ビルドガイド: ハイマーディンガー - Heimerdinger

ハイマーディンガー: レーンを制して有利を広げるマルチプレイヤー!

執筆者: ジャングル園長 (最終更新日: 2018-09-27 09:52:03)

3,241   1

6
5
55%
トップページ > ビルドガイド検索 - ハイマーディンガー > 【ビルドガイド】ハイマーディンガー: レーンを制して有利を広げるマルチプレイヤー!
このガイドはバージョン 8.19.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
のビルドガイドがほとんどない惨状を見かねて書きました。(1年近く新しいビルドが書かれていないというのはさすがにひどすぎる)


プロシーンではceros選手以外にまず見ないピックですが、初心者向けのチャンピオンとしてはかなり優秀で楽しいのではないかと思ってます。
少しでも参考になれば幸いです。


しかしあくまで僕のたたき台的なビルドなので、「このルーンが強い」とか「こうしたほうがいい」というご意見があればどんどん書いてください。過疎ってるを盛り上げていきたいです^^。

ルーン

魔道
エアリー召喚
マナフローバンド
至高
追火
天啓
ビスケットデリバリー
宇宙の英知

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタートアイテム

1stリコール

鉄板のコアアイテム

状況によって考慮

最終ビルド

イントロダクション
Q「なぜプロでがピックされないのですか?」
A「使う理由がないから」

とまで言われているですが、メタなんて正直関係ないと思います。いくつか注意するポイントさえ押さえれば、操作自体は簡単だし、安定してダメージが出るチャンピオンのような気がします。まぁ強いかどうかと言われればよくわかりませんが。


まず第一に言わないといけないのは、並外れたハンドスキルがある人には合わないビルドだということです。ミッドレーンでがんがんキルを狙うタイプのプレイヤーなら全く別のルーン・アイテム・スキルオーダーでいくと思いますし、立ち回りも全然違うはずです。僕の戦い方は安全にレーンをプッシュできるの特性を利用して、ジャングルやドラゴンなどのオブジェクトに有利を広げるというものです。キルを取りに行くということは基本的にやられるリスクも跳ね上がりますし、そもそもはアサシンではないので1vs1の殺し合いは向いてない気がします。


しかし逆にキルを取りに来た相手にはかなりのプレッシャーを与えることができます。3つののど真ん中に飛び込むにはかなりの勇気が必要でしょう。タワー下まで相手を押し込んだらの仕事の始まりです。そこからは後で述べます。

長所と短所
の長所
- 1. 半分以上の仕事はが勝手にやってくれる
- 2. の後ろからを打って当てることができればダメージトレードで負けない
- 3. がタワー破壊にかなり役立つ(主に後半)
- 4. 集団戦でから入る強力なイニシエート
- 5.レーンキープ力が異常に高い=デイフェンス力が高い(バロンバフのついたミニオンウェーブ+チャンピオン3人くらいでもうまくやればタワーを守れることがある)

の短所
- 1. のスタックがないとかなり生存率が下がる
- 2. やわらかい
- 3. 足が遅い
- 4. ブリンクでアサシンに飛び込まれたら瞬間的に対応しないと即死する(始めた頃はいつもパニックになっていたが、最近は慣れた)
- 5. が完成するまではタワー破壊が遅い
ルーン
メインはが安定していると思います。
を使っている強い人がいますが、マナ枯渇問題がありますし・・・。

でやや迷いますが、最近はシールドを期待してを使ってます。

のCDRが後半強いと自分では思っています。はスキルのCDが短く回転率が速いので、長所をより伸ばす目的です。スキルが打てるか打てないかが生命線のチャンピオンですし。マナ問題の解決に。今はレートゲームにもつれ込むことが極端に少ないのでは取りづらいです。序盤からの総合ダメージ量を期待して


サブパスはで、やわらかい+スキルが生命線のにはが合ってる気がします。しかしまで取るとやや過剰気味で、でCDRの強化が自分としては好き。とにかくはスキル命。


サブパスのもう一つの候補はもアリです。の組み合わせでのダメージがの戦い方とマッチします。レーンであまりダメージを食らわない自信があればがいいかもしれません。


ちなみには僕は取りません。にラッシュするなら必須ですが、僕にはこのアイテムは安定して使いこなせません。いざというときにサイレスかかって使えず死ぬことも多々あるので、それなら最初から外しておいて、ほかのAPコアを積んだほうがマシです。アイテム欄をずーっと1つ占拠されるのもかなり痛い。もちろん完璧に使いこなせるならアリです。

サモナースペル
フラッシュ
全ての場合において必須のサモナースペル。


ヒール
対アサシンの場合はが良いと言われているが、あまり使ったことがない(汗)。
により間での移動が異様に速いので、飛び込まれた瞬間にとレーザーを叩き込んで、その間にそこまで食らったダメージをヒールで回復しつつ高速逃げ足を使って離脱するか、次ので追い打ちするなど使い道が多い気がします。

スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

最序盤のレーンプッシュに不可欠なをとります。ADCの場合はリーシュが高速で行えるメリットもある。その次は。これを当てるとから貫通レーザーが照射される。スタンしてるので確実に当たるというのがとの違い。プロは上げが多いようだが、確実に当てる自信がないうちは上げの方が無難な気がします。

Passive
使い始めたころはこのpassiveの良さがいまいちピンとこなかったが、最近は1vs1で非常に強力だということが判明。移動速度+68・・・意味不明なほど足が速い。このフットワークを生かせる範囲内で戦いたい。もちろんの近くでないと無意味なpassiveなので、常にスタック1は持っておくべきなのはこれが理由の1つ。

Q
。大事なポイントはのAAに追随してくるということ。を壊しに近づいてきたチャンピオンにAAするだけでAAの2~3倍のダメージが即座に出る。「この、めっちゃスパナを投げてくるwww」とランク戦で嘲笑われたこともあるが、実はのAAは馬鹿にならない。

W
全弾当たればすごいダメージ量だが、かするだけでも結構削れる(1本でさえほぼと同じダメージ)。射程も相当あるので、タワー下で甘えてるチャンピオンを狙っていこう。

E
よりも重要なのがこのE。スタンしている間にレーザーが3つ照射されるのは相手にとって恐怖でしかない。を追加で当てないと殺しきることはなかなか難しいかもしれないが、ほぼ瀕死にまで追い込める。

R
意外とクールダウンは短く、バンバン使える印象。とにかくでのイニシエートが強い。よっぽどあさっての方向に打たない限り、とりあえずダメージとCCは撒き散らせる。集団戦のど真ん中で使うならもちろんの方がよい。ただし生存は保証できない。

序盤のレーン戦
の射程外から安全にタレットを壊せるチャンピオン以外は、真っ先にレーン中央に横一列で3つのを設置するのがおすすめ。こうしておけばミニオンがぶつかる時点ですでにスタックが3つ回復しているので、壊されたを即座に補充できる。

3つで最速プッシュすれば、次のウェーブは中央に置いたの射程外になってしまいます。そこでをまず1つ置きなおして、ラインを上げます。gankに来られた時の用心には縦方向に置くのがいいようです。を利用して逃げる時に役立ちます。足を止めてもろに迎え撃つのなら三角形の真ん中にがいるという陣形がいいに決まっていますが、これはタワー前のプッシュには向きません。三角形はどちらかというとディフェンシブだと思います。


タワー下に相手を押し込んだら、CSを取らせないようにでハラスが可能。キャノンミニオンを取らせないためだけにをタワー下に置くのも面白い。しかし実際には序盤のハラスはマナがすぐに尽きますし、なによりCDが上がっていない状況では何が起こっても対応できないのが怖い。要するにマナを使う割には効率が悪すぎる。


そこでやるべきことは味方jgとの協調行動です。相手ジャングル深めの位置(ラプター前)にを置く。あとはスカトルの援護です。は足が遅く、上下レーンへのロームにはかなり慎重になる必要がありますが、川真ん中での戦闘には寄れます。


レーンが余裕だからと言って何もせずにレーン上でウロウロしているだけだと相手に何のプレッシャーもかけられていません。はレーンに居座るだけでタワーへのプレッシャーで相手はロームできないと書いてある記事もありますが、それは甘いです。Lv6になったとしてもタワーを削る速度はかなり遅く、視界なしでタワーを殴ってると確実にgankを食らって死にます。相手をタワー下に押し込んで、敵が視界に映っている時間帯に仕事をする必要があります。


アイテムビルドの方針
ファーストアイテムはいろいろ試しましたがが安定しています。肝心なのはへラッシュすることです。これを積む前後では見違えるほどダメージが上がります。AoEもプッシュ速度に貢献しますが、敵チャンピオンへの圧力が段違いになることが大きい。の同じコンボでももはや別次元のダメージ量です。なんか後回しにしてさっさとを完成させましょう。


2手目は迷うところで、いろいろあります。勝っている時はと積むことが多いです。キルされててディフェンシブ(MR)にいきたいときはを目指します。ビルドの選択肢は多いほうがいいのでしょうが、僕は中盤以降にあまり複雑にすると混乱するので、特に相手のビルドでMRを積んでるかどうかだけ見て、積んでなければは買わないこととを選択肢に入れることだけ注意するようにしています。ただしですでに45%なので、を買ったときはでいいでしょう。


これまでの経験上を積んだ瞬間のダメージ量の上昇インパクトが最大で、それ以降は何をどう積んでもそこまで結果に影響しないような印象です。あくまで僕の印象ですが。ちなみにjg campですが、AP2コア積むまでは時間とスキルの消耗が激しいのでおすすめしません。

執筆者

ジャングル園長



コメント - 1件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:8b685790
2018-09-26 01:16:38
待望の新スキンがなかなかいい感じなので
このビルド参考にして練習してみたいと思います!!!

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!