ビルドガイド: ヘカリム - Hecarim

ヘカリム: ジャングラーのためのへかりむがいど7.16準拠

執筆者: にらとん (最終更新日: 2017-08-18 14:50:31)

9,397   2

36
3
92%
トップページ > ビルドガイド検索 - ヘカリム > 【ビルドガイド】ヘカリム: ジャングラーのためのへかりむがいど7.16準拠
味方に依存というより自己完結して、ガンカーとして働くためのビルドガイドです。

ルーン

  • 攻撃速度の印(III) 攻撃速度 +1.7%
    x 9
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 7
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 移動速度の神髄(III) 移動速度 +1.5%
    x 3
  • 伸びゆく魔法防御の紋(III) Lv毎に魔法防御 +0.16(Lv18で +3)
    x 2

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


序盤に目指すあいてむ

序盤確定

目指べきビルド

タンクよりがすきな人

場合によって選択できるアイテム

最終ビルド

コンセプトなど
今回のビルドは金額効率と時間帯による強みを考えてつくられたもので、以下に序盤に育てるか、後半動けるか
というコンセプトでつくられています。

ガンクの仕方などは文章などでわかりにくいところもあるかもしれませんが、
使い込むことが大事です。

まずマスタリーについて、ヘカリムで大事なのは移動,クールダウン、バーストですが、総合的に真ん中が一番適しています。
タンクよりにする場合は右列もありですが、キルを増やすためにも火力重視がおすすめです。
左は魅力的なものもありますが、持続的な火力をふやしても序盤はやわらかいため、キルがとれない可能性もあるため、真ん中安定です。
またストームライダーためしましたが、序盤から発動させるための条件が満たせないことがあることから難しかった...。
相手にスローが多くある場合などはささりますね。

またクールダウンについては45にするか、ハイブリッド気味になることからペネトレーションもありです。
ただし、ペネトレーションとるならルーンも赤をハイブリッドにしましょう。

装備でルーンの分無駄になるやん!って意見について
ガンク回数を少しでも稼げることが大切とおもっているのでぼくはこれで安定してます
クールダウン以外につかってもよいと思います

またASについて、ジャングルをまわりやすくするために採用していたのですがトリニティで強化されるASと相まっていいかんじに
ヘルスゲーになる場合、かつタンキーな味方が多い場合は王剣もあり!
マスタリー調節など必要となることはありますが参考までに



エンチャント理由
よくランクで言われるのが「なんでap?」
ですけど、移動速度の増加がかなりでかいため考案したものです。パッシブの増加もあり、Eと合わさることでかなりAD火力もでるため、ハイブリッドダメージのビルド構成です。 またapレート1.0のUlt+エコーパッシブ+サンダーロード+Q+E+W(Wはダメージはあまりでないけど)
またウォーリアーはクールダウンが他のアイテムで十分になること、マナ持ちが悪いため除外
シンダーハルクも強さは見えますが、ダメージ量がでないことから除外
マナ持ちとジャングル速度、ガンク時のバースト、序盤の圧倒的ダメージという点でエンチャントエコーを選択してます。

サンダーロードもEがあたるならQWで確定発動するため、ジャングルアイテム>靴までできていればADCやMageは半分以上消し飛びます。ULT込みなら10割もっていけるため、序盤HP低いところになぐりにいきましょう。

またこのビルドでMSが妖夢まで積めると500程度。ドラゴン込みで500超えたり。E使うと800こえるためUlt込みで逃げも容易なためサイドプッシュも得意です。相手がADが多いならデッドマンプレートも相手がAD多い場合はかなり有用ですね。早くなるし痛いし。

序盤のやわらかさは通常時より目立ちますが、ありあまる機動力は唯一のもの。
クールダウンも合わさってガンク回数をかせぎましょう。

ただしジャングルに何度もはいられ、最序盤が辛いときは防具を積みにいくことをおすすめします。(サンファイヤ、ソーンメイル、またはビサージュなど)金額効率がよい防具でなんとか耐えましょう。

