ビルドガイド: アカリ - Akali

アカリ: 今が旬!レーンキルレートNo1のアカリ入門 8.21

執筆者: LoLにしか手の回らないファイテン (最終更新日: 2018-11-09 00:42:14)

1,313   5

9
2
82%
トップページ > ビルドガイド検索 - アカリ > 【ビルドガイド】アカリ: 今が旬!レーンキルレートNo1のアカリ入門 8.21
今が旬、プロシーン・ソロQともにバン筆頭のアカリについて触れていきたいと思います。

このビルドガイドで主に触れること
・スキル運用
・APとADビルドの比較
・レーン対面
・集団戦の動き方

このビルドガイドを読んで「今からアカリを使ってみたい」「レーンで対面したときどうすればいいのかわからない」「なんで勝率・ピックレートが低いのにBAN率が高いの?」等アカリに対する疑問を解決できればと思います。

変更等がありましたら随時更新予定です。

ルーン

覇道
電撃
サドンインパクト
目玉コレクター
強欲な賞金首狩り
不滅
ボーンアーマー
羽化

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期レーン

1stリコール選択肢

2ndリコール選択肢

コアビルド

AP選択

AD最終ビルド

AD選択

最終ビルド

イントロダクション
初めに、アカリについて
誰しもがブリンクを多用してスタイリッシュなプレイをしたいと一度は思ったりすると思います。僕も実際そう思ってました。
アカリのリワークで全チャンピオン中一番制限なくブリンクを多用してキルまで持っていくというプレイができるチャンピオン、そして唯一スキルであるW真の視界を得ても対象指定されることはないという強力な個性です。僕はその個性に惹かれてリリースされてからアカリをメインで使ってきました。(飽きが来た時期もありましたが・・・)

そんなアカリを皆様に知って欲しくこのガイドを書くに至りました。

そしてなによりかわいい!K/DANo1です!!


なぜBAN率が高いのか
の勝率はどこの国、サイトを見てもお世辞にもいいとは言えません。なのになぜBANされるのか!
がうざい
⇒居ることがわかってるのに攻撃できず一方的に攻撃されるのはストレス

系4回のブリンクを駆使したキルポテンシャル
⇒やはりキルされると心が折れていきます。自分がキャリーしたいって思っている人がほとんどななかレーンで育てずキルされてしまうのはやはりいやな気分です。

対策がよくわからない
⇒まだリリースも間もないチャンプもあってか対策を知らない人が多かったりします。

長所と短所
Akaliの長所
・レーンでのキルポテンシャル
⇒Lv6時のオールインの強さ。チャンピオンによっては一キル取られただけでタワー下にいるのが危ぶまれるレーン制圧力。
OPGGの統計を見てもほとんどのチャンピオンに対してレーンキルレートが50%を上回っている。

・少数戦でのポテンシャル
⇒サステインとバースト、ブリンク、対象指定不可を持ち合わせている為2~3人で起こる戦闘にめっぽう強い

・ガンク耐性の強さ
⇒ブリンクが豊富なため捕まりにくい。WとRがあってうまく立ち回れば1v2でもキルを取って行ける。

・ローム力
⇒ブリンクの多さ、Wのタワーにも攻撃されない特性上サイドレーンへの圧が高い

・プレイに華がある(投稿主もいい動きができたらハイライトに保存してニマニマしてますw)
⇒ブリンクを多用してキルを取るため見ていてかっこいい。今後のモチベーションにつながる。

・ガンブレ、Lv5Q時の高いサステイン
⇒レーン維持、タイマンに強くなる。

・フレックスなピック、柔軟なビルド幅
⇒TOPにもMIDにも行けるため、ピック段階で惑わせることができる。また、どの武器を積んでも基本的にアカリにマッチするため柔軟にビルドを選択できる。

Akaliの短所
・AoECCで対策が取りやすい
⇒(主にタウント)Wを発動しても見えてしまう

・序盤のウェーブ処理が遅い
⇒ウェーブを押し込まれたり、イーブンにするにはQを使う必要があり、序盤のQは気の消費が大きく、W・P使用時の気の回復が少ないため一方的に仕掛けられてしまう場合がある。

