ビルドガイド: ブランド - Brand

ブランド: ブランドサポート、ビルドは多様性

執筆者: KuLaN (最終更新日: 2023-02-03 03:28:12)

545   0

3
0
100%
トップページ > ビルドガイド検索 - ブランド > 【ビルドガイド】ブランド: ブランドサポート、ビルドは多様性
本ビルドガイドは様々なビルドに対するガイド

兼 私のメモ帳です。

ルーン

魔道
秘儀の彗星
マナフローバンド
至高
追火
天啓
魔法の靴
先行投資
スキルヘイスト +8
物理防御 +6
魔法防御 +8

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


ベースビルド

最終ビルド

イントロダクション
ダイヤ1~3辺りのプレイヤーです。
シーズン3の終わりからブランドサポートをやり始め、今に至ります。
S12は一応サブ垢だけ瞬間最大風速ですがマスターでシーズンを終えました。

非常にビルドの幅が広く、楽しめるチャンプだと思いますので、それぞれ紹介したいと思います。
長所と短所
の短所
- 1. やわらかい
- 2. 対策が容易
- 3. CCが貧弱
- 4. 射程が中途半端

メイジサポとして、レーンはなるべく勝たないといけませんが、「対策が容易」なことが高レートになるほど勝ちにくさにつながっています。
また「射程が中途半端」なため、他のメイジサポートにポーク合戦は勝てません。
微妙な射程ので真ん中に敵を捉えるために距離を詰めると、相手にキャッチされるリスクが常に付きまといます。
を見てから前に出るルシアン、ドレイブン、カリスタみたいなのに絡まれるとすぐ死にます。
だけでは火力が足りず、これも外すと完全に詰むため、常にワンミスでゲームが壊れます。
これは集団戦前や、集団戦でも同じです。
ポークするために前にでてキャッチされたり、集団戦でスキルを外して爆発せずといった展開が普通に起こります。


の長所
- 1. パッシブによる持続ダメージ
- 2. 集団戦のキャリー力
- 3. 相手が弱いと強い
- 4.射程が中途半端

持続ダメージによってさまざまなアイテムとの相性が良いです。
またAoEが多いため、集団戦で全体にダメージを出せること、相手が下手だとポジショニングの甘えが多くなり火力を発揮しやすいです。
そして「射程が中途半端」なことは集団戦で最前線に参加しやすく、その分選択肢が多くイニシエートをこなしたり相手の一瞬の甘えで全体を焼き尽くすことが可能になります。
この点が他のロングレンジのポークメイジサポと比較した短所であり、長所でもあるのです。
サモナースペル
フラッシュ
ほぼ必須。
持たないケースはわからない。

イグゾースト
基本これ。
イグナイトを持つ方も多いかと思いますが、個人的にはイグゾーストの方が強いです。
イグゾーストのスローのおかげでスキルを当てやすいことや、多くAA出せることを考えると殴り合いにおいてはダメージも上がります。
そして相手が近寄りすぎた際に堂々と真正面から歩いて行って のコンボが出来ることで無理やり敵を殺しに行けます。
このコンボが非常に強力で、フラッシュを見てからを打てたり、相手サポがフックやボディブロックしに来た際は二人の距離が近くなり
イグゾーストのダメージ減少のおかげで相手のワンコンを耐えたうえでこちらの火力を出し切れるため、ダブルキルに繋がりやすいです。
相手はブランドがやわらかいためバーストで落とそうとするので余計に刺さりやすいです。
さらにアサシンに対する耐性や、ピールのしやすさもありますので攻防一体のスーパーサモナースペルです。

イグナイト
相手がイグゾーストかけに行ける距離感でない場合や、アサシンがいない場合、相手の前衛がタンク1のみなど、イグゾーストがあまり効果的でないかつ、レーンでイグナイトの方がキルが取りやすいケースに持ちます。
例えば相手がロングレンジのメイジサポの場合、敵ADCとSUPの距離が遠くなりやすく、単体でどちらかを落としきる展開が増えます。
相手のスキルを見てから密着フラッシュインする場合はイグゾーストがなくてもから相手がフラッシュで逃げ切れないので
こういう場合は単体バーストのためにイグナイトはありです。
また、ADCがクレンズを持っている場合ADCをキルするのは難しくなりますが、その場合ヒールがないため余計に相手のサポートをキルしやすくなります。
基本的にヴェルコズやゼラスのようなロングレンジにはブランドは大変つらい展開が多いため、イグナイトで殺して耐えるという展開を狙いたくなります。
あとは重傷を持ちたくないけど相手にブラッドがいるとか、そういうケースでも持っていいと思います。

