ビルドガイド: サイオン - Sion

サイオン: Sion sup基本ガイド S7対応

執筆者: yatm (最終更新日: 2017-03-17 04:42:03)

6,448   0

8
0
100%
トップページ > ビルドガイド検索 - サイオン > 【ビルドガイド】サイオン: Sion sup基本ガイド S7対応
このガイドはバージョン 7.5.2 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 精密動作の印(III) 脅威 +1.13 / 魔法防御貫通 +0.62
    x 9
  • 精密動作の神髄(III) 脅威 +2.24 / 魔法防御貫通 +1.4
    x 3
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 6
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

最終ビルド

はじめに
個人的にはまったくもってtroll pickではなく、むしろtopよりも強い部分があると思い愛用しているsup。

ある程度主観が入っているかもしれませんがいろいろ解説できればなと思います。

PS.S7で少しbuildパスや状況が変わったので修正。心なしか遭遇率、認知度も依然より上がった気がする。
基本理念
レーンでのダメージトレード性能、ultのroam能力
ここらへんもSupの適正として挙げられますが、一番重要な点はCCの量との集団戦における最適な立ち位置であると思います。

のスキルが一番活きるポジションは実は「もう一人の味方Tankの後ろ」か「味方Carryの横」です。

前者はtankが盾となり、後者は敵のフォーカスがcarryに向きがちなことでをCCでキャンセルしづらく、の当てる対象を選ぶことが可能です。

更に味方に別のinitiaterがいる場合はが回避困難な高ダメージ長時間打ち上げとして使うことができます。(居ないとしてもなどと比べて回避しやすく外したら敵からタコ殴りにされるため自分はあまりengageスキルとしては信用してませんが)

そのため、TOPでメインtankとして前線を張るより、その役割を他に譲りCC連打要員としてsup運用したほうがの各スキルを活かすことができるのです。
長所と短所
長所
- 1. スキルの基礎ダメージが高く、レーン戦でのハラス、ダメージトレードが強い
- 2.強力なAoECCを複数持ち、はCDも短めなので集団戦の貢献度が非常に高い
- 3.用途が豊富で効果も高い

短所
- 1. のパッシブがほとんど活かせないためmeleeとしては異常に低い基礎ヘルスを補えない
- 2. スキルがすべてAoEなので気を付けないとCS妨害や不用意なpushをしてしまう
- 3.非常に癖がありレーンでは若干相手を選ぶ
サモナースペル


安定。をinitiateスキルとして使う場合はとしたほうがよいと思います。ガチガチのtankになれない分通り過ぎたら取り返しがつかない。


all inが強いうえにCCは自前で豊富に持ってるので単純なダメージ総量を上げたほうがレーンではキルに繋がります。ただし集団戦の強さの方に重きを置いたピックでもあるためは全然選択肢に入ります。特にが最低でも1秒ためないと打ち上げにならないので敵にアサシンが居たりするときはこっちで。
スキル
単体でハラスとして優秀なを優先するかmaxダメージがとんでもないを優先するかは割と好み
CCのCDを短くしていきたいためR→E→Q→WかR→Q→E→Wが基本だと思います。


死んだあと少しの間モーションが入るためそこまでがっつり殴れることは少ないです。生き残ってCCをばらまき続けるほうが確実に強いのであまりこのパッシブに甘えて命を気軽に投げ捨てないように。


レーン戦では茂みの視界を奪って端で当てるように振るとかなりのプレッシャー。。実はキャンセルされるとCDが一律で2秒になるので追いかけてもう一回撃ったりそのためにを温存してあえてCCを消費させる選択肢もありますが、下手にCCに引っかかると基礎ヘルスの低さが災いして死にます。


の使用中にも使えることを活かしてダメージ低減と割合ダメージの両方を使い分けられると強い。CDがそこそこ長いのは意識しといたほうがいいです。


が基本コンボではあるがMRが低いadcにはミニオン経由のpokeスキルとしても優秀。それでもこれ当て続けるだけでレーンで勝てた時代はとうの昔に終わったし無駄うちしてるとマナ切れるので注意しましょう。地味に直当てにはAR低下もついているので集団戦ではtankに当てられると若干おいしいです。


レベル6先行したら突っ込めば大体得できます。roamも強いけどadcをあんまり放置するのも微妙なので狙いすぎは注意。移動距離に応じて打ち上げ時間も伸びることは意外と大事。
ルーン、マスタリー
マスタリーは一択です。レーン戦でのダメージトレードにおいてをヒット後の破裂がスムーズに繋がるようになり、ネックである集団戦でのtankとしての脆さもある程度カバーできます。レーン戦で仕掛けるときは必ずCDが上がっていることを確認してからにしましょう。

ルーンは一部の特別なものだけ

が物理ダメージ、が魔法ダメージでかつどれも基礎ダメージに優れているため、それを最大限に活かすほぼ専用ルーン。物理の最大ダメージに重きを置いて物理貫通のみにしたり、真髄を防御的なものにしたりは好みだと思います。




