ビルドガイド: ケイル - Kayle

ケイル: 目指せ1000APケイル 

執筆者: ryunen (最終更新日: 2019-09-27 03:24:17)

8,384   3

13
7
65%
トップページ > ビルドガイド検索 - ケイル > 【ビルドガイド】ケイル: 目指せ1000APケイル 
らいじんさんの動画を見て使い始めました。

ルーン

覇道
ヘイルブレード
追い打ち
ゴーストポロ
至極の賞金首狩り
魔道
至高
強まる嵐
攻撃速度 +9%
アダプティブフォース +10
物理防御 +5

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初手

500G~リコール

涙後に完成させたい

最初に完成させる武器

コア

最終ビルド

イントロダクション
かなり見た目がかっこいいチャンピオンです。

やっぱりデフォルトスキンが一番好きかも。

長所はほぼ全てがAOEダメージで集団戦が鬼強いこと。
ファームしてるだけで強くなる爆弾チャンプであること。

短所は先出しが難しい無理マッチがいくつか存在すること。
ピン連打で味方がいらつくことです。

ただ、個人的にはかなりパワーを感じるチャンプであり、BAN率も低く安定して使用できるので
お気に入りです。気がつけば短期間で150ゲーム近く使ってしまった。
 
遊び方

 基本的に今のメタは20~25分で試合が終わることが多く、逆にそれ以前に終わることは稀で
 そこに間に合うようにスパイクを合わせたケイルのビルドになっています。
 
 目標としては

 25分で 

 を揃えて、の増加APを含めて スキルセットと AAでバランス良く敵を倒すことです。

 この時点でパワースパイクになります。耐えた分力を感じさせてやりましょう。
 

  
 に比べて積極的にダメージトレードを行うことより、ファームを重視することでデスを減らし
 CSを確保して安定して強くなることを目指しています。

 ASビルドより立ち回りが簡単なのでオススメです。
サモナースペル



フラッシュ
ケイルは即発動のブリンクがないため、あったほうがいいと思います。

 テレポート
序盤は、必ず押し込められるので経験値とCSを回収することを考えると一番無難です。

 ヒール

悪くないと思います。TPのほうが良いですが。

 イグナイト
これ持ってるケイルにlv1ガレンで負けたことある、草

 バリア
 
積極的に使うならありかもしれない。 

 ゴースト

ゴーストダリウスを考えてTPの代わりに
持ってみたことがあります。森で出会っても逃げ切れたり、
リバーで捕まっても逃げ切れたりしたので
中盤以降の性能はかなりよかったと思います。
スキル解説 wikiより転載
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R


 P

 

Passive: Lv1/6/11/16時に異なる形態になる。

ゼレス(Zealous) - Lv1: 建物を含む敵ユニットへのAA毎に1スタック(5s)増加し(最大5スタック)、1スタック毎にASが増加(6%)する。最大スタック時に崇高状態になり、MSが増加(8%)する。

アライズン(Arisen) - Lv6: AARangeが525まで増加(Ranged化)する。

アフレイム(Aflame) - Lv11: 崇高状態のAA毎に波状の炎が発射され、範囲内の敵ユニットに魔法DMを与える。波状の炎はCriticalが有効で、魔法DMは星炎の刃(E)のランクが0/2/3/4/5で増加する。

魔法DM: 15/20/25/30/35 (+0.25AP) + [増加AD × 10%]

トランセンデント(Transcendent) - Lv16: 常に崇高状態になり、AARangeが575まで増加する。
 
 Q
Active: 0.25秒後に次元の門を配置し、0.25秒詠唱後に指定方向に敵ユニットに当たると停止して爆発する天界の剣を召喚し、当たった敵ユニットに魔法DMとSlow(2s)を与え、ARとMRを減少(15%, 4s)させる。敵チャンピオンに当たった場合は1体毎にCostMNが50%回復する。

魔法DM: 70/115/160/205/250 (+0.5AP) + [増加AD × 60%]

Slow: 26/32/38/44/50% 弾速: 1600

Cost: 70/75/80/85/90MN CD: 12/11/10/9/8s Range: 900(天界の剣)/195(爆発)/1095(合計)

