ビルドガイド: ブランド - Brand

ブランド: [Patch6.24]MidBrand基礎ガイド

執筆者: Aqlpia (最終更新日: 2016-12-07 11:01:00)

13,132   3

34
4
89%
トップページ > ビルドガイド検索 - ブランド > 【ビルドガイド】ブランド: [Patch6.24]MidBrand基礎ガイド
筆者はS3~S5Goldから上に行ったことのない真性の魔境民です。
それでもBrandを愛してやまない、ということからこのビルドを書くに至っております。
多々見当違いな記述も見られると思いますが、その場合は「ハァー流石魔境民考えてることが違うわ」と冷ややかな目で御覧くださいませ。

ルーン

  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 6
  • 伸びゆく魔法防御の紋(III) Lv毎に魔法防御 +0.16(Lv18で +3)
    x 3
  • 魔力の神髄(III) 魔力 +4.95
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


コアアイテム

初手

シチュエーショナル

最終ビルド

イントロダクション -長所と短所-
長所
・集団戦での圧倒的な制圧力

Brandを構成する を除くスキルの4つのうちの3つ がAoEスキル(うち1つは条件付き)です。
そのスキルを用いてのオールイン時の瞬間火力は目を見張るものがあり、少しレーンで負けた程度では集団戦でBrandの存在感を消すことはできません。
の恩恵もあり、集団戦が長引けば長引くほどどんどん彼の稼ぐダメージが伸びていきます。
また との相性も抜群で、スキル1つがかするだけで5秒ものスローを与え続けることができます。
Passiveが変更され、少々DoTとしての期待値は落ちてしまいましたが、3スタック時のダメージは対象の12%(+APレート/%)のAoEという唯一無二の物に変更されています。
これにより全スキルを1度叩いただけで3killという状況も狙えるほどの火力になり、より集団戦に重点を置いたチャンプとなりました。
敵全員に 起爆した時にはBrandそのものとして敵を燃やし尽くせます。

敵1体に の起爆が確実に狙える場合、なるだけ多くの敵に爆発を当てていくことを意識しましょう。
複数起爆してしまえばもう集団戦は勝利したも同然です。

・膠着状態に強い

以外のスキルの射程が長く、ポークに非常に使いやすいです。
特に が当たりやすく、 の相性も相まって削り合いという状況に持ち込んだ場合に無類の強さを発揮します。
ある程度のCDRが必要ですが、運よく > > と当たった場合にも遠距離から を起爆できるため狙っていきましょう。

・特定のAPアイテムとの最高レベルの相性

言わずもがな、コアビルドで挙げられている これらのアイテムのことです。
この3つが揃うと少々大げさではありますがスキル1つ1つにがかかっているようなものです。

短所
(Patch6.22)アサシンアップデートによりアサシンをよく見るようになりました。(主観ですが)
もともと対アサシンが得意でないBrandは以前よりキッツい環境で戦うことになってしまいます。
こんなんどないせえっちゅうねん

・逃げ性能が低い

Brandはスキルの全てを高い攻撃性能に割り振ってしまっている為かBlink系スキルを持ちません。
故にGankにも弱く、決して硬い方でもありませんので落ちるときは一瞬で落とされてしまいます。
頼みの綱である のスタンも発動するには2手(例: > )必要で、急襲された場合にも対応が手遅れになることが多いです。

・Blinkを持つ相手が苦手

即時着弾するスキルが しかなく、 はスキルショットですし、 は着弾まで少々時間がかかり、そしてBrandのスキルのCDは超絶短いというわけでもありませんので、
これらををかわされてしまうと本当に何も出来なくなってしまいますし、マナアイテムが無い状況では とスキルを撃ってしまった時点でマナがすっからかんになります。
プレイヤースキルでどうにかなる部分ではありますが、苦手なのは確かであろうと思います。


