ビルドガイド: ジャーヴァンⅣ - Jarvan IV

ジャーヴァンⅣ: 【7.3】topジャーヴァン 初級者向け概説

執筆者: huziyama (最終更新日: 2017-02-22 14:54:28)

7,170   0

12
0
100%
トップページ > ビルドガイド検索 - ジャーヴァンⅣ > 【ビルドガイド】ジャーヴァンⅣ: 【7.3】topジャーヴァン 初級者向け概説
このガイドはバージョン 7.4.3 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
※ ビルドガイドの概要を簡潔に表現下さい。ビルドガイドの上部に表示されます。
※ このテキストエリアを空欄にした場合は、表示されません。
※ この説明文を削除し、下記内容例を参考に記述してみてください。

【内容例】
・選択したチャンピオンの簡単な説明
・このガイドが効果を発揮する場面や、他のガイドと違う特徴
・ティーモから閲覧者へのアドバイス

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 攻撃力の神髄(III) 攻撃力 +2.25
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

武器の選択肢

防具の選択肢

ブーツの選択肢

最終ビルド

イントロダクション
ジャーヴァンはここ数パッチの間に受けたバフにより、topでもjgでも、徐々にその勝率を上げてきています。
しかし、このサイトのジャーヴァンのガイドを見たところ、jgのガイドはあれど、topのガイドがありませんでした。
ジャーヴァンは自分がはじめて触ったtopレーナーなので気に入ってることもあり、ビルドガイドを書いてみようと思いました。

当方ゴールド下位ですので、ブロンズ~シルバーの方の参考になればと思います。
よろしくお願いします。
長所と短所

長所① 豊富なCC

によるAoEスロー、によるAoEノックアップ、そしてによる移動阻害と、ジャーヴァンはCCを3つ持っています。これによりジャーヴァンは集団戦もガンク合わせも強力なチャンピオンとなっています。

長所② 高い機動力

ジャーヴァンはという、2つのブリンクを持っており、ファイターの中でもかなりアサシンに寄った性能をしています。これにより「で接敵し、敵がフラッシュを吐いたらで再度捕まえる」など、相手を捕まえる手段に事欠きません。とくにによるブリンクは「移動距離が長い」「地点指定ブリンク」「スネア中でも移動可能」と、非常に高い性能を誇っており、ガンク回避や壁抜けショートカットなど、あらゆる用途に使えます。

長所③ 強力な遠距離攻撃である

は射程が長く発生も早いため、見てから避けることが難しい強力なハラススキルです。おまけに高いベースダメージと増加ADレートを誇り、敵のARを減少させる効果も持っているので、ダメージの面でも非常に優秀です。

長所④ 殴り合いを強化するおよび

ジャーヴァンはアサシン寄りの性能をしたチャンピオンですが、スキルがCDの間は何もできないというわけではありません。持続時間の長いシールドであるとASを上げるの存在により、AAによる殴り合いでも一定以上の強さを発揮します。特には自分以外の味方のASも上げるので、タワーシージの際にも一役買います。



以上で述べたように、ジャーヴァンはなんでもできるチャンピオンです。
一見短所など存在しないように見えますが、当然ジャーヴァンにも短所はあります。
ジャーヴァンの短所は、次の一言に集約されます。



短所① 器用貧乏

ジャーヴァンは器用貧乏なチャンピオンです。ジャーヴァンは多様な長所を持っていますが、そのいずれも本職のチャンピオンには及びません。CCが豊富とはいえ、のスローは倍率が低く、のAoEノックアップは判定が弱く、の移動阻害はブリンクで簡単に抜けられる上に味方にも被害を及ぼします。機動力が高いとはいえ、は攻撃スキルを2つ消費しますし、はultなのでCDが長く、使いたい時にいつでも使えるとは限りません。はたしかに強力な遠距離攻撃ですが、序盤はCDが長いうえ、AoE攻撃なので嫌でもミニオンウェーブをプッシュしてしまいます。のシールドはベースシールド量が少なく、ADレートもHPレートも存在しません。によるASアップを持つとはいえ、これ以外にAAを強化するスキルがしかなく、持続的な殴り合いではファイター連中に遠く及びません。
サモナースペル
フラッシュ (オススメ)

安心と信頼のフラッシュ。

テレポート(オススメ)

経験と実績のテレポート。

イグナイト

ジャーヴァンはLv2先行・Lv3先行・Lv6先行すべてキルチャンスに繋がるのでイグナイトもアリだと思います。
ルーン
特筆すべき点だけ記します。

攻撃力

を積むのもアリだと思います。自分はのパッシブで事足りると感じているので積んだことはありません。

魔法防御(フラット)

ブラインドピックでは対面に誰が来るか分からないのでこのルーンが安定です。ドラフトピックで対面がADチャンプだと判明しているならに差し替えることをオススメします。そのほかも候補に入ります。
スキルオーダー
Lv1で、Lv2で、Lv3では固定で構いません。その後はが基本ですが、つらいレーン戦になりそうだと感じるならもアリです。
コアアイテム
赤ハイドラ 青ハイドラ

