ビルドガイド: ジン - Jhin

ジン: 客席に、歓喜の雷撃を!初手シブJhin超考察

執筆者: 焼き海苔 (最終更新日: 2016-09-05 20:29:09)

1,320   1

8
2
80%
トップページ > ビルドガイド検索 - ジン > 【ビルドガイド】ジン: 客席に、歓喜の雷撃を!初手シブJhin超考察
このガイドはバージョン 6.17.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 攻撃速度の神髄(III) 攻撃速度 +4.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


1stリコール

コア

状況に応じて

最終ビルド

イントロダクション
このビルドは日本鯖チャレンジャーでジン140ゲーム勝率70パーセントの方のビルドを自分なりに解釈し、ビルドガイドとしてまとめたものになります。ただし筆者とチャレンジャーの方の解釈との間にずれがあると思うので、このガイドに書いてあることを100パーセント妄信するのはやめましょう。
初手シブのススメ
初手 と聞くと抵抗があると思いますが、 が初手 を積むのと本質的に差はありません。
彼女らは初手に純粋なADを積む以上のメリットを に見出しています。
が初手 を積むのもまったく同じ発想によるものです。そう聞くと抵抗も薄れてきませんか?

以下でそのメリットを説明していきます。

本ビルド は、現在主流のARpenビルド と従来のクリティカルビルド の長所だけを足して2で割らないようなビルドになるので、それらと比較しながら説明していきます。

ARpenビルドとの比較
本ビルドは1stリコールで (1300G)を積みます。このときARpenは (1100G)を積んでいることになりますね。
より200G高いうえ、ARpenは追加で を手軽につんでいけることを考えると、ARpenに軍配が上がります。

本ビルドは次のリコールで (2600G)のような装備になります。このときARpenは (2200G)で、 を買うこともできますね。
ステータス的な面だけみるとARpenの方が強そうに見えますが、 にはクリティカルでASに依存するMS上昇というパッシブがあります。
ADCをある程度やったことがある方はわかると思いますが、ノーコストで予測しづらいMS上昇というのはADC同士でのAAハラス合戦において絶大な効果を発揮します。 がノーコストで発動すると考えるとわかりやすいと思います。また、3発目でクリティカルが発生した場合非常に4発目を当てやすくなるため、相手は常にそのプレッシャーにおびえることになります。さらに、Gank、ボットで起きる集団戦の際はMS上昇がかなり効果的に機能します。これらの点を考えるとこの時点ではARpenよりも本ビルドのほうが強力です。

ARpenが (3200G)を完成させているとき、本ビルドは (3350G)になります。
先ほど述べた強さを差し引いても流石にこの時点では の方が強力です。

(3900G)のとき (3900G)になります。
この時点でどちらが強いかですが、私は の方が強いと思っています。

ここで、そもそも、なぜ でなく なのかについて話します。
各アイテムの性能を詳しく見ていくと、 には追加ダメージにクリティカルが無効で には有効とありますね。
クリティカルが有効・・・。この時点で気づいた方もいるでしょうが、 の四発目の超ダメージに超ダメージのクリティカル が乗ることになります。初手で を積んでクリティカルの追加ダメージを高確率で発動できるADCは 以外に存在しません。
ちなみに、何も調整せずにAAを撃ち続けた場合でも、 が発動したAAのうち、47パーセントほどはクリティカルです。
4発目で がたまるように調整すれば、さらにその割合は上がります。
この超バーストは小規模戦、集団戦で絶大な強さを誇ります。それに加え、序盤のプッシュ力の大幅強化もかなり強力です。
それを考えると初手 はあり得ません。

話を戻しますね。 (3900G)と (3900G)のどっちが強いかですが、前者には先ほど述べた強さがあるうえ、頻繁に発動する高いMS上昇によるユーティリティにより、前者のほうが強いと考えています。ただしWとUltの火力は当然後者の方が高いので、効果的にAAを差し込んでいく必要があります。

これ以降は、本ビルドでのIEが完成するまでARpenの方が若干優勢になりますが、 が完成してからはAAの強さと頭のおかしいMS上昇により本ビルドの方がどんどん優勢になっていきます。