 W
 Active: 自身と対象の味方チャンピオンのHPを回復し、MSを増加(2s)させる。自身を対象にした場合は減少HP率が最も高い付近の味方チャンピオンにも同様の効果が発動する。

回復HP: 60/90/120/150/180 (+0.3AP)

増加MS: 24/28/32/36/40% (+0.08AP)%

Cost: 60/70/80/90/100MN CD: 15s Range: 900

 E

Passive: AA毎に追加魔法DMを付与する。

追加魔法DM: 15/20/25/30/35 (+0.25AP) + [増加AD × 10%]

Active: 次の6秒以内の最初のAARangeが550まで増加(Ranged化)し、対象の減少HP比例の追加魔法DMを与える。アフレイム形態以降はAA対象の周囲の敵ユニットにもそれぞれの対象の減少HP比例の追加魔法DMを与える。このスキルは使用時にAAタイマーをリセットする。

追加魔法DM: [対象の減少HP × (8/9/10/11/12% (+0.02AP)%)]

Cost: 50/55/60/65/70MN CD: 8s

 R
 Active: 指定対象の味方チャンピオンを無敵状態(DM無効)にする。同時に1.5秒詠唱し、詠唱終了時に対象の周囲に浄化の剣を降らせて範囲内の敵ユニットに魔法DMを与える。

効果時間: 2/2.5/3s

魔法DM: 200/350/500 (+0.8AP) + [増加AD × 100%] 範囲: 500

Cost: 100MN CD: 160/120/80s Range: 900
スキル使用ポイント

裁きの斜光

 ウェーブクリア、ハラスに使える万能スキル、
 レンジも長くダメージも高い、レシオも高い。
 序盤にCDがあるかどうかでウェーブクリアの質が変わるのでCD積みを優先しています。
 基本的にQ上げです。オールインの場合このスキルが当たるかどうかでダメージ総量が変わってきます。
 物理魔法15%ダウンが付いているのが非常に優秀です。

 天の祝福
 
 CDが少し長いが、後半のスケールが非常に良いスキル。
 味方JGを助けるためにも1は振っておいたほうが良いです。

 星炎の刃

 減少体力に応じてダメージを与える
 APを積むと後半は減少体力の30%までダメージを与えるようになる
 無慈悲AOEスキル

 聖なる審判

 無敵付きの広範囲AOEスキル
 基本的に後半は自分に打ちましょう。
 味方がフラッシュで逃げるとダメージ足りなくて負けます。
 Apレシオが非常に高く、まず直撃すればADCは死にます。
 このスキルの怖いところはCCが無いので、ADCはフラッシュ切るか悩んでしまいます。
 範囲も広くRフラッシュEAAでADCは落ちます。タンク以外に壊滅的なダメージを与える
 OPスキルです。
レーン管理 タワー管理


 まず、試合が始まったら必ずTOPのブッシュに直行します。 ワードおいてもいいです。
 ここを取られると最初のウェーブが食えなくなるマッチアップがいくつかあります。

 ただ、ヴェインやクインの場合は諦めたほうが良いです。 

 初手は好みです。
 
 Qの場合相手が上手いとプッシュウェーブになる場合があります。
 上げとどちらが良いかは好みです、Qの方が安全に食えます。

 ミニオンに対して直角に打てば2体は食えます。
 運が良ければ3体食えます。
 
 序盤は勝てないので必然的に押し込まれます。
 この時ステータスシャードの一段目をASにしているかADにしているかで食えるCSの量が変わってきたりします。
 うまく食べれない場合はADにしておくと良いです。(ただバーサーカーブーツ行きが決まるので注意)
 
 その後必ずプッシュウェーブになります。
 なるべくゆっくり押して、味方JGに支援PINを出しましょう。来てくれるかは、わかりませんが。
 PIN炊くと敵が察するので炊くことに意味があります。

