ビルドガイド: アフェリオス - Aphelios

アフェリオス: アフェリオス:2020プレシーズン

執筆者: silvos (最終更新日: 2020-01-06 12:23:25)

4,639   0

18
9
67%
トップページ > ビルドガイド検索 - アフェリオス > 【ビルドガイド】アフェリオス: アフェリオス:2020プレシーズン
このガイドはバージョン 9.24.2 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
ぶっちゃけOPなのでどんなビルドでも強いです。
その内高レートの方がもっとまともなのを書いてくれるでしょう。

ルーン

栄華
プレスアタック
オーバーヒール
レジェンド: 血脈
最期の慈悲
魔道
マナフローバンド
至高
攻撃速度 +9%
アダプティブフォース +10
物理防御 +5

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタートアイテム

コアアイテム

AS枠(二択)

CD枠(二択)

ユーティリティ

最終ビルド

ルーンについて
◎メインパス
プレスアタック
アフェリオスはありとあらゆる方法でAAをふっ散らかすチャンプです。
特にセヴェラム(LS武器)のQとはかなりの好相性を見込めます。


リーサルテンポ
よりonhit要素を活かしたい場合はASを上げるのが効果的です。
とかとか買う予定があるならこっちにしています。


フリートフットワーク
キャリブラム(ライフル)の時しかまともに機能しません。
サポートが気効かせて合わせてくれることも多いので無駄です。
やめましょう。


征服者
セヴェラム(LS武器)のAA連打スキルとの相性を買われて流行っているようです。
が、プレスアタックとの最大の違いはセヴェラム持ってる時しか強くない点です。
あからさまに弱いタイミングが出来てしまうので特定の武器に依存したルーン選択はお勧め出来ません。
キャリブラム
概要:
と同じ650まで射程が伸びるハラス用の武器。
主にレーニングとタワーシージで大活躍する。

相性のいい武器:
グラヴィタム


ムーンショット(Q):
指定方向に非貫通のムーンショットを行い、当たった敵に物理ダメージとマークを与える。
マークが付与された対象へのAARangeは無限になってオフハンド武器でAAを行う。

射程・弾速ともに優秀だが非貫通なのでミニオンを押し込んでいないとなかなか当たらない。
グラヴィタム(スロウ武器)と組み合わせることで長距離からスネアを与えることが出来る。


月光の祈り(R):
マーク消費時に追加の物理ダメージを与える。

セヴェラムと並んで非常に利用頻度の低いUlt。
使うべきタイミングは逃げる敵に止めを刺す時。
グラヴィタムのエンゲージでは届かない時や、殴り合う状況が整っていない時はこちらで追い打ちをかけよう。
ぶっちゃけよわい・・・。
セヴェラム
概要:
AAモーションが優秀になり、非常に大きなLSを得られるサステイン武器。
溢れた分はシールドに変換されることもあってインレンジでの殴り合いが強い。
遠距離武器として見るとパッとしないが、スキルが様々な武器とシナジーを形成する。


相性のいい武器:
グラヴィタム、クレッシェンダム


オンスロート(Q):
MSが上昇し、近くの敵に対してメイン武器とサブ武器でASに応じた連続AAを行う。

ダメージこそ下がってしまうがonhitも命中回数分発動する。
サブ武器の弾薬は消費しないので残り一発になってしまったインファーナムを延々と使い倒すことも可能。
セヴェラムQ→クレッシェンダムAAのバーストダメージは凶悪の一言。必ず咄嗟に出せるようにしておこう。

また、MSの上昇量も結構バカにならない。
メレーに詰め寄られた時はオンスロートを発動しながらカイティングしよう。
レーン復帰を早めるために垂れ流してもいいし、敵から逃げるためだけに使ってもいい。
とても便利なスキルなので攻撃だけに拘らないことだ。


月光の祈り(R):
命中時に体力を回復する。

あんまり強くないUltその2。
クレッシェンダムを持っているなら大体の場面でそっちを使った方がいい。
クレッシェンダムがない時や、アサシンに襲われてしまった時はこちらを選択しよう。
グラヴィタム
概要:
スロウとスネアを付与出来るユーティリティ武器。AAモーションが劣悪なのが玉に瑕。
アフェリオスの個性とも言える要素であり、なるべく1発だけ残してストックしておきたい。
動きこそもっさりしているがカイティング性能そのものは高い。