最初は何かを勘違いして青にCDRルーンを入れてましたが自前で40%稼げてました・・・
→buildパスの変更で最終盤までに30%までしか稼げなくなったため10%分をルーンで補填。
build
サポートアイテムの選択肢は。基本的にはのアクティブをで短くするbuildを目指しましょう。
を買うのは味方にinitiaterが居ないとき。マナ回復による連打ができる強みもありますがをengageの補助に使うのが主な目的です。
どちらにせよ優先的ににする必要はないです。最後に余ったお金でアップグレードさせましょう。


buildパスはほとんどまでは固定です。はアイテムとして集団戦を左右するレベルで強いので余程のことがない限り積みましょう。後は適当なタイミングでを買います。supはCCの回転率が集団戦の全てです。roamに全力を注ぎたいときににする以外はこれでいいと思います。

ラストアイテムはなんでもいいと思います。ですが視界戦においてsupのは生死を分けるレベルで重要なので何も買わずに3個を維持し続けることが多いです。余ったお金でを買ったりを置いて即座に売り払ったりするとよいでしょう。
立ち回り
序盤のレーンでは相手adcのcsに合わせてでハラスしつつ相手の仕掛けをで拒否、カウンターするのが基本。
茂みからの最大溜めが当たった場合そこから殺しにいけるのでブッシュ内のデワードをしっかりしてプレッシャーをかけましょう。ただしそれでgank回避や視界確保のためのワーディングをおろそかにしないように。

レベル2でのダメージトレードで大きく有利を取ったときはレベル3でを取ったほうがいいです。pokeし続けるだけでかなりのプレッシャーになり、甘えてくるなら普通に殺せます。


習得後は取れる行動が大きく増えます。jgよんで突っ込む、mid、topにレーン裏からroamするなどしっかりと活かしたいところ。最悪CC無効の逃げスキルとしても使えるのでディープワードやドラゴン周りの視界確保で捕まってしまった際などには迷わず逃げに使いましょう。


中盤以降は視界管理しながら集団戦には絶対参戦することを意識。直線であればバロン付近からドラゴン前くらいの距離まではで衝突しながら参戦できます。


前述のとおり集団戦では味方tankの後ろからを振って補助したり味方carryに組み付いてくる敵をでpeelしましょう。この動きを一回の戦闘で複数回できるのが強みであり、なおかつCCを当てれば当てるほど味方の被ダメを減らしてCDの時間を稼げます。

は味方のengageの後ろから追突するのが強いですが、密着して使うことで唯一即座に発動できるhard CCなのでpeel用にとっておくのもありです。特にレーン戦で味方のadcを育てることに成功している時は下手に前にでずに守ることが大事です。

それでも自分が死ななければ味方が助からないなら死にましょう。は敵にそのまま戦闘を続行して殴られるか、味方を見逃して下がるかの選択を迫れます。
マッチアップ
はpeel、all in、poke、roamと一通りのことができるので味方adcは誰が来ても結構やりやすいです。
しかしスキルにもステータスにも癖があるため対面、それも相手のsupでレーン戦が極端に左右されます。
なのでとりあえず後出しはキツイというレベルの対面だけ。



密着した状態ではスキルが機能しにくく、基礎ヘルスが非常に低いため引っ張られたらまず死にます。そしてで立ち止まってしまうと完全に的でしかありません。茂みからもハイリスクすぎて封じられるのもキツイ。
後だしで当てられたらでADCを削って誤魔化しましょう。tank supだからといってadcとの間に立つのはダメです。


を見てから全スキルを叩きこまれると死ぬうえ、poke力も向こうのほうが上なので味方adcと一緒にスキル回避に専念しましょう。敵味方のadcにもよりますが習得後は先手を取ってall inで勝てます。を使われる前にCCで固めて相手のどちらかを殺すことが重要。



S7に置いて新たに誕生したといえる対面。で上手くスキルコンボが繋がらないこともが解除されることも厳しいです。幸いで弾き飛ばせるのでレーンは上手く耐えましょう。習得後のall inではさえ剝がせればこちらに分があります。を使わせないうちに倒す、もしくは即座にキャンセルさせて反転を狙いましょう。
最後に
カウンターchampを当てられたり、多少レーンで負けてしまってもの集団戦での貢献度は非常に高く、十分に巻き返すことが可能です。
topと違いTPを持てない分集団戦の匂いには敏感になってしっかりと参戦するようにしましょう。


逆にsupが役に立たない場面は「味方に他のtankが居ないとき」だと思います。前線を張れる固さはないのでフォーカスを受ければすぐに溶けてしまうでしょう。
そんな時はちゃんとなどスキルで前線を張れるchampをピックしたほうが良いです。

執筆者

yatm



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!