ビルドガイド: アッシュ - Ashe

アッシュ: 【新ルーン対応しました】初心者でも扱える、安定感の高いビルド。

執筆者: まきな (最終更新日: 2017-11-15 13:45:09)

37,776   22

161
7
96%
トップページ > ビルドガイド検索 - アッシュ > 【ビルドガイド】アッシュ: 【新ルーン対応しました】初心者でも扱える、安定感の高いビルド。
このガイドはバージョン 7.22.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
長らくAsheに関するガイドの更新がないようなので作成しました。

当ガイドでは主に初心者を対象に『基本の動きを覚える』『腐っても仕事ができる』をテーマとしています。
流行から外れて基礎のみを書いているので、最新のメタや応用を知りたい方は他のガイドでお願いします。

※ 内容の更新・更新の必要なしを確認をした項目は項目名の横に最新のチェック日を記載。

ルーン

栄華
プレスアタック
凱旋
レジェンド:血脈
最期の慈悲
覇道
血の味わい
目玉コレクター

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタートアイテム

最終ビルド

プロフィール(2017/11/15 up)
環境に左右され難い高いユーティリティ性能を有するスキルセットにより、初心者から上級者まで幅広く愛用される。
初期のチャンピオンであるため安価で入手できることもポイント。

長所
●基礎ステータスとスキルのバランスが良い。
●基礎射程距離が長く全チャンピオンでは2番目。
●射程距離無限のウルトによる強力なイニシエート能力。
●通常攻撃とスキルのどちらにも重いスローが付与されることから追撃能力が高い。
●安全圏から自力での視界確保が可能。
●確定で発生する実質クリティカル。

短所
●基礎移動速度が遅く、ブリンクを持たないため逃げ性能が皆無。
●確実性が低く、近距離では性能が落ちてしまうウルト。
●装備が揃うまでクリティカルダメージに期待ができない。
●良くも悪くも器用貧乏で決定打に欠ける。
●人妻(17歳)
サモナースペル(2017/11/15 up)
 フラッシュ
逃走にも追撃にも使えるスペル。
移動に弱みのあるAsheにとっては重要な生命線となる。

※サモナーレベル7以下の方はゴーストを選択してください。

 ヒール
自分だけでなく味方を守ることができる。
瞬間的に移動速度を30%上昇させるため、簡易ヘイストとしての利用も可能。

◆ ヒールを持つ理由は?
  イグナイトやイグゾーストでダメージ差を出したらダメなの?
◇ カスタム等で同条件の元、殴り合ってみるのがわかりやすいです。
  タイミングによる誤差は生じるかと思いますが基本的には殴り負けます。

◆ 最近ではサポートにヒールを持たせるのが流行っているみたいだけど?
◇ 限られた条件下で許される選択肢なのでここではおすすめしません。
  大会でも使われたほど注目されているのは確かなので、解説等は検索してください。
  
 < カーソルから最も近い味方を優先、カーソルがスペルの範囲外だと範囲内の最もヘルスの低い味方を回復するぞ!
ルーン(2017/11/15 up)
長らく別々の扱いだったルーンとマスタリーはS8のプレシーズンにてついに統合されました。
防御面での融通が利きにくく、以前よりもセーフティに生きる選択肢は減ったと考えていいでしょう。

 栄華(マークスマン向けなので、メインパスはこれを選択。)
 弱体が強すぎるため、現状ではこれ以外の選択はありません。
 味方サポートがヒーラー系の場合はオーバーヒールでもかまいません。
 迅速に比べてより早い時間から安定した活躍が見込めます。
 相手がタンク色の濃い構成の場合は切り崩しでもかまいません。
※キーストーンの差別化が曖昧なため、詳細はコメントに記載しています。

以下はサブパス候補です。

覇道と魔導がピック率のほとんどを占めていますが、コメントをいただきましたので不滅も記載します。
天啓については考えを持ったうえでの選択が必要になるため初心者向けとは思えませんので今後も追加する予定はありません。

 覇道(攻撃型。アーリーゲーム~ミドルゲーム。)
 序盤から高い確定ダメージを持つうえに、低クールダウン。スローで発動するため相性が良い。
 回復量に増加分ADが加算されるため、クールダウンはあるがそれなりの回復量が見込める。
 火力の底上げとして。合計で26の追加ADを得る。
追い打ちと血の味わいの組み合わせは一方的に殴ることができる場合に高い効果を発揮します。
目玉コレクターはスタックがためやすいので30分以内で終わることが想定されるゲームでは強まる嵐よりも効果的です。

