ビルドガイド: ポッピー - Poppy

ポッピー: 【8.13】使うなら今!?jungleポッピーガイド

執筆者: ぽぴこ (最終更新日: 2018-07-26 16:28:50)

1,722   0

6
6
50%
トップページ > ビルドガイド検索 - ポッピー > 【ビルドガイド】ポッピー: 【8.13】使うなら今!?jungleポッピーガイド
このガイドはバージョン 8.14.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
※ 当ビルドガイドはパッチ8.13時点の情報をもとに作成されています。
(7/26…基本的な方針にタワーダイブについての情報を追記)

最近のパッチで少しずつBuffされているpoppy。
チャンピオン性能はかなり優秀になってきてはいるのですが、現状征服者持ちのファイターが多く試合時間も短い中では
topタンクとして運用することは少し難しいです。
一方jungleではファイターとの殴り合いを避けることができ、序盤から影響力を発揮することができるため
一考に値するpickになってきているのではないかと思います。
そんなjunglepoppy(略してjuppy)のガイドをご紹介します。

もし少しでも参考になれば高評価やコメントを残していただけると励みになります。

ルーン

覇道
電撃
サドンインパクト
目玉コレクター
執拗な賞金首狩り
不滅
ボーンアーマー
羽化

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

-

どちらかひとつずつ

後は防具

状況に応じて

最終ビルド

イントロダクション
簡単な自己紹介(飛ばしても構いません)

日本鯖実装の頃からpoppyメインで使用しています。
メタに合わせていろいろなチャンプも使いますが、poppyの合うメタであればtop、jg、supでの運用を試すようにしています。

長所と短所
の長所
- 1. を活かした森の中での強力な1v1
- 2. による特定のチャンプへのカウンター性能
- 3. で人数差を作ることで集団戦、少数戦でアドバンテージを作りやすい
- 4. かわいい

の短所
- 1. のccに慣れが必要で、信頼性がやや薄い
- 2. 序盤、単体モンスターを狩るのがあまり速くない
- 3. を使って敵を助けてしまうケースが有る
- 4. かわいすぎて敵に狙われる
サモナースペル
フラッシュ…Fキーに設定しましょう。Dキーにしてはいけません。FはFlashのFです。
スマイト…junglerがこれを持っていかないとremakeするはめになります
ルーン
(ルーンのアイコンが何故か出せない)

~メインパス~

覇道

電撃 AAで非常に簡単に発動することが可能。序盤の1v1、Gankでのプレッシャーを高めるためにほぼ一択

サドンインパクト 序盤のプレッシャーを高めるためにサドンインパクトが安定。で発動する。

目玉コレクター or ゾンビワード Gankや集団戦が得意なのでキルに絡みやすく、目玉は比較的集めやすい。ゾンビワードでもよい

執拗な賞金首狩り 徒歩勢なので一択。足の早いpoppyの迫ってくるプレッシャーはかなり大きい。


不屈 or 魔導

不屈
ボーンアーマー&羽化 タンク御用達不屈セット。様々なシーンで安定性を高めてくれる無難なチョイス。

魔導
追い風&水走り 追い風がと相性がよく、水走りによってさらに加速&Gankに行きやすかったりカニバトルに強くなったりする。攻撃的な選択をしたい場合に。
アイテムについて
~序盤のビルド~



低CDのを活かすためからのスタートが安定。
ジャングルアイテムを無視してに直行したい気持ちもあるが、序盤のGankプレッシャーとファーム速度を考えるとの購入は必須と思われる。
ほぼ徒歩勢なのでの優先度は高く、も、壁ドンの成功率を高めるために常に持っておきたい。

~2つ目のコアアイテム~

を購入し、のどちらかを目指す。
完成後、または完成前のどこかのタイミングにを進化させる。(徒歩勢なので優先度は高め)

