ビルドガイド: シヴァーナ - Shyvana

シヴァーナ: 気持ちよく殴り勝てるTOPシヴァーナ

執筆者: たいぬ (最終更新日: 2020-11-01 17:53:16)

602   0

2
1
67%
トップページ > ビルドガイド検索 - シヴァーナ > 【ビルドガイド】シヴァーナ: 気持ちよく殴り勝てるTOPシヴァーナ
このガイドはバージョン 10.22.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
パッチ10.22でTOPシヴァーナを運用するガイドとなります。
長時間のドラゴンフォームでひたすら敵を殴りたいそこのあなた! 騙されてとりあえず試して見てください。

ルーン

栄華
征服者
凱旋
レジェンド: 迅速
最期の慈悲
覇道
血の味わい
強欲な賞金首狩り
攻撃速度 +9%
物理防御 +5
物理防御 +5

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


開始時

コアビルド

1vs1が多い、タンクが強い時

ファイターやADCが強い時

メイジが強い時

最終ビルド

イントロダクション
ADCでプレイしていたところ、相手にシヴァーナTOPがいて、あまりのうざさにこれだっとなってビルドの研究をしました。
硬くてダメ通らないわめっちゃ突っ込んでくるわ、
意外と火力出てるわで何度か集団戦をしたもののシヴァーナだけはキルが取れねぇといった具合です。

本ビルドのコンセプト
5vs5のチームファイトで最後までドラゴンフォームを維持して殴り続け、
最後のひとりとして生き残ることをコンセプトにしています。
そのため、硬い、そこそこ火力出る、LSで盛り盛り回復の形を目指しています。
他の9人がリスボーンするまでの間、ひたすら一人で行動したい、
全員の視線を釘付けにしてドヤ顔でオブジェクト取りたいって人向けのビルドになります。

敵にこう思わせたらいい感じです。
シヴァーナ硬いから後回しにしてダメージディーラーを先に倒せ、
倒したけどこっちのダメージディーラーもやられた。
え、シヴァーナ火力も高杉、勝てねえ、みんな逃げろー、でもシヴァーナ速くて逃れねー。
こんな感じで相手を蹂躙していくためのビルドです。

※ このビルドはある程度用語が分かる人向けとなります。
長所と短所
の長所
- 1. ドラゴンフォーム[R]での存在感、時間限定の火力上昇が厨二感あって、たまらなく好き(男心をくすぐる)
- 2. [W]により張り付き力が高い、殴り合いで負けない
- 3. [R]→[E]→[Q]で戦闘開始時のバーストがかなり高い
- 4. 継続ダメージが凄まじくライフスティールガン盛りなので長時間継続して戦闘できる。
- 5. 火力上昇時間をできるだけ継続させるビルドであるため、高火力AOEスキルの[E]を連発できる。
- 6. プッシュが早く、サイドレーンを押しての中盤以降の小規模戦がとても強い
- 7. [R]がクールダウン制ではないため、場合によってはかなり早く再発動できる

の短所
- 1. CCが[R]の微妙なノックバックしかない
- 2. [R]がない時弱い、上とかぶるがCCがないので集団戦で何もできない
- 3. 超火力orスケールチャンプorステータススティール等には正々堂々の殴り合いで勝てない
 (正々堂々でなければ勝てたりする)
サモナースペル
基本は テレポートと フラッシュの組み合わせ。
ただボロ勝ちが見込める時や、集団戦で影響力を出したいなら フラッシュの代わりに ゴーストもあり
迷った時は テレポートと フラッシュの組み合わせが無難に強いです。

テレポート
再序盤はあまり強くないのでアイテムを買ってすぐに復帰、サイドプッシュからの集団戦参加など
いろいろな用途に使えるため、TOPシヴァーナには必須のサモスペです。

フラッシュ
こちらも汎用性の高いサモスペ。
シヴァーナは移動速度は速いものの、
ガンクがきたときの緊急逃避が[R]しかないため、持っておきたいスペル
また高いバーストで後ろに控えたキャリーを葬るためにも使える

