プレイガイド

ビギナー向け、ADcarry各チャンピォンおすすめ紹介

執筆者: おつゆ3d ゆえて (最終更新日: 2017-09-05 02:37:49)

1,186   0

9
2
82%
トップページ > ビルドガイド検索 - 一般ガイド > 【一般ガイド】ビギナー向け、ADcarry各チャンピォンおすすめ紹介
このガイドはバージョン 7.17.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
こちらはビルドガイドではなく今まで他のレーンやってたけどADcarryをしたいけど沢山いるし難しいのも一杯だし・・・
どれから始めればいいんだろうっていう迷える子羊っていう方々向けです。

個人的な評価とかでのお勧めなので”あくまで”個人的なお勧めとして捉えてもらって
その後に自分のお気に入りを探してもらえるといいと思います。

簡単なチャンピォン紹介と難易度を5段階で設定して評価していきます。

各セクション毎に専門用語が結構あったので用語集を最終セクションに作っておきました。
ここで書かれているモノを含め、幾つか補足的に説明している部分もあるので是非軽く見ておくと
より分かりやすくガイドを見ることが出来ると思います。
アッシュ
難易度★★☆☆☆お勧め

通常攻撃とスキル射程が長くスロウ、スタンを持ち扱いやすいマークスマン。
クリティカルによってダメージやスロウがスケールするパッシブがあり
無限射程のは遠くからのエンゲージ手段として非常に優秀。
との相性が良くマシンガンの様な連射になるので格好いい!
は無限射程の視界を取ることが出来るので相手の動きを把握するのに最適!

良いスキルが揃っているが移動手段が無く逃げ性能が低く射程以外の基礎ステータスも若干低め。
エンゲージスキルとして優秀なは距離によって効果時間が変わる上に方向指定なので
外すと非常に痛い。

難しい技術はの方向指定くらいで後は基本の通常攻撃を多用する為に基礎は覚えやすい。
戦う上でのスタック管理は大切になってくるので戦うタイミングやスキル管理も覚えれる。

マナはを使いすぎると無くなるのでマナ管理も簡単

通常攻撃の中にスキルを2つ織り込む戦い方なので戦いの基本を覚えることに関しては最適。
を味方と合わせたり自分からエンゲージする事を覚えたり学べることは多いはず。


エズリアル
難易度★★★★★あまりお勧めはしません
非常にスタイリッシュな動きが出来るマークスマン。
全てのスキルを回しながら通常攻撃を入れるので操作量が多く
の使い方を一歩間違えれば相手に捕まって死ぬことになる。

他のマークスマンとは違いビルドが非常に特殊。
を買わなければマナが足りないので
このアイテムの完成を如何に早く出来るかがカギとなる。

ほぼ方向指定のスキルセットで
かつメインスキルがで方向指定の技術が必要になってきます。
また通常攻撃とスキルを同時に使うことが出来なければ最大火力は出せないので
ハンドスキルが他のマークスマン以上に必要になります。

ビジュアルは格好良いですがそれなりの技術を持ってないと上手くいきません。

マークスマンとしての技術や理解度を高めてから挑戦する方が良いと思います。
カリスタ
難易度★★★★★お勧めしません
ステップおばさんは私のお気に入りかつ得意チャンピォンの一人。
は通常攻撃の後に移動入力でステップすることが出来る非常に有用なパッシブ。
ダメージの出し方が特殊で通常攻撃とでダメージを与えると貯まるのスタックを消費して
大きなダメージとスロウを与えます。

との相性が良く複数の敵に矢を刺すことが出来るので
これを積んだ後はミニオン処理が非常に楽!

お勧めはしたいですが難しいマークスマンの一人です。
ステップという技術が高いハンドスキルを必要とし操作量も多く
相手とのダメージ交換という部分も理解していなければ負けてしまう。

他のマークスマンとは違い1v1の性能が低く育った相手を往なす力が無いので味方との相性や連携が必要になります。
は非常に強力でエンゲージですが特に先程言った相性、連携が必要になります。
の発動はが、操作はサポートがする為)

このチャンピォンで得られることはハンドスキルだと思います。
これを使いこなすことが出来ればそれなりのハンドスキルを持つ事になるので
もしやってみたい人は根気よく頑張ってみましょう。

私のビルドガイドも役に立てば幸いです!。
ケイトリン
難易度★★★☆☆お勧めです!
スナイパー捜査官。
射程が非常に長く一方的に相手に攻撃を当てれる事が多い。
序盤から相手の有利に立つことが出来て
実質移動スキルであるのおかげで逃げ性能も並以上。
は相手の移動箇所を妨げたり、味方の妨害スキルに合わせて足元に置いたり
と使い方が無限大!