スキル説明
Passive: 炎上(blaze)
・スキルが当たった敵ユニットを炎上させる。炎上は3回までスタックし、最大スタック時に対象とその周囲に魔法DMを与える。またスタック毎に4秒間に渡って対象の最大体力の2%の魔法DMを与える(Minion・Monsterに対しては毎秒80DMが上限)。炎上している敵ユニットにスキルが命中すると追加で炎上効果を付与する。
魔法DM: [対象の最大HP × 12-16% (+0.015AP)%] (Lv1-9で増加)

地味ながらも、Brandの根幹を支えるスキルです。
BrandがMRPenを優先的に積む理由であったりしますし、マスタリーDeathfireとの相性も最高です。
このスキルがあるからこそ との相性が抜群なワケです。

3スタック時の爆発が複数体に発動し範囲が重なった場合、わけのわからんダメージが出ます。新しいBrandが最も楽しい瞬間であると思います。
対面が多ければ多いほど爆発ダメージの期待値がガンガン上昇します。
またエピックモンスター、ラージモンスターにも爆発効果は発動するため、ジャングル内の寄りやオブジェクト争奪にはしっかりと参加していくようにしましょう。

レーンにて爆発を狙う場合のコンボで最大ダメージを与えたい場合は > >AA> がぐらいが現実的かな、と思います。
Q: 焦炎(Sear)
・指定方向に火の玉を放ち当たった敵ユニットに魔法DMを与える。
炎上効果: Stun(1.5s)が付与される。
魔法DM: 80/110/140/170/200 (+0.55AP) 弾速: 1550
Cost: 50MN CD: 8/7.5/7/6.5/6s Range: 1050

非常に素直なスキルショットです。マナ消費も少なく、Lv1はコレを取ってもいいかもしれません。
炎上効果のスタンは1.5sといくら条件付きとは言えど破格と言えるものです。スタンまでさせることができればダメージ交換は安泰でしょう。
このスキルがBrandのコンボの成功の可否を決める重大なスキルになります。CDは短いですが、使い所をしっかりと考えるようにしましょう。

W: 烈火の柱(Pillar of Flame)
・0.625秒後、指定地点の範囲に火柱を作り出し範囲内の敵ユニットに魔法DMを与える。
魔法DM: 75/120/165/210/255 (+0.6AP) 効果範囲: 500
炎上効果: 与えるDMが25%上昇する。
魔法DM(対炎上): 94/150/206/263/319 (+0.75AP)
Cost: 60/70/80/90/100MN CD: 10/9.5/9/8.5/8s Range: 900

Brandの象徴とも言えるスキルです。
範囲・射程の割に着弾までが非常に早く、レーン戦では対面がCSを取ろうとしていた時に置くようにすればほぼ確実に当たります。
集団戦でもポークに使えて且つダメージも高く、かつ短めのCDといい所づくめのスキルになっています。


E: 焼灼(Conflagration)
・対象の敵ユニットに魔法DMを与える。
炎上効果: 対象の周囲(範囲300)の敵ユニットにも同様のDMを与える。
魔法DM: 70/90/110/130/150 (+0.35AP)
Cost: 70/75/80/85/90MN CD: 10/9/8/7/6s Range: 625

貴重な即時発動・対象指定スキルです。 など、スキルショットを当てにくいチャンプなどにはこのスキルをメインにレーン戦を行うことになります。
思った以上に射程が短いことに注意しておくと、対面のオールインを避けることにも繋げられます。

炎上効果を狙う機会は少ないですが、実はBrandの集団戦最大ダメージのコンボを出すにはこの炎上効果をフル活用することが必須になります。
>(着弾後) > といった具合です。

R: 業火(Pyroclasm)
・対象の敵ユニットに火炎弾を放ち魔法DMを与える。火炎弾は近くの敵Championを優先に、かつ炎上を起爆させる対象を優先的に、敵ユニットにランダムで4回まで跳ね、その度に魔法DM(同一ユニットに対しては最大3回)を与える。
炎上効果: Slow(0.5s)を付与する。
魔法DM(1Hit毎): 100/200/300 (+0.25AP)
Slow: 30/45/60%
Cost: 100MN CD: 105/90/75s Range: 750