 ただ敵がおしてくれる場合はなるべくタワー下で維持します。

 <敵がいなくなった場合>

 ケイルができることはいくつかあります。 

 
 1 マナが無い
   そのままリコールします。マナがないケイルは弱いです。その状態で半端にプッシュすると
   終わります。帰りましょう。味方のミニオンを少しブロックすればまたプルになります。

 2 マナがある、そのままラストヒットだけ取りつつ押します。
   ただし対面によっては前に出るだけで死ぬことがあるので
   Rがある場合の選択になります。

 3 Rがある場合 
   マッチアップにおいてRがないと死ぬときは押しませんがキャノン以外のウェーブであれば
   RQでAAしてかろうじてタワーに押し付けることができます。
   ただ、そのウェーブをフリーズされるとやばいのでリコールされたのを確認してから使いましょう。
   またRがない間はウェーブをプルすることになりますがRを使って押すことで必ずプルになります。
   押し返しの1ウェーブの際に捕まらないように経験値だけ吸うような立ち位置にします。

 4 ロームしていた
   押しきれそうなら押します、それ以外はゆっくり押してバウンスウェーブにするか、帰ります
 
 5 TPしていた

   タワー食いましょう。
   体感ではTPしないほうが有利になります。
   ケイルは育つと強いので実はあんまりTPする余裕はないです。
   JGの位置確認を忘れずに。

1 敵エリア側バウンスウェーブの際

  CSは見捨てます、経験値だけ確保します。ここでキャノン欲しさにEで前に出るとほぼ死にます。
  Qを打つことでバウンスが遅くなるので必ず待ちます。
  ただ、前衛がひょこっと出てきて、敵が奥にいるときだけCSありがたく食べましょう
 
2 味方エリア側バウンスウェーブ

  なんとか見捨てたあとこちらに近いバウンスウェーブになります。
  ここではQを使ってタワーダイブが容易にならないような処理をしましょう。
  これで当分CSを食うことができます。基本的にはこの繰り返しになります。

  
 1 ウェーブリセット
   1から5の選択を状況に応じて行う

   ↓

  プルまたは押し付けてバウンスウェーブ

   ↓
  
  バウンスウェーブの場合いくつかCSを捨てて待つ

   ↓
 
  プッシュの場合ゆっくり押して味方JGに支援PIN
 
   ↓

  押し付けた場合大体マナが無いのでリコール  


 タワー管理

  基本的にケイルを使っているとタワーが先に折れます。

  ただ、折れていいです。逆に敵が無理にプル作ってプレート食わないほうが
  有利になることが多いです。

 もう折れそうだなと思ったら無理せず待ちましょう。
 必ず最期には集団戦になるので、ケイルの活躍するときは来ます。

ルーン 詳細データはwikiより転載
ステータスシャード


 上から AS
     アダプティブ
     対面に合わせて防御
  
     一段目
      CSのラストヒットが難しい場合 ASをアダプティブにすると多少食える数が増えます。 
      (中盤以降のDPSが少し犠牲になります。)     
ハラスキツイAPなら二段目を防御に。

 メインパス

リーサルテンポ

敵チャンピオンにDMを与えてから1.5秒後、ASが3秒間40-110%増加し、ASの上限を超える事が出来る。(Lvに比例)
敵チャンピオンを攻撃することで効果は最大6秒まで延長できる。
CD: 6s

 公式ではフリートフットワークより攻撃的、プレスアタックよりはマイルドという評価ですが
 自分の中ではこのルーンが一番後半の爆発力があり、攻撃的なルーンだと思っています。
 集団戦においては、常にアグロピンポンが行われるので、敵を三回連続で殴るというのはかなり難易度が高くなるので
 そうした時に常に前からDPSを叩き込めるのはこのルーンになると思います。

プレスアタック

敵チャンピオンを3回連続でAAすると追加アダプティブDMを与え、
その後6秒間、その敵チャンピオンは「無防備」になり、あらゆる攻撃から受けるDMが8-12%増加する。(Lvに比例)
追加DM: 40-180 (Lvに比例)
攻撃時に溜まるスタックは4秒持続し、AAにより持続時間が更新される。On-Hit-Effectの乗るスキルもAAとしてカウントされる。
「無防備」の効果は付与した攻撃の次のDMから適用される。
同一対象以外を攻撃した場合スタックはリセットされる。また「無防備」状態の敵がいる場合、スタックを付与できなくなる。(同時発動は出来ない)


