ビルドガイド: エコー - Ekko

エコー: Season10 エコーやってる方向けのガイド jgとmid

執筆者: エコーの人 SN REL (最終更新日: 2020-10-14 09:11:31)

1,806   0

6
1
86%
トップページ > ビルドガイド検索 - エコー > 【ビルドガイド】エコー: Season10 エコーやってる方向けのガイド jgとmid
初めまして、RELと言います。Rankは現在Diamondです。Twitchではエコーやってる人として配信もしています。今回は自分が使っているエコーについてのガイドです。一応触ったことあるなーっていう方ぐらいの方に向けて作っています。なので、スキルの説明など、「そんなこともう知ってるよ。」みたいに思われることは省いてます。jgの方の説明もあります。

ルーン

覇道
電撃
サドンインパクト
目玉コレクター
強欲な賞金首狩り
天啓
ミニオン吸収装置
タイムワープトニック
アダプティブフォース +10
アダプティブフォース +10
魔法防御 +6

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


ファーストアイテム

ファーストリコール

セカンドリコール

そのあと

最終ビルド

ルーンについて
True damageのスキンが出た時くらいからバフをうけていたエコーで、今jgではtop tierとなっています。midでもTier1やTier2をうろうろとしているようなチャンピオンです
さて、まず初めにルーンの説明から行こうと思います

ルーン

midでは基本的に一択です。ほかの所はです。真ん中は個人の好きにしてもらって構いません

jgではのどちらかになりますが、は少し難しいところもあるのでにするのが無難ですのほうは、序盤と中盤の強さが目立ちます。でも、外れのルーンを集団戦の中で引いたりする時もあるので無難なのはです

は相手にADチャンプが多い時に採用してで硬くします。基本は採用しないルーンです

サブルーン

対面によって変わります

ハラスがきついならを取ってを取っておきましょう。例としてはみたいなやつらです。

レーンプッシュできそうなチャンプ、また対面がきつくても自分の腕に自信があるならを取りましょう。

レーンについての知識として、9lvタイミングでが発動状態でないとQ1回で後衛ミニオンを処理することができません。また、APアイテムが作れていなくて、ビルドが遅れているときもQ1回での処理ができません。は後衛ミニオン3体に使うと、lv7のタイミングで後衛ミニオンを処理できます
スキル選択で、をlv3で取るのは後衛ミニオンをQ2回で処理できるためです。gankきそうならを取りましょう
サモナースペル

必須
対面殺せそうならあとは重傷が序盤に欲しい時や、adcをあと一歩でkillできない、ときにたまに役に立ちます。ただ、のパッシブもあるのであと一歩キルできないときが多いならAAを1回でも増やすことを意識した方がいいです。
しかし、この今はbotを勝たせることがやはり重要なのでを持ってもいいです。対面きつかったりしたときも持ってもいいかもしれません。サイドレーンプッシュする時が多いので、その時にも役立ちます。無難なのはです。
スペルに関しては好みがあると思います。自分のスタイルにあったものを持ちましょう。
アイテム ビルドについて
アイテムについての解説です

ファーストアイテム

キルできるならスタートしてもいいです。後半にもAPとHPを貰えます。こっちはサブでを積みます。

ルーンでをとったならにしましょう

ファーストアイテムはが無難です

ファーストリコール

最悪が買えたらリコールしてもいいです。を買って、余裕があるならもしくはを買いましょう。ただしはアイテムを圧迫します。

が一括買いできるなら買ってもいいと思います。

を落としてしまっていたりするなら、買えるならを買いましょう。対面に合っているならブーツ派生のでもいいです。

コアアイテム

エコーに必要なのはです

も欲しいですが、この2つがないとダメージがあまりでません。味方のadcが育っていたらでもいいかもしれません

ブーツ

CCに弱いエコーにはがあるとが発動できないでキルされることが少なくなります

CC薄いなら。full adならって感じですが、基本的にはです

最終ビルド

例として


長所と短所
長所
1バーストダメージが割と出せて、かつ複数のチャンピオンにだせる
2Rでのヘルスの回復と敵に当てた時のバーストダメージ
3ブリンクスキルがある。gankも結構いなせる
4腐ってもできることがある
5push力がある

短所

1CCに弱い
2レーン弱かったりする
3ハンドスキルに少し依存してしまっているため、使っていかないと光らないチャンプ

長所の解説

を複数に当てていると、後衛にダメージを出したあとに前衛にもAA一回入れて、の戻りを当ててダメージを出しつつMSも上がってさらに走れます。とにかくを意識しながらダメージを出しましょう。