チャンピオン優先でバウンド、可能な限り スタックを3にしようとターゲティングする為、Gankされた場合でも状況をひっくり返せる可能性を持つスキルです。
ドラゴンファイト・バロンファイトで大活躍するスキルです。
炎上効果が変更されていて、スローを付加するよう変更されています。(以前はチャンプを優先するものでした。)
だからといってオールインに響くものではないと思いますが、 が無くともある程度対面を捕まえやすくなりました。
バウンド数はそこまで多くありませんので、敵チャンプが2~3体程度固まっていたら撃っちゃって大丈夫です。

地味ながら対象指定スキルにしては結構な射程がありますので、「絶対に捕まえる!」と決め切ったならば > とコンボを狙ってみるのも良いかもしれません。
サモナースペル
ド定番。Blinkの無いBrandにはこのサモナースペルを抜く選択肢はあまり考えたくありません。

Patch6.10より強烈なバフを受けたサモナースペルです。
Brandは を持っても、 を持った時のVladmirのような確実なキャッチ性能を持ちませんが追撃、逃走には依然使いやすいスペルだと思います。
そしてまずを持ち合わせないサモナーレベルの方については片方はほぼこれで固定でしょう。

も相まって、ワンコンボで敵を消し去りたい場合に最適のサモナースペルです。個人的にオススメ。
との兼ね合いもありますが、の効果時間が終わってからもダメージを与えたりします。
などでほぼ無効化されてしまったりもします。
対面のシールド・ヒールスキルがCDか否かでコンボを入れるか検討しましょう。

集団戦に強いBrandがすぐに駆けつけられるというのは大きな強みになります。
Brandはスプリットプッシュでのタワー攻撃性能はそこまで高い方ではありませんが、チームで誰も持っていない場合などに持つと喜ばれるかもしれません。

や、憎いあんちきしょう のワンコンボを凌ぐことができる・・・かもしれません。

CCが重い相手 などの対策にどうぞ。

存分にアリだとは思いますが、個人的にこれを使うのであればのほうが活躍の場が広いのではないかと思います。

アサシンが多めであったり、 を止める必要があるな、と思った時にどうぞ。
私はチームで誰も持っていない場合に選択したりします。
コンボ
全てのコンボに共通することになりますが、とりあえず を起爆できれば意外とどうにかなります。
集団戦が絡んだ場合は3体程度 が起動できれば最早十分でしょう。

ある程度慣れてくると、対面の炎上スタックを意識して立ち回ると大幅にダメージ効率が上がります。
固執してキルされてしまっては本末転倒ですが、炎上スタック2の敵に積極的にスキルを当てていくと結局は集団戦に勝つことに繋がります。

私自身への言葉にもなりますが、各コンボの炎上効果及び はスキルが命中してから4秒の猶予があります。
すぐさま全てのスキルを吐ききらずに落ち着いて炎上スタックを稼いだほうがいい結果になることが多いです。
とビルドが揃っているならば1つスキルが命中した時点で十分なダメージが確保できますので、慌てずスキルを回して を発動させていきましょう。
私はよくキーボードをガチャってコンボ失敗します

> AA>
Brandの最も基礎となるコンボになります。
途中にあるAAですが、対面からのスキルの差し返しが予想される場合には省いて距離を取ってW、とすると安全です。



>
敵を捕まえたい場合に、最も遠くでスタンさせられるのがこのコンボになります。
慌ててQを打たないようにすると上手いことスタンさせることができます。



> > > >
Brandのレーン戦でのオールインです。
このコンボを撃つなら確実に1キルを取るようにしてください。この状態から差し返されて対面のオールインが刺さると逆にこちらがキルされることになります。
上手いことUltが跳ねた場合に、Gankに来た敵ジャングラーも巻き込んで2キル頂ける場合があります。・・・自身もキルされるとは思いますが。