バリア
ブランドの射程的にイグゾーストやイグナイトが発動しやすいため、バリアを持つならイグゾーストの方が汎用性も高く強いと思います。

スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

スキルオーダーは状況に合わせて、もしくは個人的な好みでなんでもいいと思っています。
ビルドとマスタリーに合わせて調整します。

Q上げ
純粋にスタンをばらまきたい場合や、相手にメレーが多い場合、レーンでQポークしたい場合に上げます。
レーン負けてて前出れない状況で、ゾーニングしてくるレオナやノーチなどにマナ消費の少ないQを振りまくるという状況がたまーにあります。
ただし滅多にQ最速上げはやりません。私の場合は200試合あって1試合あるかないかくらいです。
Qはマナ消費が50固定でCDも減少するため、Q上げがゲームを捨てているほど悪いわけではありません。
ただしルーンは彗星やグレーシャルが合うと思います。

W上げ
基本です。
普通であればこれで相手を削っていくことになります。
ただ育っているときに後衛ミニオンがW1発で死んでしまうことがあります。
こうなると後衛ミニオンからの拡散Eでクリセプを当ててのキャッチがやりにくくなりますので
EW上げにしたり、調整で途中に少しだけEに振るなどもありです。

E上げ
確実に当てられるスキル、CDもLv1では12秒(Wは10秒)ですが、Lv5で8秒(Wも8秒)になるためW上げよりも全体のスキル回転率が上がります。
また拡散する都合、敵を炎上させることを最重要視する場合はE上げが選択肢に入ります。
後衛ミニオンをひっかけたからので敵のADCとSUP二人同時に削れることがあるのもよいです。
(Wは大体一人にしか当てられない)
スキルの回転を意識する場合、の次は 上げもよいです。
この場合は火力が下がりますが、ビルドやマスタリーによっては合います。
実際韓国のグラマス帯にいるブランドサポートの方で、EQ上げのグレーシャル使いがいました。
クリセプ→CDR靴で安く安定したCCバラまき要員として活躍できますが、私もかなり試してみた結果、味方がダメージを出せる前提の高レートでないと弱い可能性があります。
アイテム
それぞれアイテムの説明をします。


ブランドの超基本アイテム。
特に理由がなければこれ初手が安定します。安いから。
安い、安すぎる、コスパが良すぎるので多少レーンをこけたところでこれが買えないことはほとんどありません。
魔法の靴や先行投資、貪欲な賞金首狩りなどでゴールドブーストすることでより安定して買えます。
スロー効果により、スキルの当てやすさ(キャッチのしやすさ)、間合いの取り方、味方のダメージの出しやすさが簡単になるため
実際かなりの火力アップが見込めるのに、2600gは現状壊れているレベルで安いです。
クリセプの効果も強いですが、素材のが強いです。
のおかげで相手の無理なフックから反転で殺せたり、イグゾーストと合わせて無理やり当たりに行ったりできます。
特にレオナやノーチラスのようなチャンプ相手の時、当たられてから反撃する体力が残るため強いです。
レベル6以降はRを密着して打ちに行く際にの有無で楽さが全然違うため、よりも先に積みます。


それぞれミシックアイテムについて積む状況とアイテムの説明をします。

帝国の指令
・それほどお金を持っていない
・HPが欲しい
・ダメージも欲しい
初手クリセプに行く場合、2コア目はかなりお金が入ってる状況じゃないとなかなか完成しません。
その点帝国の指令は安く、クリセプとのシナジーでダメージもそこそこ出せて、自分と味方のMSにもなるためチーム全体の火力に貢献できます。
ただし、その分味方がダメージを出せる前提の部分もあるため、自分以外育ってないような状況では微妙です。
3コア目は微妙に足りない火力を足すためのヴォイドスタッフ、重症のモレロノミコン、何積んでも勝てるorお金がない場合のウォッチフルワードストーンの3択が基本になります。
いずれにしろ帝国の指令ビルドは安く安定しやすいため、自分にお金が集まりにくく、味方がうまくなる高レートほど効果的になるかと思います。