今強いマークスマンの一人です。
クリティカルビルドで出るダメージが高すぎ、かつ射程が相手より長いので
ビルドが揃っていれば相手の柔らかい相手に対して安全な位置から攻撃して大ダメージを与えることが出来ます。

難しい技術を必要としない・・・といえばウソになります。
射程が長く遠くから攻撃できるケイトリンですが結局の所マークスマンですから
柔らかいのは一緒です。近づかれると往なすのが大変ですが
上手いケイトリンはを使って相手を目の前で何度も止め近づけません。

上手い部類に入るにはそれなりの技術が必要になりますが
と同じように安全な位置からの攻撃、マナ管理、位置取り
基礎を覚えるにはうってつけ!
極めれば非常に強いマークスマンとしてチームをキャリーすることが出来るでしょう!
コグマウ
難易度★★★★☆あんまりお勧めしません
かわいい、サモリフ1、ペットにしたいチャンピォン第1位のコグマウちゃん。
ゲロを吐く姿も死んだ後に爆発する姿もキュート。

冗談はさておきこのチャンピォンは高いkite技術(引きうち)が求められます。
他のマークスマンとは違いスキルのダメージがほぼ魔法ダメージに寄っています。
しかもマナ消費が尋常じゃなくマナ管理も慣れていないと難しいです。

メインスキルであるは安全な位置から攻撃できるほど射程が長くなりますが
そんなこと許される訳ないので先ほど言ったkiteが求められます。

移動して攻撃することは全てのマークスマンにとって大事な事ですが
柔らかい上にが発動していない状態の弱さやそれぞれのスキルの使い方

理解しなければならない点が多くありますので
味方の構成が”マークスマンを守ってキャリーしてもらう”のではなく”自分が敵を殺してキャリーします”だと
相手に襲われてすぐ死ぬのがです。

ただし逆に守ってもらえればtankも溶かせるは一番後ろで敵を殴ってるだけでいいのです!
なので味方との連携も大切になってくるのでまずは他のマークスマンを選びましょう!

でもかわいいよ!
ザヤ
難易度★★★☆☆あんまりお勧めしません
スレンダー鳥娘、シコれる。

マークスマンとしての攻撃性は勿論、による完全無敵の自衛力も兼ね備えたマークスマン
ラカンとの相性だけではなく条件付きながらもダメージが出るスネアスキル
集団戦での使い方次第で非常に強力となります!
またダメージと攻撃速度バフを兼ね備えたはCDこそ長いものの超優秀スキル

このチャンピォンはちょっと特殊な部類に入ります。
通常攻撃を基本とし各スキルを使用した際に貯まるを上手く配置、で引き寄せ
ヒットさせることで複数人にスネアと大ダメージを与えます。
クリティカルでスケールするのとスキルを回し羽を常に供給しながら戦う為に





というビルドが一般的です。
ですがこのビルドは非常にパワースパイクが遅く

をメインとするチャンピォンと比べるとレーニングとファームが非常に大切になってきます。
またどのタイミングでを使うかやの当て方を理解しておかないと
羽が当たってもスネアにならないという場面があるのでしっかりと距離感等をつかむ必要があります。

なので初心者にお勧めは出来ません。ただ一通りのマークスマンをこなして少し違うタイプをしたいって人にはお勧め!
シヴィア
難易度★☆☆☆☆お勧め
シヴィアは滅茶苦茶お勧めのマークスマンです。

通常攻撃範囲は短いが射程の長いスキルが揃っており
味方との相性次第では滅茶苦茶強いult。

プッシュする事に長けていてミニオン処理が容易。
ビルドが揃えばスキル1つで処理も可能。

高い技術を必要としないマークスマンの1人で覚えられることも多い。
基礎だけではなくマナ管理やスキルの使い処、特には相手のスキルを1つ無効にできる最強スキル。
アサシンが襲ってきても往なす力はあります!
ですがクールダウンが長いので使い所の見極めが必要になります。