・気の消費が激しく如何にパッシブを発動させるかにかかっている為、操作に癖がある
⇒スキルを当てたら敵チャンピオンから一旦距離を取る操作が毎度入ってくるため慣れが必要。また、離れてパッシブを発動させるか・追撃して発動させるかの判断も必要。

・初期ARがメレー中No1で低い!!
⇒ARが初期で23しかないためメイジのAAですら痛い。

・操作難易度の高さ
⇒低ランクなほど勝率が下がっていく傾向があるため習熟が必要。

・BAN率がバカみたいに高く使えないことが多い(これが一番きつい。。。)
⇒U.GGによると世界でBAN率(Plat以上の統計)が68.8%(パッチ8.21時)もあり、日本では52.7%もある。
サモナースペル
必須サモナースペル(以降SS)

フラッシュ
どのチャンピオンにも言えますがフラッシュはどんなレーン、対面でも必須です。逃げ追撃ともに優秀なスキル。

選択SSMID編
イグナイト
殆どの場合がこれです。イグナイトが強化されてダメージが増えたのでキルポテンシャルがこれを持つことによってグンと上がります。

クレンズ
CCに弱いアカリなので解除に使って追撃、逃げを行えるために使います。
基本的に相手がゾーイのEの眠気・眠り状態、のタウント、の恐怖が一番の候補に挙げられます。対面がゾーイ、ガリオなら100%持ったほうがいいと思います。

SSTOP編
テレポート
TOPならこれ一択といっていいです。TPでの戦闘介入ができないならTOPの練習をしたほうがいいです。
キーストーン選択
キーストーンの選択肢もアイテムビルドと並び豊富で
が挙げられます。


各キーストーンの特徴


電撃
選択肢として一番選ばれやすいルーンです。
パッチいくつか忘れましたがダメージが減り、CDが短くなるというショートトレードに特化したルーンになりました。序盤のアカリはショートトレードがしやすく、>>>PAA>という流れでトレードに勝ちやすくなります。
また、Lvが上がれば電撃のダメージも伸びるのでバーストにも特化しています。


征服者
TOPに行く方の選択肢です。相手がタンクの時に積みましょう。
1v1且つ長い戦闘を有利に運びます。必然的にADビルドになりますので注意!


フェイズラッシュ
プロで使ってる方が多いです。アカリに慣れてきた人用。あまりなれてない人が使っても強くないです。
スロウですらアカリには致命的になるため安定してAAを発動するためであったり、レーン戦で>>した際、電撃と比べダメージは落ちますがほとんど一方的に殴って帰って来れます。
そしてとの相乗効果が期待されます。瞬足!!!指定方向の多いチャンピオン・機動力の高いチャンピオンにはこちらのほうが有利な気がします。
例:アーリ


不死者の握撃
メレー相手且つタンクorファイター相手、もしくは
メレー相手でもアサシンには出さないでください、バースト負けします。
個人的には制服者を持つならこっち持ちたいです。メレー相手にはAAをする機会が多いのでとても強いと思います。
しっかり不死者発動を意識しつつAAするだけでかなり痛いです。
また、発動した分だけ自身の最大体力が増えるというのも魅力です。

カサディンになんでもつの?
人それぞれ意見があると思いますがカサディンが今フリーフットワークでサステインを高めつつレーンを維持して育つというスタイルをとってる特性上HPの有利が作りにくいです。また後半カサディンのダメージに耐えれなくなってしまいます。
そのため不死者でサステインとAAのダメージを伸ばしつつ、後半に向けてHPを増やすといった意図があります。レーンでのダメージも不死者で申し分ないと思っています。電撃使ってた頃よりカサディン相手には安定して腐らせられるようになりました。


ねこばば
TOPで且つレーンでの有利が確定してる相手に持ってください。>しまくって守銭奴になりましょう。

サブルーン選択

サブの選択肢は一通り候補に入るのですが序盤ARの引くさとウェーブ処理が後手に回ってしまうという関係上ほぼです。とても安定してLv6まで足を運べます。
アカリに慣れてきて自身があるという方はをサブに持ってきて攻撃的にするのもありでしょう。
ただし、基本的なサブパスは覇道か不滅です。


