プレイガイド

LOLでジャングルを担当するにあたって知っておきたい知識の個人的メモです

執筆者: ぴよこ隊長 (最終更新日: 2017-02-26 22:45:14)

9,038   16

108
49
69%
トップページ > ビルドガイド検索 - 一般ガイド > 【一般ガイド】LOLでジャングルを担当するにあたって知っておきたい知識の個人的メモです
since 2016/10/07

はじめまして、ご来訪ありがとうございます
わたくしぴよこ隊長と申します
※現在は名前を変更しています

まずはジャングルをするにあたって最低限しっておきたいことをメモとして書いておきます。
私は下手なのでメモとして知識を残しています、本当に下手なんです・・・
あくまで自分に対してのメモなので自分が解ればよいという感じで書いたのですが、ブログということもありどうしても他人の目に触れてしまいます、そして初心者さんが専門用語わからないのでは?という指摘をうけましたのでそのあたりも考慮して書き直しました
まだ初心者ですので間違いもあると思いますが指摘していただけると幸いです

※本当に初心者さん(まだレベル10)とかの人でもわかるように専門用語などにも注釈をつけたりして解りやすく書いたつもりではいます
ですが、私自身のメモということですのでジャングルとはどういったものか?というところには触れていません
申し訳ありません
ご要望があれば書き加えます
もし理解できないことがありましたら下の方にコメント欄があると思いますので質問してくだされば答えられる範囲で答えます
もしくはだれかもっと詳しい方が答えていただけると幸いです



チャレンジャー!マスター!ダイヤ!の方いやゴールド!シルバー!ブロンズ!の方いやランクマやってない方!
ジャングルやレーンなども指導して下さる優しい方がいましたら気軽にフレンド送ってくいただけると嬉しいです!!

何せわたくしが昨日はじめたのかってくらい下手なので・・・

目標はあと1年くらいやってゴールド(訂正シルバーⅢにします)いけたらいいなーって感じです
いまはランク戦とか絶対無理なレベルです
そこで!結構時間とれて対面とか練習できるライバルさんも募集です。実力はたぶん僕でまだはじめて1か月にもみたないくらいのレベルで、CSうまく取れない、ハラスうまくできない、くらいのどうしようもないレベルなので初心者さんくらいがちょうどいい感じです
是非是非一緒に上達してくださる方フレンドを気軽におくってください!!

一度もジャングルを経験したことのない人のために:そもそもジャングルとはなんぞや?
えーとですね

ちょっと時間ができましたので、一度もジャングルを経験したことがない人のためにジャングルとはなんぞや?
ということを個人的見解で書いていきたいと思います

まずジャングルが何?ということを語る前にですね、そもそも今のLOLの構成ってなんであんなになるの?っていうことを考察したいと思います。
あくまで考察ですので間違ってるかもです

まずは下図を見て下さい



現在主流とされているLOLでの構成はごらんのとおりです
つまり
トップレーンにはトップ1人
ミッドレーンにはミッド1人
ボットレーンにはADCとサポートの2人
ジャングル1人となっています

トップレーンにはタンク系の硬いCC多めのチャンプがあてはまることが多いです
ミッドレーンにはメイジやアサシンの様に瞬間火力は大きいが撃たれ弱いチャンプがあてはまることが多いです
ボットレーンにはADC(アタックダメージキャリー)といってAA(普通に右クリックででる攻撃)のダメージが強いが撃たれ弱い、ただし育った場合もう止められなくなるチャンプがあてはまることが多いです
ボットレーンにはもう一人サポートという役割がつきます、これは味方へのシールドや回復であったり、敵を拘束するCCを持っているチャンプがあてはまることが多いです

ではなぜこのような配置になるのか考えてみましょう

その前に一番重要なこと
LOLはチーム5人が効率よく経験値を獲得し、効率よくお金を貯めることが勝利への道となりますこれを踏まえて考えていきたいと思います

レーンは全部で3つあるわけですが、チームは5人で編成されます
効率よくということを考えるならば、1レーンに1人ということになりますがそれだと2人が余ってしまいます
ではそれをどうすればいいか?

まずミッドレーンから考えてみましょう
1人でも十分に相手と戦うことができ瞬間火力も高いが撃たれ弱いメイジやアサシンがミッドレーンに確定すると思います
これは、まず瞬間火力が高いことから経験値を1人で1レーン分全てもっていきたいわけです、しかし撃たれ弱いことからガンクされた際にすぐに溶かされてしまう可能性があります
そこで1人で経験値を得ることができ、尚且つガンクから逃げやすいレーン、つまりタワーとタワーの間隔が一番狭いレーンを選択する必要がでてくるのでミッドレーンにはメイジやアサシンが1人ということになります
また瞬間火力が高いことから、他のレーンに顔をだしてキルを取りやすいということも考慮すると真ん中に位置するミッドレーンとなるでしょう。
※ガンク:複数人で数的有利をつくり相手を襲うこと

これでミッドレーンはきまりました

次はトップレーンを考えます
トップレーンはタワーとタワーの感覚が非常に広いです
つまりガンク受けた際逃げるのが困難となります、それを逃げ切る為にも体力が多くそして何より硬くてなかなかキルされないタンク系のチャンプがトップレーンを担当することが多くなると思います
またトップレーナーはタンクという性質から装備を整えてどんどん硬くならなくてはいけませんし、1人でも十分戦えます
ですので、トップレーンはタンク1人ということになります

次にボットレーンを考えます
ボットレーンもタワーとタワーの感覚が広いです
ADCというのはAA(通常攻撃)が非常に強いですが、フォーカス(相手が狙うこと)されると一瞬でキルを奪われます
またADCは育つことで後半の集団戦においてAAだけでとんでもない火力がだせ、攻撃速度も速いですので積むアイテムを間違えなければ、タンクさえも容易にキルしていまします
ですが、それは育つということが前提になります
育つためにはガンクをされた際にキルされたくないわけですし、できればキルをしたい
そこでボットレーンにはサポートという役割のチャンプも付き添います
サポートは味方にシールドをはったりライフを回復させることができるチャンプであったり、強力なCCを持っており相手をスタンさせたりできる者がサポートにつきます。つまり味方ADCを守ったり、キルを取らせてあげたりという仕事をします
ですが、1レーンに2人ということは、そのレーンの経験値も2人で分けることになりますのでADCとサポートはトップやミッドよりレベルは低くなります
ですが、何度もいうように育つと強いADCを育てることがサポートの役目ですので、基本的にボットレーンのミニオンのCSを取るのはADCのみとなります
サポートはCSをとってはいけません
※CSとは相手ミニオンをラストヒットを取ることで、これによりお金をより多くもらえます。ラストヒットなんて攻撃してりゃ普通にミニオン倒せるじゃん?って思うかもしれませんが、味方ミニオンが相手ミニオンを攻撃しているのでタイミングよくミニオンを攻撃しないとラストヒットはとれません

※サポートでもレリックリールド というアイテムを初期装備で買っているなら、ある程度CSを取ってもかまいません。レリックシールド につては個々で調べて下さい

ADCにお金を稼いでもらって、装備を整えてもらうのです
ADCがキルされそうな場面では自分が盾になってキルされてでもADCを守ります
それでADCは育つわけですが、サポートはというとCSを取らなくてもお金が入ってくるようなマスタリであったりアイテムを購入することでそれを少し補い、基本的にはサイトストーン というアイテムを購入しワード などで視界を確保し味方が動きやすいようにします
をサイトストーン を買ったタイミングくらいで に変更しまた9レベル以降は に変更し相手のワードを発見し破壊するのもサポートの仕事となります

ここまでの考察から考えると
トップとボットはタワーの幅同じなのだから、反対でもよくない?と考えるかもしれません
しかしそれは間違いだと思います
ドラゴンやバロンのことを頭に置いておかなければいけません
バロンは20分になるまでは出現しませんが、ドラゴンは20分までに数回出現します
バロンがトップ側なのに対してドラゴンはボット側です
そうなると20分までにより多く出現するドラゴンを取ってチームを有利にしたいわけです、ドラゴンは相手との取り合いなのでできれば早く倒したいですし、それには人数が必要になります
それを考えるとドラゴンの近くにできるだけチャンプが多い方が有利ですので、ボットが2人になります

ここで余談ですが、トップはドラゴンから一番遠い位置にいます、ですので選択するサモナースペルはテレポートが多くなります
これはボット近くで集団戦が始まったときにワードなりタワーなりにテレポートで即座に駆け付け味方を有利にするためです

これはあくまで序盤から中盤にかけてのフォーカスがドラゴンにあるからですが、では中盤以降にドラゴンではなくチームとしてバロンを視野にいれている場合はどうなるでしょうか?
中盤ともなるとお互いタワーの1本や2本は折られている状況でしょう
その際、もしフォーカスをバロンにしているならば、よくボットレーンはそのままADCがプッシュしトップはトップレーナーがそのままプッシュし続けている姿を目にしますが、あくまでバロンをフォーカスしているならば、これは逆になりますバロンから一番遠いトップレーナーがボットをプッシュしバロンに近いトップレーンはADCがカバーに入るという方ちなります
これは勿論ドラゴンのときと同様にバロンに近い側にADCやサポートがいて、遠い側にテレポートを持つトップがいることでいざバロンが始まるぞってときにトップレーナーはテレポートで即座に駆け付けることができるからです

集団戦においてスプリットプッシュとか色々あるんですが、ここでは省略します


そして、最後に残り一人がジャングルとなります

レーン以外の部分には下図のように中立モンスターというものが存在します



これらの中立モンスターからも経験値やゴールドを手に入れることができます
となると、ここに1人役割分担をおいて育ってもらうことが経験値やゴールドの面からも有益だと考えます

ここでやっと結論です!
ジャングルとは、経験値やゴールドを効率的にチーム全体が取って育つために中立モンスターを狩って経験値やゴールドを得る役割ということになります

これは単純に経験値やゴールドの面から考えたジャングルの話であって、ジャングルだから中立を狩っていればいいというわけではありません
ジャングルは中立モンスターを狩りながら育ち、そして3つのレーンにちょっかいをだす、つまりガンクをしかけてレーナーを勝たせる役割をします
そして試合全体の主導権を握らせるという大きな役目をもっているのがジャングルなのです

ジャングルを担当するにはまずどうすればいいのか?
という話は次の章でします

ここで余談ですが
トップは基本的にサモナースペルはフラッシュとテレポートを持ちます
理由はドラゴンから一番遠い位置にいるわけですから、ドラゴンの奪い合いなどがはじまったり集団戦がはじまったときにテレポートをつかってワードに飛んだりして味方の援護に素早く駆け付けるためです
フラッシュは基本的にはガンクなどで危ないときの逃げの手段であったり、逆に相手を追撃するときの手段として使われます

ミッドは基本的にはフラッシュとイグナイトを持ちます
フラッシュの理由はトップと同じですが、イグナイトは瞬間火力が高いミッドレーナーが確実に相手からキルする手段として持ちます
イグナイト以外に、遠距離系のメイジはバリアをもったりします

ADCは死なないことがが前提なのでフラッシュとヒール
サポートはフラッシュは他のレーナーと同じですが、基本的にはイグゾーストをもつことが多いです
イグゾーストでここぞという場面で相手を逃がさないようし味方にキルを渡すためです

そしてジャングルは基本的にフラッシュとスマイトを持ちます
基本的にといいますかスマイトに関しては絶対と言っていいほどもちます、もたないとジャングルできないです

以上でジャングルとはなんぞや?ということについての考察を終えます

次の章ではジャングルをするにはまずどうすればいいの?ということを書きたいと思います






ジャングルをするにはどうすればいいの?やってみたいけどわからない
ここではジャングルをやってみたいけど始め方がわからないという方のためにかなり簡単に始め方を書いていきます

