ビルドガイド: フィオラ - Fiora

フィオラ: topフィオラ 本当に初歩的なガイド

執筆者: へず@すし!すきやき!やきにく! (最終更新日: 2017-05-07 02:03:26)

1,950   6

5
6
55%
トップページ > ビルドガイド検索 - フィオラ > 【ビルドガイド】フィオラ: topフィオラ 本当に初歩的なガイド
このガイドはバージョン 7.9.2 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
・フィオラをこれから使ってみよう!という方へ向けたガイドです。
・ノーマルでの運用について解説します。
・ブロンズ5なので間違っているところが多いと思います。
(じゃあなんで書いてんだお前と思われるかもしれませんが、フィオラを多くの人たちに使ってほしいのです。)

変だな、と思った点はコメント欄にお願いします。

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 3
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 6
  • 攻撃速度の神髄(III) 攻撃速度 +4.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初手

1stリコール

対タンク武器

対レンジ・アサシン武器

防具各種

靴各種

対ティーモ

最終ビルド

長所と短所
1対1最強であるフィオラの長所と短所をば。

◎長所
・1対1が強い
WによるCC無効化、Eによるスロー付与・Qによる追撃性能の高さで、
敵と1対1をする性能が非常に高いです。

・凄まじい回復性能
装備が整ってからになりますが、ライフスティールを積むと殆どのスキルが通常攻撃判定であるため
ダメージを与え続けるとパッシブの効果でモリモリ回復します。

・タワー折り・オブジェクト獲得が早い
Eを1回使うだけで2回攻撃でき、更にQやでAAキャンセルできるので
AAをひたすら連打できるのでオブジェクト獲得がかなり早いです。

・タンクに強い
パッシブUltで割合ダメージを与え続けるため、
防具を積んだタンクでもダメージを通しまくることができます。

◎短所

・めちゃくちゃ柔らかい
所詮アサシンなので、スキルパリィミスったりガンクで捕まったりすると一瞬で溶けます。
序盤は特に柔らかいです。武器を積んだ後は防具も積みましょう。

・スローに弱い
相手に近づいて殴る能力はあるものの、スローをかけられてしまうとによるパッシブがあっても
追いつけない・逃げられない状態になるため非常に苦しい戦いになります。

・集団戦が非常に難しい
集団戦飛び込んで敵のスキルをすべて受ける程の耐久力はありません。
集団戦で飛び込んでイニシエートしてしまうと一瞬で溶けます。敵がスキルを吐いた後から入るか、もしくは集団戦しないよう
他レーンを押しまくるといった戦法を取った方が良いです。

・装備依存度が高い
装備が揃わない間はパッシブ以外で殆どダメージが出せず、回復も防御能力も低いので戦えません。
ちゃんとcs食いましょう。

・攻撃のほとんどがAAの為対策されやすい
などなど
サモナースペル
俺によしお前に良しの万能スペル。
逃げた相手を殺すのにもスキルドッジに使うのもよし。

top行くんだし持って味方のピンチやチャンスにちゃんと寄りましょう。

持っても良いですが最序盤から殺しに行くチャンプではないのであまり…

スキル
パッシブ
近くにいる敵チャンプの上下左右どれか一つに弱点が出ます。
上か左に出た後は、下か右のどちらかに出ます。
この弱点をAAかQ、Wなどで攻撃すると最大体力に応じた割合ダメージ、フィオラが回復、移動速度上昇と
1つで様々な効果を得られます。フィオラの強さを支えるパッシブですね。
TrueDM: [対象の最大HP × 2% + [増加AD × 4.5%]%] ※Wikiより
序盤はこの弱点を突ければかなりダメージを与えられますが、武器を積んで攻撃力を上げなければ
パッシブのTrueダメージはあまり大きくないので、序盤こそ特に弱点に当てられるよう注意して立ち回りましょう。


一定距離をブリンクし、近くにいるミニオンか敵の弱点を攻撃します。
敵の弱点、CS、近くに居る敵の順に優先して殴るので、CS取ろうとして敵の弱点突いちゃったということがよくあります。
敵に当てるとCDが大幅に解消できるので、実際はかなりテンポよくブリンクできます。
レンジ400に加えて、ブリンクで移動した後に剣で突く射程があり、合わせるとかなり遠くの敵も攻撃できます。
このQの長い射程を生かして相手のスキル範囲外から殴る動きが強いので、射程を意識して使いましょう。
壁にくっついてQを打つと薄い壁ならブリンクして抜けられます。


