ビルドガイド: モルガナ - Morgana

モルガナ: モルガナによるサポートガイド(初級者向け)※更新

執筆者: KUMA563 (最終更新日: 2018-03-04 19:04:02)

9,129   1

16
4
80%
トップページ > ビルドガイド検索 - モルガナ > 【ビルドガイド】モルガナ: モルガナによるサポートガイド(初級者向け)※更新
このガイドはバージョン 8.4.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
ルーン再構築後のガイドが無かったので作ってみました。
初級者の私案に過ぎませんが、サポートでモルガナを使い始めた人には
役に立つかも知れません。中級以上の方はスルーしてください。
現在のパッチ(8.2)に最適化されたような内容ではありません。

→ 2/11 旧「ウォッチャーの瞳」を「ウォッチャーのレムナント」の画像に変更
→ 3/4 各種アイテム変更に対応

ルーン

魔道
秘儀の彗星
マナフローバンド
至高
強まる嵐
天啓
ビスケットデリバリー
宇宙の英知

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタート

1st リコール(525G所持)

1st リコール(1025G所持)

中盤に揃えたいもの

後半(チーム優勢時)

後半(チーム劣勢時)

SUP辞めます

最終ビルド

長所と短所
■長所
 ・CCスキルが豊富なので各レーナーへの広範囲な支援行動が効果的
 ・各スキルに相乗効果があり、CD短縮を上げることでより存在感を増す
 ・レーンプッシュが得意で、ADCのミニオン処理を支援できる(ただし、CS奪わないように)
 ・装備依存度が低いので、「ダークバインド」が当てられれば最低限の仕事は出来る
 ・味方チャンピオンに魔法ダメージ源が不在なら、自身がメイジ化することも出来る
 ・「苦悶の沼」を使い過ぎなければ、マナ切れを起こしにくい
 ・顔や声は怖いが、スタイルは抜群

■短所
 ・防御面が全体的に弱く、特に近接攻撃にはめっぽう脆い
 ・1対1はあまり強くないので、体力差が2倍ぐらい無ければ避けた方が無難
 ・「ダークバインド」が当てられないとチームから役立たずと思われる
サモナースペル
■イグナイト
 私はほぼこれ一択です。「ダークバインド」で止めたら、すぐさま「苦悶の沼」と通常攻撃 1回と
 イグナイトを付与すれば相手の体力を30%は削れます。ただし、相手の体力が低かった場合は
 ADCのキルを奪うことにも繋がるため、最後にこれを付与するかどうかは慎重な判断が求められます。

■フラッシュ
 これは必須ですね。自身の危険回避や逃げる相手に「ダークバインド」が届かない場合に有効です。
スキル
サポートでモルガナを使う場合は、Q の「ダークバインド」をメインスキルにしています。
レーンが押されそうな対面やADCがミニオン処理を苦手とする場合以外はこれが安定します。

次に、W の「苦悶の沼」と E の「ブラックシールド」のどちらを優先して上げるべきかは
対面によって変わると思います。敵サポートにブリッツやバードなどのCCが強いサポートが
居る場合は、E を先に上げることで、ADCの危険度を下げるようにしています。

レーンが押される場合は、W の「苦悶の沼」が非常に効果的です。押し返すことが出来ます。
私はキル&プッシュを優先することが多いので、W の「苦悶の沼」を優先しています。
ADCにキルを取らせるために、Q → W → AA → イグナイトは練習しておくべきですね。


Passive
回復アイテムは中盤まで必要ですが、これがあると地味に生存率が上がります。
Q、W などで敵チャンピオンに対するハラスを続けることで、体力を回復します。

Q
サポートモルガナを象徴する最重要スキル。これが当てられないと活躍は難しいでしょう。
とにかく撃って撃って練習するしかありません。弾速は遅いのですが、当たり判定が大きく
ボットレーンでの 2 vs 2 という状況では避けにくいスキルです。APを多く積むことで単なる
CCスキルでは無くなります。壁越しからの斜め撃ちや、茂みからの奇襲など敵が避けにくい
ような状況を自分から作っていきましょう。

