ビルドガイド: ジグス - Ziggs

ジグス: リッチベインを積まないビルドガイド 他マッチアップ等すべて解説!

執筆者: yosamutyo (最終更新日: 2017-09-26 15:26:08)

1,348   0

5
2
71%
トップページ > ビルドガイド検索 - ジグス > 【ビルドガイド】ジグス: リッチベインを積まないビルドガイド 他マッチアップ等すべて解説!
どんなビルドにすればいいの?強い時間は?どんな立ち回りをすればいいの?マスタリーは?ルーンは?なんでリッチベイン積まないの?
そんなことが自分の考えなりにかいてあります

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 体力の章(III) 体力 +8
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 魔力の神髄(III) 魔力 +4.95
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


理想的な最終ビルド

vs ap

vs ad

状況に応じて

敵の序盤のバーストが強い時

最終ビルド

サモナースペル

安定択 これを外す理由はないでしょう


セカンドサモナースペルの選択肢の1つ。ヒールよりもクールダウンが短く、イグナイトに対して%カットがないところがヒールとの違い。
レーンがあまり強くなく、集団戦でフォーカスされるジグスの生存スペル


バリアと比べて、使用時のヘイストによる追撃、カイト、ガンク回避ができる。最大の特徴は序中盤でのjg,midの2v2での小規模戦に置いて、バリアより効果的である。対面がイグナイトを持つことが予想されるときは、ヒールを選択しなかったり、敵に使われる前にヒールを切ろう。


対面が確定ccを持っている
序盤の敵jgのccが強力
敵のエンゲージが強力
それ以外にも捕まってはいけないccを敵が持っている時に選択
ノックアップ、ノックバック、サプレッションなどには効果がない。


対面がアサシンでバーストを回避したいとき、バリアよりもチームファイトに貢献できる。


持ちたかったらどうぞ。自分は持ったことないです。


ジグスとは合わないかな
ルーン

赤は基本これでいいでしょう


対面がapの時、黄色にはこれ。体力が+72され、レーンでのスキル一回分くらいに相当します。

対面がadの時はこれ。受けるダメージはAR値(もちろんMRも同じ)によって割合でカットされるので、積むのと積まないのでは変わってきます。


対面がapの時、青色にはこれ。adの時の黄色と同じ感じ。

対面がadの時。

終盤のクールダウンが稼ぎたいとき(アイテムビルドではcdr40%にならないとき)これを6つ積むことでcdrが10%稼げます。

神髄は言うことなし。

ここから先は自分の考え。
自分はルーンは序盤を支えるための物だと思っています。
たとえば黄色に物理防御ルーンを積んだとき、ARは+9されます。
ゾーニャの砂時計はAR+45。レートゲームになればなるほど、ルーンの影響力は薄れていきます。
なので例外を除いて、終盤のことをルーンで気にする必要はないと思います。
例えば対面がapの時、黄色には体力を積むわけです。
でもさ、敵にはadcがいるじゃないですか。対面がadの時は上で「防御値ルーンを積むのと積まないのでは違う」とか言っときながら、adcのためにARルーン積む必要はないのか?と思うかもしれません。
でもadcからダメージを頻繁に受けることは中盤以降じゃないですか。その時にはちんけなルーンでのAR+9より、とかの方がよっぽど意味あるんですよ。(積むかどうかは置いといて)
だったら序盤のレーンが楽になるように体力ルーン積んだ方がええやんって考えなんですね。
なのでレートゲーム向けの「伸び行く~」系のルーンはあまりおすすめしません。序盤が弱すぎます。





マスタリー
キーストーンは
バーストより、ポークに寄せる場合はですが
はスキルEとの相性も良いのでこっちがおすすめ。
真ん中3列目のマナ回復や左3列目のLSはお好みで1/5だけとってもいいかもしれません。
スキル

ジグスのパッシブ。これと後述のWによってメイジらしからぬタワーシージ性能を誇る。
序盤では意外とダメージソースになる。
スキルを使うことに寄りパッシブのcdが短くなるため、スキルをまわすことを意識しよう。
終盤ではaa→q→e→aa→wでタワーがとれたりする。
タワーを折る際はパッシブを消費してからスキルを使わないと取れるタワーが取れなかったりする。


メインウェポン。高射程、優秀なcdによるポークスキル。
レーン戦では当てるのが難しいが直当てするよりもミニオンに当てて爆風にチャンピオンを巻き込むことを考えよう。
敵がaaでcsを取ろうとした瞬間に一発当ててやる。
ジグスはレーンがあまり強くないと述べたが、これの命中精度次第によってはどうにでもなる。ポークメイジなんてそんなもん。
終盤では敵を(特にキャリーを)狙って投げるのは当然だが、すぐにcdが上がるので、どんどん使うことを意識しよう。


