プレイガイド

How to ボットレーン: サポートの種類から考えるボットレーンの遊び方!!

執筆者: Zrednauht (最終更新日: 2020-03-18 17:34:31)

2,483   5

44
1
98%
トップページ > ビルドガイド検索 - 一般ガイド > 【一般ガイド】How to ボットレーン: サポートの種類から考えるボットレーンの遊び方!!
目次
サポートの種類からボットレーンの遊び方を考えてみましょう!




1. 自己紹介
2. レーニング前提
3. プライオリティ
4. 最初の3ウェーブの主導権
5. エンチャンター
6. メイジ
7. フック
8. エンゲージ
9. ピール



更新履歴
NEW! 2020-02-19 一部文字の置き換え、マッチアップ欄にどちらが敵・味方なのか明記しました

自己紹介
どうもS9はダイヤ2で終了したADCメインの者です!

サポートメインではないですが、ADCの視点から考えるサポートの種類、相性、立ち振る舞いをこちらのまとめてみました。
ご意見、質問がある方はコメント欄または配信へどうぞ!
間違っている箇所もあるかと思うのでご指摘歓迎です。

基本よる20:00〜24:00ぐらいまで配信してることが多いです!
よかったら見にきてください : https://www.twitch.tv/zrednauht
最近はADCチョガスしてます・・・



レーニング前提

ソロレーンですと、「ダリウスはマオカイに対してガン有理だよ!」とかよく聞きますよね?でもそれに比べるとあまりボットレーンについてのマッチアップについてはあまり聞きません。これはボットレーンが2人で行うレーンだからです。
ボットレーンで例えるなら に対しては有利だよ」 と聞いたりするこもあるかもしれません。確かに有利に持っていくことができることが多いですがサポートのマッチアップ次第で有利に持っていけないこともあります。
4種類のチャンピオンでレーンが成り立つので、トップやミッドレーンと比べ組み合わせが多く、レーンのマッチアップを理解するのがソロレーンに比べて大変です。

そんな複雑なボットレーンのマッチアップを理解する術をお教えいたします。

もちろん、各チャンピオンのスキルと相性を考えることも大事ですが、簡単なアプローチはチャンピオンをカテゴリーに区分することです。※区分は個人個人で差がありますので、こちらは私の考える区分になります。
またチャンピオンは様々なカテゴリーに当てはまる要素を持っています(ソナはサステインとユーティリティ等)。こちらは私の考える一番特徴的な要素で区分けしています。違う意見を持つことも大事です、参考程度にお考えください。

メイジ系 :
ポーク力、バースト力に長けた種類です。スキル1つ持っている状態からパワーを発揮します。
レーン戦では相手のHPを削り、相手を倒すか、リコールに追い込むかさせることがゴールです。
単純な2v2のレーン戦ではパワーがあるピックになりますが、有理を取る為にウェーブを押すことになること、ガンク耐性のあるスキルが少ないことからガンクに弱い側面を持っています。ジャングラーの皆さんはガンクよろしくです!!

エンチャンター系
ややこしいですが、エンチャンターは更に細分化しておくと理解度が深まると思います。

- キャリーバフ系

- ユーティリティ系

- サステイン系


序盤はダメージ面においてメイジに似通っている箇所がありますが、射程の長いスキルを持っておらず、序盤メイジ系相手には苦戦します。純粋なダメージよりも、 等のユーティリティよりのアイテムを積むため、メイジ系に比べるとダメージが伸びません。その代わりにチームを移動させるユーティリティ能力や味方にバフを付与する能力が優れています。

- キャリーバフ系
キャリーバフ系はキャリーを強化することに特化しています。のピックスを活かした コンビやのAAバフを素早く消費するなどが有名ですね

- ユーティリティ系
ユーティリティ系はダメージやキャリーへのバフ以外で味方に貢献するカテゴリーになっています。ピール能力の高いジャンナ、行動妨害を無効にするモルガナ、味方を蘇らせるジリアンなどです。

- サステイン系
サステイン系は回復系のスキルが備わっている種類です。相手とトレードを行い、失ったHPを回復することで五分五分のトレードをHP有利につなげるのが強みです。理想としてはショートトレード→回復→トレード という風に戦えると強みを発揮できます。回復を複数可使えないオールイン、バーストで倒される状況に弱いです。

エンゲージ系:
この種類のチャンピオンは自分からファイトを起こすことに長けたスキルセットとステータスを持ち合わせています。大きな特徴としては基本的にレベル依存でパワーを取得していくことです。
レベル1のアリスターはあまり怖くないですよね?
これらのチャンピオンは2つ、3つスキルを獲得していくとオールイン、ガンク合わせが非常に強力になります。レーン戦ではレベル3まで体力を温存し、スキルがそろい次第オールインを仕掛けることが勝利条件です

ピール系:
ピール系はレーン戦ではあまり本領を発揮しない部類です。ソロキューに置いても少数派かと思います。
味方を守ることに長けている代わりに、相手にエンゲージすることやダメージを与えることが苦手です。
自衛手段のないADCが安心して前へアグレッシブに出れる状況を作れるは競技シーンでは重宝されてましたね。
守能力に長けている一方、レーニングにおいては遠距離サポートに対して苦戦します.

フック系:
みんな大好きか大っ嫌いか大きく分かれるフックチャンピオンの皆さんです!彼らはフックという強力なスキルでのエンゲージ能力を持ち合わせていますが、スキルショットなのでエンゲージに区別したチャンピオンに比べ不確実なエンゲージです。その分長距離からのエンゲージやキャッチが可能ですが当てられなければ他のスキルが貧弱で何もできないのが特徴です。

フック系はとてもシンプルで、フックが当たればレーンを有利に進められ、当たらなければ有利が取れません。
またフックスキルのヒットボックスがなかなか厄介で、一見当たるはずのないフックが当たったりします。
思いの外長い君、ミニオンを貫通してきたかのように見える君皆さんも経験済みですよね?
フック系を相手にする時、味方のサポートがタンク系であればキャリーの為にフックを受けてあげることができる為比較的楽にレーンを進めることができます。
見慣れない顔としてが居ますね。彼はフック系のチャンピオンではないもノノ、 Eスキルが個人的にフックに似てるなと思ったのこちらに配置しました。当たってしまうと即死することも多々ありますからね。



