プレイガイド

WCSに向けて!

執筆者: Paz (最終更新日: 2016-09-27 23:15:35)

10,013   5

89
5
95%
トップページ > ビルドガイド検索 - 一般ガイド > 【一般ガイド】WCSに向けて!
このガイドはバージョン 6.19.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
イントロダクション
そろそろWCSが始まるってことで各チームの注目選手や各ロールの注目チャンピオンとかを定期的に更新しながら書いていこうかと思います
注目チャンピオン!
まずWCSを見る上で大事なのはパッチですね。
WCSはパッチ6.18で行われるのですが、WCS出場チームを決める大会はどれも6.15で行われたのでそれと比べるとWCSで使われるチャンピオンは大きく変わってくると思います!

・TOP
まず予選(WCSを決める各地域の大会を指します*パッチは6.15)でのTOPのメタチャンピオンは「Ekko Shen GP Gnar」が大部分を占めてましたね。その中でもGnarとGPの脅威はすごく大きいものでした。
それが6.18ではどうなっているかというと・・・
「Ekko」
Ekkoは大幅なナーフは行われてなく、基礎ADが4落ちただけですね。
ただ基礎ADが落ちたことによってSheenやその派生アイテムのTF、Icebornにも影響が出るためにダメージでの若干のナーフといったもので依然としてWCSでも使用されるんじゃないかなと思っています

「Shen」
Shenはかなり大幅なナーフが行われましたね。

固有スキル - 内気功
基本シールド量 52~120(レベル1~18) ⇒ 50~101(レベル1~18)
Q - 護刃招来
ダメージ 対象の最大体力の3/3.5/4/4.5/5% ⇒ 対象の最大体力の2/2.5/3/3.5/4%

強化時ダメージ 対象の最大体力の5/5.5/6/6.5/7% ⇒ 対象の最大体力の4/4.5/5/5.5/6%
パッシブのシールドとQの基礎ダメージがナーフされたことによって特徴であった1vs1の性能がかなり低くなりまずスプリットプッシャーとしての性能がさがりましたね。
さらにシールドの量も下がったことも相まって敵のキャリーに対するタンク力、プレッシャーも下がりかなり優先度は低くなると思います。
なのでWCSでは依然ほどのBan/Pickされる機会は減るんじゃないかなと思っています

「GP」
GPはナーフは依然は後半も強すぎ癖に序盤からも強いじゃん!といったものを緩和するものとなってますね

基本体力 580 ⇒ 540
W - 壊血病治癒
コスト 60/70/80/90/100マナ ⇒ 80/90/100/110/120マナ
E - 火薬樽
樽は生き物じゃない 樽に物理ダメージを与えて爆発させた時に、ライフスティールとスペルヴァンプの効果が発動していたバグを修正
R - 一斉砲撃
クールダウン 160/150/140秒 ⇒ 180/160/140秒
ダメージ 600/840/1080 ⇒ 420/720/1020

基礎ヘルスの低下とWのマナコストの上昇によってレーニングにおいてのHPの維持が難しくなったのとULTの低レベル時からのダメージが低下にしたことによって以前ほど影響力は及ぼしずらくなってると思います。
ただ依然GPはレートゲームの強さがあるためまだピックはされるのではないかな?と思ってます。

「Gnar」
Gnarは非常に大きなナーフがされた上にカウンターチャンピオンが見つかりだしたのでかなり厳しくなると思います(カウンターについては後々)

W - ごきげん
基本ダメージ 15/25/35/45/55 ⇒ 10/20/30/40/50
E - ぴょんぴょん/ドーン!
クールダウン 18/16.5/15/13.5/12 ⇒ 22/19.5/17/14.5/12

このナーフはどちらも序盤において非常に大きなものとなります。まずGnarのスキルの上げ方はR>Q>W>EなのでEのレベルが後半にならないと上げられないのでこのEのナーフは本当に大きなものです。
Wのナーフはこれだけみたらあまり大きなものではないかもしれませんが、これと追加でGnarにおいて非常に重要なアイテムの「フローズンマレット」がナーフされてるのが大きいです。