他のADCで好評の強欲な賞金首狩りはボレーの基本ダメージが低く範囲スキル扱いのAsheにはマッチしません。

 魔導(中間型。ミドルゲーム~レイトゲーム。)
 
 最序盤から持てる簡易ヘクスドリンカー。ささやかだがADの一部がシールド値に加算される。
 追撃性能やカイト面での支えとして。バーサーカーブーツを履いた状態では8の差が出る。
 中盤以降の数値が高く、ある程度守備的なアイテムを積む場合の支えにもなる。
新ルーンの実装にともない基礎ステータスの修正が行われましたが、マークスマンのMR面は保証されませんでした。
以前より格段に威力のあがったAPチャンピオンに序盤から対抗する選択肢として魔除けのオーブはとても強力です。

追い風や強まる嵐はビルドや時間経過で効果を増すため、魔除けのオーブが不要なロングゲームに向いています。

 不滅(守備型。ミドル~レイトゲーム。)
 
 旧ルーンの岩界の盟約とほぼ同じ効果。数値は落ちるがスキルでも発動するようになった。
 血の味わいと異なりクールダウンが設定されていないため、ポークチャンピオンの対面向き。

相手が序盤のハラスに長けている場合に息継ぎは有用な選択肢です。
生命の泉は継続的にスローを付与できるAsheと相性が良く、少数戦以上での味方のサスティンに一役買います。

当ガイドの方針に一番合っている一方でどうしても最終的なダメージは見込めないため、以前よりもサポート的な立ち回りになります。
スキル(2017/10/04 up)
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

最近ではレンジャーフォーカスを優先したオーダーも流行っています。
殴り合いには強いのですが、当ガイドではハラスやCS獲得を覚えるのが目的なので従来のボレー優先のオーダーを推奨しています。

以下は簡単なスキルの解説です。
詳しい内容はwiki等のデータベースサイトを利用してください。

(P)フロストショット
通常攻撃・ボレー・クリスタルアローのスロー値はこのパッシブに依存する。

自前のスローを付与した相手に通常攻撃を行うと確定クリティカルが発生する。
代わりにスローが付与されていない相手には一切クリティカルが発生せず、ダメージも200%ではなく110%+クリティカル率。

 < 要はスローを付与していない相手への初撃AAはクリティカルが出ないので、これらから入ると良い。

(Q)レンジャーフォーカス
通常攻撃でスタックを貯め、発動時にスタックを消化して自身の通常攻撃を強化する。

高いDPSとスローを叩き込める中盤以降の主力スキル。嬉しいAAタイマーリセット付。
厳密には1回の通常攻撃に4回の通常攻撃相当分の追加物理ダメージ判定であり、初撃のみOn-Hit-Effectが発動する。

 < こいつらのパッシブが発動しないってこと。

(W)ボレー
指定方向へ扇状に9本の矢をとばす。
矢はユニットを貫通せず、同一のユニットに複数本当たってもダメージは1本分である。

低クールダウン・スロー・広範囲・長射程と使い勝手のいい序~中盤の主力スキル。
後半はスロー付与がメインとなるが、確定でフロストショットのクリティカルスローになるため追撃に重宝する。

(E)スカウトホーク
指定地点へスピリットをとばす。
移動中のスピリットは視界を持ち、着弾地点でさらに5秒間2000の距離の視界を得る。

基本的にスカウトホークの習得はレベル4ですが、相手のジャングルが早期ガンクが可能で不安な場合はレベル3でもかまいません。

 < ちょっとこわいよね…?

(R)クリスタルアロー
指定方向へ氷の矢をとばす。
矢は敵チャンピオンのみに判定があり、命中した相手に移動距離に応じたスタンと周辺の敵へスローを付与する。

腐っても味方に貢献できる強力なスキル。
射程は無限で比較的クールダウンも短いが、弾速が遅く、ヒットボックスがやや小さいので丁寧に使いたい。
アイテム(2017/10/04 up)
選択肢が少ないのでスタートアイテム+6枠+トリンケットを選ぶ基準だけを簡単に書きます。
買う順番については後述のゲームの項目で。

スタートアイテム
 定番。序盤~中盤のアイテムが揃わない時間の強い支え。
 相手のハラスがきつくセーフレーンにしたい場合。
 装備更新がはやく多めのポーションをもてるが、ライフスティールがないため殴り合いには弱い。
 金銭面でのアドバンテージを埋められるが、基礎ステータスが低いので仕掛けられると弱い。