相性のいい武器:
すべて


エクリプス(Q):
この武器のパッシブによる全てのSlowを解除して、対象に魔法DMとスネアを与える。

ADCがこの条件でハードCCを扱えるのは破格。
エンゲージにディスエンゲージにあらゆる場面で活躍する。
特に地点指定CCとのシナジーは特筆すべきものがあり、が凶器に化ける。
相方がオールイン系のサポートでなければサブ武器として残しておこう。


月光の祈り(R):
スロウ効果が99%になる。

長射程のAoEスロウ。
99%なのでもう殆どスネア。
Qを押すと本物のスネアになる。
最も使用頻度の高くなるUltなのでいつでも出せるようにしておきたい。
インファーナム
概要:
AAの威力が上がり、後方に衝撃波を発生させるAoE武器。
ウェーブクリア武器とかいう触れ込みなのにハラス性能も相応に高くてずるい。
他武器とのシナジーも強くとにかく使い勝手がいいため持ち歩く武器に迷ったらこれにしておくといい。


相性のいい武器:
すべて


ダスクウェーブ(Q):
扇形に貫通する炎を放射し、当たった敵ユニットに物理DMを与えて炎が当たった全ての敵ユニットにオフハンド武器でAAを行う。

貫通するのがとにかく強い。OnhitもAoEで発生する。
グラヴィタムと組み合わせればAoEダメージ+AoEスネアというUlt紛いの効果を発揮してしまうし、
クレッシェンダムのミニチャクラムを一度に獲得してドレイヴン並みのDPSに化けることも出来る。
射程は長くないので気持ち踏み込んで使おう。


月光の祈り(R):
衝撃波の範囲が広がり、複数回連鎖するようになる。

強烈な範囲ダメージを叩き出す。
集団戦では常に狙っていきたい。
ボーダーラインはおおよそ三人。
二人以下にしか当たらない場合は別のUltを使った方がいい。
クレッシェンダム
概要:
条件を揃えると超えのDPSが出るインファイト用の武器。
オブジェクトの破壊速度が速いのでドラゴンやタワーを狙う時はこれで。
こちらから向かっていく時よりも相手から仕掛けてきた時に強い。
とにかくダメージが欲しい時に。
相性のいい武器:
グラヴィタム、セヴェラム、インファーナム


セントリー(Q):
オフハンド武器で自動攻撃するタレットを設置する。

範囲内で戦えれば強力だが追いかけて殴る用途にはあまり向かない。
ゾーニングに使ったり、飛び込んできたファイターを返り討ちにする際に。
プッシュしたい時もリソースと相談しながら使っていこう。他のタレットと違ってタワーも殴ってくれる。
こちらもサブ武器の弾薬を消費しないので、残り一発になってしまったインファーナムでウェーブクリアし続けたり出来る。


月光の祈り(R):
追加のミニチャクラムを3個獲得する。

書いてあることは地味だがこのUltの後のAAがやたらめったら強い。
五人に当てた場合は攻撃力が実質4倍になる(!)
一人にしか当たらなくてもやはり2倍になるので、タイマン・集団戦と状況を選ばず使っていける。
使ってて強すぎるので多分近いうちに修正されるのではないでしょうか…。
Ultの用途まとめ
キャリブラム:逃げる敵への追い打ち
セヴェラム:ダメージを出し切る前に殺されてしまいそうな時 クレッシェンダムがない時の少数戦時
グラヴィタム:エンゲージ、及びディスエンゲージ時
インファーナム:集団戦でかつ敵が密集している時
クレッシェンダム:状況問わず、ダメージが欲しい時


実際の利用頻度はグラヴィタム>クレッシェンダム>インファーナム>>>セヴェラム>キャリブラム
複数を巻き込めるならインファーナム、そうでないならクレッシェンダムを選択しましょう。
小難しく考えずにより多くダメージを出せる方を選んでください。
武器シナジーまとめ
色々ありますが武器の組み合わせを強く意識しないといけないのはクレッシェンダム関連のみです。
他はわざわざ準備してまでやることではありません。ライフルはシナジーが乏しいことだけ覚えておきましょう。
また、グラヴィタムやクレッシェンダムから始まるスキルコンボはありません。
コンボらしい動きは必ずセヴェラムかインファーナムから始まります。