プライオリティ
レーニングをするにしても、ガンクするにしても、 レーンでのプライオリティを理解することが大事です。

プライオリティとは:

 自分が相手のレーなーよりも先手を取り動けること(ローム、インベーど、ドラゴンに駆けつけるなど)
¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯
プライオリティが ある = ウェーブの位置、レーンの進行状況(トレードなど)的に対面より先に行動できる
¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯

いわゆるレーン主導権です。主導権を持つマッチアップ、タイミングを理解することで行動の幅が広がります。

プライオリティを決める要素はこんな感じです:

1. トレード有利とキルポテンシャル

 ・HP差
   HPに差があるとむやみにウェーブを触りにいけないですよね?
 ・ワンこんプレッシャー
   なんかを使っているときにオールインされたら死んでしまいますね・・・
 ・サモスペの有無
   フラッシュの無いタイミングではフックチャンピオン相手に近づくのが難しいですね・・
 ・Rのプレッシャー 
    などのRスキルにレーンの真ん中で当たってしまうと生き残る確率が非常に低いです。
 ・他のロールからのプレッシャー 
   グローバルウルトを持った、自分側のジャングルを荒らしてる相手JGなどがいるととてもウェーブを触りにいけませんね。

これらのどれかが当てはまるとプライオリティをまずとることはできません。
相手のJGが近くにいる時、自分のHPが削れている時、自分のサモスペが落ちている時、レベル差のついている時などは 前に出ることに対するリスクがあるので、レーンのプライオリティを相手に手放すしかないです!

2. トレード・キルの隙を与えないプッシュ
 相手よりも早くウェーブに触ることでトレードを無視したプッシュができ、そのウェーブを押し込んでいる間はプライオリティをとることができる。などが先にレーンに駆けつけ、スキルをウェーブに使って押してきたら相手がウェーブ処理をしている間自由に動くことができます。

3. ウェーブの位置
 トレード有利とキルポテンシャルがあっても、ウェーブの位置次第ではプライオリティを相手に取られてしまいます。トレードで有利を自陣タワー側にウェーブがある状況では相手が前に出にくくなるプレッシャーはありますが、川側に寄らせないプレッシャーはないのでドラゴンや、スカトルファイトでプライオリティを取られてしまいます。
 ※ウェーブを押し込まれいる側もプライオリティを取れないわけではありません。押し込まれている側がタワー下のミニオンを捨てて裏から先に寄ることができます。これは経験値とゴールドを犠牲にファイトを起こす動きなのでファイトが起きなかった時、ファイトに勝てなかった時のロストが多くなるので、絶対に必要じゃない限り行わない方が良いでしょう!
最初の3ウェーブの主導権
レーニングをする上で最初の3ウェーブに対するマインドセットは必須です。
考え方を覚えるだけで最序盤の事故を防ぐことができるので頭に入れましょう。

マッチアップとはレーンがイーブンな状況で始まることを前提です。ここで言うイーブンとはレベル1同じタイミングでレーンに着くことです。

イーブンで始まる例
・両チームのレーナーがリーシュを行い、同タイミングでレーンにたどり着いた
・両チームのレーナーガリーシュを行わず、同タイミングでレーンに着いた
・片方のレーナーがリーシュを行い、もう片方のレーナーはリーシュをフェイクした

イーブンで始まらない例
・インベードで体力差からレーンが始まる場合
・片方はリーシュを行い、片方はリーシュを行わずレーンに先に着いてレーンが始まる場合


レーンに辿り着く順番で最初のウェーブの立ち回りが決まります。詳しくは説明しませんが、先に着いた側が先に陣取りをできるので、オールインを先行したり(のQとか)、ポークを先に決めたり(のQなど)をすることができます。ADCも到着が遅れた側がミニオンを取るタイミングでハラスを受けやすい形になるので先に着く方が有利です。

プロチームの試合でレベル1からボットのブッシュの主導権の取り合いを行い、ジャングラーはリーシュ無しでスタートするのような光景も見たことがある方もいるでしょう。それほどレーンに先にいることはレーン戦を有利に運べるのです。

ここの理解が足りないと最初のレベルで事故る可能性が跳ね上がるので私はこのようなルールを意識してレーン戦を開始します。

先にレーンに着いた側が最初の3ウェーブは有利
相手が先にレーンに着いた場合、最初の3ウェーブは大人しくします。相手にウェーブを押させ、レベル2先行されても逃げ切れる位置取りを心がけます。ここで重要なのは主導権を持っていない側は無理に押し返さないことです。ミニオンの体力が微妙に減ってしまうとラストヒットを取るタイミングで虐められることになったり、ウェーブが押し込まれてこないのでゾーニングされるような形にもなりえます。
ウェーブを押しつけられたとしてもいいので、無理に主導権を取り返そうとトレードするのではなく、相手をリスペクトして、相手に隙があれば攻める程度です。なぜ3ウェーブなのかと疑問に思う方もいると思います。
LoLでは3ウェーブごとに砲台ミニオンが現れます。これらは体力が多く、簡単に倒しきれない為ウェーブの流れを覆すタイミングを作りやすいタイミングです。例えば相手が砲台ミニオンを倒そうとしているタイミングでHP有利を作るトレードができれば、相手は体力の差を怖がり下がります。こうなると相手は無闇にレーンを押すことができなくなるのでウェーブの主導権が反対側に移ります。このタイミングで有利を取り返す為に最初の2ウェーブは大人しく体力、マナを温存しましょう。



マッチアップ
ここから先はカテゴリー別のマッチアップを簡単に説明していきます。
サポート視点、ADC視点、ジャングル視点からなるべく簡潔に説明をつけたのでボットレーナーとジャングルの方は是非試合前に目を通してみてください。チャンピオンの画像はマッチアップの一例です。

また上の項目でも記述しましたが、マッチアップはお互いがイーブンな状態を想定しています。場合によっては書いてあることが実行できないこともあります。
ここに書くのはそのカテゴリーの大体の相性なので例外が必ずあります。全てのチャンピオンのマッチアップを覚えるのが理想ですが、それは大変なのである程度の想像ができるようにまとめ上げました。例外を見つけ次第そのマッチアップを覚えるようにすると少しずつLoLの理解が深まると思います!