低CDの、遠距離からAAできるの存在から派生のアイテムと非常に相性が良い。
基本的には耐久力、Gank性能、ファーム速度、集団戦での存在感を引き出せるに行くのが安定。
よっぽどスノーボールしていてキャリーする必要がある場合や、1v1での圧力を高めたい場合はで攻撃的に行くのもよい。

の進化は相手の構成に合わせてから選択。迷ったら(アイスボーンを積むとARがもらえるので)でよい。
Gank力を相当に重視したい場合で攻撃的に行く場合、チェイス性能を高めるなども状況に応じてチョイスしてもよい。

~その後のビルド~

基本的に敵の中に突っ込んでいってタンクの役割を果たすため、防具を積むのが良い。
相手の構成に合わせて、ARアイテムから1~2個、MRアイテムから0~2個、積んだ後、最後にを状況に応じて積む。


・ARアイテム

 優秀なステータス、AS低下に加え、スロウをかけられるアクティブも優秀。迷ったらこれ。敵がクリティカルビルドでない場合でも選択肢に入ると思っている。

 攻撃的に行きたい場合はこちら。移動速度、ダメージ、スロウを貰えるため、ピックアップやGankの圧力が向上する。

 回復阻害が必要であったり、AA重視のチャンピオンが多い場合に選択する。確定ダメージが豊富な現状、HPが低いこの防具の優先度は低め。

 CDRが過剰になる、HPをくれない、マナも無駄。基本的に積む理由がない。を積む余裕が無いほど遅れを取っている場合、それらの代わりに仕方なく積んでも良い。(他の防具を初手に行くとCDとマナが足りなくなる)


・MRアイテム

相手にAPチャンピオンが少ない場合、ここまでで止めて後はフルARでもよいくらいARアイテムの方がいろいろと優秀

 これ以外の選択肢が無さすぎてつらい。このアイテムをもってCDRが30%になるのはとてもありがたい。

 まだMRが欲しいのであれば。敵の中に飛び込むことの多いpoppyとの相性は良い方ではあるが、今のpoppyはダメージを結構出せるのでもったいない。


について

poppyは敵陣奥深くまで飛び込んでいく事が多く、のパッシブは活かしづらい。ただし確定ダメージ対策としては有用で、CDRもほどよくくれるこのアイテムは最後に積むといい場合が多い。相手のポークが厳しい場合など、にらみ合いが長く続く状況でも選択する。


・サポートアイテムについて

poppyはによるピール、ディスエンゲージ能力を生かしてサポート的に立ち回ることもできる。
味方のキャリーが非常に育っていてタンクサポートが居ない場合、サポートアイテムも選択肢に入るだろう。

 バランスの良いステータスをくれる無難なアイテム。キャリーを守りさえすれば勝てそうな場合に選択しよう。

 強力なスロウフィールドと追加ダメージで、味方のマークスマンが育っている場合に集団戦で相手を飲み込むことができる。溜めなしのが仕様変更によって集団戦で使いやすくなったため、poppyと相性のいいアイテムになった

 相手にがいる場合など、強力なAoEへの対策が必要な場合、仕方なく積んでも良い。ステータスが貧弱なのでできれば避けたい。


~トリンケットについて~

or

ワードを置けるジャングルアイテムが無くなったこと、を持つ余裕が作りやすいことからでよいと思われる。ちゃんとを買ってデワードしよう。
スキルについて
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R
主要なダメージ源であり、ファームの要でもあるをMAXに
その後、1度の集団戦でどうしても相手のブリンクから味方を何度も守る必要がある場合のみ
そうでなければを上げていく

Passive
遠距離からのAAに加え、落ちた盾を拾うことでシールドを獲得する。
中立を狩る際には確実に拾ってダメージを軽減していこう。
の効果を発生させることができるため、を持っている場合はGankの際にでスロウフィールドを発生させてGankを刺すことができる。

Q
優秀な低CDのAoEダメージとスロウ。
ファーム、戦闘、Gank、全てにおいて重要なスキル。CD毎にとにかくぶっぱなそう。
複数体いる中立を狩る場合、で中立をスタンさせた後、後ろや横に向き直らないと全員にが当たらない場合があるため注意。

