ビルドガイド: ソナ - Sona

ソナ: タンクソナinトップレーン (復刻)

執筆者: HoujoM (最終更新日: 2018-06-11 21:09:16)

376   1

6
4
60%
トップページ > ビルドガイド検索 - ソナ > 【ビルドガイド】ソナ: タンクソナinトップレーン (復刻)
このガイドはバージョン 8.11.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
以前発表されていた有志の「トップタンクソナ」ビルドが閲覧不可となっていたため、スクショから魚拓引っぱり出して再掲しました。
E使い続けてるとサドンインパクトが発動し続けるとか書いてるトンデモ記事でしたので、必要な箇所を補填・修正しています
発想自体は面白いんじゃないですかね

6/11 森仕様の変更によりJGのレベリングが遅れ、トップガンクが少なくなっているため序盤で腐りにくい環境です。そこそこ強い
ではさえ当たらなければレーニングしやすいのも特徴

ルーン

魔道
秘儀の彗星
マナフローバンド
至高
追火
不滅
ボーンアーマー
羽化

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

1stRecall

最終ビルド

イントロ
CD40×パッシブ×集団戦=破壊力
40%CDRでは64%CDRに、45%CDRでは67%CDRになるため、後半になるほど演奏が止まらない

・前に出る必要があるため繊細な動きが求められる → 耐久力の向上で前線でよりアクティブに立ち回るタンキーメイジに
・横の当たり判定が大きくスキルショットに当たりやすい → 味方バックラインへのスキルショットを非常に吸いやすい
・jgでの遭遇戦に弱い → によりアサシンと渡り合う

Patch 8.9では基礎バフとの追い風を受け、ソロレーンでのCS獲得が易化
サポートの脆さを克服し、不沈艦としてハイパーレイトを制圧

Tanky
ウイイイイイイイイイイイイ↑ッス!どうも、ソナで~す! ま今日はトップ当日ですけども、ガンクは誰ひとり、来ませんでした・・・
味方ジャングルは居ると思うんですけど、なぜ来なかったんでしょうかね~ 不思議ですね~
どうせソロレーン要介護チャンプは嫌とかね?ソナの噂を聞きますけどね いや、それは君が、君らがそう思ってるだけやでぇ?本当にソナが終始強いと思ってると思う・・・ぞ!
「トップソナが味方に来て欲しくない」という声がありました。ほならね?一回自分が使ってみろって話でしょ?私はそう言いたいですけどね。絶対ハマる
ンーーーー、改めて考えると凄いなって思うなぁ。はやっぱ。エンゲージもできるしさ、WとEでバフもかけれちゃうし、ほんでー1v1での殴り合いも強いでしょ? ほんでー、さらにはQでびっくりポークできるって? ほんでー、前線で耐えたりもできるって?なかなか出来ないよ、そんなことは。なかなか難しいと思うよそういうことは
トップの人は大変だね。普通のトップの人は大変だろうね~。影響力出していくの。ねぇ大変でしょうけども。サポートもタンクもできますからね。落とせなくてもても仕方ないですね。キャリーというのは簡単です、ソナにとってキャリーというのは簡単ですねほんま。
敵のトップ見ててね、あれ、なんか足りねえなあ~。トップ的に何か足りねえなあ~、と思うんですよ、自分的に。でそれが何かと言ったら…やっぱりサポート力ですね。回復とか足りな
アンチコメは、嫉妬でアンチコメする・・・してるから、まぁそれは、スルーしとけばオッケー
ソナに向かって「Sona top???」「gg」とかのコメントする人がよくわからん・・・やっぱり~あれだよね、敬語使うべきじゃん
皆さんソナのプレイからして、皆さんソナのことをtrollと想像していたみたいですが、残念ながらtrollではございません
ですが、それはPatch8.9では普通のソナでございます。
おい!それってYO!韓国チャレのネタじゃんか!アッアッアッアッアッ
相手のインヒビターに行って、アデセンでシージして・・・・・・ 素敵なことやないですかぁ
お母さーん!!タンクアイテム買うから、お金ちょうだい!!
もう相手の顔なんてねえ、まともに見れたもんじゃないからね。恥ずかしくて見れませんね、味方に「ソナ相手にコケたの?」と言われるの相手の顔なんて