>(着弾後) > >
Brandの集団戦でのオールインです。
の後は焦らず着弾したのを確認して > と入れていきましょう。
は止めたい相手に。
> > > でも問題ありません。

を最大限に回すために可能な限り集団にスキルを当てていきましょう。
1つ起爆してしまえば後は適当に当てていけばポンポンと爆発が連鎖していきます。



>
あまり使用する機会はありませんが、Lv2~3用の「対面が差し返してこないことがわかっている」状況でのコンボになります。
Wの炎上追加効果にてえげつないダメージが出ますので出来れば狙っていきましょう。
Lv2で成功した場合には大きくレーン有利を得られるコンボになりますが、かなり寄らなければいけないため相手の差し返しに注意してください。
序盤に弱いチャンプが対面の場合に出番が多いコンボになります。



>(ちょっと待ってから)
ファーム用コンボになります。
勿論敵チャンプが居ないこと前提で、敵側レーンに歩いて前衛ミニオン・後衛ミニオンを のインジケータにすっぽり収まるようにすると が全てのミニオンに入りきります。

マナがもったいないのであまりしたくないのですが、 を回避された・及びその がミニオンに当たった場合に
炎上効果で着火、といったことをすることも出来ます。
あくまでGank合わせ用でどーしても でスタンが要る、ミニオンの位置的に確実に の起爆が期待できる場合ぐらいに利用を留めておいたほうがいいです。 と吐いて差し込んでこようとしない対面など存在しません。



>(着弾前)
NAサーバーでは少々怖かったEQコンボです。日本サーバーのPingでは問題なく出来ますので、
ちょっとした初見殺しのネタとしてどうぞ。

ビルド:アイテムについて
現時点の筆者のおすすめビルド順は の順です。
対面に が見えた場合などは を早めに積むことをおすすめします。
ですが、相性の良さからどうしても を先行して完成させたいというのが筆者の意見です。

モレロノミコン(Morellonomicon)
Brandに最高にマッチするアイテムその1。
Uniqueである回復半減効果が少々Nerfされてしまいましたが、それでもまだ高いコストパフォーマンスを誇るアイテムです。
Brandに必要なマナ、CDR-20%、AP+100、条件こそありますが長時間付加される回復半減とBrandに絶妙にマッチします。

対面がメイジでありある程度勝てる・スキルを当てることができると判断した場合はこちらのルートに。
からのルートだとレーンでのマナ持ちも良く強いと思います。
もしも 購入後ガンガンキルが発生した場合は即座に に走ると面白いかも。
サステインは に劣りますが完成時の爆発力は他APアイテムと比較しても最高レベルであると思います。


リーライ・クリスタルセプター(Rylai's Cristal Scepter)
Brandに最高にマッチするアイテムその2。
との兼ね合いで各スキルに5秒ものスローが付き、プラスで火力とBrandの脆さを補強してくれるアイテムです。
Brandのどのようなビルドでも積むことになると思います。
(Patch6.24)調整に伴い価格の引き下げ、AP・Healthの供給量が低下しました。
ぶっちゃけ後者についてはそこまで問題ではなく、個人的な意見にはなりますが大きなバフになっていると思っています。
というか昔に戻っただけとちゃうの

初手で積む場合にはマナがカッツカツで動くことになってしまいますので、どこぞの段階で をもう一個買っておくとそこそこ長持ちするようになります。


ライアンドリーの仮面(Liandry's Torment)
Brandに最高にマッチするアイテムその3。
これまた との兼ね合いでスキルがヒットした相手に7秒間もの間DoTを与え続け、そこに の効果が乗るとうち5秒間はそのDoTが倍になるというとんでもないシナジーを持ちます。
もちろんこのアイテム単体でも強力で、敵チームの逃げ性能が低い(スローがあまり必要でない)場合には よりもこちらを先に完成させたりもします。
(Patch6.24)後述悲愴な仮面と一緒に価格の引き下げが行われたアイテムです。
前述したクリセプと相まってコアアイテムの完成が大幅に早くなりました。