ではマッチアップをどうぞ↓
その1 エンチャンターのマッチアップ
>>目次 に戻る<<

ENCHANTER(エンチャンター)vs HOOK(フック)
※左が 自分・味方 右が 相手

サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:エンチャンター
  目標:レベル1は有利!可能ならハラス、無理そうならフックとレベル2先行警戒
     ・当たりの強いフック系相手にエンチャンターは無理やり戦わさせられるので不利です。しかしエンチャンター側はレンジ有利があるので、フックを誘って避けたり、ミニオンを盾にして立ち振る舞うことで相手を削ることも狙えます。エンチャンターの種類にもよりますが、基礎体力の低いキャラ、ダメージの出ないキャラはフック一つでやられてしまう上に、トレードも十分にできないのでとても不利なマッチアップになります。大人しくタワー下で耐えるのが無難です。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:フック ※相手のサポートのHPを削ればプライオリティが少しの間移る
  目標: なるべくキルを与えないようにする・相手のローム警戒する
     ・レーンのプライオリティは完全に相手側にあるので相手のロームなどを味方に伝えましょう。相手ADCが一人でファームしているなら無理やり攻めたり、リコールしたタイミングから相手のローム読みのミッドロームなど工夫したプレイで相手のスノーボールを阻止しましょう。高難易度になるかもしれませんが、味方ADCからトレードさせ、そこにMS、シールド、回復をしてあげることでHP有利を稼ぐことができれば主導権がエンチャンター側に変わります。


ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:相手のスキルを誘う・レベル2で死なない
     ・フックのスキルを誘う動きができると一時的に相手のプレッシャーがなくなるのでトレードをするタイミングが生まれます。ミニオンの背後から出たり入ったりして周期的な動きで相手のフックを誘い、相手が打ってきそうなタイミングでその周期を崩すことでスキルを誘うことができます。主にレートの低いサポートはフックの打ち方が甘いので簡単に引っかかるでしょう。

シールドやバフを付与する系のサポートならばレベル4、5でミニオンを盾にしながらトレードしに行くとHP有利が生まれてレーンが楽になります。

ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):中
  ガンク合わせ性能(味方):低
  普通のガンクは決まりづらいです。しかし、相手が攻めてくるマッチアップなのでトライブッシュで待機や、レーンのブッシュに忍び込むなど相手の攻めをカウンターする動きでのガンクは決めやすいです。
  


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENCHANTER(エンチャンター)vs MAGE(メイジ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:メイジ
  目標:耐える。メイジのスキルを避ける。クールダウンを攻める。レベル3のときはメイジのフルコンボに注意。
     基本的にメイジ側が有利なマッチアップです、耐えることが主になりますが、相手がワードしに行ってADCが一人の時など隙を見極めて攻め、トレードできる時はトレードを狙いましょう。
Level 4 ~ 5
  プライオリティ:メイジ
  目標: 機会があればシールド・回復スキルを駆使してトレードする。味方のADに前に出てもらい、そこにシールドや回復をいれる形でトレードを行えるとHP有利が取れる

ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:自分からトレードしない(メイジ側がレンジが長いサポートなので自分からトレードすると相手のADとサポートに一方的に殴られる)相手の主要スキルがCD中は例外。

Level 4 ~ 5
  目標: サポートが不利マッチアップなのでトレード勝ちしてないかぎりウェーブを押し気味にしない。なるべく中立から自陣タワー範囲外にウェーブを維持することを意識する


ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):低
  ガンク合わせ性能(味方):低

基本メイジ側のサポート側が押すレーンになる。相手のガンク耐性は低いが、エンチャンターサポーとはガンク合わせが得意じゃない。最初は放置でいいが、あまりにもボコられている場合はタワー8分ぐらいでおられることもあるのでミッドJGで介入を狙えるとよし。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENCHANTER(エンチャンター)vs PEEL(ピール)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:エンチャンター
  目標:低レベル時は射程とAAでハラスできるため主導権を握れるはずです。しかしレベル1ピール側が無理に前に出てくる素振りを見せてくるようならJGがレベル2ガンクを決めにきてる可能性があるので注意しましょう。相手の主要スキルを誘う動きができると格段にレーン戦で有利になるでしょう。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:チャンピオンと序盤のレーン戦次第
  目標: なかなかピール系サポートを削りにくくなる時間帯です。その上相手もスキルが揃っているので無理やりオールインを狙ってくるかもしれません。相手のスキルをリスペクトしてオールインされないように立ち振る舞いましょう。

ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:ピール側はエンチャンターのハラスに対して一方的に耐える時間帯なのでミニオンの攻撃を受けすぎない程度に一緒にハラスしたりしましょう。ウェーブがプッシュ気味になったらタワー下でいじめれるとなおいいです。

Level 4 ~ 5
  目標: このタイミングで相手はオールインやガンク合わせを行いやすいので少し注意しながらレーンをしましょう。主要スキルを吐かせれば簡単に一方的なトレードをすることができるでしょう。

ジャングル視点
  ガンク耐性(敵):中〜高
  ガンク合わせ性能(味方):低
  なかなかガンクがしずらいレーンです。ピールチャンピオンはなかなか落としきるのに時間がかかるのでエンチャンターサポートではCC時間が足りないかもしれません。このボットレーンの場合は相手ジャングラーのカウンターガンクを意識するのが良いです。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENCHANTER(エンチャンター)vs ENGAGE(エンゲージ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:エンチャンター
  目標:ハラスができる唯一のタイミングです。このタイミングで体力を削り続けることができれば主導権を持ち続けられる時間が増えます。AAとスキルを駆使し、レリック消費しようとするタイミングにハラスを行いましょう。
※無理やりなオールインには注意のE等

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:エンゲージ
  目標: スキルが揃った時間帯になるとエンゲージに対してエンチャンターは捕まると難しい状態になります。ガンク合わせやオールインに対しては勝てないので注意です。ADCにシールド・バフを与える系のエンチャンターはADCがトレードするタイミングに合わせてバフをつけてあげるとトレードが非常に強力になり、HP有利を作ることができるでしょう。

ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:サポートが前に出てハラスしてくれるのでラストヒットは取りつつ、合わせられる時は合わせましょう。相手のサポートチャンピオンがレベル1極端に弱いアリスターのようなチャンピオンであればミニオンを無視してハラスすることができれば一気にレーンが有利になります。

