ビルドガイド: ハイマーディンガー - Heimerdinger

ハイマーディンガー: 「うーん、かぐわしき科学の香り」 今日からあなたも誉れ高き発明王!

執筆者: 焼きソーば (最終更新日: 2020-09-10 07:03:05)

425   0

1
0
100%
トップページ > ビルドガイド検索 - ハイマーディンガー > 【ビルドガイド】ハイマーディンガー: 「うーん、かぐわしき科学の香り」 今日からあなたも誉れ高き発明王!
随時更新予定です

ルーン

魔道
秘儀の彗星
マナフローバンド
英気集中
追火
覇道
血の味わい
強欲な賞金首狩り
アダプティブフォース +10
アダプティブフォース +10
魔法防御 +6

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタートアイテム

1stリコール

1stパワースパイク

最終ビルド

はじめに

圧倒的な、レーンプッシュ能力が......欲しいか?
圧倒的な、カウンターエンゲージ能力が......欲しいか?

最強のレーンプッシュ能力と言えばだれだろうか。広範囲AOEでミニオンすべてを焼き尽くすか? 
それとも、自らの手下を召喚し戦わせるか?
最強のカウンターエンゲージ能力と言えばだれだろうか。襲い掛かる敵をものともしないか?

否。

存在するのだ。

その二人をおいてさらにその先を行くものが。

その名を......

誉れ高き発明王 ハイマーディンガーと人は呼ぶ。
長所と短所


長所
- 1. による他の追随を許さない圧倒的なプッシュ能力。
- 2. によるガンク耐性。
- 3. による申し分ないポーク能力。
- 4. でスタンを与えたときの異常なバースト能力。
- 5. ドラゴンやバロン前での強力なゾーニング性能。
- 6. によるスキルドッジのしやすさ。

短所
- 1. 超絶柔らかい。特に序盤はイキってタレットの前に出るとすぐ死ぬ。メイジの中でも最低クラスに体力が少ない。
- 2. のスタックがないときの無力さは異常。「タレットがないときのハイマーはちょっと強い砲台ミニオン」とも揶揄されるほど。
- 3.ブリンクスキルを持っていないので逃げ性能はイマイチ。
- 4. タレットの置き方次第ではあるものの、全体的にAOEスキルに対して弱め。
- 5.対面から試合終了後に罵倒されることがある。
-6.良くも悪くもの命中精度に酷く依存する。

サモナースペル

フラッシュ

追撃に良し、逃走にも良し、スキル回避にも良しな至高のサモスぺ。
使い慣れるとの無敵時間と合わせて上手く敵の攻撃スキルを吐かせてで作り上げた自分の陣地内を動き回り、ダメージを与えてガンクに来た敵ごと対面を倒すなど気持ちいいことが出来る。

 バリア

ヒールより実質的に防げるダメージが大きい点からこちらを使用。
等を所持していない序盤のアサシン対面では重宝する。
また、ローヘルス時のベイトの時にも保険として持っていると安心できる。
クールダウンも短いので、使い渋るより危ないと思ったらすぐに使うのがおすすめ。

テレポート , イグゾースト
TOPレーナーがを所持していない時、対面がなど特に簡単にロームを行える場合に持つことがある。
バースト系のチャンピオンが対面なら がいいかもしれない......が、集団戦時にはあまり自身を保護する役割をこなせないので、確実に付与する相手を見極められる方にのみおすすめする。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

主力の火力はによるポーク。特にmidレーンではメイジが相手に来ることが多く、中、長距離でのスキルのぶつけ合いがものを言うので射程や威力等十分に意識して戦っていきましょう。
ミサイルを飛ばす方向は扇状で、弧の長さを調整できるのでそれをうまく当てていきましょう。
ミサイルを一極集中させればその点に与えるダメージが増えるので、ミニオンを貫通して後ろまでミサイルが飛んで行くこともあります。
どのくらいで貫通できるか等は慣れですので何度も使って練習していきましょう。