※サブパスにする際に取るサブルーンの選択おすすめ項目には◎をしてあります。



栄華編

基本的に栄華をサブパスに置くことはまずないと思っていいです。征服者をキーストーンに添えるときにお願いします。


勇壮
凱旋 
タワーダイブキルや対面キルしたあと相手のイグナイトで相打ち等が防げます。また追加で20Goldもおいしい!!

伝説
レジェンド:強靭
他の伝説系のサブと相性が良くないから消去法ということもありますが、CCに弱いので。
戦闘
最後の慈悲 
HP40%以下の敵に7%の追加ダメージ、減少HPで伸びる二段階目Rと相性バッチシ!アサシンはこれ!
そして、キルアシしたとき10秒間9ADor15APがもらえる。でかい!!

覇道編

攻撃的なルーンです。サブパスに据えるとき魔導と悩んでるならこっちです。


悪意
サドンインパクト 
ステルス解除、ブリンク、TP後敵チャンピオンにダメージを与えると5秒間脅威7とMRpen6を獲得します。
ステルス有り、ブリンク多種、ADAPでダメージのでるアカリにはもってこいです。

血の味わい ◎
レーンでのサステインが上がります。キーストーンにフェイズラッシュを据えてる時には有りです。
不滅のサブパスをとってるなら取らなくていいものです。


追跡
目玉コレクター 
チャンピオンのキルアシorワードキルアシでスタックを獲得
スタック1につき0.6ADor1AP
スタック20時追加で6ADor10AP獲得
最大で18ADor30APが貰える!強い!スノーボール向けです。レーンで腐ったら腐る

狩人
強欲な賞金首狩り 
キルアシ獲得する事にサステインが伸びます。タイマン性能は集団戦での生存率がアップします。
個人的にはこれをおすすめ

至極の賞金首狩り 
キルアシを獲得する事にULTのCDが短縮されます。序盤からのスノーボールがしやすくなります。


魔導編

覇道をメインパスにしたときの不滅との選択で


アーティファクト
魔除けのオーブ
辛いAP対面に。候補としてはルブランくらいです。

ニンバスクローク 
ULT使用時にMS増加します。追撃性能、パッシブ発動短縮につながります。
追い風との相性もぐっど!
優越
追い風 
基礎MSアップとの際MSがアップするので相乗効果が期待!

パワー
追火
序盤のショートトレードにおすすめ。

強まる嵐 
レイト思考。個人的にはこちらがおすすめ。


不滅編

序盤のハラスに弱いアカリにはとてもおすすめ!!!



ボーンアーマー ◎◎◎◎
敵チャンピオンからダメージを受けるとダメージ軽減、これだけのために不滅をとっていると言っても過言ではない!
OPです。序盤の安定性が増してショートトレードも有利に運べます。

抵抗
息継ぎ 
敵チャンピオンからDMを受けたらHPを回復。みたいな感じです。
ハラスの強い、ショートトレードをガンガン行っていく対面に有効。安定思考です。

羽化 
試合開始時にHP50獲得して、キルアシを4回獲得後9ADor15AP獲得。
スノーボール性能が上がります。また基礎ステータスが序盤から伸びるためオールインに強いです。

個人的には息継ぎよりおすすめ

胆力
超成長
周囲で中立orミニオンが8体倒される毎に最大HP増加
最大HPが増加するため、不死者と相性がいいです!

生気付与
サステインUP
サステインの高いアカリなら積んでて損はない!不死者との相性もいいです!
ただガンブレに行かないなら超成長の方がおすすめ。


天啓編

ねこばばにいくときのみです。


からくり
パーフェクトタイミング
AP、ADビルドともにストップウォッチがビルドに必要になってくるので節約のため
また、ゾーニャとGAのCDを15%短縮します!!GAのCDRを短縮できるのはこれだけ!!