お久しぶりでぇ~す。本物でぇ~す。あの今、公認耐久活動をしてますんで、よろしくお願いします
長短所
の長所
①パッシブを乗せたQにより最序盤のmeleeに対し体力差を作りやすい

②1st~2ndコア完成からは火力、壁役、回復、エンゲージと多方面に活躍できる。3rdコア+靴以降で顕著

のパッシブにより40%CDRでは64%CDRに、45%CDRでは67%CDRとなりマナが続く限りスキルを回転させ続ける

④低CD長射程のポークスキルQや割合ダメージ軽減W、40%2sスロウEを持ち、による魔法+物理ダメージとスロウも合わさってバックラインに到達した敵キャリーを排除しやすい

⑤強力な追撃・逃走スキルであるEにより、間合い管理が容易

⑥Wのサステインにより不利レーンをそこそこ耐えやすい

⑦トロールピックであり、遭遇戦や集団戦の優位を想像させにくい。Wのシールドやタンクビルドの都合でワンコン耐性が高く、ソナへのフォーカスに合わせたRのカウンターエンゲージが決まりやすい

⑧前述した「横の当たり判定が大きいためスキルショットを吸いやすい」などのサポート時の短所がそのまま長所となる

⑨Patch8.9よりタワーへの魔法ダメージが有効化されたため、と合わせてそこそこ早くタワーを折れる

⑩回復量、耐久、火力と満遍なく貢献できるためKDA1程度でもSが取れる。チェスト回収に便利

の短所
①R以外のCCがEのみと序盤のディスエンゲージ手段に乏しく、防具の揃わない1~10lvではフラッシュとRの有無がそのまま生存率に直結する

②パッシブを乗せたQが優秀でQがlv2になるlv3先行直後まで対面に有利が取れるが、その後対面のスキルがそろってからは基本的にlv5終了時まで失速し続ける

完成まで、追撃性能の高いアサシンチャンプに対し非常に弱い。特にlv6以降から加速していくや優秀なMRとオールインを持つ、Q>W>E>イグナイトによる高いバースト力を持ちながらパワーコードをで防ぎやすいlv3のなどは非常に厳しい

完成直後からマナ使用量とスキル回転率が向上していくため、2ndコア以降は青バフでテコ入れをしない場合にマナが枯渇しやすくなる

を完成させてから本格的にMRを積み始めるため、中盤戦の対APチャンプをで乗り越えなければならない。 
⇒特にボットでメイジサプ辺りがキャリーした際の対応が難しい

⑥新ドランリングを積まない場合に序盤のCS確保が厳しく、また完成までのプッシュ速度が非常に遅い

⑦Rや防具が無い時点でウェーブをタワー下に押し込まれた場合、アサシン系チャンプのダイブに対して脆い
フラッシュ
序盤のディスエンゲージ手段に乏しいソナにとってはと並ぶ生命線。
序盤でgankをされた場合、これを切りながらを当て距離を離す事でタワー下まで逃げきれるケースあり。中盤以降は離れた敵キャリーへの、可能な限りタンクをしてバックラインへの撤退などに有効


テレポート
ミニオンロストによるレベル差・ゴールド差を回避可能

対面が一方的にTPを使った場合、可能な限りpushレーンを作ってbotをチェックする頻度を上げるのもいい
特にlv6以降はbotTPgankを決める事ができればbotタワーやドラゴンに繋げる事が可能で味方全体に還元しやすい
逆に自分が一方的にTPを切った時は敵を飛ばせないようミニオンウェーブをなるべく早く消化しtopタワーへの圧力をかけるか、味方と敵JGの位置を確認しつつ敵のバフ周辺の視界確保に向かう(特に赤側スタートの場合)
油断したで咎められるのも忘れずに