 かなり多くの人が積極的に使うルーンで、リーサルテンポより優れている点としては
 LV6からトレードを意欲的に行うことができることと、ガンク合わせが強くなること。
 終盤のキャッチで落とす確率が上がることです。特に、 栄華パスはサブも優秀なのでメインは必然的にこのルーンになりやすいと思います。
 バランスの良いケイルになると思います。

フリートフットワーク

攻撃と移動でスタックが溜まる。100スタックで次のAAがエネルギー充填状態になる。
エネルギー充填状態の攻撃を行うと自身のHPが回復して、MSが1秒間、20%増加する。
Rangedチャンピオンの場合、ミニオンを対象に攻撃した際の回復量は通常の20%となる。
回復量: 3-60 (+0.3AP) + [増加AD × 30%] (Lvに比例)

 かなりケイルを使い込んでいる方が採用していました。
 MIDケイルで対面メレーならかなりありかもしれないですサブは不滅、たまに魔導
 自分もTOPで何回か使用してみました。かなりマイルドな選択で多少のガンク回避を得られます。
 APレシオが優秀な点も見逃せないです。
 ただ、ケイルは間違ったダメージトレードをするとレーンにいられなくなるので
 僅かなサステインではとも思います。武器依存度が更に高まるので自分のビルドと相談するのが良いと思います。
 TOP運用57%MID運用51%だったのでTOPケイルはTOP運用が良いと思います。
 味方の負担が大きくなりすぎますね。

 
ねこばば
序盤からEを相手が嫌がるようになりますが、中盤以降のダメージと終盤の失速が付いてくるので
プレイスタイルの好みによって変えると良いと思います。自分はBOTからTOPケイルをやり始めた人間なので
ダメージトレードよりファームが好きです。なのであまり取りません。

エアリー召喚
 サブでマナフローを取りたい、AAでのハラスに強さを高めたいという気持ちで
 選択したことがあります。ただ、序盤から強く行きたいなら、他のチャンピオンで良いのでは
 という気持ちになりました。栄華と比べると中盤のパワーに差ができてしまいます。
 ドラリンを買うとビルドが遅れるので、やはりトロールではという
 気持ちになってしまうことが多かったです。 またのサステインが非常に優秀なので
 のコンビがかなりケイルにはあっていると思いました。
 ただ、ガンク合わせのプレッシャー等は考慮していないので。TOPレーナーの筋力がある方にとっては
 でダメージを上げてガンクプレッシャーを高めるのがいいのかなと思います。
 も人気です。

runes_reforged=8100 (覇道)>覇道を使い始めた理由は
 1.8%の使用率ですが58%の勝率を叩いていたので覇道メインで試験的に採用してみましたが、かなり
 相性は良いと感じました。

ヘイルブレード

敵チャンピオンに対する最初の3回のAAのASが110%増加。
AAの間隔が2秒以上空くと、この効果は終了する。
「ヘイルブレード」の効果中はASの上限を超えることができる。
CD: 4s(非戦闘時)

 入りとしては   AA3回AAでしょうか。トップのダメージトレードにおいて短いCDを持つのでかなり使い勝手は良いです。
 との差別化ではツリーの性質が覇道のほうがユーティリティがあることと、
 アグロピンポンにおいてはDPSが高い。ショートトレードではこちらのほうが早いことが上がります。
 ただ、集団戦におけるロングトレードではの差でダメージが落ちます。

電撃

3秒以内に敵チャンピオンを個別のスキルかAAで3回攻撃すると、追加アダプティブDMを与える。
追加DM: 30-180 (+0.25AP) + [増加AD × 40%] (Lvに比例)
CD: 25-20s