明日
ミニオン吸収装置
アカリはQLv5以降ミニオンへの追加ダメージを獲得しますが、ガンブレ一つ完成した段階では後衛ミニオンを落とせないです。(早い段階で完成させれば別)安定してQ一発で後衛を落とすようにするため。また、砲台の処理が苦手なのでその処理に使用。

抜群
宇宙の英知
CDを5%貰える。天啓の最後に迷ったらこれ。

疾駆
スロウなどで発動するため最大Qを当てたらAAしやすくなる。機動力UP

タイムワープトニック
ねこばばでもらえるポーション、エリクサー類の効果UPとMSバフ

最後は好みで。

基本的に
なら
なら、有利対面で安定性を捨てても勝てるなら
なら、電撃と同じく
なら
なら
正直ねこばばはネタ要素が強いです!






スキルオーダー編
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

R>Q>W>E

Lv2時はどんな相手が来てもWをとっています。


Rを優先的に上げるのは言わずもがなという感じです。


Qを優先的に上げることはなんとなくわかると思いますが、少し詳しく。
Lv1Qの消費気は100もありアカリの気の上限は200です。これが最序盤レーンの弱い理由の一つです。
また、Qのレベルを上げることでアカリ自身の気が180以上(気の表示がゲーム内でオレンジになる。)のとき回復量がアップするためトレードが非常に安定するようになります。
レーン戦ではCSに固執するよりもこのオレンジを維持しつつQで回復して耐えていきましょう。

W
E上げはないの?と疑問に思う方もいると思うので
Wを上げると煙幕の効果時間、W使用時の気の回復量がLv1時とLv5時と比べ段違いです。
また、煙幕内にいるときのMSが増加します。
Qの間にWを挟むことで上記で述べたオレンジゲージのQが二回打てるようになります。
この時にはもうガンブレも出来てると思うので、凄まじいサステインを得ることでしょうw


E
E上げを最後にする理由はE上げしてもダメージ源にはならないからです。基本的にダメージを出していくのはです。そして追撃としてを使うのでアカリに求められるのは如何にQとPを使うかに尽きるのでE上げは最後となります。
アカリのスキルについて
パッシブ
ダメージ源
敵チャンピオンにスキルを当てたら、当てたチャンピオン場所から中心に半径500の円が出現
円の外に出ようとするときMSが増加(スキルを当てたらMSが増加すると思ってもらっていい)
円の外に出たあとアカリが鎌を振り回してる最中、敵チャンピオンを追いかけるとMS増加
P発動AAをすると気が回復(Lvで上昇)

Q
ダメージ源
Qを使う際にはQの最大射程で当てるよう心がけてください。
メリット
1.わずかな時間だがスロウが乗る。相手に離れて接近するという動作が必要上このスロウがごくわずかな時間でも貴重です。

2.パッシブ発動までに移動する距離が短くなる。(これが一番重要)
上記でも書いたとおりの円はスキルの当てた場所を中心とするためアカリが今どこに居ようと円の出現場所は敵チャンピオン依存なのです。
そのため、アカリ自身が敵チャンピオンに接近している状態でQを使用すると円の外までの距離が伸びてしまうため、結果パッシブ発動してもAAすることができず逃げられてしまいます。
Qの最大射程は525、そしてPの円の半径は500。つまり最大射程で当てれば円の外にでるという動作をせずにが発動して且つスロウの入った敵、自身はMSバフ・・・。確実にAAが入れられます。

~最大射程の目安~
大体ですが、後衛ミニオンの後ろから前衛ミニオンまでです。この距離をしっかり体で覚えてパッシブ発動までの時間の無駄をなくそう!