中盤は完成直後からマナ使用量とスキル回転率が向上していくためマナが枯渇しやすくなる。
集団戦勝利後にインヒビターを狙う場合など、必要とあらばリコール⇒TP復帰の選択肢が取れる点も◎

イグナイト
序盤の軟らかいチャンプ(ex ) やサステインに乏しい有利対面(ex )相手に序盤でヘルス差を作りレーン戦を有利に進めたい場合に選択。ビルドの性質上を自然に積めるためサステイン対策に持つほどではない
基本的にはTPの方が優秀。敢えて担ぐならを担ぐビルドか


バリア クレンズ イグゾースト 序盤をより警戒するなら。
180秒とCDが非常に短いものの、2ndコア以降には基本的な耐久性能が備わるため最序盤寄り。
対面や敵JGのCCチェインを警戒したい場合に。
上記3つの中で迷うようなら追撃・逃走・敵キャリーへの火力デバフと幅広く活用可能でCDも短いも良い
ただしを選んだ場合、強引にTopをもぎ取られても何も文句は言えない。
傍から見たらソナTopは十分Troll。味方に対して再三念押しをすること


「top」
「adc」
「Sona top????????????」
「really??」
「sup?」
「I'LL GO TOP」
スキル解説と使用例
スキルオーダーは(R)>Q>W>Eです



Passive: オーラ(Aura)とパワーコード(Power Chord)という2つのPassiveを持つ。
オーラ: スキル使用時に各スキルに応じたオーラ(3s)を展開する。オーラは周囲430の味方チャンピオンに効果がある。
パワーコード: スキル使用毎に1スタック増加し(最大3スタック)、3スタック時のAA時に全スタック消費してAAに追加魔法DMと、そのとき展開しているオーラに応じた追加効果が発生する。追加魔法DMはLvに応じて増加する。また、このスキルは3スタック時に一度だけAAタイマーをリセットする。
追加魔法DM: 20/30/40/50/60/70/80/90/105/120/135/150/165/180/195/210/225/240 (+0.2AP)

ハラス、peel、追撃/逃走時のスローとゲームの全局面で役立つ優秀なパッシブ
HP上のアイコンからスタック数を確認し、minionなどに無駄撃ちしないように注意
レーン開始前に2回発動しておくことでスタッカートQによる不意打ちが可能
最序盤に火力を印象付けることで、トップソナの生存率をわずかに支えられる有効な小技



Active: 最も近い敵ユニット2体に魔法DMを与える。範囲内に敵チャンピオンがいる場合、それらを優先して狙う。
魔法DM: 40/70/100/130/160/ (+0.5AP)
Cost: 50/55/60/65/70MN CD: 8s Range: 825
オーラ: 次の3秒以内のAAに追加魔法DM(建物には無効)を付与するオーラを展開する。
追加魔法DM: 10/15/20/25/30 (+0.3AP)
パワーコード - スタッカート(Staccato): 追加魔法DMが40%増加する。

最序盤におけるlane戦の根幹。これとPassiveでレーンでのハラス合戦に強い。
Ult以外で唯一ダメージを与えられるスキルで射程850+2体に攻撃と非常に高性能。但しステルス中(茂み含む)の敵には当たらない。
ターゲットを指定する必要がないので扱いが簡単。Duoレーンと異なり味方のCSに気を使う必要がないため気楽に鳴らすことができる
完成以降はMRの薄いキャリーに対してスタッカート単発だけで5割以上吹き飛ばすことが可能。さらにダメージを伸ばすなら
またPatch8.9よりタワーへの魔法ダメージが有効化され、と合わせてタワー折りが速い。大抵そこまで完成する頃には多少のタワー折り速度は問題にならないことが多いのが、からを目指すためにを経由している瞬間はそこそこ高火力のタワーシージが行える