これはどのチャンピォンを使った際にも”クールダウンが長いけど強いスキル”をどこで使うかという能力は
必ずといって言い程必要です。

基礎、他への応用、味方との協力、覚えれる事が多いのでお勧めです!
今はtankメタが来てシヴィアの評価が高くなっているので練習するのもいいですね!
ジン
難易度★★★☆☆お勧め

サイコパス芸術家

マークスマンとは違う通常攻撃の制限、
各スキルのダメージが非常に高く
脅威アイテムとの相性が高い。
射程も長めでマナ持ちもスキルを回すチャンピォンの割には良い。

通常攻撃の回数に上限がある非常に特殊なマークスマンです。
により”4回までしか通常攻撃できない”や”攻撃速度が上がらない”代わりに
クリティカル率、攻撃速度によりADがスケールするので他のマークスマンとは比べ物にならないADを手に入れることが出来ます。

またビルドの幅も広く脅威ビルド、クリティカルビルドといった選択肢で柔軟に対応できるのも強みだと思います。


ただしメインスキルであるは対象指定ながらは長射程のスキルショット、
スキルショットの正確性というのが必要になります。
ラストヒットを取ることに関しても慣れが必要です。

通常攻撃が特殊、スキルショットの正確性。性質から多少の慣れは必要になってきますが
そこまでの熟練度を必要としないと思いますので普通のマークスマンじゃないのを触りたい人は
から入るといいでしょう!
ジンクス
難易度★★☆☆☆かなりお勧めです

まな板

はハイパーキャリー能力を備えたマークスマンといえます。
により集団戦のダメージ、によるゾーニング。

射程とダメージをバランス良く持ち、による他レーンへのプレッシャーというところも魅力
によりキルやアシストを拾うことで一気にその後の追撃、逃げが容易。

最初に言います。ADキャリーという名を一番に感じたい人はこれを使いましょう。

レーニングは割と強いほうだと思います。
しかしのロケットはマナを多く消費し、切り替えることで相手との距離によってDPSも変わってきます。
この切り替えを上手く扱うことでレーン戦集団戦を有利に進めることでしょう

または味方の行動阻害に合わすだけではなく足元に置き、相手をゾーニングすることが出来るので
この使い方によっては相手を近づけさせないということが出来るわけです。

一番のの魅力は。射程無限のダメージが距離によって変わるスキル
よりも早くダメージもあります。
遠くのレーンで体力が低い敵に対してワンチャンスを掴むはどんどんやりましょう。

マナ管理や射程、ダメージ申し分なく今現在のロケットとの相性が良すぎ
ハリケーンの通常攻撃2つにもロケットのAOEダメージが乗りそれぞれの爆破ダメージも重複する為に
固まっている相手に対して超強いです。

以上Jinxはとっても強いし安定しています!なのでお勧めです
トゥイッチ
難易度★★★★☆少しだけ難しい

汚鼠先輩

ステルスを駆使しながら戦うマークスマン
による高いダメージとによる奇襲
そして集団戦でのの強さが魅力

育っているときのによるDPSは凄まじく
一瞬で相手を溶かすことが出来ます。


腐ったチーズが好きだったりとやばい鼠
通常攻撃がメインで貯まったスタックを使って追加ダメージを与えるのはどことなくに似ています。

はステルスだけではなく攻撃速度のバフとしても使えるので便利である。
奇襲に利用できますしステルスで視界の確保もできます。
ですがこちらのステルスは長時間ステルスの分類なので相手の範囲に入ることでステルスが解除(視認される)されるので
油断は禁物、距離感を上手く掴みたい。

若干マナの管理が難しくはマナの消費が大きく何度も打ってハラスするのは
マナの枯渇に繋がってしまいます。

レーニングは少々不得意でほぼ通常攻撃のみでがフルスタックでないとダメージは低め。
前述のように無理にでスタックを貯めようとしたりでファームやちょっとしたハラスをすると
すぐにマナが枯渇します。そのうえ脆いためレーニングの慣れが必要です。

但しキャリー力が高いので腕に自信ある人は使ってみるといいかもしれませんね!
トリスターナ
難易度★★★☆☆お勧め

ヨードルの可愛い奴

による通常攻撃範囲の増加は圧倒的レートゲームでの活躍間違いなし!

最高の攻撃速度バフによる高いダメージ
で追撃や逃走、キルアシストが続いた時のは誰も止めれない!


