ビルドガイド: ジャックス - Jax

ジャックス: 金・暴力・Jax

執筆者: Smith_lol (最終更新日: 2016-11-19 03:29:11)

12,983   0

25
4
86%
トップページ > ビルドガイド検索 - ジャックス > 【ビルドガイド】ジャックス: 金・暴力・Jax
対面別立ち回り(Darius)を更新しました。

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 伸びゆく魔法防御の紋(III) Lv毎に魔法防御 +0.16(Lv18で +3)
    x 9
  • 攻撃速度の神髄(III) 攻撃速度 +4.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム(汎用)

初期アイテム(対Meleeの場合はアリ)

コアビルド

最終ビルド

長所と短所
長所
- 1. 中盤以降のタイマン性能と、パッシブ によるタワー折性能により、スプリットプッシュが強力
- 2. E による通常攻撃が主体のチャンピオンに対するカウンター性能
- 3. Q とによる飛びつきとE によるスタンでGankに合わせやすい
- 4. ULT とW によりAPダメージソースも持つため、安定してダメージを出しやすくビルドの幅が広い

短所
- 1. CCに弱い
- 2. 辛い対面が多く、タワー下でのFarmもそれほど得意でない
- 3. 一度レーンで腐ると、復帰までに時間がかかる
サモナースペル

特に語る必要はないと思うので割愛


に比べるとレーンでのキル性能は落ちるものの、Jaxの強い時間帯である中盤~後半における
スプリットプッシュ性能を存分に活かすことができる。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

相手がMeleeチャンプなどの殴り合う相手の場合、初手はE 取りでW を上げる。
相手がMage系の場合はバーストの重視と、近接手段のCDを上げるため初手にQ を取り、優先的に上げていく。
メインのダメージ源であるW とULT のダメージがAPレシオでしか上昇しない。
そのため、バーストダメージが最も出るのは実はAPビルドだったりするとかしないとか。


殴れば殴るほどASが上がっていく。
最終的にLv16以降は最大スタックで実に88%ものASが上昇するが、持続時間は2.5秒と結構短い。
そのため、ASを維持するには相手を殴り続ける必要があり、レベルが低い序盤は地味に辛い。


Jaxの近接手段。
序盤のCDは10秒と結構長いが、最大レベル時は6秒にまで低減される。
相手がブリンク持ちの場合は出来るだけ徒歩で近づいて、相手がブリンクを使用してからQを使うと良い。
AD・APの両方でダメージが上昇し上昇率も中々良く、実はJaxのスキルで一番火力の出るスキル。


低CD・低マナ消費のJaxのメインのダメージ源その1。
AAキャンセルが可能なため、AAキャンセルは出来るようになっておこう。


スキルの使用中はAAを無効化し、再使用で範囲ダメージ・範囲スタンを与える。
CDが長いため強力ながらも地味に使い方の難しいスキル。
を相手にするときはこのスキル次第で勝ち負けが変わる。
意外と知られていないがスキルの使用中はAoEダメージを25%低減する。


Jaxのメインのダメージ源その2
JaxのLv6以降で謎の火力が出るのはこのスキルのパッシブのおかげ。
基本的にAAを2発ミニオンに当てる→Q で相手に飛ぶ→AAで削っていくのが主な戦い方。

アクティブはAD・APレシオでAR・MRが上がるため、グインソー を積んでる時は
出来るだけグインソーのスタックを溜めてから使えると良い。
レーンでの立ち回り
Melee相手
基本的にはミニオンを殴ってASを上げてからE を展開して殴ってダメージ勝ちしていく。
殴り始める時は自分が相手よりも相手タワー側に位置取ることを意識しよう。
相手がブリンク等で逃げるようであればQ で追い打ちをかけていく。
但し、Q で追い打ちをかけると逃げる手段がしかなくなるため、Jgの位置に注意してしかけること。
E がCDR中は逆にダメージ負けするため、Eの使い所には注意。

Lv6以降はミニオンにAAを2発当ててからULT のパッシブを利用して殴れば
大体のチャンピオン相手にダメージ勝ち出来るので積極的に仕掛けていこう。

Range相手
近接手段・ダメージの乏しい序盤が非常に辛いが、Q を使って出来るだけダメージ交換していこう。
タワー下に押し込まれるのはできるだけ避けること。
タワー下に押し込まれるとタワー下でのFarmが難しいJaxではタワー下で削られ、Farm差をつけられるか、
相手のJunglerも含めてタワーダイブされ為す術もなくキルされる。
そうなってしまうとJaxが勝てるようになる時間が遠くなり、Jaxが復活するためにFarmを稼いでいる間に育った対面により
試合の形勢が決められてどうしようもなくなることも多い。