Level 4 ~ 5
  目標: サポートのマッチアップが逆転するタイミングです。味方サポートは少し引き気味な立ち位置になると思うので、相手のオールイン範囲に気をつけながら相手のADCとの1対1トレードを試みましょう。味方サポートの方がスキルのレンジが長いので、シールドやバフで一方的なトレードをすることができます。



ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):中
  ガンク合わせ性能(味方):低
  序盤は遠距離vs近距離のマッチアップな分、エンチャンター側がレーンプッシュ気味になります。レベル差があり、タワー下で削れてたらダイブは可能ですが、基本放置で良いです。レベル3から相手がが無理やりエンゲージを試みてくることが多いので、レベル3のタイミング、レーナーがリコールから帰ってきたタイミングでで寄ってあげると攻めを咎めることができるのでおすすめです。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENCHANTER(エンチャンター)vs ENCHANTER(エンチャンター)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:トレード勝ちしている方!
  目標:エンチャンターにはいろいろ種類があります。序盤ハラスに長けているものもいれば、ハラス力が限られているものもいます。サポートのスキル範囲などを意識してプレイしましょう。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:トレード勝ちしている方!
  目標:

ADC視点
  目標:サポート・ADCのマッチアップ次第ですが、たくさんキルが起こるレーンではないのでHP不利を背負わないように立ち振る舞いながらしっかりCSを取りましょう。



ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):低〜中
  ガンク合わせ性能(味方):低
  お互い遠距離チャンピオンだけなので、無理に前に出てくるタイミングが少なく、序盤はガンクをするのが難しいかと思います。
  最序盤は干渉せず、ウェーブを極端に押されているタイミングや、押しているタイミングで相手のJGからのカバーをする動きができると良いでしょう。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その2 メイジのマッチアップ
>>目次 に戻る<<

MAGE(メイジ)vs HOOK(フック)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
プライオリティ:メイジ  ※フック次第でフック側に傾く
レベル1〜3:フックをされないようミニオンやブッシュをうまく使いながらハラスしましょう。もしフックされてしまったらキルラインでない限り、しっかりダメージを出し返しましょう。レベル1でフックされたあとは相手サポートはスキルがないので敵ADCにスキルを使うことで良いトレードができることが多いです。レーンプッシュもできればミニオンを盾にAAでハラスできるのでプッシュを狙いましょう。
レベル4〜5:相手もスキルを揃え終えているので慎重にやりましょう。うまくプッシュ・ハラスすることができていればここらへんでキルが取れると思います。必要に応じてジャングラーを呼んでダイブしてみましょう。
レベル6:おそらく一度リコールしてから帰ってきたぐらいのタイミングでしょう。体力を回復したフックチャンピオンは積極的に仕掛けてくるので自分のサモスペの有無を意識して戦いましょう。

ADC視点
レベル1〜3:メイジ側はハラスをして体力有利を作りたいです。自分からトレードを持ち込んでもよいですが、サポートのハラスタイミングに合わせられれば相手を大きく削ることができます。特にサポート側のスキルがCD中には無理なトレードを行わないようにしましょう。サポートがフックされてしまったら相手のADにダメージをいれにいくと、相手のダメージがばらけるのでサポートを救うことができるかもしれません。
レベル4〜5:上記と同様


ジャングル視点
メイジサポートはガンク合わせ能力はそこそこですが、相手はオールインを狙ってくるフックサポートなので、相手のオールインタイミングを見計ってガンクをさせれば必ずキルが取れるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

MAGE(メイジ)vs MAGE(メイジ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
プライオリティ:スキルレンジの長い方が主導権を取るでしょう
レベル1〜3:スキルショットの当て合いです。頑張りましょう!
レベル4〜5:同様!


ADC視点
レベル1〜3:自分からメイジサポートとトレードを仕掛けると一方的に殴られるので大人しくしてましょう。基本的にサポートに合わせる形でレーニングをしましょう。
レベル4〜5:同様!

ジャングル視点
もし一方的に味方が相手を削っているのであればタワー下でダイブを試みても良いでしょう。
相手のサポートはガンク耐性が低いですが、ダメージが多いでの近づくまでに大きく削られてしまうこともaruので最初のガンク場所としてはおすすめしません。
可能であれば視界を取ったり、相手のJGの位置を共有し、相手のガンクをカウンターすることが求められます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


MAGE(メイジ)vs PEEL(ピール)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
プライオリティ:メイジ
レベル1〜3:ピール系はスキルの射程が短く、メイジが苦手なオールインもできないのでAAとスキルを使ってハラスしましょう。一方的に殴ることになるのでブッシュをうまく使ってミニオンアグロを切りましょう。
レベル4〜5:有利は変わりません。ガンクにだけ注意!
レベル6:オールインを決められてしまうと負けてしまいます。リコールあとなどは特に相手がオールイン狙ってきやすいので注意が必要!

ADC視点
相手のピールサポートは味方のメイジサポートのダメージを耐えることに忙しいです。相手ADとのトレードを勝てるのであれば積極的にトレードしましょう。
ジャングル視点
順調に進めば相手のサポートのHPが大きく削られます。押し込んだタイミングでダイブしたり、相手のJGのプレッシャーを感じないように視界を確保してあげると一方的にレーンが勝てます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


MAGE(メイジ)vs ENGAGE(エンゲージ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
プライオリティ:メイジ (エンゲージサポートに体力維持されてオールインを決められてしまうとエンゲージ側にプライオリティがひっくり返る)
レベル1〜3:レベル1で大きく体力有利を稼ぎたいです。体力を減らせれば相手がエンゲージしてきても体力差で勝てることが多いです。
レベル4〜5:相手がエンゲージをしやすい時間帯です。十分注意しましょう。
レベル6:リコールを一度挟んだあとは体力が満タンなのでエンゲージしやすいです。注意!