悲愴な仮面(Haunting Guise)
コストパフォーマンスに優れるアイテムです。
対面が最初の帰還でMRアイテム( 等)を買うのが予想される場合や、対面がヘルス多めに積んできた場合など上記二点のマナ確保アイテムと選択になります。
マスタリーでを選択している場合にもこちらでいいかもしれません。

アビサルセプター(Abyssal Scepter)
対面のメイジが強力でヘルスの問題からレーン維持が困難な場合などにどうぞ。CDRも確保できる優秀なアイテムです。
対面がよほど甘えてない限りは を見たら直行していいと思います。
また、対面 のワンコンを警戒する場合でも有効な選択肢であると思います。

(Patch6.22)周囲の敵ユニットが受ける魔法ダメージを増幅させるというパッシブに置き換わり、更に重要性が増しました。
・・・ですが、正直なところ対面にハラスができているのであればBrandが持つ余裕はあまりありません。
勝ちゲーで味方jgが魔法ダメージ主軸のメンツ であるならば積むのをお願いしてもいいかもしれません。
対面の構成にもよりますが あたりは快諾してくれると思います( メインの方、間違ってたらごめんなさい)


ロッド・オブ・エイジス(Rod of Ages)
私は以前はRoAを積むのはどうなのかな・・・・と思っていましたが、大きく状況が変わってきました。
価格低下と の仕様変更により十分なサステインが確保でき、現在のBrandに必要な大量のマナ、APを確保できる優秀なアイテムとなりました。
対面や、相手のチーム構成により下記 と選択になると思います。

初手に に走る場合は序中盤のレーンの強さをある程度捨てることになってしまいます。
もし対面に打ち勝つ必要がある場合は初手 のルートはおすすめしません。


ラバドン・デスキャップ(Rabadon's Deathcap)
メイジ全体が欲しがる、APを最大限にブーストしてくれるアイテム。
このビルドでは4つ目か5つ目に作ることになると思います。敵チームのMRが薄い場合などにはこちらを買うと良いでしょう。
勝ちゲーで早めにゲームを終わらせたい場合などに意識していくといいと思います。

ヴォイドスタッフ(Void Staff)
Brandが欲しがるMRPenをメインに供給してくれるアイテム。
敵チーム全体で見てMRが濃い目だったり、単純にダメージを底上げしたい場合にどうぞ。
の爆発ダメージを最大限通すためには必須のアイテムです。
対象最大HPの16%↑の割合AoEを対面が警戒しないはずはありません。対面は集団戦前はMRを濃くしてくるはずです。

ゾーニャの砂時計(Zhonya's Hourglass)
憎いあんちきしょう や、対面がAD、集団戦にて自身がフォーカスを受けまくる場合などにどうぞ。
火力も供給してくれるため積むことも多いでしょう。CDRも補充されるBrandに更にマッチするアイテムになりました。
最早対面にADが複数見えた場合などは直行してもいいかもしれません。

対面に 等が来てしまうと、そもそもBrandをピックするのはどうかなとも思ってしまうのですが、
もし運悪く対面に来てしまった場合は素直に から買っていきましょう。

ブーツ類
ビルドによって選択することになります。
を積む場合。
は対面が脅威でない場合や を積む場合。
ですと非常にコストパフォーマンスに優れていますし立ち回りが大幅に楽になります。
戦術
Lv1
・基本的にはW でのハラスを行うようにしてください。
対面が靴を買ってない場合、スキルインジケータ中央に敵を捉えてCSを取る瞬間に打てばほぼ当たります。
射程を活かして、差し返しを貰わないように立ち回りましょう。
もうこの時間帯から対面を倒しに行きたい場合はE を取り、AA> >AAと入れていきましょう。スキルの差し返しを貰わなければダメージ交換は勝てると思います。

