ビルドガイド: リヴェン - Riven

リヴェン: 【最新】Riven使うなら必ず知っとけガイド集

執筆者: ShellBullet (最終更新日: 2016-10-26 07:02:10)

15,702   0

26
15
63%
トップページ > ビルドガイド検索 - リヴェン > 【ビルドガイド】リヴェン: 【最新】Riven使うなら必ず知っとけガイド集
このガイドはバージョン 6.21.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 攻撃力の神髄(III) 攻撃力 +2.25
    x 2
  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • クールダウン短縮の神髄(III) クールダウン -2.5%
    x 1
  • クールダウン短縮の紋(III) クールダウン -0.83%
    x 9

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


通常スタート

vsカウンター

1st&靴(CDR40%)

最終ビルド

Rivenとは
ガイドを見たから、動画を見たからRivenを使える訳ではない
でも事前に知識を付けておかないと使えるものも使えない。

魔性のFeeder製造チャンプ「Riven」のガイドです

これを読んでRivenの事を理解した上で
Let!Feed!
サモナースペル

間違いなくテレポートを選択しよう。
Rivenは2つのAoEのCC、追撃性能があるのに
【スプリットプッシュ、BOTtp、ドラゴンtp】
これらの戦略を捨てる意味が無い。


他チャンプにとっても重大なスペルであることに代わりないが、
Rivenの場合スキルコンボの1つとしてフレッシュを利用し
相手が甘えたり油断してスキルを落とした瞬間にフラッシュで懐に入り
高火力のスキルコンボを決め相手を封殺する事ができます。

後は単純にCCに弱い弱点を補うために必ず必要なスペルと言えます。
長所と短所
長所
- 1. 使えたらカウンターだろうが勝てる強力なレーニング能力
- 2.強力な2つのAoE CCとADで上がるシールドによるCarry性能
- 3.mana無しで低CDのスキルの組み合わせによる豊富なコンボ

短所
- 1. 難しい
- 2. 難しい
- 3. 難しい
- 4. 日本鯖の声が可愛くない
- 5. CCに対して返す手段が無く集団戦で捕まると終わる
- 5. やっぱり難しい
ビルド解説
CDR40%を出来るだけ早く稼ぎ
Rivenが飛び回るサモナーズリフトを作りましょう。


最終ビルド(ルーンCDR10%稼いでない場合)


その他状況に応じて





1st 通称:黒斧
CDR20%とHP300とAD55

パッシブにより攻撃を当てたり倒すとMS上昇
そして攻撃を与えるたびに相手の物理防御を5%ずつ最大6回まで削れる。

RivenはスキルとAAにより多くの手数で瞬時にダメージを出すので
黒斧はRivenにとって欲しいモノ全てを安価で手に入る最重要コアアイテムです。

出来るだけ早く完成させましょう。




2nd 通称:妖夢
CDR10%とAD65と物理防御貫通20

アイテムを使用するとMSが20%、ASが40%上がり
Rivenのバースト性能をより高める上にCDRと防御貫通も付いて来る一級品です。

黒斧と靴でCDR40稼げますが対面がAPの時に青ルーンにMRを積み
CDが10%足りない時に選択することが多いです。

妖夢の代わりに これを積んでる人も居ますが
LSは後に 等を積みますし
妖夢でのバースト、追撃性能の底上げを捨ててまで2手目でLS系のアイテムを積む必要が感じられません。
の効果により受けたダメージを持続ダメージに変換するバースト対策の能力がありますが
これも優秀なEのシールドがありますしバーストをEで受け止め敵を圧倒する方がRivenらしいプレイだと思います。




(黒斧の後に)
CDR10% フラッシュのCDR15% フラッシュ使用後MS20%上昇

言わずもがなCDR欲しいしRivenにとってフラッシュは行動の幅を増やす重要スペルなので
エンチャントは2手目(妖夢)以降お金が余ったら積極的に付けていきましょう。




