ビルドガイド: エコー - Ekko

エコー: TopMid兼用APファイターエコー

執筆者: うさぎさん大好き (最終更新日: 2016-08-21 13:20:01)

1,019   0

1
1
50%
トップページ > ビルドガイド検索 - エコー > 【ビルドガイド】エコー: TopMid兼用APファイターエコー
このガイドはバージョン 6.16.2 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 伸びゆく魔法防御の紋(III) Lv毎に魔法防御 +0.16(Lv18で +3)
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔力の神髄(III) 魔力 +4.95
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


開始時

1stリコール

コア(通常)

コア(対ALLAD)

残り二枠

最終ビルド

イントロダクション

新チャンピオンとして登場してから常にplayrateが上位であり、
ある時はアサシン、ある時はタンクなど、ビルドが十人十色な楽しいチャンピオンです。
今回はその中でもアサシンとタンクの中間であるAPファイターエコーについてのビルド解説です。
私自身もその時々でいろいろなビルドをしているので特にコレといった固定ビルドはないのですが、一番取っ付き易いこのビルドの紹介をしたいと思います。
長所と短所
-長所
1壁抜けブリンクからヘイスト、ダメージ・回復・ブリンクを兼ね備えたによる圧倒的機動力。
2決まれば強いAOEスタン
3パッシブを活かしたヒットアンドアウェイでのダメージ交換。
4入り方を間違えてもultがあればやり直しが効く。

-短所
1 Wを当てるのが難しい。
2パッシブの発動が出来ないとまともなダメージ交換が難しい。
サモナースペル
フラッシュ
必須ですね。逃げにも攻めにも使えます。

テレポート
topの必須サモスペ。botへのTPガンクや中盤以降botをプッシュするときに。

イグナイト
midではTPの代わりに持ちます。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

パッシブ-ゼロ・ドライブ
ダメージ交換の主役。
このパッシブのおかげでヒットアンドアウェイが容易。

Q-タイムワインダー
パッシブを発動して敵の後ろに回り込むと戻りを当てられます。
レーニングではパッシブのスローを活かさないとなかなか戻りを当てられません。

W-パラレルトラップ
レーン戦でスタンを当てるにはパッシブを発動させる直前に敵の後方に置くと当てやすくなります。
相手のヘルスが30%未満になれば少なくなればなるほどAAのダメージが上がります。しっかりAAを入れていきましょう。

E-フェイズダイブ
高機能二段ブリンク。
こちらがブリンクAAをすると同時に敵がブリンクすると敵のブリンク位置まで付いていきます。
そのせいで事故が起こることが時々ありますが(タワー下にダイブしてしまったり)・・・

R-クロノブレイク
ダメージ・回復・ブリンクを兼ね備えた高機能ult。
ultを複数に直撃させられれば集団戦をひっくり返すことも可能に。
コアアイテム
ダークシール
350円溜まったらを使い切るつもりでダメージ交換をして、使い切ると同時にリコールしてを購入後TPで戻ってきましょう。
このアイテムがあるだけで序盤のダメージ交換、そしての回復量も上がりレーニングが容易になります。

RoA
コア一つ目です。
の効果のおかげでレーン維持力が段違いで上がります
にしてからもヘルス、マナ、APとエコーに欲しいものが揃っています。
そしてなによりも安い。

アイスボーンガントレット
コア2つ目です。
AR、CDR、スペルブレード、スローとエコーに欲しいものが揃っています。
なぜ今の流行りのではないのかということですが、
は二つ目に積むには値段が高いということ、そしてを積んだあとには集団戦を見据えて硬さが欲しいということもありARのあるを採用します。
もちろんスローもパッシブ発動の役に立ってくれます。

アビサルセプター
コア3つ目です。
AP、MR、CDR、MR低下とAPアサシン御用達の性能が揃っているアイテムです。
積まない理由がありません。
値段も◎

砂時計
対ALLADのときだけではなくこちらを積みます。
アビサルのMRがほぼ死んでしまうのでその代わりです。
AP、AR、CDR、そして無敵と対ADにはかなり効果的。


のHPのARのMR(のAR)で火力と硬さを両立出来ます。
選択アイテム(この中から2つ)
デッドマンプレート
似たアイテムでがありますが、を選ぶ理由としてはやはりMSアップが大きいです。
スローはパッシブで十分こと足ります。

タイタンハイドラ
AA時に自ヘルス割合の追加ダメージを与えます。
パッシブを発動したあとは殴ることしか出来ないエコーにはぴったり合います。
ヘルスも上がり、アクティブで馬鹿にならないバーストが出ます。

ガーディアンエンジェル
言わずと知れたコスパ最高アイテム
ARMR、そして復活と合わないチャンピオンはいません。

ソーンメイル
敵チームにAAチャンプが多いときにどうぞ。

スピリットビサージュ
相手のtop jg midがAPのときに積みます。
CDRも付いてさらには回復量も上がり文句なしです。
プレイング
Lv1-5
とにかくパッシブを発動させること、AAをしっかり入れることを意識しましょう。
Wのパッシブの減少割合ダメージも馬鹿になりません。
コンボ例
・通常
EAAQAAパッシブ発動→Qの戻り

・敵が至近距離にいる場合
QAAEで後ろに回る→EAAパッシブ発動→Qの戻り
Qの戻りは小さな衝撃波が発生するので相手にブリンクがなければ意外と当てやすかったりします。
Lv6- ult習得後
相手のヘルスが半分近くになったらキルチャンスです。
上記コンボでパッシブを発動させ、ヒットアンドアウェイで戻ります。
そしてultの軌跡が相手に重なったらultを発動しましょう。
ult後のコンボ例
ultQAAEAAQの戻り
ultの軌跡は四秒前、パッシブCD五秒と1秒のラグはありますがultの軌跡とパッシブのCDのタイミングが丁度重なればほぼ確定キルです。
もしパッシブのCDが上がっていなくてもult後すぐにパッシブのCDが上がると思いますのでしっかりキルに繋げられます。
ultの効果範囲は意外と広く当てやすいので、敵一人をしっかり狙えるレーニングではultは攻めに使って行きましょう。

集団戦
集団戦においてエコーが狙うべき標的は敵キャリーです。
orこの3つのコアが出来ていればEAAQAAでパッシブ発動のワンコンで敵のキャリーのヘルスを半分吹き飛ばすことが出来ます。
やはり集団戦においてもパッシブの発動をしっかり狙って行きましょう。
たとえ敵キャリーが奥にいて届かないという状況でも、前線にいるタンクなどを相手にパッシブを発動させヘイストすることで集団戦での位置取りが容易になりキャリーへ接近するチャンスにも繋がります。

エコーはその性質上出来ることがかなり多く、状況次第でまったく違ったコンボ・戦闘になることもありますが基本中の基本を記載しておきました。
まとめ
エコーはビルドからルーンマスタリーまで本当に幅が広くなによりもプレイしていてもとても楽しいチャンピオンです。
今までエコーメインだった人はこれからも、エコーをまだ触ったことがない方はこれを機にエコーライフを満喫しましょう!

執筆者

うさぎさん大好き

NAプラ5 日本鯖プラ4
メインチャンプはエコー


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!