Lv2~3
・そろそろ相手が仕掛けてくる時間にもなると思います。
相手が踏み込んできたら距離を取りつつ > 、対面に触りたくない状態であるならば をLv3でスキルLv2にするようにしてハラス及びファームに努めましょう。

このぐらいの時間はまだレーンを押さないでGank警戒をしっかりとしておきましょう。

Lv4
・Brandの最初のパワースパイクです。
自身が仕掛けられる状況であるならば > >AA> と入れてしっかりと削っていきましょう。
ハラスが成功していたのであればで1キル取れると思います。
個人的な目安となりますが、キル圏内はおおよそ5~6割程度ではないかと思います。

Lv5~7
・そろそろW一発のダメージが目に見えて大きくなってきます。
このあたりでの小規模集団戦には必ず参加しましょう。UltがCDでなければほぼ確実にキルを発生させれます。

味方青バフはなるだけ頂きましょう。ハラス能力が段違いになります。

以降
基本的にADCと同列のバックラインか、ADCより少し前ぐらいで戦うようにしていきましょう。
のおかげで射程には困ることはないはずです。
このあたりの時間帯の集団戦から を撃つ対象の判断を間違えないように。
敵キャリー陣に当てればもうその集団戦は勝ったようなものですし、味方ADCが襲われていた場合はキッチリスタンを当てていきましょう。
が完成しているのであれば尚更集団戦がやりやすいと思います。
どうでもいい変更履歴
2016/12/7
・コアビルドの価格及び性能変更に伴い記述を修正。

2016/11/11
・アサシンアップデートによる記述の変更。

2016/10/31
・アイテム欄を修正。

2016/10/11
・コンボ欄を少々加筆。

2016/09/12
・パワースパイクを考慮しビルドを修正。あくまでコアビルドは汎用的なものとなり、対面によっては確実なものではありません。

2016/09/01
・ビルド欄「アビサルセプター」の対Veigarに関しての記述が情報が古く、誤った内容を記述しておりました。申し訳ありません。
記述を修正・加筆しました。

2016/08/28
・コンボ欄のアイコンミスを修正。
・ビルドのリーライ・クリスタルセプターの部分を少々修正。

2016/08/06
・Brandに関しての環境の変化が感じられないためタイトルのみを現パッチに修正。

2016/07/06
・文言のある程度の統一と修正。

2016/06/20
・コンボ欄を整理。
・メイジアップデート(Patch 6.9)での変更点での記述をある程度添削。
・Patch6.12に基づきビルド欄の細かい記載変更。

2016/05/30
・ビルド欄の細かい記載変更。 をどうしようか・・・・
・コンボ欄が見づらく感じたので少々変更。

2016/05/23
・長所の項目から「プッシュが早いこと」を削除。スキルダメージの低下によりそこまでプッシュが早いと感じられなくなった為です。
・ビルドの について少々追記。CDRが付加されていたことを忘れていました。
・その他、ビルド、戦術に細かい記載変更。

2016/05/16
メイジアップデートに対応しました。具体的には、
・スキルに関し追記を行いました。
・ビルドの に関しての追記を行いました。
・ビルドに を追加しました。現時点でメイジに重要なアイテムで有る為。
・ビルドから を削除しました。サポート向けアイテムに変更された為。


執筆者

Aqlpia

S3からRankedを回す気が全く起きません。
細々とこのゲームをしている雑魚です。
メインとしてBrandを中心にPickしております。


コメント - 3件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:078ffac1
2016-05-12 23:45:05
6.9更新も楽しみにしています!
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:5d92ea4c
2016-08-29 14:30:57
アビサルの欄でベイガー相手にAP上げたくないとありますが、リメイク前のAP奪うパッシブの件ですかね?
3.
Aqlpia 登録済みユーザ
2016-09-01 02:06:56
げ、そういやリメイクされてましたね・・・全くもってその通りです。リメイク前の対面のAPを参照してスケールされるのを考慮しています。
情報が古く、記述が誤りでした。申し訳ないです。 また次回の更新に記述を修正します。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!