ジャングルを担当するにはサモナーレベルが10以上ないと無理です
つまりレベル9以下ではジャングルはできません
理由はジャングルはスマイトというサモナースペルがないと担当することができず、そのスマイトを使えるようになるのがレベル10からだからです

ではなぜジャングルをするにはスマイトが必要なのか?
簡単にいえば、効率よく中立モンスターを狩り効率よく経験値やゴールドを得るにはジャングル専用のアイテムが必要となるのですが
それを買うにはスマイトをサモナースペルで持っていないと購入できないからです。

勿論それ以外にもスマイトの効果はありますが、それは後の章で後述しています

ではジャングルをはじめるわけですが、スマイトをサモナースペルで選択したならば
初期アイテムで
ハンタータリスマン とハンターマチェット を購入することが可能になります

それぞれの効果は下記のとおりです

ハンタータリスマン
スキルかAAで攻撃したときに5秒かけて25HPを吸い取ってくれます。スキルも効果が発動するので、AOE(範囲スキル)を中心に回るチャンピオンは最初にもつとよいかも。
また、マナを自然回復してくれるのでマナを多用して中立を狩るチャンピオンもこちらがいいでしょう。

ハンターマチェット
中立モンスター限定のライフスティール8%が付与され、中立モンスターにAAを入れると20のボーナスダメージを得られます。
AAを主体にジャングルを回るチャンピオンはこちらがいいと思います。
※ライフスティールというのは例えばダメージを100与えた場合8%ならば100の8%つまり8ライフを回復するという効果です

初期装備として上記のマチェット かタリスマン を購入するわけですが
それぞれ350ゴールドですので、あと150ゴールド余ります
それはポーション 3つでもいいですし、基本的には詰め替えポーション を購入すると良いと思います。

シンジャオ やワーウィック のように、全くポーションを必要としないでジャングルを周ることができるチャンピオンはポーションの代わりにコントロールワード を購入していち早く視界を確保するのもよいと思います

これらを購入したら、中立モンスターを狩っていくわけですが狩る順番であったりは様々です
ですがだいたいこんな感じというものを後述してありますので気になる方は読んでみて下さい

ジャングルを回る際に、一番最初の中立モンスター、これは赤バフか青バフになるのですがそれらを狩る際にボットスタートならADCとサポートにトップスタートならトップにリーシュをしてもらいます
リーシュというのは、狩るのを手伝ってもらうことです、中立モンスターのライフが低くなるまで攻撃してもらいできるだけジャングラーがダメージをもらわないように手伝ってもらいます
こうすることで、ジャングラーがジャングルを周回しやすくなるのです
なぜリーシュが必要かといいますと、1匹目というのはかなり厳しいので倒せなくはないですがかなりライフが削られてしまい、どうしてもファーストリコールが早くなってしまいます、それを避けるためにリーシュしてもらうのです
本当に上手な方はチャンピオンにもよりますがリーシュなしでもカイトといって引いて攻撃引いて攻撃というのを繰り返すことで受けるダメージを軽減しながら回るので、リーシュなしでもまわることは不可能ではありません
しかし、それでもリーシュしてもらうかどうかで回る速さが変わってきますのでリーシュを頼むようにしましょう
リーシュを頼む場合は、自分がトップのバフからはじめるのかボットのバフからはじめるのかを試合がはじまったら知らせる必要があります
その時にGを押しながら左クリックでピンがでてきますのでリーシュしてもらいたい場所にミニマップ上で支援をお願いするピンを出します
旗みたいなマークのやつですね

※チャンピオンによってはリーシュが必要ないチャンピオンもいます、例アイバーン ・シャコ

そして中立を周回していくわけです。
その際チャンピオンにもよりますが、スマイトを有効に使う必要があります
スマイトは中立モンスターに打ち込むことで一定のライフを回復してくれますので、有効に使いましょう
また敵ジャングラーなどにスティール(ラストヒットをもっていかれること)をされるような危険なときにもスマイトを使って早く倒しましょう。
※例えばドラゴンであったり、バロンの場合はスティールされることは本当に不利な状況を作ってしまいますので、スマイトのダメージはアイコンで表示されているので、複数人でドラゴンやバロンを攻撃すると思いますが、そのときのスマイトのダメージを把握しておいてドラゴンやバロンのライフがスマイトのダメージに近づいてきたらスマイトを打つ準備をしましょう
そしてそのライフを下回ったら速やかにスマイトを打ち込みましょう
※スマイトの攻撃力はレベルと共に上がっていきます

ここで余談になるかもしれませんが
カニを狩る際ジャングラーは全くダメージを受けないのですが、カニは序盤結構倒しづらいです
なんだか逃げ回るし、硬いし
なにより、一番最初にカニを狩る場面ではチャンピオンによってはライフがかなり減っており、その時に敵ジャングラーと出くわすと相手ジャングラーとの相性次第ではキルを奪われてしまいます、怖い時間帯です
そこでカニを狩るためのポイントを書いておきます

カニの狩り方
移動ができなくなるCC、つまりスタンやスネアなどなどをカニに使うことで永続でカニの物理防御と魔法防御が50下がります、更に効果中はダメージ量が25%増加します
これはノーチラス の引き寄せやヴェイン のノックバック、またジャンナ の打ち上げでも発生するようです
この際マチェット のパッシブダメージもCC効果中のダメージ量が25%増加します

スローでも少しですがそういった恩恵をうけることができるようですが
赤バフによるスローやオーメン のスローではダメージは増加しません

また、ボリベア の場合は相手を後ろに放り投げるスキルを持っているのですが、カニが川を上下に動くのがうっとおしいのでその放り投げるスキルをカニの横側から使い壁に向かってカニを放り投げます
すると、カニが壁から動けなくなるので早く狩ることができたりします

ではつづいて
マチェット やタリスマン を初手で積むことで中立モンスターから特別な経験値を得ることができるのですが、最初周回をはじめて中立を狩っていったり、またガンクをしかけてキルやアシストを得ることでゴールドがたまっています、そうなるとファーストリコールのときに絶対にではないですがマチェット やタリスマン の上位互換アイテムを購入することになります
※絶対ではないというのは、それよりも他のアイテムを優先する場合もあるからです

その上位互換アイテムの説明をしたいと思います
青スマイト
スマイトが敵チャンピオンにも使えるようになり、スローの効果と確定ダメージを与えます
CCが少ないチャンプはもっておくとよいでしょう

赤スマイト
スマイトが敵チャンピオンにも使えるようになり、マークを付与します。
このマークが付いた相手から受けるダメージを20%カットし、そして通常攻撃時に確定ダメージを与えます
敵とのタイマンが強いチャンピオンはもっておくとよいでしょう

緑スマイト
スマイトが敵チャンピオンにも使えるようになり、スマイト自体には効果は付与されませんが、このアイテムのアクティブ効果としてワードを2個置けるようになります
最大で2個までしかチャージされませんが、サイトストーン のようにリコールして戻ると最大数までチャージされます
どのスマイトか迷ったらとりあえずこれにしとけばよいでしょう
個人的には私は青スマイトや赤スマイトを好みます、ほんと個人的にはですが。

さらにここから上位互換アイテムにすることができます

エンチャント
※スマイトは全て青で統一して紹介します、青エンチャント青スマイトとか青エンチャント赤スマイトというような組み合わせも可能です

青エンチャント
魔力が60増加し、移動速度が7%アップします、またスキル使用及び移動することでチャージを貯めることができチャージが100貯まると次に発動するスキルで最大4体の対象に60の追加魔法ダメージを与えますので魔法攻撃系チャンプのときにこれにします

赤エンチャント
攻撃力が60増加し、クールダウンが10%短縮しますので物理攻撃系チャンプのときにこれにします

緑エンチャント
体力が400増加し、体力ボーナス15%を得ます、またパッシブで周囲の敵に毎秒魔法ダメージを与えます

黄色エンチャント
攻撃速度が50%増加しAA攻撃時に追加ダメージを与えますので通常攻撃系のチャンプのときにこれにします

あとは、そのチャンピオンの特性ごとにビルドを完成させていき、中立モンスターを狩りながらガンクを決めていくという作業になります
詳しくは後の章をご覧下さい


中立モンスターについて(ウィキより)

ジャングルについての戦略は上手な人から聞いた新しい知識などはどんどんアップしていこうと思っております
また、ジャングル以外にも後々はトップ・ミッド・ボットの知識なども書いていけたらと思っております
下手くそ極まりないのでまだレーンについての知識はそんなにありません、なので実質今は書きたくても書けない状態です


〇 Buffを持ったチャンピオンが死亡したとき
・中立モンスターに殺された場合
Buffは残るが、死亡中も効果時間は経過する。
・敵チャンピオンに殺された場合
赤/青Buffは敵チャンピオンへ移り、効果時間がリフレッシュする。
Baron Buffは消滅する。
・ミニオンやタレットに殺された場合
Buffが消滅する

※Buff(バフ)とは何らかの能力値があがること

※Buffはスマイト(サモナースペルの1つでレベル10で使用可能となる、実質これがないとジャングルはできない)でダメージを与えることによって得られる(赤バフ・青バフ・ドラゴン・ヘラルド・バロンは例外としてスマイトなしでも効果を得る)

パッチ6.22からスマイトによるバフはなくなりました
 代わりにスマイトをモンスターに使用すると体力100+最大体力10%を回復します
 スマイトなしでバフが得られるのは以前同様(赤バフ・青バフ・ドラゴン・ヘラルド・バロン)

パッチ6.22での出現時間・再出現時間・獲得ゴールド・経験値を検証した結果に書き換えます
(あくまで私個人が検証した結果ですので、もしかしたら間違いがあるかもしれません)

獲得ゴールドは20分以上初期装備のまま中立を狩りましたが、なぜかカニだけ倒すたびにゴールドが少し増加しました
また出現時間ですが、ゴーレムとカエルが1分50秒で他の中立が1分35秒なので15秒程遅くなっています
これはゴーレムやカエル出発よりも赤バフや青バフ出発のほうがトップやボットに負担をかけないかもです
そして、貰える経験値が大幅に増えているように思えます、それぞれの経験値は下に書いていますがこれは最初のジャングルアイテムを持っているだけの状態でのおおよその数値です、おおよそというのは何回か試行してそれぞれ多少違いがあったからですただし最初の1匹目に関してはなぜか経験値がだいぶ多く貰えます、特にゴーレムはかなりもらえるのでゴーレムから始めた場合は中立を2匹倒したくらいでレベル3になります、私のレベル30のIDで初期ジャングルアイテムのみでシン・ジャオを使いレベル6になるのに7分程でした

因みに
それぞれ次のレベルまでに必要な経験値は
2まで:280
3まで:380
4まで:480
5まで:580
6まで:680
です




カニ 出現時間2分25秒 再出現間隔180秒 70ゴールド 初期経験値約60

DragonまたはBaron前にSpeed Shrine(Wardのようなもの)が出現。
周囲の視界(範囲525)と近くのチャンピオンとペットへ移動速度28%上昇(効果時間2秒)を与える。Speed Shrineは80秒間持続する。
またカニにダメージを与えているとき少しライフが回復するので、ファースロリコールまでの中立周回ではカニを上手く利用することでライフが厳しいチャンピオンはライフを回復させることができる

カニの狩り方
移動ができなくなるCC、つまりスタンやスネアなどなどをカニに使うことで永続でカニの物理防御と魔法防御が50下がります、更に効果中はダメージ量が25%増加します
これはノーチラス の引き寄せやヴェイン のノックバック、またジャンナ の打ち上げでも発生するようです
この際マチェット のパッシブダメージもCC効果中のダメージ量が25%増加します