レートゲームキャリーと呼ばれるマークスマンの1人
によりレベルで通常攻撃範囲が広くなっていく、
後半はを超えます。

序盤は通常攻撃範囲が狭いがのスタック数によるダメージの伸びが良く
つけられた相手は安易にダメージ交換を行えば痛い目を見ます。

各スキルが非常に使いやすく1v1、逃げ、集団戦、全てで活躍できます。

ただしの仕様上序盤のレーニングでコケてしまうとやはりキャリーしにくく
メインスキルであるはダメージを出すのに時間がかかります。
レーニングの弱さをどうするかという点でしっかりと学べるいいチャンピォンだと思いますので
お勧めです!
ドレイブン
難易度★★★★★お勧めしません

リィイイイイグオブドレエエエエエエエエイブンンンンン

お手玉するマークスマン。
により単純な殴り合いはほぼ負けない。
の攻撃速度バフ、移動速度バフ、のノックバック。
はほぼ無限射程のダメージスキルと殺す気マンマンの構成で
がファームとキルによりドレイブンの成長を一気に加速させ
スノーボールも容易です。

殺意丸出しファッキン斧野郎。

条件付きでを永遠に回すことが出来てなおかつ追加ダメージの伸びもよいので
単純な殴り合いにおいてほぼ負けません。

またはファームした分キルした際の追加ゴールドも増えるのでキルを持つ事で相手との差は
他のチャンピォンを使いよりも大きく開きます。

ですがの条件は常に跳ね返ってくる斧を拾う事でありその為に移動が制限され相手のスキルショットを喰らいやすい
またマウスの操作量も増え正確なコントロールが必要になってきますのでそれだけのプレイヤースキルが求められます。

キルが持てないときの差は変化しないしレーニングでの強さを発揮できず負けた場合はかなり失速します。

どれだけ相手に対して殺意を持ってレーニングでキルを得ることが出来るか
アグレッシブな動きというものを学ぶことが出来ます。

ですが求められるスキルが多すぎるので使うのはお勧めしません
フォーチュン
難易度★★★☆☆癖がありますがロマンを求めたいならお勧め

ダメージの出し方がこれまた少々特殊なマークスマン。
により条件次第で序盤から大きなダメージを出せる。
発動で何度も使用可能。
ゾーニングできるに広範囲効果力の
使い方次第で一気に敵をせん滅可能!”

少々癖があります。
により同一の敵を攻撃することでDPSは上げることが出来ません。
は強力ですが跳ね方が特殊で角度や範囲を理解してないと当てることが出来ません。
ですがが組み合わさったダメージは非常に強力で
ビルドが進みこれがマークスマンにヒットすると体力が4割消し飛ぶこともあります。

何と言ってもミスフォーチュンの代名詞は
広範囲にフルヒットで大ダメージを与えることのできるスキルです。

ミスフォーチュンはこれをどのように使うかで勝利できるかが変わってきます。

またビルドが2種類あり
クリティカルビルドはバランスよくスキルを強化でき、同じ敵を攻撃しても火力がそこそこでる。
脅威ビルドはに焦点をあて、敵を一瞬で溶かす事を考えたビルドである。

後者のほうが人気であるがこちらは単純な殴り合いに弱くよりに勝利がかかっているので
使い方が悪いと活躍もクソも出来ません。

なのでお勧めとは言えませんがロマンを求めてみたい人にはお勧めです!
ルシアン
難易度★★★☆☆難しいけど使ってみて

2丁持ちの武器とスタイリッシュな動きで相手を翻弄する黒人マークスマン
序盤から強く、非常にアグレッシブに動くことが出来る。
の効果により何度もダッシュすることが出来る。
はCDが短く射程、発生に優れている。
スキルを回して移動しまくろう!

カツディオンの祖先とも呼ばれる。

により手数が多く、またスキルのCDが低くダメージが高めなので
序盤からアグレッシブに攻めることが出来ます。
CDRを稼ぐことで全スキルのCDが非常に短くなり手数がさらに多くなります。
また取得後はさらにキルチャンスが高くなるので攻めのレーンにしたい人にはお勧めなチャンピォンとなっています。

ですが彼の難しいところはそのアグレッシブな時間帯をしっかりと把握してで相手のスキルを避ける事にあります。
また射程が短くマナ消費も激しい為、どの場面で勝てるか勝てないかの判断が非常に難しくなっているので
適当にエンゲージすることで勝てるチャンピォンではありません。
またビルドにもよりますが後半はかなり失速します。その為試合が長引くと勝てなくなります。

ですがこのチャンピォンではスキルの回し方とスキルとAAを織り交ぜた戦い方と交戦のタイミング等
大切なモノを学べます。これは他のマークスマンにも勿論大切になってくる部分なので
難しい部類ですが使ってみることをお勧めします
ヴァルス
難易度★★☆☆☆お勧め!

