースペル
普通にフラッシュとスマイトです

■スキル
タムケンチは色々試してみましたが、ミッドのリーシュがあればわかりませんがとりあえず鳥からのスタートは無理だとおもいます
死にます!
ですので、バフからのスタートになるわけですが
その際タムケンチのWを最初に取得しても一切使用できません
ですのでQを最初に取得します

スキルの優先度は
>Q>W>E

としています

レベル1でQを覚えます

レベル2でWを覚えます

レベル3でEを覚えます

レベル1でQを取得しバフからはじめた場合
それが赤バフでも青バフでも次に狩るのはカエルかオオカミとなりますが
その際、赤バフや青バフそしてドラゴンなどの巨大モンスター以外はWで飲み込むことができます
ですので、カエルにしろオオカミにしろWで飲み込んで下さい
青バフから始めたならば、普通にWで飲み込みQも普通に使っていけばいいと思いますが
赤バフから始めた場合は正直Wを普通に使っていてはマナが厳しいです
ですのでQWと連続押しをしてください、そうすることでWはマナを消費しないで使用できます
※これはミニオンなどにもできますが、チャンピオンにはできないので注意!



■中立モンスターやガンクなど中立モンスターは上でも少しふれましたが
基本的にQW連続押しでモンスターを飲み込み吐き出す、ダメージが痛いときはEでシールドです
2周目からはフルーツなどでマナを補って下さい
1周目を回り終えたら、基本的にはマナでどうこうなるということはないです
とりあえず1周目がおわるとマナがきついかライフがきついので、リコールしましょう。ガンクは恐らく無理です。

その後もとりあえずはレベル6にすることを最優先で考えます
レベル6になったら
そこからタムケンチJGの本領発揮です
押されているレーンがあれば、ウルトが届く範囲まで移動しガンクにいくことをピンでしらせ相手の後ろにウルトで飛び込みます
相手は全く気付かないことも多々あります
そしてQで相手にスローをかけ、AAでなぐりつけスタックがたまればすぐにWで飲み込み味方の方に吐き出します
ボットレーンなどはこれで2キル奪えることも多々あります
その際、攻撃をされると思いますがEでシールドを張って下さい
ボットレーン二人相手でもとりあえず死にません

そうやってトップ・ミッド・ボットにウルトでガンクをかけながら中立モンスターを狩り経験値とゴールドをためていきます
小競り合いが始まったら、すぐにウルトでかけつけましょう

上記したコアビルドができたときには恐ろしく強い状態になっています

集団戦では、イニシエート力があまりないのである程度ライフを削られないような立ち回りをします
味方が危ないときには味方をWで飲み込んで逃げます

味方と意思疎通ができているなら、小競り合いが起こっているところに味方をWで飲み込んで一緒に飛んでいくとかなり強いです

集団戦でもそれで相手の裏に回るなどし、相手を翻弄しましょう

硬くてAA早くてスキルが強くて、タイタンハイドラの恩恵でAAに追加ダメージなので
3人くらい引き寄せてAAで殴り倒しながらQやWを打ち込むだけで集団戦も有利に運ぶことができます
集団戦においては、必ずQから入る必要はありません
AAを3回あててスタックを貯めたあとQでスタンをさせるか、Wで飲み込むかの選択でもかまいません
これは味方も火力を出してくれているので、AAで削りながら味方の攻撃に加えタムケンチのQでのスタンという形をとります
その後AAをいれられたら、次はWで飲み込むなど色々と工夫してみて下さい
集団戦やJG同士のタイマンQを温存しでAAを3発先にいれスタックを貯めた場合の利点は、スタックが貯まった後にQを入れスタンさせることで、相手は動きが取れなくなるわけですのでその間こちらはAAで一方的にダメージを与えることができ、相手のスタンが切れると同時にWで飲み込んでやれば大ダメージを与えることができます
勿論、普通にQで動きをとめAAを入れてからWで飲み込むという戦いかたでも普通に勝てますけどね
また、Wで飲み込んでいる間もAAやQやEなどのスキルを使えることは覚えておいてください

