ビルドガイド: オレリオン・ソル - Aurelion Sol

オレリオン・ソル: 【6.7】Initiator Mage Aurelion Sol

執筆者: [GAME]Peg (最終更新日: 2016-04-12 15:02:40)

4,600   2

21
1
95%
トップページ > ビルドガイド検索 - オレリオン・ソル > 【ビルドガイド】オレリオン・ソル: 【6.7】Initiator Mage Aurelion Sol
このガイドはバージョン 6.7.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 伸びゆく魔法防御の紋(III) Lv毎に魔法防御 +0.16(Lv18で +3)
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 移動速度の神髄(III) 移動速度 +1.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


Start

1st recall

Core

最終ビルド

Introduction
新しく実装されたオレリオン・ソルのビルドガイドです
このガイドでは、ソルを中盤以降ロームと集団戦での優秀なイニシエーターとして育てて活躍する事を目標としたソロレーナーとしての運用を説明していきます
Pros and Cons
長所
- 1.E>>Qによる破壊的なAoEイニシエート
- 2.Wによるメレーへのプレッシャー性能
- 3.Ultの長距離ノックバック
- 4. によるBlink必須の状況へ追い込む拘束力

短所
- 1. ブッシュに隠れると言う概念が無い
- 2.Wを任意で消す事は出来ないのでプッシュレーンを作りがち
- 3.メインとなるE>>Qイニシエートは未来を読む力が必要になる
- 4.微妙に高飛車なボイスが歯痒い
Spell
基本はこちら、リコール後に理不尽なRoamをした後に自分のレーンへ戻る手段として使用するケースが多いでしょう
TPを使わずともウェーブコントロールのみでRoamをしつつ自分のレーンを守れるならこちらもアリ

安定のFlashは必須。これと上記どちらかひとつを選びましょう。
Skill Order
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R
R >Q >W >E
通常のスキルオーダーはこのR>Q>W>Eを推奨、まずは肝となるイニシエート時のQによるスタン時間と基礎ダメージを稼ぎたい。
しかしRoamに生きなければこのチャンプを使うメリットは乏しいが、それでもどうしても対面を潰したい、そんな人にはR>W>Q>Eをオススメする。
Wの基礎ダメが序盤から上がるのは特にTopでMeleeチャンプと対面している場合非常に有利を築きやすくなる。

Starsurge
Ult並みのポテンシャルを持った非常に強力なイニシエートスキル。
もちろんレーン戦でのハラスや自衛手段としても重宝する。
LV5まで上がるとStunは1.5s、因みにMalphiteのUltもKnockUpだが拘束時間は同じく1.5sだ、更にしっかり溜まればこちらの方が範囲が広くてCDが10s・・・

Celestial Expansion
このスキルに慣れる事がソル上達への登竜門になる。
HPが25未満のミニオンのLHを確定で取れるので周回する星でCSを確保する事に慣れよう。
不用意にAAでLHを取りに行くと星がミニオンにどんどん当たってアッという間にプッシュレーンになりGankの的になってしまう。
もちろんプッシュレーンを意図的に作ってRoamをするつもりならば問題は無いが・・・

Comet of Legend
こちらもUlt並みのポテンシャルを持つ中速超長距離Blink。
AA一発であっけなく中断される上に使用までにスタックが必要なので使い所は簡単では無い。
しかしこれとQを重ね掛けで使い、とてつもなく大きな範囲Stunを用意して敵レーナーに絶望を与えるのがソルの仕事です、何度もトライして慣れましょう。

Voice of Light
Riotも流石にここは甘やかしてくれました、ここまでのスキルの癖の強さと難易度の高さに引いていたサモナーも安心出来る非常にシンプルで使い勝手の良いUltです。
火力になりSlowとKnockBackが付いているので「トドメの一撃」「追い込むスキル」「自衛手段」と活躍するシーンを選びません。
是非ともチャレンジして頂きたい使い方はご存知E>Qで敵レーナーの裏に回り、Stunを決めたあとに敵のタワーから遠ざける形でKnockBackを決めるコンボです。
敵がタワーシージなどしている時に上記コンボを決めよう物ならAzirのシュリマドライブの如く自軍タワー下に強制的に押し込む形でのイニシエートが可能です。

Center of the Universe
PassiveとWはほぼイコールで捉えておkです。
厳密にはHP25以下のミニオンのLHを確定させるのはWでは無くPassiveなのですが、その説明もWの欄でしています。
因みにWはブッシュに入っていても星だけ見えちゃうので注意。
Build Guide
Start item

基本はこの形でのスタートになるでしょう。
ソルは基礎MSが遅いのでPoke系チャンプのハラスを避けるのは得意ではありません、
よって対面が こういった顔ぶれであれば安全策として でスタートする事もアリでしょう。

