ビルドガイド: オレリオン・ソル - Aurelion Sol

オレリオン・ソル: 支払いは私が、名前はパンテオンだ。初めの文字はパンツのパだ(Mid Lane Guide Ver.Patch6.10)

執筆者: くまひげ (最終更新日: 2016-05-29 15:08:23)

3,370   1

13
1
93%
トップページ > ビルドガイド検索 - オレリオン・ソル > 【ビルドガイド】オレリオン・ソル: 支払いは私が、名前はパンテオンだ。初めの文字はパンツのパだ(Mid Lane Guide Ver.Patch6.10)
このガイドはバージョン 6.10.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 移動速度の神髄(III) 移動速度 +1.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタートアイテム

最初のリコール

三種の神器

最終ビルド

イントロダクション
はじめまして、くまひげと申します。
Season6に入ってから実装されたこの細長いドラゴンですが、日本サーバーでは使用率が低いように思えます。
私のRateでは使用されていないだけかもしれませんが、独特なPassiveにダメージの大部分を依存するこのチャンピオンは
操作難度が高く感じ、取っ付きづらいと感じる人が多いと言うのも事実かと思います。

確かに彼は他のチャンピオンと同様に動かしてもBushから尻尾が丸見えのデカイ蛇でしかありませんが、
いくつかのコツを知ることでサモナーズリフト全域を支配するスタードラゴンとなることが出来ます。

アイテムを買う度にこの偉大なスタードラゴンに金を払わせるのか?と言わんばかりの態度を取ったり
どうしても金を払うのならとターゴンとパンテオンに支払いをツケようとする。
偉大で親しみやすい、輝くスタードラゴン。

本ガイド読んで「一度触ってみたけれど、使い辛いから」と敬遠された方に、もう一度そんな彼を使う魅力を知って頂ければ幸いです
長所と短所
長所
- 1. で継続的にダメージを出す事で生きている限り影響力を行使出来る。
- 2. のPassiveとActiveによる極めて高い遊撃性能。
- 3. という二つのCCによりPeelもGankも強烈。

短所
- 1. Bushに隠れていてもバレバレ。(対象指定スキルの回避は他のチャンピオンと同様に出来る)
- 2. の内側に入られると攻撃手段が しか無い。
- 3. の特性上、マナ管理が難しくすぐに枯渇する。
サモナースペル
========
バリア
CDが短くなった事もあり、生存時間=火力とも言える にとっては基本になるサモナースペルです。

フラッシュ
詳しくは後述しますが、自身の位置の調整がこのチャンピオンの巧拙のすべてと言っても過言ではないので、
フラッシュは必ず必要になるでしょう。

テレポート
があるのであまり必要ありませんが、相手がこちらと同等かそれ以上のPush力を有している場合には選択肢に入ります。
ルーンとマスタリー
ルーン選択

Mage用の汎用ルーンセットとして
赤  魔法防御貫通*9 黄  物理防御*9 青  魔法防御*9 紫  魔力*3

これでも大きな問題はありませんが、オレリオン用のセットアップとしては

赤  魔法防御貫通*9 黄  物理防御*9 青  魔法防御*9 紫  移動速度*3

紫を移動速度に変えただけですが、Wを何回当てたかがダメージ量となってくるので、足の速さは魔力を積む以上の価値があります。

マスタリーについても同様の方針として等、Push力、移動速度を主眼に選択するのがオススメです
スキルオーダー
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

優先してあげるのはWです。
その後は多くの場合Qを上げてスタン時間を伸ばし集団戦に備えますが、
他のレーンが押されまくっている場合にはEを少し上げて両サイドに早い段階で影響力を出していく方法もあります。


ここからスキルの使い方の解説になります。

星の胎動
のんびりした弾速のCC付き方向指定スキルです。
準備なしで撃ってもまず当たらないので、当たる状況から作る必要があります。
Eを使用中にも撃ち出す事が可能なので、最初にEを使い、向かう先へQを撃つ事で核を大きくすることが出来ますが、
実は大きさはダメージにもスタン時間にも関係なく、単に当たり判定が広がるだけですので、
大きくすることにこだわって遠すぎる場所から撃っても無駄になる場合の方が多いです。