ゴースト
敵をキルアシストすると効果時間が伸びる効果が追加されて以降、
チームファイトが長引けば長引くほど、効果を発揮するようになりました。
常時高い移動速度で敵を逃さずひたすら殴り続けれるという点は
かなりこのビルドにマッチしています。

が、小規模戦やレーン戦では フラッシュに軍配が上がります。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

スキルオーダーは [R] > [E] > [W] > [Q]
ハラスや序盤のCS取り、[R] の高いバースト確保のため基本的に[E]を上げる。
またスキル構成とアイテムビルド的にADとAPのミックスダメージを与えることができる。


Passive
シンプルな防御系パッシブスキル。
・ドラゴンへのダメージ20%UP
・ARとMRが5ずつ増加(金額にすると375G分の価値)
・自分チームがドラゴンを1キルするごとにさらにARとMRが5ずつ増加

ドラゴンを倒した数によって効果が発生するものなので、後半になるにつれスケーリングしていくスキル。
ドラゴンへのダメージ効果はTOPからだと干渉し辛いため生かせない。
ちなみに終盤で3体キルすることがあれば1500G分の価値を発揮するパッシブとなる。


[Q] ツインバイト
2連続の通常攻撃を行うスキル。ただし2発目のダメージはスキルレベルによって上がっていく。
CS取りやショートトレード、タワーへの攻撃など汎用性は高い。
通常攻撃をするとCDが回復していくので、CD気にせずドンドン使っていけるスキル。
AA > QによるAA(2連撃) とすることでAA3発分(威力は減少)の攻撃を瞬時に叩き込める。
中盤以降で 王剣を持っていればAA効果が3発分発生するため意外とダメージが出る。

[R] ドラゴンフォーム中の追加効果
対象に攻撃した際にその周囲にいる敵にも同様にダメージを与えるAOEスキルに変化する。


[W] バーンアウト

自分の周りに炎を展開して1秒毎に魔法ダメージを与えるスキル。また通常攻撃に追加の魔法ダメージが乗るようになる。
発動中は移動速度が増加し、徐々に下がっていく。
通常攻撃をする毎に効果が延長し、ダメージや移動速度上昇時間が伸びる。
ダメージが特殊でADを上げると魔法ダメージが上がるという計算式を持つ。

本ビルドではできないがクールダウンを40%積めば、ほぼ常時展開のスキルとなる。

[R] ドラゴンフォーム中の追加効果
範囲が拡大(1.1倍くらい)あまり変化は感じられない。

[E] フレイムブレス
ノーコストで打てる遠距離ハラススキル。大体1割りくらい削れて、かなり使い勝手がいい。
このスキルがあるおかげで序盤ダメージ負けしないのと、最序盤勝てない相手にはこれでCSを取ることになる。
また追加効果があり、Eを受けた敵に通常攻撃すると体力比(3.75%)のダメージを与える。
こちらもダメージ計算が特殊でADとAPどちらを上げても魔法ダメージが上昇する。(ただしAPの方がレシオは高い)

[R] ドラゴンフォーム中の追加効果
ブレスが変化し、直撃ダメージ+しばらくフィールドが炎上して範囲ダメージを与える。
・直撃ダメージ:約2倍のダメージに変化
・フィールドダメージ:0.5秒の8回ダメージ。全て当たると直撃ダメージと同じくらいのダメージが出る。
敵のキャリーにしっかり当てたいスキル。このビルドでは大体4割くらい持っていける。

[R] 龍族の血統
ドラゴンフォームへと変身できるスキル。変身時少し先へブリンクでき、壁も超えれるので奇襲が可能。
AAレンジの増加、巨大化、体力上昇、少しの魔法ダメージと色んな効果が同時に発揮される。
めんどくさいので硬くなって攻撃力も上がるという雑な理解でOK