Core Build


まずは上記三種を目指す形になります、
スイフトネスは低い基礎MSを補いRoamの成功率を上げ、RoAはLoL最高峰のコスパはもちろんレーニングでのMana問題を解決しRoam時の耐性にも一役買うので出来るだけ早く積みたいアイテム。
そして上記二種の後にクリセプを積む事でWでDPSを確保しながら絶対に逃がさない運用がえげつないシナジーを生んでくれます。
レーニングの段階でキルを起こすタイプでも無いので概ね1st recallで を積めるかが順調に育つ為のキーになるでしょう。

Semi Core

コアビルドの後よほどこけていなければ次に積むのは仮面になるでしょう。
クリセプと仮面のシナジーはやはり安定します。

Situational
以降のビルドはよりタンキーに仕上げるか、又はDPSイニシエーターとして磨き上げるかに大きく分かれ道があります。
好みと両陣営の構成によって使いわけましょう。
More DPS

Core Build完成後にDPSを狙っていく上で安定するのはまずエコーです。
MS増加はやはりソルにとって非常に恩恵の大きい効果です。
また、敵にAD Assassinが居るのであればゾーニャはクリセプを飛ばしてでも積みたい所でしょう。
ラバドンとヴォイドは敵のMRとコストを考えどちらか一つで済ませるのがベターです。
More Tanky

このビルドがまかり通るのがソルの面白い所だと思います。
サンファイアはどうしてもARを確保したい時に是非、W-クリセプ-サンファイアの三つ巴で張り付かれたBlink無しADCはなすすべも無く溶け去ります。
エンシェントはAoEだと効果がガクッと下がるのですが、良く考えて下さい、ソルの星は単体が3つあるんです。
ヴィサージュでMRを積みつつこの回復効果を上げる事によりRoam時の耐性をグッと上げる事が出来ます。
少々変則的なビルドになりますが、状況次第では非常にマッチする選択肢です。

Build examples
オーソドックスなスタイル
ゾーニャを抜いて攻勢に出る構成
対AD専用構成
サステイン型
生存特化型

Extra Tips

これです。
勘の良い方はこれからの説明を見なくともたった今「あぁ、ナルホド」と思って頂けたかと思います。
モビリティブーツにアラクリティエンチャントを付けてMSを無理矢理ガツンと上げる事により、Eに頼らずともQを長時間自身の周りでキープさせる事が出来るんです。
リスポーン地点からスタートすれば1stタワーと2ndタワー間にさしかかる頃にはQの範囲はなんとミッドレーン上を左右端から端までカバーします。この選択肢ならリスポーン地点からQをスタートさせ、そのまま相手のネクサスを超える所まで、要するに直線上であればほぼ際限無くQを引っ張り続ける事が可能です。
エンチャントに頼る分コストがかかるので安定した手段としてオススメは出来ませんが、調子が良さそうな時には是非とも試して頂きたい。

Rune and Masteries
Rune Set
Flat MR pen*9 / Scall MR*9 / Flat AR*9 / Flat MS*3
RuneはQuintにMS増加をセットするのをオススメします、これのある無しは序盤のレーニンぐはもちろんスイフトネスによる基礎MSの大幅増加とRuneの割合が非常にマッチするので中盤以降も効果が腐りません。
しかしMSに拘るのは多少癖のある内容です、自身のプレイスタイルに合わないと感じたら素直にFlat APを三つ置いても良いでしょう。


Masteries


サンダーロードでRoam時のBurstを上げる選択肢を推奨します。
クリセプと仮面を積むのでFerocityでを選択してDPSを上げる選択肢も非常にマッチしますのでお好みで。

How to be Carry with him
熟練度が物を言うチャンプなのは間違いありません
Ult以外のスキルはどれも癖が強く他のチャンプでの技術が流用しづらいエッジの効いた内容となっています。
恐らく今後このチャンプがポピュラリティの高い人気チャンプになる事はないはずです。
Roamのポテンシャルが高いと言うチームへの貢献力がある為対面を腐らせるだけの などとは違いますが、ある種共通点のあるニッチなチャンプになっていくと思います。

レーニングでのポイントはRoamを見据えた時以外は出来るだけWをかすらせる形でCSを確保し、プッシュレーンを作らない事です。
自慢の自衛手段であるQは発射後即時再発動が出来ない為、 この辺りの移動速度が高くタイミングが取りやすいBlink持ちのJgだとある程度すり抜けを狙う事が出来ます。
クリセプを積むまではQが自衛の頼りなので、一言で言ってしまえばGank耐性は低いと言わざるをえません。
当たり前の事ですが敵Jgの性能を考えた基本的なワーディングはいつも以上に徹底しましょう。

執筆者

[GAME]Peg

JGメインのLoLゲーマーです。
Offensive Tankが好きなので作成するビルドもそっちよりになるかと思われます。


コメント - 2件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:6f3423e8
2016-04-14 19:38:05
全然このチャンプ見ないんですが、強いです?
2.
[GAME]Peg 登録済みユーザ
2016-04-15 18:47:58
解説の通り、イニシエートが上手く決まると驚異的です。
しかし既に一部対象指定Blink持ちに滅法弱い事が対面する側も分かって来たようなので、このチャンプを自分のチャンププールに入れるのは簡単な選択肢では無いでしょうね。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!