ビルドガイド: ナミ - Nami

ナミ: Nami 9.4

執筆者: silvos (最終更新日: 2020-01-25 04:53:27)

14,820   0

26
6
81%
トップページ > ビルドガイド検索 - ナミ > 【ビルドガイド】ナミ: Nami 9.4
※あくまでも初めて触る方向けのガイドです、筆者のレートは高くありません!

ルーン

魔道
エアリー召喚
マナフローバンド
至高
追火
天啓
魔法の靴
ビスケットデリバリー
アダプティブフォース +10
物理防御 +5
魔法防御 +6

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタート

対AD構成

最終ビルド

サモナースペル
フラッシュ
説明不要かと思います。

イグナイト
ダメージのスケールが小さくなる集団戦では忘れがちですが、重傷付与の効果があります。
ADCがを買わなくてもいいように有効活用しましょう。

イグゾースト
キルプレッシャーを与えるつもりがないのならを選択すべきです。
敵チームがアサシンばかりになってしまった時は仕方ないかもしれませんが・・・。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ダメージ交換の主力であるを優先的に二段階上げることでマナ効率を重視します。
とか書いといてなんですがLv2はを取ることが多いです。

Lv2先行、かつ敵jgが近くに居ない、かつ相手がAA射程にいる時。

サステインが必要ない時。主にタンクサポート相手にはこれ。

序盤から有利つけたい時。メイジやセナ相手にはこれ。



を上げきった後については―――
レーンで勝った場合&味方が集団戦向けの構成ではない場合はでキャッチに専念。
レーンで負けた場合&味方が集団戦をしたがっているようならCD目当てにを上げるとよいかと思われます。
丸いのは自分のエイム力や敵のドッジ力に左右されない上げでしょうか。


Passive
柔らかい純サポートの生命線。
トリガーは"全てのスキル"です。
だけではないので忘れないようにして下さい。



Q
当てづらいが強力なAoECC。
相方がの場合は非常に狙いやすいです。
自力で当てる場合はから入ることをお勧めします。
これの命中率がそのまま勝率になると思ってもらって構いません。


W
実質的なドレイン。
異常なまでのダメージ交換能力を持ち、ハラス系の対面にはまず負けません。
マナコストの大きさにだけ注意。(後術)


E
と相まってとても使い勝手の良いスキル。
加速やスロー目的でだけ使ってしまいがちですが、追加ダメージがかなり大きいです。(5Lvで300点ぐらい)


R
主にディスエンゲージや味方のイニシエートに併せて使うUlt。
エンゲージ目的で真っ向から撃つと走って逃げられます、やめましょう。

ただし例外として、
・ピット内や森の中などの狭い場所
・相手がレーンの端に寄っている時
・相手方との距離が詰まっている時
などは適当にRを叩くだけでも当たります。
そのままにも繋げられるため、タワーダイブの際などに重宝します。
アイテムビルド
・必須アイテム
(真なる氷のかけら)
特に記述することはありません。


(モビリティーブーツ)
残念ながらは集団戦で強力なチャンプとはいえません。
どちらかといえばJgの支援に真価を発揮するサポートですので靴はなるべくこれを。


(アイオニアブーツ)
サポートアイテムの仕様変更でCD10%を失い、更に金銭的にも貧しくなりました。
レーニングが均衡している時や、味方の構成が集団戦志向の時は選択肢に入れてみてください。
集団戦すると負ける時は買わないように。



アサシンが育ってしまった時はこちらにして下さい。
即死するよりマシです。


・その後のビルドパス
(リデンプション)
定番ですね。
強力なアクティブ効果は勿論のこと、素材にがあるため事故率が下がります。
使い慣れていないと複数のチャンプを巻き込もうとしてしまいがちですが、別にそんな必要はありません。
僻地で行われている1vs1に投げてやるだけでもうそのタイマンは台無しです。
スプリットに失敗した味方の逃げ道に敷くことで生き延びることもあります。
TPの無いMidレーナーが押し込まれて困っている時にも投げてあげましょう。
とにかくもったいぶってはいけません。

(ミカエルのるつぼ)
個人的にとても気に入っているアクティブアイテムです。
敵に1.5秒以上のハードCCがあるなら迷わず購入しています。
を買いたいと思っているレーナーなんか居ないので、ここはサポートのあなたが一肌脱ぎましょう。
実はのスタッツが超優秀であり、レーニングでリードを広げたい時の1コア目としても適しています。