タワーの体力が一定以下の時、ジグスが近づくとタワーの上にマークが見える。そのタワーにwをポイッてするとタワーが壊れる。
自分のレーンはもちろん、他のレーンのタワーが瀕死だけど取り切れてない状況の時にトコトコ歩いて投げて帰ってくるだけでタワーがとれる。
これによってチームゴールドのアドバンテージを得やすい。champion.ggでのジグスの序盤の勝率が高いのはタワーゲームにしてゴールドアドバンテージを取ってスノーボールする展開がよくあるからだと思う。しかしジグスはレートゲームチャンピオン
(後で詳しく記載)
他の使い方としては、ブリンクによるガンク回避、位置確保、ガンク合わせ、集団戦での味方adcへの敵ブルーザーからのピール
など使い方はさまざま、q,e,rは誰でも使えますが、ジグスの差はwで出ます。タワーとりたいのにwがcd。wをケチって死んだ。死なせた。

最悪ですね。


雷帝の号令との相性がいい。短い通路でのゾーニング、タンクとキャリーの前後を分断、ピールなどユーティリティに長けたスキル。
射程があまり長くないのが注意。


序盤は他レーンのウェーブクリアとか青バフスティールに使ってもokってcerosさんが言ってました。はい。
高射程、高火力、広範囲のスキルなため、中盤以降の集団戦ではとても大事。チームファイト勝てるか決まります。
味方のccに合わせたり、敵が固まってるところにうったり、ゾーニングのような形でうったり、敵が止まるウルトのところに当てたり、いろいろあります。その時その時の判断を間違えないように。
ビルド
cdr、マナを必要とするジグスと相性がいい。基本はこれが初手。
バーストが増えます。どちらかというと序盤(2,3アイテム目)に行くもの。
タンクが育ってくる3,4アイテムあたり。
ap伸ばしたいとき。
ar値が欲しい、フィズやゼド、カーサスがいる時、adjgやブルーザーにいじめられてるとき
mr値が欲しい、敵の強力なスキルを一回無効にしたいなど
固定魔法防御貫通がもらえるので、タンクじゃない敵へのダメージがすごい。買うなら序盤

敵の序盤のバーストが強力時は、初手からに行って体力のスタッツをのばす。これによってバーストを耐える。
しかし、このビルドだとcdrが課題。


基本はこれ。ペネトレーションが欲しい。
状況に応じて。火力が落ちることを考えたうえで積もう。敵がalladなら迷わず足袋
cdrがほしいなら。

追記
スロウによるカイトピールが目的。火力が少し落ちるのがネック。自分が火力を出すよりも他にハードキャリーがいる時に採用するかも。ユーティリティに寄ったアイテム
タワー折性能や少数戦に寄ったアイテム。タワー折はこれがなくてもある程度早いし(もちろん積んだ方が早いが、積むほどではないと言う意見)、ジグスの仕事は少数戦より集団戦だと思っているので自分はほとんど積まない。
だって終盤タワーを折る機会がある時って大抵集団戦に勝った後じゃん?(もちろんローテーション、バックドアとかの例外はあるけどね)だったら集団戦に寄せた方が結局タワーもとれることない?
立ち回り
1lv~5lv
マナを使いすぎないように。レーンを押すときはワードを置く。敵jgの位置が分からないならパッシブなレーンをする。
マナとレーンのコントロールとcsを意識しようキルが得られなくても、csが取れれば(8.5/min)パワースパイクでの火力は期待できる。
味方jgが敵陣へ入るならウェーブをおしてあげよう。ガンク合わせは難しい部類だがeのスロウからwを当てたりしよう。

6lv
ultを手に入れた。それまでのポークによって体力を削ることができていたらキルを狙ってもいいかも。ただし、勝った時のリターンより負けるリスクを考えて8割がた勝てる時に仕掛けよう。ジグスはアマリアグレッシブにキルを狙っていかず、しっかりとファームし、レーンをコントロールする。そういうチャンピオンです。

~11lvくらい
ファーストリコールしてマナアイテムを買ったり、青バブをもらえたりした。スキルレベルも上がって来たのでレーンをプッシュして対面を縛りつけよう。ガンクは気をつけて。無理にロームするのではなくしっかりとコントロールをしよう。もちろんjg内での集団戦トカが起きる時間帯なので、そこには参加。ウェーブをおすことによって対面より早く参加できる。
midをpushしたら、味方jgと一緒に動くのも強い。2人でjgの視界を取ったり、botに4マンダイブをしたり。
特にbotダイブはキルが取れなくてモ、ジグスによってファーストタワーが狙える。
さきほど無理にロームはしないと言ったが、それは無駄なロームによってレーンの主導権や経験値を失わないということ。横に動くことに寄ってマップ全体に圧力をかけるのは大事。

