ビルドガイド: ケイン - Kayn

ケイン: ケインジャングルのすすめ(初心者向け)2020/9/20大幅更新

執筆者: shinoppy0618 (最終更新日: 2020-09-22 19:52:35)

2,597   0

7
2
78%
トップページ > ビルドガイド検索 - ケイン > 【ビルドガイド】ケイン: ケインジャングルのすすめ(初心者向け)2020/9/20大幅更新
 注意点 これを読んでから本ビルドガイドを見てください

 本ビルドガイドはケインを触ったことのない方を対象に制作しております。
そのため、もしケインの熟練者である方が本ビルドガイドを見て気に障ったとしても、書き込むようなことはせず、そっとブラウザバックをしていただけると幸いです。

 私は文章を書くのが苦手なため、読みにくい部分があるかもしれません。ご了承ください。
 あとで読み返すと語尾がめちゃくちゃでした。訂正するのも面倒くさいので勘弁してください。

 2020/9/20大幅に更新しました

ルーン

栄華
征服者
凱旋
レジェンド: 強靭
背水の陣
覇道
血の味わい
強欲な賞金首狩り
アダプティブフォース +10
アダプティブフォース +10
物理防御 +5

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


ファーストアイテム

ファーストリコール

赤ケインの最終ビルド

青ケインの最終ビルド

最終ビルド

はじめに
 皆さんはケインが登場した時、ケインが何かに似ていると思いませんでしたか?
・戦闘中に進化する
・進化先が2ルートある
・相手には戦闘が始まるまで(チャンピオン選択時)はどちらに進化するかわからない
・進化先が赤色と青色である

そうです。リザードンです。

USUM時代に猛威を奮っていた(レート戦使用率10位以内を余裕でキープ)リザードンに似ているケインが弱いわけがありませんよね!
ということでそんなケインの使い方を本ビルドガイドでは紹介していきます。
長所と短所
 長所
・無駄のないスキル
 スキルの欄で詳しく解説しますが、どのスキルもケインにとって重要なスキルであり、どのスキルも使いどころが明確でわかりやすいです。

・機動性
 壁をすり抜けて自由に動けるという特異性からこのチャンピオンほどマップを自由に動けるチャンピオンはいません。

・相手にはチャンピオン選択画面では進化先がわからない
 相手が戸惑うかもしれません。



 短所
・低レベルから動かれると苦しい
 序盤はフルクリアがケインの王道ルートであるため、レベル2やレベル3で動かれるチャンプ(etc...)にはどうしても主導権を握られてしまいます。

・ソロドラゴンが厳しい
 低レベル(4〜6レベル)でのソロドラゴンは基本できないです。
 そのため、ボットかミッドに寄ってもらわないといけないため、レーナーに負担がかかります。
サモナースペル

 これがないとジャングラーの人権が剥奪されます。


 最強のサモナースペル。
 逃げでも、追いでも便利。


 本ビルドガイドは、ケイン初心者向けであるため、で確定とします。
スキル
の仕様
 進化するためのスキル。
 遠距離攻撃をするチャンピオンを攻撃すると、青ケインが、近距離攻撃だと赤ケインのゲージがたまります。
 ゲージがたまり切った時に割合に応じて進化先が解放されます。
 早いと、レベル6で進化先が解放されます。レベル7,8,9くらいで進化したいです。
 また、進化先が解放されてから、4分が経過するともう片方の進化先が解放されます。
  例 赤ケインゲージ 60% 青ケインゲージ 40% だと赤ケインが先に解放、解放されてから4分後に青ケインが解放されます。

 注意点としては進化ゲージはケインの攻撃回数のみに依存します。
 そのため、ADをいくら詰んでも進化ゲージへの影響はありません。

 進化後は、
 赤ケインの場合はスキルを当てた際のダメージの割合分回復。
 青ケインの場合は初撃のダメージ増加になります。




 攻撃スキル。移動中と回転時の2回ダメージが発生するため、モブ対面でもチャンピオン対面でも意識して2回とも当てるようにするとgood。
 2回当てるためにを吐くこともしばしばあります。
 ちなみに薄い壁なら抜けることができますが、ブリンク距離は長くないので、壁に密着してから使用することを意識しましょう。

 赤ケインの場合は相手の最大体力の割合ダメージを与えます。




 ケインのハラス兼CC付与スキル。
 スロウを与えます。サイドステップで避けられやすいので、で距離を詰めてからとか、を吐かせてからと、工夫が必要なスキル。

 赤ケインの場合は命中時にノックアップ付与
 青ケインの場合は詠唱中に移動することができます。




 ケイン使う理由の9割がこのスキルがあるからといっても過言。
 スキル使用後壁に潜った時一度だけだが、体力回復が発生するのも素晴らしい。
 戦闘時か、非戦闘時かで壁に潜れる時間に差があるのは注意。