W
poppyをpoppyたらしめる、相手チャンピオンのブリンクを止めるという唯一無二のユニークなスキル。
相手のチャンピオンがブリンクを持っているかどうか、どのタイミングで使用するか(使用されたくないか)を考えて使うことで存在感を何倍にも高めることができる。
危険な相手が飛び込んでくる状況から味方を守ったり、ダッシュで逃げていこうとする相手をとどめたりする場合に非常に有効である。
もちろん単純に足を早くする用途も有用。

移動系スキルでも瞬間移動をするスキル(等)
また、アンストッパブルなスキル(等)のようなものは止めることができない
逆に一見ブリンクのようには見えないによる回収や、の飛びかかりなども止めることができる。カニがダッシュして逃げることも地味に阻止できたりする。


E
ブリンクからノックバックさせ、壁ドンしてスタンさせるスキル。Gankの際に壁にぶつからずに相手を奥にやってしまうと逃してしまうこともあるため、慎重に使う必要がある。
jg内での戦闘では壁が近く入り組んでいるため、多少強引な角度でも壁ドンが成立しやすい。積極的に仕掛けていこう。
Gankの際はブッシュの視界が無いと壁ドンの難易度がかなり上昇するため、なるべくを持ち歩くことを意識しよう。
など、チャンピオンが形成した地形であったり、折れてしまったタワーの残骸にも壁ドン判定があることが見逃されやすいため(特に折れたタワー)相手の隙を見逃さずに狙っていこう。

また、壁ドンしなかったとしてもノックバックは発生するため、などを中断させたり、敵を味方からひきはがしたり、逆に後ろから入って近づけたりと、壁ドンしない使い方も豊富に存在する。

R
溜めて使うかそのままで使うかで大きく性質が変わるスキル。
慣れていないうちは溜めずに「即発動のAOEノックアップ」と思ってなどのコンボに組み込んで気軽に使用していこう。
溜め使用に慣れてくると集団戦で敵の危険なチャンピオンを除外したり、タンクをどかしてバックラインをさらけ出したりと用途は豊富。またミニオンを1ウェーブ吹き飛ばすことができるため、敵のタワーシージを遅延させる目的で使うこともできる。
溜めている間にCCを食らうとクールダウンが発生するので気をつけよう。
最序盤のジャグリング
poppyはカニを狩るのがそこまで速くはなく、川は壁ドンが決めにくいことからカニ争奪戦はしたくない。また、ラプターを狩ることは苦ではないためbotサイドからスタートしたとして

バフ→ウルフorラプター→botサイドのカニ(→Lv2midGank)→topサイドへ→(Lv3topGank)

という流れが基本となる。
相手がtopスタートならばバフスティールを警戒してバフ→バフ→ウルフorラプターでもよい

川では戦いたくないが、ジャングル内での戦闘は望むところなので、midGankに行く場合はレーン横ブッシュのワードに映らないよう一旦相手ジャングルへ入り、レーンの後ろから入ればLv2でも十分にGankをすることができる。


敵ジャングラーと遭遇した場合、壁ドンが決まればたいていのジャングラーに勝つことができるほど序盤の1v1は強力なので積極的にしかけていこう。Lv3であれば相手のブリンクを封じることもできるため、相手によっては非常に有利に戦うことができる。の盾をしっかりと拾うことも生死を分けるポイントになるだろう。

壁ドンが決まらなければ死ぬ。
基本的な方針
・poppyの長所と短所を理解して行動しよう。

poppyは序盤ジャングル内での1v1は比較的強いほうであり、でのスタン、でのスロウ、によるブリンク追撃の阻止と移動速度の上昇などを生かして逃げ切ることも得意である。
なので敵ジャングラーに会うことは恐れずに行動してよいだろう。
一方、を買うまでは単体クリープを狩ることは遅いため、敵ジャングルに侵入したとしてもラプターやウルフ以外を速やかに狩ることは難しい。そのため、敵のクリープを盗むことよりは1v1を仕掛けに行ったり、視界を確保することを重点に置いて行動しよう。

