ビルドガイド: カタリナ - Katarina

カタリナ: 初心者向けカタリナガイド

トップページ > ビルドガイド検索 - カタリナ > 【ビルドガイド】カタリナ: 初心者向けカタリナガイド
 カタリナは魔力を纏った短剣を旋風のごとく振るう暗殺者で、チームの中では「アサシン」と呼ばれる役割を担当することになります。

 アサシンの役目は敵チームのキャリーに奇襲をしかけてキルすることです。カタリナはほかのアサシンタイプのチャンピオンと比べると瞬間的な火力はそれほど高くありませんが、残り体力が少なくなった敵を殲滅する能力にかけては右に出るものがいません。一瞬のスキをついて、敵チームの全員を消し去りましょう。

ビルド

最終ビルド


-

-

-

-

最終ビルド

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R
長所と短所
長所
・スキルを使用するときにマナを必要としないので、マナの残量を気にせずプレイできる。
・スキルE「瞬歩」で対象の元へとワープすることができ、機動力が高い。
・範囲ダメージに優れ、敵チャンピオンが集団で固まっているときに大ダメージを与えられる。
・敵チャンピオンを倒すごとにスキルのクールダウンが短縮されるので、残り体力の少ない敵が複数いる場合に一掃しやすい。

短所
・1対1の戦いはさほど得意ではないため、レーンでの戦いでは押されがちになる。
・相手の行動を妨害するスキルがないため、集団戦では味方の協力がないと戦いづらい。
・戦闘時のスキルの操作量が多く、思い通りに動かすのが難しい。
・スキルRを行動妨害スキルで止められてしまうので、戦いをしかけるタイミングが難しい。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

 相手の体力を削るのに役立ち、ラストヒットを取るときにも使うQを最初に取る。
 その後はR>Q>E>Wの優先度でスキルを取得していく。

パッシブ:貪欲なる暗殺者
 ダメージを与えてから3秒以内に敵チャンピオンが死亡した場合、全てのスキルのクールダウンが15秒解消される。

 敵チャンピオンをキルするとQWEすべてのスキルを再度使用できるようになるので、複数の敵と戦っているときは立て続けに二人目のチャンピオンのキルを狙っていける。

Q:バウンドナイフ
 カタリナが「短剣」を投げて対象と周囲の敵ユニットにダメージを与える。その後、「短剣」は近くの敵ユニットに3回まで跳ね返り、最初に命中した対象の背後に落ちる。「短剣」を拾うと、カタリナは周囲の敵ユニットすべてを斬りつけてダメージを与える。

 落ちた短剣はEで拾いにいくのが基本。ミニオンに対してスキルを使った場合でも、うまく敵チャンピオンの近くに短剣が落ちれば連続して攻撃しやすくなるので、短剣が落ちる位置を計算してスキルを使うようにしよう。

W:プリペレーション
 頭上に「短剣」を投げて、少しの間だけ移動速度が増加する。

 スキル使用後にその場から動かなければ、落ちてきた短剣をそのまま拾って周囲の敵ユニットにダメージを与えられる。W→Rとつなげれば、Rの回転を続けながらWで投げた短剣を拾って攻撃できる。

 スキルのクールダウンはさほど長くないので、レーンから別のレーンへと移動するときなど、マップの移動を素早く行うために使用してもいい。

E:瞬歩
 指定対象のユニットの後方までワープし、それが敵ユニットの場合は魔法ダメージを与える。またこのスキル使用後は、受けるダメージが一定時間低減される。このスキルで「短剣」を指定するか、その上を歩いた場合は、このスキルのクールダウンが大幅に解消される。

 敵チャンピオンの懐へと飛び込みコンボを決めるための起点となるが、ファイターやタンクなど、接近戦が得意なチャンピオンに対して戦いを挑むと返り討ちにされやすい。敵の体力状況や、装備しているアイテムなどを考慮したうえで使うようにしよう。

 味方チャンピオンや味方ミニオンのほか、中立モンスター、ブラストコーン、スクライヤーブルーム、ハニーフルーツなどに対しても使用できるので、敵から逃走する際や、マップを素早く移動したいときの移動用スキルとしても役立つ。

R:デスロータス
 カタリナが刃の嵐と化し、最長で2.5秒間その場で回転しながら周囲の敵チャンピオン(最大3人)に魔法ダメージを与え続ける。

 攻撃を当て続けることができれば周囲の敵に甚大なダメージを与えられるが、回転中に移動や通常攻撃をしようとするとスキルが中断されてしまうので注意すること。また、敵の行動妨害スキルをくらった場合にもスキルが中断される。
ゲームの流れ
ゲーム開始〜レーン戦
 序盤のレーン戦では、通常攻撃でラストヒットを取りながら、Qを使って敵チャンピオンの体力を少しずつ削っていきましょう。Eを習得したあとは、Q→Eのコンボで落ちた「短剣」を拾いながら戦っていきます。ただし、こちらの体力が減っているときや、敵チャンピオンが接近戦の得意なタイプである場合はEで敵に近づくのは危険なので、離れた位置からQで攻撃していたほうが無難です。劣勢のときに敵チャンピオンが近づいてきたら、味方のミニオンに対してEを使って距離を取りましょう。

 自分の体力が少なくなってきた場合はいったんリコールして体力を回復し、装備を買い進めるのが得策です。リコールのモーション中に敵の攻撃を受けてしまうとリコールがキャンセルされてしまうので、敵の攻撃を受けないように、タワーの下、または後ろまで下がってからリコールをするようにしましょう。


Lv6以降
 Lv6になるとRを習得するので、体力が減っている敵チャンピオンのキルを狙えるようになります。

 敵との距離が近い場合は
Q→E→W→R
のコンボを素早く決めましょう。敵がRの攻撃範囲から出てしまった場合は、再度Eを使って相手に近づきトドメを刺します。

 敵との距離が遠い場合は
Wで移動速度を上げて相手に近づき、E→Q→R
のコンボを決めましょう。ただし、総ダメージはQ始動のものと比べるとかなり少なくなります。


集団戦
 複数のチャンピオンが入り乱れて戦う集団戦では、相手のキャリーに対して前述のRを絡めたコンボを決めてキルするのが最大の狙いとなります。しかし、カタリナ一人のダメージではよほど強力な装備を手に入れていない限り、体力が満タンの相手をキルすることはできません。また、戦闘が開始してすぐに敵に突っ込んでしまうとRを行動妨害スキルで止められてしまいます。敵が行動妨害スキルを使用し終わり、体力も減ってスキができている状態を狙って懐に飛び込みましょう。

 うまくキルを取ることができればQWEすべてのスキルを再度使用できるようになるので、続いて二人目のチャンピオンのキルを狙っていけます。


試合の流れ
 レーンでの戦いではQで相手の体力を削り、Rでキルをするチャンスがくるのを待ちましょう。自分のレーンで相手をキルするのが難しい場合は、ほかのレーンへ奇襲をかけてキルを狙うのも有効な戦術です。敵のチャンピオンがリコールしている間などは自分のレーンのタワーを守らなくてもよいので、Wを使いながらトップやボットレーンまで歩いていき、Eで敵チャンピオンに奇襲をかけてキルを狙いましょう。
 
敵をキルする

タワーを破壊する

チーム全体にゴールドが入る

ゴールドが手に入るので強い装備を買う

敵をキルする(以下繰り返し)

 というような流れになれば勝利は目前です。もし試合が劣勢になってしまった場合でも、チャンスさえあれば相手を全滅させられるのがカタリナの魅力です。最後まで諦めずにプレイしてみましょう!