星域拡大
ダメージのほとんどをこのスキルに依存します。
オレリオン・ソルを使う上でダメージが出せないと言う人は、このスキルの有効範囲を把握していない事が原因です。
Active時の有効範囲は通常攻撃の射程とほぼイコールであるため、通常攻撃が当たる距離感を掴んでしまえば、
効率的にダメージを与えることが出来るようになります。
尚、このスキルはKnockup、Stan、SilenceによってPassiveとしての効果すら消滅し、ActiveもCDになってしまいますので、
それらのCC持ちの相手には注意しましょう。

伝説の彗星
遮蔽物無視の長距離移動スキルでありながら、CDがわずか60秒~40秒という破格の性能を誇ります。
もちろん弱点があり、
1.使用する条件として宇宙速度のスタックが100必要である。
2.敵チャンピオンかタワーに攻撃されるとスタックが0になる。
3.飛翔中にAoEの上( の沼や のUltなど)を通っただけでも墜落する。

これらの弱点が他の移動系のスキルと差別化されていると言えるのでしょうが、特に戦略性極まるプロの世界において
この機動力はゲームバランスを破壊していると言われても仕方のない性能と言えますので、今後Nerfは確実でしょう・・・。

星炎の息吹
Q、W、Eと解説してきましたが、ここまでの全てのスキルにおいてこのスタードラゴンの最大の弱点が自衛能力の低さに有るという事は
恐らくみなさんもお気づきでしょう。
フラッシュがない状況下で密着されてしまうと、通常のスキルでは一切打つ手がありません。
この最大の弱点を補うのがこのUltになります。
特性としては「即発動」し、「自身の近接距離に対しても作用する」KnockBack+Slowであるという事です。
Ultらしくダメージも申し分無く、 でサイドレーンの敵の背後から放ち、Wを広げてSlow状態の相手にダメ押しのQ。
というような使い方が極めて強力でありながら、唯一の自衛手段でも有るため、CD中は危険を冒さない事が大事になります。

アイテムビルド
スタートアイテムとしては鉄板の *2が第一候補となりますが
から へRushする場合にはスタート時点で or というのも手です。


は積む時間が早ければ早いほど強いので急ぎたいアイテムではありますが、オレリオンにとっては靴を買うタイミングが遅すぎては強力無比な遊撃性能を活かせません。
私の場合は の順でまず揃え、
Gankが決まって潤沢に資金があれば へ、そうでなければ へのアップグレードを優先しています。
Eにより宇宙速度へ到達する事でリコール後のレーンへの復帰も早く、両サイドに対してのGankも決めやすくなるので、時間経過後に真価を発揮する は本格的な集団戦が始まる時間帯に最大スタックになってればそれで良いというスタンスです。

コアアイテムの最後には を買います。
これを買うときに悩むのが のどちらから先に買えば良いのかという点だと思います。
結論から言えば から買うのが賢いでしょう。
オレリオンにとってAPは何が何でも積みたいステータスではなく、ベルトによるヘルスアップの方がコスト面でも効果の面でも優れています。


この3つは不動のコアアイテムと言えますが、ここから先の選択が最終的な勝利か敗北かを決定づけていく事になります。

長くなってきたので、オレリオンにマッチするアイテムを以下にリストアップします。
 生き残りたい時
 相手の魔法ダメージがSo Hugeな時
 サモナーズリフトの支配者となった時
 相手にヘルスモンスターがいる時
 相手に が何故かバンされずに居た時
  がさらに まで着こみ始め、手に負えない時

以下は買うべきではない、或いは買う機会は殆ど無いアイテムです。
 意外と まで育てるのは大変です。
 オレリオンには味方にかけるヒールもシールドもありませんからね。
 あれば確かにダメージ量は増えますが、優勢でも劣勢でもこれより優先すべきアイテムが多すぎます。
立ち回り
ここからは序盤、中盤、終盤の立ち回りを簡単に解説していきます。