レシピ ジャウリムフィスト + ピッケル + ルビークリスタル + 625ゴールド ⇒ ジャウリムフィスト + ジャイアントベルト + 900ゴールド(合計コストに変化なし)
攻撃力 40 ⇒ 30
体力 650 ⇒ 700

Gnarは依然からジャウリムフィストというHPとADを確保できるアイテムを買ってある程度の硬さを手に入れた上にピッケルを購入してレーンからプレッシャーをどんどん与えいけるレーンの強さがあった上にチームファイトも強いのが売りだったのですが、上記のようにビルドパスが変わったことによってADをあまり確保できない上にWのナーフも合いまってレーンのプレッシャーが非常に下がるのでGnarの強みが半減といっても過言じゃないほどナーフされてしまったと思います。
なのでWCSでは以前ほどGnarの姿は見れないんじゃないかな?と思っています。

ここからは今大会で見られる可能性があるチャンピオンの紹介です。
「Kennen」
このチャンピオンが先ほど上で書いてたGnarのカウンターとして非常に注目されています。
何故Gnarに強いかというとGnarはまずWのパッシブの関係上3回相手に攻撃しないと弱い上にバーストダメージに弱いんですね。
ただKennenはGnarよりAA、スキルレンジが長い上にサンダーロード、パッシブが生かすことによって一方的なダメージトレードを行うことが出来る上のでGnarの強力なレーニングを封じることが出来ます。
更に爆発的なEngage力でGnar側にゲージを溜めてTPをする隙さえも与えれないのでGnar側は試合を通して非常に苦しい戦いを強いられるっぽうです。
ただしKennen側もまたバーストダメージやガンクに弱い面を持っているので先出しっていうよりも特定のチャンピオンのカウンターとして使用されていくと思いますね。
またKennenは現状の流行のLissandraのカウンターとしても非常に多く機能します。LissandraがULTやZonyaを使用する前にスタンと入れて味方がCCをチェイン、バーストで落とすって感じですね。
Kennneに関してはLCKのWCSを最後に決めるregional finalのKT vs SamsungでCuvee選手が大活躍してたのでそっちを見るのが早いかもしれませんね!
https://www.youtube.com/watch?v=tBj-NPEMFWY&list=PLx1tUfSuJjy2Jq3wpuUNg2Ofmax81BpWc&index=1 (highlightですけどよかったら!)

「Jayce」
Jayceは最近TOP/MIDで注目されているキャラクターで強さはなんといってもレーニングでカウンターがほぼ存在しないうえにポーク/バーストダメージ/MS buff/ブリンクなど数え切れないほどのUtility性能を持っているところですね。
TOPで上げましたがどちらかと言うとMIDで使われるんじゃないかなって思ってますけど書いちゃいました。
MIDだと100%みんなTearを作るんですけどTOPは作らないで妖夢に直行するビルドとかもよく見るのでビルドパスが柔軟なのも非常に強いところですね。
https://gyazo.com/500ab6cf414a5d8650f4d04979a4d222 (CLGのDarshan選手のopgg)

「Cassopeia」
Cassも元々はMIDのチャンピオンなんですが、TOPでも使えんじゃね?ってことで今WCSに出る様々のプレイヤーがTOP CassをsoloQにおいて使用しています。
強いさはレーンの強さはもちろんなんといっても集団戦においての圧倒的な強さですね。Wの分断、EとQのメイジ随一のDPS、そしてULTのCC&バーストダメージ
またTOPレーンにおいては基本的にメレーなのでレーンから太刀打ちできないチャンピオンが大半を占めることになると思います。
ただTOPに行く以上TPを持つことを強制されるのでMIDほどの影響力はないのでこれもまたそこまで多くは見れないと思います。