見た目がヴァンパイアロードみたいなマークスマン。
長射程のは優秀なPokeスキル
により戦闘時のASが上昇してDPSが増加。
また回復阻害持ちの、条件付き範囲スネアの
2つの優秀なゾーニングスキルにより集団戦も戦いやすい。


このチャンピォンは全体的にスキルレンジが長いので戦いやすい部類だと思います。
相手から全く見えない範囲でを打つことも出来ますし
の追加ダメージもレーニングではかなり活躍します。

このチャンピォンの難しい所はマナ管理と機動力の無さにあります。
優秀なスキルが揃っていますが他のチャンピォン同様、適当にスキルを打つと枯渇が激しいです。
またダッシュスキルも無く相手のCCを避けるのは難しいです。
ただそれは他のチャンピォンと同じですから射程の長さと戦いやすさはお勧めな部類に入ります。

方向指定のメインスキル2つと使い方次第で非常に強力な

スキルセットが優秀で集団戦でも活躍できるこのマークスマンは是非お勧めしたいです。
ヴェイン
難易度★★★★★絶対に使うな

hi , i watched gosu video , ill carry. trust me.
でお馴染み

低CDのダッシュスキルによる高い追撃能力
相手の無敵ダッシュ以外の攻撃を跳ね返すことが出来る
何と言っても確定ダメージのはtankも関係なし!
で消えることが出来きるので相手からのターゲット外しも簡単!

皆も是非ハイパーキャリーしよう!

というわけでこのチャンピォンは絶対に使ってはいけません
(それでも使いたいという人は使ってください)
このチャンピォンは攻撃が実質通常攻撃のみになっています。
の様にメインは通常攻撃だけどスキルダメージに繋がる
そんなことは一切ないです。
また射程が短く他のマークスマンとの相性が非常に悪い(特に相手の射程が長い場合)
ので序盤のレーニングを乗り切る為のプレイヤースキルが求められます。
たとえ序盤を乗り切ったとしても中盤以降キャリーとしての能力が発揮できる時間になり
活躍する為には距離感、スキルタイミング、ダメージ計算、その他もろもろ技術、
要求される知識量、技術量は他のマークスマンと比べ物になりません

但しそれ相応の後半のダメージとキャリー能力が備わっています。

私はこのチャンピォンは今では使えるようになってますがそこまでの道のりは長かったといえます。
youtubeで調べれば分かりますがこのを得意とするgosu,doubleliftのmontageが大量に出てきます。
(montageは上手いプレイを集めたダイジェスト動画です)
それを見た人が真似て地雷になるというのが最初に適当に英語で書いたあの文章の真意です。

いつかこのチャンピォンでキャリーしたいというのは分かりますがまずは基礎を学び
他のチャンピォンを使えるようになって尚且つゲームを理解してから動画を見て学び真似て
本当のを強さを発揮してください。

その時はきっとハイパーキャリーとして皆から褒められることでしょう!
マークスマンのルーンのすゝめ
基本
×9
×9
×9
×3
最も基本となるルーンです

応用(攻撃速度重視)
×9
×3~6残りを
×9
×3
魔法防御を削ってマークスマンとして必要な攻撃速度に少し振ります。
その分の耐久は減りますが序盤のラストヒットや殴り合いで有利になる場合もあります。

その他にも赤を削って攻撃速度に振ったりAPのスケールもあるチャンピォンは
マスタリーのを1、を4振って
×1を組み合わせる事で
若干のADAPを相手より得る事が出来ます。その場合は赤か青に攻撃速度を組み込みます。

これですべてが変わるわけではないのでこの辺はお好みでどうぞ。
マークスマンのマスタリーのすゝめ
キースストーン
を取る場合は基本的にクリティカルビルドをメインアイテムとするビルド
クリティカルでスケールする為に相性が良いです。もしくは序盤のレーニングで辛いマークスマンの場合サステインを高めれます