ADC視点
レベル1〜3:サポートに合わせて相手の体力を削りましょう。最序盤のADCのAAは強力です。うまくやれば体力を八割削ることができるでしょう。
レベル4〜5:相手がスキルが揃ったタイミングです。体力有利があるならオールインされても勝てるでしょう。体力有利がないのであればサポートがハラスをして体力差を作ってくれるのを大人しく待ちましょう。


ジャングル視点
味方側が大きく相手を削れるマッチアップですが、一つのエンゲージでマッチアップがひっくり返ってしまいます。相手のエンゲージを咎められればボットの勝利は確実なものになるでしょう。などはレベル2、3で無理やりエンゲージしてくるのでそのタイミングでガンクを合わせれれば確実にキルが取れるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


MAGE(メイジ)vs ENCHANTER(エンチャンター)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
プライオリティ:メイジ ※但しADCを起点としたトレードはエンチャンターが有利
レベル1〜3:メイジ側の方がスキルのレンジが長いので有利です。エンチャンターは射程が短い上にダメージも低めなのでうまくハラスしましょう
レベル4〜5:ADCを起点にしたトレードはメイジ側が不利です。例えば相手のADが前に出てシールドや回復効果を生かしてトレードしてくるとひとたまりもありません。相手の射程外からハラスを心がけたり、ウェーブを押し込むことで相手のトレードタイミングを潰すことが大事です。
レベル6:相手のADまたはサポートはフルコンボで倒しきれるのでチャンスがあれば積極的に攻めましょう。ウルトを渋らず使うことが大事です。相手を倒しきれなくても、大きく体力を削ることができればプレートやCS差に直結します。

ADC視点
レベル1〜3:サポートマッチアップは有利なので合わせてプレイしましょう。ウェーブを押し気味にしてハラスしやすいレーン作りができると良いです。


ジャングル視点
タワー下ダイブは狙えます。もしウェーブが引き気味なのであれば味方サポートにCCを入れてもらってガンクもありですが、レーンは最序盤には引き気味にならないので、最初のガンク場所には向かないです。
その3 フック系のマッチアップ
>>目次 に戻る<<

HOOK(フック)vs HOOK(フック)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点

  プライオリティ:チャンピオン次第!!!
  目標:

ADC視点
  目標:チャンピオン次第のところが多いですが、フックは当たると強く、外すととても弱いです。フック以外のエンゲージ方法がないのでフックを誘う動き、フックを避ける前提で前に出てトレードするなど強気なプレイができると相手はビビります。無論、強気なプレイをしてフックされたら死んでしまいますのでタイミングを見計らう必要性があります(ミニオンが相手のタワー下に移動しているタイミングなどは相手のADCが下がり気味になり尚且つ自陣ミニオンを盾にして前に出れるので絶好のトレードタイミングです。)

ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):チャンピオン次第!
  ガンク合わせ性能(味方):高
  お互いフックを投げ合う状態なので、相手も攻めてきますし、味方も攻めます。ファイトが非常に起こりやすいのでガンクしやすいレーンです。但し相手タワー下の近くだと、タワーないにフックで引きずり込まれるかもしれないので要注意です。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOOK(フック)vs MAGE(メイジ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:メイジ
  目標:メイジ側がダメージ面で有利ですが、フックを決めればその時点でフック系が有利気味になります。フックにADCが合わせられれば相手のフラッシュを容易に吐かせることができます。しかし、メイジサポートはダメージが多いため、不用意にスキルをタンクしていると道連れになってしまうので、極力ジャングラーを呼んだ人数差の状況で戦うのがベストです。
最初はウェーブを盾にしてハラスしてくるのでフックを当てられるタイミングをうまく見極めましょう。フックからのトレードに持っていければその時点でマッチアップがひっくり返ることが多いです。また序盤はウェーブを押される形になるのでタワー前でジャングラーをよび、無理やりファイトを起こすのも有効です。
もしフックが決められなかった場合、レベル3で要注意です。メイジ系サポートは3つスキルが揃ったタイミングでのバーストが高いのでフックを投げてる間にフルコンを食らってしまうと負けます。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:序盤次第。フックを当てていればメイジが怖がり、主導権を取れます。
  目標: 有利に進めているのであればフックを当てて、キルに持っていったり、ウェーブを押したあとロームをして他のところで有利を作ることが求められます。


ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:フックが当たったら合わせる、それまでは体力温存!!
  自分からトレードを仕掛けてはいけません。相手のADとの1−1トレードをしようとしても、相手の広範囲のサポートのスキルに合わせられてしまい、体力を大きく削られてしまいます。(特にフックチャンピオンでは助けられない)削れらてしまうとフックが当たったタイミングで満足に戦えなくなるのでサポートに合わせてプレイしましょう。

Level 4 ~ 5
  目標: フルバーストに気をつけながらフックに合わせる!!
  フックが当てやすいタイミングになってきますが、メイジサポートがフックされた後にフルバーストを自分にかけてくることも考えて合わせましょう。ワンテンポ合わせるタイミングを置いたり、ステップを挟むことが大事です。


ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):低
  ガンク合わせ性能(味方):高
  低レベル時に介入できるととても大きな有利を持つレーンになるのでガンクに最適です。メイジサポートはフック系のフラッシュ+フックのオールインに対してひとたまりもありません。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOOK(フック)vs PEEL(ピール)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:フック
  目標:相手を引き離す形でフックを決めれると一方的なトレードができて有利に進められます。ADCとサポートを引き剥がせない状態でのトレードは十分相手側も戦い返せるので注意です。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:フック ※相手がうまくトレードしてくるとフックしにくくなり、プライオリティがピール側に移る
  目標: 勝てるならレーンでフック、勝てる確証がないならローム!!
  相手はエンゲージ力が低めなので、味方ADCをひとりにしてロームを決める動きが有効です。

ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:レベル2先行を狙う! 
     フック系チャンピオンはレベル先行すると非常に強力です。レベル2先行ができれば一方的に戦うタイミングが作れます。

Level 4 ~ 5
  目標: サポートに合わせてプレイ!
     サポートがロームしたいタイミングもあるので、その時は捕まらない程度に安全にプレイしましょう。



ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):中
  ガンク合わせ性能(味方):高
   ガンク合わせは強いですが、相手もある程度耐性があります。敵がタムケンチならばタムケンちを狙う(ADCを狙ってもタムケンに助けられてしまう)、ブラウムならばADCを狙う(ブラウムはWで逃れるのでADCを狙う)など工夫する必要があります。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOOK(フック)vs ENGAGE(エンゲージ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:チャンピオン次第
  目標:ADCとサポートを引き離す!
     ピール相手のマッチアップと似ています。特に味方ADCの近くにフックしないことが大事です。フックしたら味方のADCにオールインされてしまうこともあるのでフックする時は立ち位置を工夫しましょう。また は自分にオールインされると弱い部類なので相手のオールインに注意しましょう。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:トレード次第
  目標: ADCをフックまたはガンク待ち!
     ADCのトレード次第で変わってきます。HP有利があるならばフックを探してもいいですし、有利がないならばレーンを引き気味にしてタワー下でフックをするかジャングラーを呼び込みましょう。

ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:可能な限り相手のサポートを虐めましょう!
     レベル1はエンゲージサポートは弱い時間帯なのでレリックシールドなどを使いにくるタイミングで簡単にHPを削ることができます。最初はミニオンの反撃が痛いのでうまくブッシュを使ってミニオンアグロを調整しましょう。

Level 4 ~ 5
  目標:フックが決まっても無闇に近づかず、距離を保ちながらダメージを出しましょう!
     フックが決まっても、そこからの相手のサポートのオールインが危険です。フック相手を落とし切れれば良いですが、落とし切れなかった時反転されてしまい負けてしまうかもしれません。


ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):中
  ガンク合わせ性能(味方):高
   エンゲージ系のチャンピオンは一方通行なチャンピオンが多いので、フックに対して逃げることができません。ガンクを決めに行ってもいいですし、相手がエンゲージしてきやすいレベル2、3のタイミングでボット側に寄ってあげると簡単にガンクを決めることができるかもしれません。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

HOOK(フック)vs ENCHANTER(エンチャンター)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:エンチャンター
  目標:レベル1だけ削られすぎないように注意!
     レベル1だけ不利です。レベル2以降はフックを狙っていきましょう。エンチャンターは狙われると自分に防衛スキルを使わなければいけない(のRやエンチャンター全般のシールド・サステイン系スキル)。フックを決めてしまえば大体シールドなどを加味してもHPを一方的に削れることが多いのでフック系が有利に進めることができます。
     レベル1はチャンピオン性能次第なところがありますが、基本的に相手のサポートをフックしてしまえば簡単にフラッシュを吐かせることができます。レベル2、3先行できるのであればアグレッシブに攻めることが大事です。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:フック
  目標: フック、ローム、ガンクを呼ぶ
     この前の時点で有利を稼げていたら一方的に進みます。フックを投げて戦ってもいいですし、相手がタワー下に逃げ込んだならロームをして他のレーンのリードを稼ぐと良いでしょう。

ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:レベル2先行を狙う・サポートに合わせる!!
     基本的にはサポートに合わせてダメージを出せれば良いですが、レベル2先行、レベル3先行など一時的なステータス有利があるタイミングを作ってあげると一方的なトレードに繋げれます。

Level 4 ~ 5
  目標: 序盤で有利を稼げていれば注意することが少ないですが、あまり有利を稼げてないのであれば相手のADCとの1v1トレードは控えましょう。シールドやサステインスキルでHP有利を握られてしまいます。自分のHPが十分にないと、味方のフックサポートも攻めたいタイミングで攻めれなくなってしまいます。



ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):低
  ガンク合わせ性能(味方):高
   サポートが無理やり相手を捕まえることができるのでガンクはいつでも決まります。一度有利を握らせたら勝ち続けるマッチアップなのでガンクを決めレレばボットの勝利は確実でしょう!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その4 エンゲージ系のマッチアップ
>>目次 に戻る<<

ENGAGE(エンゲージ)vs HOOK(フック)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:うまくトレードした方
  目標:サポートだけのマッチアップではガンク合わせや、明らかな位置取りミスがない限り戦う必要はない。が、ADCとの相性(カイサ+CC)などトレードを有利に運べるのであれば攻める。フックは適宜ADの為に受ける。フックがCDのタイミングでファイトを仕掛けてみる。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:トレード次第・リコールタイミング次第
  目標: JGを含めたドラ前ファイトなど寄る判断が大事。レーン相手が立ち位置を甘えたら攻める(サポートがワードを差しに行ってADが一人でウェーブを押しているなど)

Level 6 ~
  プライオリティ:トレード・リコールタイミング次第
  目標:ウルトの相性などを考えて闘う。フック系はフォーカスされた時に体が柔いのでサポートが浮いた位置にいたらオールインで落とし切れる。ADがならばR+オールインでほぼ確実に一人落とせる。
ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:フックされないように心がけることが大事だが、状況によってはサポートの動きに合わせてうまくダメージトレードまで持っていけることがあるので、しっかりトレード意識を持つこと。

Level 4 ~ 5
  目標: サポートに合わせてプレイする。タワー前などでフックを食らわないように注意。

Level 6 ~
  目標:ウルトを惜しまず使うこと。もしCC系のRならばR+サポートのオールインで相手のチャンピオンを戦闘不能にできるはず。積極的に使うこと。

ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):中 フック系は攻めることが多いので味方がフックされそうなタイミングを見計ってガンクするといいかも
  ガンク合わせ性能(味方):高 無理やりエンゲージする能力が高いのでガンク合わせはしやすい



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENGAGE(エンゲージ)vs MAGE(メイジ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:メイジ
  目標:とにかく耐える。レベル3まで体力維持できればエンゲージがそこから勝ち、できなければリコールを余儀なくされ、レベル差に押し負ける。タワー下まで押されたなら無理やりエンゲージしてダメージトレードを狙う。うまくジャングラーを呼んだり、リコールした直後の体力満タンの状態でファイトを狙う。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:序盤レベルで耐えれてオールインに成功できていればエンゲージ(味方)、できていなければメイジ(敵)
  目標: 体力維持、ローム、オールイン

Level 6 ~
  プライオリティ:エンゲージ
  目標:メイジはオールインされることに対して弱いが、ダメージが高いので、チャンピオン次第ではオールインをしても道連れにされることはあるが基本的にエンゲージが主導権を持てる。ブッシュをうまく使いより隙のないエンゲージを決めることで確実に勝てる。
ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:味方側が不利マッチアップなので絶対自分からトレードしに行かない。ダメージが倍返しになって返ってきます。耐える。
※れおなのレベル1E取りなどでダメージトレードは十分に勝てるので合わせる。

