ビルドガイド: バード - Bard

バード: Bard 9.16

執筆者: silvos (最終更新日: 2019-08-26 13:07:00)

434   2

5
1
83%
トップページ > ビルドガイド検索 - バード > 【ビルドガイド】バード: Bard 9.16

ルーン

覇道
電撃
追い打ち
ゾンビワード
巧妙な賞金首狩り
天啓
ビスケットデリバリー
疾駆
アダプティブフォース +10
魔法防御 +6
物理防御 +5

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

1stリコール

コアアイテム

ケースにより

最終ビルド

イントロダクション

サポートチャンピオンはCCが命です。
よってスタン時間の伸びるから上げるのが主流ですが・・・それは本当にバードの強味を活かすスキルオーダーでしょうか?
のnerfをもってメイジsupやエンチャンターが勢力を増してきた今、を上げた方がレーンで有利を作りやすいと踏んでいます。


冷静になって思い出してみてください。
を当てること自体は容易いですが、スタンまで決まることがどれほどあるでしょう。
更にバードのダメージソースはスキルショットよりもに大きく比重が置かれています。
不安定なオールインを狙うよりも、細かくトレードしてサステインを活かす安定したレーニングを目指してみませんか?
W上げのメリットとデメリット
メリット
- 1. ranged相手のレーニングが非常に強い
にも言えますが、序盤が圧倒的に強いです。
どれだけ割に合わないトレードをしても殺されない限りはサステインを持ってる方が有利になっていきます。


- 2. レーンを離れやすい
は設置型のスキルなので残されたADCが安心してレーニングを続けられます。
ロームとチャイム集めの効率が大きく高まり、一人でファームするADCにも経験値が集中してじわじわと有利を作れるでしょう。


- 3. Midへのお土産
の場合、難易度の高いgankを成功させるのみがロームではありません。
チャイムを取りにいったついでにを置いてくるだけでMidレーンの戦況は傾きます。
を上げることでMidに好きなタイミングで使えるをプレゼントすることが出来るのです。


-4.ルーン選択の自由
一部のADCが以外を選択出来るようになります。
ピック画面でW上げするよと声をかけてあげましょう。
デメリット
- 1. tank相手にはサステインが活きない
オールインして一気に殺してくるような対面に上げは悪手です。
melee相手だとそもそもダメージを受ける機会が少ないので上げ一択でしょう。


- 2.キルプレッシャーが低くなる
CC時間とバーストダメージが落ちるため、キルチャンスを活かせない場面も出てくるでしょう。
「スタンがあと0.2秒長かったら逃げ切れたのに!」も当然出てきます。


- 3.チャイムへの依存度が高い
マナをフル活用出来るようになる分、レーニングの最中にうまいことチャイムを拾い集める必要が出てきます。
に慣れないうちは苦しいかもしれません。
アイテム
まずは何を差し置いてもを手に入れましょう。
ついでがコアビルドになります。
これらのアイテムを使ってチャイムを集めながら敵の森の視界を獲得し、有利に変えていくのがの常套戦術です。


◎その他のアイテム


・ソラリのロケット 利便性★★★
ひたすらAAするチャンピオンなのでどうしても防具は欲しくなります。
相手が徒歩勢ばかりであればいらんですが、個人的には一番購入頻度が高いかも…?



・リデンプション 利便性★★★
雑に有利を広げられるアイテムです。
特に欲しいものがなければこれを買っておくことをお勧めします。
折角のグローバルエフェクトなので1vs1だろうがmidレーナーの回復だろうが出し惜しみせずに使っていきましょう。



・ジ=ロット・ポータル 利便性★★☆
味方にプッシュ力がない時や、誰もサイドレーン行かない時の防具枠。
による迅速な設置と復帰が可能です。



・オームレッカー 利便性★★☆
ADアサシン対策ですね。
はrangedだと効果が死ぬのでこれ買わなくちゃいけません。
冗談かと思うかもしれませんが、ヘルスの増えないよりもこちらをお勧めします。



・アーデントセンサー・アテネの血杯 利便性★☆☆
とはむしろ相性がいいアイテムです。
しかし、の完成を急ぎたいため買うタイミングがありません。
これらはレーニング段階で買えてなんぼなので、レジに持っていく機会はあまり多くないかも…。



・ミカエルのるつぼ 利便性★☆☆
強力なアイテムですが、は他に欲しいものが多いため優先度は低めです。
敵にあたりが居る時に…。



・ライアンドリーの仮面 利便性★☆☆
ダメージを出したい時は手を出してみましょう。
の必要ない時にどうぞ。
立ち回り
◎レーニング
Lv1~
このチャンピオンはのお陰でLv1から強いです。
とにかくAAして敵のヘルスを減らしましょう。
対面のキルプレッシャーが低い時間帯ならもCDごとにぶん投げて構いません。
前述の通り死にさえしなければすぐにでカムバック出来ます。
peelがあまり得意ではないのでは密集させず、なるべく逃げ道に並べて置いておくのがお勧めです。

Lv4~
をCD毎に置いていれば、そろそろマナが尽きる時間帯です。
カウンターピックやjgを当てられていなければ有利がとれている筈なので集めに乗り出しましょう。
残されている間、ADCは一人でファームすることになるのでレベルが早く上がることになります。
これがバードの強味の一つです。

midレーンに近い場所にチャイムが出現した場合はちょっかいをかけるチャンスです。
決まりそうならgankを、決まらなそうならmidレーンにを置いて帰ってきましょう。