 こちらもプレスアタックとの比較になりますが、ケイルはQの使い勝手が
 非常に良いので、 AA  AAでのダメージトレードが容易なことが選択の理由に
 なると思います。特にダメージにADAPレシオが付いていることから、中盤以降の性能が良くなります。
 ただ、CDが長いので序盤のミニオン押し付けシージに対してプレスアタックより効果を持てないので注意が必要です。

魂の収穫

体力が50%以下の敵チャンピオンにダメージを与えると追加アダプティブDMを与え、魂を収穫し、追加DMが恒久的に増加する。
追加DM: 20-60 (+0.15AP) + [増加AD × 25%] (+魂の数 × 5) (Lvに比例)
CD: 45s
 
 一回使ってみましたが、電撃のほうが良いと思いました・・・
 ただ、ロマンがあります・・・
 使用した理由としては集団戦において低CDでダメージを与えられることが採用の理由でした。
 APレシオがもう少し上がってくれれば、採用率も上がると思いました。

プレデター

ブーツに「プレデター」の発動効果を付与する。
非戦闘時に1.5秒間詠唱することで15秒間MSが45%増加する。(最初の1.5秒間はMSが50%増加)
AAかスキルでDMを与えると効果が終了し、追加アダプティブDMを与える。(AoEスキルの場合、最もHPが低い対象を優先)
CDに入った状態で試合を開始する。詠唱中にDMを受けるか行動妨害を受けるとCDの50%を解消しCDに入る。
追加DM: 60-140 (+0.25AP) + [増加AD × 40%] (Lvに比例)
CD: 150-100s
 
 一度も使っていないんですが、レーン復帰や寄りを考えるとかなりありなルーンに思えます。
 とセラフの相性を考えるとかなり実用的でも
 あると思います。ケイルはにAPが乗るのでこれでR付けて体当たりすると楽しそうですね。
ケイルはいかに対象の体力を減らすかがEのダメージに関わるのでヘルスが高い相手を素早く削れるのは
 相性がいいです。

サブツリー

 
 マナフローバンド
 
 マナフローができるのは大体7分以降なので、
 ケイルの一番CSを取りたい時間とかぶらない&意識的に敵に当てようとしてCSをこぼすので
 プレイの難易度は上がります。ただ、後半マナがない!ということはなくなります。

 サブで取る場合は   が欲しくなってしまうので
 個人的に優先度は低いです。
 
 
  至高

 CD10%を獲得できるのと、余剰のCDをアダプティブに変換できるのが強みです。
 金銭効率ではCD10% 270Gを 魔力20 435Gに変換できるのが非常に強いです。
 40%以上では が55APという破格の性能を持ちます。
 特に  を積めるチャンピオンは限られているので
 ケイルなら取る価値が高いと思います。 
 特に序盤と中盤においてはCDの価値が変わってくるので、後半はAPに変換できるのが
 より強い役割を果たせるので良いと思います。
 
 
 精神安定剤です。ADよりはApの方が恩恵があるのではと思っています。
 20分時点で 至高と合わせて60AP近くを確保できるので明確なパワースパイクを
 迎えることができ、勝てるタイミングを理解することが容易です。
 
 ボーンアーマー
 
 大体のトップレーナーのダメージトレードをカイトしてやり過ごすことは無理なので、
 キルラインを下げるために有効なルーンになります。殆どの場合積まれています。
 試合後のダメージ軽減を見ても、かなり優秀なルーンだと思います。

 
 打ちこわし
 
 ガンク成功後に有利を広げる場合、かなり便利な選択で、敵がBOTにTPした場合の
 最低保障になると思います。

 
 たまに、とったりしますが、ケイルは殆どの場合死ぬときは死にます。
 効果が数値に表れないルーンは強さがわかりにくいですが、R押さないで死ぬこと
 を避けられると思えば悪くない選択だと思います。他のルーンより優先できるかは
 わかりません。

 生気付与

 ケイルを取る以上、自分がキャリーするんだという意思が必要になり、
 かなり消極的なルーンになります。ただ、エアリーを取ってユーティリティを上げる場合は
 持ってみても良いかもしれません、あ、自分トロールだなと思うかもしれないですが。