(ソラリのロケット)
アサシン対策としての運用が主となります。
狙われていると思ったら購入を検討に入れて下さい。
MRの比重が高いので、APアサシンもメイジも不在の時は別の防具を買った方がいいです。
フルADに対してこれを選択するのはとてもコスパが悪いので・・・。

(アーデントセンサー)
主流のビルドでは好んで採用されているようです。
はAPレシオの貧しいチャンピオンなので、個人的にあまり好きなアイテムではありません。
1stアイテムに選ぶ際は少し考えてからにしたい所。

・ADCの他にもAS重視の味方が居る時
・大勝ちしている時のラッシュアイテム (よりもタワーを折った方が他レーンへの影響力は高いです。)

(シュレリアの思念)
仕様変更でよりにマッチするアイテムになりました。
相手に機動力の低いチャンプが多い時はよりもこちらの方が有用です。
エンゲージツールが足りない時も買ってみましょう。

(アテネの血杯)
レーン戦に特化する際の選択肢です。
gankでメイジサポートに対して不利を背負ってしまった時は此方を。といっても普通は負けないのであまり買いません。
瞬間的な回復量も増えるため、APアサシンからキャリーを守りたい際はと併せて重宝します。
相手だとの方が最後まで強いので、対向けですね。
対面だけではなく敵チーム全体のCC量を見て選択しましょう。

(ツインシャドウ)
こんなにAP要らないので優先度は低めです。
とはいえブッシュの視界を得られないにとって安全にワードを置きにいけるのはとても嬉しい・・・。
ワーディング中に二回キャッチされたらごめんなさいしてこれ買いましょう。

(フローズンハート)
マナとか要らんからヘルスくれよ、と舐めてましたが意外と有用です。
に対する1コア目として購入するとかなり機能します。
勝ってる時は別に必要ない、という点と2コア目以降に買うとマナが腐る点には注意しましょう。
が育ってしまってハラスが超痛い時にも悪くありません。(メイジサポ相手の時は例外)

立ち回り
タワープレート実装によってレーンを離れることの旨味が小さくなりました。
タワーまでミニオンを押し付けるかゾーニングによってCS差をつけていくことになるかと思います。

2vs2なら適当にやっててもそうそう負けないのでディープワードを徹底すること。
手なりでリバーブッシュに置くのをよく見かけますが、の場合あそこに映った時にはもはや手遅れです。
タワーに押し付けた後はかならず主要なgankルート上に、出来ることなら敵側キャンプまで置きにいきましょう。
Lv1の強力なのレーンはLv2gankの的になりやすいため、再序盤には特に注意を払ってください。



先述した通り視界を確保しにいくのが非常に苦手なチャンプであり、一匹で歩き回るのは危険です。
敵が見えていない場面でのワーディングは必ず味方の協力を仰ぎながら行いましょう。
逆に言うとでレーンに負けてしまうと味方の森は終始真っ暗になるということでもあります。GG:/


Qについて
は良く大砲と揶揄されるものの、後生大事に抱えているのではをピックした意味がありません。
gank合わせ・CCチェイン・peelだけで満足しているならを使った方が活躍出来ます。

・JGが近くに居ないなら
・マナに余裕があるなら
・敵のエンゲージスキルがCD中なら

特にレーン戦では積極的に仕掛けましょう。
純サポートの中では抜きん出てADCにキルを与えやすいチャンプです。



当てるコツとしては・・・
1.他のCCから繋げる
2.移動先を読んで投げる(攻めているなら敵の後ろに、逃げているなら敵の前に)

3.ミニオンウェーブの中に居る時を狙う
何か特殊な手段を用いないと「チャンピオンはミニオンをすり抜けることが出来ません。」
つまり、ウェーブの中に深く立ち入るとスキルの回避経路が著しく制限されてしまいます。
ちょっとコツが要りますが、よく観察しておくと敵チャンプがどの方向に避けるか予測出来る筈です。

4.当たらないチャンプは狙わない
何らかの要因でMSが上昇しているチャンプを狙った偏差撃ちはまず当たりません。
みたいなのも狙うだけ無駄ですね。

5.硬直をとる
基本にして一番大事な要素です。
レーン段階では主にCSのタイミング、それも大砲ミニオンを取る瞬間を狙っていくことになるでしょう。
レーニング後は各種スキル硬直の他、の終わり際なんかもほぼ確定で捕まえられます。
集団戦の場合は待っていれば必ず当てるチャンスが来るのでなるべく偏差撃ちはさけましょう。