1枠目 コア
 負けている場合や味方にイニシエーターがいない場合に。高いUltの回転率を得られる。
 勝っていたら欲しい。負けていても構成次第でペネトレーションやプロテクティブが削れる場合には欲しい。
2枠目 クリティカル
 高いクリア能力。移動速度も高い。残念ながらQは初撃にしかボルト効果が乗らない。
 積む余裕があれば他のジール派生アイテムと一緒に持つことで高いクリティカルと追撃性能を得る。
3枠目 ライフスティール
 安定した回復とシールドを約束してくれる、最も確実性の高い選択肢。
 相手のccが濃い場合に有用。
4枠目 ペネトレーション
 相手の体力が凄まじい場合。
 相手の回復が凄まじい場合。
 < こいつらは味方のアイテムやスペルで選ぶ。
5枠目 プロテクティブ
 戦闘前につけておくと一安心。特にエアボーンタイプのCCに有効。
 特にCCはないがAPが濃い場合やメイジが育っている場合に。
 育ったアサシンに襲われても一安心。ただし、攻撃面で不利になるので最悪の手段。
 驚いたことにADが乗るようになった。積まない理由が浮かばない。
6枠目 ブーツ
 性能のわりに値段が安く、これ以外の選択肢は考え難い。
 相手がAllADの場合の選択肢として。


 え?流行ってるって?カイトできないとたぶんダメージ出し切れないですよ。
ゲームプレイ(2017/10/04 up)
初心者の身内に向けて書いてるのであまりAsheに関係ない基礎的な部分もあります。



買い物はアイテムの項目で書いた内容を参考にしてください。
判断できない人はレーン戦をしたければドラ剣、放棄したければドラ盾を購入するのが無難です。

最初のトリンケットは黄色いものを選択しましょう。
序盤のサポートは視界をとる手段が少ないため、その手助けになります。



買い物が済んだらレーンに走る前にひとつだけやることがあります。
味方ジャングルがボット側のバフからスタートする場合、少しだけ狩る手伝い(=リーシュ)をしましょう。

 <なくても大丈夫だよ

単独で狩れるチャンピオンやラプタースタート、トップ側のバフスタート等の特殊な場合を除いて9割ぐらいは行います。
止めを刺さないように5発程殴ったらレーンへ出ていきます。多少出遅れてもボレーで回収できるので慌てずに。



基本的にレーンではミニオンを倒してCSを稼ぎつつ、余力で相手にハラスをしていきます。

初心者のうちはハラスする精神的な余裕がないと思うのでCSに集中していても大丈夫。
気が向いたときにボレーを打ち、相手がCSをとりに前に出たタイミングで通常攻撃を入れることに徐々に慣れていきましょう。

注意したいのは敵チャンピオンに通常攻撃をするとミニオンのターゲットが自分に向いてしまうこと。
序盤はとにかくこのミニオンの攻撃が痛いので、ある程度ミニオンの数を管理したり立ち位置に気を付けなければいけません。



最初にするべきことは相手よりもはやくレベル2になるためにミニオンを多めに叩くことです。
単純な話ですが複数人いるレーンなのでスキルをもうひとつ使えるのは大きなアドバンテージです。
加えてステータスも上昇しますし、敵か味方がキャッチ・オールイン系のサポートの場合はキルチャンスが生まれます。

 <先行されたら死ぬし、先行したら殺せるかもしれない。

先行できそうで味方がレベル2で高いキルポテンシャルを持っている場合は少しだけ前に出ておくと合わせやすいです。
先行することが難しい場合は相手のスキルにあたりにくい位置でCSをとりましょう。

大事なこととして、レベル2になるためには1つのウェーブ+前衛ミニオン3匹が必要ということを覚えておきましょう。



最初はレベル2を先行するため必死にミニオンを叩きましたが、ここからは自由です。
状況や目的にに応じて使い分けていきましょう。

ミニオンを殴り続けてプッシュするメリット・デメリット
◇ 相手が処理能力の低いADCの場合、うまくすればある程度タワーにミニオンを食わせられる。
◇ 自軍のミニオンが多いことで相手と交戦してもヘルスアドバンテージをとりやすい。
◇ 味方ジャングルが川や相手の森で交戦している場合に駆けつけやすい。
◆ 視界がなければ敵ジャングルやミッドに襲われる。
◆ 相手のサポートがプル・フック系の場合、立ち位置を間違えるとタワーに連れていかれる。

ミニオンをラストヒット以外で殴ることを辞めてプルするメリット・デメリット
◇ 戦うと不利な相手の場合、安定してファームができる。
◇ 味方ジャングルがガンクしやすい。
◆ 少しずつだがタワーが削れてしまうリスクがある。
◆ 処理する位置を間違えるとタワーにミニオンが食われる。
◆ 近くで味方が交戦している場合、寄ることで敵より多くのミニオンをロストする可能性がある。

押し付けられた際のタワー下ミニオンの対処は、前衛はタワー2発+通常1発、後衛は通常1発+タワー1発+通常1発でとれます。



一度当たってキルが発生してもしなくても、お互い仲良しファームをしていても区切りをつけて一度帰りましょう。
目安は、体力がない>目標額に達したぐらいで。お金がなくても命にはかえられません。

 <350
 <450
 <450
 <875
 <1300

買える中で一番高いものを買いましょう。
端数はためてもいいですが、一つだけコントロールワードを買うとサポートの負担を減らすことができます。

 <これだけはファーストリコールで買うのはナシ!豆鉄砲!