全てを無効化する最強スキルです。
割と長めの射程、0.75秒の無敵、敵のCCスキルを無効化した場合はスローではなくスタンを付与。
スキル性能はめちゃくちゃ良いですが大体20秒くらいのCDがあるため、気軽に使える物ではありません。
レネクトンのW、ヤスオのQ、ダリウスのQなど、
厄介なスキルを止める為に使います。
方向指定なので、折角相手のスキルを無効化しても焦って変な方向に突いてしまうと相手にスタンが付与できず状況五分、なんてことがあります。
体感で発動が一瞬遅いので、相手のスキルを見てから止めるのではなく、打ってくるであろうタイミングで打って受けるという使い方になります。
このスキルのお陰でメイジ連中ともやり合えます。
Wで相手のスキルを無効化することを「パリィ」と呼びます。

E
次の通常攻撃2回が高速化、1回目はスロー付与、2回目はクリティカルが必ず発生しダメージが増加します。
CS取るのに良し、1回目だけ相手を殴って逃げるに良し、2回とも使って逃げる相手を追いかけるもよしと
万能な働きをします。特にタワー下に溜まったミニオンのCSを取るのに非常に便利なので、レーン押し込まれてもCSちゃんと取れます。
AAをキャンセルできます。

Ult
パッシブで相手の弱点を突いた時の移動速度が30/40/50%増加、敵チャンピオンに使用すると相手の4方向すべての弱点を表示させます。
1個所以上突いた状態で相手が死ぬか、4個所突くと「戦勝の地」が発動し、対象を中心として回復するエリアが展開されます。
1対1で戦勝の地を発動させてモリモリ回復しながら戦うもよし、集団戦で体力が低い敵に使って即座に倒してエリアを展開、
ライフレースを有利にしながら戦うもよし。という感じです。
弱点が4か所表示されはするものの、このスキル自体には一切追加ダメージやステータス上昇はありません。
1か所以上突いて初めて効果を発揮するため、使った直後に逃げられたりすると無駄打ちに終わります。

とにかく「4方向から攻撃する」という他チャンプでは要求されない動きをしなければならないため、
ミスってタワークリックした、ミスってミニオン殴ったという「クリックミス」ですべてが台無しになります。
一般的なコンボとしては敵が左、フィオラが右にいたとして、
Ult発動、Wで敵の右側の弱点攻撃、歩いて移動して敵の上側を攻撃、Qで相手の左側を攻撃、また歩いて敵の下側を攻撃、という時計周り・
もしくは反時計回りで一周して弱点をすべて殴るというルートだと発動しやすいです。

集団戦では発動できれば非常に強いものの、誰かにUltを発動すると凄まじく目立つために敵からめちゃくちゃフォーカスされます。
タンクから溶かしに行くよりはキャリーに貼り付く方が良いですが、それでも防具を十分に持っている状態でなければあまりお勧めはできません。立ち位置が難しい…
ルーン・マスタリー・初手アイテムについて
フィオラというチャンプはパッシブを発動しづつける必要があること、敵のスキルにキャッチされないことが他チャンプよりも重要であるため
動き続ける必要があるチャンプです。
CDRは40%稼げるようにし、AAで殴りまくる戦闘能力を強化するように構成していきましょう。

ルーン
攻撃力上昇 9コ
魔法防御 3コ
 伸び行くCD 6コ
出来る限り全てのスキルを回してブリンク・DPS上昇させたいのでこれで10%稼ぎます。
物理防御 9コ
攻撃速度 3コ

CDR10%の部分以外は普通ですね。

マスタリ
基本的にはひったすらAAしまくるチャンプなので律動を取るマスタリー項目の編成で問題ありませんが、使い始めたばかりの頃は
余りの柔らかさにダメージ交換に失敗して泣く泣くリコールという事態に陥りやすいです。
使い慣れるまでは不死者の握撃がおすすめです。
握撃に行く場合はあたりで
序盤の脆さを耐えられるようにするといいです。