要するにクリティカルビルドにおける序盤の貧弱さを初手 で補うことで、ARpenビルドと変わりない強さを維持したままクリティカル最強の終盤に持っていけるわけです。

従来のクリティカルビルドとの比較
本ビルドの劣化。本ビルドとダメージに差がない上、MS上昇もしょぼいのでAAを差し込む性能も劣る。中盤以降マナがきついチャンプではなくなるので従来のクリティカルビルドが唯一勝っているのはCDRだけ。そんなにWとUltを重視したいならARpenビルドの方が圧倒的に強い。
パワースパイクも圧倒的に遅く、特にレーンの強さに雲泥の差がある。
従来のクリティカルビルドをする意味は存在しない。

を積まないことに抵抗がある人がいると思うが、これだけのMSがあると射程上昇が無くても十分すぎるほどやっていける。

本ビルドの最大の魅力は超MSによる なみのkite性能およびユーティリティーになります。
ただし、集団戦におけるAA依存度がARpenビルドに比べると高くなるので、「 で初めてADC触った」とか「 しかADCできない」という方にはあまりおすすめできません。(それでも他のADCよりはAA依存度が低い)
ADCがある程度できる人は一度このビルドの を試してみてください。死ぬほど楽しくて他のADCができなくなります。
ビルド
1stリコール


1300あるなら
875あるなら
それすらないなら
ここでBFができていないとレーニングはそこまで強くなくなる。多少無理してでも1300G貯めたい。
コア
Statikk Shiv ⇒  Infinity Edge

もしくは のセットを作ってから を作る。
ASを積んでAAが強力になっているため を積む選択肢は存在しない。序盤はマナを使いすぎないように気を付ける。
その後
以下のアイテムから状況に応じて積む。

Mortal Reminder
タンクを溶かさないと後衛にAAを撃ちに行けないことが予想されるとき。ドミニクリガードを積む場面はほぼない。
Phantom Dancer
育っているとき・集団戦で何の問題も感じないとき。
ASとパッシプによるMS上昇のため可能な限り早めに積みたい。大したブリンクを持っていないタンクに対してはこれ一つでほぼ無力化できる。
Mercurial Scimitar
サッシュが欲しい時。普通のジンよりも前に出ることが多いのでサッシュの優先度は高い。
Guardian Angel
サッシュで防げない手段でどうしても死んでしまう時。
Berserker's Greaves
AAがさらに強くなる。羽靴かこっちかは好み。

これら以外のアイテムを積むことはほぼない。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

レーンでEは必要ない。マナが足りなくなる。
立ち回り
レーン戦
ADC中最強のAAハラスを活かす。AA ⇒   のハラスに太刀打ちできるADCは くらい。
はサポートのCCに合わせて撃つ。外しすぎるとマナが足りないので慎重に。 は必要ない。
4発目のときは前にでて敵ADCがCSを取りづらい状況にする。
完成後はただでさえ強いAAハラスがさらに強力になる。クリティカルのMS上昇を活かしてAAハラスをしにいこう。敵がタワー下にいようが問答無用でハラスできる。
レーンでは全てのADCに有利だが、ガング耐性がまったく無いので敵ジャングラーの位置を考えながらレーニングしよう。

集団戦
通常の と比べると、超MSによってポジショニングが非常に楽。それにあぐらをかいて常に安全な位置にいるのではなく、時には相手の隙をぬって後衛にAAを撃ったりするとさらに強い。タンクに対する自身のピールは最小限で済むため、 はなるべく敵後衛かファイターに撃つ。
をイニシエートに使わなかった場合、早くても敵タンクが瀕死になって下がり始めてから撃つ。まだ安全な位置でAAが撃てるなら をとっておく。また、敵キャリーに対してならばそいつがフルヘルスでも撃ってよい。スローとデスファイヤで簡単に倒せる。

執筆者

焼き海苔

Ekkoキチ。


コメント - 1件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:9dff2ff0
2016-11-24 22:54:01
このビルドのジン本当に楽しいです。
教えていただきありがとうございます。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!