買い物が終わったらファーストタワーを折るか折られるかするまで同じことを繰り返します。



多くの場合、ファームだけでレーン戦が終了するということはまずありえないです。

相性次第では当たりたいし、当たられもします。
自分達がセーフでいこうとしてもお互いのジャングラーや他レーナーの介入があるかもしれません。

基本的にレーン戦自体はサポートが中心となってハラスや視界の確保を行います。
初心者のうちはハラスせずにCSに集中してもかまわないとはかきましたが、キルチャンスがあれば積極的に前に出ましょう。

 <ヘルスが5割切らないうちに飲みたい

実際に当たったときはどうするべきなのか?

開始が味方からでも敵からでも気を付けるのはミニオンの状況です。
理由は最初に書いた通り、序盤のミニオンの攻撃はとても痛いので極端に差があるときの戦闘は一度避けましょう。
自分のほうが体力的に不利、体力はあってもダメージ面で劣る場合も同様です。

問題がなければ当たりたいところですが、一度スカウトホークを森にはなっておくと安心。
近くに敵のジャングラーがいる場合、戦闘中に寄られて不利が発生する可能性があるためです。

殴り合う際に思い出してほしいのが、レンジャーフォーカスにはAAタイマーリセットがついているということ。
通常攻撃→レンジャーフォーカス→通常攻撃で無駄のないダメージを相手に与えることができます。

◇ AAタイマーリセットって何?
◆ AA(=通常攻撃)後のモーションと硬直をキャンセルし、即座に次の攻撃に移れるテクニック。

通常攻撃をする際にもう一つ覚えておきたいのはカイトというテクニック。
所謂、引き撃ちのことで地面(自分の若干後ろぐらいが目安)と敵チャンピオンを交互にクリックします。
相手のスキルをかわしたり、近接職や攻撃速度が遅いチャンピオンの場合はうまくすると相手の通常攻撃範囲外に出ることができます。

 <うまくできないよ…という方はアタックムーブという機能を調べてみてね!

味方サポートのCCにもよりますがボレーとクリスタルアローは射程の長いCCなので追撃に使うと便利です。
特に序盤のボレーはCDが非常に長いため、当たり初めに使ってしまうのはいい選択とはいいがたいです。

逆に味方のジャングラーやレーナーの介入がある場合は先にボレーやクリスタルアローで開戦しましょう。
敵側の介入があった際もダメージ計算ができないうちは無理せずにCCでかためて退避をするのが無難です。



買い物の優先度は状況に応じて変化します。



安心してプッシュが行える場合はこちらから。
逆にそうでない場合はガンクやロームの対象となるリスクがあがるため、後回しでも問題ありません。



勝ってはいるが極力プッシュを抑えたい場合はこちら。



味方のジャングラーや他レーナーが頻繁にきて、小規模戦が多い場合にUltの回転率を高めます。



負けていてお金がない場合や上記のようにプッシュしたくない場合はこちら。
若干ダメージは劣りますが逃げ性能も手に入ります。

靴+どれかひとつが揃う頃にはレーン戦が終了し始めていると思うので内容をゲームプレイに戻します。



大体のレーン戦が終了する目安はどちらかのボットファーストタワー獲得までです。
金額は下がりましたがファーストタワーボーナスも狙えればとてもおいしい。

◆ ファーストタワーボーナスって何?
◇ タワーのファーストブラッドのことで、通常の破壊報酬に加えてチームゴールドに300G追加されます。
  ボットタワーはスワップ対策でパッチ6.15以降、他レーンのタワーに比べてやわらかく破壊しやすくなりました。

理想としてはボットのファーストタワーを獲得し、トップレーナーと合流もしくはレーンの交換をすることです。何故か?
折ったあとに移動するレーン別のメリットとデメリットの話をしましょう。

ボット
○ 自身が対面と経験値差をつけやすく、チーム全体の経験値バランスがよくなる。
× 相手が自軍のファースト~セカンド間でフリーズするとファームができない。
× 視界が取れていても逃げ性能が低いAsheでは単独で深いプッシュを行うリスクが高い。