アイテム
初手アイテムたち
コラプト1個

ステータスの上昇は一切ありませんが、割と戦ってるとマナが切れ始めること、メレーであるため殴り合いでヘルスを消費する戦いが続くことから
長期的にポーションを買い足し続けるよりは初手の時点でコラプト1個買っておくと安定します。
無論ステータスが上昇しないので強気に行くと返り討ちにあう可能性が大きいのであまりオラオラ行かないようにしましょう。

詰め変えポーション・ロングソード1個

少し半端ではありますが、リコール後にとつなげやすくする初手です。
あまり相手がダメージ交換してこないタンクなどであれば大丈夫でしょう。

ポーション1個・ドランブレード1個

使い慣れてきたころにおすすめしたい初手。
ドラン1個の攻撃力・HP・LSを生かしてダメージ交換を勝ちやすくし、CSを取り続けていれば徐々に回復するのでレーン維持がしやすくなります。
リコール後はドランブレードをもう1つ買う事で更にLSがアップし、大幅にCSが取りやすくなります。

アイテムたち
武器

1・ラヴァナスハイドラ

攻撃力、体力自動回復、ライフスティール、AA範囲攻撃化、AAキャンセルと攻撃面が大幅に強化されます。
値段が高いので完成が非常に遅くなってしまいますが、があればAAキャンセル・範囲攻撃化はされるので
ティアマットから買いましょう。
と素材が割と強い。

ティアマットが完成すると、Q→AA→E→ティアマット→E2発目というコンボができるようになります。
動画

2・ブラッククリーパー

対タンク兵器。パッシブで出せるダメージが更に増加し、体力も増え、CD20%が得られるので殴り合いが強くなります。
タンクが居なければ余り必要ないかもしれません。
の後にを買うのもステータス的に良い場合もあります。まぁさっさとハイドラを買ってしまった方が良いかもしれませんが…

2・トリニティフォース

タンクが相手に居ない時、2つ目に買うと良いです。
Qを打つだけでパッシブが発動するようになります。攻撃性能が異常なまでにアップし、防具積んで無い勢を一瞬で殺すことができます。

ブラッククリーパーとトリニティフォースはどちらか1つ買うと良いです。
3つ目は防具を買っておかないと事故って死ぬので防具を買い、4つ目で靴か追加の武器を買います。

ブラッドサースター

ライフスティールのお化けになれます。ミニオンを殴っても敵チャンピオンを殴ってもモリモリ回復するので、
バースト出されなければ死ななくなります。レーン一人でプッシュするのにすごく便利な一品。

マーキュリアルシミター・マルモティウスの胃袋

対面APで辛い時に。
マルモティウスはの時点で結構強く、マーキュリアルシミターものお陰で追加で一つスキルを無効化できるので安定性が増します。

ステラックの篭手

対アサシンやバースト出してくる連中に積むと強い。
攻撃力が底上げされるのでAAの威力もアップし、攻守ともにバランスが取れた装備です。

デスダンス

AAで殴りまくってくるタイプやマークスマンを相手するときに。
最近のパッチでバフされ、受けたダメージの30%が持続ダメージに変換されるようになりました。

防具
スピリットビサージュ

フィオラに抜群の相性を誇る防具です。回復量がアップし、殴り合いがめちゃくちゃ強くなります。

ランデシュイン・オーメン

AAメインであるに対し強い。
アクティブでスローがかけられるため、逃げにも追うにも非常に便利です。

ガーディアンエンジェル

パッチで変更がかかりADが上昇するようになったので、無理やり集団戦に参加する際に持ちやすくなりました。
MRが上昇しないのでメイジには弱くなりますのでそこはご注意を。

マッチアップ
フィオラは序盤本当に脆く、弱点を突いて行けばダメージは出せますが、CCスキルを食らってキャッチされると容易にダメージ負けします。
QやWをキチンと運用し、ダメージ負けしないよう立ち回る必要があります。
「こうすれば勝てる」というのは相手によって変わるのでありませんが、足を止めて殴り合いをすると絶対に負けます。
相手のAAを4発も5発も貰って耐えられるほど固くありません。
常にQの最大射程で弱点を突くように立ち回り、弱点が遠い方に出た時は無理に突きに行かないようにしましょう。
そして、ダメージ交換からキルを取るまでの殴り合いになった時も、絶対に相手のAA範囲内で立ち止まらないようにしましょう。
フィオラの強みは射程の長さと機動力を生かしたヒット&ウェイです。幕ノ内ではなく板垣なのです。
常に動き回る事、そして冷静に弱点を殴ることを忘れないでください。
あとレベル6まではミニオンシャワーをもらいっぱなしにしないこと。弱点をQで突いてもミニオンにフォーカスされるので、
殴ったら草に飛び込むを意識してください。