ただ、最初の1周目は本当に弱いといいますかライフが減っている可能性があるので、カウンターには気を付けましょう

後は、上記したような立ち回りをしていればSは普通に取れると思います

※JGタムケンチをしていて、小規模な戦闘のときに相手を飲み込んでキルした際に中には
「飲み込まないでくれ、味方の火力がでない」
という方がいましたが
タンクのビルドを組んでいるならキルは譲れる限りは味方に譲ればよいと思います、また育ってない味方にキルを渡すのも良いと思います
しかし、あくまでも攻撃的なビルドを組んでキルをして育ってタンクと攻撃の両方を担おうとしているなら、飲み込んでも問題ありません
序盤なら特にです
集団戦などでは、上記したように色々考えると良いと思います



練習中グレイブスの中立動画(もっと上手に回れるようになったら動画更新します)
※もっと上手に回れるようになったときに再度動画を上げますが、それを見ても上手く回れないという人が万が一いれば
コツをその際にはお教えします
上手な人は難なくこんなことはできるのでしょうが、私は鳥で死んでしまう状態から始めたのでコツは教えられると思います!


今練習中のグレイブスの中立の動画を撮影してみました(かなり下手なので笑わないでください)
これはあくまでもグレイブスを使って中立での引きうちの練習であり、実際相手陣内にはいって鳥かっていくとかは得に考えていません
失敗しているところは多々ありますが、大きな失敗点は
1.鳥でダメージを受けすぎている点
2.敵陣内の鳥の処理においてWを失敗してしまい時間がかかっている
3.自陣ゴーレムの処理でWを失敗してしまい時間がかかりすぎている
4.3と4が響いて2度目のカエルの沸きまでにカエルに到達できていない、敵陣内の鳥に間に合ってないのは言わずもがな

因みに、Dopaさんとは少し違っているところがあり詰め替えポーションを一度も仕様しておりません。また鳥でスマイトを使用しておりません。
スマイトを使用したのは、赤バフ・敵陣内ゴーレム・自陣ゴーレム・2回目の敵陣内ゴーレムです

上手な方は上記の条件で赤バフを狩り終えた時点で体力がマックスになっていますそういう私も、鳥のコツはほぼ掴んだのでマックスでまわれるときもたまにあります、あえて詰め替えポーションを使用しないで練習しているのは、実際重要な試合で少し失敗しても、詰め替えポーションを使わないで回れる技術を持っていれば、詰め替えポーションを使えばそこは当然体力をカバーできるからです。




練習中のシャコの動画

シャコ青側陣営
青側ならこうしたら早くまわれるんじゃない?という動画です


シャコ赤側陣営
赤側ならこうしたら早くまわれるんじゃない?という動画です
※赤側の場合はボット2人がディープなリーシュをしてくれると、びっくり箱を青バフに1個・オオカミに2個・赤バフに1個でもギリギリ赤バフのびっくり箱まで間に合い、赤バフをもっと楽に狩ることができます
本当にギリギリなので、結構な練習が必要ですが、リーシュを手伝ってもらえる人がいないとカスタムなどでの集中的な練習はきびしいです
どうしてもやりたいなら、青バフはまず倒してしまい、そこからオオカミに2個・赤バフに1個設置しタイムだけ間に合うかどうか計測すればなんとかなると思います



目次へ
ジャングルと関係ないけど今私がはまっているミッドの新タロンについて自分へのメモ

■ビルド
初期アイテム

これは上手な方なら

で良いと思います
また対面きつい相手のときは

を素直に購入します
ランクなどのときは、相手ミッドがわかるのでルーンでなんとでもなると思いますがノーマルではそうはいかないので
章に体力を入れている場合に、対面がヤスオやゼドなどのときは

これで大分かわってきます
が無駄になるのが嫌ならそのままにいけば物理防御+攻撃力が追加されます
紋にクールダウンを入れている場合に、対面が高火力のメイジのときなどは

を購入し、ここからを目指します
ここで一端とめるかそのままに行くかは状況次第だと思います


ファーストリコール
ここでできれば

もしくは

を購入したいので
975ゴールド貯めます(CSでいうと35くらいとればそれくらい貯まってます)
よくを出せばも買いたいところなので1275貯めたいです(CSでいうと45CSくらい)
※勿論キルをとっていれば、結構簡単にたまります

セカンドリコール
上記の装備がファーストリコールの際に購入できていたなら問題ないのですが、できないこともあります
できたと仮定したならば
を先に仕上げます
この段階ですでにレベル6には達しているので
を仕上げることよりも
ロームを意識することとウルトの回転を速めれる意味でもを先にしあげます

