ビルドガイド: キンドレッド - Kindred

キンドレッド: 【7.1】キンドレッド ジャングルガイド

執筆者: Kダブ手淫 (最終更新日: 2017-01-20 16:46:39)

2,889   0

7
2
78%
トップページ > ビルドガイド検索 - キンドレッド > 【ビルドガイド】キンドレッド: 【7.1】キンドレッド ジャングルガイド
このガイドはバージョン 7.2.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
こんにちは
最近のパッチに対応したキンドレッドのジャングルのガイドがないので作ってみました。

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 攻撃速度の紋(III) 攻撃速度 +0.64%
    x 9
  • 攻撃速度の神髄(III) 攻撃速度 +4.5%
    x 3

サモナースペル

マスタリー

5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


コアアイテム

おすすめのアイテム

状況に応じて

最終ビルド

長所と短所
長所
- 1. パッシブによってゲーム進行に応じた一定の火力が保証されている。
- 2. 割合ダメージが強力なので終盤もマークスマンとしてタンクへの役割がもてる。
- 3. 比較的体力を残しながらジャングルを周回できる。

の短所
- 1. Ultが不安定。
- 2. 流行のジャングラーに1対1で勝てないことが多い
- 3.CCが貧弱なスローのみなので、GankがレーナーのCC頼み。
- 4.マナ消費が多め
- 5.スキルのADRatioと基礎ADが低い。
サモナースペル
フラッシュ

スマイト
パッチ6.22(プレシーズン)の変更によってどの中立モンスターにスマイトを撃っても体力回復の効果になりました。
自身の残り体力やGankのプランをよく考えて使うかとっておくか判断してください。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R
R>Q>W>Eです。

パッシブ
回収した印のスタック数に応じてAAとQに追加ダメージが付きます。
AAの追加ダメージは対象の現在HPの1.25%の物理ダメージです。このダメージはにも乗ります。

・印について
中立モンスターに対して自動的に付与される印と敵チャンピオンに対して任意で付与する印の2種類があります。
以下はパッチノート6.11からの引用です。

>狼がキンドレッドの現在のスタックに応じてジャングル中立モンスターに印を付けるようになりました
印が0~2個 リフト・スカトルまたはレイザービーク(ミッド脇にいる4体の怪鳥のことです。ご存知でしたか?)
印が3~4個 クルーグ、レイザービーク、グロンプ、マークウルフ
印が5~7個 ブルーセンチネル、レッドブランブルバック、リフト・ヘラルド、エレメンタルドラゴン
印が7個以上 バロン・ナッシャー、エルダードラゴン


エピックモンスター及びスカトル以外は全て相手ジャングルに印が発生します。
つまりスタックが増加すればするほど、回収が困難な対象に印が付与されるということですが、
スタックが増加しないままゲームが進行した場合でも、難易度の低い対象に印が付与されるため一定の成長が保証されているということです。
一方でスタックの増加が順調なゲームでも7以上は敵チャンピオンからの回収が中心になってしまうため、スノーボールも抑制されています。

Q
高性能な追撃/逃走スキルです。AAタイマーリセットもついています。
Wの範囲内で使用することでCDが短縮されますが、W使用時にもCDが短縮されるので気軽に使いましょう。
W
中立モンスターのASとMSを下げる効果があるので1レベはWを取りましょう。
E
スキルレベルを上げても割合部分とスロー効果は増加せず、CDと基礎ダメージが伸びるだけなので上げるのは最後です。
R
敵にも作用するので難しいですね。うまく使えれば集団戦をひっくり返すポテンシャルはありますが・・・
カジックスやリーシンには終わった瞬間に殺されるので1v1の頼りにはなりません。
ルーン
ルーンはほんの一例です。
比較的ルーンの幅が広いチャンピオンだと思います。必要に応じて選択してください。

・赤
AD
スキルのADRatioが低いのでASでも良いと思いますが、青紫ともにASにしたフルASのルーン構成はどうやら少ないようです。
あまりADが少なくてもAAの威力が不足するからでしょうか?QにAAタイマーリセットがあるのでASが過剰になるからでしょうか?
理由はわかりませんが、今回は青もASを入れているので赤はADを選択しています。

AS
パッシブやジャングルアイテムも含めてonhit主体で戦うので、後半を考えたらASの方が強いと思います。

・青
AS
ジャングルを回るにあたってはMRは不要なので、となればASは代わりに入れるルーンとして筆頭にあがるでしょう。
ただし、赤や紫と比べると数値が低いです。