ハイマーと言えば思い浮かぶのタレット。
このタレットの自動攻撃機能のおかげで、彼は全チャンピオン屈指のプッシュ能力を誇ります。
基本的には対面に対して三角形もしくは逆三角形の形でタレットを置き、その中心部で自らが戦うのが一般的です。
自身のミニオンに合わせてタレットを再配置し、じわりじわりと敵のタワー攻撃をタレットがくらうギリギリまで前線を押し上げましょう。
ただし、敵ジャングルの位置は把握し、ガンクに対して構えておきましょう。
来るのがわかっている場合とそうでない場合とではまったく違います。

ただしスキルが指定対象な敵(など)の場合は、タレットを同じ場所に置くことが有用です。
(彼女のでぴゅんぴゅん動かれてをよけられるのを防ぐため)
(また、イレリア対面は少し特殊です。を優先的に上げ、Wの消費マナが増えるのを抑えればに直行してもマナが持ちます。)

タレットは自らが攻撃した相手を優先的に攻撃する性質があるので、それをうまくコントロールしてCSを確保しましょう。
慣れないうちはタレットとミニオンの攻撃がうまくかみ合わず、砲台ミニオンを落としてしまうかもしれませんがこれも練習あるのみ。

また、ハイマーのタレットを使って自身や味方を守ることも可能です。
フック系のチャンピオン(など)のフックに対してを置けば、相手はそれを引っ張っていってくれます。
他にもの盾にしたりできますが、逆にのブリンク対象先になったりとマイナス面もあることを覚えておきましょう。

などで発生する花や種などと同じく、の対象にも選択することが出来ます。

を当てることがすべてです。当たれば大ダメージ。当たらなければ相手からのカウンターをプレゼントされます。
如何に相手の移動先を予測してこのスキルを当てられるかがこのチャンピオンの最も難しい点と言えるでしょう。
このスキルを敵に掠めるだけでもから強力なチャージ弾が発射されます。
上手く全てのタレットからのチャージ弾を、このスキルによりスタンさせた敵に充てることが出来れば体力の7,8割は簡単に飛ばすことが出来ます。

は各スキルをより個性的なものへと進化させるスキルです。
クールダウンは短く、試合後半にはクールダウンが30秒ほどになっていることも珍しくはありません。積極的に使っていきましょう。

やはりもっとも多く使うことになるのはRQのコンボ。巨大なタレットは通常のものよりもより多くのダメージを与え、追加でスロウ効果を付与します。
もちろんこのタレットからもチャージ弾が射出されるので、RQ→Eでダメージを与えることも狙っていきましょう。
RQのタレットは本来ハイマーが設置できる上限のタレット数である3を無視して設置可能であるという点にも要注目です。

RWはより多くのミサイルをたたきつけることが出来ますが使用頻度は少なめ。
正直弱いのであまり頻繁な使用はお勧めしません。
油断している敵がローヘルスで正面から突っ込んできたときなどはこれをぶち込んでやればおいしいキルがゲットできるかも......?

REは3回バウンドするスタン弾です。
そこそこのダメージと長い射程を誇るので、逃げる敵を横から狙って足止めしたり、集団戦のきっかけ作りとして適しています。

使用頻度的にはRQ >> RE >>>>> RW が目安です。

はタワーやタレットのそばで移動速度が20%ほど上昇するというもの。
一見弱そうなスキルに思えるかもしれないが、このおかげで敵の方向指定スキルの回避が超簡単。
特にブーツを履いた時の移動速度はなかなかのもので、彼の逃げ性能の低さをカバーしてくれる。
ルーンやアイテム等は随時更新予定です。

執筆者

焼きソーば

日本鯖で100番以内のハイマー使いだと自負しております。名誉レベル5になった!愛媛でなんか生きてる高校生。人ではない 。9月からN高転入致します。DM来て!リプ絡んで!


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!