Level 4 ~ 5
  目標: 体力維持できていればサポートからエンゲージしてもらい合わせる。(自分からトレードを釣って味方サポにフラッシュエンゲージもあり)


ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):低
  ガンク合わせ性能(味方):中〜高 レベルに応じて上昇
   ガンクをしに行けば基本勝てます。ですが、レベル1だと十分エンゲージできないチャンピオンなどの場合はレベル2まで待ってからガンクするとスムーズにガンクできます。味方のHPが低い場合もサポートを犠牲にガンクを決めることはできますが、自分のチャンピオンパワーを踏まえて行いましょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENGAGE(エンゲージ)vs PEEL(ピール)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:トレード・ADCチャンピオン次第 (頻繁にキルが起こらないので、ADCがウェーブクリア能力を持っていると自然にプライオリティが取れる)
  目標:相手のポジショニングミス、寄りのミスを捕まえる。などは比較的殴り合いでダメージが高いので注意

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:トレード・ADCチャンピオン次第
  目標: レーンでのキルは起きにくいのでガンク合わせ、ローム、ドラ前ファイトを意識してプレイする

ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:サポートに合わせてプレイする、JGへの寄り、ガンクの呼び込みを徹底する

Level 4 ~ 5
  目標: サポートに合わせてプレイする、JGへの寄り、ガンクの呼び込みを徹底する

Level 6 ~
  目標:サポートに合わせてプレイする、JGへの寄り、ガンクの呼び込みを徹底する

ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):中〜高 
  ガンク合わせ性能(味方):高 
   味方を守るスキルやCCを持っているのであまいガンクは刺さりにくいかもしれません。サポートのレベルが揃ったタイミングであればガンクが決まりやすいはず!


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENGAGE(エンゲージ)vs ENGAGE(エンゲージ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:チャンピオン次第(ADCとの相性も考えて)
  目標:チャンピオンのスキルと相性を考えましょう。
   例えばは比較的HPが低いのでレベル1でにWで攻めると牛さんのQで止められ大きくHPを削られてしまいます。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:チャンピオン次第 チャンピオンごとのマッチアップを調べましょう!


ADC視点

  目標:サポート・ADCの相性次第です。勝てるならトレードしてもいいですし、トレードが不利なら大人しくレーンを押させて勝てるタイミングを待ちましょう。


ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):中〜高 
  ガンク合わせ性能(味方):中〜高 
   ガンク合わせ能力は高いですが、相手もHPが高いので最序盤は倒しきるダメージが足りないことが多いです。
   一方通行ななどの場合は相手が攻めるタイミングを見極めてブッシュ待機ガンクすると良いです。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ENGAGE(エンゲージ)vs ENCHANTER(エンチャンター)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:エンチャンター
  目標:レベル1、2はエンチャンターのハラスの方が強いので耐えましょう。(レオナレベル1Eで闘うのはあり)レベルが上がるに連れてエンゲージしやすくなります。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:エンゲージ
  目標: レベル3以降はエンチャンターのスキルダメージの伸びが悪いのでそこまでハラスされないと思います。相手のシールド、サステイン系のスキルのCD中など工夫したタイミングで攻めると勝てる可能性がぐーんと上がります。相手のスキルCD中にフラッシュエンゲージなんてしてみても勝てます。積極的に攻めてキルラインを見極められるようにしましょう。

Level 6 ~
  プライオリティ:前のレーニング次第
  目標:味方をバフする系のスキルが残った状態で闘うとオールインでもいなされて逆に倒されてしまうこともあります。特にのRなどスキルを考えてプレイしましょう。
ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:エンゲージサポートは最初エンチャンターに届かないのでレベルが上がるまで待ちましょう。(レベル1で無理やり闘えるレオナなどの場合はちゃんと合わせる心の準備をしておきましょう。)

Level 4 ~ 5
  目標: 相手のサポートのスキルに2ポイント入るタイミングです。相手のADに自分からトレードを仕掛けるとシールドや回復をされてしまいトレード負けしてしまうので気をつけたいです。必ずサポートが合わせられるタイミングでトレードやオールインを行いましょう。



ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):低 
  ガンク合わせ性能(味方):中〜高 レベルに応じて上昇
   レオナのレベル1エンゲージや、アリスターのレベル1フラッシュエンゲージなど連携できればキルは取れるかも
   ファイトは起こりやすいレーンなのでガンクを決めることができれば概ね一方的に味方が勝てる。
   レベル4以降の2v2だけエンチャンター側がトレード勝てるタイミングがあるのでそこをガンクで封殺できれば確実に勝てるはず。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その5 ピール系のマッチアップ
>>目次 に戻る<<

PEEL(ピール)vs HOOK(フック)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:フック
  目標:基本耐えるレーン戦です。
   フックされて孤立してしまうとなかなか逃げ切れないので注意ですが、フックされたタイミングで味方ADCが近くにいるなら十分戦い返せます。びっくりしてフラッシュで逃げる前に戦えるか見極めましょう。相手のフックチャンピオンが近距離範囲内に近づいてきたらADCと一緒に殴ることでトレードは十分できます。
Level 4 ~ 5
  プライオリティ:フック
  目標: 引き続き耐える形になりますが、ジャングラーを含めた3v3などは十分戦えます。ADがフックされる/されそうなら助けて上げましょう。

ADC視点

  目標:サポートからガンガン攻めることはできませんが、トレードはできます。味方サポートがであればADから前に出てトレードを行い、フックされたら食べてもらい下がるなんてこともできます。であればパッシブを生かして同じ対象をフォーカスしながらダメージをタンクしてもらいトレードしましょう。であればスタンが優秀なので利用してダメージを出しましょう。フック系はフォーカスされると比較的柔らかいのでをCCしてフォーカスすると簡単にHPを削ることができます。
を発動させないトレードや、CD中のトレードを意識できると良いです。



ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵フック):中 
  ガンク合わせ性能(味方):低〜中  チャンピオン次第
   フック系は積極的にフックしに攻めるので、味方がフックさレそうなタイミングで寄ってあげると簡単にガンクを決めることができるでしょう!