慣れるまではcsをAAで取り、相手にレーンを押させてタワー下でcsを取り続けるという動きを徹底して
とにかくデスしないよう動くというところから始めましょう。

そして、「己を知り敵を知れば百戦危うからず」と言いますが、フィオラについての知識・対面についての知識、
フィオラは何ができるのか?対面は何ができるのか?という事をちゃんと理解した上で読み合いに付き合わなければなりません。
殆どのチャンプに勝率50%近くを誇るフィオラですが、その殆どはスキルマッチアップに近いです。
強みを押し付ければ勝てるチャンプではありませんが、だからこそ戦いの面白味と成長が実感できる非常に奥深いチャンプです。
フィオラの強さを理解するだけでなく、どのチャンプがどのようなタイミングでスキルを撃ちたくなるのか、
経験と予測を研ぎ澄まし「性格に、そして優雅に」戦っていきましょう。

とはいえ僕も経験が足りず対面でわかっていないチャンプも多いのでそこはご容赦ください

ガレン
序盤は戦いやすいですが、中盤当たりに防具を積まれUltが脅威になってくると少し厳しくなり、そして後半になると勝ちやすくなるという感じ。
レベル2でを取り、ガレンのに対してWで返しましょう。
Qをこちらに撃ってきた後はガレンは逃げられないので、弱点をガンガン突きましょう。

イラオイ
に要注意。出来る限りQでかわすか、Wで受けるかしましょう。
見てからというよりは予測してかわすのが重要です。
を打たれたら逃げましょう。

イレリア
をパリィできるかどうかに掛かっています。大体突っ込んできた直後に打つ人が多いです。
逃げにも追いにもを使われるので、スタンを決められればまとまったダメージを与えられるはずです。
TFが完成した後は相当キツくなりますので、こちらも装備が整うまではおとなしくしていましょう。

ダリウス
レーン番長であるダリウスですが、こちらがCSを取るタイミングでをひっかけてくる人が多いです。
序盤強い相手なのでキルを渡さないようあまり前に出ないのも手です。
ブーツを早めに買って歩いて躱せるようになればかなり楽に戦えます。をパリィしましょう。

ヤスオ
あっちに飛びこっちに飛び捕まえにくいチャンプです。
が溜まるまでは攻めてもOKですが、Qが溜まると非常に危険なので、一旦距離を取りましょう。
もしQのタイミングを読めてパリィできれば一気にキルまで持っていけます。
からのQなどフェイントを織り交ぜてくることもあるので、双方の腕次第といったところ。
で近づいてきてちょっと殴って逃げるという動きがちゃんと出来るヤスオだとちょっと辛いので、こちらのミニオンがあまりいない時に戦いましょう。

ヨリック
序盤一番恐ろしいのがです。使ってみるとわかりますが動き回られると当てるのが非常に難しいのでを当てようとする人が多いと思います。
パリィは基本的にに使いましょう。レベル6でが出せる状態になると、こちらのハイドラが完成するまでは
どうやってもダメージ負けしやすいので、が出ている状態では喧嘩を売らない事。
を殺しに行くときもには警戒してください。

ナサス
勝てナサス…という冗談はさておき、1対1強いフィオラでも相当しんどいのがナサスです。
固いしQでダメージ出してくるし逃げられないしで三重苦。ガンクしてもらうのが一番いいですが、
スタックを貯めさせないためにもレベル1の時点で弱点を突きまくってゾーニングできれば勝てます。そこまで必死こいて戦わなければ勝てません。

パンテオン
BANしろ…と言いたいところですがノーマルだとそうもいかない。
Qを投げてくるタイミングで殴りかかり、相手の飛び込みを読んでパリィするというめちゃくちゃ難しいことができても勝つのは難しい。
装備揃うまでは徹底してセーフプレイしましょう。忍者足袋から買っておきましょう。