スローでも少しですがそういった恩恵をうけることができるようですが
赤バフによるスローやオーメン のスローではダメージは増加しません

また、ボリベア の場合は相手を後ろに放り投げるスキルを持っているのですが、カニが川を上下に動くのがうっとおしいのでその放り投げるスキルをカニの横側から使い壁に向かってカニを放り投げます
すると、カニが壁から動けなくなるので早く狩ることができたりします


ゴーレム 出現時間1分50秒 再出現間隔150秒 70+10×9ゴールド 初期経験値約168+45×3+5×6= 333


※スタン(失神)とはCC(行動阻害)のうちの1つで全ての行動が不可能になる

※ここでよく使われるCC(行動阻害)を簡単にまとめる
スタン:全ての行動が不可能になる
スネア:移動ができなくなる、攻撃は可能
スロウ:移動速度が遅くなる
ブラインド:通常攻撃が100%外れるようになる
タウント:操作不能となり、使った対象を勝手に通常攻撃するようになる。対象が通常攻撃範囲外の場合は、範囲内になるまで勝手に移動する
サイレンス:FlashとTeleport・スキル・アイテムのActive(ボタンを押して発動するスキル)効果が使えなくなる

多くの場合ジャングルまたはレーナーが上記のCC(特にスタン・スネア・スロウ)を敵チャンピオンに付与し、行動を阻害してからガンク(Gang killの略、大勢で1人の敵をボコること、LoLでは主に奇襲などにより多対一の状況を作り、Killを狙うこと)を行う

カエル 出現時間1分50秒 再出現間隔150秒 86ゴールド 初期経験値約260


トリ 出現時間1分35秒 再出現間隔150秒 62+10×5ゴールド 初期経験値約112+14×5= 182


Ward(ワード)とはそれを設置することでマップで確認することができない場所でも一定範囲視界を得ることができ敵チャンピオンがその場所を通過した場合マップに表示される、基本的にはブッシュ(草むら)に設置する
ジャングルから身を守る手段としてはこのワードを設置することで視界を得てジャングルが近寄ってきていることを確認しタワーまで逃げるという行動をとる

オオカミ 出現時間1分35秒 再出現間隔150秒 68+16×2ゴールド 初期経験値約148+40×2=228


赤バフ 出現時間1分35秒 再出現間隔5分 100ゴールド 初期経験値約260

効果時間:90秒(初回のみ120秒)
Champion、タワー、Epic Monster(ジャングルに存在する超大型中立モンスター)と戦闘していない間、5秒毎に最大Healthの1/3/9%を回復。(効果はLv1/6/11で上昇)
通常攻撃に2秒間10/15/25%のスローを付与(Rangedチャンピオンはスロー効果が5/10/15%に低下。効果はLv1/6/11で上昇)

青バフ 出現時間1分35秒 再出現間隔5分 100ゴールド 初期経験値約260

効果時間:90秒(初回のみ120秒)
+ 25 Mana Regen / 5s + 最大Mana/Energyの1%を毎秒回復(マナ自動回復)
+10% Cooldown Reduction(クールタイム短縮)

ドラゴン 

Elemental Dragonを倒したチームへ、「Dragon Slayer」という永続的に持続するBuffが付与される。
倒した種類のDragonに応じて異なる効果のBuffを付与し、同じ種類のDragonを倒す事で2回までBuffが強化される。
1ゲームに3種類のElemental DragonのみSpawn(出現)し、35分以降はElder DragonだけがSpawnする。
このBuffはElder DragonのBuffを除き、効果が消えることはない

※ドラゴンの種類は右下のミニマップのアイコンを見て判断できます
大まかにペイントでアイコンを描きましたのでそれと実物のドラゴンの画像もアップしておきます


Infernal Drake 再出現間隔6分  25ゴールド
AD(物理攻撃力)とAP(魔法攻撃力)が8/16/24%増加
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Mountain Drake 再出現間隔6分 25ゴールド
Epic Monsterとタワーに対して10/20/30%の追加True DMを与える
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Cloud Drake 再出現間隔6分 25ゴールド
非戦闘時に移動速度が25/50/75増加
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Ocean Drake 再出現間隔6分 25ゴールド
5秒間チャンピオン又はタワーからダメージを受けていない場合、8秒毎に減少HP/Manaの4/8/12%を回復
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



Elder Dragon 初回出現時間35分 再出現間隔10分
効果時間:2分。倒すことで繰り返しBuffを得ることができる。 25ゴールド
敵への攻撃に3秒間かけて「45 + (45 x Elemental Dragon Buff)」のTrue DMを付与
ミニマップアイコン

実際のドラゴン



ヘラルド 初回出現時間10分 52ゴールドをチーム全員
Rift Heraldを倒した場合、Eye Relicを地面に落とすようになり、それを拾ったプレイヤーにGlimpse of the Voidバフが付与される。

効果時間:20分
周囲に味方Championがいない時、敵Championから受けるDMを5%軽減しCorruptionスタック(最大100)を時間と共に得る。
Corruptionスタックが100が溜まった時、スタックを全て消費し次の通常攻撃に(Lv x 15)の魔法DMを付与する。(Rangedチャンピオンは半減)
死亡時にもBuffは失われない。


バロン 初回出現時間20分 再出現間隔7分 25+300ゴールドをチーム全員
Baronを倒すと、生存中の全ての味方にBuffが付与される

効果時間:3分30秒(Runic Affinityで延長不可)
ADとAPが増加(最大40。時間経過により増加)
Recall(Bを押すことで試合開始位置に戻ること)の詠唱時間が4秒に減少し、ベースに戻った後、HealthとManaが50%回復、移動速度が50%増加(効果時間8秒間)する
チャンピオン周囲の味方ミニオンへ、能力を上昇させるHand of Baron Buffを与える。

全てのミニオン
Superミニオン以外は、Area of Effect、Damage over Time、永続的な効果に対して、DMを75%軽減する。
ミニオンの移動速度が、近くにいるチャンピオンの移動速度を平均した90%程度に増加、最大500。
スローへ耐性を持つ。

Melee ミニオン
+ 75 AD
チャンピオンとミニオンから受けるDMを75%軽減。
タレットから受けるDMを30%軽減。
近くに敵ミニオンまたはタレットがある場合、移動速度が50%増加(範囲800)。
サイズが増加。

Mage ミニオン
+ 20 AD
ミサイルの弾速が50%増加。
攻撃範囲が100増加。

Siege ミニオン
+ 50 AD
ASが半分に減少。
攻撃範囲が600増加。
攻撃がArea of Effect(範囲200)となり、タレットへのDMが2倍になる。

Super ミニオン
+ 25% AS
近くに敵ミニオンまたはタレットがある場合、移動速度が50%増加(範囲800)。

パッチ6.22より以下が追加されました



●レッド=ブラストコーン
●ブルー=スクライヤーブルーム
●グリーン=ハニーフルーツ

ブラストコーン
破壊されると近接するユニット(攻撃者を含む)をノックバックします、壁越しでも有効です
爆発半径内のチャンピオンだけにインジケーターを表示し、起爆したときの落下地点を示します

スクライヤーブルーム
破壊されると、攻撃者が向いている方向の大きな扇状範囲に視界を晴らす花粉を巻き散らし、12秒間ユニットとワードを可視化します(チャンピオンの場合は3秒間)
マウスカーロスを重ねたチャンピオンだけに範囲インジケーターを表示し、花粉が飛ぶ方向を示します

ハニーフルーツ
破壊されるとフルーツを5個落とします
各フルーツにつき最大体力の3.5%か一律8(+レベル毎に6)の体力のうち、いずれか大きい量を回復します
フルーツを食べると、0.25秒間35%のスロウが付与されます
中立モンスターの周り方(パッチ6.22により変化があるかも?)
パッチ6.22での中立の出現時間や再出現時間そして獲得ゴールドなどの検証については上記したとおりです
ここで気になるのが、いままでならトップスタートでもボットスタートでもゴーレムやカエルからが多かったのですが
私が検証した限りでは、カエルとゴーレムだけ出現時間が15秒ほど遅いです
このことで、カエルやゴーレムスタートというより奇襲なども考慮して赤バフや青バフスタートが一般的になるのでは?と予想しているのですが、どうなることやらです


実際周り方はこれから書くものだけではないですが基本となるものを上げてみました
その試合の序盤でどこをガンクしたいか?もしくはカウンターしたいか?によって
周り方はかわってきます
マナがほしいなら青バフを狩る順番を考慮するとか、ライフがほしいなら赤バフを狩る順番を考慮するとか
それはいろいろ経験してご自分で考えてみてください

〇 青バフからの出発
  青バフからの出発は2通りあるかと思います

 1.青バフ→オオカミ→赤バフ



 2.青バフ→カエル→オオカミ→リコール→赤バフ


 
〇 赤バフからの出発
  赤バフからの出発の場合、ゴーレムや特にトリを次に狩りにいくとライフが非常に厳しいです

  赤バフ→オオカミ→青バフ



〇 カウンター(敵サイド)からの出発
これは稀に自陣からの出発ではなく相手の陣内のトップ側の赤バフや青バフから奪っていく周り方(トップが支援・もしくはソロ)
トップが現れるのが遅い場合はカウンターを警戒(この場合トップがピンなどで知らせてあげてください)



※相手陣内の中立モンスターを狩ることをカウンタージャングルという


ジャングルを担当するに当たって念頭において総合的に行動すべき知識

〇 ワードについて
初期の黄色いワード は設置してから1分で消滅する
2つまでストックできるが、2つ目がストックされるのは試合開始から3分10秒経過あたりである

〇 サモナースペルのクールダウンについて(下図参照)



効果はサモナースペルのクールダウン短縮10%
効果はサモナースペルのクールダウン短縮15%


相手ジャングルがシャコ ・トゥイッチ の場合は、バフを最初に狩って奇襲をかけてくるかもしれないということ特にシャコ は要注意です
 対策としては、こちらも赤バフや青バフからはじめる
※これはパッチ6.22によりバフからはじめるのが基本のようになったので問題ないかと思います
 赤バフや青バフのブッシュに隠れることがあるのでそこにワードを設置する
 ※これに関してもパッチ6.22により、最初のバフに関しては警戒しなくていいかと思います
 最初から赤ワード (探知機能をもつワード)を選択しておく



早い段階でのガンク(ジャングラーレベル3)
 青サイドならボット出発の赤バフ>オオカミ>青バフ>トップへのガンク(約3分5秒)

 この逆のトップ出発の青バフ>オオカミ>赤バフ>ボットへのガンク(約3分5秒)があるということ
 稀に赤バフ>カニ>ボットへのガンクもあり
 ※赤サイドでも同じことが言える
 ※ボットからはじまりボットへのガンクやトップからはじまりトップへのガンクはそんなにないのではないか?と思います
  理由は後述しています

 この早い段階でのトップやボットへのガンクの対策として
 開始2分40秒くらいでワードを設置する
 理由は、2個目のワードが3分10秒あたりでストックされるが、早い段階で1個目のワードを設定してしまうと1個目のワードが1分で消滅するので2個目のワードを設置するまで視界を確保できなくなる、このことにより2個目のワードのタイミングが3分10秒だと知っているならばその視界を確保できない隙をついてブッシュに隠れることができる、つまりボットへのガンク3分5秒の時点でブッシュに身を隠すことができるので、2個目のワードを設置しによってきた敵チャンプをキルすることができるからである
 これを早くてもボットへのガンクが3分5秒だと知っていれば、2分40秒くらいでワードを安全に設置し、またそこから1分間視界が維持されるので3分40秒までは視界を維持できることとなり、視界を維持した状態で2個目のワードがストックされ、そのまま安全に2個目のワードを設置すればよいということになる

上記の場合ワードを設置する場所はできるならばミニオンを相手タワーまで押し付けておいてドラゴン前あたりに設置すると良い
 理由は、ジャングルがカニをかっているかどうかを把握できることで味方ジャングラーがカウンターを仕掛けやすくなるからである