その後を購入しに仕上げていきます

そこまで仕上がれば、次はを選択します
このあたりは脅威をとるかクールダウンをとるかといったところですが
キルでゴールドを稼いでいるなら、タロンの場合ロームが有効に使えるのでワードに発見されないためにもを選択すれば良いと思います

その後は状況次第といったところでしょうか

このあたりを購入していきます

■ルーン
ルーンは下図のようになっています



印:脅威×9
章:伸びゆく体力×5+物理防御×4
紋:攻撃力×1+魔法防御×8
神髄:攻撃力×3

■マスタリー
マスタリーは下図のとおりです




闘争本能の諸刃の剣ですが、これはの方が良いと思いますが、私がローム能力がないので諸刃の剣にしています

■サモナースペル

これにしています
因みにFakerはにしていました

■スキル
スキル上げの優先度は
>W>Q>E
としています

レベル1でWを上げます
ですが、マナコストを考えると30マナでかなりのダメージがでるQ上げでも良いと思います
相手チャンプにもよると思いますが、CSが上手くとれてハラスもかわせるならQ上げの方がいいと思います
レベル2でQを上げます
レベル3でEを上げます

1レベルはQかWどちらかそのときの相手次第ですが、だいたい下の様にスキルを上げています
※Wが当たらないと感じたら、Q上げでもよいかもです



相手がヤスオのときは、私は絶対にQを取得します
理由はヤスオはパッシブでシールドを展開させており、そこにWを打ち込んでもさほどダメージがでないですし、Wの帰りまで避けられると単純にマナを損しただけということになります
しかしヤスオ相手にQを取得することでレベル1からヤスオにどんどん接近していきつつCSを取り、ヤスオが近づいてきたらAAを入れてシールドを解除してからQを入れることでクリティカル確定のQを与えて+AAでサンダーロードを落とせます
この1レベルでQを取得する戦い方は、相手の出方次第ではかなり優秀な手となります
ヤスオ以外で相手がメイジであっても、近寄ってくるならQで飛びついて張り付いてからのAAでダメージ交換は成立すると思います
ただ、ラックスの場合はパッシブの効果からスキルダメージ(特にE)が簡単に当てられる可能性があり、その後AAを入れられると即座にサンダーロードまで発生し結構なダメージをもらってしまうので、ちょっとしんどいです

は帰りまで計算にいれるとQより優れいますが、行きは当たってくれても帰りは当たってくれないものです
それならば、Wの往復よりはダメージは劣るが往路だけよりはダメージの高い対象指定で必ず当たるQの方が効果的な場合もあります

3レベルでEを取得しているのはガンク対策です

タロンのパッシブスキルの条件を利用すると相手チャンピオンのライフのだいたい5割から6割もしくは6割から7割(込み)のダメージを与えることができます、勿論イグナイトを入れればもっと与えます

このことから、まずタロンのパワースパイクは2レベルからはじまります
1レベルでWの行きと戻りが当たるだけでも結構なダメージを持っていけますが、キルまでは無理です
2レベルになったら、QもしくはWで相手のライフを6割くらいまで削ります

そこから1つ目の手段としてWが往復で当たったら迷わずフラッシュを使ってでもQを当てにいきます
これで3打当たったことになりサンダーロードも追加され更にここでAAを入れることで出血も起こり相手をキルできます
2つ目の手段としてWの往復は中々当たってくれません、当たっても1ヒットでパッシブまでつなげられないので
まずQからはいって入ると同時にWを打ち込み3打ヒットをさせすかさずAAをいれます
上記同様にキルを取れます
これが5レベルまで続きます

主なコンボ紹介

の収束条件
(相手に向かって収束)
AAをヒットさせる
Qをヒットさせる
(自分に向かって収束)
時間経過
Rをもう一度使う
を使用
を使用
死亡する

相手に収束のときも自分に収束のときも相手に当たれば1ヒットなので同じ効果です
ですので、無理にAAやQを先だしする必要はありません
どうしてもエフェクトを見る限り相手に収束している方がダメージを多く与えているようにみえますよね
相手に逃げられる可能性があるときは、相手に収束するAAやQを打ち込むことが大切です