は3秒間に受けたダメージの一部を回復するので、バーストダメージを受けた後にRを使うことで大きな回復ができます。Rをあてることによってもダメージをかなりだすことができます。

によってgankのいなすことが結構あります。自分が逃げる方向へを打ちましょう。

4もし自分が腐って0/5/0でも集団戦でを複数人に当てられれば集団戦はかなり有利になります。腐っているときほどを丁寧に相手に当てましょう。

5基本的に、がlv2で後衛ミニオン2回。lv5(この時エコーはlv9)の時に1回で後衛ミニオンを処理できます。
pushしてからがレーンの基本です。
スキル
スキルについての解説は省きます。知識として知っておくべき、小技的なのだけ書いてます。

は戻りの方がダメージが高いので、レーン戦のトレードは戻りを当てられるとなお良しです

はレーンのトレードの際に使うとかなり強いです。からのはかなり強めのレーントレードです。ただし、Wはlv1で22秒もCDがあるので、gank耐性がその間なくなってしまいます。敵のjgが見えて、midに来なさそうな時にこのトレードをしてみてください

発動中でもシールドを貰ってスタンを相手に与えられます。使える場面が多いので覚えておきましょう

は焦ってやってしまうとミスします。落ち着いて丁寧にやりましょう

lv6のタイミングでスキルを取らないでおくと、相手にエコーの分身が見えません。使う直前までスキルを取らないでおくといいです。しかし、焦って誤爆するようなら最初から取っておきましょう。(自分は普通に取ります)

6スキルオーダーでlv3でを取るかを取るのかは状況や相手のjgのチャンプによります。gankきそうならをとりましょう。しかし、レーンをpushしてワードをおけたり、相手のjgの位置を把握したりすることもできるので。lv3のスキルオーダーは状況によります
jgについて
エコーjgについてのことを書いていきます。

jgのルーンはがオススメです。早い段階でジャングルアイテムを完成させることが出来ます。

最初は赤バフサイドのキャンプを狩ってlv3になってgankがセオリーです。botサイドからのleashが欲しくて青バフサイドからのスタートになったら、青→ウルフ→ラプター→赤バフと、やることもできます。しかし、相手のjgが赤バフに入ってくると何もできないので、青→グロンプ→ウルフで3lvになるのがいいと思います

ラプターはたくさん狩るのも良し、ヘルス維持のためにQを投げて回復するためにしておくのも良しです。gankに行きたいレーンを見てラプターをどのように運用するかを考えてみてください。

エコーはgankしないと腐っていくので、gankをたくさんしましょう

最初のリコールで買えたら青のエンチャントに加えてを買っておくといいです。もありです

エコーののパッシブスキルを活かして回りましょう

スカトルを狩っているとき、最初の方はなるべくで狩るといいです。を使って狩ると、その後のgankでまだCDということがあるので、gankの予定があるならは使わないで狩りましょう。ほかにもを使うとCDの長さによって狩っている最中に戦闘が始まったりするとCDのまま戦闘することになるので、は中盤以降は使わないで狩るようにしましょう

gankの際には相手の逃げる位置に置きましょう。入らないで置いておくだけでも効果が出る時があります

ドラゴンやバロンのスティールを狙いましょう。を相手のjgに当ててで取りましょう

他にも動画で解説している人が何人もいるので、回り方やの当て方はその方たちを参考にしましょう
rankがgold以下の方に対してのエコー運用の説明
上位レートと下位レートでのエコーの運用の仕方や役割が変わってくると自分が感じているので書いてます

gold以下のレートならブーツを、セカンドアイテムをにするとcarryしやすくなります。adcや柔らかいmidやjgをバーストでキルしてあげると相手のメンタルを壊すこともできます

レーン戦では相手をキルすることを目的とした方がレートが早く上がると思います

jgだとcarryしきれない時があります。gankを決めても有利を広げるプレイヤーが少なくjgに有利がもたらされなかったり、レーンで負けたりという可能性が高いです。jgならファーム系のjg(lv6のgankが強いキャラ)の方がレートが上がりやすいと思います

2つ目までのドラゴンなら捨ててもいいです。スティール狙ってみてもいいと思います

とにかく、キルをとってcarryして、集団戦で大きいダメージを与えることが求められると思います

ルーンはmidなら
JGなら


レーン戦について
多分ここを見に来た方の半分くらいがこれを求めていると思います。ここでは対面のチャンピオンの相性なんかを書いておきます。かなりざっくりと書いておきます