ジャングルがボットから出発しトップ側ジャングルを狩っていく場合はトップが早い段階でガンクされやすい

序盤はトップへのガンクが多い
 理由は、トップのタワーとタワーの間隔が一番長いからである、このことによりプッシュしている側は逃げる距離も長くなりガンクが決まりやすくなる

序盤以降はトップへのガンクには注意が必要
 相手ジャングルがレベル6くらいに達したあたりから注意が必要である
 理由は下図をみてもらいたい



この場合、赤チームはトップに2人青チームはトップに1人である
つまり、青チームのドラゴンチャンスができてしまうからである
ジャングルがレベル6になるとチャンピオンによってはジャングル1人でもドラゴンを狩れるうえに、ボット側が青チームの数的有利にもなっている

ガンクをするときは味方のライフに注意する、味方が押されていてガンクチャンスであっても味方のライフが少ない場合は味方チャンプがキルを取られてしまう可能性があり、ジャングルがその後相手チャンプをキルしたとしても1対1交換となりあまり意味がない
ただし、ベイト(釣り)といって敢えて低いライフでタワー下などでファームしてもらい、そこをガンクするのも有効である

ジャングルは2週目からの青バフは基本的にはミッドに譲る、その場合ピン(Gをおしながらマウスの左クリックを押した状態にするとマップ上に警告や支援などの情報を表示させること)を鳴らしたりすればミッドが寄ってくるのでギリギリのライフまで青バフを削りラストヒット(最後のとどめ)はミッドに譲る
このとき味方ミッドが敵を圧倒的に押している状況がマップで見えたらミッドの状況を詳しく見てキルできそうな感じのときは少し待つ


自分が赤サイドのときは相手が1週目の青バフをとってから2週目の青バフ再沸きまでに相手の青バフのブッシュにコントロールワード (このワードは以前のビジョンワードのように発見されるまで消えることはない、またこのワードをおくことで敵のワードを無効化できる、ただし敵のワード が同じブッシュに設置されている場合はそのワードを破壊しないと全ての敵チャンピオンがそのコントロールワード の存在を知ることができる)を設置することを心掛ける
 理由は下図より


相手のジャングルがミッドに青バフを渡していることが確認でき、尚且つトップも見えている状況ならば青サイド2人赤サイド4人で簡単にドラゴンを取ることができるからである


味方がワードを設置できていない場合はジャングルが変わりにワードを設置してあげる

赤バフ・青バフの再沸き時間はタブキーを押すことで確認できる

相手との距離を一気につめることができるスキルを持っているチャンピオンがジャングルをする場合はフラッシュ(一定距離ワープできるサモナースペル)よりもゴースト(移動速度が一定時間アップするサモナースキル)の方がクールタイムの意味でも回転率が速いので効率がいい場合がある

ガンクをする場合に一回ではなく二回することも大事
 これは2回はこないだろうという心理をつくもので、一回目のガンクに失敗しても帰ったふりをしてブッシュに隠れ直ぐにまたガンクをかける
 このことは成功した場合にも大きな意味をもつ、成功してデスをしてしまったものは二回連続という意識がなくなっているので、トップで成功したなら敵ミニオンをかたずけてマップに自分が映らないようにしてから壁側のブッシュにひそむ、ボットでも同様である。特にトップの場合はテレポ(タワーやワード、味方ミニオンを指定することでそこにワープするサモナースペル)を使ってくれればテレポ一回分有利になるうえにまたキルのチャンスである

ガンクをするときはピンを鳴らす癖をつける
 特にボットは2対2なのでガンクにきていることに気づきにくい、なのでいまからいくというピンをだしてあげることが大切。それだけで味方の反応や対応が早くなりガンク成功率があがる
※ただし、ピンをならすことでガンクきてくれると強気になり無駄に前に出ちゃう人がいるので、そういうことの内容冷静にふるまうことがレーナー(トップ・ミッド・ボットのジャングル以外のレーンで戦うチャンピオン)には求められる

レーンにCC持ちチャンプがいるなら積極的にガンクをしかけるようにする。CCがあるだけで相手を足止めできガンクの成功率があがる
 自分(ジャングル)がCCを持っていないなら尚のことCC持ちチャンプがいるレーンを狙う。

ブッシュから仕掛ける場合は、探知 でワードを確認したりコントロールワード を置いてあらじめワードが設置されているか確認する
 おいてある場合でもガンクが間に合いそうならガンクをするし、だめそうならせめてワードを壊してからもどる
 ワードを破壊してからのガンクは破壊をしている時点でガンクにきていることがばれるので行わない方がよい

ガンクするときにトップやボットでは敢えて遠回りをすることも必要
 下図をみてください
これは赤サイドがボットをガンクする際に遠回りする通り道、青い丸は青チームのワード


これは青サイドがトップをガンクする際に遠回りする通り道、赤い丸は赤チームのワード


こうやってワードが設置してあっても、相手がプッシュしている状況なら遠回りできづかれることなくガンクできる

※プッシュとは相手ミニオンを倒し、相手チャンピオンにハラスなどを仕掛けタワー近くまで下がらせること

これからガンクするレーンの敵チャンピオンのフラッシュがダウン(フラッシュダウンともいいフラッシュを使いクールタイム中でフラッシュを使えない状態のこと)しているかどうかが重要。
 ダウンしていなくても、しかけるふりをするだけで一回目ならフラッシュを使ってくれたら大成功と考える
 なぜなら、フラッシュのクールタイムは最も長い5分だからである

ブリンクがダウンしてからガンクする
 ガンクをされたときに逃げる術はフラッシュだけではなくブリンクもある。ブリンク持ちのチャンピオンを狙うならまずブリンクを使うまでじっくりまって使ったときにガンクする

※ブリンクとはチャンピオンが一瞬で移動するスキルのこと(フラッシュのようなもの)、これには壁を越えられる物もある

敵チャンピオンのライフが低い場合はタワーダイブ(タワー下はタワー攻撃を受けるが、それを承知でタワー下に入ること)をすることも考える、その際味方チャンピオンにできるかぎりミニオンをプッシュしてもらい、味方ミニオンがタワー下に入ったら仕掛ける。

敵チャンピオンがウルトを使ったかどうかの確認もできればするにこしたことはない。

味方がプッシュしている場合は相手からしたらガンクがこないだろうという心理を逆手にとって後ろからこっそり忍び寄る
 下図をみてください



この状況でなにも起こらなければ時間が無駄なのでリコールなりをする。もしくは味方に釣りをしてもらって敵を中央付近まで寄せてもらう


カウンタージャングルの重要性
 敵ジャングルがトップをガンクしているなら相手陣営のボットをカウンターで狩ればいいし、その逆もいえる
 カウンターをすることで敵ジャングルより多くの経験値を得ることができる

ジャングルはCS(ミニオンのラストヒットをとること)とかを意識しなくていいのでレーナーよりマップを見る余裕があるので、敵が見えたらすぐにピンを鳴らして状況を知らせてあげるように心がける
無駄にピンを鳴らしすぎないように注意

ドラゴンやバロンを狩るときはラストヒットを相手にとられないように、最後のとどめをスマイトでとるようにする
※ラストヒットを奪うことをスティールという

後々育つと面倒くさくなるチャンピオンがいる場合は積極的にガンクして潰す

チャンピオンにもよるが、ジャングルを周回する際に序盤のレベルが低いうちはカイト(引きうち)を利用することで受けるダメージを軽減させる
※カイトとは引きうちのことで、殴っては下がり殴っては下がりを繰り返します、このことにより受けるダメージを軽減させます


中盤以降はADCに赤バフを譲るとよいかも

仮に2つ目の相手の青バフをカウンターで取ったとしたら3回目はとらないようにする
 理由は2つ目をとったことで相手が警戒をしているから

巨大中立モンスターへの自分のチャンピオンの瞬間最大ダメージを把握しておこう
 理由は例えばバロンに対してスマイトでいくらダメージを出せるのかを知っていればラストヒットをどの段階で打てばいいかわかるのでスティールされるのを防ぐことができる

敵ジャングラーがバフを取った後でガンクをする際に通るであろう経路のブッシュにワードを設置する
 例えば青サイドならばトリを狩ってからミッドガンクなどは十分ありえるので赤サイドのジャングラーは青サイドのトリブッシュにワードを設置するなどしてミッドがガンクに気づきやすくするようにする

川のブッシュからのガンクはできるだけ避ける
 理由は大抵ワードが設置されている、ワードならよいがニダリーなどの罠がしかけてある可能性も考慮する

時にはとことん意地悪になることも大事、例えばミッドにとことんガンクし続けるなど

ガンク後はできる限り速やかにそのレーンから離れる
 理由は経験値を吸ってしまうから、特にボットではADCが育つかどうかが重要なのでガンクついでにミニオンを狩るなどはやめましょう

レーンが1つ負けているならまだいいほうなので、そのレーンを見捨ててガンクしないこともときには必要な判断となる

CCもちのジャングルでレーナーもCCを持っているならCCは後からだすようにする
 理由はレーナーがガンクに合わせてCCをすることが多いのでそこにジャングラーまでCCを合わせる必要はなく、ワンテンポ遅らせる
 これによりレーンを2つにしぼってその2つにガンクをかけ勝たせればよい
 ※ただし、ジャングラーの方が明らかに敵に近い場合は先にCCする

ボットの場合基本的にはADCをねらってガンクするが、敵サポートがソラカ やザイラ などのときはそちらをターゲットして味方に伝え、サポートからガンクする
 理由はソラカ が生きていると回復がすごいのでいくらADCにダメージを与えても回復されてしまう
 ザイラ はレベルが低い序盤ではADCよりも火力があり面倒だから

自分(ジャングル)が死んでいる状態でもピンを打って味方にできる限りの情報を伝える

赤ワード を使ってのガンクのときは敵のワードを無効にできるので敵のワードが設置してあったとしても壊さずそのままガンクする

ダブルバフ(赤青バフ)を持った状態では絶対に死なないことを心掛けるようにする
 理由は赤青バフは死んだら敵に奪われるから

相手ジャングルがシャコ ・トゥイッチ のときは、川ブッシュよりも少しミッドよりにワードを設置してあげる
 理由はシャコやトゥイッチはガンクをするとき姿を消しステルス状態でガンクをしてきます、この場合川ブッシュにワード設置していると消えてからワードを回避してガンクされてしまいます、ですが川ブッシュよりミッドよりにワードを設置することでそのワードは破壊されるかもしれませんが少なくとも姿を消しステルスになる前にガンクに気づくことができます。それがコントロールワード だったとしてもたかだか75円でデスを防げるのです

ここでワードを設置しておくと有利な場所をまとめます
 下図を見てください
 は常にワードを設置しておきたいポイント
 はワードを設置しておくと有利に試合を運べるポイント
 敵ジャングラーの動きを把握することはとても大事なのです




こちらにCC持ちのチャンプがいるように相手にもCC持ちのチャンプは勿論います、だからといってガンクをしないわけにはいかないのですが、少なくとも相手ミッドがアニーのときなどはガンクのタイミングを計るべきです。
 例えば、まだウルトを覚えていないアニー であればスタックが1個たまっている状態までならガンクしても成功する可能性は十分あります
 逆に2個以上ためっている状態であれば、スキル3つはきだせばいいのでスタンをとられてしまいます。E>W>そしてQをジャングラーに
 当てることでジャングラーはスタンです。
 アニーがウルトを覚えている状態ならスタック1個たまっている状態でもあぶないです、上記同様にE>W>そしてQをジャングラーに当て
 てからのウルトでスタンつきのくまさんもらっちゃいます