ダメージ交換しようとしてもどうしようもない一部のチャンプも居るが、そういうケースは除いて互角~やや負けレベルなら
中盤以降で必ず逆転できる。
なので、Range相手でも丁寧にダメージ交換して相手にプレッシャーをかけていくことが大事。
ビルドオーダー
1stリコール
汎用
が買えない場合は の三点セットもアリ
対面がAPなら初手
対面が とかのHP回復系が相手の場合は初手、遅くても2ndリコールでの購入を推奨

基本的に初手は が安定
理由としては現環境でのJaxのビルドとしては が最強なため、 へ行くにあたっての選択肢は

の3択です。
この中からPhageを選択する理由は、3種の内で最も基礎ステータスの恩恵が高いことと、
AA後のMS増加による殴り続ける性能がJaxとマッチしているためです。
その後は からの からTFが最も安定。
なお、 が買えない場合は を積んだ方が良い。
その後は以下のアイテムから相手によって選んでます。

定番
:味方がAD寄りの構成の場合。AP・ADのミックスダメージとサステインの強化。アクティブのCDRが30秒と非常に短いのも優秀。
:味方がAP寄りの構成の場合。ASでULTの回転率を上げて殴り合い性能の強化。対面がHPお化けであれば推奨。
:対APならド安定、TFの次に完成させても良い。シールド発動時はSV・LSが上がるのでAP・ADのミックスダメージのJaxとの相性は◎
:火力・耐久力(汎用)強化。TFを積むとTFのパッシブは基礎ダメージが上がるため更に火力が上がる。

シチュエーショナル
のような対CC用
:APバーストの強化。味方がオールADでもない限りは基本積まない。 を積んでいると意外とAPダメージが出る
などの回復お化け対策
:殴り合い最強を求めるあなたに。

防具
まず、Jaxの防具は後回しでOKです。
理由はいくつかあって、まずJaxに求められる役割としては相手の後衛を溶かすことであってTankではないこと。
立ち回り的にも真っ先に突っ込むタイプのチャンピオンではなく、相手の火力を出すチャンピオンがスキルを
使ってから突っ込むのが基本です。
(筆者はよく集団戦時に「ひゃぁ、もう我慢できねぇwww」と真っ先に突っ込んで味方に怒られますがそこはご愛嬌)
次に、 のバースト耐性の上がる武器を持っていれば、Jaxが仕事をできるだけの耐久力が得られること。
また、ULT のアクティブ使用時はAD・APレシオでAR・MRが上昇するため、武器だけを
積んでいてもある程度の耐久性が得られることが主な理由です。

なので、積むのは最後の2つくらいで、防具を積む前に試合が終わることも多いです。
積む時は、相手の構成に応じて下記の防具から積みます。

:ARとヘルスを確保でき、終盤でのCrit軽減は魅力的。アクティブのスローも使い勝手が良いため基本的にこれ安定。
:キャッチ性能を上げつつ耐久性を上げたい場合。
:キャッチ性能が強力な相手対策。まず無難。
:MR・ヘルス・CDRが上昇し、 装備時はサステインも上昇。
などのADC対策。AR・CDR・マナは上昇するがヘルスが上がらないので優先度は落ちる。
対面別立ち回り
Darius
【対面時の要点】 の斧部分をいかに避けるか
【スキルオーダー】Q>W>E
Jaxは対Meleeでは を取るのが基本ですが、上述の理由からこいつに限ってはレベル1から 取りを推奨します。
理由は、最初に を取ってもDariusが を使った後に棒立ちでもされない限りは斧部分に当たり、
ダメージ交換に勝てないためです。
それに対して、 取りの場合、 の開始後にブリンクで近づいて柄の部分に当たることでダメージ交換が成立します。

【立ち回り】

対面時の行動パターンは以下の通りです。

範囲内で を開始→ で近づいて殴る
で引っ張られた→ を展開、殴ってスタンが入れば下がる

基本的にはDariusのスキルに合わせてこちらもスキルを使い、こちらからのスキルの先出しはNG。
ダメージ交換とCSを丁寧に続けて、JgのGankを待ちましょう。
Gank耐性については、圧倒的に に対しての方がGankが刺さりやすいので、
HPがトントンでCS差もそれほど離れてなければ簡単に刺さるでしょう。
JgのGankが入る等でキルを取って一度差がつけば逆転されることはほぼありません。

【ビルド】
アイテムについては初手で 、買えなければ の3点セットか、
最低でも は欲しいです。
他は汎用ビルドでOK。

Poppy
(次回の更新で執筆予定)
レーン戦以降の立ち回り
(その内書きます)

執筆者

Smith_lol

サモナーネーム:Srnith
※mじゃなくてr nです


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!