ビルドガイド: チョ=ガス - Cho'Gath

チョ=ガス: 【8.24b】Full AP ちょがすん 【書いてる途中】

執筆者: いたえもん (最終更新日: 2018-12-30 20:29:13)

1,551   1

14
2
88%
トップページ > ビルドガイド検索 - チョ=ガス > 【ビルドガイド】チョ=ガス: 【8.24b】Full AP ちょがすん 【書いてる途中】
このガイドはバージョン 8.24.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
タンクするチョガスは強い。だが、バーストがほしい・・・

そんなあなたにご紹介。
バーストですべてをぶっ壊すチョガスたんです(*´ω`)
ちなみにtopだけでなくmid、bot、support、なんでもいけるんだど

2018/12/24 書いた
2018/12/26 更新 ルーンせつめい
2018/12/27 更新 立ち回り チャンピオン別 ア~ウのチャンピオン
2018/12/30 更新 立ち回り エイトロックス オーン カシオペア カミール(追記するかも)

ルーン

魔道
エアリー召喚
マナフローバンド
英気集中
強まる嵐
覇道
追い打ち
至極の賞金首狩り
アダプティブフォース +10
アダプティブフォース +10
体力 +15-90(レベルに応じて)

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スタート

1st リコール

優先するもの

その次に優先するもの

モレロの後(自由)

APやべー(必要に応じて)

ADやべー(必要に応じて)

最終ビルド

FullAPチョガスたんの概要
サモナー諸君の中にはに苦しめられた者もたくさんいるだろう。
パッシブのわけのわからないサステイン、
Qの長射程AoEノックアップ、
Wの長時間AoEサイレンス、
Eの体力割合ダメージ、
そして何よりも、R高火力確定ダメージである。
さらにこのRには食えば食うほど体力が上がるというおまけつき。まさに化け物。
しかーーーし!!!
ただタンクしていればいいというわけではない。今やわけのわからないおばさんや脳筋古代人が試合をぶっ壊しているのだーっ!!!
それを対処するのはもうタンクではできない。
そうだ、APをやろう。

このAoEスキルたちのバーストでチャンピオンを凌駕するのだー
ナムナムナム
チョガスとは何か
の長所
- 1. 体力を無限に増やせる。
- 2. のおかげでサステインがやばい。
- 3. 殴り合いはがあるからそこそこ強い。
- 4. の2つのAoEのCCがある
- 5. の確定ダメージでタンクもキャリーも溶かせちゃう

の短所
- 1. スキルのクールダウンが長い。
- 2. ブリンクないからガンクに弱い。
- 3. Rのスタックででかくなるからスキルに結構当たる。

他にも特徴があるが、これだけみると完全にタンク向きだ。
だが、驚くべきは各スキルに乗るAPの割合である。
+ AP 1.0 + AP 0.7
+ AP 0.3 + AP 0.5
さらにこのには、増加体力の10%も乗る。

これはAPを積まないわけにはいかない。
サモナースペル
フラッシュ(必須)
をするのに必要。チョガスにとってはスタックは命。
また、壁越しにを打ち、をするアサシンプレイも可能になる。チョガスはブリンクがないため、これに頼ることになる。

テレポート(必要だがお任せ)
TOPレーナーといえばこれ。レーン戦ではリコールからのミニオンのロストを減らせる。復帰が早い。そして、スプリットプッシュするときにあると集団戦にちゃんと参加できる。

イグナイト
対象指定だから殺意高めに行くならこれを持とう。ただ、midレーナーがを持っていないならおすすめしない。
チョガスには速い移動手段がない。MSが345と少し早いくらいだ。を持っておかないと集団戦で得意のバーストを生かせない。それゆえ、はあまりおすすめしない。

※あくまでゴールド帯の筆者が思っていること。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

最初の取り方は
Eをいちばん最初に取るのはLv1であまり前にでれないときに後ろのミニオンのラストヒットをとるため。あと、AAキャンセルがあるからミニオンをとりやすいから。

次にQとるのは仕掛けられた時の逃げのスキルとしてとっておきたいから。もし攻撃を仕掛けてきたら、止まったところ、動きそうなところにQをぶち込もう。ノックアップの後に60%のスローがつくので、これで大抵逃げれる。そしてもう一つ、Qによって後衛ミニオンが取りやすくなる。さらにもう一つ、ラストヒットをとりに来た敵チャンピオンにタイミングよく打つことで、ミニオンをロストさせられる。素晴らしいスキル。