これはジャングルに限らずいえることだけど、全てのチャンプのカウンターチャンプを覚えておくことはとても大事です
※カウンターチャンプとはあるチャンピオンがいるとしてそのチャンピオンが苦手とするチャンピオンのことです
 ジャングルがこれを知っておくことでどういう展開を起こせるかというと、例えば相手ADCが味方ADCのカウンターだったときに
 そこを早めにガンクして相手ADCをつぶしてレベル差をつけてあげないと操作する人が同じくらいの実力だとしたらカウンターチャンプを
 ピックされている時点でレーン戦が長引けば必ず負けるからである
 これはランクマッチなどをするにあたっては必須となる知識だと思う

レーナーはせめてあからさまなベイトくらいは注意するようにしよう
 例えば相手チャンプが自分のカウンターチャンプだということを知らないとしても、試合がはじまって少しすれば力関係というのは見えてく
 ると思います、完全に自分がおされている場合に突然相手が引き出したりした場合ブッシュに相手ジャングラーが隠れているということを頭
 におきましょう

青バフをとろうとするのはジャングルだけではない
 例えば赤チームトップがメイジなどのとき、前に押したり川を下くだったりをちょこちょこ繰り返しているときは青チームの青バフを狙って
 いる可能性を考慮しましょう

トップがプッシュしているときの背後からのガンク

下図を見て下さい



例えば青チームだとプッシュをしない方針だとか、相手の方が強くプッシュされ続けているような状態のときガンクを注意するのは必ずしも赤チームだけというわけでありません
図の赤のラインの様な経路でジャングラーは背後から青チームトップを狙いましょう
これは赤チームが同じような状況にある場合にも同じことがいえます
ですから、トップの担当する方やジャングルが①②③④のような位置にワードをおくことはこういったガンクを避けるためにも有効となります

青チームが相手ジャングル侵入に成功したら下図の位置にコントロールワード をおくと意外とみつかりにくいです
またここにコントロールワード をおくこで相手に見つかるまでは相手ジャングラーは必ずといっていいほど赤バフはとりにくるので、その場合に敵ジャングラーの位置を把握することができます



ジャングラーは中立モンスターを狩った数CSを状況にもよりますが1試合80~100を心掛ける
追記で各中立モンスターの説明のところに獲得できるゴールドを書き加えました
これからもわかるようにCS数50しかとっていない人はCS数100とっている人と比べるとかなりのゴールド差がでてしまい、装備にもそれは勿論影響します

青チームで赤バフから開始して敵ジャングラーを奇襲する際のスキルの覚える順番に注意する
これは例えば序盤強いシン・ジャオ などは普通はQかWを最初に覚え次にそののこりのどちらかを覚えるのですが、奇襲を想定している場合は
QかWを上げたあとレベル2でEをあげることで、逃げようとする相手ジャングラーに突進することができます
他にも赤青チームジャングラーがワーウィック だった場合などWQと覚えるところをあえてWの次にQではなくEを覚えます
そうすることで青バフを狩っていてライフが減った敵ジャングラーを追撃する際にEが有効に働きます
赤バフを所持しているのですから、青チームがライフ的にも攻撃力敵にも有利であることはわかると思います
※ワーウィックのスキルは変更されました

試合開始時に相手が襲ってこないようにお互い川を挟んで権勢をしあうと思いますが、その際ジャングラーは顔を出さないようにしましょう、顔を出すことで相手にボット出発なのかトップ出発なのかという情報を与えてしまいます

赤チームが押しているときに青チームにガンクする際前述したように後ろからブッシュに隠れていくのもいいですが、相手のライフ次第では
下図のように攻めるのも有効です



青チームも赤チームもボットからはじめた際にそのままボットへのガンクは控えましょう、同様にトップからはじめた場合にそのままトップへのガンクは控えましょう
理由はボット開始からのボットガンクやトップ開始からのトップガンクをすることでそのとき相手ジャングラーはガンクしている様子を見ることができジャングラーの足元を見ればバフがついているかどうかわかりますので青バフしかついていないとか赤バフしかついていない状態だとボットからはじめた場合ならトップをまだ狩っていないことがばれてしまいますし、トップからはじめた場合もまだボットを狩っていないことがばれてしまいます、その結果カウンタージャングルをうけてしまいます

青チームが赤バフ開始からの奇襲をかける場合には下図のような経路をとってきます



この場合赤チームは上の経路をとられると相手が視界に入りません、ですので下図の赤〇の位置に青バフを狩る前にあらかじめワード を設置しましょう、またあぶないときは黄色の矢印のようにフラッシュで逃げ味方に支援を頼みましょう
※これはパッチ6.22でほぼなくなったかもしれません



中立モンスターへのスマイトを使うタイミング
敵のライフが多いときにダメージを与えやすいチャンピオンなら最初は普通に攻撃しておいて最後にスマイト
敵のライフが少ないときにダメージを与えやすいチャンピオンなら最初にスマイトをしておいてライフを削り後で普通に攻撃

まだレベルが低い人(極端にはレベル10)などでジャングルを始める場合マスタリーやルーンがそろっていないので中立を周る際にライフがなくなるということがおきます、そういう場合は例えばオオカミならまずその取り巻きを狩ってからメインのオオカミを狩るというように取り巻きを先に狩ることでライフの減りを軽減できます

ジャングルをする人だけの話ではないかもですが、バロンを狩るときよく後ろに回って攻撃している人を見ますが、後ろからの攻撃は攻撃力半減というデバフをくらったり、チャンピオンが飛び上がる?ようなモーションになったりということが起こるのであまりやらないほうがいいらしいです、敵が壁側からきてる際などに後ろにまわったりすることはあるようです(これは検証してません聞いた話です)

ガンクにいこうとしてカニが狩られている場合下図の赤い〇の部分がワードの役割を果たすのでガンクは失敗するでしょう、そういう場合は青いラインで示したような経路をとることをお勧めします、花を使ってのジャンプでブッシュに入ったりも効果的です



プラントを積極的に利用して遠回りすることなく効率よく中立モンスターを狩りましょう

下図のようにジャンプできます



ガンクするだけがジャングラーではないです
ガンクにばかりきをとられて押されているところをガンクすることに集中しすぎるあまり、味方が劣勢になることもあります
例えばミッド付近でファームをしていてボットに相手ジャングラーが攻めてきて2対3の数的不利な状況ができたいたとしたら、タワーまでさがって持ちこたえてねーではなくこちらもそこに向かい数的に負けないようにしましょう

またあらゆる状況をマップの相手ジャングラーの位置やミッドのロームから判断し、数的不利になりそうな場所には積極的に加勢にいきましょう
ガンクだけではなく、数的不利を作らない、またその逆の数的有利を作るのもジャングラーの仕事だと思います

ガンク後のライフによりますが、リバーを通って戻る場合はきをつけましょう
できれば下図のような経路で戻りましょう



ガンクにいったときは、相手ジャングラーも加勢にこようとしている可能性があるにもかかわらず少ないライフでそのままリバーを通って戻るのはかなり危険です、上図のように青なら青い線の方向に赤なら赤い線の方向に戻ることでその危険をさけられます

味方がキルを取られたらタワーが攻撃されていたら威嚇しにいきましょう
味方がキルを取られ相手チャンプがタワーを攻撃している場合、味方チャンプがもどるまでタワーを守りましょう
勿論味方チャンプがキルを取られたということは交戦したのですから相手もライフが減っている可能性があります、その場合はキルを取るつもりでガンクのように攻撃しましょう、このことでタワーも守れますし相手からキルを取れます

負け戦はしない
当たり前のことですが、これはジャングラーに限らずレーナーでも同じことがいえます
1対1に強いチャンピオンだからといっても2レベル差が付いた相手ジャングラーとばったり出くわしても交戦は避けましょう、2レベル差がついたらまず勝てないと思って下さい
レーナーも対面と2レベル差が付いたらタワーにしがみついてタワー下ファームで踏ん張りましょう
ただし2レベル差がついていてもガンクはまた別で、ガンクは数的有利を作り出すので2レベル差があろうが問題ないです

並び替え
試合が開始すると、青バフなら青バフのところへ赤バフなら赤バフのところへ移動するとおもいますが、それはミニマップをクリックすれば
自動的にその場所に移動してくれます
その時間を利用してTABキーを押し
私の場合は、例えばジャングルをする場合
一番上をジャングル(私)その下をTOPその下をMIDその下をADCその下をサポートというように並べ替えます
これは敵も同じように並び替えます
こうすることで、F1を押すと自分、F2を押すとTOP、F3を押すとMID、F4を押すとADC、F5を押すとサポートを直ぐにみることができます
これは味方のライフやマナはミニマップの上のアイコンで確認できますが、敵のライフやマナまでは確認できません
ですので、ファンクションキーを利用することで素早くミッドならミッド、ボットならボットの状況を確認できるようにするためです
これで敵のライフを確認することで、どこにガンクすればすぐにキルがとれるか?などの判断ができます


味方が死んだとき、そのレーンを素早く確認する
味方が死んだ場合、少なくとも無抵抗で死んだとは思えません、ある程度相手のライフは減っている者です
そして相手はミニオンをプッシュしてリコールしようとします
そこを狙います
これはかなり重要だとおもいます、相手は少ないライフでミニオンをプッシュしているわけですからそこを狙えばキルが容易にとれます


どうしてもジャングルがうまくいかない?と悩んだら
3レベルがガンクができるチャンプならとにかくガンクにいく、権勢でもいいのでガンクにいく、フラッシュを使わせる
中立をかっていても、いまがチャンスだとおもえば途中でやめてガンクにいく
集団戦がおこりそうだったり、挟むことができそうだったり、味方が追われていたら、中立をかっている途中であと少しで青バフたおせるのに!ってときでも放置して加勢にいく
これをやってみてください
ファームも勿論大事です、しかしこの積極的な行動でかなりかわってきます
私はカジックスがどうしても上手くいかなかったのですが、この心構え一つでいまのレベル帯なら2桁キルは当たり前になりました
それでもだめなら
ルーンを変更してみる!
カジックスならRでの進化の順番を変えてみる!
などなどです

やることない?
たとえば、こういったことはあまりないかもですが全レーンがプッシュしておりガンクするレーンがない!
などというときは何をするのか?
まずはガンクです・・・
ガンクといってもカウンターガンク?というものになります
トップとボットで行います
プッシュしているのですから、普通にガンクは無理です、ですから味方の後方からこっそりブッシュに入り身を隠し味方にベイトしてもらい
敵がラインを上げてきたところをガンクします
またガンクには別の方法もあります
赤側なら、トップがタワー下までプッシュしている場合に相手チャンピオンのライフを確認します
減っているようなら、青側トップのジャングルを通り青側チャンプからしたら下と上から挟まれた形になります、これでタワーダイブをしてキルをとります
青側なら、ボットがタワー下までプッシュしている場合に相手チャンピオンのライフを確認します
減っているようなら、赤側ボットのジャングルを通り赤側チャンプからしたら下と上から挟まれた形になります、これでタワーダイブをしてキルをとります
これはタワーダイブといっても、味方レーナーがミニオンを押し付けているならば、若干はタワーからの攻撃を防げますし、ボットレーンならそのままレーナーが強引に突っ込んでいって相手が引いたところを上から挟むという形もとれます
勿論これは相手ジャングルに入るのでそれなりの危険を伴いますので、相手ジャングルの位置を最低でも確認し、また相手のミッドが消えたら
寄ってきている可能性が高いので素早く逃げましょう
そして、こういったガンク以外になにができるか?ということですが
ありきたりなのがファームです
ただただファームをして自分のレベルを上げていきます
しかし、この場合は相手からしたら全レーンおされているのですから、どのレーンにでもガンクを仕掛けることができるわけです
ですので、ファームも大事ですが
特にトップとボットの相手ジャングルの奥深くにワードをさしてあげて、相手ジャングラーの動きを把握する
これが良いと思います
具体的には、例えば青陣営で味方ボットがタワーまでプッシュしている場合
相手赤陣営のジャングラーはガンクをしやすいわけです
勿論、ボットはサポートがいますのでそれなりにワードはさしてあるとは思いますが、いち早く相手ジャングラーの位置を確認するために
赤陣営の青バフの前などにワードを指します
ブッシュに刺す必要はありません
それで赤陣営ジャングラーが青バフやカエルを狩ってそのままガンクという経路ならガンクを防ぐことができます
こういった相手のジャングラーが通るであろう道に、相手ジャングルまで安全にはいりワードをさしてあげることで、やることがないときでも
味方レーナーを守ることができます
ミッドは、基本的にタワーとタワーの感覚が狭いのでレーナーの能力でガンクをさけることが他のレーンよりは可能ですので、できればボットやトップ
特にトップはサポートがおらず一人でレーンをまかされタワーの感覚も広いわけですから、いち早くガンクにきづける位置にワードをさしてあげると良いと思います