W
アカリの個性
Wについて書く事はそんななくて、使うタイミングなどはここでは説明しきれないので使って覚えていくしかないです。

ただ、これだけは覚えておいて欲しい項目があるので

アカリが攻撃する時自分が可視化される。
再度見えなくなるまでラグがある。(0.65s)
可視化を繰り返すとWの効果時間が上がる。(一回毎0.5s最大3.0s)⇒6回可視化を繰り返せば最大効果時間
煙幕内ではMSが増加する。
使用時気が回復する。(40>50>60>70>80)Lv1から10ずつ増えて上限は80

E
マウスカーソルのある位置とは反対にブリンクする。
手裏剣がユニットに当たったら3sマークを付ける。
煙幕にも同様マークを付けれる。
マーク付与時対象までリープする。⇒このときの距離に制限はないのでマークを付けたユニットないし煙幕がどこにあろうと追いかけます。
例として、TPで敵がTOPからBOTまで移動した際、マークが付いてればBOTまでダッシュします。
一番覚えておいて欲しいこと
1段階2段階問わずE中アカリは他のスキルを使える。詳しいコンボは後で書きますが、ブリンクしてる最中にもスキルが吐けるよということです。


R
1段階目はADダメージでADスケールし0.5sのスタン(ほんの一瞬止まる程度)
2段階目はAPダメージでAPスケールして対象の減少HPに依存してダメージが増加
トドメの一撃です!

・1段階目から2段階目が発動できるまで2.5sのラグがある。
スタン時間を抜くと2秒相手に行動する猶予があります。この際にやられてしまったり逃げられてしまったりするので最後にRを使うのはやめましょう。
始動としてRを使うか敵に二段階目Eを発動出来る時にE>Rとするのが基本です。

・二段階目Rは10秒間発動するまでの猶予がある。
だいぶ長い間入力の猶予があるので始動で1段階目Rを使用してもお釣りが来ます。

スキルコンボ
前提
の表記は円からでてアカリが鎌を振り回すようになる行動をさします。発動後のAAはPAAと表記させてもらいます。

の一段階目と二段階目の表記は省略させてもらいます。

二段階目後のスキルは蹴り判定が出る前に使用してください。

の前にを使うのにはしっかり意味があります。オレンジゲージのQを使うためなので前後はしません。

等のSSの使用はこのコンボに含まれないので自己判断でお願いします。

ガンブレも同じく省略してます。(例外有り)

ここの項目は一例にすぎず、自由度の高いアカリのコンボをすべて書くのは不可能なので慣れてきたりしたら自分のやりやすいようにやってください。

レーン編
>>>PAA>>or
これがレーン戦でのショートトレードの基本です。によってMS増加させAAまで持って行かせるのが目的です。


>>>>>PAA>>>PAA>

>>>PAA>>>>>>PAA

低レベルでキルを狙うならEを当てていくのが一番です。ただ相手が素の状態であたってくれるようならカモです。大体は避けてきます。
なので相手が突っ込んできたカウンターとして当てましょう。

に合わせてで避けて手裏剣を当てる。

低レベルでコンボ③が決まればほぼ確実にキルを取れます。


ULT習得時

>>>PAA>>>>PAA
Rを絡めた一番簡単なコンボ

>>PAA>>>>PAA>>>PAA>>>PAA
④のR始動バージョン

>>>>PAA>>>>PAA>>>PAA
RからEをすることでEが確定で入ります。またRで敵の背後に行ったら進行方向側にEでブリンク、敵の正面なら進行方向の逆にブリンクすることでPの枠から出られます。

>>>>ガンブレ>>>PAA>
Wの位置に戻ってくるコンボです。育ってる時に

コンボ例をいろいろ上げましたが、操作に慣れてくればどんな状態からでも繋がるので頑張ってみてくださいw
頭に入れておく事は上記でも述べましたが
Qは最大射程に近い位置でなるべく当てる。
1段階目2段階目問わずE中は他のスキルも使える。
相手に接近している状態ならRでPを発動できる。
Eは当てればPを発動できる。
アイテムについて
APビルド

初手は
積んだ時と積まない時とじゃレーンの安定性に大分差がでます。なんせ初期AR23なので。。。

1stリコールでダークシールを買う理由

基本的にアカリはキルをとっていかないと腐っていくチャンピオンです。なのでキルを取ってスノーボールをしなければいけないので必然的にダークシールのスタックが溜まるはずです。
また、順当に育ってガンブレを積んだとしても後衛ミニオンが一発で死なないケースがあります。なのでダークシールのスタック込で後衛ミニオンが落とせるようになるのでスノーボールしていくアカリには相性のいいアイテムだと思っています。