☆ダメージ欲しい!
セヴェラムQ→クレッシェンダムAA
インファーナムQ複数当て→クレッシェンダムAA

◎ミニオン越しに捕まえたい
インファーナムQ→グラヴィタムQ

◎ウェーブクリアしたい
クレッシェンダムQ(インファーナム装備)
インファーナムAA

〇遠くの相手に追いつきたい
キャリブラムQ→グラヴィタムQ
セヴェラムQ

〇追ってくる相手から逃走したい
クレッシェンダムQ(グラヴィタム装備)
セヴェラムQ
必須テクニック:空撃ち
アフェリオスを扱う上で絶対に覚えておかないといけない小ネタです。
使えるようになるのはマナを潤沢に使えるようになる完成後。

には【弾薬10発】というコストが設定されているので、
移動中に要らない武器のスキルを空撃ちし続けることで常に欲しい武器を持ち歩くことが出来ます。

本当に重要なので要らない武器を投げ捨てる動作を体にしみ込ませましょう。
これが出来るようになった後はライフルやピストルを捨てることが多いです。
実質3つしか武器がないなら扱いやすさは格段に跳ね上がりますね?
立ち回り
〇レーニング
このチャンプの弱点はウェーブコントロールが苦手なことに尽きます。
インファーナムはなるべく大事に使いましょう(孤立しているミニオンのCSはサブ武器でとる)

前記しましたが、セヴェラムやクレッシェンダムのQですり減ったインファーナムを貧乏くさく使うことも出来ます。
キャリブラムのQは押し込まれていると機能しませんし、視界をとられたり押し込んでしまうとグラヴィタムもプレッシャーを発揮しません。
レーンの勝敗はウェーブコントロールにかかっていると言っても過言ではないので細心の注意を。


また、モーションもっさりすぎて捨てたくなるグラヴィタムですが、これがないとアフェリオスを使う意味がありません。
CSを取る時になるべく消費しつつもスキル一発分だけ残しておくのが得策です。
QのCDは武器ごとの管理なのでエンゲージの際にスキルを三連打できます。

jgの動きをよく見て、botに来てくれそうなタイミングでグラヴィタムを引き込んでおきましょう。
どうせ2vs3やるならクレッシェンダムは必要ありません、gank時に一番大事なのはハードCCです。
弾数の少ない武器を強引に使い切ることも時には重要。


逆に相方のサポートにエンゲージタンクを引いてしまった場合はグラヴィタムよりもクレッシェンダムを優先してストックしましょう。
他の武器ではほとんどバーストダメージが出せません。クレッシェンダム無しでは捕まえたはいいけれど返り討ちになることも・・・。
前述したようにミニオン管理も苦手ですからタンクサポートとのタッグは若干難しいです。


〇ゲーム中盤以降
武器を切り替えることでこまごまとしたタイマンも出来ますがあなたはADCです。
空撃ちを駆使してインファーナムを引き込み、オブジェクトの取得を第一目標としましょう。
ウェーブを押すことで自分より弱いチャンプを狩る機会も巡ってきます。まずはプッシュを。
クレッシェンダムも勿論強いですがアフェリオスの活躍はグラヴィタムでのエンゲージとインファーナムに集約されています。
戦闘が始まりそうなタイミングで必要な武器を装備しておくのが勝利へのカギと言えるでしょう。
因みにレーニングが終わったら基本ライフルは要りません。特殊な状況でない限り捨てて下さい。
(タワーシージや敵が徒歩勢ばかりの時など)

また、徒歩チャンプではありますがセヴェラムQとグラヴィタムのお陰で捕まえること自体は得意です。
1vs1はかなり強い方なので勝てそうな時は是非仕掛けてみてください。やろうと思えばアサシンやファイターにも勝てます。