ロームに合わせる
ロームに合わせてガンクすることでガンクの成功率を上げます、正確にはガンクが成功というよりガンクがささったときに優位に立てます
例えば、ミッドレーナーがミニオンを相手タワーまで押し付けた際にトップにロームするというサインを送ったとします
または、それがわかったとします
その場合、自分がトップジャングルにいるならそのロームに合わせてガンクしましょう
そうすることでガンクが決まった際に味方が3人いるわけですから、いっきにミニオンをプッシュしてタワーをおることもできます
ワンチャンスを作り出すことができるのです


以前下図のようなガンクルートを紹介しました。このガンクルート特に敵陣をまわっていくルートのガンクはかなりの確率でささります。



自分がレーナーのときこのガンクをされるのはかなり嫌ですよね
ではどこにワードをさせばいいのか?
これはトップ側ならトップレーナーがボット側ならサポートがコントロールワード を置けばよいと思うのですが、特にトップレーナーの場合は
ワードを置きにいく間の時間ロスで経験値差がでてしまいます。
ですので私がジャングラーのときは私がコントロールワード を置いてあげるようにしています。
ではどこにワードをおくのか?それが下図になります。



青チームなら青い〇のところ赤バフの裏にコントロールワード を置いてあげます
赤チームなら赤い〇のところ赤バフの裏にコントロールワード を置いてあげます
そして、できればトップレーナーは移動が少なくてすむオレンジの〇にコントロールワード をサポートも移動が少なくてすむオレンジの〇にコントロールワード を指せばよいと思います
これで、敵陣内にはいってのとおまわりのガンクルートは赤〇や青〇のコントロールワード の時点で察知できるので、十分にトップもボットも
逃げることができます
遠回りのガンクルートをとられた際にオレンジの〇にコントロールワード を置いていても、プッシュをしている状態では逃げきれないことがあります
ですので、早い段階で敵を察知することと、後はここにコントロールワード を置くことで青チームなら敵ジャングラーのボットへの侵入をすぐに察知できますし、赤チームなら敵ジャングラーのトップへの侵入をすぐに察知できます。
またトップやボットはカニを敵が狩っているもしくはカニがかられていない状態だとすると、リーシンのように下図のような経路でのガンクが考えられます



青い矢印と赤い矢印の経路です
要するに壁抜けです
これをされないためにも、青チームならボットのカニをできれば狩ることを意識する赤チームならトップのカニを狩ることを意識する
そして、ここでレーナーがおいたオレンジの〇のコントロールワード がいきてきます
また当然直接リバーからガンクがくることもあるでしょう、その対応としてプッシュするなら紫の〇のところに最低でも黄色トリンケット はおきましょう
これだけやっていれば、トップとボットはかなり安全だと思います。


LOLにはインベイドというものがあります

※インベイドとは
Lv1時に集団で敵のJungleに侵入し、Buffを奪ったり、FirstBloodを狙うことを指す相手のJunglerが青Buffを特に必要とする場合は、このInvadeが成功すれば相手Junglerの回るスピードを大幅に遅らせることが出来る


インベイドが行われがちなのは、ブリッツ ・ノーチラス ・スレッシュ といったようなチャンピオンがピックされているときに行われがちです
特にブリッツ がピックされた場合は積極的にインベイドをしたりされたりします
なぜ、このようなチャンピオンがいるときにインベイドが行われがちなのかといいますと、これらのチャンピオンに共通していえることは相手を引っ張り寄せるスキルをもっていることであり、そのスキルをレベル1で取得した場合に試合開始とともに5人で一斉に相手陣内に攻め込み
ボットでバフを狩ろうとしている相手チャンピオン達に攻撃を仕掛ける際にその引っ張り寄せる能力がかなり重要になります
例えば、ブリッツ が味方チャンプにピックされている場合、だれかが合図をだし一斉に相手のボットに攻め込みます
そしてブリッツ が相手を引っ張り寄せて5人一斉に攻撃します。
引っ張られた場合、よほどのことがない限り5人に集中攻撃を受けるわけですから引っ張られたチャンピオンはデスします。
そのあとも、ボット周辺にいるチャンピオンに対して攻撃をしかけ、あわよくば相手のボットのバフをうばってしまいます。
この場合、味方チャンピオンもいつもとは違うスキルを最初に取得したりします、理由は相手を引っ張り寄せたあとフラッシュなどで逃がさないようにスタンやスネアなどのスキルをもっているチャンプならそれを取得することで確実にキルにつなげれますし、引っ張り寄せたチャンプは普通に攻撃するだけで倒せたならば、その周辺にいるチャンプにスタンなりスネアなりを当てることでさらにキルを狙えます
そして1キルだったとしても、みんなが攻撃するので結局他の人にはアシストが入ります
かなり有利です

このインベイドはジャングルとは特別関係ないように思われるかもしれませんが、このことを知っているかどうかその対応は変わってきます
まず大前提として最悪の状況を考えます
インベイドされ1キルを持っていかれる、またはキルされなかったとしても相手5人がこちらのバフ付近におりしかも一人は引っ張り寄せる能力をもったチャンピオンです
そこに近寄るのもかなり危ない状況といえるでしょう
そしてジャングラーにとって一番最悪なのはレベル1のときの最初のバフを奪われてしまうということです
ではどのように対応したらよいのでしょうか?
相手はボットサイドにインベイドをかけてきます、なぜならボットサイドでバフを狩ろうとしているジャングラーもしくはADCかサポートをつかまえてキルを奪い安いということ
キルをうばえないにしても相手のバフをうばえます
インバイトにそなえて5人がボットで待機したいたとしても、くるタイミングはわからないしいつまでもまてませんし、なにより引っ張られたらおわりなので、近寄れません
となると、攻められる側のトップレーナーは相手のトップよりもできるだけ経験値を稼ぐためにいち早くトップで待機することになります
数的にも守る側はミッドとジャングラーとADCとサポートの4人で不利ですし、やりあっても勝てません
ではみすみすバフを渡してしまうのか?
いえいえ、そんなわけにはいかないのです
バフを取られるならとりかえせばいいのです
数的有利を作るために、インベイドはおそらく少なくとも相手のトップ以外の4人はやってきますし、なんなら5人きます
トップはアシストかキルをとれれば、そのままテレポでトップにもどれるわけですからね
ならば、こちらは相手のトップサイドのバフからスタートすればよいのです
そしてそのリーシュを味方トップにお願いすることで、たとえ相手がインベイド成功して相手レーナーがトップにテレポではなく走って移動してきたとしても、そこでトップ側付近のバフで鉢合わせてもこちらはトップとジャングラーの2人、相手はトップのみなので十分勝てます
ですので、相手がインベイドしてくるなとわかったらこちらは相手のトップからはじめればいいのです
そうすれば、こちらのボットがキルさえとられないようにある程度権勢だけしてくれていれば、相手5人をボットに引き付けることができ、相手のトップ側のバフは容易に奪え実質バフを交換しただけになります
相手は時間のロスがあるので損になりますかね。

インベイドに関しては下図をみてください



青サイドがインベイドをする側ですと、このように①のブッシュから②のブッシュそして③のブッシュへといき青バフの前で捕まえる
または、④のブッシュから⑤のブッシュへそしてそのままいっきに青バフ前へいき捕まえる
という経路になります

これに対応する手段としてはオレンジ色の〇の部分にワードをさして来ていることを確認し権勢しつつタワーへ逃げる
または赤い〇の部分のブッシュにミッドレーナーがいち早く到着し潜んでいれば①→②→③と移動してくる場合は全てまるみえです
相手のだれがきているのか、何人きているのか全て把握できます
そして帰っている様子も確認できますし、ミッドレーナーからしたらすぐ上にいけばいいので経験値ロスもありません
運がよければ相手のミッドレーナーがそのままリバーから上がってミッドレーンにくるのでそのとき遠距離攻撃があればそれでダメージを与えて逃げれば、少しですがダメージを先に与えることができます。

赤サイドがインベイドをする側ですと、これと全く逆のパターンで攻めてくるのでだいたいわかると思いますので省略します

●序盤から中盤はレーンにできるだけ残らない
ジャングラーはガンクをする際勿論レーンに顔をだすわけですが、相手チャンピオンであったり相手ミニオンがそこにいる場合にはジャングラーの位置がミニマップで相手に確認されてしまいます
ですので、ガンクを決めたらもしくは失敗したり威嚇をしにレーンに顔をだしただけであっても、速やかにそのレーンから離れることをお勧めします
それはレーナーの経験値を無駄に奪わないという理由でも大切なことです
またカニが狩られていらたらそこを通ってガンクなどはよっぽど相手レーナーがミニマップを見ていない限りきまりませんし、そもそもカニを狩られていワードとなっているところに顔を出すこと自体が自分に居場所をおしている行為です
上記のように相手に居場所を知られるとうことは、その時間が長ければ長いほど相手のレーナーからしたらガンクがこないと安心できる時間をつくってしまいますし、相手ジャングラーからしたらボットに敵ジャングラーが見えていたらトップ側のジャングルを荒らすなどの行為を用意にさせてしまいます
ときどきミッドを横切ってトップからボットへ移動したりというのを目にしますが、ボットに移動したことがばればれになります
そういう行為はできるだけ避けましょう
では、ミニオンにタワーが攻撃されている場合はどうするか?
レーナーが間に合うならレーナーが処理すべきです、ですがレーナーがキルされてすぐにはもどれない場合にミニオンのタワーへの攻撃を避けたい場合には速やかにミニオンを処理し、後はレーナーに任せましょう
リバーまで押してしまおうと押したい気持ちもわかりますが、それは自分に居場所を相手に知らせている行為と思って下さい
これもケースバイケースなので絶対とはいえません。
最近よく使っているジャングル:シン・ジャオについて
私が最初にジャングルで使用したチャンピオンはボリベアでした
ガンクを決めても自力で倒すの困難ということでちょっと触った程度でやめました
次に使用したのがワーウィックでしたが
ウルトが大事でレベル6までなかなかガンクしても倒しきれないということでこれもやめました(私が下手なだけですが)

そして一番長く使っているのがシン・ジャオです
ガンクが決まりやすく、火力も文句なしで1対1でもほぼ勝てます
なによりワーウィックなどもそうですが、初期アイテムでジャングルアイテムとポーション1個積んでおけばいいので、最初からコントロールワードを購入できます