終盤
1回の集団戦の勝敗がゲームの結果につながる。
するべきことは
①集団戦前にポークで敵のヘルスを削る。
②始まったら効果的なultを当てる。
③捕まらない位置にいる。
特に③番は重要。ジグスのパッシブのことを考えるとaaをたくさんしたくなるが、捕まってはいけない、aaは自分から殴りに行くのではなく、殴れる位置にいる敵を殴ろう
ジグスの射程は長所だ。aaしにいって捕まって、不完全燃焼のままデスはさけたい。
安全な位置からスキルを回し、ultによるバーストと、長い時間火力を出しつづけることを優先しよう
midマッチアップ
白丸●が多いほどジグス有利。
●●●○○
レベル6以降のpush力はアニビアが上。お互いウェーブクリアに長けたチャンピオンなので、タワーシージはおたがいしづらい。
アニビアのQをくらってしまうと、大きなダメージをくらってしまうので、Qはよけよう。弾速は遅いのでよく見てよけること。RやWで妨害されてからQを打ってくる場合は注意。Wのブリンクを使ってでもよけよう。敵は大きなマナを消費するため、何回も打つことはできない。
また、敵はテレポートを採用してくる。こちらもテレポートを持って対抗するのも一つの手だし、クレンズによるスタン解除、ヒールやバリアで1v1にプレッシャーをかけるのもok マナ管理だけ気を付けよう。
●●○○○
Qによるヘイストもあり、ジグスのスキルがあたりづらい。チャームをくらってしまうと不利なダメージトレードとなる。横に動いてよけよう。そのため、早めにブーツを購入するのも手。ミニオンの後ろにいてチャームを回避するのも手だが、その場合はQがよけづらくなるのできをつけよう。
レベル6からは敵のほうがキルポテンシャルは大きい。R→Eによるソロキルやガンク合わせに気を付けよう。敵がイグナイトを採用してくる場合はダメージ計算を間違えないように、バリアを採用して敵のバーストを耐えたり、クレンズでチャームを解除するのもあり。ヒールを採用するときは、敵のイグナイトより早く使おう。序盤はダメージやウェーブコントロールで不利に回るが、中盤以降はジグスのほうがポテンシャルは大きい。強い時間まで耐えよう。序盤にこちらのポークが当たっていたら、レベル6でRを使ってキルを狙うのも考えよう。しかし、絶対負けない状況で。
●◐○○○
序盤は敵のによってウェーブを押し込まれるだろう。負けないようにウェーブを押すと、こちらのマナが先に切れる。敵のEの間合いに入ってしまうとEQ雷帝のダメージをもらってしまう。敵は3回ダメージをあてて、パッシブで逃げるダメージトレードを狙っている。Eの間合いには入らない。Qは帰りは当たらないように。ウェーブを押し込まれて、サイドロームされるのでmiaピンを忘れない。ファーストリコールして青バフをもらうレベル9ごろからウェーブの主導権が握れる。
敵が131を始めてきたら結構つらい。合わせてもいいし、ジグスのウェーブクリアによってmidを1人で守って、サイドレーンにはbot二人に行ってもらうのも選択肢の一つ。その場合は敵の強引なmidダイブは気を付ける。3アイテム積むまではなんとか耐えよう。それ以降はグループアップして集団線をしよう。序盤にエコーにキルが入ってなければ集団線はジグスのほうが活躍できる。
●●●●○
スキルレンジがジグスのほうが長く、ウェーブクリアもジグスのほうが早い。midを押し込んでウェーブコントロールをしよう。基本的には有利マッチアップだが、ガンクなどで、オリアナにキルが入ってしまった場合、オリアナのハラスがとても痛くなる。そうなったらボールでゾーニングされてしまうので、ガンクや万が一のソロキルには気を付ける。
●●◐〇〇
ウェーブクリアを一気にされてサイドロームされるとどうしても敵に先手を取られてしまう。リバーやmidレーンにワードを置いてソルの動きを把握しよう。スキルレンジの差によってポークをしてロームさせないようプレッシャーをかけよう。
●〇〇〇〇
まあメイジなんでこいつはつらいですよね。6までに敵がcsを取るタイミングでハラスして、6からのオールインをされないようにしよう。
テレポートを持ってくるのでリコールタイミングは気を付ける。131されると勝てないので、味方とグループアップして試合を動かしていこう。
●●●●〇
スキルレンジの差によってポークが可能。カシオペアの強い間合いに入られると絶対勝てないので、距離を詰めてきたら足元にEをしいて拒否したりブリンクで逃げよう。ミアズマには注意。Rは後ろを向いてよけれたらベスト。クレンズを持つのも有り。
有利の●4つにしているが、ハンドスキル次第でどちらにも傾くだろう。
●●●〇〇
レベル2や3は勝てない。このタイミングでのオールインは絶対回避。マジでソロキルされます。
一見つらそうなマッチアップであるが、ポークによってオールインを回避すると、ソロキルも可能ではある。エコーとは違いカタリナはウェーブクリアがあまり得意ではなく(もちろんスキル複数使うとできるけど)カサディンのようにAPのハードカウンターであったり、TPを持ってくることも少ない。丁寧にやれば勝てるマッチアップ。
●●●〇〇
dpsでは勝てない。レンジの長いQで丁寧にハラスしよう。カーサスの強い間合いに入らないことがとても大事。またカーサスのレベル6は他レーンにも影響があるので、チャットでしらせよう。中盤にゾーニャに行って、カーサスのRをカウンターしよう。
最後に
質問やこんなこと書いてって要望があったらコメントください。可能な限り書き足します。

執筆者

yosamutyo

mid メイン
op.ggも同じ名前。
自分のtierなどを見た上で、ビルドを参考にするか判断してください。


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!