 AA>Q>AA
これは基本ですQはAAキャンセルをするのでAAを入れた瞬間にQを打ち込むと即座にAAがでます

 ()>W(往復で2スタック)>Q(1スタック)>AA(回収)
基本となるコンボです

 ()>Q(1スタック)>W(往路1スタック)>AA>W(復路1スタック)>AA(回収)

 ()>R(展開1スタック)>AA>Q(1スタック)>R(収束1スタック)>AA(回収)
Rのインビジブル中に相手に近寄る、それができないならAAを省略してQを中距離で当てる
ここでのAA>Q>AAはAAキャンセルを利用

 ()>R(展開1スタック)>W(往路1スタック)>R(収束1スタック)>AA(回収)>Q>AA>W(復路)

 R(展開スタックなし)>AA>Q(1スタック)>R(収束1スタック)>W(往路1スタック)>AA(回収)>W(復路)

 R(展開スタックなし)>()>W(往路1スタック)>R(収束1スタック)>AA>Q(1スタック)>AA(回収)

※フラッシュがとても重要です
相手を絶対キルしたいときにWの復路を当てたいと思うものですが、Wの往路がヒットした際に相手が横に逃げた場合はWの手裏剣と相手と自分が一直線になる位置にフラッシュで飛びます、そうすることでWは自分に向かってもどってくるので復路がヒットします
またRの展開を当てる際にもフラッシュで一気に距離を詰めることが重要になります
ガンクがきてくれたときなどは⑤などを積極的につかっていくと良いとおもいます


などのコンボができます
要はRを使うならQまたはAAをいれることでRの収束がそのQまたはAAを入れられた相手に収束されるということ
敵にAAが届く範囲にいることまたは届く範囲にいけることを考慮すること
これらを踏まえてのコンボです

※ここでちょっとコツを
5レベルまでに相手をしとめるときに、仮に相手のライフが5割だったとします
この場合Wが2ヒットすればそのままQを入れてAAで相手からキルを取れますが、Wの戻りは中々当たってくれません
ですので、確実にしとめたいなという場合は
まずQから入ります、Qと同時くらいにWを打ちます、相手は3ヒットは避けたいので左か右に逃げていくわけですがこのままではWの戻りが当たらず3ヒットとなりません
そこでフラッシュを使って相手の逃げている方向へ飛びます、このことで戻りはタロンの元へと戻ってくるので相手にWの戻りが当たることになりそのままAAをいれてキルできます