ジェイス
スキル構成が全部強いジェイス。
フィオラはアサシンではあるものの、「貼り付いて殴り続ける」必要があるため、キャノンQをかいくぐりハンマーEをかわさなければなりません。
靴を先に買い、オーメンなどでスローかけてガンクしてもらいましょう。

タロン
ダリウスと同じくらい序盤強いチャンプです。
徹底的にレーン引いてタワー下でcs食いましょう。

タムケンチ
ナサスと同じくかなりキツい相手。
フィオラが苦手とするスローをひったすら撒いてくる上に自身も固い。
Ult発動しても食われてしのがれることが多いので、やはり積極的に戦いには行かない方が良いです。
タワー下で引きこもろうにもミニオンを吐いて来るので、ガンクを期待しましょう。

オラフ
Qが面倒くさい。
ちゃんと歩いて躱す、にパリィする、AAを入れられない距離まで離れて弱点だけついて戦うを徹底すればなんとかなります。

ウーコン
のダメージ交換に負けてしまうので、
に対しパリィする、という感じになります。
分身にUltを打ってしまうと完全に無駄打ちになるので、本体なのか分身なのかよく見極めましょう。
で回られるとスタン決めてもずっと回っているのでできる限り離れましょう。

エイトロックス
最近バフされまくりネタではなくなったチャンプ。
豊富なCCを持ちますが、スキルで近づいてひたすらAAというチャンプなので、は横に歩いて回避、
をパリィします。
Ultを発動されるとAA範囲が伸びて戦いにくくなるので、極力逃げるようにしましょう。
ダメージ交換し続けているとパッシブが発動するので、射程圏を意識して戦いましょう。

カミール
割と戦いやすい部類になります。
でハラスしてくる人が多いので、Qで内側に入って殴ります。があるので極力壁には近づかないこと。
壁から離れていれば見きれるのでパリィ。

ティーモ
かなりキツいです。
等を先に積み、セーフプレイを続けてガンクを待つ位しか…。
あとがき
フィオラは本当に難しく、しかし非常に面白いチャンピオンです。
自身の知識量と上達によってゲームプレイが楽しめる奥が深すぎるチャンプ。

初めは難しいですが、慣れればなれる程対面を倒して圧倒することができるようになるので、
是非一度は触ってみて欲しいと思い、このビルドを書きました。
一人でも多くの人がフィオラに触れてもらえる事を祈っています。

執筆者

へず@すし!すきやき!やきにく!

LoL大好き。最近の流行りはヴェルコズ。よくふざけてると思われるんですけど、ふざけてるんですよ。パズドラ/P5/ロンパ/SUDA51/Steam各種/ボドゲetc


コメント - 6件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:c1fbf484
2017-05-06 18:06:23
初手コラプトがオススメなんですか?かなりパワースパイクが遅くなると思うのですが
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:e81d5a4c
2017-05-06 19:04:37
セールで買った初心者だからありがてえ....
3.
2017-05-06 23:28:51
>> 1
実際500Gの差というのはそこまで大きく変わりません。
コラプトを買わないパターンで行くと、レーンのCSを取っていたり交戦の最中にマナが尽きてしまったりするので、
結局後から買い足すか普通のポーションを買い足す必要が出てきますので
どのタイミングで出費が出るか、という程度の差しかありません。
という認識のもと初手コラプトが一つ手段として存在しますが、実際のところプレイされていて他の選択肢が良いというのであれば柔軟に変更しても問題ないと思います。
4.
2017-05-06 23:29:43
>> 2
是非フィオラの楽しい部分を感じてもらえればと思います!
5.
1です 匿名ユーザ ID:c1fbf484
2017-05-07 01:45:57
>>3
非常に申し上げにくいのですがcsを取っていてマナが尽きるというのはミニオンにスキルを使いすぎじゃないですか?
私はフィオラを使っていてマナ目的でコラプトポーションが必要だと思ったことが無いので大分考え方が違うようです
6.
2017-05-07 02:08:00
>> 5
なるほど、そういうことですね。
僕はミニオンにスキルをよく使ってしまうのであると便利だよ、ということで記載しました。
スキル使わずに取れるのであれば必要ないのかもしれませんね。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!