ライアンドリーの苦悶
・自分でダメージを出してキャリーしたい
・まあまあブランドがお金を持っている
・マナが欲しい
・相手がブランドを簡単にキルできる状況でない
多くの人がこれを選んでいると思います。
因みに私はあまり積みません、理由はみんな積んでいるから・・・(OTP思考)。
単純な集団戦のダメージの出しやすさならこれなので、安定といえば安定ですが、クリセプより前の1コア目に積む場合は
HPがない上、MSも早くならないため立ち回りが難しくなるので注意です。
逆に、ワンコンだけして死ぬみたいな状況にしかならないなら割り切って積むのもありかもしれません。
死ぬとしてもHP積んで2周スキル回したほうがダメージを出せるだろうと思っているのが、このアイテムをあまり積まない理由の大部分です。
ただし自分がダメージ出さないといけない状況では強力なアイテムです。

ルーデンテンペスト
・自分でダメージを出してキャリーしたい
・まあまあブランドがお金を持っている
・マナが欲しい
・MSが欲しい
ライアンドリーよりも単体ダメージが高くなります。(ワンコンでエコーが2回発動します)
HPが貰えませんが、エコー発動時にMSが貰えるため、立ち回りが少し楽になります。
バーストのために電撃などと合わせて使う際に、マナ関連のルーンを取っていなくてもマナが貰えるため気持ち楽になります。
個人的にはMSアップ効果がかなり助かるので、ライアンドリーよりもこっちのほうが好きです。
MSがなくても楽な編成であれば、素直にライアンドリーを積んだ方がミシック効果でスキルヘイストも貰えて簡単です。

エバーフロスト
・それほどお金を持っていない
・スネアが欲しい
・HPが欲しい
・マナが欲しい
スネア効果の価値が高い場合に積みます。
素材にロストチャプターを使用するミシックの中では安く、HPも貰えるためマナとHPどちらも欲しい場合は嬉しいアイテム。
例えば相手一人だけが気にかかり、CC繋げれば殺しきれるような場合は積みます。
ロスチャプ積んだけど火力出せるか微妙だなぁみたいな時は、CCを足せるこのアイテムを積むことが結構あります。
パイク相手にフック溜めてる最中にスネアしてスタン繋げたり、イレリアやゼドみたいな、スタンは当てづらいけどスネアは当てやすいタイミングのあるバーストチャンプがいるとかそういう場合です。

ナイトハーベスター
・自分でダメージ出してキャリーしたい
・HPが欲しい
・MSが欲しい
・積極的にキルを狙って行きたい
私が大好きなナイトハーベスター。
HP、MS、スキルヘイストが貰えるため、立ち回りがかなり楽になります。
初手に行く場合はヘクステックオルタネーター(HPとダメージの両立)を積めるため、レーンのキルが取りやすくなります。
電撃、ソーサラー靴、オルタネーターの三つでかなりのバーストが出るため、レーンからキャリーしたい場合はおすすめです。
ただしHPが貰える分、マナが貰えないため、マナフローバンドや冷静沈着と合わせないと一瞬でマナが枯渇します。
せっかくスキルヘイストが貰えるので、マナ対策のルーンは何か入れておきましょう。

ヘクステックロケットベルト
・自分でダメージ出してキャリーしたい
・HPが欲しい
・ダッシュが欲しい
・積極的にキルを狙って行きたい
これはかなりシチュエーションによります、MR貫通効果とダッシュ効果にどこまで価値を見出せるかです。
HPとダッシュで立ち回りはかなりやりやすいですが、玄人向きです。
クリセプと合わせると、アクティブのエネルギー弾にスローがつくため、かなりキャッチがしやすくなります。
このキャッチ性能アップを狙って積むものありですが、追う状況や先頭で戦うような形になるので、サポートブランドではほとんど積みません。
特に2コアシナジーを狙うにはかなり高価なので、サポでやるほどではないと思います。
逆にサポ以外で初手これ積むのは、結構たのしいです。