居残る場合は多くの場合、青トリンケットをもってサポートにはどこかへ行ってもらうことになります。
理由としては相手ジャングルへのワーディングや他レーンが有利を作る手助けをしてもらうため。
他にも、悪い言い方ですがレーン戦終了後のサポートは経験値を吸うだけの存在になってしまいます。

ミッド
○ 重要性の高いミッドファーストタワーを獲得できる。
× 合流のタイミングによってはミッドレーナーのファーム環境を奪うことになる。

最も多いパターンですが、特定の状況を除いてあまりいい選択とは言えません。
先ほど書いたようにボットタワーの耐久度が減った現状では育ち切っていないミッドレーナーの邪魔になる可能性が高いです。

筆者はミッドレーナーだから強く言うけどまじでやめて本当にやめて。
最近はメイジサポが多いせいかプッシュがはやくて最悪の場合こっちがUlt覚えるか否かのレベルで合流することすらあるけどやめて。
本当にいいの?ファームできなくてお前のとこのミッド腐るけどいいの?大丈夫?それで煽ったら通報するぞ?って感じ。


既にトップもボットも折ってしまっている場合か、相手のミッドレーナーが極端にプッシュがはやい場合以外は避けたいものです。

トップ
○ 多くのトップレーナーははADCと違いひとりでもプッシュが可能なので、レーンの交換が行え引き続きファームができる。
○ 相手のトップレーナーが育っている場合でも1v2~3の状況を作り出せるため戦闘が起き難い。
× 移動のタイミング次第ではドラゴンへの関与が難しい。

個人的には最もおすすめで、大会などでもよく目にするパターンかと思われます。
相手のトップレーナーが育っているのなら合流して手助けをし、逆ならレーンの交換をしてもらいます。
相手のファーストが折れていないのであればリスクの少ない環境で穏やかなファームが可能です。



先にタワーを折った後は選択肢がたくさんありますが、折られるとそうはいきません。

折られてしまった後も基本的にはサポートに出張してもらいます。
青トリンケットを持ち、味方のファーストタワー跡地より先に出ないようにファームをします。
無駄に殴ってプッシュしすぎないようにラストヒットだけとっていきましょう。
前に書いたように負けているときにハリケーンから積んでしまうとこの作業ができなくなってしまうので要注意。

跡地まできたあとは2つの選択肢があります。
相手が全員ミッドより上に集中している場合と相手がひとりでも残っている場合です。

前者の場合は視界だけしっかり確保してプッシュしきって相手のファーストタワーを折り切ります。
負けている度合いやチャンピオン同士の相性にもよりますが、下手に歩いて加わりに行くよりもはるかに有益な場合が多いです。
味方が当たってしまう状況の場合はUltで参戦しましょう。

後者の場合は相手も同じことをしてくる(先に折った場合の居残りパターン)場合が多いです。
跡地までプッシュしてリコールを挟むなり中立モンスターを狩るなりして押し返される時間をつぶしましょう。

数が勝利に直結することの多いゲームなので、合流しないことでなにか言われる場合もあるかもしれません。
心を強く持ちましょう。はやい時間に腐りきった状態で寄られても共倒れのリスクがあがるだけなのでファームをしてください。

負けているときは勝っているとき以上に寄る寄らないの状況判断が非常に難しいです。
状況に応じて臨機応変に。チームの理解が必要な部分も多いのでゆっくり慣れていきましょう。



全体的にファーストタワーも折れてくる頃になると迂闊にひとり歩きもできません。
今度は味方の側を離れないようにしましょう。迷ったらとりあえずサポートについていきます。

行動範囲は狙うオブジェクトにあわせていきます。
例えばドラゴンが湧くならボット寄り、ドラゴンは当分湧かずにバロンを警戒するならトップ寄りといった具合に。
視界が取れている範囲まで押して引いてを繰り返しながら集団戦が起こるまで様子見をします。



目当てのオブジェクトが取れるタイミングになるといよいよ集団戦のためにお互いが慎重になります。
孤立して殺されたりすると一気に勝敗が決まる可能性もあるので注意しましょう。

基本的には人数差がついている時(孤立した敵を殺した、集団から離れている敵のTPがないなど)を狙います。
人数差がついているときであればチーム全体が負け気味でも勝ち目はあります。
味方に強力なイニシエーターがいる場合は任せてもいいですが、自分から積極的に開戦しても問題ありません。

逆に人数差をつけられているときは相手のスキルに当たらないようにします。
極力、オブジェクトをとらせないように見張っていたいですが、場合によっては完全に下がってもかまいません。