 <凱旋

 回復非常に強いです、集団戦でケイルはぶつけるために前に出ることが多いので
 回復があるのは嬉しいです。

 迅速
 
 このパスを選択する理由の殆どはこのルーンが強いからだと思っています。
 ASを貰えるツリーはこれだけなので、必ず取っておきたいルーンです。

 
 個人的に評価の高いルーンです。前から溶かすという意識がある方が
 ミスが少なくなると思っています。敵全体に平等にダメージを入れることができるので。
 立ち回りが安定します。

 
 敵が柔らかい場合はこちらで良いと思います。
 後半はADを倒せば勝ちみたいなところがあるので。
 
 

 魔法の靴

 ネコババを取る場合、必ず取られているぐらい優先度が高いです、その代わり大事な
 序盤のMSが低いのでウェーブコントロールを間違えると
 即死するので注意が必要です。ただ、300Gと少しの有利を得られるのは強いです。

 宇宙の英知

 自分はCDが好きなのですがと比べると
 どうしてもトロール気味になるのが悲しいです。増加MSが生死を分けるので取れることは
 少ないでしょう。

  ビスケット

 大体の場合採用されています。に比べれば
 1VS1を補助できる物を、当然相手も持ってくる場合取らなければ行けないので。
 とる、という感じでしょうか。レーン弱者には選択権が無いですね。

  ストップウォッチ

 一度無敵になったところでどうにかなる状況ではないことが殆どです。
 天啓からゾニャに行くのはダメージ不足になりやすくかなり消極的なビルドになると体感しています。
 ただ、個人的な感覚なので、人それぞれでしょうか。
 基本的には  と がある場合 
 から使用したほうが良いです。
 RはCCを受けるので使わずに落ちたりします。

 追い打ち

 覇道自体の採用が少なく、使っていないのですが、QAAのショートトレードを繰り返すという
 ことで得られる有利はかなり大きいのではと思います。使用してみるとかなり強いかもしれません。
 ただ、サステインを得られなくなるのでかなり攻撃的に
 なります。

 血の味わい
 
 個人的には覇道パスは殆どのサブパスの良さを複合的に持っていると感じていて
 このツリーのサステインはと同程度の数値を持っています。
 ただ、オールイン耐性という面では劣るので、息継ぎに近いですね。

 ゴーストポロ

 視界のコントロールが難しいケイルにおいて、二段目で採用することになると思いますが、
 このツリーだけ、唯一視界によるガンク耐性を持てるのが、強みに感じています。
 よりもアクティブに立ち回れるのが良いところだと思います。
 AP増加も基本的には20分で 30Ap貰えるのでスケール力があります。

 強欲な賞金首狩り

 サステイン上昇を目指せると思いますが、ケイルは全てがAOEになってしまうので
 使用してないのもあって、わかりません。気になる方は使って見て、自身で強さを見てほしいです。
 のトゥルー等も確か乗るので、序盤を支える意味では悪くないかもしれません。

 
 巧妙な賞金首狩り

 プレデターを採用する場合、是非使用したいルーンです。
 セラフはCDが長いので相性が良いと思います。
 
 執拗な賞金首狩り
 
 タイムワープトニックに近い性能とバウンスウェーブ時の
 経験値だけ吸う場合の逃げ性能が確保できます。レーン復帰も少し早くなるので
 経験値が欲しいケイルにはかなり安定の選択になります。

 至極の賞金首狩り

 ケイルはRの有無でできることが変わるので
 特に序盤のCDが8秒、返ってくるだけでかなり変わってきます。
 積極的に採用しても良いと思っています。16LVMAXスタックでは36秒になるのでかなり
 強さが変わってきます。個人的に評価が高いです。

 覇道の三段目は好みが分かれると思います。自分のプレイスタイルに合わせてください。
ルーン個人的評価
 おすすめ
 
 非常に使い勝手がよく、活躍が見込める。ツリーも優秀で良いです、
 これに は基本になっています。初めて使う場合は

 
  でプレイしてみては。


 ファーム好きにおすすめ

 中盤以降の爆発力がある、ただ、序盤は本当に弱くなるのでまず勝てない。
 明確なパワースパイクがあったほうがプレイがしやすいのは判断ミスを減らせるので
 ADCをプレイしている方は使ってみてはいかがでしょうか。ASが変化するのでAAがしづらくなるのは慣れが必要
 