Gankをする場合や1v1を仕掛ける場合が刺さる相手であるかどうかは重要で、逃げをブリンクに依存している相手には面白いようにGankを刺すことができるので狙っていこう。相手jgがブリンク持ちの場合も、WのタイミングによってカウンターGankのリスクを抑えることができるのでしっかり活用していこう。

・タワーダイブについて
タワー下は基本的に壁が近く、もちろんタワーに対しても壁ドンが狙えるため非常に壁ドンを狙いやすい。
さらにpoppyは電撃を絡めたフルコンボの火力、パッシブのシールドを含めた耐久力も相まってタワーダイブ適正が非常に高いチャンピオンである。
勝っていてタワーに押し込んでいるレーンがある場合は積極的にタワーダイブを狙っていこう。
通常のGankと違ってタワーダイブであれば、相手を倒せた代わりに自分が死んで1:1交換になったとしても相手は大量のミニオンをタワーによってロストするため、倒しきれると思ったらリスクを恐れずに飛び込もう。
得意な相手、苦手な相手
個人的には先出しでも使えると思っているが、poppyを出すべき得意な相手やそうではない苦手な相手など、特筆すべきチャンピオンを個人的な感想も交えて書いていく

・後出し安定楽勝チャンピオンたち



性能上ブリンクに大きく依存しているこれらのチャンピオンを相手にすることは容易である。
特にカミールくんは勝手に壁に張り付いて壁ドン食らってくれるし、ジャーヴァンくんは壁を用意してくれるのでありがたい。
リーシンもの飛びつきを見てからはたき落とすことができるので相手にしやすい。

・比較的相手にしやすいチャンピオンたち

序盤の1v1があまり強くなく、ブリンクを多用、ブリンクに依存するチャンピオンたちには基本的に有利が取れる。

・OPGGによるといけるらしい
 序盤の1v1が弱いからか?… 育ってしまったらpoppyではどうにもできない。
 タンクキラーなので不利だと思ったのだけど結構いけるらしい。UltされたらUltで飛ばすというのは一つの選択肢。

・そこまで得意ではない(と思われる)チャンピオンたち

序盤の1v1が強かったり、ブリンクへの依存度が少ない、ブリンクを使わずにカイトしてくるチャンピオンたちを相手にすることは得意ではない。
ただ、この中でもそのパッチでのメタ的に弱い相手なら問題なく戦える。

・厳しい

上記に該当する上、メタ的にも強力なこいつらは相手にしたくない。
特にはブリンクも無いし1v1も強くカイトも得意なため非常に不利。で止められることは覚えておいてもいいかもしれない。

・OPGGによると厳しいらしい
 基本的にタンクなのでアサシンには1v1で負けないし、ブリンクをはたき落とせるので有利だと思っていたのだけどそうでもないらしい
 で壁の中にいるケインを実はで直接壁ドンすることができる上にも止められるので個人的には勝てると思う。OPGGさんによるとめっちゃ負ける。
 を止めれば1v1でも集団戦でも勝てる気がするのだけど、そうでもないらしい

・よくわからない
さんとかその他あんまり見ないチャンプとかはよくわかりません。
最後に
数パッチに渡る度重なるBuffを受け(特にの射程、のCDがjunglerとして大きい)、ブリンクを多用するチャンピオンたち(等)が暴れまわっている今パッチにおいて、poppyは非常に強力なピックの一つになっていると思います。
更に基本的にtopレーナーとしてデザインされているため、現状jgやsupで強力であることが見過ごされているというのも大きいです。

nerfされる前に使うんじゃぞ~

執筆者

ぽぴこ

poppyメインでやってます。
あまりランクはやらずレートはシルバー程度なので、高レートの方は話半分でお願いします


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!