ビルドガイド: リー・シン - Lee Sin

リー・シン: leeの対人戦の(コンボ以外の)基礎

執筆者: One Trick Pony (最終更新日: 2017-07-24 19:54:30)

1,391   0

4
1
80%
トップページ > ビルドガイド検索 - リー・シン > 【ビルドガイド】リー・シン: leeの対人戦の(コンボ以外の)基礎
このガイドはバージョン 7.14.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
LeeSinは天才でも習熟するには最低一年は修行が必要
凡人なら三年は必要
そのくらい難しいテクニカルチャンピョンです

頑張って書いてみたけど、大したこと書けてないです
※ジャングルの具体的な動きやwardjumpやコンボについては省いてます

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 伸びゆく体力の章(III) Lv毎に体力 +1.33(Lv18で +24)
    x 9
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 6
  • 伸びゆく魔法防御の紋(III) Lv毎に魔法防御 +0.16(Lv18で +3)
    x 3
  • 攻撃速度の神髄(III) 攻撃速度 +4.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初手

最初に目指すべきもの

コア

味方にタンクがいるとき

味方にタンクがいないとき

最終ビルド

ジャングラーとしての基礎
これは基礎中の基礎です
他のチャンピョンでも当てはまります
相手のジャングラーの位置を意識するだけで上のランクに到達できると思います

ジャングラーは脳死でガンクルートを決めてはいけません
自分がレーンをガンクしてる時に、相手のジャングラーがマップに顔を出さないときは以下の動きをしてくる場合を意識する必要があります

【相手の動きの考察】
仮に自分がtopにガンクしていくとします
敵のジャングラーはガンク中マップに顔を出しませんでした。(もちろんカウンターや他の敵lanerがmiaな時も予測する必要がありますが、今回は省きます)
さて敵のジャングラーはどこに顔を出すでしょう。この予測ができ、この後の動きにつなげることができれば相手より有利を広げられるでしょう
この時相手のジャングラーが有利がつけられるだろうと予測される、大きく分けて3つくらいの選択肢があります
①midやbotにガンクする
②ドラゴンをとる
③botジャングルを荒らす
これをされてもよいように自分もその返しで適切さ動きを身に着ける方法があります
返しも色々な方法があるので、答えはないです

意識してなかった人はこういう意識を身につけましょう
LeeSinとしての基礎
Leesinでうまくなる基本を書きたいと思います

貪欲であるのがLeeSinの姿です
LeeSinはadc以外なら運用できます
LeeSinはジャングルだという固定概念をまずは崩してほしいです
ジャングル以外でも運用して勝てれば腕はどんどん上がると考えていいです

マスタリーのキーストーンにおいてもそうです
が今は一番人気ですが、今は選択肢に幅があります

集団戦時イニシエートかピールどちらをすればいいか
イニシエート>ピール
勝ってる場合はピールだけでもいいですが、負けてる試合の集団戦で勝つことがLOLにおいてレートを上げる近道です
負けてる試合でピールに回っても勝てません
相手が仕掛けてくる前にイニシエートしましょう
敵にイニシエートできない状況ばかり作られる(と感じる)=あなたの適正レートです

青バフや赤バフについて
自分が取りましょう。自分が取ってキャリーする
二週目の青は基本狩らなくていいですが味方に上げると負けます。

かのXJ9の様に貪欲であれ!



ルーンとマスタリーについて
ルーンとマスタリーにおいては完全に好みです
紹介だけしたいと思います

ルーン
現在神髄にはASルーンをはめるのが今の流行りです
今現在韓国プロチームSKTのジャングラーであるpeanut選手のルーンが、世界中のLeeSin One trick pony達の間で人気です
黄色にアーマーではなくhealth per level18を入れてるのが特徴的です
マスタリー
マスタリーにおいても自分に合ったものを選択するのが重要です
今はキーストンの選択肢に幅があります
jungleで運用されるキーストーンは主に4つだと思っています

雷帝の号令
バーストが出したい人向けですね
LeeSinを使うプレイヤーのほとんどがこれを選択しています
一番人気で安定なキーストーンといったとこでしょうか

嵐乗りの勇躍
LeeSin One trick pony達やプロなどの間でも人気の兆しがあります
敵のスキルをよけつつ、ダメージを当てたい
msアップで追撃しやすいです。おすすめです