そして買える分だけガンブレの素材であるを買っていきます。
この時ロンソを優先的に二本買います。理由としてはタワー攻撃からの後衛ミニオンをAA一発で取れるようになります。(確かです。情報が不確かでごめんなさい)


2ndリコール時にを買えたら買って、買えなければを買ってください。
リボルバーを買えばバーストがかなり上がるのでもう最強です。カトラスでもアクティブスキルを使えば追撃が可能なのでキルを狙いやすくなります。ここからパワースパイクの始まりです。

ガンブレ
ADとAP両方でスケールするアカリにベストマッチ、サステインもあがるしアクティブも強いしで最強です。
これをいかに早く積むかが勝負!積んだらもうタイマンで止まりません。

ガンブレが完成したら>>


モレロノミコン
APpen、ヘルス上昇、回復阻害、AP獲得とアカリに必要な要素しかなく純粋な武器の割に値段が安いということも魅力で2ndコアはではなくモレロノミコン一択です。

にいかない理由
CD短縮、MN上昇がアカリにとってメリットにならずと比べ200G高い、2段階目ののダメージを純粋に伸ばしたいためを積む
※ただし、押せ押せの時はゾーニャにいかずを積んでもいいと思う。Pとの相性は抜群。

ゾーニャの砂時計
低いARを伸ばし且つ無敵効果でRの再発動までの時間を稼ぐ等の使い方ができるためこれも必須(ただ、育ちすぎてる場合は積まなくてもいいかも)

ヴォイドスタッフ
敵チャンプがMRを積み始めたらこれを積む。

ラバドンデスキャップ
ヴォイドにいかないときこっちを先に完成させる。

リッチベイン
帽子を完成させたあとヴォイドに行かない場合はこちらを。フルビルド積んで相手がMRアイテムないならQ>P>AAで相手が死にます。

メジャイ・ソウルスティーラー
25スタック貯まったら最強!

バンシーヴェール
敵のAPが濃いなら(私はあまり積まない)


ADビルド

初手は一択!

ADビルドの場合1stリコールでを買わなくていいです。
が買えればベストですが、買えないならを買ってください。

ティアマトが完成しないならそのままTFの素材を集めてTFの完成を早めてください。


CD(まぁあって損はない)とマナが完璧に無駄ですが、それ以上にスキル使用後AA強化とMS上昇が強いので積みます。

TF完成後
ドラクサー・ダスクブレード
スロウ99%とAAに追加ダメージ、またWで完璧に消えるため戦闘中なんどもダスクを発動できます。強い!バーストと張り付き性能が上がります。

ストームレイザー
AAするまでにひと呼吸するアカリはストームレイザーを連続して発動させやすくMS増加もでかいです。

ADのコアであるが完成したら
ガーディアンエンジェル
足りないARを補い、且つ蘇生します。ADアサシン必須アイテム


あとはお好みでMRが欲しいなら
サステインが欲しいなら
買ったは売っても強化してもいいです。

個人的にはがおすすめ
Wの中に入っていれば詠唱できます。(指定方向攻撃は避けてください)


ブーツは魔法ダメージもかなり出るため
対面がキツイなら

APビルドとADビルドの比較
基本的にMIDにいくならAPに行きます。
TOPにいくなら両方の選択肢がありますがMIDがADならAPに行きましょう。

APの強み
サステインが高い
二段階Rが強い
後半のスケールで優っている(帽子があるため)
ガンブレが強い
ガンブレのアクティブがAPスケール

APの弱み
APダメージしか基本でないため防具で対策されやすい
気がなくなったとき無力
中立を狩るのが遅い
フルビルドまで行くのにお金が掛かる

ADの強み
を積んだ際のファーム速度が段違い
⇒積まない場合でもAPより早い
張り付き性能が高い
を発動する際敵を追いかけながらAAしてダメージを出せる
MS増加とスロウ付与が重いためAPより簡単にPAAが当てられる
1v1がAPよりも強い
ADとAPのミックスダメージを出せるため対策が取りにくい
気がなくなった場合でもAAで火力がでる
Eのダメージが凄まじくなる