そして3つ目にWをとるのは、、、、、特に意味はない。3つ取っておくのが定石だからだ。
・・・サイレンスつくからタワーダイブされたときに相手のスキル・サモスぺをつかえなくさせられるからだ。Lv3のタイミングでガンクが来そうであれば、この分のマナとQのマナは残しておきたい。

一番レシオとダメージが高いを最初にあげる。
次にその次に

Passive
Health: 17 + (3 x level), Mana: 3.25 + (0.25 x level)
このかわいいかわいいチョガスたんのレーン維持能力の根源。ラストヒットをとればとるだけ体力とマナが回復する。つまり、ラストヒットをとれるかがチョガスの運命を左右するのだっ!
ちなみにレベルが上がるごとに回復量が上がる。マナがなくなったらスキルを我慢して(くらいだけで)このパッシブによってマナを回復させよう。

Q
Cost: 60 Mana, Cooldown: 9 seconds, Range: 950
Magic Damage: 80 / 135 / 190 / 245 / 300 (+100% AP), Slow: 60% 1.5 seconds

APチョガスの無茶強いスキルその1。APレシオがなんと1.0。魔力の分だけダメージが上がる。さらに、1秒間ノックアップさせた後、60%のスローを1.5秒間与える。チョガスにおいて、このQは半分命のようなもの。これが当たらないとかなりきつい。キャストする場所を見極めて使おう。たとえば、相手が逃げているときはその進行方向の少し先へ。また、相手が追いかけてくるときは自分の近くへ。そしてハラスにも使える。このQの射程は950、実に長い。だが、このスキルのクールダウンは9秒固定である。そしてモーションが大きい。前述したように、使いどころに気を付けよう。
豆知識だが、視界のないところからQを打つとモーションが見えない。これを利用してtopレーンの相手側のブッシュからQをぶち込んでアサシンしよう。

W
Cost: 70 / 80 / 90 / 100 / 110 Mana, Cooldown: 13 / 12 / 11 / 10 / 9 seconds
Magic Damage: 75 / 125 / 175 / 225 / 275 (+70% AP), Silence Duration: 1.6 / 1.7 / 1.8 / 1.9 / 2 seconds

APチョガスの無茶強いスキルその2。叫ぶだけで敵の体力が減る。そしてサイレンスがつくため、フラッシュやその他のスキルを使えなくさせられる。APレシオは0.7。これもかなり高い。よりもモーションが短くて敵に当たりやすい。が、しかし、扇形というのもあって、近すぎると当たらないことがある。距離をとるか、当たるかどうかを見極めて放とう。
ちなみにこれも、視界のないところから打つとスキルが見えない。のコンボはほんとに強い。

E
Cost: 30 Mana, Cooldown: 8 / 7 / 6 / 5 / 4 seconds, Range: 500
Magic Damage: 20 / 30 / 40 / 50 / 60 (+30% AP) [+3% (+0.5% per Feast stack) target's max] Slow: 30 / 35 / 40 / 45 / 50% 1.5seconds

APチョガスの無茶強いスキルっていうかAP関係なく強いスキル。AAをすると棘が飛んでいき、対象の最大体力の割合のダメージ。さらにスローもついてるし、AAキャンセル、AAレンジが少し伸びる。ちなみに棘の射程は500で、TeemoのAAレンジと同じである。そしてこの棘のダメージはAPの0.3と、3+のスタック×0.5%の割合ダメージである。そして横幅がのスタックに応じて広がる。つまりへの依存度が高い。1回キャストするごとに3回使えて、マナも低コスト。とても使い勝手がいい。ラストヒットをとるときに使うとよい。


Cost: 100 Mana, Cooldown: 80 seconds, Range: 175
True Damage to Champions: 300 / 475 / 650 [+10% Bonus Health] (+50% AP)
Health per Stack: 80 / 120 / 160, Bonus Attack Range: 4.5 / 6 / 7.5