■ビルド
初期アイテム


ファーストリコール
1650貯まったら

1650貯まらなかったら

などのように買います

コアビルド


このあたりでしょうか
ブーツに関してはCCを避けるために でも良いと思いますが、私はあからさまに攻撃速度が変わるので を好んで積みます

他のアイテムは状況次第でしょうが
勝ってるときなら
負けているときならコアビルドの を積まずに
この辺りを積んでいきます


■ルーン変更してみました
攻撃力はそもそもが高いので攻撃速度重視にしてみました
キルが安定してとれるようになり、デスも少なくなりました

ルーンはちょっと特殊かもしれませんし、私自身まだ色々と試している段階なのですがいまのところは下図のようになっています



神髄:攻撃速度の神髄×3
印:攻撃速度×9
章:物理防御×9
紋:魔法防御×5+攻撃速度×4

としています

■マスタリー
下図のとおりです


危険な賭けよりガンクのときの攻撃力重視で豊緑の贈り物にしていますが、効果あるかどうかはわかりません

■サモナースペル
サモナースペルは単純にです
逃げの手段がないシン・ジャオにはがいいと思います
ゴーストもなかなか使えますが、フラッシュで逃げた敵の追い打ちにもなるのでやはりフラッシュでしょう

■スキル
スキル上げの優先度は
>W >Q >E
としています
レベル1でW を覚え体力マックスでバフを狩ります
レベル2でQ を覚えノックアップと攻撃力増加
レベル3でE を覚えこれでガンクにいけます

私のシンジャオのスキルの上げ方は本当に特殊だとおもいます
レベル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
スキル W Q E W W R Q W Q Q  W  Q  E  E  E  E  R  R

要するにRはレベル6で取得して、後は最後まであげません


■中立モンスターやガンクなど
中立モンスターは基本的にはW と連続で入れてAAをするだけです
ガンクはE で突進して「一念のマーク」をつけ攻撃しスロウを与えます
そしてW >Q >スマイトの流れでひたすらAAです
ガンクが十分間に合いそうなときはE をフラッシュをされたときのために取っておいて、W >Q >スマイトで攻撃してからE などとすることもありますが
とりあえず中盤くらいまではかなり強いチャンピオンなので
>W >Q >スマイトで安定して倒せると思います
ジャングルで敵のジャングラーと出くわしても率先して攻撃しても勝てます

は集団戦において、敵を分断させるのに使用します
また、ガンクの際味方方向に飛ばすのにも仕様します、この使い方が一番いいかも?
で出来れば奥のADCあたりに突進したと同時にR を打ちこみADCとサポートあたりが奥へ飛び、他が手前に飛ぶようにして自分はADCをひたすら倒します
手前に飛んだ敵チャンプは数の差で味方チャンプが倒してくれます

私はこういった感じでシン・ジャオを使用していますが、下手な私でもそこそこキルがとれるので火力に関しては申し分ないチャンピオンだと思います
ジャングルと関係ないけど今私がはまっているミッドの新タロンについて自分へのメモ

■ビルド
初期アイテム

これは上手な方なら

で良いと思います
私は下手なのでハラスをもらってしまうのでライフを少しでも回復させるために を3つ持ちます

ファーストリコール
ここでできれば

を購入したいので
975ゴールド貯めます(CSでいうと35くらいとればそれくらい貯まってます)
よくを出せば も買いたいところなので1275貯めたいです(CSでいうと45CSくらい)
※勿論キルをとっていれば、結構簡単にたまります

セカンドリコール
上記の装備がファーストリコールの際に購入できていたなら問題ないのですが、私はできないことがおおいです
できたと仮定したならば
を先に仕上げます
この段階ですでにレベル6には達しているのでウルトの回転を速める意味でも を先にしあげます

その後 を購入し に仕上げていきます

そこまで仕上がれば、次は を選択します
このあたりは脅威をとるかクールダウンをとるかといったところですが
キルでゴールドを稼いでいるなら、タロンの場合ロームが有効に使えるのでワードに発見去れないためにも を選択すれば良いと思います

その後は状況次第といったところでしょうか

このあたりを購入していきます

■ルーン
ルーンは下図のようになっています



以前は印のところに脅威を6つ入れていたのですが、タロンのスキルが増加ADに依存していることが多いので今は攻撃力を入れています
因みに、紋の伸びゆく魔法防御の紋のところに伸びくゆくクールダウン減少の紋をいれたバージョンも一応用意しています

■マスタリー
マスタリーは下図のとおりです



闘争本能の諸刃の剣ですが、これはの方が良いと思いますが、私がローム能力がないので諸刃の剣にしています

■サモナースペル

これにしています
因みにFakerはにしていました

■スキル
スキル上げの優先度は
>W >Q >E
としています

レベル1でW を上げます
ですが、マナコストを考えると30マナでかなりのダメージがでるQ 上げでも良いと思います
相手チャンプにもよると思いますが、CSが上手くとれてハラスもかわせるならQ 上げの方がいいと思います
私はだめなのでW です
レベル2でQ を上げます
レベル3でE を上げます

タロンのパッシブスキル の条件を利用すると相手チャンピオンのライフのだいたい5割から6割もしくは6割から7割(込み)のダメージを与えることができます、勿論イグナイトを入れればもっと与えます

このことから、まずタロンのパワースパイクは2レベルからはじまります
1レベルでW の行きと戻りが当たるだけでも結構なダメージを持っていけますが、キルまでは無理です
2レベルになったら、Q もしくはW で相手のライフを6割くらいまで削ります

そこから1つ目の手段としてW が往復で当たったら迷わずフラッシュを使ってでもQ を当てにいきます
これで3打当たったことになりサンダーロードも追加され更にここでAAを入れることで出血も起こり相手をキルできます
2つ目の手段としてW の往復は中々当たってくれません、当たっても1ヒットでパッシブまでつなげられないので
まずQ からはいって入ると同時にW を打ち込み3打ヒットをさせすかさずAAをいれます
上記同様にキルを取れます
これが5レベルまで続きます

6レベルになるとウルトR を覚えますが
ここからもタロンは強いです

レベルに6になることでウルトの展開と収束で最大2ヒット稼げるようになります

コンボとしては
5レベルまではCSを取りながら
Q>W>AA
もしくは
W>Q>AA

6レベル以降は()内はスキルヒット数
W(1)>R展開>Q(1)>R収束(1)>AA+出血
W(1)>R展開(1)>Q(1)>AA+出血>R収束
W(2)>R展開>Q(1)>AA+出血>R収束
Q(1)>R展開(1)>AA>R収束(1)>AA+出血
Q(1)>R展開(1)>W(1~2)>AA+出血>R収束
R展開>W(1)>Q(1)>R収束(1)>AA+出血
R展開>W(2)>Q(1)>AA+出血>R収束
R展開>Q(1)>W(1)>R収束(1)>AA+出血
R展開>Q(1)>W(2)>AA+出血>R収束
R展開(1)>Q(1)>R収束(1)>AA+出血>W(1~2)
R展開(1)>Q(1)>W(1~2)>AA+出血>R収束
R展開(1)>W(1~2)>Q(1)>AA+出血>R収束

などのコンボができます
要はR を使うならQ またはAAをいれることでRの収束がそのQ またはAAを入れられた相手に収束されるということ
敵にAAが届く範囲にいることを考慮すること
これらを踏まえてのコンボです

※ここでちょっとコツを
5レベルまでに相手をしとめるときに、仮に相手のライフが5割だったとします
この場合Wが2ヒットすればそのままQを入れてAAで相手からキルを取れますが、Wの戻りは中々当たってくれません
ですので、確実にしとめたいなという場合は
まずQから入ります、Qと同時くらいにWを打ちます、相手は3ヒットは避けたいので左か右に逃げていくわけですがこのままではWの戻りが当たらず3ヒットとなりません
そこでフラッシュを使って相手の逃げている方向へ飛びます、このことで戻りはタロンの元へと戻ってくるので相手にWの戻りが当たることになりそのままAAをいれてキルできます
初心者ぴよこ隊長の個人的LOLあるある
●ミッドでタロンつかいすぎて~え~え~ 最近苦手なトップに手を出した結果~あ~あ~ イグナイトと間違えて近くのミニオンにテレポートする~~

●ブラウムつかはじめて~え~え~ 対面のジンのウルトにあわてて盾をだした結果~あ~あ~ 盾が逆方向にでて後頭部でジンのウルト全部うける~~

●試合がはじまって~え~え~ オートで移動させてる間にチームメイトにチャットしてたら~あ~ チャット枠開いてなくてフラッシュ使う~~

●JGでブッシュ待機してて~え~え~ その間にタブ開いてチャンピオンの順番並び替えてたら~あ~あ~ インベイドでしんでる~~

●深追いしすぎて~え~え~ タワーで死ぬ~~

●無駄にチャンピオン増やしすぎて~え~え~ アラームにさそわれたら~あ~あ~ ほとんど使った経験ないチャンプばかり選択される~~

●マスタリーとルーン枠がたりない~~~

●LOL起動したまま寝て~え~え~ 朝おきて画面みたら~あ~あ~ 試合への招待が30件くらいきてる~~

●タロンでミッドへ移動するとき~い~い~ タワーを飛び越えて移動しようとしたら~あ~あ~ タワーにぶつかって跳ね返される~~

●タムケンチつかってみえ~え~え~ Rを興味本位でつかったら~あ~あ~ その場に潜ってその場にでてくる~~

●ブラウムのQが~~~あ~~~あ~~~ あたらん~~~~

●赤側陣営のときに~~い~~い~~ ボットしてたら~あ~あ~あ~ カメラ固定だと敵がほぼみえない~い~い~

●集団戦のときに~い~い~~ ADC狙えとか相手がスキル何つかったか把握しろっていうけど~お~お~ チャンピオン5人集まったら全部同じにみえる~~~

●相手にブリッツがいたら~あ~あ~ なんか嫌~~~~

●AI戦でエリス試そうとして~え~え~ 一匹目の青バフは味方支援で倒せたけど~お~お~ 二匹目のカエル倒したときAI戦おわる~~

●最近トップに手をだして~え~え~~ ダリウスのコンボも調べて練習していざ試合に臨んだら~あ~あ~ 対面トップが近寄ってこない~~~ いらいらする~~~

●ブラウムつかってて~え~え~え~ フォーチュンのウルト全部防いだら~あ~あ~ めっちゃきもちいい~~~

●ソラカつかってて~え~え~え~ 味方のライフ常に気にしてて殴り合いおこって死にそうになってるところをウルトつかって勝ちにみちびいたとき~~ お礼いわれたらめっちゃうれしい~~~

●シンジャオ使いすぎて~え~え~え~ 他のジャングルどれもむずかしい~~~

●評価Sとれそうなときって~え~え~ 期待してわくわくしてたら~あ~あ~あ~ だいたいサレンダーされて試合すぐおわる~~~

●ジャングルやっててインベイドくらって死んで~え~え~ そもそもインベイドくらったのはミッドがAFKしてて監視してなかったからなのに~~ 3分サレンダーなった後の会話で~え~え~ 卑怯やなジャングル死んだからAFKしたやろ~いわれて~え~え~ じゃっかんいらついた~~~ 3分以内にうごいてたと思います!

●フレンドさんにチャレンジャー・マスター・ダイヤ・ゴールド・シルバー・ブロンズといるけれど~お~お~ チャレンジャーの人が一緒にノーマルやろうと誘ってくる~~~ 無理があると思います!