執筆者

天皇Fakerと皇后Faker

アンランクの下手くそゴミプレイヤーのメモです。

そもそもが自分へのメモだということと信憑性に欠けることも多々あるでしょうから

ノーマル1か月以上回してる方は見る必要ないと思います。

また、ランクを回しても恐らくシルバーにいけないレベルです

ですが、目標は高く持ち2018年にはゴールドなりたい!といった感じです


コメント - 60件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ca51c5e3
2016-10-08 05:10:28
半年ぐらいやっていますが、バロンバフの詳細なミニオンバフは覚えてなかったのでへーってなりましたw
2.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2016-10-08 11:12:22
コメントありがとうございます
以外と詳しくは覚えてませんよね
一読していただき、どこか参考になるものがあれば幸いです
といってもほんとメモがわりにブログつかわせていただいた感じなのですが
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:4eda0193
2016-10-13 23:06:35
備忘録的なガイドも面白いのではないかと思います。
カウンター集の項楽しみにしてるので更新がんばってください。
4.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2016-10-14 03:49:06
コメントありがとうございます
がんばります!
5.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:b0a8c0d6
2016-10-14 22:20:22
ボリベアのEはチャンピオンに使うと恐怖ではなくスローですよー
6.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2016-10-15 00:10:40
5コメ様ご指摘ありがとうございます
至急訂正いたします
コメントありがとうございました
7.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:70c91dac
2016-10-15 12:11:14
champ毎のカウンターなのですが、まとめてきただけのようですので正直違和感を覚えるところも多く、何故カウンターと言われてるかを理解しないとカウンターとして当てても勝てないですし、このガイドは初心者向けだということであれば、なおのこと初心者がマッチアップの有利不利を勘違いしないためにも削除してしまった方が良いと思います。
そういったchamp毎のカウンターは他のビルドガイドに任せた方が良いのではないかと…
8.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2016-10-15 12:37:21
7番さんコメントありがとうございます
初心者向けというわけではないですよ
ジャングルの部分で書いていると思いますが、本来は私自身のメモのようなものです
それを初心者さんも見るからわかり安くという指摘があったので注釈などをつけさせていただきました
私自身もカウンターはこれを見ながら実際どうなのか確認したいと思っているところですので
初心者さんがわからなければ、とばしていただくよう書いておきますね
9.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:4eda0193
2016-10-15 13:21:12
私はこういったカウンター表は一定の需要があると考えています。私自身眺めてるだけでも楽しめますし。
初心者がなぜ有利不利なのか、というところを自分で考えるとまではいかなくても、文章から理解できるレベルであればそれは初心者の域を卒業してると考えてもいいと思っています。
もちろん、詳細なカウンターとしての理由やマッチアップ考察をしてくださってるガイドの存在は非常にありがたいことですし、それが初心者向けだということにも否定はしません。しかし、初心者というイメージが人によって様々であるのもまた事実で、こういったリストも直感的に分かるという意味では初心者向けであると考えています。
内容の是非は、このチャンプは違うのでは?と一部私も思うところがありますが、それは筆者さん自身が認め、事前に記されていることですし、今後筆者さんの理解が深まることでより正確なものとなっていくことに期待しています。
10.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2016-10-15 14:17:32
9番さんコメントありがとうございます
私自身初心者ですし、カウンターと言われてもしっくりきません
なぜなら、戦う相手全てに対して全力で立ち向かうのでだれが有利で誰が不利なんて到底理解できません
勿論、そこに理由づけをできれば一番いいことなのですが
こうやってずらーっとカウンターを並べることで、知識としてとりあえず入ってくればいいのかなーという気持ちで書きました
そもそもカウンターというのはランクマッチありきなところが大きいと思っております
ですので、初心者様に理解していただくこと自体がとうてい無理なことである以上、知識だけでも、ぱっと見た感じなんかこのチャンピオンは苦手だったなー程度でも頭に残ってくれればいいなと思っているしだいです。
貴重なご意見誠にありがとうございました。
11.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d5a5df73
2016-10-20 21:13:55
ドラゴンの壁模様とか、久々にやるとどれだっけ?と迷う時があるので助かります
12.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2016-10-21 00:08:51
11番コメさん
コメントありがとうです
必死でペイントでかきました!
13.
PomeHead 登録済みユーザ
2016-10-24 17:12:50
細かくガイド作成お疲れ様です。
でもアサシンアップデートでJGが結構変わるから編集大変そう...
14.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2016-10-24 18:40:31
13コメさんこめんとありがとうございます
なんか花のようなものが追加されるんでしたっけ?
今ので結構完成形のようなきがしますが、追加されたらされたで面白いのでしょうね!
そのときはまた追記でアップしますよ
この程度なら1日でおわったので、そんなに大変でもないとおもいます
ただ、情報がよくわかってないのでそのあたりは大変かなーって。
15.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ed6be998
2017-02-23 16:04:18
よく忘れてしまうような情報もしっかりと書かれていて
素晴らしいと思いました!
よければ一緒にプレイしてみたいです!
16.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-02-24 04:01:30
>> 15
コメントありがとうございます。
私のメモとして書いているのですが、なんだか壮大になってしまいました。
私はブロンズさん達悪戦苦闘しているかなり下手な部類に入ると思いますので
一緒にプレイしたらとんでもないことになるとおもいますよ。
17.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d61da2aa
2017-04-26 13:11:53
ブログでやろう、量多すぎて他のガイドが埋まる
18.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d61da2aa
2017-04-26 13:35:37
Luz Forceくんでしょ君、また名前変えるの?
19.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d61da2aa
2017-04-26 13:38:49
opgg見たけど君アンランクじゃん
20.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-04-27 03:35:22
メモとしてここが活用しやすいので使わせていただいているだけですよ
興味ないなら見なければいいだけの話しですので
アンランクも何も下手だと自分で書いていますよ
あくまでメモだということも書いています
また名前変えるとおっしゃいますが、名前なんていくら変えても自由なのでそれをどうこういわれてもって感じです
21.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-04-27 03:54:48
そういう貴方は自称NAダイヤ?マスター?の日本鯖ではブロンズのリョウユウさんですか?
それともリョウユウ一派のどなたか?www
22.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-04-27 04:26:11
リョウユウさんなら、ほんとみっともないからやめときな
リョウユウさんだっていってる人達が大勢いるよwww
だれがだれと遊んでもいいじゃん?
嫉妬?
本当に気持ち悪いのでやめてもらえると助かりますwww
23.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d61da2aa
2017-04-27 09:53:32
真名看破されて顔真っ赤やん君