正直、このあたりの感覚は慣れなので落ち着いて経験を重ねていきましょう。

多くの場合、やわらかいADCは真っ先に狙われますが、自分も無理して相手のADCを狙いに行く必要はありません。
味方のタンクやファイターの後ろから一定の距離を保ってゆっくり前から崩していきましょう。

立ち位置だけは絶対に見失ってはいけません。
万が一の際に逃げられるルートを確保し、自分を狙いにくる可能性のある敵(アサシンやメイジなど)にしっかりと目を向けます。



集団戦で生き残ったら敵味方の生存者に応じてとれるオブジェクトを回収していきます。
特に初心者のうちはエースを獲得したのに自分のヘルスに気を取られてリコールしてしまう人、よく見ますよね。

相手のデスタイマーをしっかり見て行動しましょう。
判断をミスしてタワーを折っている最中に相手が復活し、逃げ切れない場合は無駄にあがかず折れるところまで折りましょう。



長々と書いていたらわかりづらいと怒られたのでだいぶ端折りました。
大体こんなことができればいいんだなーと心の隅にメモしておいてください。
おまけ1(再編集中)
サポートアイテムの変更でだいぶ環境が変わったので、相性のいいサポートについて再編集中。
おまけ2(これ古い情報なのでそのうち消すと思います)
以前に比べるとADCを取り巻く環境はがらりと変わりました。
大きな要因は脅威の変更とメイジサポートの流行。

現在、流行しているADCは脅威の変更でメイジのようにスキル主体で戦うCasterADC。

 (今一番LoLを楽しんでいる)

無事に育つことができればそいつらを処すことのできるAssassinateADC。

 (無事に育てる保証はかなり低い)

最もADCに求められる仕事の一つであるオブジェクト獲得に特化しているHighDPSADC。

 (中でも比較的腐り難い者だけが生き残る)

高いユーティリティで味方の手助けやイニシエートを行えるSupportADC。

 (戦闘力は最低ラインだがユーティリティ面でプロに大人気)

他に関しては息をしていなかったり、別レーンに出向したり。
周りのADC専のサモナーは口をそろえて『今までで最もつまらない環境』だと言います。

 (こいつがbotの1~3位をうろついてるってどういうことだ?)

とはいえ、個人的には初心者に最もおすすめしたいロールはADCでありAsheであるわけです。なぜか?

① 最も味方に守ってもらえるロール。
② 仕事が非常に単純で考えながら動く部分が非常に少ない。
③ 視界の確保やレーン戦は8~9割サポートが行うため、集中力をCSにさける。
④ 基本的にアイテムに大きな差がなく、サモナースペルが固定されているので情報量が少なくて済む。
⑤ 数多のマークスマンの中でリメイクを挟みつつもAsheは初心者用として設計されている。

つまり覚えることが多くていっぱいいっぱいになりがちな初心者に最適というわけです。
もちろんその分ADCには技術と結果が求められるわけですが、わからないまま頭を使うよりはマシでしょう。
おまけ3(2017/10/04 up)
このページで使用されている用語の簡易説明を用意しました。
より詳しい説明はwikiの用語集を利用していただけると幸いです。

アーマーペネトレーション
 敵の物理防御を貫通するステータス。貫通する際の計算式が脅威とは異なる。
 現在はほとんどが脅威に改変されたため、マスタリーでのみ存在。

イニシエート(イニシエーター)
 集団戦を起こすきっかけになるスキルやチャンピオンのこと。

エアボーン
 打ち上げ。ノックバックやノックアップなどの解除不能CCのこと。
 厳密には解除できるが、着弾と同時に解除アイテムを使用しなければならないためかなりシビア。

オートアタックタイマーリセット(AAタイマーリセット)
 通常攻撃の間に挟むことで、攻撃モーションをキャンセルして次の通常攻撃を行うことができる。

カイト
 所謂引き撃ち。
 移動しながら攻撃することでスキルを避けたり、レンジを活かして一方的に殴れるADCの大事な技術。

ライフスティール
 通常攻撃で与えたダメージの一部を体力として吸収(=回復)をするステータス。

執筆者

まきな

みっどれーなーだよ☆

色々あってAsheガイドを書いていますが、細かい部分はきちんとADC専の友人たちに監修してもらっているので安心して読んでいただけたらなと思います。


コメント - 22件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:8d0922a2
2017-02-10 13:25:48
マスタリー「闘争本能」の4段目ですが、
「集団戦を生き延び、オブジェクトを取る」役割が重要なADCにとって、被ダメージが上がってしまう諸刃の剣はあまり初心者向けではないと思います。
賞金首狩り または 闘争の愉悦 どちらかを選択する方が好ましくはないでしょうか?
2.
まきな 登録済みユーザ
2017-02-10 21:05:12
>> 1
コメントありがとうございます。