こんな感じでができたら無双できる手のひら返しビルド。

 トップレーナー向け

序盤からバチバチに殴り合う人向けだと、思います。トップ浅いのでわかりません。ごめんなさい。
ただ、多くのトップレーナーが使用するので一番馴染みやすいルーンではないでしょうか。



こんな感じで継続的なアドバンテージを得る。
ASの補填を忘れずに。(ちなみにリカーブボウ初手は、CS食べやすくなるのでかなり強いです。)
eスポーツ楽しい

 飽きたらやってみる

使用感はかなりいいです、プレスアタックに勝てるかはわかりません。(電撃とプレスアタックだと、大体プレスアタックが勝ちます)
瞬間DPSではこちらが高いです。ツリー変更によりより汎用性を得られること
が評価のポイントです。



 不足ASを補ってもよい。

ビルド選択

 ADCはキチガイが多いですが、私も例に漏れずビルド固定大好き脳筋プレイヤーで先出しケイル
 平然とやるトロールプレイヤーです。選択の理由を書きます。このセクションはあまり意味がないです。

 ビルドは対面に合わせて変えるものなので。

  ドランシールド
 
 ハラス系に積んでみたりしますが、やはり450G稼ぐのは大変で、トロール感があります。

  ネコババならありだと思います。ビルド遅くなるので・・・

 ドランリング
 金銭効率最高ですが、ケイルのパワースパイクを合わせる点ではトロール気味になります。
 よりの価値が高いのも選択が難しくなります。

 サファイア詰め替えポーション

 この組み合わせが一番良いです。涙が500Gになるのは全然違います。
 はトロールなので注意
 

  アイオニアブーツ

 私が評価している点は900Gで45の移動速度が得られる点、CD10%が得られる点です。(そのまま)
 特に至高を積んでいる状態ではCD10%を20APに変換できるようになるので
 金銭効率が良くなります。ASは遅くなるのでと分けると
 良いと思います。
 ただ以外では
 初手の意義は薄いです。

 基本的にはこちら先のほうがウェーブクリアが楽。

 いかにしてを完成させてスパイクを迎えるか重要なチャンプにとっては
 200Gの差が結構大きいです。分間6CSと見ても約1分30近く早くビルドできます。
 
 止めでナッシャアークに走るのは強気ですが悪くないです。
 ただ、タワー殴るのにそれなりにリスク伴います。

 ナッシャートゥース

 素材で20%CDを獲得できるのでQのCDが重要な序盤ではかなり良いです。
 APを上げると価値も高まるので積まない理由はないです。

 リッチベイン

 移動速度上昇が非常に強く、オブジェクト破壊能力を得るのでゲームを終わらせやすいです。
 CD10%が無駄にならないのが強みです。

  ラバドンデスキャップ

 個人的にはヴォイドより強いと思っています。馬鹿なので。ADを溶かせば勝ちだと思っています。

 
 
 こちらを積んだほうが安定して強くなれますが、後半の爆発力は落ちます。ネコババならこっちから行っても
 良いと思います。
 
 
Apを積む利点
ケイルのスキルセットはどれもAPADレシオがよいですが
一番の理由はの増加MSがApのみであるところです。

3コア時点でMS上昇がとてつもなく、味方のエンゲージ役に使用して
無理やりぶつかることができるのが強みです。

実はAD至高ケイルやってみたのですがあまりにも弱くてトロールでした。



チャンプ相性


 E上げされると辛いが、後半弱くなるので問題ない。
          基本的にナッシャーできるとAAで勝てる。仲良くファームすると味方ADCが溶ける。


 トラウマなのでずっとBANしている。Q上げしてればハラス勝ちできなくもないと思うが。チャンピオンパワーが高すぎる。
(それはケイルも同じ)