が2スタック溜まっている場合AA⇒⇒ AAで即時が発動。APアサシン運用を行うなら



Active: 自身と付近の最もHPが減少している味方チャンピオン1体のHPを回復する。
回復HP: 30/50/70/90/110 (+0.25AP)
Cost: 80/85/90/95/100MN CD: 10s Range: 1000
オーラ: DMを軽減するシールド(1.5s)を付与するオーラを展開する。
シールド耐久値: 25/50/75/100/125 (+0.3AP)
パワーコード - ディミヌエンド(Diminuendo): 対象が与えるDMを減少させるDebuff(3s)を付与する。減少DM: 25% (+0.04AP)%

範囲内の仲間にシールド付与+回復するシンプルなスキル。範囲が広く最もHPが低い仲間を自動的に狙うため乱戦中でも操作が簡単。
序盤はマナコストに対して回復量が低めであるためシールド目的がメイン。真価を発揮するのはSlv4から
パワーコードは敵のアサシンやdpsなどに使用することで与ダメージを大きく減らせる
だけでなく、をいかに使い分けるかが重要だろう
程ではないにしろにもパワーコードの追加ダメージが発生し、2ndコアののトリガーにもなる。




Active: MSが増加(7s)する。この効果はDMを受けると解除される。
増加MS: 10/11/12/13/14% (+0.06AP)%
Cost: 65MN CD: 12s
オーラ: MSを増加(3s)させるオーラを展開する。Activeと効果が重複した場合、この効果は自身に適用しない。
増加MS: 10/11/12/13/14% (+0.06AP)%
パワーコード - テンポ(Tempo): Slow(2s)を付与する。Slow: 40% (+0.04AP)%

範囲内の味方限定だが3sの速度増加は集団戦において有効。逃げ、追撃にも
ダメージを受けないかぎり自身への効果時間が7sと長いため、タワーへの復帰やロームの最中に気軽に鳴らして速度を稼げる
これによりを買わずともそこそこの脚力を発揮可能
を積む運用の場合に高い打点が出るのはこれとの影響。


Passive: このスキル以外のCDが減少する。減少CD: 10/25/40%Active: 指定方向に貫通する究極の和音を演奏し、当たった全ての敵チャンピオンに魔法DMとStun(1.5s)を与え、踊らせる。
魔法DM: 150/250/350 (+0.5AP)
Cost: 100MN CD: 140/120/100s Range: 900

サポートのAoEスタン。魔力を積む3rdコア以降では相応の火力源にもなる優秀なUlt
敵のチャネリングスキルやADCを止めるのに。特にを止められるのは大きい
当たった全ての敵チャンピオンに魔法DMとStun(1.5s)なので、Champion以外には当たらない。間違ってもミニオン処理やピット裏からのバロンスティールに使わない様に
パッシブのCD低減はアイテムやルーンで低減されるCDと重複計算。40%CDRでは64%CDRに、45%CDRでは67%CDRに
ルーン解説
■初手で購入するアイテム
ドランリング
の影響もあり、ソナの基礎ADはかなり低め(Lv149
Patch8.9で「ミニオンへのAA時追加5ダメージ」に変更された新はCSの生命線。中盤以降もまでプッシュ難が続き、また5m/5sがマナ管理に貢献する為、4thコア完成かその手前までは持ち続ける事が多い

■視界で購入するアイテム
コントロールワード
リコールの度に75G余っていれば買い、更に125G余っていればを買う。常に1本手持ちor設置状態が理想。などの高速で変則的なガンクを得意とするJGの場合少し遠めに刺したほうが効きやすい

■コアアイテム
ロッド・オブ・エイジス
ヘルス500・マナ400・魔力100・久遠とタンクソナに欲しい要素がすべて詰まっている優秀なコア。APmidでも購入されることの多いアイテムだったが「前線でスキルを吸って耐えてから撤退し、Wで回復しもう一度集団戦・・・・・・」という動きを繰り返す中盤以降のタンクソナにとって「被ダメージの15%をマナ還元、マナコストの20%をヘルス還元」というパッシブは相性がいい。
素材の段階でを購入できるため、レーン戦で素材が無駄にならない。これを担いだ辺りからMeleeファイターとのダメージ交換が数段に楽に

