ビルドガイド: アニビア - Anivia

アニビア: Anivia mid (patch7.1)

執筆者: Amy (最終更新日: 2017-01-18 13:40:34)

21,132   0

39
5
89%
トップページ > ビルドガイド検索 - アニビア > 【ビルドガイド】アニビア: Anivia mid (patch7.1)
このガイドはバージョン 7.2.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
結構愛好家も多いAniviaのビルドです。
ビルドに正解は無いと思いますし、あくまでも参考程度に見て頂ければと思います。

2016/05/12 patch6.9の暫定版として更新、セクションも色々と更新。
2016/05/23 patch6.10、メイジアップデート後の暫定としてマッチアップを更新。マッチアップコメントは随時更新していきます。
2016/07/21 ビルドについて追記。
2016/08/23 サモナースペルについて更新。
2016/09/05 ルーン、マスタリーについて若干変更。
2016/11/22 Patch6.23の変更に関して所感追加、表記修正、概要に更新履歴とイントロダクションを移動。
2017/01/18 マッチアップ、ビルドを色々と更新。セクション"立ち回り"追加。

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 魔力の神髄(III) 魔力 +4.95
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


基本スタートビルド

first recall候補

最終ビルド

Patch6.23の変更について

6.23のアップデートでアニビアに大きな変更が来ました。

W - アイスウォール
クールダウン レベルにかかわらず25秒 ⇒ レベルにかかわらず17秒
E - フロストバイト
クールダウン レベルにかかわらず5秒 ⇒ レベルにかかわらず4秒
チルド効果時ボーナス 次のスキルが命中したばかりの対象に対し200%のダメージを与える: Q - フラッシュフロストまたはR - ブリザード ⇒ 完全に成長した R - ブリザード
R - ブリザード
完全に成長するまでの所要時間 3秒 ⇒ 1.5秒
毎秒ダメージ 80/120/160 ⇒ 40/60/80
反映率 0.25魔力 ⇒ 0.125魔力
強化時ダメージ 最大範囲のR - ブリザードは 150% ⇒ 300%のダメージを与える(パッチ6.22と同等のダメージ)

Riot<お手軽ダメージは認めない!
要はE→Rのお手軽2倍ダメージが出来なくなりました。
代わりにのCD減少。の成長時間減少と、コントロールメイジとしての能力が高くなった感じですね。
は3秒で最大になっていたのが1.5秒に。毎秒ダメージが減りましたが最大範囲の追加ダメージは6.22以前と同じです。


6.23になってからいろんな所で「アニビアがNerfされた」との声を聞きます。
確かにE→Rコンボが出来なくなった分ダメージ交換が難しくなりました。草むらに隠れてE→RでADCを通り魔するのも難しいかもしれません。
しかし、Rの成長時間減少がNerf以上のBuffになっていると感じています。1.5秒間相手を捕まえることが出来れば基礎ダメージがスキルレベル1でも120です。アニビアはをうまく使えるなら相手を捕まえておくことはそれほど難しいことではないはず。E→Rコンボ頼りの立ち回りをしている場合はかなり厳しいことになりそうですが、QやWをうまく使える人にとってはBuffに感じられるのではないかな?と思います。

数戦しかしていないのでひょっとしたら気が変わるかもしれないのでその時は許してください。
kogみたいにアップデートが無かったことになんねーかなぁ…
長所と短所
長所
- 1. 長いAArange(全champ中2位の600)
- 2. 壁による敵の分断、味方への手助け
- 3. ult→Eによるお手軽大ダメージ(Patch6.23にて死去。rip)
- 4. ultによるpush性能の高さ

短所
- 1. やわらかい
- 2. 序中盤の卵状態はAR、MR共に下がるため意外と脆い。味方がいないと助からないことが多い
- 3. マナ管理がつらい
- 4. 壁をミスると敵を助けることにもなる
ルーン,マスタリー


マスタリーは12-18。これで安定でしょう。
Qの2回判定のおかげで簡単にサンダーロードが発動できます。
各マスタリーについて↓(2016/09/05更新)
or 自分はレーンでの安定性を求めるためを選択しています。ただがAniviaのスキル構成にマッチしているので集団戦を見越した場合にはこちらの選択もアリです。
or マナ管理に自信が無いなら。ただこのガイド上のビルドオーダーのように積むとマナはそこまで厳しくはならない(相当下手にスキルを打ったり、jgがケチで青バフくれないとかしない限り)のでで良いと思います。