「Rumble」
RumbleはこのWCSを本当に多く見られる可能性があるチャンピオンだと思っています。
現状のMIDと一部のADCは機動性に非常に乏しいキャラクターが多いのでそれらのチャンピオンに対してRumbleは非常に大きな影響を与えることができます。(例を挙げるならさっき言ったCassやJhin、Syndraとか)
そしてランブルは非常に安価なアイテムでも十二分にダメージを与えることができるのでレートゲームを見据えた構成に対して序盤から大きな影響力をもたらせるのでWCSにおいては一つのキーチャンピオンになるのでないのかな?と思っています。
ただこのチャンピオン上に上げたCassとJayceに対してレーニングがかなり厳しいものになると思うのでJayceとCassはRumbleのカウンターとして見られるんじゃないかな?と思っています。
後CassはEkko、Gnarに対しても非常に強いのです :o

「Kled」
よくわかんねえけどめっちゃOPだからめっちゃ使われると思う
注目選手!
各チームの注目選手を2人を上げていこうと思ったんですけどRevolさんが書いてたのでそちらの選手と被らないように書いていこうと思います!

・Group A
「Rox」

ADC-Pray
この選手は韓国を代表するADCといっても過言ないでしょう。昔から韓国の第一線でずっと活躍し続け、常に韓国のトッププロとしてLCK/OGNや国際戦で活躍し続けてきました。
昔から練習嫌いで有名みたいでまったくSoloQをやらないとプロとしてもすごく有名ですw
チャンピオンプールは非常に広く使えないチャンピオンはいないと思いますが、Twitch/Vayne/Ezrealの3チャンピオンの印象がかなり強いですね。
特にTwitchに関しては韓国1位、2位を争うレベルで上手くチームとしての動きも非常に上手なROXがどのように使うか注目してます。
Vayneは現状のADCメタにおいて非常に強くWCSでもかなり見ることになると思うのでVayneの名手しられてるPrayは本当に注目してます!(DeftとBangもめっちゃVayne上手いですよ!)

Support-Gorilla
Roxの縁の下の力持ちですね!RoxはTopとJungleが非常にダメージディーラー系のチャンピオン、ビルドに進む傾向があるのでGorillaは比較的タンク系統のチャンピオンをピックする傾向がありますね。
タンクサポートしてはTrundle/Braum、メイジ系のサポートしてはBard/Karma/Namiを得意としてる印象があります!
Prayとのbot duoは本当に強力でLCKでも殆どレーンを負けてるのを見たことが無い!ってレベルですね。
RoxはJungleのPeanut選手が本当に積極的でものすごく好戦的なのですがそれはGorilla選手のフォローアップやワーディングなしではできないので二人の連携も注目ですね。
今大会最強と名高いEDGのDeft&Meikoとのduo botの戦いも注目ですね!

「CLG」

ADC-Stixxay
DoubleliftがCLG脱退後に入ってきてADCで最初は僕も大丈夫なのかな?って思ってたんですけどそんな不安も杞憂にしてしまうほど目覚しい活躍をしている選手です。
スキル系のADCよりもAA系のADCを非常に得意としてるイメージですね。Cait/Vayne/Kalista
ただEzrealやJhinといったチャンピオンも好んで使ってるようですね!
Stixxayはとにかく見てて興奮するプレイをします。集団戦も後一歩間違えたら死ぬところで前に出て敵のキャリー陣を殺したり、絶望的だった集団戦を一人でひっくり返したりとかとか!


執筆者

Paz

Rampage topです。よろしくお願いします!


コメント - 5件
1.
スカウトマン 登録済みユーザ
2016-09-19 03:30:30
ブログ?
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:929353df
2016-09-19 23:03:01
応援してます!日本語のてにをはに気を付けて!
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:db95329b
2016-09-20 01:37:16
句読点と付属語が絶妙に読みづらいんじゃー
4.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:e42b7fa9
2016-09-21 19:07:21
こういう記事、すごいありがたい
他のプロゲーマーにも書いてもらいたいな〜
5.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:8e34f9c0
2016-09-30 05:19:17
面白かったー( *´艸`)
読みやすいしちょくちょく書いてくれたらうれしいですww
WCSではクレッドが見たい!

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!