ビルドガイド: リサンドラ - Lissandra

リサンドラ: 時間稼いで勝ちを拾う

執筆者: 星屑 (最終更新日: 2017-10-07 18:45:49)

3,791   0

10
2
83%
トップページ > ビルドガイド検索 - リサンドラ > 【ビルドガイド】リサンドラ: 時間稼いで勝ちを拾う
このガイドはバージョン 7.17.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
ルーン改定前のビルドのため、ルーン情報が存在しません
リサンドラのbuild guideです。

少しプレイしてみた雑感なのでそこまで詳しい解説はありませんが、多少は参考になると思います('ω')

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


1stアイテム

コアアイテム

その後のパス

選択肢

最終ビルド

長所と短所
☆長所
・スロー、範囲スネア、対象指定スタンに加え、移動するかどうか発動後に決めることができるブリンクと非常にユーティリティに優れたサポーティブタイプのスキルセット。扱い方次第でキャッチや集団戦などにより試合をひっくり返すポテンシャルがある
・基本スキルがすべてAoEなのでウェーブクリアが非常に速い
・ultは自分にかけることができ、ゾーニャの砂時計と合わせて最大5秒間時間を稼ぐことができる

☆短所
・試合の全体を通してパッシブの効果を考慮した高いマナコスト設定になっているためどの時間帯もスキルを無駄撃ちできない
・このことからキャリーしていてもCDRを積むメリットが薄く、マナを増やすのも両立ができないためビルドがかなり制限される
・終盤はダメージディーラーというよりもダメージを出すほかのプレイヤーを補助する役割に回ることが多く、失速が強い
サモナースペル
フラッシュ
当然持つべき。フラッシュからスネアを広範囲にかけられるのはバーストタイプのメイジとしては比類ないアドバンテージ

テレポート
基本的にはテレポート以外ない。CCが多くキャッチに優れているのでbotの交戦に積極的に参加してチームの有利を広げていかなければ相当厳しい

他のスペル( )などはultやゾーニャを早い段階で積む以上ほぼ意味がない

サポート役に徹するのであればは選択肢としてはなくもない
スキル
Passive
このパッシブを上手く回さなければ序盤はすぐにマナが枯渇してしまう。このスキルは常にCDに入るように計算し、できる限りマナを保った状態で確実なハラスを行う必要がある

Q
ベースマナが300ほどしかないにも拘わらずレベル1から85もコストを使うスキル。マナがレベルに応じて増えないのはよいが、基本的にパッシブはこのスキルで発動したい。装備がいくつか揃えば二発でウェーブが1つクリアできる使い勝手のいいスキル。敵ユニットに当たった後ばらける性質を利用してしっかりとハラスしたい

W
最大1.5秒のスネアを範囲で発動できる優れたスキル。マナコストも終始低くウェーブクリアにも使える。Eやフラッシュで敵の真ん中に飛び込みWが基本的なイニシエートコンボ

E
発動したあとに飛ぶかどうか選択ができるブリンク。基本的に再発動で選択できるブリンクはずるい。LeeSinのQと同じ。1秒ほど受付時間があるのでその間に飛ぶかどうか決めることができ、スキルの発動順やタイミングを決めながら撃つことが求められる

R
敵チャンピオンに対する使用は単純な1.5秒スタンと周囲へのスロー&ダメージ。序中盤のピックアップでは強いが、終盤ではultとしてはかなり物足りない効果。基本的にはEQWでイニシエートし自分にかけるのが集団戦の一般的な立ち回り。どうしても一人のダメージディーラーを止めなければならないが味方にほかのスキルがないとき以外は自分にかけるのが吉。終盤やQやWの回転率もかなり良いのでこのultの2.5秒間とゾーニャの2.5秒間をうまく計算して無駄がないようにスキルを回すと非常に一方的なダメージトレードができる
アイテム選好
☆コアアイテム

安い、強い、移動できるの三拍子揃ったアイテム。素材アイテムであるも最序盤の対面へのプレッシャーを与える。ヘルスが上がることによって中規模戦闘でもフォーカスされやすいリサンドラの弱みを軽減し、バーストに優れる6以降のキャッチを確実にするアクティブ効果と良いことづくめ。よほどレーンで負けない限り基本的に積むアイテム


上述の通りultと合わせて最大5秒無敵になれる。例えばQとWどちらもlv5の状態で例としてこのガイドのファイナルビルドの状態だとするとCDRは20%なので、それぞれスキルCDは2.4sと8sとなる。QはR orの前・途中・直後と最大でフォーカスされていない状態から三度撃つことができる。0.7という高いAPレートを持つスキルを三度撃つことができる。Wは二度撃つのがせいぜいだが、それでも範囲スネアを二度も集団戦の中でノーリスクで撃てるということになる