 フラッシュEが反応できない。フラッシュ先に切らされると確定で死ぬ。
           ただ、どんなにゾーニングされても後でカムバックできる。あまりにも死ぬとタワー下
           いられなくなるので注意。

  きつくない。ティアマト時点のダメージトレードだけ回避しておく。

 そんなにきつくない、ただ、舐めていると切り刻まれるので注意。

 一度負けるときつくなる。フラッシュEスタンから入られると帰宅することになる。Rセルフキャストで反応できれば
          ダメージトレード負けない。(その後負ける。)

 無敵中でもゲージ貯まるので注意 ケイルが弱すぎて降りてからもレーン居座れるの草

 中盤以降 2発目QはEあたってなくても食らうとキツイので完全に下がらないといけない 細かくダメージ交換するのはリヴェンに似ているが ガンク性能高いので ウェーブ固められると一番キツイ。ただ、多くのカミールはティアマト積むので待つと良い。

 ウェーブクリアがキツイ、序盤から殴っていこう。

 ティアマト積まれるとキツイ シェンは性能が高い、ただ対面が壊れなければそのままファームして勝つ

 簡単らしいが、そこまで楽じゃない。LV9あたりは押し込まれ続けるので、ファームを丁寧に。

 無敵が強い、AAが痛い。タワーを渡す心を忘れない。

 めっちゃイキってくる、嫌い。ウルトは先に使ったほうが負ける。

 超キツイ。ロームしたのかなと思って前出ると殺しに来る。ピン連打疲れる。

 クインに続いてキツイが、ロームされない分だけまし。MR低いからそのうちRでゴリ押しして勝てる
          集団戦の難易度が違う。

 ブッシュから結構遠くまで飛ぶ。カウンターでありかなりキツイ。たまにしか来ないからデータ不足

 Rに合わせて逃げてR使っておけば大丈夫。

 MR積まないと行けない、ルーンで対処可能 ウィッツ積んどけば負けない。Rセルフキャストにしておけば
           反応できるかも。

 ウェーブゴリ押しされる。ウィッツ積んでおけばそのうち勝てる。ビルド変えなきゃいけないのがいや


 イグナイト持ちが多いが、セーフにファームしていればそのうち腐る。
            ただOPチャンプではあるので、リスペクトを忘れない。

 あたったこと無いがキツイと思う。

 序盤キツイがRがオールインのカウンターになるのでそのうち勝つ。

 ナサスと同じような境遇にいる、インナー渡してもいいと思う。

 あまり当たらないが RにRカウンターすれば問題ないと思う。まぁそれができたら苦労しない。

 妖夢とか王剣積まれるとキツイ・・・

 土下座してるからあんまりわからない、データ不足。

 握撃が痛い。ただファームはできる。

 ファームしづらい。ただ今のアカリはナーフされすぎている。

 立ち位置とガンク合わせに注意。

 楽、だと思う。

 あまり当たらない、お互い集団戦重視しているが、ケイルの火力のほうが高いと思う。
           ADだとキツイと思う。

 楽、スケールに差がある。レシオ下がったし。
らいじんさんの動画を見て
open recのLCK実況見てます。象センパイとらいじんさんの実況解説めっちゃ好きです。 花粉症辛そう。

リワーク後に使ってみて遊び方がわからなかったのですが、
ケイルの解説を見て使う気が出てきました。ダクシ2個積んでからなんとか遊べるようになりました。

LCK実況来年も見たいです 

 細かい選手のプレイを解説してくれるの本当に楽しいです。

最期に
ここまで読んでくださりありがとうございます。

書いててやっぱりネコババ不滅が一番強いかな・・・という気持ちになってしまいました。

対面に合わせて柔軟にビルドできるようになるといいですね。

気が向いたら使ってあげてください。

執筆者


コメント - 3件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ce172f26
2019-09-11 17:33:50
らいさま大好きなのがひしひしと伝わった
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:12e4a2ea
2019-09-27 16:49:08
最近opggだど初手ガンブレが流行ってますけどどう評価してますか?
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:f3125176
2019-09-29 15:43:15
チン毛

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!