全てを食らう究極のスキル。これを使用して敵を倒すとスタックがもらえる。一撃で倒さなければスタックはもらえない。そのダメージはデフォルトでも高く、Lv6の時点で350は確定。そして何より、この確定ダメージはAPと増加HPに比例して高くなる。実にAP 0.5と 増加体力 0.1だ。これによって終盤には1200以上の確定ダメージをたたき出せる。そしてこのスタック1つにつきサイズが一つ大きくなり(10が最大説が有力)、体力がRのスキルレベルによって増える。つまり、食えば食うほど体力が増え、ダメージも増える。そしてクールダウンは固定80秒。割と早い。ちなみに、敵チャンピオン以外にはこの確定ダメージが1000になる。つまり、Lv18のスマイトに匹敵する。疑似スマイトである。さらに、ドラゴンやヘラルド、バロンなどでもスタックは無限に溜まるが、ミニオンや中立モンスターには制限があり、6個までスタックが増える。
スタックはほぼ無限に増える。以下はスタックが無限に増えるものだ。
・敵チャンピオン(ただし分身を倒してもスタックはたまらない。)
・ドラゴン、リフトヘラルド、バロンナッシャー
の虫
のヴォイドスポーン
・敵が出したリフトヘラルド
ただし、スキルを無効化するものはこのスキルを無効化してくる。などなど。
先撃ちして味方にキルをとらせるのもよい手段だ。なぜならこのゲームは5対5なのだからーっ
ルーン
ルーンを紹介する。
エアリー召喚
え、エアリーなの?彗星でよくない?と思った方もいるのではないか。確かに、のほうがダメージが高い。さらに、彗星はAoEだ。では、エアリーと彗星の特徴を比べてみよう。
エアリー召喚
通常攻撃かスキルをチャンピオンに対して使用すると、対象に向けて「エアリー」を送り出し、
敵にはアダプティブダメージ、味方にはシールドを与える。
追加DM: 10-40 (+0.1AP) + [増加AD × 15%] (Lvに比例)
「エアリー」は一旦自身のもとに呼び戻さなければ、再び送り出すことはできない。
エアリー召喚の特徴は通常攻撃でも発動すること、そして対象に飛んでいくため必ず当たること、そしてクールダウンがエアリーが戻ってくるまで、つまり敵チャンピオンと自身の距離に比例するということ。
基礎ダメージは低く、APレシオも0.1と低いが、レーン戦では回転が速く使いやすい。Eを3発当てるのに加えエアリーもつくとどえらいダメージがでる。
その分、スキルを味方に使うことができないため、シールドエアリーが発動することはない。まあぶっちゃけいらない。

秘儀の彗星
スキルでダメージを与えた敵チャンピオンの位置に彗星を1つ飛ばし、当たった敵にアダプティブダメージを与える。
秘儀の彗星がクールダウン中に敵チャンピオンにスキルでダメージを与えると秘儀の彗星の残りクールダウンが短縮される。
クールダウン短縮量:単体攻撃: 20%, 範囲ダメージ: 10%, 継続ダメージ: 5% Cooldown: 20-8s

アダプティブダメージ: 30-100 (+0.2AP) + [増加AD × 35%] (Lvに比例)
彗星はスキルでのみ発動すること、対象にダメージを与えた地点に彗星を飛ばすこと、範囲ダメージであること、そしてクールダウンがダメージを与えることによって縮まることである。なにより、着弾までにタイムラグがあるため、スローやスタン等をかけられるスキルであればほぼ必ず当たる。で複数人ノックアップすると複数人に当たる。
クールダウンは最短でも8秒かかる。最長で20秒。
この2つを比較すると、彗星はどちらかというと密集した相手向き、エアリーはレーン戦が強い、ということだと思う。実際あんまりわからない。が、レーン戦ではエアリーのほうが与えたダメージが多くなる。

マナフローバンド
スキルを当てるごとにマナが25増える。マナがきついチョガスにとってはほぼ必要。相手がミニオンをとりに近づいてきたときにを飛ばしましょう。すぐに増えていきます。

英気集中
サステインと体力があるのでチョガスが積むとほとんど効果がついている状態になる。が積めるようになるとあってよかったと思う。

強まる嵐
長引けば長引くほど強くなる。チョガスたんはで体力が長引くほど増えていくと思うので、相性はまあ良い・・・のかな?
ただ、レーン戦で強くなりてーって場合はでもいいかもしれない。ダメージはあんまり期待できないが。

追い打ち
SlowやKnockupのあるチョガスとかなり相性がいい。のあとに何かすれば発動、の後に何かすれば発動、という簡単に確定ダメージを与えられるルーン。ただ、もっとサステインがほしい場合はでもよい。

至極の賞金首狩り
チョガスたんの核ともいえるの回転率を上げるためのスキル。チョガスたんはのクールダウンが短いため、敵食べた→戻ってきた→また食った→ができるようになる。もし、そのもしのもし、もっともっと回復したい場合は、でも積んでください。回復いっぱいします。ただ、回復するよりは殺したほうが早いと思います。

ちなみにサブは不滅でも問題なし。
不滅のおすすめ
ボーンアーマー
トレードをいい感じに進められる。また、ラストヒットをとるときにくらってしまうダメージをかなり減らせる。安心安全。