ルーンは結構好みが分かれるかもしれません。
赤: 基本は。AARangeを生かしても悪くない選択。
黄: だったりだったり?
青: だったりだったりだったり。自分は最近をよく持ってます。
紫: 。元のMSが低いAniviaちゃんなのでMSルーンは有用です。壁の使用もある程度楽になるはず。
サモナースペル
自分はの組み合わせを好んでいます。
各サモナースペルとAniviaとの相性(個人的見解)

blinkが無いAniviaにとっては必須。どの試合でも間違いなく使用するスペル。
レーン復帰、他レーンへの応援など。Aniviaは足が遅く対面のroamを止めるのが難しいように思います。これを持って対処してあげると良いかも。もしくはなど、強引に人数差を作ることのできる相手がいる場合には持つと他レーンへの負担が小さくできます。spritpushする場合には特に必須になります。小技として卵状態になる前にTPをすると卵状態になってもTPが継続するので緊急脱出が可能です。(普通のTPと同じなのでスタンなどで解除されるので注意)
対面を絶対に育てたくなく、レーン戦で潰しておきたい等が対面に来た場合。あとは等が来た場合。
assasin相手なら持ってもいいかも。あんまり見ないけど。自分も持ったことが無い。
最近流行(?)のスペル。CDが短くなりmidレーナーでも持つ人が増えたり注目されてますね。blinkがないなので追撃、逃走どちらにも重宝。壁によるinitiateをする際にも使えたり相性は悪くはないと思います。まだ多くこなしていないのでまた追記していく予定です。
これを持つならの方がいい。
などのCCを複数持つ対面が来たなら考えてもいいかも。ただで代用できるので他のスペルを削ってまで持つ必要があるかと言われるとあまり魅力がない。
バフを狩っている間に卵になりcounterされて終了。
ARAMでultでも敷いててくれ。
スキル
AniviaがAniviaなパッシブ。これのおかげでレーンでの生存率は高め。ただ序盤はAR、MR共にマイナスまで下がるので過信は禁物。タワー下以外で卵になると助からないと思った方がいいです。
方向指定スキル。弾速めっちゃ遅い。通過時と破裂時の2回判定がある。
Aniviaの強み。jgなどの狭い通路ならLv1の壁でも通れなくすることが可能。味方も分断できるので使いどころには注意。Lv8で取る人もいるようですが序盤のgank合わせに有用なのでLv4で取得するのをおすすめ。
使い方あれこれ
視界確保 壁を作った部分は5秒間視界を得られます。ワードが無いときに横のブッシュに壁を置いたりすると良いかも。
等のultを止める(位置をずらしてチャネリング解除)
等の壁ドン。
のultやのE等のblinkをキャンセルさせる
のultから脱出出来る。
↑       ↑

QorRで氷状態にしておけば2倍ダメージ。特にLv6以降はR→EのコンボだけでHPをごっそり奪える奪えなくなりました。射程が妙に短いので返り討ちには注意。弾速が遅いのでEを発動してから下にRを敷いても2倍ダメージが間に合う間に合わなくなりました。
farmにも使えるしEによる2倍ダメージにも使える優れもの。スタンやサイレンスで中断されるので注意。6.10の変更によりを使用してもが止まらなくなりました。
ビルド (最終更新2016/01/16)
スタートビルド
基本
特に気にする対面ではない時はこれ。

対AD
対面がADならこれスタートも。にもつなげられる。


今試してます。序中盤の対処がキツイ相手(等)ならと考えています。ポーション回復量も伸びるのでAPが同じスタートよりも実質HPを多く確保出来ることになるようです。

First recall
特にレーン戦で問題なければから積みマナの確保を行います。お金に余裕があればの素材や靴を購入、その後を目指します。レーンでの対面がしんどい場合には等の防具を持って耐え続けましょう。コア完成後のアイテムは以下を参照してみてください。

アイテム考察
Aniviaのコアとなるアイテム。後述。
マナアイテムにを買った場合、特に対応する必要がないならRoAの後はこれか。
を積まずにマナがきつい場合は2つ目としてこのアイテムを積む。マナアイテムとして、火力源としてもとっても強い。また自身がで敵に等がいる場合には早めに。のPassiveと相性が良いので両積みも。
相手に等のTank系がいるなら早めに積みたいアイテム。
<こんにちは、そして死ね! 絶対carryを落とすウーマンになれます。
等にはかなりささる。等のダメージが入るタイミングがわかりやすい相手がいるなら。
相手にMR持ちが複数いるならこれ。
相手が2AP構成もしくは1AP構成でも育っているなら積む。APと耐久力、さらにはCDRが同時に手に入るのでうれしい。