シャッタードクインクラウン
・あまりにも容易く訪れる死を拒否したい
私の考えだと現時点ではこのアイテムは非推奨です、弱いと思います。
まずブランドは射程が短めのメイジなので、相手のどうでもいいスキルに簡単にセーフガードが剥がされます。
他のミシックと違い、アイテム効果的にも圧倒的にダメージが出ないです。
しかもうまくセーフガードで粘れたとしても、それがどれだけチームに貢献してるかというと、微妙です。
ただただ死ぬまでの時間を少し伸ばしてるだけですね、これならもう少し頑張って砂時計でも積んだ方がいいんじゃないでしょうか。
ロストチャプターを積んだけどうまく行かなかった場合の苦し紛れの様なものです。(個人の感想です)
今のところノクターン、レンガーの様な対象指定で確実に飛びついて殺しに来るチャンプに一生カモられそうな時くらいでしょうか、使えるタイミングは。
ゼドとかは遠くから手裏剣でセーフガード剥がしてくる、タロンはウルトのステルス中にセーフガードを待たれるなど、アサシン相手に積むのはほとんど意味がないと思います。
ただし、古来より「何積んでも勝てるときは防具を積め」と言われている通り、そういう時は選択肢に入るかと思います。


その他のアイテムについて

モレロノミコン
よく積めと言われる重症アイテム。
でも、個人的には回復する前にバーストで落とした方が早い!というケースのほうが多いです。
弱いんですもん、このアイテム。(個人の感想)
それでも唯一ソラカが相手の時は安定して積みます、それ以外は状況次第です。
初手クリセプの場合、お金の都合2コア目にモレロを積みますが、その場合は3コア目は完成しない可能性が高いため
安い帝国の指令か、ヴォイドスタッフに行くことが多いです。
ブランドはクリセプさえ積んでおけばミシックは合ってもなくてもいいところがあります。
因みに忘却のオーブも基本的にはクリセプ完成してから積みます、序盤に積んでも対して軽減しないので。

ヴォイドスタッフ
基本的に3コア目はこのアイテムを積みます。
まあまあ安いことと、ブランドの割合ダメージとMR貫通効果は相性がいいと思います。
安さは正義ですね。
1コア目にミシック行く場合、2コア目ヴォイドが大体一番火力でます。(クリセプのスローなしでスキル当てられるならですが)
しかしライアンドリー+ヴォイドとかにすると自分が死にやすすぎて逆にダメージが出ない気もしますね。

悪魔の抱擁
持続ダメージがいっぱい出て見た目は面白いです。
でもダメージ出すならヴォイドのほうが安くてよいですし、HPが450貰えるところに価値があると思います。
少しHP盛りたいくらいならシャドウフレイムで良いです。
汎用性なら砂時計のほうが高いと思います。
そんな訳で、私は悪魔の抱擁はランクでは積んだことないかもしれません。
あったとしても本当に遊んでる時か、ノーマルでビルドテストする時くらいでしょう。

シャドウフレイム
相手がMR積んでない場合はHPも貰えて火力も出ます。
ただしそこそこ高価なアイテムなので、サポではあまり積まないです。
相手のHPの総量が低いうちに積んだ方が効果が出やすいので、初手シャドウフレイムからのルーデンテンペスト or ロケットベルトなどはかなりの貫通でバーストが期待できます。
因みに2コア+ソサ靴で相手のMR40で想定すると、最も火力が出るのはライアンドリー+シャドウフレイムです。

ゾーニャの砂時計
特定のカウンタープレイのために積みます。
しかし値段が高くなったため、積みにくくなりました。
初手ライアンドリーやルーデンテンペストのようなHPの増えないアイテムを積んだ際に、HPは割り切って相手のワンチャンプレイを防ぐために積むことがあります。
私はクリセプ信者なのでほとんど積まないです。
砂時計を積む際は大体3コア目なうえ完成しないことが多く、砂時計にいくと微妙に火力が足りなくなるので、他のアイテムを積み砂時計なしでも大丈夫なような立ち回りでなるべく何とかします(ただし試合が佳境だと最後の1枠にストップウォッチはよく買う)。
そのため、MSの上がるミシックアイテムが好きということです
ルーン説明
それぞれのルーンを紹介していきます。


