ビルドガイド: エコー - Ekko

エコー: サポートEkko

執筆者: ホウジロ (最終更新日: 2016-03-29 20:09:23)

1,531   0

9
1
90%
トップページ > ビルドガイド検索 - エコー > 【ビルドガイド】エコー: サポートEkko
このガイドはバージョン 6.6.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 移動速度の神髄(III) 移動速度 +1.5%
    x 3
  • 攻撃速度の印(III) 攻撃速度 +1.7%
    x 9
  • 伸びゆく魔法防御の紋(III) Lv毎に魔法防御 +0.16(Lv18で +3)
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9

サモナースペル

マスタリー

0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタートアイテム

ファーストリコールで800以上

ファーストリコールで800以下

CCが濃い場合

最終ビルド

これを書く理由
Ekkoは範囲スタン、重いスロー、加速による生存力などすべてが強力なチャンピオンです。
中でもスタンは1レベルから2.25秒もの間敵をスタンさせ、自身にバリアを貼ることができるのでADCと一緒に殴って早々にキルを狙うことのできるサポートに適正があると思います。
しかし、現状はサポートとしてEkkoをピック、または意思表示すると味方からブーイングを貰い、ドッヂやFeed行為、さらにはEkkoをBanされることもあります。
このガイドを見た方が実際にサポートとしてEkkoを使い、広めることによってEkkoサポートに市民権を得させるのが今回の主旨です。
長所と短所
長所
- 1.1レベルから狙える範囲2.25秒スタンとシールド
- 2.逃げにも追撃にも使えるEのブリンク
- 3.ビルドでHPやARを積むので耐久面も高い
- 4.WとEによるタワー下への圧力によって生まれるタワーシージ能力
- 5.Qやパッシブでの重いスローによるキャッチ性能、また逃げ性能
- 6.足の速さを活かしたローム、生存力
- 7.ダンスのガイジ力
 
短所
- 1. 茂みを多用するのでピンクワードやトリンケットの重要度が高い
- 2. Wでしかスタンを狙えない
- 3.キルをとりやすいので怒るADCと組むときは注意
- 4.人権がない
サモナースペル


何をするにも便利。Wとも相性がいいし、Eとあわせればかなりの距離があっても飛びつくことができるのでQやパッシブのスローを入れられればキルにつながりやすくなる。
逃げるときも便利。


Ekkoのスタンは即時じゃないので先に敵にADCが狙われたらこれを使って助ける。そうでなくても殴りあうとき、必ず敵にスローを入れたいとき、アサシンとやりあうときなどとても有用なスペル。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R



EkkoのAAやスキルによって敵にダメージが3回入ると追加ダメージとスローを敵に与え、自身はヘイストを得るパッシブスキル。
パッシブスキルだがこれの性能はおかしい。マスタリーの雷帝の号令との相性もよく、どちらも発動したときのダメージには目を見張るものがある。
ヘイスト、スロー、ダメージすべてにおいて高水準であり、このパッシブのおかげでこのチャンピオンは成り立っている。



指定方向にヨーヨーのようなものを投げて当たった敵にスローとダメージを与えるスキル。行きと戻りの2回にダメージがあり、どちらも当たればパッシブは2つ溜まる。
APを積まないので、このスキルに期待できるのはスローとパッシブのスタック、それとおまけ程度だがダメージ
スローはかなり強く、続けてパッシブまで発動できればかなりの間敵は重たいスローに悩まされ、こちらはパッシブのヘイストで離脱することができる。



変な玉を打ち出してスローフィールドを作り、そのフィールドにEkkoが入った瞬間に自身にはシールド、フィールド内の敵にはスタンを与えるスキル。
サポートEkkoを使おうと思ったきっかけのスキル。
癖があるがスタンは強力で、入ってしまえばキルまたは大幅なレーンの有利を勝ち取ることができる。
このスキルをどう使うかがサポートEkkoとしてのレーンでの1番重要なことであり、視界を取られていない茂みを作ることによって得られるプレッシャーをより強固なものにするスキル。
シールドもつくので積極的にトライしていってもローリスクで済む。




指定方向にブリンクをしたあと次の通常攻撃が飛びつきになり、魔法ダメージが追加されるスキル。
このスキルのブリンク性能は強く、飛びつきAAは指定をしてしまえばフラッシュやブリンクで距離をとられても移動先に届くインチキスキル。
Wを打ち出してEで飛びつきスタンをかけるのが序盤のメインとなる戦術。




最強のスキル
自分のホログラムが後ろをついてくるようになり、発動するとそのホログラムの位置まで瞬間的に巻き戻り、その地点に範囲ダメージを撒き散らし、自身のHPを回復するスキル。
タワーダイブや敵の意表をつく動きが容易になる。Wを敷きながら殴り合って、HPが減ったらこれを使い、回復しつつ敵はスタン。見たいな事もできる。
ずるい。
立ち回り
レーンでは茂みを取ることが一番重要。
茂みからWを狙いながらプレッシャーを与える。
キルを取りやすいのは仕方がないので、もしキルを取りまくってしまったら早めにデッドマンプレート を積んで確実なスローとダメージを確保してキルチャンスを増やしてあげよう。
Gankも強いので、Midにちょこちょこ顔を出してあげると敵も嫌がる。その場合ADCに一言言うなどしないと一人で殺されてましたみたいなことになりかねないから注意。

もし敵に追いかけられているときはQを後ろに投げながら逃げれば大抵は助かるから諦めないで。

あとはもうやって慣れていくくらいしか思いつかない。
見つける楽しさもあるしね。

執筆者

ホウジロ

LoL ID[houjiro] 3DS:2449-5807-0158 メンヘラクソビッチとそれに味方する奴らは皆死ね。


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!