自分もその部分が怖くて(18/012)の場合は賞金首狩りを使用しています。
今回の記事を書く際も当初は賞金首狩りにしていたのですが、友人達と何度か検証した結果、このマスタリーですと通常に比べてライフスティールやヘルスリジェネといった基本的なサスティン値が高く、被ダメージ増加はカバーしきれると判断たためダメージの底上げとして諸刃の剣を選択しました。しかしながら指摘いただいた点も尤もですし、より安定性を得られるという意味で候補としては十分な価値があるのも確かなのでマスタリーの項に追加させていただきました。
闘争の愉悦に関してはADCですと後半の失速が懸念されますので候補から外しています。
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:f42cd93e
2017-02-11 17:17:51
初心者向けということで、始めて1か月の私には非常に参考になりました。
特にレーン戦時の注意点やアイテム購入の目安などが分かりやすかったです。
加筆を予定しているようですので、集団戦の解説など楽しみに待ってます。

ただ、人妻が短所という点は納得いきません。
4.
まきな 登録済みユーザ
2017-02-12 00:32:27
>> 3
コメントありがとうございます。

試合の待ち時間に加筆修正をしているので少しずつ更新していくつもりです。
集団戦の解説等はもう少し先になりそうですが、気長に待っていただけると幸いです。

確かに人妻には夢がありますが17歳と考えると嫉妬で死にそうなのでやはり短所だと思います。
5.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:91d70e55
2017-02-20 23:07:54
内容はいいと思いますが初心者向けにしては少し情報量が多すぎるのでは?もう少しすっきりした内容だと嬉しかったです。今後の更新を楽しみにしています。

僕も人妻は長所だと思うのでマイナス評価を押しておきますね。
6.
まきな 登録済みユーザ
2017-02-23 08:58:01
>> 5
コメントありがとうございます。

確かに一度に読むには情報が多すぎるかもしれませんね。
今日のパッチ分の修正も含めて、不要な部分を削れるように善処していきたいです。

ほんとに低評価はいってるーーーーー!!!
7.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:be17ef15
2017-03-07 00:45:58
「初心者向け」と明記するのであれば、リーシュ以外にも日本語の説明があるとありがたいです…。
(lol初めて1か月ほどですが、経験者の友人に説明してもらいながらでないと読めませんでした。)
8.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d85c9d35
2017-03-16 21:32:20
初心者で、最近やっとマスタリーを18まで振れるようになりました。アイテムそれぞれのメリット、デメリットから、序盤~終盤までの動き、サポートとの相性まで、とても参考になります。ADCのレーンの動き方としても、今後の参考にします。
ただ、人妻であることはアッシュの最大の強みだと思います。
9.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:1726a4a5
2017-03-23 19:10:31
私は人妻というのは短所だと思いますね。だって考えてみてくださいよ?タワー折るだけの半裸のおっさんと毎晩過ごすような女性なんですよ。
10.
まきな 登録済みユーザ
2017-03-27 23:23:22
コメントありがとうございます。一律の返信になって申し訳ないです。

新パッチでだいぶ環境が変わったのでメモ帳で書き直しをしているのですが、
来月頭までにはもう少し今のパッチにあわせた内容に更新しなおせたらいいかなと。

用語の日本語解説の件ですが、その前の情報が多すぎるというご指摘も含め、
新規の方にももう少しわかりやすいように改善していけたらと思います。

人妻の長短に関しては私も>>9の方と同意見です。しかも17歳ですよ17際。
11.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:368d058e
2017-04-29 19:09:40
最近はなんか王剣が人気らしいですね。
王剣作ってると序盤の火力がひどいことになりそうなのに
12.
まきな 登録済みユーザ
2017-05-04 17:51:20
>> 11
最序盤はともかく完成してしまえば通常のビルドより安価でパワースパイクを迎えられます。
相性というより王剣自体の性能が壊れてしまっているんですよね。
今回のタンクアップデートの件もあるのでしばらくはナーフもなさそうですし。

ただ、それは最低限の動きができるADCの話なんです。
あくまで当ガイドはカイトのカの字もわからない初心者向けなので、腐っても仕事ができるユーティリティービルドを今後も推していきます。アイテムカラムにこぼれ話として書くことはあるかもしれませんが('ω')
13.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:23ade7c3
2017-05-08 20:37:48
↑返信きてた。