6.味方、もしくは自分を囮にする
5の応用です。
敵の注意も逸れていて大変当てやすいため、即死しないようであればスキルショットはギリギリまで待ちましょう。
特にアサシンからは執拗なまでに付け狙われることになることが多く、そういった際に自分の頭上に泡を投げるのはかなり有効です。
Wについて
良くマナが足りないという声を聞きますが、大体はの使い方に原因があります。
注意点を列挙していくと・・・


1.を早めに完成させる

の仕様が変更されました。
スキルを10回当てるとMNreg増加の恩恵を受けられるため、まずはこの条件の達成を目指しましょう。
のCDは<15秒>ですので少し間を空けながらハラスを行ってください。


2.フォーカスを意識する
メイジ系チャンプ全般に言えることですが、ADCとサポートを満遍なく攻撃すると絶対にマナが足りません。
相方と意識の共有を図って弱っている方だけを執拗に狙いましょう。
そうでない方を狙う際はAAだけで充分です。


3.跳ね返す
必ず一回は跳ね返るように使って下さい。
ヒールとハラスを同時に行えるから強いのであって、片方だけだと使い物になりません。
ヘルスが全快に近い状態なのにAAではなく遠くからスキルでハラスをしていませんか?
相方や自分のヘルスが多少減ったからといって回復だけに使ってはいませんか・・・?


4.125g
が購入可能です。
だけ買って満足するのではなく、お金は使い切りましょう。
苦手なマッチアップについて

集団戦での存在感で劣ります。
を撒かれるとこちらの発生が遅いCCは全て避けられてしまうのが特に辛い;
外した時のリスクが小さいので、レーニングではをガシガシ狙っていきましょう。
五分でレーンを終えてしまうと負けです。



先出しするとこういう奴らを当てられます。
後出しでナミをぶつけるのはただのアホなので他のサポートも練習しましょう。
Lv1の段階で徹底的にハラスorゾーニングしておくのが定石ですが、Lv2でJgに介入されるともう有利なタイミングはやってきません。
デワードを欠かさず、味方のJgとgankのタイミングをよく打合せしないと勝利することは難しいでしょう。
装備のアップグレードよりもコントロールワード2本の購入を優先すべきかもしれません。



キャッチの鬼です。
大体と一緒に出てきて+の胡散臭いマップコントロールを行ってきます。
レーンで圧倒出来そうになければの購入を検討してください。
さもないと以降のワーディングが難しくなります。

相性のいいADC

アフェリオス:☆☆☆

武器によって動きが変わるチャンプであり、ユーティリティに優れたNamiのようなサポートは大変重宝がられます。
なるべく自分でも使って各種武器性能は把握しておきましょう。
この組み合わせにおける最大の目玉はやはりCCチェインです。
グラヴィタムを持ったが最後AAレンジに近寄ることすら難しくなり、Nami相手ではスキルでのハラスも通用しません。
相方がアフェリオスの場合はなるべくは温存することとプッシュを手伝うことを意識して下さい。



ルシアン:☆☆☆

共にとの相性が抜群です。
射程の短さからインレンジで戦うことになるので、が跳ねやすく強引なトレードを仕掛けられます。
ルシアンと組んだ場合のLv2先行スキルはを取るようにしてください。
懐に入ってしまえばとにかく強いため少し殴り返された程度では怯まないように!



ヴェイン:☆☆

サステインチャンプの介護が必要です。
前転したらすぐさまを相手に跳ね返しましょう。
こいつもチェイスが命なのでの恩恵を強く受けることが出来ます。
とにかくプッシュがおっそいためウェーブコントロールは常に手伝ってあげるように。



トゥイッチ:☆☆

ヴェインと変わりありません。
ハラス性能がないだけででASが上がっている間は結構殴り合いが強いです。
Ultがなくても「対面を殺せる」マークスマンだということは必ず頭の隅に入れておいてください。
相手がCCを外したらだけでオールインしてもいいぐらい。
構成について
の命中率が命のチャンピオンです。
敵のtopがなど当てやすい徒歩勢の場合は優先的に出していきたいところ。
逆に、先述したなど当たらんチャンプが多く見えている場合はあまり活躍出来ません。
Nami自身が柔らかく高機動力でバックラインに突っ込まれると非常に脆いので、そういった意味でもなるべく控えましょう。


また、味方にハードCC持ちが居るとチェインが狙えるため命中率が大幅に高まります。
連携が見込めそうなら選択肢に入れてみてください。



加えて重視したいのは他レーナーのウェーブクリア性能でしょうか。
繰り返しますがNamiは奇襲に弱く、視界を取りにいくのも苦手です。
プッシュ力で劣る構成に加えてしまうと事故のリスクが上がるのでご注意を・・・。

執筆者

silvos



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!