プレイガイド

【8.10】ハースストーンで買うべきパック

執筆者: Kダブ手淫 (最終更新日: 2018-05-18 15:19:20)

745   0

2
4
67%
トップページ > ビルドガイド検索 - 一般ガイド > 【一般ガイド】【8.10】ハースストーンで買うべきパック
このガイドはバージョン 8.10.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
こんにちは
ハースストーンを今から始める人向けのガイドがなかったので作ってみました。
目次
スタン落ちについて
スタンダードとは
馴染みのない人のために軽く説明しておくと
いくつかのカードゲームにおいて、直近数年以内に発売されたカードのみ使用可能な「スタンダード」というルールが制定されています。
期間が経ちスタンダードから外れることをスタン落ちと呼びます。

ハースストーンにおいては前年度発売されたパックと本年度発売されたパックがスタンダードの対象です。
つまり年度の最後に発売されたパックは使用可能な期間が短いということです。

以下に現在スタンダードで使えるパックを発売された順に並べます。
大魔境ウンゴロ
凍てつく玉座の騎士団
コボルトと秘宝の迷宮
――前年度ここまで――
妖の森ウィッチウッド←今ここ

これら+クラシック(一番最初に発売されたパック)がスタンダードで使えるカードです。
クラシックはスタン落ちの対象にならず、今後もずっと使えます。
以下にカードパックをオススメ順に紹介していきます。
凍てつく玉座の騎士団
一番のおすすめは凍てつく玉座の騎士団です。
リッチキング、コバルトスケイルベインと言った汎用性が高く使用率も高い中立カードが多いです。
また、各種DKカードはそれぞれ使いみちがあり、ハズレジェンドが少ないパックと言えるでしょう。
クラシック
カードの種類が多いため特定のカードが欲しくても手に入りにくいですが、汎用性の高いカードは多くスタン落ちの影響を受けないです。
毎週の酒場の喧嘩で手に入る点、カードの種類が多い点から考えると騎士団より優先度は低いと思います。
ハースストーンを長く続けるならどのカードが出ても何れ使う機会は来ますが、場合によっては作りたいデッキに合わせてカードをクラフトした方が手っ取り早いかもしれませんので。
妖の森ウィッチウッド
最新パックです。奇数/偶数のシステムが実装されました。
ゲン・グレイメイン、月を食らうものバクは奇数偶数デッキのコアであり、中立カードなので汎用性が高いです。
他にもライフドリンカーなどの強力な中立カードが多いので見逃せないパックです。
大魔境ウンゴロ
タールクリーパー、ファイアフライ、ストーンヒルの守護者などパワーカードだらけのパックです。
一方でパックの目玉であるクエストカードはレジェンドでありながら現在のメタでは使われておらず、ハズレの多いパックだと思います。
コボルトと秘宝の迷宮
パワーカードが多く波乱を巻き起こしたパックです。
波乱を巻き起こしすぎていくつかのカードがナーフ対象になってしまいました。
癖のあるカードが多く、現在のメタでは「一線級では無いが使える」レジェンドが多いです。長い目で見たら損はしないパックでしょう。

執筆者

Kダブ手淫



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!