秘儀の彗星
私の中で最も安定を取ったルーンです。
スローで回避しづらくなるためクリセプと相性もよく、を取れるため
マナやスキルヘイスト、レーンのダメージが維持しやすくサブルーンの自由度が高いです。


電撃
ランクを上げる際は好んでかなり使っていました。
レーン戦では高いキルポテンシャルを発揮できます。
パッシブのドットダメージが1回分、さらに最後の爆発も1回分としてカウントされます。
ブランド対策の甘い相手だと、ミニオンをひっかけたWを敵に当て、ミニオンにEをすることで電撃が落ち、2スタックの炎上ダメージで相手が削れるため
電撃上がるごとにこれをやっていればキルが取れます。
さらに初手ヘクステックオルタネーターと合わせるとより凶悪になるため、電撃ナイトハーベスターをよくやっていました。
オルタネーター、ソーサラー靴と積んでレーンでキルしまくってナイトハーベスターを完成させます。
ただし、マナが結構きついのと積極的にキルを狙う都合、サブルーンは冷静沈着とレジェンド強靭が安定です。
ナイトハーベスターはミシック効果でスキルヘイストが貰えますがマナが貰えないため、マナフローバンドより冷静沈着の方が継続戦闘に向きます。
相手のCCが特にない場合は強靭でなく最後の慈悲でも良いです。
ロストチャプターを積む場合はサブルーンは好みで良いかと思います。

魂の収穫
私は好きじゃありません。
ベストケースでは強いルーンだと思いますが、強い場面でとことん強くする選択肢であり、安定感は全くないと思います。
これなら電撃でレーン戦を安定させた方がよく感じます。
実際魂の収穫をランクで使ったことは全くと言っていいほどありませんでした。
ただ、魂を集めるのは楽しいです。強い弱いは置いといて楽しいルーンではあるので、好みで使っても良いと思います。
魂を積む場合はライアンドリーと合わせるのが良いです。スキル単発でのダメージに優れるのと、継続ダメージのおかげで魂が回収しやすいです。

グレイシャルオーグメント
如何に少ないゴールドでチームのために働くかを重視したルーンです。
高レートになるほど味方がしっかり仕事をしてくれることと、自分にキルが入る頻度が減ってくるため
魔法の靴、先行投資、疾駆から初手クリセプと合わせて、味方が動きやすくなるルーンとして選択できます。
このルーンを選択した際はキル拾えないことを想定してクリセプ、帝国の指令 or モレロノミコンが安定です。
ただしややバス乗りビルドで、味方がダメージを出す前提なところがあるので、レートが上がってこないと弱い可能性が高いです。
少なくともダイヤになるまでは電撃などで自らキャリーしたほうがランクは上げやすいかと思います。

ファーストストライク
すみません、これはノーマルでしかほとんど使っていないので大したことは書けません。
第一印象だと、若干火力が低いが、中盤以降そこそこ育っていると結構お金が稼げて強さを感じましたが
レーン戦が他のルーンに比べ弱い分キルが取りにくく育ちにくいことから、中盤に育っている状況が作りにくいため
魂の収穫同様ベストケースだと強いルーンになるかと思います。
あくまで使い込んでない状況での感想なので、また使ってみて思うところがあれば追記したいと思います。

立ち回り説明
レーン戦
正直、対面によって動きが変わるので状況次第なんですが、おおよそこういう形にできればよいという心得を書いていきます。
あとこれはランク上げの心得なんですが、レーンでキル譲れそうでも味方が信頼出来なきゃ譲る必要ないです。
ランクが上がるという事は、そのレートよりも自分が強くないといけないわけですが
それはつまりチームメイトは自分よりも下手ということですから、そんな人たちにキル譲る必要はなく、自分でキャリーすればいいという事です。
ブランドの場合は育てば集団戦が勝ちやすくなり、結局チームが育つので、1コア完成くらいまでは全く気にしなくていいと思います。
ただし中盤以降はキルが集まりすぎると相手のアサシンとかに即落とされてチームの火力がなくなるみたいな事が起きるので、活躍できる自信がないなら少し位譲った方がいいです。