ADの弱み
サステインがAPと比べガンブレを積まないため少ない
後半のバーストはAPのほうが勝る
Rのダメージが低い
3コア後時間が経つほどパワーが沈んでいく

まとめ
APとADでは時間が経つほどAPが有利3コア完成時はADの方が強い
得手不得手チャンピオン:レーン編
レーン編

基本的にレーンで気を付けなければいけない相手を書いていきます。
それ以外は基本的にソロキルできると考えて問題ないです。

ルブラン
この対面はスキルマッチアップですが、相手のプレイがうまいと感じたら要注意です。
がAoEでを使っても食らってしまう。
カウンタープレイとしてを当てること。ただしミニオン越しにを使われると当たらないので注意
反応が間に合わなくてだけでも当てようとしても再使用で空かされたりします。
を食らってしまうと何もできない!
を食らった後にほかのスキルを食らうのは避けよう!


タロン
基礎ARの低いにとってADアサシンは警戒すべき相手です。
Lv1時はが有利ですがLv2以降がない状態で仕掛けられると勝てません。(逆にWがあるなら勝てる)
でカウンタープレイをしよう。

ゼド
タロンと同様気の抜けない相手です。ですが、のほうがスキルマッチアップで相手が上手く扱えてないなら勝てます。
>>では防げないので頑張って避けてください。

ガリオ
こいつは非常に厄介、レーン段階でも集団戦でもいると行動が制限されます。
やサイドステップで避けないと>>を食らってしまうのでダメージレースに負けます。
加えて、で大体のガンクを空かせるアカリですがの範囲がと被ってるので安全とは言えません。タウントを食らったら強制的に攻撃をしてしまうので可視化されてしまいます。が便利!
ガンクを食らわずしっかり相手のプレイにカウンターをとっていけばレーンでキルを取っていけます。

エイトロックス
こいつをやりこんでるプレイヤーには勝てません。はAoEですのでで避けるのが難しくを当てられたらを発動できません。そして基礎ARが低いからADダメージが痛てぇ!!
また、があるのでLv6以降もキルを狙うことが難しく対面した手こずる相手です。

ランブル
こいつはレーンでも集団戦でもいると厄介。にもろささってくる。煙幕から追い出されます。また、でMS上昇とシールド獲得があるのでソロキルが難しいです。
のスロウもが発動できないのでキツイ。キツイの一言ですが甘えてるランブルなら狩れます。がんばって!

ジェイス
こいつもADダメージメインでバーストあり、AoEと高威力の指定方向持ち、で接近キャンセルできます。
スキルマッチアップですが、警戒すべき相手です。

パンテオン
こいつはでAAを無効化されてしまうのがつらい!のダメージを無効化されたらマジで勝てないです。で消える前にを食らったらまで食らうのでレーン段階でのトレードは非常に不利です。
※ただし違うレーンにパンテオンがいて自分が育ってるなら勝てます。
得手不得手チャンピオン:ジャングラー編
このチャンプが敵JGにいるときガンクや集団戦に十分警戒してください!!

ラムス
>でHPが大幅に削れが剥がされます。
しっかり視界管理して、近くにいるときはを温存してで突っ込んで来たらおとなしく姿を現さずで消えましょう。集団戦などではを使ってくれないと入れないです。

ノクターン
序盤は全然平気なのですが後半になってEのLvが上がり恐怖の時間が伸びると危険です。の対象指定で繋がれたらの効果は剥がされませんが居る位置が見えます。

キンドレッド
集団戦段階でこいつがいるとで敵のキャリー陣を持ってけないので入るタイミングが難しい。

リー・シン
を使っても>>>が決まってしまいます。Qはよけよう!!
得手不得手チャンピオン:レーン終了後
レーンではキルをしていたけど相手が息を吹き返してきた!(時間が長引いたり、味方の思わぬミスでキルを取られたり等)といったチャンピオンを紹介。
基本的にはレイト弱いんですけどね
※ただし、ここに書くチャンピオンはレーンでは有利をとれる相手です。