素のジャーヴァンはプッシュ能力が低く、テレポートを活かしづらいので、どちらか片方は積むべきです。プッシュ力のために積むアイテムなので、当然素材はから購入します。は増加AD量が多いので、AoE攻撃スキルであるの優秀な増加ADレートを活かせます。くわえて、ライフスティールを得られることにより、集団戦のフロントラインを長い間支え続けたり、テレポートを持った敵topレーナーとのタイマンを制したりしやすくなります。また、ベスト・オブ・MRと名高いとの相性もバツグンです。一方は増加AD量こそ低いものの、その優秀なパッシブにより、高い耐久力と火力を両立させることが可能になります。

黒斧 妖夢 マルモ

プッシュ力目的で積むハイドラとは違い、こちらはダメージとCDR目的で積む武器です。この中から複数積んでもいいですが、防具を積むスペースが足りなくなるので1つに抑えるのが無難です。対面がなどのタンクならから、対面がなどの防具を積まないファイターならから、対面がなどのAPチャンピオンならからを購入します。このうちは完成させてこそ真価を発揮するアイテムですが、の時点で既に強いので、で止めて他のアイテムを作りに行った方がコストパフォーマンスに優れます。

ブーツについて

基本的には対面に勝つためのブーツを履けば問題ありません。対面がADチャンプなら、対面がAPチャンプならです。対面を圧倒していて「どの靴を履いても負ける気がしない」というような状況であればも候補に入ります。

オーメン デッドマン ソンメ

AR防具の選択です。テレポートを持ったtopレーナーはスプリットプッシュをする機会が多いので、困ったらとりあえずMSの上がるを積むのがよいです。そのうえで更にARが欲しいならを積みます。はヘルスが増えないのであまり積みたいアイテムではありませんが、対面がなどのAA依存度の高いチャンプなら強力です。

ビサージュ バンシー

MR防具の選択です。選択とは言いましたが、MR防具はが最強なので特に理由がないのならコレを積めばよいです。イニシエートできるチャンプが自分しかいない場合はもアリです。そもそもAPダメージを出してくるチャンプが少ない場合はで事足りることも多いです。
立ち回り
立ち回り① vsRangedチャンピオン(など)

Lv2から積極的にによるエンゲージを仕掛けていきます。Lv3以上になっている場合は、ノックアップした相手が落ちてくるタイミングに合わせてCCチェインするようにを発動できると無駄がありません。もちろんの使用もお忘れなく。Rangedチャンピオンは防御面のステータスが貧弱なので、>AA(+)で敵の体力が半分ほど消し飛びます。のCDを意識して、CDが解消されるタイミングに合わせて「を発動させて離脱」を繰り返すようにすると、早ければLv2の内にキルチャンスが巡ってきます。

立ち回り② vs遠距離攻撃を持たないMeleeチャンピオン(など)

立ち回り①と異なりによるエンゲージはほとんど必要ありません。このような対面の場合は、中距離からでひたすらハラスするのが有効です。相手からするとそのままだとジリ貧なので、たまらずブリンクで距離を詰めてダメージ交換を仕掛けてくるはずです。そこをで耐えれば、相手のスキルより先にのCDが空けるので、相手のスキルがCDの間にによるダメージ交換を素早く済ませましょう。これで大抵の相手にはダメージ勝ちできます。

立ち回り③ vsブリンクを持たないMeleeチャンピオン(など)

基本は立ち回り②と同じです。相手はブリンクを持ってないので一生でハラスし続けることになりますが、相手がスキルを使ってミニオンをプッシュしたときはダメージ交換のチャンスです。ただしでエンゲージをしてはいけません。歩いて接近してAAしながらでスローを与えて後ろに回り込み、を当てながらで自陣側に離脱、が理想形です。このマッチアップはジャングラーの介入がない限りキルに繋がりにくいですが、によるガンク合わせ・ガンク回避が可能な分ジャーバン側が気持ち楽に戦えます。
ビルドについて
コアアイテムの欄で述べたのうち、対面にあったアイテムを真っ先に目指します。その後は対面に応じた靴1つ・防具1つを目指します。ここでを早い段階で積んでしまうと、嫌でもレーンをプッシュしてしまうため、キルチャンスを作りにくくなってしまいます。を積むのはキルチャンスを作る必要がなくなってから、例えば「相手が防具を積みまくったのでもう殺せない」「相手の1stタワーが折れてレーン戦が終わった」などの状況になってからでよいです。そういった状況でを積むことにより、ミニオンを相手に押し付けられるので、相手より一足早くテレポートできるようになります。


一方でから作る場合もあります。それは対面に勝てなくなったときです。を積んでとっととミニオンをプッシュしてミニオンウェーブを押し付けることで、相手にダメージ交換する暇を与えずにレーン戦を行うことができます。

執筆者

huziyama



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!