ビルドガイド: ヘカリム - Hecarim

ヘカリム: ジャングラーのためのへかりむがいど 6/12更新 パッチ6.11準拠

執筆者: にらとん (最終更新日: 2016-06-13 21:40:31)

5,401   0

20
2
91%
トップページ > ビルドガイド検索 - ヘカリム > 【ビルドガイド】ヘカリム: ジャングラーのためのへかりむがいど 6/12更新 パッチ6.11準拠
このガイドはバージョン 6.11.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 攻撃速度の印(III) 攻撃速度 +1.7%
    x 9
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 移動速度の神髄(III) 移動速度 +1.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


序盤に目指すあいてむ

序盤確定

フルビルド

ADC瞬殺したいとき

AP足りない!

味方のほかのキャラが固く相手がタンキーな場合

場合によって選択できるアイテム

最終ビルド

コンセプトなど
まず今回のビルドは金額効率を考えてつくられたもので、以下に序盤に育てるか、後半動けるか
というコンセプトでつくられています。

ガンクの仕方などは文章などでわかりにくいところもあるかもしれませんが、
使い込むことが大事です。
特に最近はゴーストのバフやトリニティの変更で環境も合ってきてる!!

まずマスタリーについて、ヘカリムで大事なのは移動,クールダウン、バーストですが、総合的に真ん中が一番適しています。
タンクよりにする場合は右列もありですが、キルを増やすためにも火力重視がおすすめです。
左は魅力的なものもありますが、持続的な火力をふやしても序盤はやわらかいため、キルがとれない可能性もあるため、真ん中安定です。
またストームライダーためしましたが、序盤から発動させるための条件が満たせないことがあることから難しかった...。
相手にスローが多くある場合などはささりますね。

またクールダウンについては45にするか、ハイブリッド気味になることからペネトレーションもありです。
ただし、ペネトレーションとるならルーンも赤をハイブリッドにしましょう。

またASについて、ジャングルをまわりやすくするために採用していたのですがトリニティで強化されるASと相まっていいかんじに
相手にムンドやタムケンなどヘルスゲーになる場合は王剣もあり!
マスタリー調節など必要となることはありますが参考までに



エンチャント理由
よくランクで言われるのが「なんでap?」
ですけど、移動速度の増加がかなりでかいため考案したものです。パッシブの増加もあり、Eと合わさることでかなりAD火力もでるため、ハイブリッドダメージのビルド構成です。 またapレート1.0のUlt+エコーパッシブ+サンダーロード+Q+E+W(Wはダメージはあまりでないけど)
またウォーリアーはクールダウンが他のアイテムで十分になること、マナ持ちが悪いため除外
シンダーハルクも強さは見えますが、ダメージ量がでないことから除外
マナ持ちとジャングル速度、ガンク時のバースト、序盤の圧倒的ダメージという点でエンチャントエコーを選択してます。

サンダーロードもEがあたるならQWで確定発動するため、ジャングルアイテム>靴までできていればADCやMageは半分消し飛びます。ULT込みなら7割もっていけるため、序盤HP低いところになぐりにいきましょう。

またこのビルドでMSが通常時450程度。ドラゴン込みで480超えたり。E使うと600こえるためUlt込みで逃げも容易なためサイドプッシュも得意です。デッドマンプレートも相手がAD多い場合はかなり有用ですね。早くなるし痛いし。

序盤のやわらかさは通常時より目立ちますが、ありあまる機動力は唯一のもの。
クールダウンも合わさってガンク回数をかせぎ20GGを狙うのが目的です。

ただしジャングルに何度もはいられ、最序盤が辛いときは防具を積みにいくことをおすすめします。(サンファイヤ、ソーンメイル、またはビサージュなど)金額効率がよい防具でなんとか耐えましょう。

またレートゲームでも集団戦の真ん中にいるときの存在感は高いです、うまくUltで敵を味方の目の前につれていき、Wを展開できれば仕事は遂行できます!
また孤立したキャラを追う力もありますので、機動力と理不尽さをみせつけてやりましょう。

また万が一レートゲームになった際、最後にタイタンハイドラをつむことでより早急なキャリーの暗殺(E+Q+W+TF+タイタンハイドラパッシブ+エコー+サンダーロード)も可能です。持続火力も追加されるため単に防具にすすむよりも行えることが多くなります。
またダスクブレードもMSアップ+ダメージ増+パッシブにて暗殺に向くために選択肢として覚えておきましょう。
スキル
なぜQ上げかについて、ジャングル周回速度、ダメージ等考慮すると期待値では随一のためです。

Eについてはガンク時のダメージが高く、相手の計算を狂わせるほどのバーストがでます。

Wあげをおこなうとヘルス回復をより行えるようにはなりますが、チャンピオンと戦う際には上限が反映されないため1で大丈夫です。
不安なら2まであげる程度でいきましょう。


またEの使い方について、
ノックバック距離が大幅に増えました。そのためガンク時に陣地側に押し込むように使うことで相手に序盤のフラッシュ使用をうながせます。

またタワーダイブする際も一気に駆け抜けるようにつかうことで瀕死の相手であれば1回のタワーダメージでおさまることも、、、、

eでタワーダイブ>ultでタワー外へ逃げるという手段なども効果的ですが相手のフラッシュやブリンクも計算していきて帰るようにしましょう
gankの仕方について
レベル3時の1vs1は平均レベル、特段強いわけではないですが、2vs1、2vs2となると強さが際立ちます。

特にEの変更でノックバック距離が大幅に伸びたので味方側に押し込むことでフラッシュを使わせる確立もあがります。

相手を追い越し>味方側にノックバック>フラッシュした相手をゴースト込みでおいかけてキル

上記流れが理想です。

またSheenができてからはADCやmageだと、
サンダーロード込みでULTなしでHP半分もっていけます。(同程度に育った場合と過程ですが。)

そのためキルをとれずとも対面を楽にさせる意味でのガンクもおすすめします。

またガンク時にULTスタートはおすすめしません。貴重な超射程追いスキルのため、Eで入る>フラッシュ使用した相手を追いかけ味方側に押し込みという流れが理想です。

最後に
ヘカリム自体について弱点があります。それはスキル火力が他キャラとくらべると伸びないため、同程度の育ち方だと大半のチャンプに1vs1で勝てないというところです。
そのため金額効率を重視し、弱い時間を減らす目的で考案したものです。

またこのビルドはヘカリムを使い続けて環境に適用できるように考案したものではありますが、
その分ガンクでキルを取りお金を稼ぐこと前提のビルドでもあります。

ぼくが使用した約2000回という数字に信憑性をもたせるわけではないですが、ヘカリム愛好者の考えついた1つの到達点としてみていただければと思います。

参考までに試合結果


ガンク=成功という場面をつくれると強いですね!

執筆者

にらとん

いろんな


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!