丁寧な返答ありがとうございますぅ(*´ω`*)
14.
まきな 登録済みユーザ
2017-06-17 15:09:54
一応の完成です。
書いている間に何度もアイテムやマスタリーの変更がきてキレそうでしたが、遅筆の当ガイドを見守ってくださりありがとうございました。今後はパッチに応じて加筆修正をする程度にとどめておきます。後半少し雑になった部分があるのでそこは直すかもしれませんが。

また、プロフィールにも書いていますが筆者はmid専なので、今回のガイドを書くにあたってplat~dia帯のADC専の友人たちに「初心者が抑えておくべきポイント」や「最低限できなければいけないこと」を意見・監修していただきました。曰く、これだけできればgoldぐらいまではいけるはずとのことですが、保証はできません。
15.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ccafaf83
2017-10-16 17:15:28
このアッシュを使ってみましたが、1vs1は負けますが、集団戦つよくて勝てました。
良い物だと思います。
16.
まきな 登録済みユーザ
2017-10-20 03:06:04
>> 15
コメントありがとうございます。

当ビルドは概要にもある通り、腐っても仕事ができることを前提にしている分どうしても1v1の性能は落ちてしまいます。なのでもともとダメージの出し方がわからない初心者の方はもちろん、立ち回りに自信のある中級以上の方でもビルド上、最終的なダメージが足りなくなる可能性があるのが悪い点です。その分、少数~集団戦に重きを置いているのでそういっていただけると幸いです。
17.
まきな 登録済みユーザ
2017-11-13 19:21:03



新ルーンの実装に伴ってルーン・マスタリーの内容を統合・変更しました。
以下は備考として読んでいただけると幸いです。

① キーストーンの選択

当ガイドの方針上では安定性を押しているため、フリーという選択肢もあるので迷いました。
渇欲に比べ恩恵が薄いためプレスを選択しましたが、MS面で見るとフリーも悪くはないと考えています。

最新のBeyondTheRIftにてRioterは特別にプレスの調整を行う予定はないと明言しています。

② レジェンドの選択

筆者とアドバイザー陣の間でも意見が分かれました。(そもそもプロも論争してるし…)

今回はガイドの方針とAsheのビルドオーダーを考えて血脈を選択しました。
基本的なASアイテムが揃う頃に8%のLSの入手は大きく、場合によってはアイテム枠を大きく削ることが可能です。

迅速は旧ルーンでのAS面を補う意味でもいい選択肢のひとつだとは思います。

③ サブパスの選択

完全に好みの問題で、どちらでも問題はないでしょう。
18.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:a538d3b2
2017-11-14 11:38:03
サブパス不滅で生命の源と息継ぎかなりあってて強いです!
19.
まきな 登録済みユーザ
2017-11-15 12:41:51
>> 18
コメントありがとうございます!

確かに不滅、このガイドの方針にもマッチしていてとてもいいんですよねー…
設定したビルド上、以前よりもダメージが落ちかねないため削っていましたが、せっかく頂いたご意見なので載せることにします。
20.
エズリアル岡村 登録済みユーザ
2017-11-19 10:46:21
こんにちは。
2点、コメント宜しいでしょうか。


今のメタでLv2の小競合いが起きない事は多くないかもしれませんが、
セーフティなプレイを推奨するガイドであれば、
Lv2でEを取得して敵のtop側バフに打ち込むスタイルも紹介しても良いのではないでしょうか?

丁寧に打ち込めば敵jgの狩るルートまで分かるので、チーム全体のgank耐性が上がりますし
Lv2 fightを起こさない前提で言えば最も強いプレイです。プロでもよく使われています。



17歳の人妻である点は長所ではないですか?
21.
まきな 登録済みユーザ
2017-11-20 20:01:54
>> 20
コメントありがとうございます。


単純にセーフティなプレイだけであればそれもアリだと思います。が、どちらかといえば初心者向けガイドという点で「このガイドが必要なレートでLv2でEとったところでその視界情報を有効活用する精神的な余裕があるか」という問題があります。なので、少し早めにbot近辺をうろつく可能性のあるチャンプを警戒する程度から始めるのがベターではないかなと考えている次第です。


こちらは前に別の方にも頂いたご意見ですが、難しい議題です。戦争にも発展しかねません。
ただ私から言えるのはストーリー読んだ後だと人生が胸糞すぎて興奮できる要素がない。

余談なのですが、岡村さんのエズガイドをmidでよく利用していたのでちょっと嬉しいです。
22.
エズリアル岡村 登録済みユーザ
2017-11-23 02:36:26
>21
返信いただきありがとうございます!

>余談なのですが、岡村さんのエズガイドをmidでよく利用していたのでちょっと嬉しいです。
うひょ~! 有難いお言葉です。ネコババガイドも書きましたので、興味があれば一読お願いします。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!