等がいるならどうぞ。
あまり積む機会が無いけど…。相手にTrueダメージ野郎がいる時にでもどうぞ。って言いたいところだけどヘルス増加量が減ってしまったのでもう積む機会は殆どないかもしれません。とヘルス一緒ですし。

or
を選ぶ利点
2600GでGLP-800より安い。
スタックが溜まると能力上昇値がGLP-800を上回る(HP+200、AP+20の差)
序盤に有利をつけることが出来た場合、もしくは五分でレーン戦が終われそうな場合に。

を選ぶ利点
Roaにはない追撃、始動どちらにも使えるActive。
購入直後はこちらの方が能力上昇値が上。
CSもマトモに取らせてくれずにを積むのがかなり遅れそうな場合。対面がblinkを持っておらず、のActiveによりでのダメージを増やせそうな場合に。

靴について
。相手の構成を見て、ビルドを考える際にCDRと相談しながら決めています。普段は、終盤に差し掛かったころに余裕があればにするのもアリです。
 などの継続的にスローを与えるチャンプがいる場合には考えてもいいかも。


ぼくのかんがえたさいきょうのあにびあADC

すいません、この前ふとやりたくなったんでカスタムで一人でやりました。物好きな方はやってみてはどうでしょうか。
立ち回り
~Lv6まで~ <On my wings.
ていうわけでサモリフにが召喚されました。ミニオンが来るまではChikenDanceでもして待ちましょう。間違ってもに引っ張られてFirst Bloodとかにならないようにしましょう。
Lv1は長いAARangeを生かしてCSを取ったり、AAハラスを入れていきましょう。RengedMageならどのチャンプにも言えることですが特に対Meleeは相手がCSを取りに来るたびにAAを入れHP差をつけましょう。を使っても構いません。というか使ってください。2回判定が入れば+AAでが発動します。とはいえ無理にAAを入れると敵ミニオンのフォーカスが来るのでほどほどに。

Lv2はかなり強い部類です。ですがを取得しますがRenged相手ならば無理に2倍ダメージは狙いに行く必要はありません。2倍ダメージにせずにを直接当ててダメージを与えるのもアリだし、CSを取るのにを使ってもOK。使っても弾速遅いので大体は避けられます。Melee相手ならチャンスは十分あるのでミニオンを取るタイミングで2倍ダメージを狙ってもいいと思います。また引き続いてAAでのハラスもしっかり入れておきましょう。

Lv3以降もやることは同じですが敵JGの介入がそろそろ来るころなのでTOPやBOTに見えていない時はは出来るだけ控えましょう。またをしっかり置いておきましょう。もしGankに来られた場合はを駆使してタワー下まで頑張って逃げましょう。があるとはいえ序盤に2人で殴られるとあぼーんです。またMelee相手の場合もスキルが揃うのでの乱用は出来るだけ控えてください。CD中に懐に入られるとダメージ交換負けます。1つの目標は対面に差をつけられずにLv6になることですので無理はせず。

~Lv6以降~ <Ultが取れたよ! <やったn(ry.
を取得するLv6頃になるとそろそろ一度Recallを挟むはず。ささっと帰ってマナアイテムを積んだりしましょう。あとはJGに青バフをもらいましょう。これがあるのとないのではレーン戦のやりやすさが段違いに変わります。よっぽどケチなJGじゃない限りはくれます。
取得後は出せるダメージが格段に上昇します。のようなマナアイテムしか積んでなくとも決まれば相手のHPを大幅に削ることが可能です。
コンボとしては、
 →AA
Lv3以前は基本的にこれ。CSを取るタイミング等を見計らって、は相手の進行方向に撃つこと。

 →AA
Lv4以降始動のコンボが出来ます。は相手チャンプの進行方向に撃ちましょう。

 →AA→
Lv6以降その1。に当たってくれることが中々無いのであんまり使わないかも。

 →AA
Lv6以降その2。の射程内に入ったならを敷いて始動。1回目のまでしか行かないことも多いですがそれでも十分な火力です。できればの範囲内でStunさせたい。

コンボをつらつらと書きましたが使いどころを間違えると懐に入られて死にます。
もしマナが無くなったらさっさと帰りましょう。に必要なモノはマナです。無いと劣悪AAペちぺち鳥に成り下がります。