超成長
微妙だけど、周囲でミニオンが8体倒される度にのダメージが0.3上がる。こういえばそれっぽい。ただ、これを積むよりレーンでのサステインを考えてのほうが良いと思う。

生気付与
の回復量を異常にする。さらに、体力が40%以下だと回復量がさらに10%上がる。異常である。これを持ったらレーン戦はとりあえず耐えれる。と思う。

ルーンボーナス
攻撃:アダプティブフォース
フレックス:アダプティブフォース
防御:基本的におまかせ。相手によって変えるか、何も考えず体力でもいいかも。
立ち回り
チョガスたんはガンク耐性があんまりないので、基本的にレーンを引くか、ガンガンプッシュして森や川の視界をとるかのどちらか。
レーンを引くときも押す時も敵がラストヒットをとりに来たときにダメージを与えよう。ガンク来たときのための視界確保を怠らずに、常にコントロールワードは2個持っているといいかも。火力の高いAPチョガスはガンクを返り討ちにできることもあるけど、リスクがあるので微妙。

それではチャンピオン別にみていこう。

アカリ
【難易度】普通
タンクチョガスと違って基本的に楽。何より、対象指定やAAが必要なスキルEとRだけで、QやWがAoEのため、アカリが煙幕を張ったとしてもそこまで怖くないことだ。だがタンクアイテムを積まない分ダメージを受けると大きく体力が減るため、注意が必要である。
基本的に、アカリがQを打つタイミングでアカリにQをぶち込むとほとんど当たる。もし、煙幕を張られたら距離を置こう。姿を見せたらEやRが打てるんだぞというプレッシャー、圧をかけられる。Eは気合でよける。もし当たったら、飛んできたときに自身のそばにQを張ろう。アカリがノックアップする。もしくは、飛んできた瞬間にWを放とう。アカリがサイレンスで煙幕やその他のスキルを使えなくなる。アカリのスキルは当たると怖いだけで、避ければなんともない。ちなみにむやみやたらにQを打つとEでよけられてしまう。Wがもし当たったらQを刺すみたいなのでもいいかもしれない。
ルーンは不滅覇道、どちらでもよい。どちらでもやりやすい。受けるダメージを少しでも減らしたいのであれば不滅もっともっと殺したいのであれば覇道

アーゴット
【難易度】やや難しい
Wのシールドがあるため、たとえアーゴットの移動速度が低下していたとしてもダメージを与えられることが少ない。アーゴットのQをしっかり見て避けることが大切である。アーゴットも大抵はミニオンのラストヒットをとるときにQを撃ってくる。ラストヒットをとるときは気を付けよう。もしくは、Eでとると良い。
もし、で捕まってしまったら、捕まりそうになったら、アーゴットが止まるところにQをぶち込もう。少しは逃げやすくなる。Wを張らせずにダメージトレードをするのもいいかもしれない。アーゴットには回復手段が少ない。というよりない。一方チョガスはパッシブの回復があるため、ダメージを食らっても回復できる。ただ、少しリスキーである。Lv6以降はさらに難しい。アーゴットは体力増加系アイテムを積んでくることが多い。そしてWのシールド量は増加体力の30%分が加算される。そして何より、アルティメットスキルの差である。チョガスたんのRは対象に確定ダメージを与えるだけで、無論シールドは貫通できない。しかし、アーゴットのRはシールドを無視し、さらに体力の割合が一定以下だと処刑される。なにより交戦しないことが大切である。
ルーンは不滅を積み、ボーンアーマー生気付与がおすすめ。QのダメージやWのダメージを減らせて、かつサステインがより強力なものになる。

イラオイ
【難易度】普通
イラオイで怖いのは魂を抜き取られることである。ミニオン越しにQやW、Eなどを打っていよう。勝手に体力が減っていく。あとは、イラオイのEを当たらないようにするだけである。もし、魂を抜き取られたら、落ち着いてQWをぶち込もう。スキルを使えなくさせられるため、被害を減らせる。イラオイ相手はジャングルにガンクを要請しなくてもさばける場合が多い。というより、Lv6以降は来られるとダメージ計算が狂ったりしてやりにくいかもしれない。ジャングルには一言かけておくといい。
1キルをもぎ取ってしまえば、そのあとは楽。あ、あと、は横にランダムウォークしてるとよけやすい。それと、イラオイのパッシブを倒すと、チョガスのパッシブが発動して体力とマナが回復する。暇なときは壊そう。
ルーンは覇道がおすすめ。ダメージを与えてさっさと転がそう。