3rd
AD75と自動回復力+100%とLS12%

Rivenにとってハイドラを積むということはスキルが1つ増えたのと同意義
後述しますが様々なスキルコンボにハイドラを使用する事が出来、高い攻撃力を誇ります
レーンプッシュの速度も格段に上がりLSまで付いてきました、もう死にましょう。

ちなみに これもアリですがハイドラを使ったコンボ出来ないんで自分は嫌いです。

ちなみにハイドラをスキルコンボにちゃんと使えるようになったら
黒斧完成後 だけを積み妖夢に行く選択ができます。





残りは言わずもがな状況に応じて積んでください

→意外と火力上がるし生存率すげぇ )^o^(
→ADとLSすげぇEとこれのシールドでシールド量やべぇ )^o^(
→CCに弱いの解消されるしLS付くしADあるしMRあるしべんりぃ )^o^(
→対面がAPの時は初手 積んで黒斧行って暇なときに完成させていいよぉ )^o^(
→相手のADC強すんぎ....相手ADcarry2人居る.... )^o^(
→相手のメイジのCCやべぇよ....)^o^(

スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

まず対面に勝てない、2,3Lvで殺されジャングルの介入が無いと辛い場合は
R>Q>E>W ではなく
R>E>W>Q の方が
安定したレーニングを行えると思います。


passive
RivenがAAキャンセルをする根源であるぶっ壊れパッシブ
スキルを1つ使うたびにスタックが溜まりAAに追加ADを与える
スキルを回しつつAAを挟み、そのAAのモーションを失くす事で
短時間で信じられないぐらいの高いバーストが出るようになります。

Q
Rivenの象徴である3回のAoE斬り払い&ブリンク
3段目ではAoEの打ち上げが入ります。

ちなみにこのスキルのCDは1段目からカウントされており
すぐにQを連打するのでは無く1段目、2段目をCDギリギリで使う事で次のQのCDが解消され

Q3→Q1→Q2→Q3 と続けて使うことができます。

これを応用したRiven最大火力のコンボ
3→ →AA→ →AA→ →AA→ 3→

W
AoEのダメージ&スタン、範囲が意外と狭い。

と組み合わせて
HydraのモーションをキャンセルしHydraダメージ+Wダメージ+スタンを瞬時に出すことが出来る。


E
ぶっ壊れ性能のブリンク&シールド
間合いを詰めて攻撃するにも逃げるにも防御するにも使える万能スキル。

Eの基礎シールド量の最大が210、それに加えてAD+100%が乗る
ADを積めば積むほどEのシールド量が増え相手スキルやタワーの砲撃を丸々受けきれる。
その上でブリンク付きで 等のモーションキャンセル付き。

R
使うと15秒間アホみたいにADが増加してアホみたいにAAレンジが伸びて
R中にもう1度使うと相手の残りヘルスが減ってるほど火力の上がるウィンドスラッシュを打てます。

レーンで相手のヘルスが3,4割ぐらい減っててハラスしに行くぐらいなら初めからR付けて行くと
あら不思議、「何故かワンコンで敵簡単に死んだわ!」状態になるので使い忘れにはご注意。
スキルコンボについて+α
詳しいスキルコンボや動画はRiven Proの方々が挙げているので
自分で調べてそのまとめや考察を見たほうがこのサイトを利用するより勉強になると思います。

スキルコンボやAAキャンセルは勿論、コンボを決めるためのモーションキャンセルなどは
Rivenを使う上で最も難しいをされている事でこればかりは頭で覚えて
実際にプレイして長い時間を費やして得て行く技術なので挫折される方が多いです。

ただ、LOL初心者の頃を思い出してください。
こんなに覚えることが多くてやる事も情報も多く、
その場で自分で最良の選択肢を取らないといけない。

LOLも理解しキルが取れるようになってきて試合がわかってきたら楽しくなったように
Rivenのプレイもスキルコンボを上手く出せて敵を殺せた時は叫びたくなるほど嬉しいし楽しいです。

LOLをプレイ出来ているユーザーがRivenを使えない訳がないので
是非RivenをプレイしてよりLOLを楽しんでください。

執筆者
ADC JUG中心


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!