 青ケインの場合、使用中のMSさらに増加とスロウ無効。
 ちなみに青ケインでを積んでいるとE使用中に川の横断が可能。




 ダメージを与えた相手の中に潜り込むというとても使いやすいスキル。
 ダメージソースをして使うのは勿論、相手のCCスキルを無効化できたり、時間を稼げたりと、あらゆる面で機能する。
 さらに出てくるときは壁をすり抜けることができるため、潜り込んででスティールして出てくると同時に脱出なんてことができるとモテます。
 ピンチの時はを打って潜り込む条件を満たすのがベスト。

 赤ケインの場合は対象の最大体力の割合ダメージと自身の回復。
 青ケインは射程増加との初撃ダメージ増加のCD解消。




 なお、スキル上げはCDの短いQを優先的に上げるRQWEの順にあげるので確定。
赤ケインと青ケインの選択について
 以前まで本ビルドガイドではEの機動性を最も効果的に使える青ケインを推奨していたが、2020/9/20時点では赤ケインを推奨。理由としては青ケインより赤ケインの方が役割が広いことにある。青ケインの役割はアサシンのみであるのに対し、赤ケインはセットアップやタンク、ピールなど青ケインより戦闘時の選択肢が多いことが赤ケインを推奨する大きな理由。また、topがファイターメタ、midがアサシンメタな環境であること、ヨネの追加により相手にオールAD構成が来ることが多くなったのも赤ケインに追い風。

 一つ注意点は、試合中にどちらに進化をするか決めるのではなく、チャンピオン選択画面で決めておくこと。
 赤ケインの場合と青ケインの場合で取るべきルーンが全くと言っていいほど違うため、試合中に本来の進化先に合ったルーンを蹴ってまで進化先を変更するのは良くない。
赤ケインのルーン
上から
 赤ケインは体力回復やにより戦闘時間が長いため、が一番赤ケインに適しているため、確定。

 との選択。戦闘継続力の上がるの方が使いやすいか。

 他2つより明らかに赤ケインに適している。確定。

 との選択。ガンクの決定力を上げたいなら。体力が低い時にダメージが上がるは赤ケイン特有の大幅な回復量を後押しすることになるための方が優勢か。

サブルーンは個人の好み。
 自分はで体力回復増し増しにしているが、MSを上げるルーンでも、耐久性を上げるルーンでもあり。

ちっちゃい3つのやつはジャングルを回る速度が大切なため、赤ケインでも青ケインでも同じになる。
青ケインのルーン
上から
 との選択ではあるが、ローリスクで打てるのキルラインを増やした方が使いやすいため、確定でいい。

 との選択にはなるが、は避けられやいため、で良い。

 自分はワードをよく置くため、にしているが、これはでもでも良い。自分の動き方などと相談。

 との選択だが、機動性をあげ、アサシンとして動きやすくなるの方が使いやすい。

 サブルーンは赤ケインの場合と違い、でほぼ確定。
 選択はにするかどうか。
 どれも採用理由が理解できる。
 30分以降の決定力が高いにしている。

小さな3つのやつは赤ケインの欄で書いたように本ビルドガイドのAD、AD、ARで確定。
ジャングルの周り方、装備
 基本的には赤バフスタートのフルクリア。
 ファーストアイテムはスキルダメージでジャングルを回るチャンピオンであるため、で確定。
 フルクリア後、ファーストリコールで買うべきものは、は最優先。後は状況次第。350G余っている時はよりの方を優先した方がいい。

 ゲージのことから、赤ケインを目指す場合はトップレーン、青ケインを目指す場合はボットレーンから試合を組み立てていくのを意識していくと良い。
 ただ、基本的にオールインキャラのため、カウンターガンクに滅法弱いため、敵ジャングルの位置を予測しながら動こう。

 敵の裏の壁からで入るのが強いため、極力狙いたい。しかし、逃げスキルが無くなるため、注意。

 ビルドの順番はとりあえず本ビルドガイドの順番に従って揃えていけば良い。
 青スマイトと赤スマイトの選択はCCの少なさを補える青スマイトの方が吉。

 青ケインの時に相手にCCが多いようならを早めに買うなど、試合ごとに対応すること。

 先にも書いた通り、ソロドラゴンが厳しいチャンピオンであるため、敵のジャングルを倒して、明らかにドラゴンチャンスだとしてもレーナーが寄らない時は、カウンタージャングルにした方が良い。
ビルドについて(赤ケイン)
 上でも少し触れたが、ビルドについて解説する