君のそのクソみたいなガイドの量が多くて上手いプレイヤーの良質なガイドが埋まってしまう事について話してるんだが。

メモとしてここが活用しやすいので~とか、
興味ないなら見なければいいだけ~とかはクソガイド投稿する理由にはならんでしょ。

あと、何を根拠に"リョウユウ"ってSNが出てきたかは知らんけど無関係のSN出して暴れるのは辞めよう。
みっともないぞ
24.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-04-27 13:03:48
上手いプレイヤーの良質なガイドをブックマークしときましょうwww

興味がないなら見なければいいだけっていうのは別に投稿する理由にはなるでしょwww
そのままの意味だよww
見なければいいだけの話しじゃんwww
ブックマークという便利な機能使おうね!
そして埋もれてしまうというなら私ではなく運営に文句をいいましょうね!
25.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-04-27 13:13:46
あとついでに
名前を別に故意に隠しているわけでもないのになぜそんなに名前にこだわるのか?
その理由がさっぱりわかりませんねww
そして
良質かそうでないかは個人が決めるものであって貴方の主観にいちいち答えてられなんですよね
わかります?
なので、何を言われようと決して削除することはありません。
今回のコメントに関する回答は以上です。
結論でましたねw
26.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:79da546e
2017-04-27 15:30:58
主もそういう子供臭い煽りをするのはせっかくこれだけ分量を書いたビルドガイドのためにも自分のためにもならないのでどうかと思いますけどね。
27.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:8890b315
2017-04-27 15:46:36
確かに良質なプレイガイドかどうかということは人それぞれ感じ方は違うと思います、変な方に絡まれているようですが主観で物事を決めるつける人など放っておいて相手しなくていいと思います。ぴよこ隊長のプレイガイドはとても参考になっていますのでこれからもがんばってください。
28.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-04-27 15:47:46
>> 26
そうでした。
ご指摘ありがとうございます。
相手にしないで、いままでどうりやっていこうと思います。
ありがとうございました。
29.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-04-27 15:50:03
>> 27
ありがとうございます。
そういった言葉をばねにできるだけわかり安く書いていこうと思います。
相手にしない、これが一番ですね。
30.
Luz Force 匿名ユーザ ID:7ee95248
2017-05-09 14:28:44
初心者アンランクの雑魚の個人的LOLあるある項がクソ寒いしつまらん
31.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-10 00:32:00
>> 30
貴重なご意見ありがとうございます
32.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:93bcd5c0
2017-05-10 03:27:45
得意気に動画とか貼ってるけどさ、練習かトロールしかいないようなノーマルゲームでの出来事なんだよなぁ。。。
33.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:93bcd5c0
2017-05-10 03:29:50
でもジャングルの基礎がわからない人だったら結構有益かもしれない
執筆者にはランクを回して是非このガイドの説得力を上げてほしい、多分ダイヤはきついけどplatくらいなら余裕なのでは?
34.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-10 04:22:39
>> 33
コメントありがとうございます
シルバーも無理だとおもいますよ
付け加えると説得力を上げるどうのこうのというのは気にしてません、そもそも説得するつもりもないです
このガイドは基本的にはメモとしてお借りしておりますので、自分で見直せるようにというのが一番です
そのことは本文でも書いていると思いますので、どうかご了承ください。
35.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:23ad6906
2017-05-11 16:06:33
>> 33
絶対ブロンズやろ君
この執筆者は実力にこだわってないと主張してる通り上手くないよ。こんなんでplatなんて無理に決まってるでしょ
さすがに上位勢を舐めすぎ
36.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-11 23:50:37
>> 35
コメントありがとうございます
実力にこだわっていないことはないですよ、勿論上手くなりたいとおもっていますが
ブロンズにもみたないアンランクの底辺の方だと思いますよ
プラチナなんて私が発言した覚えもないですよ
なぜ、下手な人間がメモを書いたら上位勢を舐めていることになるのか?
その方が疑問です
37.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-12 00:12:10
要するに、私は自分でランクを回したとしてもシルバーにもいけない雑魚だと言っていますし
回せばプラチナ云々ということは、他の方が書き込んだこと、もしくは同一人物の脳内で処理されたことですので
私ではない人が言った言葉でここでどうこう言われても困るということです
仮に35番さんは33番さんに対して上位勢を舐めすぎと言っているのであれば、33番の人に対してプラチナなんて無理ということを私は返信していますので、やはり貴方がいちいちコメントする必要性がないと思いますよ
私もスルーすれば良い話なのですが、勘違いされても困りますのでコメントさせていただきました
私は下手だからメモとしてこちらを活用させてもらっているということも概要に書いてありますので
どうか大人の対応をお願い致します
38.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-12 00:15:52
>> 35
失礼しました
今きちんと読み返しましたら、33番さんに対してのコメントなんですね
申し訳ありませんでした
できれば、他のコメントをしてくださっている方を煽るようなコメントはお控えいただけると幸いです
39.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:0827af73
2017-05-13 19:10:02
>> 38
なんなんこいつ…
ろくにコメントも読まず否定的なコメントあるとすぐ顔真っ赤にしてブチギレって…
キレるために書いてんの?そんな頭じゃ精神病のニートにもなるわ ぴよこ名前変えとるし
40.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:0827af73
2017-05-13 19:14:42
つか社会適合できなかったやつが吐くセリフじゃないわ
大人の対応て笑かすなよwww
大人として社会に出てから吠えてくれや
親の脛かじってこんな事してるのバレたら親泣くぞ
41.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:1aa8c487
2017-05-14 00:09:07
zero440
42.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:1aa8c487
2017-05-15 10:14:15
EW Zero440
43.
一日一回当ガイドに低評価してます 匿名ユーザ ID:7ee95248
2017-05-18 13:35:44
>私のようなアンランクの雑魚プレイスキルのプレイヤーには勿体ないくらい私は上手なフレンドさん達に恵まれています
>チャレンジャー、ダイヤと本当に私には勿体ない方達です
>そういった方達とフレンドになれたことはすごく恵まれていることです