アイスボーン・ガントレット
物理防御65・CDR20%・マナ500・スキル使用後の追加火力+範囲スロウと、ソロレーンから集団戦までの様々な問題を改善するアイテム。範囲スロウによる立ち回りと自衛力の強化は1vs1の遭遇戦でも有効。メイジミニオンに打ち込むことで一気にプッシュしやすくなるのも◎。に次いでの集団戦の骨子ともいえるアイテムで終盤のソナがポチポチを押してAAしているだけでも強いのはこの高火力と範囲スロウを1.5sでばら撒き続けられるため

アーデントセンサー
かつてDopaも認めた元OPアイテム
かつてのような序盤から終盤までインパクトのある性能ではなくなったものの、それでもには非常にマッチした優秀なアイテム。集団戦の起こりやすい3thコアの時間に購入することで、AS増加によるADCのkiteやエンゲージ、ディスエンゲージのお供にと万能な立ち回りを可能に。魔力・CDR・マナリゲイン・ヒール強化とこれだけでも2100Gのため、基礎性能でお釣りがくるのがうれしい。これを積んだあたりから火力は一定の完成を見せ、ミニオンのプッシュからのポークと様々な面で活躍できるように


■タンクアイテム

サンファイア・ケープ
優れたAR性能と共にDoTダメージを発生させるアイテム。プッシュの改善にも
ミニオン処理が非常に楽になるので、集団戦前にプッシュウェーブを作り敵タワーにミニオンを押し付けながらのTPgankやその後バロン・ドラゴンの争奪戦などに参加することでよりアグレッシブにゲームメイクが可能
スキルファイターにはサンファイア、AA主体チャンプにはから買う
からを乗せたで粘着する方法と相性がいい


ソーンメイル
高めのAR性能やそこそこのヘルスと共にダメージ反射・重症・AS低下を付与できる。素材の時点でも優秀。
これにより従来タンクが苦手としていた「高サステインのファイター」への反撃が可能に
・敵に居たらどこかで積みたい

・AAトリガー1秒重症があまり有効でないため、を積むか味方にに行ってほしいタイプ



スピリットビサージュ
基本的に4手目で積む。負けてる時は相手のキャリーを見定めて3手目での代わりに積むことも。
ただし基本的にはで止めてで集団戦の優位を取りに行ったほうが有効な局面も多い。APアサシンにどうしても対応できない時などに。圧倒的なpoke耐性に加えCDR40への決め手にもなり、と合わさり自身への回復量が爆上がりするためタンクとして一層輝きやすく。ただしこれを買っているとレイトでCDRのつくAPアイテムを買う場合にCDが超過してしまうので、気にするようならでも積んでおくと吉。


■APアイテム


■靴
敵構成を見て、レイトや集団戦の脅威度合いで判断
基本的には火力を発揮しやすい。AA主体チャンプ、ADCが痛いなら。敵がキャッチ構成なら
topは長距離移動が多くなるので1stコア完成付近の早い段階でが欲しい
レイトゲームではADC対策のためへの買い替えも視野に入るが、に自信があるならで落とし切ったほうが早いか

装備解説

執筆者

HoujoM



コメント - 1件
1.
名無しのソナ使い 匿名ユーザ ID:efeb87a8
2018-06-12 02:45:03
ところどころアイテムの性能など違っていますよ
上記からS6の環境ですよね?

また、アイテムやスキルの性能の説明をしてるだけで具体的に何を考えてそのビルドにしたか書かれてなくて参考にしていいビルドかわかりませんでした
具体的にどんな考えでそのアイテムを選択したかが書かれていたら嬉しいです!

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!