~集団戦~ が多分一番輝く時間
輝く時間でもあるし一番難しい時間でもありますね。特になんかミスすると敵を助けてGG ANIVIA Report. なんてことにもなりかねません。自身もはうまく使える自信が無いのでイニシエートや追撃程度にしか使わないです。
集団戦の立ち位置ですが、まずを展開した時は絶対にCCに当たらない位置を確保しましょう。もしくは集団戦が始まって少し置いてからCCを大体使い終わったころに敷くのもひとつ。敷く場所は敵の真ん中あたりにして敵を分断させたりするように。
を使う相手はデバフがかかっている敵に対して撃つこと。多分射程距離的に相手Carryまでは届かないので前に出てきたTankに当てておくだけでもいいです。チャンスがあるならやわらかい敵に使いましょう。
は使いどころがいくつかありますね。こちらのADCに向かってくる敵を足止めして一方的にダメージを出させたりpeelに回るのもよし、複数にStunが入りそうならごちゃごちゃしてるところに撃つのもよし。弾速はおそいですが誰か1人くらいには当たります。
マッチアップ
個人的なマッチアップ。難易度★★★★★5段階で表記に変更しました。


 難易度★★
序盤にしっかりAAを入れてHP差を広げることが大事。Lv6以降はに対してを当てるように意識しながら。

 難易度★★★★
こちらの攻撃が当たらないところから兵士でぺちぺちしてくる。に当たるとが中断されるから集団戦では立ち回りを意識しつつ。

 難易度★★★
強いが勝ちます。

 難易度★★★
gank合わせの→Stunに警戒。相手に限らず横の視界はしっかり取って対策。スキル射程の面ではに分があるのでそれを生かしつつfarmもしくはハラス。HPゲージの下にstunゲージが出るので4つになってたらこちらもあまり前に出るのは控えていきたいところ。

 難易度★★★★
機動力の差で勝てません。序盤はに当たらないようにしつつcsを取っていき可能ならを叩き込みたい。ちなみにではは止まらない。Lv6以降はのせいでこちらのバーストを叩きこむのが難しいしおそらく逃げられます。Push力も高くレーン戦で有利を取るのは殆ど無理なので小規模戦や集団戦に賭けましょう。

 難易度★★
の弾速はそんなに早くないし避けるのは比較的楽。こちらので回避されるのでほぼほぼ当たらないと思った方がいい。向こうはバーストを出すために近寄る必要があるがこちら側がで拒否出来る。Lv6以降は懐に入ってくるなら足元にを敷きでダメージ交換を。ホログラムの位置はしっかり見ておかないと戻りでスタンで落ちることもあるので注意。

 難易度★★★
最序盤のは結構痛い。に巻き込まれるとが止まるので絶対に当たらない位置を確保すること。機動力自体はそこまで無いのでうまくで閉じ込めてあげるとOK。

 難易度★★★★
でひたすらゾーニングされるのでこいつ相手にレーン戦でやることが殆どないです。を当てても相手のからの星ペちぺちで負けます。さっさとJG呼んで潰しましょう。でのRoam力もあるのでを持って対応してあげるようにすればいいかも。

 難易度★★★★
レーン、集団戦共にそうですがを見てから使いましょう。またダメージを入れるのものシールド時間を考えながらスキルを使って行くとOK。push力が無いのでひたすらレーンを押すことでRoamは防げますが立ち位置を間違えるとからのフルコンを叩き込まれます。

 難易度★★★
序盤1対1では勝てません。我慢してCSを取りましょう。に機動力が無いためLv6以降は若干有利に動くことはできます。の警戒はしっかりと。

 難易度???
ごめんなさいまだ新しいと出会ってません。ただを見てからを使うことは変わらないです。

 難易度★★
レーン戦はいかにを避けられるかが勝負。避けれるなら負けることはほぼないがLv6以降はがある分他レーンからキルを拾ってくることも。機動力は無いのでで捕まえてフルコンを叩き込もう。集団戦もお互い強いがの方が前に出てくるのでうまく対処できるといいかも。

 難易度★★★★
そもそもこいつ相手にMageを当ててはいけない(戒め)相手にせずに他レーンを助けたり工夫がいる。

 難易度★★★
Lv6以降はひたすらを避けるゲームになる。もあり中々捕まえるのには苦労するかも。特注品の時間になったらPingを大量に鳴らしてRoam警戒をさせよう。