お前の対戦履歴見たけど敵にも味方にもチャレ、ダイヤいなかったんだが?
妄想するのは勝手だが一々ここに書くなよオッサン

https://jp.op.gg/summoner/userName=luzforce
44.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:7ee95248
2017-05-18 13:40:59
SN遍歴
ぴよこ隊長→こねこ隊長→Luz Force

ブロシル集めてノーマル行って隊長気取りすか、ほんまきっしょいわ
45.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-18 15:26:38
>> 43
コメントありがとうございます
ダイヤやチャレンジャーの方と一緒にノーマル行くわけないじゃないですかwww
ぼこられるだけでしょうwww
SNは他にも変更してますが、まあそれはいいか・・・
本当にブーメランですね、粘着してww
ほんまきっしょいわって言葉そのまま返しますwww
隊長気取りっていうのも全く意味わからないです
どうぞきしょいなら二度とこないでくださいwww
いくら低評価つけようが無意味なので!
46.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:74400a48
2017-05-18 16:22:24
もし本当にメモとして活用しているだけなら「下書き」のままマイページに残しておき、「公開」しなければいい話だと思います。(実際に私もそうしています)
内容自体は初心者向けであり、助かる方もいらっしゃいます。
しかし、ここまでコメントが荒れてしまうと「新着コメント」欄が機能し辛くなったり、他のチャンピオンのビルドガイドが圧迫されるなどの問題が発生します。(そもそもLoL Build側が「ビルドガイド」と「プレイガイド」を分け、「プレイガイド」の中でまたジャンルを分けるべきだとは思うのですが)
47.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:bbfb1f96
2017-05-18 16:28:17
コメント無視すればいい
48.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:c57982fb
2017-05-18 16:45:52
私も47コメントさん同様にコメントを無視するのが一番だと思います
コメントで態々粘着してくるような方は基本的に考えが幼いです
執筆者さんの仰るように完全にブーメランだということさえ気付かないでしょうね。
49.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-18 16:59:07
>> 46
コメントありがとうございます
確かにそうすべきだとは思っておりましたが、フレンドさんの中には更新を楽しみにして下さっている方がいることも事実です
ただ、新着コメントが埋まってしまうのは問題かと思っています
ですが、それは私が悪いのか?と問われればどうでしょうか?
コメントを返してしまう私にも悪い部分はあるでしょうが、スルーしていても粘着さんは沸きます
粘着している側に大きな問題があると思います
メモとはいえ、なぜいちいち粘着されなくてはならないのかはっきりいって意味がわかりません
粘着しているコメントの内容も本当にしょーもないです
ですが
>>47
>>48
さんが仰るように、意味のないコメントに対してはスルーしていこうと思います
こうやってコメントをしていること自体が新着コメント欄を汚してしまっていることになりますので
50.
ニャー@DianyA_JP 登録済みユーザ
2017-05-18 18:07:18
>> 49
>ただ、新着コメントが埋まってしまうのは問題かと思っています
>ですが、それは私が悪いのか?と問われればどうでしょうか?
>コメントを返してしまう私にも悪い部分はあるでしょうが、スルーしていても粘着さんは沸きます
>粘着している側に大きな問題があると思います
>メモとはいえ、なぜいちいち粘着されなくてはならないのかはっきりいって意味がわかりません
>粘着しているコメントの内容も本当にしょーもないです