敵と戦う時は基本的にこの形態で戦う。発動可能状態になっていない間はひたすらミニオンや中立狩りに徹しよう。
フューリーが100貯まれば発動可能になり、AA1回毎に2溜まる。
もちろん [Q]を使えばAA2回分のフューリーが溜まる。

通常は20秒の発動時間だが、AA2.5回毎に効果時間が1秒延長できる。
そのため、でASも少しあげておくことで、強い状態を長い時間維持することができる。
立ち回り
序盤の立ち回り 〜Lv6まで
・ファーストアイテム
一択

・レーンでの基本方針
ショートトレード&ハラスです。
[E] のレンジとノーコストという利点で少しずつ攻めていき、AAを一回ずつし合うような超ショートトレードを繰り返しましょう。
こちらはルーンの 血の味わいにより [E] で20程度回復することができます。
そして[R] を覚えるまでは最後まで殴り合うというのは控えましょう。

・トレードが長引く場合
序盤強いチャンピオンでなければ 征服者を持っているので、意外と勝てたりしますが、
[E] をはずすと形勢が逆転するので戦う場合でも深追いしすぎないようにしましょう。
行くならLv2で [W] を習得している状態で、 [E] が当たった場合のみ攻めていきましょう。
[W] のおかげで非常に 征服者を発動させやすいです。相手が少しビビって安全にファームできる状況が作れたら勝ちです。

・再序盤のアイテムビルド
こちらが不利の時、 などの安めの防具アイテムをひとつ積んで、Lv6まで耐えましょう。
そのあとは を目指しましょう。もし序盤から圧勝できそうであれば、 を目指してください。

レーン戦が終わるまで Lv6〜
・本格的な殴り合いの開始
[R]を習得したら、なるべく自タワーに引きつけ [R]を使って殴り合いましょう。
[R] > [E] > [W] でいくことで一気に体力を半分近く削ることができ、
そのままAA > QによるAA(2連撃) で 征服者を発動させてひたすら殴り合いましょう。
ほぼ勝てますし、操作も簡単です。
自タワーに引き付けることで相手を追いかけれる時間を長くします。

またキルができなくてもOKです。
そのあとはヒューマンフォームの [E] をひたすら狙って、ジリ貧状態にさせてやりましょう。
敵がリコールしたら少しずつタワープレートを削って差をつけていきます。

レーン戦終了後 Lv11〜
大体この時間になれば こんな感じにビルドになっているかと思います。
この状態でmidへロームして、midのタワー折を手伝いましょう。
もちろん [R]がない時はプレッシャーがないので、大人しく中立かミニオンを狩ましょう。
相手の中立狩りつつオブジェクトを意識して、小競り合いを起こしましょう。
ドラゴンやリフトヘラルドなどシヴァーナ一人で余裕で狩ることができるので、小競り合いして生き残り、狩るというのを繰り返すイメージです。
シヴァーナは戦闘に正面から入るのではなく戦闘が開始した後すぐ横あたりから [R]で入っていくのが強いです。
シヴァーナの [R]中の [E]が超火力であることを大体のプレイヤーは分かっているので、下がられます。
なので開戦してから入っていき、なるべく敵に逃げられないようにしましょう。

バロン出現以降
本格的に集団戦が始まります。
[R]がより重要になってくるタイミングなので、しっかり溜めておくこと。
集団戦が始まったら敵のキャリーへ飛び込んでバーストを叩き込みましょう。
豆知識として [R]中の [Q] はAOEとなるのでキャリー自身を狙えなくてもその近くにいる敵を殴ればOKです。
キャリーさえ落とせたら武器と防具とライフスティールを盛り盛り積んだドラゴンを落とすことはできません。
そのまま最後まで殴って、生き残りましょう。

執筆者

たいぬ

はまってるもの色々 ボードゲーム/FGO/LoL/ハースストーン/バドミントン/海外ドラマ 絡むの好きめ、ほぼフォロー返します。ゆで卵剥くのが得意です


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!