 難易度★★★★
スキル射程やら回転率でこちらが勝てる要素があまりない。しかもワンコン持ち。が止まってしまうので立ち回りには気を付けて。でダメージを減らせるので持っておくのもあり。

 難易度★★★
があるので死ぬことは殆ど無いが、最序盤Lv2のフルコンは注意。入ってきた場合はで交換は可能だしスタンでMeleeモードの攻撃を拒否できる。poke力があるのでミニオンを盾にしながら。

 難易度★★★★
攻撃が当たらない。相手が甘えた位置取りをしたときにスキルを叩き込みたい。

 難易度★★★
逃げスキルが無いのでLv6以降はで捕まえてフルコンを叩き込む。Range差はこちらの方が強い。は必須か。

 難易度★★★
を見てから。さっさとを積みましょう。を使ってきた時にで反応できるように。

 難易度★★★★
攻撃が当たらない。と同じように甘えたところをキャッチしていきたい。

 難易度★★★
スキルの構成上若干こちらの動きが制限される。機動力は無いので捕まえるのは比較的楽か。のせいで他レーンへのroamが多くなるのでひたすらpushするかで人数差を埋めたりする動きが重要になりそう。

 難易度★★★★
が機能しない。Lv5以降はでは耐えられないダメージが入るので慎重に動くようにしよう。

 難易度★★★★
対応するならLv5まで。それ以降はで懐に入られて負ける。の軌道が特殊なのでうまく回避しつつ。集団戦も甘えた立ち位置にいると突っ込んでくるので出来るだけ後ろで。

 難易度★★★
勝負がつかない。をさっさと積むとよいかも。集団戦では打ち上げ、サイレンスには絶対に当たらないように立ち回る。

 難易度★★★
序盤のpush力では勝てないので出来るだけCSを落とさずに。Lv6以降はでpush負けは無くなるので対応していこう。

 難易度★★★
ビームを頑張って避ける。それ以外はそこまで射程が長くないし機動力も無いのでで捕まえていこう。ただそれは向こうにも言えることなのでで捕まえられないように注意。

 難易度★★★★★
相手のが下手なことを祈るゲーム。によるBlink、によるの無効化、のノックアップによるの中断、おまけにワンコン。対抗するならLv5までならなんとかなるがそれ以降は無理。に当たったら負けです、を落としてでも避けましょう。があると幸せになれるかも?

 難易度★★★
機動力が無いのでレーン戦は比較的楽。問題は他レーンへの影響が大きいこと。を持ってしっかり対応してあげたり、深めにワードを置いてどちら側に行ったかをわかるように。

 難易度★★
スキル射程でが有利に動ける。を使用してもを越えられないので積極的に捕まえましょう。必須。

 難易度★★★
VSやけど別に効果は抜群でもないので大丈夫。お互いblink無し機動力も無し。スキル精度、プレイヤーの実力差が出そうな組み合わせだと思う。

 難易度★★★
捕まらなければ倒されることはまずないがを持つと少しは楽になる。レーン戦を五分で終えてしまうとスキルの特性上相手の方が強くなっていることが多いので出来るだけ潰し切りたい。

 難易度★★★
Passiveはultで強引に剥がすことが出来るのでそこから仕掛ければOK。早めにを持ちましょう。

 難易度★★★
限りなく★★★★に近い★★★。で序盤はpush負け。Lv6以降も同等のpush力、さらにこちらのCCを無効化するによるgank合わせ等々…。がささる。終盤に当たると死です。睨み合いで当たらないようにだけ注意。

 難易度★★★
を先出しさせたい。は防がれないからはそれで剥がす。

 難易度★★
スキル射程で見ると結構有利に動ける。スタックをしっかり見ておけば対処は楽。

 難易度★★★
ミニオンは2体前に置きながら対策。は避けれる自信が無いなら

 難易度★★★
CC強い、push力もそれなり。レーン戦はRangeで勝るので懐に入られないようにしながら立ち回ればOK。gank合わせのAll inには気を付けて。集団戦では捕まえられない位置にいないとで落ちるのでに注意しながら。

 難易度★★★★
アサシンアップデート後は若干昔より楽に動けるかな?という印象です。とはいえ2段Blink、消化によりダメージは健在です。が付いたら大人しく下がりましょう。による騙しには注意。

 難易度★★★
勝負がつかない。倒し切ったと思ってもなんか生き残ってる子。による打ち上げには注意。

 難易度★★★★
攻撃が当たらない。と同じように甘えたところを捕まえていきたい。

執筆者

Amy

Aniviaが好きです.


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!