まず初めにダメージのでるタンク、いわゆるtopで出てくるような体のごついやつらには勝てません。

アサシンに対しては初めはレーンをsafeにキルされないように。lv6でがでたらレーンではほぼ死なない。pushしてロームしよう。アサシンはlv6までにキルを狙ってくるので要注意

殴り合いが強いチャンプには弱いです。主にを積むやつら

※キルを狙おうと書いてあるチャンピオンにはを当ててからでキルしにいけるチャンピオンです

めちゃくちゃレーン辛い。死なないように

そこまで辛くない、キル狙える

ミニオン落としてもいいからサイドにローム。序盤に相手のjgにプレッシャーをかけましょう

レーンプッシュしてを気を付けよう。持ってもいいかも

普通に辛い。lv6までに頑張ってキル狙ってみて

AAやられすぎないように、で避けよう

対面したことない。積まれる前にキル狙うと思う

のコンボを避けよう

が当たる。トレードしたいけど注意。いなくなったらpingならそう

を持ってもいい。レーンでキル狙わないと後で負ける

に当たらないようにトレードしよう。辛くはない

キルもたれたらやばい。川での戦闘に注意。キルとられないように努めましょう

シールドあるタイミングでを発動させないようにトレード

割と辛い。サイドレーンにローム

キルを狙おう。経験が多くないとだめ。当たりまくってたら勝てない

プッシュしてロームしよう。川での戦闘なら意外と勝てる

レーンでキルを狙おう。pushしてロームされないように

レーンでキルを狙おう。で避けよう

レーンでキルを狙おう。は痛いから避けよう

割とレーンは辛い。jgを呼んで腐らせよう

カウンターとして有名だけど、レーンはこっちが少し不利。が無かったらトレード

でかいQに注意。ちゃんと避けよう

キルを狙おう。プッシュされたままだと辛い

割と辛い。lv6までにキルできたらいいなって感じ

に引っ張られないように。がいいかも

lv6までにキルされないように。のコンボはで避けよう

キル狙おう。ハラス痛いからちゃんとで避けるようにしよう

深追いしすぎちゃだめ。に当たらないように

当たらないように。キル狙える

割と辛い。死なないけど、ロームされるからいなくなったらpingならそう。pushしまくろう。を持っていきましょう

を持ってこよう、レーンと集団戦が楽になる。普通にトレードしてるとのハラス避けれないで負ける

割と辛い。のCD中にトレード。いなくなったらpingならそう

に当たらないように。で避けよう。

に注意。川でキル貰われると辛い

キル狙ってもいい。lv6以降もpush以外勝てる

ハラスされすぎないように。キル狙ってもいいし、ロームしてもいい。

で避けよう。割と勝てる

後半のスケールで負ける。どうにかしてレーンでキル。序盤はpushしてCSを取らせないように

序盤からpushしてでCSを取られ過ぎないようにしよう。キルを狙おう。

レーン楽。lv1からpushしよう

なにもない。ロームできたらしたほうがいい

に入れられるとが消える。中に入れられたら死なないようにしよう

jgを呼んで確実にキルした方がいい。で消されたら狙い目。レーンは割と楽

はやめにキルするかgankを呼ぼう。ミニオンの処理と同時にハラスされないように

で避けてハラスされ過ぎないようにしよう。ないならキルできるかも

割ときつい。gankを呼んでキルしよう

プッシュしてローム。集団戦はきついかも

当てられたらキルできる。レーンはsafeにしよう

ハラスされすぎないように。キル狙ってもいいかも

割と楽。キルも狙えるし、分身もAA1回してるだけでわかる。キルされないようにしよう

これに当たらないようにしよう。当たりすぎるとよくない。キル狙える
集団戦 戦い方について
は当てることも重要ですが、シールドを貰うことも使う理由の1つになります

で後衛の柔らかい敵にバーストを叩き込んで、ヘルスが少なくなったらで戻ってきましょう

走ることを止めないようにしましょう、常に相手の視界外やバックラインを意識しながらポジショニングしましょう

を意識しましょう。tankにはダメージはあまり出ませんが、それでもMSを貰えます

CCを意識して、相手から受けそうなCCをよく見ておきましょう

のパッシブがあるので、ヘルスの低い敵はたくさんAAしましょう

Youtube 動画 わかりやすく作ったもの
一緒に見てもらえるとわかりやすくなってます。Youtubeです

基本的なこと
基礎

JGのgankルートの解説
Gank

執筆者

エコーの人 SN REL

Twitchで配信している人です。ekkoばっかつかってます


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!