●フレンド申請してきてくれてフレンドになった人が~あ~あ~ I don't speak Japanese というので~え~え~え~ 必死で中学生英語で話かけてたら~あ~あ~ えいごわかりませぬ わたしは韓国人です といわれる~~~









 
個人的LOLノーマル日記
2016/12/16
6試合目
ジャングル選択 マスター・イー
対人ではじめてマスター・イーをつかいました
案の定活躍できなかった、全レーンこちらが押してたのもあるけど、そんな問題ではない
試合が終わった後の会話で質問をしてみてわかったこと
マスター・イーは集団戦ではあまり活躍できないので
ファーストタワーをとったレーンをプッシュする
できればトップがいいと思います、それはトップはバロンに近く、ボットレーンを押すのはバロンから遠いテレポを持つチャンプの仕事だから
そういうことを知らず、普通に集団戦に参加しようとしてました
まずはトップならトップを押す、そのことで相手は最低一人はトップにこないといけない
イーはタイマンは強いので一人できたらそれをキルする
2人できたら、できるだけひきつけて逃げる
これだけで集団戦においては人数差ができて有利になっている
また集団戦に参加するときは後ろからまわりこみADCなどを倒してしまう
ADCを失ったチームは集団戦でかなり不利になるからです
でも、試合には勝利できたのでよかったです


2016/12/16
5試合目
ミッド選択 タロン
対面はサイオンとモルガナwww
いやいやいやー
ジャングルなしだったのでどうくるのかとおもったら
ミッドサイオンとモルガナですよ!
無理ですよ!
レベルはこっちの方が上がるの早いので、サイオンリコールした隙にモルガナからキルうばいました
いままでミッドにきたモルガナよりちょっとプレイヤースキルが劣っていたのでモルガナだけならやりやすかったかも
早々にミッドファーストタワー折られましたが
レベルの関係上、こっちの方が早く育つので結局集団戦は制することができ勝利。



2016/12/16
4試合目
ミッド選択 タロン
対面はヴェル=コズ
相手が単純に私より下手だったか、もしくはヴェル=コズがきついのかわかりませんが
余裕でした
そうそうにキルを奪いました
ヴェル=コズのスキルはほぼかわしました
試合も勝利できてよかったです



2016/12/16
3試合目
ミッド選択 タロン
対面はライズ
ライズ強すぎ・・・
一応ダメージ交換はできるけど、なんかCCくらってあぶない場面が多々あったなー
でもウルトからキルとれました
ライズ対策はどうしたものやら、あとモルガナ対策も・・・



2016/12/16
2試合目
ミッド選択 タロン
対面はモルガナ
またもやモルガナ!!
あの下に円でるやつとスネアがもうだめです
なので、CS落としてでも死なないことに気を配りました
ウルト覚えてからは、ウルトからのフラッシュインでしかけましたがあと少しというところでモルガナからキルとれず
逆にキルとられてしまいました
本当にモルガナ苦手です、近寄れない・・・



2016/12/16
1試合目
ミッド選択 タロン
対面はフェイト
どちらもこれといって最後の決め手に欠けてCSを確実にとる方向へと進んでいく
フェイトは赤いカードは爆発するので、ミニオンのそばから離れ
黄色いカードはスタンもらうので、ひたすらかわしました
ただ、フェイトの方がやはりウルトもあってローム力が強く、ロームで差がひらいた結果になりました
敗北です



2016/12/14
本日1試合目
ミッド選択 タロン
対面はモルガナ。
モルガナは苦手すぎです
スネア?スタン?もってるから近づきづらい
今日わかったのだけど、私は縦の移動ができてないからスネアかスタンかわからないが、あの飛んでくるやつをもらいすぎてしまう
地面に円ができるやつももらいすぎる
結局ハラスで負けるし、倒せる範囲までライフを削ってもスネアかスタンかを叩き込まれたらおわりなので近づけない
冷静に考えると、ウルトを覚えたら倒せる範囲まで行けばウルトからのフラッシュインで遠回りして近づけばいいのではないか?
次モルガナが対面できたら試してみよう



2016/12/13
3試合目
ミッド選択 タロン
対面はゼド
ゼドはとりあえず面倒くさいが、勝てない相手ではない
最初から積極的にいった
その結果、1キル目はお互いイグナイトでドロー
その後にらみ合いが続き、レベル6で動いた
ゼドがウルトを仕掛けてきた
しかしゼドのウルトはタロンには効かない
×がついた瞬間にこちらもウルトをだせばゼドはなにもできないし、こっちのキルチャンスである
キルをいただきました
ミッドレーン自体はゼドに勝てたと思う
試合は敗北
やはりローム力や集団戦での立ち回りがまだまだだめですね。



2016/12/13
2試合目
ミッド選択 タロン
対面はマルファイト・・・
またトップチャンピオンである・・・
対策?硬すぎて無理です。
ロームに走りました、ロームはいい感じで決まったが試合は負けた。



2016/12/13
本日ノーマル1試合目
ミッド選択 タロン
対面はティーモである。「ティーモのスキルわからない・・・」「しかもS7シルバーって私からしたらかなり上手いはず・・・」
睨みたいの後ミッドへ
ミッドにティーモの姿見えず、ミニオンを処理し始めるとなんとステルス!!
いきなりの毒の先制パンチである。
レンジだけみたらタロンのWの方が長いのではないか?はっきとはわからない
ある程度Wでハラスし2打ヒットした場合はQを当ててコンボを繰り出すも、なんだか硬い・・・
結局レーンで4デス程をもらい、そこからはタワー下土下座とロームに切り替え
試合自体は勝利したが、完全なフィード。
ティーモの毒が面倒すぎてこれといった対策がわからない。
恐らくティーモから距離を取りながらのWを当てていくという手段にでなければいけないし
明らかに私より格上の相手なのだからもっとセーフティーい行くべきだった。
めぐさん用ワーウィックJG周り方



①赤バフからはじめる場合
赤バフは手伝ってもらうのでダメージほぼ0(ここでスマイトは使わない)
次に岩や鳥にいくとマナがなくなるうえに青バフを狩られてしまう可能性もあるのでトップサイドのオオカミへいく
オオカミの次に青バフを狩る、このとき恐らく途中でマナがなくなるがここでスマイトを使い乗り切る
次にカエルを狩る

ここまで来たらトップかミッドへのガンクを考える

ガンクできそうにないならカニを狩るか(敵JGに注意)下の鳥か岩にいきできれば鳥でスマイトを使う

②青バフからはじめる場合
青バフも手伝ってもらえるのでダメージほぼ0(スマイト使わない)
次にカエル(ここでスマイトを使ってもよい)
次にオオカミ(ここでもスマイトを使ってもよい)
次に赤バフ(ここでスマイトを使うようにすればカウンター対策にもなる)

ここまできたらトップかミッドへのガンクを考える

ガンクできそうにないならカニを狩るか(敵JGに注意)岩にいき、最後に鳥にいき鳥ではスマイトを使う

この周り方をしないと赤バフからの場合はマナ切れがおこりリコールすることになり時間がもったいない
青バフからの場合はマナ切れがないのでライフをできるだけ高く保つようにしてトップ側の赤バフにいくことでカウンターされても戦える

※なぜ、ボットとトップの両方を狩るか?
ボットだけを狩ってボットにガンクにいくと、そこで相手JGに姿をみられることで赤バフなら赤バフ、青バフなら青バフしか持っていない状態をみられると相手JGは喜んでトップ側のバフをカウンターしにくるからです

トップから始める場合も同じことです

ワーウィックはライフ自体は問題ないのでポーションがいらないくらいなので、マナがきびしいのだから青バフはとられたくない

執筆者

ぴよこ隊長

LOLはじめたばかりの下手くそプレイヤーです。

自分のメモがわりに使わせていただきます。


コメント - 16件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ca51c5e3
2016-10-08 05:10:28
半年ぐらいやっていますが、バロンバフの詳細なミニオンバフは覚えてなかったのでへーってなりましたw
2.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2016-10-08 11:12:22
コメントありがとうございます
以外と詳しくは覚えてませんよね
一読していただき、どこか参考になるものがあれば幸いです
といってもほんとメモがわりにブログつかわせていただいた感じなのですが
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:4eda0193
2016-10-13 23:06:35
備忘録的なガイドも面白いのではないかと思います。
カウンター集の項楽しみにしてるので更新がんばってください。
4.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2016-10-14 03:49:06
コメントありがとうございます
がんばります!
5.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:b0a8c0d6
2016-10-14 22:20:22
ボリベアのEはチャンピオンに使うと恐怖ではなくスローですよー
6.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2016-10-15 00:10:40
5コメ様ご指摘ありがとうございます
至急訂正いたします
コメントありがとうございました
7.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:70c91dac
2016-10-15 12:11:14
champ毎のカウンターなのですが、まとめてきただけのようですので正直違和感を覚えるところも多く、何故カウンターと言われてるかを理解しないとカウンターとして当てても勝てないですし、このガイドは初心者向けだということであれば、なおのこと初心者がマッチアップの有利不利を勘違いしないためにも削除してしまった方が良いと思います。
そういったchamp毎のカウンターは他のビルドガイドに任せた方が良いのではないかと…
8.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2016-10-15 12:37:21
7番さんコメントありがとうございます
初心者向けというわけではないですよ
ジャングルの部分で書いていると思いますが、本来は私自身のメモのようなものです
それを初心者さんも見るからわかり安くという指摘があったので注釈などをつけさせていただきました
私自身もカウンターはこれを見ながら実際どうなのか確認したいと思っているところですので
初心者さんがわからなければ、とばしていただくよう書いておきますね
9.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:4eda0193
2016-10-15 13:21:12
私はこういったカウンター表は一定の需要があると考えています。私自身眺めてるだけでも楽しめますし。
初心者がなぜ有利不利なのか、というところを自分で考えるとまではいかなくても、文章から理解できるレベルであればそれは初心者の域を卒業してると考えてもいいと思っています。
もちろん、詳細なカウンターとしての理由やマッチアップ考察をしてくださってるガイドの存在は非常にありがたいことですし、それが初心者向けだということにも否定はしません。しかし、初心者というイメージが人によって様々であるのもまた事実で、こういったリストも直感的に分かるという意味では初心者向けであると考えています。
内容の是非は、このチャンプは違うのでは?と一部私も思うところがありますが、それは筆者さん自身が認め、事前に記されていることですし、今後筆者さんの理解が深まることでより正確なものとなっていくことに期待しています。
10.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2016-10-15 14:17:32
9番さんコメントありがとうございます
私自身初心者ですし、カウンターと言われてもしっくりきません
なぜなら、戦う相手全てに対して全力で立ち向かうのでだれが有利で誰が不利なんて到底理解できません
勿論、そこに理由づけをできれば一番いいことなのですが
こうやってずらーっとカウンターを並べることで、知識としてとりあえず入ってくればいいのかなーという気持ちで書きました
そもそもカウンターというのはランクマッチありきなところが大きいと思っております
ですので、初心者様に理解していただくこと自体がとうてい無理なことである以上、知識だけでも、ぱっと見た感じなんかこのチャンピオンは苦手だったなー程度でも頭に残ってくれればいいなと思っているしだいです。
貴重なご意見誠にありがとうございました。
11.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d5a5df73
2016-10-20 21:13:55
ドラゴンの壁模様とか、久々にやるとどれだっけ?と迷う時があるので助かります
12.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2016-10-21 00:08:51
11番コメさん
コメントありがとうです
必死でペイントでかきました!
13.
PomeHead 登録済みユーザ
2016-10-24 17:12:50
細かくガイド作成お疲れ様です。
でもアサシンアップデートでJGが結構変わるから編集大変そう...
14.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2016-10-24 18:40:31
13コメさんこめんとありがとうございます
なんか花のようなものが追加されるんでしたっけ?
今ので結構完成形のようなきがしますが、追加されたらされたで面白いのでしょうね!
そのときはまた追記でアップしますよ
この程度なら1日でおわったので、そんなに大変でもないとおもいます
ただ、情報がよくわかってないのでそのあたりは大変かなーって。
15.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ed6be998
2017-02-23 16:04:18
よく忘れてしまうような情報もしっかりと書かれていて
素晴らしいと思いました!
よければ一緒にプレイしてみたいです!
16.
ぴよこ隊長 登録済みユーザ
2017-02-24 04:01:30
>> 15
コメントありがとうございます。
私のメモとして書いているのですが、なんだか壮大になってしまいました。
私はブロンズさん達悪戦苦闘しているかなり下手な部類に入ると思いますので
一緒にプレイしたらとんでもないことになるとおもいますよ。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!