ブランドはきつい対面が多いですが(というかほとんどの対面がきつく感じる)、私のブランドの評価は「相手が弱ければ強い」です。
どんな対面でも相手がミスすれば勝てるので、相性だけ見て最初からビビるのはやめましょう。
ヴェルコズ、パイク、ジリアン、カルマ、ゼラス辺りは相手が完璧なら100%勝てないと思ってますが、それでも普通にボコせる時もあります。
ブランドを使うからには常に相手を立ち回りで上回って勝つつもりでやりましょう。


ポークについて
・ミニオンを引っかけたWEコンボで相手チャンプに炎上2スタックを意識する
・上記ポークと同時にプッシュする
・プッシュ出来たら深めにワードを置く
基本的に、ミニオンをひっかけたWを敵チャンピオンに当て、炎上ミニオンにEして炎上スタックを2与えていきます。
電撃を持っているなら早めにEしないと発動しないので注意です。
そうでないなら、なるべくギリギリまで1スタックのダメージを待ってから、Eを打ちます。
この時出来ればファームを奪わないタイミングで行いたいので、ミニオンが流れてきた直後にHP満タンの後衛ミニオンを使えるのがベストです。
Wが当たって確実に2スタック貯められるタイミングなら、少しファーム奪ってでもEを撃っていいと思います。
1スタックと2スタックでは全然ダメージが違うので、本当に重要です、これでレーンのキル率がぐーんと上がります。
2スタックにしないと殺しきるまでにマナが足りなくなるという事もあります。
また、ミニオンを拡散Eでプッシュすることで深めにワードを置くタイミングが作れます
ブランドはGank耐性が低いので、深めにワードを置くことが重要です。
さらに相手のロームをなるべく防ぐという意味でも、タワー下までミニオンを押し込めたいです。
無理してミニオンをためる必要はなく、毎ウェーブ相手のタワーに当てられるとタワー下でのポークでキルが取りやすいので、有利を取れているならどんどんプッシュします。
ただし、WEを相手に当てられてないのに、プッシュにだけ使用するとマナがなくなるので注意です。
逆にこれが出来ないと
・安全に視界が取れないためGankされる
・相手のサポがロームし放題になる
・タワーダイブで殺される
ということになり、味方にUSELESSとかTRASHとか言われる可能性が飛躍的に高まります。
ADCとしてはEでミニオン燃やされるとCS取りにくいしめちゃくちゃ嫌がられますが、やらないと勝てない時があるのでやるしかないです。


集団戦について
これはビルドにもよるんですが、基本的に死なない様にスキルをたくさん撃ちます。
よくあるのは
・Wでポークしようとして前に出すぎてキャッチされる
・敵のアサシンに一瞬で落とされる
・スキルがなくて仕方なくいい跳ね方をしないタイミングでRを撃つ
この辺は本当に頻発するので、気を付けてください。
逆に、「今フラッシュインでスキルをぶち込めば最高のタイミングだ!」って時は絶対にしてください。
ブランドは「良いタイミング」が一瞬しかないことがかなり多いです、「歩いても間に合うかなあ?」なんてのはやめたほうが良いです。
どうしても敵のアサシンに一瞬で落とされて仕事ができない場合は、相手のアサシンが現れるまで集団戦に参加しなくて良いです。
アサシンがブランドを探してる時間は無力化できている訳ですし、速攻で殺されるよりはマシです。
ただし、集団戦になるべくすぐ参加できるように立ち位置は考えましょう。
Rについては、単発の威力はゴミなので、ゴミみたいな跳ね方しかしない時はもう撃たないでいいです
あとは間合い管理が重要なのですが、これは経験がものをいうのでひたすら練習するしかありません。

ちなみに私が集団戦で一番気を付けていることは以下の点です。
・集団戦中にちゃんと目を動かせていたか(3体以上のチャンプをしっかり目で追っていたか)
 (集団戦でコンボ中に自分がターゲットしてる相手以外を見れてなかったらだめ)
全体を見渡して、火力が出せて、死なないポイントを探しながら戦う事こそ、集団戦で最も重要です。
故にポジショングの取りやすいミシックが好きという事です。
ただし、最高のタイミングを見つけたら何よりも優先してぶっぱなしましょう。(死んでも気持ちよくなれるので)