ScalingCDR
これもMRの代わりに入れるルーンとしては一つの選択肢ですね。特にCDRが必要なチャンピオンではありませんが・・・

FlatMR
ADCのルーンの流用なのかもしれませんが、一定数採用されているようです。Gankの際には有効なので一考の余地はあります。

ScalingMR
かなり後半を考えたルーンです。一般的なマークスマンと比べディフェンシブなビルドをするので良い選択肢だと思います。
のシールドが増加MRで増えるのでわずかですがシナジーが見込めますね。

・黄色
FlatAR
ジャングラーとしては無難ですね。序盤のGankでも役に立ちます。

ScalingHealth
WのデバフとQのKitingで中立からダメージを受けにくいので普通のジャングラーより採用しやすいです。

ScalingAR
珍しいルーンですが、HP+ADのアイテム()はあれどAR+ADのアイテムは無いので
靴以外でARを稼ぐ手段としては数少ない選択肢です。とはいえ基本的には物理魔法(とtrue)全てに作用するHPの方が強力ですが。

・紫
AS
殆どの場合ASが採用されています。紫AD赤ASといったパターンは見かけません。
紫AS赤ADのほうがASとADのバランスが良いのでしょうか?
マスタリー
キーストーンは選択肢が多いと思いますが、多くの場合律動か嵐乗りでしょう。
・よいキーストーン
戦いの律動
キンドレッドで最も多く採用されているのはこれでしょう。純粋に火力を高められれます。
スキルのADRatioは低いものの、クリティカルとASは積むので恩恵はあります。

嵐乗りの勇躍
自身のCCの薄さを補うという点で非常に強力です。敵を追いかけてAAを入れ続ける事ができます。

・よくないキーストーン
渇欲の戦神
中立モンスターに発動しないのでないです。

死神の残り火
ADはあまり積まないのでダメージに期待できませんし、AAでは発動しないのもネックです。

雷帝の号令
ジャングラーとしてはGankの際のバーストを高めるという点で一考の余地はありますが
ADをあまり積まないので伸びしろが無いです。

以下は今回採用したマスタリーの解説です。

・闘争本能
烈火

鮮血
今多くのジャングラーはこれを取ってますね。Gankの際の火力を高められます。
ハリケーンを積むので集団戦で機能するも悪くはないかと。

吸血衝動
ADRatioが低く、APRatioが一つもないのではいらないと思います。

諸刃の剣
このTierは好みが別れると思いますが、ジャングラーとしては即効性がある諸刃が一番だと思います。

乱撃の極み

戦いの律動

・計略思想
粗暴な行為
ASも高めていることですしこちらが無難でしょう。
とはいえ狩りに苦労するチャンピオンではないのでも選択肢です。

ルーンとの調和
これが採用されていることが多いと思います。
敵を追いかけながらAAを繰り返すので赤バフの有無がGankの成否をかなり分けます。
多めのマナ消費を青バフ延長でカバーできるのもうれしいですね。
は多分今の流行のジャングラーに勝てないことが多いのであってもなくても変わらないです。

無慈悲

豊緑の贈り物
これは今ジャングラーでかなり人気のマスタリーですね。Gankの際の火力を高められるので良いです。
中立モンスターにも発動するので、狩り中もきちんとブッシュに出入りしましょう。
ビルド
ビルドの幅もかなり広いです。コアとなるのは下記の2種です。
あまり柔らかいとUltのあと即死してしまうので耐久面を高めるビルドをおすすめします。

・コアアイテム
赤スマイト/黄エンチャ
ほぼ100%購入されるアイテムです。
敵を追いかけてAAを入れられるので赤スマイトの追加ダメージを最大限発揮できます。
スマイト撃った相手から受けるダメージを減らす効果もあるので、危険な相手が多い今のメタでは生命線にもなります。

エンチャントは攻撃速度を高めてパッシブを活かしつつ他の攻撃速度アイテムとの相性も良い黄色エンチャで安定です。
スキルのADRatioが悪いのではマッチしません。少なくとも黄色を押しのけるほどの強さはないです。

ハリケーン
これも多くの場合買われるアイテムです。
パッシブのダメージが乗るのがこのアイテムの購入価値を高めています。
黄色エンチャや王剣、フロマレの効果も乗るのでシナジーの高いアイテムです。中立モンスターを狩るのも早くなります。

買えるのがジャングルアイテムの完成後になってしまうので、
ゲームの進行状況によっては購入されない、あるいは優先度が下げられることもあります。
(相手が育っているのでを買って防御を固める必要があるなど。)

・靴
AS靴
ASが重要なチャンピオンなので無難ですね。

忍者足袋
マークスマンが買うのは珍しいですが、フロマレや黒斧で増えたHPを無駄なく活かすにはARとMRを高める必要があります。
MRのついてくるアイテムは多いです()が、ARのついてくるアイテムは足袋かGAしか無いので
ARが必要だと思えばあまり考えず買ってしまっていいと思います。流行のジャングラーもAD系が多いのでその点も○。