赤ケインビルド
確定ルートは


詳しく解説
 
 先でも述べたとおり、CC不足の点から赤スマイトより青スマイトの方が良い。もしかするとと選択ではないかと疑問に持つ方がいるかもしれないが、スキルファイターのケインにとってCDRを序中盤に選択することはリスクが大きいため、なし。

 
 これはと選択ではある。しかし、脳死でも良いくらいの方が強い。少なくともで迷った時はにしておけばよし。

 
 これらはCDRとAD、耐久力とケインに必要な全てが揃っており、相性最高なため確定。

 これ以降は基本的に自由。ただ、防具を積むこと。この辺から選択。は現時点ではあまり強く無いため、候補外。
 
ビルドについて(青ケイン)
青ケインビルド
から2つ→

詳しく解説

 
 確定。これを飛ばして脅威アイテム直行はなし。少なくとも、初心者にはお勧めできない。

 
 確定。しかし、他を差し置いて購入するほどでは無い。そのため、赤ケインのようにを積む明確なタイミングはない。ゴールドが余ったら買いましょう。

 
 脅威アイテムの中で一番安く、効果も強い。これがなければ、正直ケインは赤ケイン一択になってしまうといっても過言。の後は脳死でに行っても問題なし。

 
 この中から好きなのを2つ。正直ここは好み。上の順番は左から重要度が高い順。自分はのスペルシールドを重くみているため、はほぼ確定で積む。また、も脅威アイテムの中にあるが、上記3つより弱く、孤立した敵にはが無くてもキルは余裕であるため、候補外。

 
 体の柔らかい青ケインでも時間を稼げる神アイテム。これを置いて脅威を積んでも、そんな時間帯ではそこまで相手へのダメージは増加しないため、最後はを選択するのが吉。
マッチアップ
 前に書いた通り、ケインの天敵はのようなレベル2,3からガンクをするチャンピオン。
 これらに味方のレーンや自陣ジャングルを壊されると、厳しくなる。

 逆にケインが得意とするチャンピオンはのようなファーム系、のようなレベル6まで大人しい系。
ジャングルの基本
 これまではケインについて説明していたが、ここではケインに限らず、ジャングルというロールをする時の注意点について書く。

・自身のパワースパイクのタイミングを把握する
 パワースパイクのタイミングを理解しないと、最適なジャングルルートを選択することができない。例えば、低レベルが強いが一生ファームしていると、それは自身のパワースパイクを自ら無駄にしていることになる。逆も当てはまる。レベル6が強いのようなチャンピオンが低レベルでガンクや敵陣ジャングルへ入ることは自ら不利な戦いを選択していることになる。また、慣れてくると敵のパワースパイクのタイミングを把握すればタイマンで勝てるタイミングがわかるため、相手のジャングルを思うがままに操れるようになる。

・寄りの意識を高く持つ
 例えば、ゴーレムを狩っているときに近くのレーンでバチバチの戦闘が発生したとき、よく初心者は先にゴーレムを狩り切ってから寄ることが多いが、実際は狩るのを中断して寄ることが正解であることが多い。戦場への参加の早さは戦闘の結果に直結する。モブはその戦闘の後に狩ればいい。

・ワード設置は敵ジャングルに
 ワード設置はとりあえず川に置いておけばいいと思っている人がいるかもしれない。しかし、敵ジャングルが川にいるかどうかの情報より、敵ジャングルがどちらサイドにいるか、どのモブを狩っているかの情報の方が動きやすくなるため、なるべく敵陣にワードを置いた方がいい。おすすめはラプター近く。

・ドラゴンやヘラルドについて
 低レベルでのソロドラゴンはリスクが大きすぎるためなし。14:00以降のヘラルドは14:00前と比べて価値がかなり薄くなるため、固執しすぎないように。ドラゴンは2つまでは渡してもそこまで影響はない。例えば一体目のドラゴンに対して裏からでスティールを狙うのは微妙。その時点でのドラゴンやヘラルドの価値はどれくらいか考えることができるとgood

・ガンクについて
 相手が押し込んでいるレーンに脳死でガンクはやめよう。味方のレーナーのHPがわずかで実質タイマンになってしまって負けたり、敵ジャングルがカウンターガンクを狙って近くのブッシュで待機していたりと、一見有利に見えても実際は不利を自分から背負うことになることも少なくない。そのため、敵ジャングルの位置の把握、ミニオンの量、残りHP、様々なリスクを照らし合わせてガンクをするか決めよう。


 また思いついたら追記します
最後に
 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
ケインの魅力は伝わったでしょうか。
そもそも、自分が本ビルドガイドを制作した動機が、ケインジャングルのビルドガイドが無かったことにあります。
これをきっかけにケインが浸透すれば幸いです。

また、何か質問や指摘などのコメントに対しては精一杯返信させていただきます。

執筆者

shinoppy0618



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!