何故粘着されているのか?ガイド投稿主様のコメントでの対応を見たら一目瞭然ではないでしょうか?
煽りに煽りで返すをひたすら繰り返しているように私は思いますが...。
スルーしても粘着さんが沸くと仰いますが、現状ガイド投稿主様はスルーしていないですよね?
粘着コメントをする人からすると、すぐ顔を真っ赤にして返してくるから粘着していると思うのですが?
スルーし続ければ、粘着する人も何れ飽きます。
粘着する側も勿論悪いですが、「粘着している側に大きな問題がある」といって責任転換しないでください。
「メモ」を押し通しますが、それは飽くまでのガイド投稿主様だけの言い分です。
ガイド投稿型サイトに投稿されている時点で、不特定多数の人が見ることが出来る「ガイド」です。
ガイド投稿主様はもう少し自分にも責任があるということを自覚した方が良いかと思います。
「しょーもない」コメントに返答するあなたのコメントも「しょーもない」です。
他のコメントしている方が仰る通り、「新着コメント」の項目が荒れるのは非常に迷惑です。
ガイド投稿主様以外の「まともなガイド」の邪魔にしかなりません。

長々と横から失礼致しました。
51.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-18 18:15:42
>> 50
コメントありがとうございます
おっしゃる通りです
ですので、今後意味のないコメントをスルーする旨を書いております
メモですがフレンドさんが見ているということも書き加えております
おっしゃる通り私にも責任があることは理解しています
責任転換をするつもりなどありません
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした
「まともなガイド」がんばってください
52.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:dad9f130
2017-05-18 20:00:48
なんだめっちゃ荒れてんだねw

まあ、見たい人は見て勉強になってるし(俺のフレ含む)あんま気にしないでいけばいいよー
53.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-19 05:44:27
>> 52
コメントありがとうございます
気にしないでがんばりたいとおもいます
勿論LOLのプレイも上手くなりたいです
54.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:7ee95248
2017-05-19 11:06:56
>> 51
こいつ毎回一言余計なんだよな
55.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:bbfb1f96
2017-05-19 12:31:26
正直どっちもどっちなので両方共黙っててほしい
56.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:23dced98
2017-05-21 16:37:16
クソどうでもいい動画とか、誰も読まないレベルで冗長な文章とか、最後のクソ滑ってるあるあるとか
全体的にキッズというか純粋な知的障○者って感じ
57.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:14501455
2017-05-27 12:00:25
イグゾーストをスローとしてしか見てない時点で他ロールの勉強もしておいでって感じですね
正直ロール毎のサモスペ解説あたりで程度が知れてる感じがありますよ
58.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-27 16:57:15
>> 57
コメントありがとうございます
貴重なご意見ありがとうございます
59.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:75aa1c57
2017-05-28 09:48:25
ガイドじゃなくてメモならブログで公開すればいいのでは?
フレンドも見れるし初心者も見れますよ
ここはガイドなので個人的メモは不適切です
60.
天皇Fakerと皇后Faker 登録済みユーザ
2017-05-28 11:11:19
>> 59
コメントありがとうございます
その件に関しましては冒頭で述べていますので割愛させていただきます
不適切かどうかは運営さんが決めることであり、運営さんが不適切だと判断し警告がきた場合は素直にブログに移転するつもりです

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!