死神の残り火
スキル回りがいいチャンピョンと相性がいいです
LeeSinと合うというといわれると微妙ですが、LeeSinプレイヤーもたまに使ってます
trueダメージも入るので、ダメージ計算難しいのが特徴です

巨人の勇気
とにかく前でタンク張りたい人向けです
イニシエートしまくるならこれ一択でしょう
ダメージを出す
はMeleeである
接近しないといけないので削り合いのハラスで入るというより、All inになりがちです
があれば最低限逃げに転じれますが、それを置いてもAA一発の重要性は大きいです
後AA一発で倒せたのにということが、レートが拮抗している試合ではよくあることです
というわけで、ダメージを出す基本を書きます

AAリセット
AA→スキル→AAと連続して使用するテクニック
AAの後にスキルを使うことが短時間でダメージを与えれます
スキルモーションキャンセル
Eのモーションはでかき消せます
非常に有用なアイテムです
ほかのチャンピョンでも応用が利くので買いましょう
アタックムーブ
AAをした後に移動するテクニック
多くAAを与えに行くには最重要です
Meleeキャラといえども追撃する際にも重要といえます
スキン
ムエタイスキンがAAモーションが優秀です
視覚を通じて一番分かりやすいので極めたい方は買いましょう

ultについてです
ult後にAAもしくはEを打てます
もちろんAAはAA範囲じゃないと打てません。EもE範囲です
対人戦の基本はAA打つ形になります
集団戦の仕掛け
LeeSinは絶対に攻めの姿勢が重要です
イニシエートをしたり、味方のイニシエーターによる仕掛けに合わせるように行動しなければなりません
相手が仕掛けてくる前にキャッチするのが大事
仮に相手が先に仕掛けてきた場合は残念ながらピールに回るしかありません。残念ながらこのような状況下でピールに回っても厳しいものがあります
守りに入ってはだめです。仕掛けましょう!スピード命です

イニシエートの方法は大まかに2つあります

①敵のキャリー(育ってるほう)をinsecで引っ張る。
キャリー引っ張りつつ巻き込みノックアップ決まれば完璧ですが、これは難しいので今回は置いときます
キック後の自分の立ち位置は、当然ながら敵の中である可能性が高く孤立してます

②敵の前衛キャラを敵のキャリーに巻き込みノックアップさせる
①+巻き込み狙うより楽です。もちろん巻き込むにも最低限敵二人の動きを予想しないと当たりません
ノックアップさせてほかの味方のAoEでつぶそうという考えです
キック後の自分の立ち位置は、味方も近くにいるため安全な場合が多いです
味方も5人で固まっている場合が多いため他の味方も安心して前に出れます


勝ってる場合はどっちでイニシエートしても勝てます
ピール寄りになっても勝てます

負けてる場合が問題なのです。負けてる場合は味方はもちろん後ろのめりで、敵は前のめりです。仮に①のようにキャリーを引っ張っても
敵のほうが早くpeelするよう駆け付けます、insecのアクション後の敵の到着のほうがコンマ何秒早いのです。なおかつ自分は敵のチームの渦中。たとえ敵のキャリーは殺せても、自分も死ぬのでおいしくありません
引っ張ったキャラがflash持ちだった際は正直負けます
ですので負けてる場合の選択肢としては②となります。負けてるときの集団戦はイニシエートしつつ自分がすぐに死なずに生き残るのが最善手です
イニシエート後は状況によりますが前から倒していく形がほとんどです


GAがあるとまた違った考えができると思います
これがコアアイテムにに設定してる通り生きるのが正義です
最後に
LeeSinQが重要です
ダメージ源であるQがあたればレートは上がります
Q当たらないからといってQを溜めすぎず、相手の動きを読んでQを当てましょう
動きを読みすぎて明後日の方向に打たないように祈ってます!
最後に動画の紹介をば。
僕と同じティアマト卿のDruxさんの動画で〆させていただきます


執筆者

One Trick Pony

leeキチ


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!