序盤 Lv1~Lv6
Wを優先的に取得して行くことで、ミニオン処理速度が向上していきます。
オレリオンのWはPassiveで常にダメージゾーンを形成していますが、通常攻撃の射程以下の範囲でしかないので、
レーンのPush、Pullをコントロールするのは難しくはないはずです。
特にLv6未満では先に述べたUltによる自衛も出来ませんので、ロームへ向かう時以外はレーンを引くように心がけて下さい。
序盤で行う事はハラス合戦とfarmがメインになります、先に述べたWの有効範囲と通常攻撃の射程の関係性を把握して当てて行きましょう。
相手がWを避けようとするのか、敢えてこちらの内側に入ろうとするのか、相手のスキルはCD中か、junglerはどこにいるのか、マナはあるか、
これらの点を意識をすることでQの使い方も変わってきますので、しっかり練習しましょう。



中盤 Lv7~Lv11
オレリオンにとって最も重要な時間帯です。
ここでは他のレーンへのロームやドラゴン、ヘラルドと言ったオブジェクトで発生する小規模戦闘に常に駆けつけることが出来る状態を維持し、
尚且つ自身のレーンのタワーも守る必要があります。
現在のタワーの価値は10Kill先行することより重要と言っても過言ではないので、レーンを空けすぎてタワーのヘルスがガシガシ削られては
意味がありません。
相手のPush性能次第でもありますが、特にオレリオンを使う上で把握しておきたい要素がミニオンウェーブの状態です。
ミニオンウェーブは一定間隔でベースから出撃してきますが、ウェーブの切れ目とも言える時間が存在します。
相手タワーに押し込んだ次のウェーブが丁度切れ目だったりすると、結局レーンの真ん中にミニオンのぶつかる場所が戻ってきてしまい
押し切ったはずなのにすぐにこちらのタワー下にまでミニオンが流れてきてしまうという事が起こり得ます。
逆に切れ目があった次以降に押し込めていればそう簡単にこちらのタワー下まで流れてくる事はないので、
これを上手く利用してレーンを離れましょう。



終盤 Lv11~Lv18
中盤からこの時間にかけて、相手とのレベル差、装備差がハッキリしてきていると思います。
勝っていればWを広げて泳いでいるだけで勝てますが、問題は負けている時です。
オレリオンは生存し続ける事でダメージを出し、Q、R、 付きのWでCCをばら撒く事で集団戦をコントロールします。
味方のTankが時間を作ってくれたなら、オレリオンはその時間のすべてを有効に使う必要があります。
減っていてあと一発Wをかすらせれば仕留められる、そういう相手一匹を追いかけて死にかけるまで攻撃を引き受けてくれている味方のTankを見捨てるようなことだけは絶対にしてはいけません。
範囲攻撃Mageであるオレリオンの役目は相手チーム全体に対してダメージを与え、柔らかな相手から先に戦線から離脱させ
数的有利を作り上げることだからです。
この時間帯にくるとで受けられるダメージ量も結構スゴイので使い忘れないように気をつけましょう。


終わりに

こういった記事を書くのは始めての事で拙い部分も多いと思いますが、それ以前に私のRateがGold5ということもあって
はっきり言って高Rateでは全然役に立たない記事になってしまっているかと思います。
私自身のスキルアップという意味でも高Rateプレイヤーのオレリオン・ソル論を学びたいと思っていますので、
記事に対する意見など頂ければ幸いです。

ここまで読んで頂き本当にありがとうございました。

執筆者

くまひげ

ニコニコ動画、フロ&ひげゲーム実況のひげのほう、あんまり呟かないけど、見てはいる
League of Legends Summoner Name Kum a Huge
I can not much English.
but League of Legends players are welcome.


コメント - 1件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:8c9fee0f
2016-10-18 19:19:41
アイテムはroaではなく
カタリスト クリセプ ヘクステックGLP
の可能性
サモスペはゴーストやイグゾーストの可能性

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!