W
Q を当てた相手への追加ダメージ、ミニオン処理、相手の進路を塞ぐなど多用途で使えます。
近接チャンピオンが敵に突っ込んで殴り合っている時は、W と E でサポートしましょう。
対面によってはこれを最初に上げるという手もありますが、威圧感は Q に軍配が上がります。
新しいパッチで強化された「リーライ・クリスタル・セプター」との相性がとても良いです。

E
味方ADCに対する敵のCCを予防したい時、近接チャンピオンへの支援、自分自身の防御手段に
効果的です。対ブリッツ戦などではこれをうまく機能させられれば、相手をほぼ無力化出来ます。
ナミの R やマオカイの R などの広範囲CCからADCを守る時にも必要となります。

R
複数敵チャンピオンの短時間拘束とダメージを与えるスキルです。これで相手を殺せる場面も
ありますが、集団戦闘における拘束用途がメインです。敵チームのCCが無くなった場合などに
フラッシュなどで急接近して、R 発動後に「ゾーニャの砂時計」を起動するという必殺技が
あります。敵の反撃が少なければ、ゾーニャを使わずに拘束を続けながら Q を出すのも有効です。
試合中の立ち回り方
サポートモルガナは Q の「ダークバインド」を中心としたCCスキルにより、ADC 及び 味方を支援、
または防御することを主要任務とするAP系のサポートです。ビルドの方向性としては、CD短縮を
最も重視することで、強力なCCスキルを連発できるようになることを目指しています。

装備依存度が低いということは、スキルを撃てる回数(頻度)を増やすことが強さに繋がりますし、
数を撃つことによりスキルのヒット率も上がるだろうという考え方です。試合後半のモルガナは、
Q、W、E の各スキルのいずれかを常に撃てる状態で戦うこと(スキル回転力)が求められます。

集団戦闘における睨み合いの中では、モルガナが率先してQ の「ダークバインド」を当てていく。
(当たらなくても敵にプレッシャーを与え続ける)、当たったら W の「苦悶の沼」で体力を削り、
そこに突っ込んでいく近接チャンピオンに E の「ブラックシールド」を付与するという一連の
”スキルの回転” をマナが枯渇するまでひたすら続けるのです。これだけで集団戦闘における優位を
保つことが出来るようになります。ガレンやジャックスなどが敵より育っていれば、彼らに常時
E の「ブラックシールド」を付与し続けるだけでプッシュすることが出来るでしょう。これらの
「スキル回転」を行うにはCD短縮(45%)がどうしても必要なのです。

こうした戦い方をするために、「GLP-800」をコア・アイテムとしています。CD短縮が20%
付いて、魔力とマナを底上げ出来るので、サポートモルガナとの相性は悪くないと思います。

他に効果的なアイテムは、「ツイン・シャドウ」と「リーライ・クリスタル・セプター」です。
「ツイン・シャドウ」は 2vs2 の状況を有利にしてくれますし、リーライは W と相性が良いです。
以前に比べて「ゾーニャの砂時計」は優先順位が下がったように思います。あれば便利ですが、
2,900円という価格、使える回数、効果的に機能する機会、を考えると微妙かなと思います。

元々CCの強いモルガナが「GLP-800」のフロストボルトと「ツイン・シャドウ」の2つを使うことで
更にCCが強力になります。
ルーン選択
私は以下で構成しています。まだあんまり深くは考えられていません。

■メイン:魔道
 ・秘儀の彗星
 ・マナフローバンド
 ・至高
 ・強まる嵐

Q、W などの敵チャンピオンに対するハラスをより強力にしてくれるのがこの彗星だと思います。
エアリーとの選択もあるかと思いますが、よりプレッシャーを与えるには彗星の方がいいです。
後はCD短縮のための「至高」と魔力増加のための「強まる嵐」を選択しました。

■サブ:天啓
 ・ビスケットデリバリー
 ・宇宙の英知

「ビスケットデリバリー」は気休め程度のマナ回復手段ですが、消去法でこれを選びました。
後はCD短縮を重視するので、「宇宙の英知」を選択しています。サブのルーンはもっと良い
構成を組めそうに思います。不滅系とか色々試行錯誤していきたいと思います。

執筆者

KUMA563



コメント - 1件
1.
KUMA563 登録済みユーザ
2018-02-04 11:57:39

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!