セヴェラムQのMS上昇はレーンが終わるととても重宝します。味方やオブジェクトに寄る時にも使い忘れないようにして下さい。
アイテムビルド
コアアイテムと言えるアイテムが少ないので、毎回違うビルドになります。
具体的な正解は提示できないので自分で考えて実践してみてください。


◎コアアイテム
(エッセンスリーバー)
CD20%とマナ関連のボーナスが貰えるコアアイテムです。
前述した空撃ちを活用するためには必須と言えるでしょう。


(バーサーカーブーツ)
パワースパイクは1~2コアなのでブーツ枠はこのアイテム以外にありません。


○AS枠
(ルナーンハリケーン)
グラヴィタムやインファーナムの追加効果を広範囲にばらまきます。
プッシュが速くなり、集団戦での活躍も見込めるスタンダードな選択。


(ファントムダンサー)
上記ルナーンハリケーンとの二択になります。
こちらはタイマンが強くなるので敵味方にアサシンが多く見えている(集団戦が発生しない)時に。
ライフラインが被ってしまうためとの同時購入はNGです。
二つの理由から、敵構成がAD寄りの時に選択することになるでしょう。


○CD10%枠
(デスダンス)
AoEを持ち、殴り合いにも秀でたチャンプなので大変マッチします。
スノーボールしている時は迷わずこちらに進みましょう。


(マルモティウスの胃袋)
上記デスダンスとの二択。
AP対策の必要がある時はデスダンスよりもこちらを優先します。
相手チームが3APだったらまずこっちです。


○ユーティリティ
(ガーディアンエンジェル)
ADC御用達のお守り。
無難な選択ですが、APアサシン対策に買うのはやめてください。
アフェリオスはLSとのシナジーが強く、きちんとMRを購入していればGAが必要になる場面は多くありません。


(ラストウィスパー派生)
タンク対策のアイテム。
インファーナムで重症をばらまいたり、増加増加ARPenで35(+18)%のARを貫通したりなどアフェリオスは徳にシナジーが強いです。


(マーキュリアルシミター)
ベタ足チャンプゆえに大変重宝します。
AAをばらまくアフェリオスはLSとの相性がいいのでと一緒に買ってしまえばもうAPは怖くありません。


(ブラッドサースター)
何回も書くのもアレですがLSとは本当に好相性です。
スノーボールした時はもちろん、みたいなのに殺される時も検討してください。
1vs1をする機会が多い時に特に強いアイテムです。


(ナイトヴェール)
脅威がついてますが本当にどうしようもない時に一番最後に買うディフェンシブです。(health325+シールド)
の上からAPダメージで殺されてしまう。
買ったけどADアサシンにおっかけ回される。
そういった時にと一緒に購入してみましょう。返り討ちに出来るようになります。
敵のダメージソースが一方に寄っていてかつタンク不在の時は選択肢になりえます。
3つ目のcritアイテムについて
育っている時は悪くないでしょう。
しかし、ベタ足かつ(一部の武器を除いて)射程も長くないマークスマンなのでポジショニングは厳しめです。
無理にを積むよりもLSやARMRなど、生存力に割いた方が結果的にダメージを出せるように感じています。
サポートとの相性
さんざ言われていますが介護系かつ地点指定のCCを持ったエンチャンターが適任です。(
グラヴィタムのQをちらつかせながら強気のレーニングを続けましょう。
があるなら脳死でスネアかけてもいいです。



などのピール系と組む際はライフルを使い切った後をどう乗り切るかが勝負といえます。
壮絶にハラスされてしまうことになるのでなるべくスキルドッジ中心で立ち回ってください。(対面がタンクサポートの場合除く)



メイジ系と組む際は自衛力のなさからgankに対して非常に脆くなります。
レーンが終わると今度はアサシンに怯えながらファームしなければいけないのでビルドは防御寄りにした方がいいかも。



タンク、中でもフックとの相性はよくありません。
(インファーナム無しでは)ミニオンに押され、(クレッシェンダム無しでは)バースト不足でと武器ごとのムラにつけこまれてしまいます。
相手がアフェリオスのことを理解していないか、またはサポートの実力差がない限りはjg頼みになるでしょう・・・。

執筆者

silvos



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!