を取る場合は基本的にをファーストアイテムとするビルド
スタックでADが上昇するので全ての時間帯で殴り合いにおいて有用である。
但しと比べてサステイン能力に欠ける
序盤にライフスティールを得ることが出来るスタートでよく使われています。

但しこれらはあくまで基本的な場合でありの様にスタートではあるが
序盤の弱さが酷いチャンピォンには積まれたりします。

この辺は自分のレーニングで安定を取るかアグレッシブさを取るかで変わってきますので考えてみて下さい。


またマスタリーは18-0-12の形をお勧めします。

以前は18-12-0の形もありましたがほぼ18-0-12の形で固定されています。
形としては

が基本です。

ここで注目するのは
or
or
です

orについて
レーニングでの安定性を求めるなら、少しでも攻撃面の強化をしたい場合は

or
現在プロの中で使われているのはが多いです。
理由は詳しくは明らかになってはいませんが個人的な考えとしては
”脅威によるダメージ”や”マークスマンの現在の活躍できる時間”を考えての選択なのではと思っています。

サモナースペルのCDRかゲーム全体を通しての自分の耐久値なのかはお任せします。
但しプロはです
用語説明
少々用語について難しい部分もあると思うので出来る限り抜粋してわかりやすく説明しておきます。
・ADCarry
AttackDamageCarryの略でゲームをcarry(勝利に導く)するADチャンピォン
・エンゲージ
交戦すること・交戦しようとすること
・スキルセット
スキル構成
・ハンドスキル
プレイヤースキル?マウスやキーボード操作の正確さなどを指す
・kite技術
引きうちと呼ばれる動きながら攻撃を繰り返すこと
・スケール
例クリティカルでスケールするとはクリティカル値によって全体的な戦闘能力が上がっていく事
・レーニング
主に序盤中盤までのレーンでのファーム・戦闘
・ラストヒット
ミニオンの体力ぎりぎりを狙って倒しお金を稼ぐこと
・ファーム
ミニオンのラストヒットを取ってお金を稼ぐこと
・パワースパイク
そのチャンピォンがダメージを十分に出せる時間帯
・プッシュ
その名の通りミニオンを相手の方へ押し付けること
・クールダウン
CDとも略されアイテムやスキルの待機時間のこと。CDRはそれを短縮することができる率最大40%
・tankメタ
topやjg、supにtankを多く置き、全体的な構成を固めにしたゲームの流行
・脅威アイテム
レベルによって数値が変わる物理防御貫通を持つアイテム
・クリティカルビルド
を軸に派生のアイテムを積んでいく終盤向けのビルド
・スキルショット
方向指定のスキルや地点指定?のスキルのこと
・ゾーニング
チャンピォン自身、もしくは設置系のスキルなどを使って相手の行動範囲を制限したりする
・DPS
Damage Per Sec(秒間ダメージ)
・スタックする
効果が続いてる間にそれが重複していく時によく使う、貯まること
・バフ⇔(デバフ)
プラス付加能力、マイナス付加能力 
・レートゲーム
時間が長いゲーム、レートゲームキャリーは終盤に強いチャンピォン
・スノーボール
雪だるま式に育っていくこと
・カツディオン
LJLの実況、ルシアンみたいな黒さだからよくネタにされる。
・gosu
北アメリカサーバーでADCとして超有名配信者でVayneが上手い。
・Doublelift
北アメリカサーバーのプロ、TeamSoloMidのADC、高い技術を持っているプロの1人。
・サステイン
レーン維持をする為の能力
最後に
ここまで個人的な意見でのマークスマンのお勧めということでダラダラと書いてきましたが如何でしたでしょうか。

マークスマン、AttackDamageCarryと呼ばれるロールは非常に華があり憧れますよね。

その道は長く険しいと思います。ただ練習を積むことで一番ハンドスキルが伸びるレーンではないかと思いますので

諦めずにチャレンジし常に考えてプレイするよう心掛けてください!。

偉そうにお勧めじゃないとか使うなとか書いてるからって使っちゃダメってわけじゃないです。
ある程度冗談込みの部分もあったりもあるので・・・。

とにかく自分のあうチャンピォンを使いましょう。

執筆者

おつゆ3d ゆえて

top gnar renek
jg elise
mid taliyah
adc all
sup lulu thresh


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!