また孤立したキャラを追う力もありますので、機動力と理不尽さをみせつけてやりましょう。

また万が一レートゲームになった際、早急なキャリーの暗殺(E+Q+W+TF+エコー+ダスク)
集団戦の離脱→E上がり次第HP低いやつをとるといった
少し変わったアサシン気味にうごく必要があります。タンクとして働くには役不足なスキルセットなので、スキルセットをフルに活用して動けるのが強みです。


スキル
なぜQ上げかについて、ジャングル周回速度、ダメージ等考慮すると期待値では随一のためです。

Eについてはガンク時のダメージが高く、相手の計算を狂わせるほどのバーストがでます。

Wあげをおこなうとヘルス回復をより行えるようにはなりますが、チャンピオンと戦う際には上限が反映されないため1で大丈夫です。
不安なら2まであげる程度でいきましょう。


またEの使い方について、
ノックバック距離が大幅に増えました。そのためガンク時に陣地側に押し込むように使うことで相手に序盤のフラッシュ使用をうながせます。

またタワーダイブする際も一気に駆け抜けるようにつかうことで瀕死の相手であればタワーダメージ受けずに済むこともあるくらいです

eでタワーダイブ>ultでタワー外へ逃げるという手段なども効果的ですが相手のフラッシュやブリンクも計算していきて帰るようにしましょう

スキルの順番>
Eで入る>QWAA>相手ブリンクやフラッシュつかったあとにRが安定してます。Rインもつよいのですが逃げる手段がなくなる、ブリンク等に弱いので残しておくほうが有用になることがおおいです。

gankの仕方について
レベル3時の1vs1は平均レベル、特段強いわけではないですが、2vs1、2vs2となると強さが際立ちます。

特にEの変更でノックバック距離が大幅に伸びたので味方側に押し込むことでフラッシュを使わせる確立もあがります。

相手を追い越し>味方側にノックバック>フラッシュした相手をゴースト込みでおいかけてキル

上記流れが理想です。

またSheenができてからはADCやmageだと、
サンダーロード込みでULTなしでHP半分もっていけます。(同程度に育った場合と過程ですが。)

そのためキルをとれずとも対面を楽にさせる意味でのガンクもおすすめします。

またガンク時にULTスタートはおすすめしません。貴重な超射程追いスキルのため、Eで入る>フラッシュ使用した相手を追いかけ味方側に押し込みという流れが理想です。

集団戦の仕方
味方にタンクがいる場合>
後から集団戦にはいり、キャリーにフルスキル
(Rはとどめ、入り方が微妙になってしまった場合は逃走用につかいましょう
キャリーを殺せたら集団戦離脱>Eがあがり次第また入るというような動きが理想です

タンクとしてうごく場合>wをつかって目の前の敵をみんなと殴るイメージで動き、
体力が低くなれば離脱>Eで再度入る
という感じに進むとスムーズになることが多いです

臨機応変にうごけるまでは上記を基本に、
スキルレベルと装備を参考にダメージ計算しながらうごけると良いかんじにうごけるかと
最後に
ヘカリム自体について弱点があります。それはE以外のスキル火力が他キャラとくらべると伸びないため、同程度の育ち方だと大半のチャンプに1vs1で勝てないというところです。

またこのビルドはヘカリムを使い続けて環境に適用できるように考案したものではありますが、
その分ガンクでキルを取りお金を稼ぐこと前提のビルドでもあります。

ヘカリム愛好者の考えついた1つの到達点としてみていただければと思います。

ガンク=成功という場面をつくれると強いですね!

執筆者

にらとん

いろんな


コメント - 2件
1.
なま 登録済みユーザ
2017-04-29 07:40:38
才序盤のjgの回り方をおしえてほしいです。
2.
にらとん 登録済みユーザ
2017-05-01 22:57:11
最序盤は、
青側>赤 レイス(スマイト) ウルフ>リコール
ジャングルアイテム追加>ライフ余裕あれば600円までためてハンターポーション

赤側>青 ウルフ 鳥(スマイト)または赤(スマイト)>可能ならガンク 微妙ならリコールが安定です

赤バフスタートは基本ライフきつくなるので、カウンターガンクうけないように注意してライフ低い状態で無理に狩ろうとしないと安定すると思います。

装備さえととのえば火力かなり出るキャラなので、序盤は耐え忍びましょう!

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!