カサディン
が完成してしまったらジエンドです。で致命的なダメージを食らいます。AoEなので中でも食らいやすいです。

マルザハール
レーン段階であればアカリが有利ですしうまくやればタワーダイブもできます。展開中で煙幕内にいるならを食らってもまた不可視化されるのでもアカリを見失います。自体やわらかいチャンピオンなのでを空かせれば簡単にキルをとれます。を一発で処理できます。
しかし、集団戦で不用心に入っていくとでつかまってサンドバッグにされます。のサイレンスで何もできなかったりするので集団戦段階では警戒が必要。

ブラッドミア
後半のブラミはサステインが高く殺せずだけでも致命的なダメージを食らいます。しっかりレーンで腐らせて、アーリゲームにもっていきましょう。
少数戦集団戦の動き
は少数戦は得意ですが5v5は苦手です。
しかし、敵の構成的にAA主体・CCが薄い・タンクがいない等Soloqでは全然あり得るのでそういった場合は縦横無尽に動き回りましょう。
苦手な理由としては
・CCで行動阻害される、一挙にフォーカスを受けたらサステインで賄えない
・上手いタンクサポートがいるとADCを守り切られる
・一つ一つダメージを出すのに間が必要なためキャリーを殺しきれず自分が死んでしまうことがある

等あまり5v5をやる時間帯までもつれるのは望ましくないです。

なので集団戦が起きる前に孤立した敵を狙う、集団戦では先に入らず様子をうかがってヘルスの低い順から回収していく等工夫が必要です。
これはやはり集団戦が苦手なアサシン系全般に言えることです。
小ネタ
今後やる気があれば動画を撮ってわかりやすくまとめます。
最後に
今嫌われ者のアカリちゃんですがツンデレっぽい感じがしてとても愛らしいと思います。
K/DAスキンもでてアイドルデビューしましたし!
そんなアカリちゃんにならキルされてもうれしいはずです!なので、ランクでBANしないでください。お願いします。

お願いします!!!!!!!!!!

執筆者

LoLにしか手の回らないファイテン

SN:Fighteen LoLやってる方よろしく!現P3。DIA目指して精進中。主にMIDやってます。お気に入りチャンピオン:アカリ エイトロックス ライズ アジール リヴェン ケイン イブリン カサディン 一番好きなスキンは超銀河ランブルです。


コメント - 5件
1.
エコーmainのアカリ使い 匿名ユーザ ID:7e7e6e28
2018-11-07 10:04:25
こんにちは
僕もリワーク後のアカリを使ってます。
アカリ触る・対策するならとりあえずこれ読めば大体OKくらいすごくいいビルドガイドだと思いました
アカリは8.22でWがナーフされて、来シーズンからボーンアーマーが消え、相手が最初からMRを詰めるようになってmid・top両方きつくなって、より丁寧なプレイが求められるようになると思います。
さらにはヘイトが高くて不快と言われBAN率も高いですが、そんな環境に負けずこれからも相手をしばき倒してください。
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:22ba8e35
2018-11-07 15:23:22
Eでのカウンタープレイ、あまり意識していませんでした。
参考になりました
3.
2018-11-07 22:08:24
>> 1
お褒めの言葉ありがとうございます。プレシーズン後の変更でどれだけ変わるか見ていきたいですね。
リリース直後は変更されやすいので検討していきたいです。
たしかにADCからしたらクソみたいなキャラですからねww
その気持ちは使ってるのでわかります。
4.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:8fb9f45c
2018-11-07 23:17:38
こいつと対面してる時が世界で一番つまらないので対策教えてください
5.
2018-11-08 01:05:25
>> 4
どういったチャンピオンで対策が必要なのかわからないので何とも言えませんが基本的にAoEに弱いです。
上記のレーニング段階で苦手なチャンプであるパンテ、エイトロ、ランブルあたりを使用すれば主導権を握りやすいかと

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!