なお、この段階ではチャイムが5コ集まり次第レーンに戻った方がいいです。
6つ目以降はブーツ購入後にしておかないとADCが悲鳴をあげてしまいます。


レーンを離れる際の注意点ですが――
・必ず有利を作ってから離れる
Roamは原則ヘルス差を作り、ミニオンをタワーに押し付けて、を複数設置してからにしましょう。
一人でファームするADCの心細さを汲んであげて下さい。うっかり殺されてしまったりすると全てが台無しです。

・無理はしない
こちらのADCのだけが落ちているような状態で離れるのはNGです。
また、top側や敵のjgまで遠出をするならを作ってからにしましょう。

・jgの位置は確認する
バードじゃなくても同じですが、敵のjgがbotに居て味方のjgがtopに居るような状態で敵の森に入っていくのは悪手です。
敵のmidが押し込んでいる時やこちらのmidがリコール中も同様に注意しましょう。



Lv6~
は能動的に試合を動かせるスキルです。
jgを呼んでgankするなり、タワーを固めてjgやmidと一緒にダイブするなり、midgankに行くなり臨機応変に動きましょう。
なるべくタワーが折れそうなレーンを狙うのが効率的です。(自レーンが折れそうならRoamに拘らずに居残りましょう)
どこぞのレーンでキルやリコールが起こり次第、すかさず敵の森に入ってチャイム集めとワーディングを。

しかしADCをほったらかしてはいけません。
ミニオンをタワーに押し付けられる前には傍に戻ってあげてください。
場合によってはで一緒に連れて行ってしまうのもアリです。


レーニング後
こいつはあまり集団戦が得意ではないので、
視界を取ってキャッチに努めるのが正解です。
レーニングで負けてしまった場合はなるべく3vs3以下の戦闘を狙ってください。


集団戦
あんまり強くありません。
集団戦が起こる前にADCを育てきっておく、或いは集団戦が起こらないように孤立した敵をキャッチして殺してしまうのが仕事です。
立ち回りは状況によって変わりますが、後衛をで固めてしまってダメージを出せないようにすることが多いかも…?
ミィプはどの時間帯でも強いので後ろに下がらずに前に出てAAしましょう。
はADCをカイティングさせるのに使う場面が多いです。

相性のいいADC

アッシュ 相性★★★★★

God Tierとも言える組み合わせです。
まずレーニングが理不尽な程に強い。
のSlow地獄でAAに当たった瞬間オールインを開始出来ます。
双方のAAが双方のをprocさせるため、必ず一緒に覇道パスを取りましょう。
また、サステインもSlowもバード側で補えるためを1コア目にする必要がありません。
この組み合わせの強味を分かっているアッシュはからcritビルドに直行してくれます。

更に!
敵の森の中を駆け回るバードにとってほど有難いスキルはありません。
視界での有利をとれ次第、の組み合わせでくそエンゲージを決めましょう。
当然ですがgank合わせも得意なんてもんじゃありません。




ケイトリン 相性★★★

ハラス強者との相性は特筆すべきものがあります。
前述のようにADCがを取らなくてもよくなるので、
でスケーリングを高めることが出来るでしょう。
のStunからはもちろん、からもにチェイン出来ます。
ケイトリンの苦手なミッドゲームで彼女のキルポテンシャルを引き出せる組み合わせ。




ルシアン 相性★★☆

特にスキル同士の相性が良好というわけではありませんが、とにかく当たりが強いのでミィプのAAが当たる度に仕掛けられます。
彼と組む時はのクールダウンをなるべく維持し、前ブリンクした瞬間に加速目的でかけてあげるとgoodです。




ドレイヴン 相性★★☆

彼もまたルシアンと同じく殴り合いが非常に強く、序盤のパワースパイクが完全にかみ合います。
ドレイヴンの場合はミィプAAが当たり次第をかけてケツを押してあげましょう。
この組み合わせはキルプレッシャーが凄まじく、AAを当てるだけで敵のが落ちたりします。




キンドレッド 相性★★☆

Trollピックですが実はバードと同じく序盤の殴り合いがやたら強かったりします。
どちらも敵の森を回るタイプのチャンピオンなので、ディープワードと集めを補佐したい所。
性格が近いためどの時間帯でも足並みを揃えて歩きやすいのが長所の組み合わせと言えます。
苦手な対面

ザイラ

Push力があり、インチキハラスにバーストダメージも兼ね備えているためなかなかADCを一人に出来ません。
花を処理する際にミィプを消費してしまうのも鬱陶しい…。
情けない話ですが相手より一回りうまくなる以外に対策はありません。
のような着弾の遅いスキルは即座にADCにを与えるとスキルドッジに役立ちます。
遭遇戦に弱いため、購入後のキャッチに賭けましょう。
上げなので2vs2のレーニング自体はこちらに分があります。



レオナ

必ず上げにして下さい!
この手の対面はスキルが一個腐るのと同義なので非常につらいです。
すぐタワーダイブしようとするのでRoam中も3秒おきにbotレーンの状態を確認すること。



ブリッツクランク

レオナに比べればマシですが、やはり強引に入ってこられた時に成すすべありません。
ドラゴンピット裏やトライブッシュにワードが置けていない場合は無理にレーンを押さないでください。
こいつも上げ厳禁です。

執筆者

silvos



コメント - 2件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:881da6ad
2019-08-30 01:24:30
ここまで頭悪いビルドガイドは久しぶりに見た
ネタガイドだったのかな?
2.
silvos 登録済みユーザ
2019-08-30 18:49:54
閲覧ありがとうございます!
期待に添えるような内容でなくて申し訳ありません。。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!