積むべきタイミングは難しいが、を完成させた辺りでは持っておきたいアイテム。積極的なサイドロームが必要な立ち回りの性質上、早い段階からAPpenは欲しいステータスの一つ。早めに完成させたい

☆その後のアイテムビルド

それほど高くなく、単純に強い。スノーボールしていればいるほど強い。していなければ辺りで止めてというビルドのほうが安定しているかもしれない


ヴォイドスタッフの対抗アイテム。CCが豊富なにとっては相性のいいアイテムで、ヘルスが上がるのもgood。ただし少々値段が高く爆発力にも欠けるので、安定志向なアイテム選好になりがち。有利を転がせるのであればあまりいい選択肢とは言えない


非常に高いが、ぜひ持ちたいアイテム。QやEは非常にAPレートが高いので中盤以降相手の装備が整ってきた段階でも上記二つのAPpenアイテムがあれば依然として爆発的なダメージを出せる

☆状況によるアイテム

ヘルスが増え、APも増える安定的なアイテムであるが、コストの割に序盤が弱い性質上早い段階からゲームを主導したいにはあまり向いていないアイテム。マナの回転率もパッシブを生かせばそれほど厳しいものでもないが、どうしてもマナが欲しいのであれば後述の2アイテムにラッシュするほうがよいと思う


安定的にAPが上がり、マナが増やせる。そしてなんといってもCDRが20%増える。と合わせれば40%になるため、マナ管理に自信がありかつ序盤から自分でゲームを動かせるのであれば二つのコアの後に積むのはありかもしれない


かなりピーキーなアイテムではあるが、なんといってもの追加ダメージとCDRは非常に強い。最序盤から圧倒しているのであればを積んで対面を苛め抜くというのもよい選択肢かもしれない
立ち回り解説
☆最序盤
 気を付けるべき点は二点。CSをスキルで取らないことと、パッシブを利用し高いマナを保ったまま、相手に確実に当てること
 まずCSをスキルで取らないというのは、序盤のQはコストの割にそれほどダメージが出ないので使い勝手がよくないということや、マナが厳しいこと、最低でもコアアイテム一つとultを習得するまではプッシュをしすぎるとgankをもらう可能性が高まるのでやめておいたほうがよい。
 二点目のスキルを相手に当てるというのはどのレーン・どんなチャンピオンでも当たり前のことだが、序盤のリサンドラはコストの関係上スキル一つの重みが大きいので特に注意して当てる必要がある。Qは弾速も早くバラけるため相手がCSを取る際など比較的当てやすい部類に入る。十分に体力の優位が取れたならばを買いに戻り、さらに相手にプレッシャーをかけるのが基本動作。

☆中盤
 まず最初のターニングポイントは一度リコールした後のタイミングに訪れる。確実なCSとハラスを続け、相手とCSやレベルに差がついてきた段階でプッシュを始める。そのころには自身はRを持ち、botレーンは6になるかどうかというところになるため、一度仕掛けてキルやドラゴン、タワーを狙う動きを取る。ここで重要なのは深追いしすぎないこと。botのスペルでも落とせれば十分役割を果たしたことになるし、タワー体力に差はつき味方botは有利が取れる。jgが寄っていればドラゴンを取ることもできるだろう。
 対する相手midは押し付けられたミニオンの処理に手間取っているため来ることができないか、CSを捨ててbotに降りているかのどちらかになる。ミニオン処理に手間取っていればそれでいいが降りている場合は調子に乗った味方botが逆に刺されることも多々あるのでしっかりとバックpingを鳴らすことが重要。

仮にbotで有利をキル取り、有利がチームに広がればあとは同じことの繰り返しでmidを押さえつけながら他レーンに影響を出し続けることができるというスノーボールの典型例が作れる。この状態を目指し、できれば30分前後の段階でggに持ち込むのが理想的なゲーム展開といえる。

☆終盤
 強力なキャッチスキルを持つは序中盤の影響力が非常に高いが、何度も説明している通り例とゲームの集団戦でも強い存在感を出すことができる。による時間稼ぎはこのゲームのチャンピオンが単体で出せる最高の時間稼ぎの一つといってもいい。
 がある状態でサイドレーンをプッシュし続け、集団戦が始まったらド真ん中に飛んでなりを出せば上位レートのSoloQでも対処は難しい。あと入りだけでなくイニシエートにも強いので自分からキャリーするのはそう難しいことではない。
 ただしtpがあっても1v1にはそれほど強くないので、サイドプッシュをするときも相手のtopなどに絡まれて体力差などつけられないように注意する必要がある。

執筆者

星屑

ボーダーブレイク復帰勢(実力Sラン)&サモナー(LoL)。ボーダーブレイクでは星屑、江の島等の名前でお世話になってます。LoLやってるボーダーの皆様よろしくお願いしますm(_ _)m (LoL Season6 Dia5 adc main G5サブ垢あり) ブログもやってます。


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!