マーキュリー
足袋の項に書いたとおりMRは手に入れやすいので、この靴を買うのはパッシブのCC軽減目当てになると思います。
CCを食らってUltが使えずに死んでしまう事態に備えられるのが良いです。

・その他のアイテム
王剣
パッチ6.23で強化されて以来人気の高まっているアイテムです。
ハリケーンと相性が良く、タンクへの役割遂行/唯一のAS+LSアイテムという2点で評価に値します。
ただしLSが欲しいだけであればでも手に入りますし、
耐久面が上がらないのでゲーム中盤で買う余裕があまりないというのが現状です。

マルモティウス
魔法防御が手に入り、さらにシールドを張るので相乗効果でかなり魔法ダメージに強くなります。
シールド発動時にLSが発生します。王剣のパッシブのダメージがLSに乗るので王剣とのシナジーが良好です。

黒斧
ARを下げる効果より、MSアップのほうが目的として大きいです。から派生するアイテムとしてはもありますが
黒斧だけはMSアップの発動条件が通常攻撃ではなく物理ダメージを与えるになっています。
つまりQで発動するので敵を追いかけやすくなります。 
またアシストでもMSアップが発生するようになるので、集団戦の立ち回りやすさを格段に向上させます。

・さらにその他のアイテム
フロマレ
基本的にはHPを目当てに買うようなものですが、相手をWの範囲内に留めるという点は他のアイテムにない強みでしょう。
ハリケーンでスローがばら撒けます。

ファントムダンサー
追加のASアイテム兼防御アイテムです。
の代わりに買うというものではないです。(結果的にそうなってしまうことはありますが。)
物理ダメージを低減する数少ない手段の一つです。あと相手のジャングラーが1v1が強いなら気休めになります。

サッシュ
特に説明のいるアイテムではないですね。最近はマルザハールサポートが見られるので買う機会は多いでしょう。
魔法ダメージに対する耐久力という点ではにかなり劣ります。必要かどうかよく考えて買うべきでしょう。

モータルリマインダー
タンクへダメージを通すという点では買うべきアイテムですが、耐久面のステータスがついてこないのがネックです。
とはいえ買うべき時は買わなければいけないですね。
買うのはでもいいです。Ultが相手も回復するので気分的にはモータルリマインダーのが強いです。

リデンプション
一見冗談に見えますが、まずこのアイテム自体がかなりコストパフォーマンスに優れている上に
アクティブがキンドレッドに非常に噛み合っている点を考えると購入を考えざるを得ないです。
アシストを得やすいので印回収の助けになり、Ultとタイミングを合わせて使えば相手とかなり優位なHP差を作ることが出来ます。
ステータスも強力で、HPが400もついてくる上にマナリジェネがついてくるのも嬉しいです。

GA
生き返ってもLSが無ければ戦闘に復帰しにくいので、王剣かマルモティウスを持っていなければ要らないと思います。

・さらにさらにその他のアイテム
ウィッツエンド
onhit主体という点でこのアイテムは忘れてはならないでしょう。
相手の魔法防御を下げて自分の魔法防御をあげるという効果ですが、キンドレッドは魔法ダメージを出さないのであまりシナジーはないです。
とはいえAS+MRというニッチなアイテムなので、相手の構成がAPに偏っている場合には思い出してください。

トリニティフォース
キンドレッドは基本攻撃力のレベルごとの上昇量が全チャンピオン中で下から4番目です。
18レベル時点での基本攻撃力は下から2番目です。(最下位はフォーチュン。パッシブでAAに追加ダメージが出ます)
キンドレッドもパッシブで通常攻撃に追加ダメージが発生するので当然ともいえますが、
ともあれ派生アイテムと相性が悪いのは瞭然の事実でしょう。
確かにステータスはとてもマッチしていますし、Qのクールダウンのシステムを考えるとスペルブレードは発動しやすいのですが
黒斧の項に書いたとおりから受け継いだMSアップの効果も弱いことですし、
このアイテムを買うのはあまり賢い判断ではないと思われます。

ステラック
HPと攻撃力が手に入りますが、トリニティの項に書いたとおり基本攻撃力のことを考えると良いアイテムとは言いにくいです。
その上とパッシブが被ってしまうので、購入する機会は限られています。

グインソー
値段が高すぎますしAPが完全に無駄になるのが良くないですね。耐久面も上がりません。

ナイトエッジ
がキンドレッドの特性と噛み合う部分があるので、このアイテムが選択肢にあがるのは自然なことでしょう。
パッシブは使いづらいですがステータスは悪くないです。
おわりに
ここまで読んでいただいてありがとうございました。

執筆者

Kダブ手淫



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!