その他
・レーン戦でワードを手を抜いて浅く置くのはやめましょう
・「味方のために」死ぬのはやめましょう、味方を助けに行くのではなく、基本はキルを拾いに行く
 寄れば助けられそうでも、安全に助けられる場合に限ります(視界のない森、相手の寄り等を考えて無理なく寄れる時、そのために相手が最後にマップに映った場所などを常に意識する)
・周りに味方がいる時はEQにこだわらずにWQでスタンしましょう(炎上Wを無理に狙わなくても味方がダメージを出してくれます)
・一人で視界を取りに行って死ぬのはやめましょう
コンボ説明
基本

E Q 
基本コンボ、炎上ボーナス付きのが当たるので最大火力

W 
長距離スタン、集団戦でE撃ちに行くと死ぬような場合や、キャッチを狙う時はこれ

Q 
スタンよりも火力を重視する時、でもあんまり使わない

Q 
Qのレンジの真ん中あたり、Eの外周くらいのレンジだと最速スタンが狙える
草の中とかだとE始動で相手に視界が取られるが、QEだとスタンと同時に姿が見えるので反撃されにくい
ただし、相手がこっちに向かって歩いてきてたり離れていってたりするとかなり失敗するので無理して狙うほどではない

W Q 
上のQEコンボにWを混ぜたコンボ、ただただ最速で3スタック貯められるだけ
Wよりも先にQEが当たるので炎上Wになるが、炎上時間が短いのでダメージは若干少ない


実際によくやるコンボ

E Q AA 
スタン後にAAを挟む
2スタックの時間を少しでも伸ばしてダメージを最大化するコンボ
相手のCC耐性が高いとAA出してる間に動き出してWを避けられることがあるのでそういう時はAAしない

R F Q 
Rを発動させてからフラッシュインして体を擦り付けるコンボ
ミニオンとか跳ねる対象がいない単体相手に使う
先にRを発動させることで、フラッシュインした先で相手の視界がなくなってRが1回不発になることを防止する
発動さえすれば相手が草に隠れようがステルスになろうが密着してれば跳ねるのでRから行ったほうが安心感がある
Eは状況に合わせて

F R  Q 
レーンで視界が取れてない隣の草に敵のサポがいる時とかに使う
フラッシュRしてイグゾーストで相手の出方を確認してからQを撃つ
最初にフラッシュをして密着状態からスタートした場合、相手がフラッシュしてもイグゾのスローも相まってRの範囲から逃げられないので
相手のフラッシュを見てからスタン出来たら最高
相手にブリンクがないことが分かってるなら即Qでも良いが、余裕があるならRのスロー効果中にちゃんと当てよう
Eは状況に合わせて

W Q 
ミニオン裏からWで炎上させて、Qモーション中にフラッシュしてミニオン超えて密着Qを撃つ
当然キルできるタイミングでのみ行う
Qモーション中にフラッシュするとフラッシュ直後にQが出るため、ほぼ確実に相手は反応できない
フラッシュ先のQはインジケーターの方向ではなく、最初にマウスで指定した地点に向かって飛ぶので斜めにフラッシュする際は注意

R Q E 
レーン戦で相手のADCサポがくっついてるときによくやるコンボ
Rでスロー中の相手にQを当てて拡散EとWを当てる
特に勝ってるときにレーンの上の壁や下の壁にくっついて前にでると、敵が距離を取りつつファームしたがって二人して反対の壁に近づくのでこのコンボを狙いやすい
Wで密着してる相手二人に炎上がついた場合に始まるWREコンボもあり
その場合は最初からRのスローが入るのでパッシブの爆発がお互いを巻き込む可能性が高まる
最後に
とりあえず自分の備忘録も兼ねて思いつくまま書き連ねました。
気が向いたらちょくちょく更新していくと思います。


このチャンプはミッドでも一応使えますし、ビルドも個性を出せるので結構楽しい方のメイジだと思います。
その分状況判断が難しいところもありますが、それが楽しいチャンプですので、興味のある方は是非一度手に取ってみてください。

執筆者

KuLaN

所属クラン min9
各種ID:KuLaN or Pochom3 or tokki009
LoLではブランドOTP(ブランドメイン)でサポートを生業としています。


コメント 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!