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PEEL(ピール)vs MAGE(メイジ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:メイジ
  目標:耐えましょう。 ピール系はメイジに対して有利なオールインをすることが難しいので耐える時間が続きます。
   スキルが揃うのを待ち、ジャングラーがきたらオールインを狙いましょう。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:メイジ
  目標: ガンクを待って耐えましょう!
   例えばでミニオンにWで飛んでから相手にQ などでオールインを行うことができますが、それでもメイジが有利です。ガンクを待って耐えましょう。

ADC視点

  目標:耐えましょう。ガンクが合わせまで耐えましょう。 自分からトレードをしにいくと痛いめにアイマス。


ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):低 
  ガンク合わせ性能(味方):低
   メイジ側はレベル1から攻めてくるので、味方にレベル1から強引に前に出て戦ってもらい、レベル2(1キャンプ)ガンクを決めることでマッチアップを緩和することはできるかもしれません。しかし不利マッチアップをひっくり返すには2回ほどキルすることが必要になるでしょう。
このレーンに介入しないとタワーを10分前に折られてしまうこともありえるので、どこかのタイミングで助けてあげるか、トップ側で大きな有利を稼ぐ必要があるでしょう。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PEEL(ピール)vs PEEL(ピール)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:チャンピオン次第
  目標:チャンピオンのスキルに応じてプレイしましょう。例えば:相手がならばEを避けてCD中に攻めましょう。相手がであればQを誘って外させてから攻めるようしましょう。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:チャンピオン次第
  目標: お互いピール系チャンピオンなので、エンゲージ能力が薄いです。タイミングを見計らい、味方ADCを放置して他の味方を助けにいって差を作る動きができればいいですね。

ADC視点
  目標:チャンピオンに応じてプレイしましょう。相手の主要スキルを誘う動きができれば、味方サポートと一緒に攻めるタイミングを生み出せるでしょう。


ジャングル視点
Level 1 ~ 3
  ガンク耐性(敵):中
  ガンク合わせ性能(味方):低 
ガンク合わせ能力は低めですが、フラッシュを使って無理やり合わせることはできるので、味方のサモスペを確認してガンクするのがおすすめです。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PEEL(ピール)vs ENGAGE(エンゲージ)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:サポートの種類だけでば大きな有利不利はつきません、チャンピオンのマッチアップ次第のところが大きいです。
  目標:相手はオールインをしてくるチャンピオンですが、オールイン時のダメージをいなせれば相手は逃げ出すことができないので殴り合いで勝てます。しっかり戦い返すことを意識しましょう。
また相手がガンクを合わせる時に狙うのはADCではなくサポートのことが多いです(ADを狙ってもピールスキルでピールされてしまうから)自分が狙われることを意識しましょう。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:チャンピオン次第!
  目標: チャンピオンごとのマッチアップを調べましょう!


ADC視点

  目標:ピール系にはいろいろあります。つかまっても助けてくれる、ダメージを吸収してくれる など スキルを理解することと、それをうまく使う立ち位置を意識すると良いでしょう。
※タムケンがいるのであればわざと前に出てトレードしてから食べてもらって下がることでHP差をつけるなど


ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):中
  ガンク合わせ性能(味方):低
  ガンク合わせ性能は高くないですが、相手も近接チャンピオンなのでタイミング次第では合わせられます。
  ミニオンが戦っている最中なら合わせやすいですが、自陣タワー下からガンク合わせを行うのはほぼ無理なのでタイミングを見極めましょう。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PEEL(ピール)vs ENCHANTER(エンチャンター)
※左が 自分・味方 右が 相手


サポート視点
Level 1 ~ 3
  プライオリティ:エンチャンター
  目標:最序盤はエンチャンターがAAとスキルでフリーでハラスしてきますので基本耐えることが目標です。しかし主要スキルのQ のE などを当てることに成功すれば相手は少しひるむ上に、ADCが合わせられれば十分トレードもできます。しかし主要スキルをミスってしまうとそのウェーブの主導権を全部丸投げしなければいけなくなるので注意です。

Level 4 ~ 5
  プライオリティ:スキルマッチアップ
  目標: ADCが合わせられない位置で主要スキルを使い、戦えるタイミングを失ってしまうのが一番もったいないです。主導権を取り返すにはトレードまたはオールインで勝ちきるしかないのでスキルは全部当てるつもりでうちましょう。


ADC視点
Level 1 ~ 3
  目標:レベル1は相手の方がハラスが得意なのでHPを削られすぎないように気をつけましょう。HPを失ってしまうと、サポートのスキルが揃って戦えるタイミングで戦うことが困難になってしまいます。

Level 4 ~ 5
  目標: サポートのスキルが揃って戦いやすいタイミングです。しっかりサポートに合わせられるよう心の準備をしておきましょう。


ジャングル視点

  ガンク耐性(敵):低
  ガンク合わせ性能(味方):低
  相当前のめりの状態でないとガンクを刺すのは難しいでしょう。特に一方的に有利不利のつかないレーンな上に、有利をとってもスノーボール力が低いので基本放置で大丈夫です。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

執筆者

Zrednauht

Ashe Lover :D


コメント - 5件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:30184d62
2020-02-18 17:46:11
Best support guide ever!!
ありがとうございます。参考にします。
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d00391f5
2020-02-19 09:24:56
わたしの読解力不足で申し訳ないのですが、マッチアップ解説で「相手」と言われてもどちら目線で見たときの「相手」なのかがすごくわかりにくいです。それ以外はとても参考になります。
3.
Zrednauht 登録済みユーザ
2020-02-19 14:54:39
>> 2

ご指摘ありがとうございます。確かにわかりにくいですね。一部文章の訂正及、マッチアップ欄にどちらが敵・味方の場合かを明記してみたのでよければご確認ください m(_ _)m
4.
Marvinakam 匿名ユーザ ID:d12c2932
2020-02-20 13:49:29
<a href="http://frjeuxdecasino.com/">jackpot casino</a>

<a href=http://svenskaunderkasino.com/>bra nätcasinon</a>

<a href=http://norskebestecasino.com/>norgesnett</a>
5.
Kelnubjed 匿名ユーザ ID:e80e1918
2020-02-21 07:44:37
Keflex Treat Urinary Tract Infection Dosage http://cheapcialisir.com - generic cialis canada Cialis 20mg Canada <a href=http://cheapcialisir.com>Cheap Cialis</a> Taladafil 20mg Miami

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!