イレリア
【難易度】やや難しい
やや難しい、と言っても一回捕まった時が怖いというだけ。スタンにさえ当たらなければレーンを引いて何とかなる。それと、チョガスの方にスキルがあるうちはイレリアの方にもタワーダイブにリスクがあるため、正直大丈夫。基本的にイレリアのQにチョガスのQを当てると簡単に減っていく。ただ、イレリアにも回復があるため、ダメージを与えても微妙なことは多い。
イレリアのWでチョガスの確定ダメージを軽減することはできない。はず。

ウディア
【難易度】簡単
ブッシュからならスキルのモーションは見えない、つまりブッシュで戦おう。めっちゃ楽。めっちゃ楽としか言いようがない。そもそもあんまりtopレーンに来ることはないから大丈夫だとは思う。近づいてきたら自身のもとにQを刺そう。そしてでフィニッシュ。

ウーコン
【難易度】簡単
近づいてきて、分身使ったとしてもそこにQを打てば当たる。Wでスキルをつかえなくさせられる。で殴り合いも強い。
ただ、気を付けることがある。まず、分身をしてしまう場合。非常にもったいないので、本物か分身かをしっかり見極めよう。そしてもう一つ、ウーコンに勝ったからと言って放置していてはいけない。チョガスは体力が多いメイジっていうだけで他のチャンピオンからしたらウーコンは脅威になるので、放牧しないように。

エイトロックス
【難易度】難しい
エイトロックスのスキルは、ほとんどチョガスのカウンターであるともいえる。パッシブによる回復阻害、Qの中射程高火力攻撃、Wによるスロー、引き寄せ、Eのパッシブの回復、アクティブのブリンク、そしてRスキルの復活。また、エイトロックスにはマナがない。サステイン勝負ではマナがなく、体力の回復もあるエイトロックスに対しては負けてしまう。
前述したとおり、エイトロックスにはEのブリンクがあるため、生のQが当たりにくい。かといって、レーン戦でWやQを連続してキャストしてしまうと、マナがなくなってしまう。対エイトロックスでは、スキルをよけることが必要になる。Qは剣先に当たると高いダメージを食らってしまう。さらに、Eにより振り下ろす前に移動が可能だ。これを踏まえると、使い慣れているエイトロックスのQをブリンクスキルのないチョガスがよけるのは難しい。そこで、被害を最低限にする3つのポイントを意識しよう。
1.ランダムウォークを欠かさないこと。少しでもエイトロックスがQを当てにくくするためには、静止していてはダメなのだ。
2.どうしても避けるのが難しい時はQの剣先以外のところに当たること。剣先以外ならダメージは思った以上に食らうことはない。1発目と2発目は逆にエイトロックスに近づいて、EのAAでも食らわせてやろう。
3.スキルが打ち終わった後の反撃をすること。エイトロックスのQは、CDがチョガスのQよりも長く、16/15/14/13/12秒ある。Eも同様に、24/20/16/12/8秒ある。反撃を欠かさずに行うことでトレードを成立させよう。
また、Rの復活だが、発動直後に惜しいがRをして低い体力の状態で復活させてもいいかもしれない。待っていると逆にカウンターを食らって死ぬことがある。

オーン
【難易度】やや難しい
面倒くさいシールド、面倒くさい割合ダメージ、面倒くさいCCの揃った面倒くさいチャンプ。だが、タンクチョガスと違って近づくことがあんまりないので、少しは楽。チョガスのスキルも少し刺さる。たとえば、WサイレンスでRの突進を止められること。とりあえずRはCCに弱いため、QやWで止めてしまおう。そして、Eの突進先にもQをぶち込んでやろう。あと、でアイテムを作ってる時にQやW、Eをやって妨害してやろう。レーン戦では妨害ぐらいしかやることがない。ジャングラーを呼んで有利を作るぐらいしか。逆に有利を作られると覆すのが難しい。耐えねばならんのだよ。

カシオペア
【難易度】難しい
序盤の移動速度が遅いうちに決めきらなければならない。ブリンクがないのでWの釘づけはフラッシュぐらいにしか意味がないが、継続ダメージがとても痛い。そして、QからのEのめっちゃ痛いしめっちゃ回復するスキル。そしてLv6のRの2秒間スタン。正面向くと死ぬ。キルを優先するためにRをとっておくと秒で溶ける。こまめにミニオンに使って体力を上げよう。また、マジックレジスト系アイテムを積むのもあり。それくらいきつい。ただ、チョガスと同じようにブリンクスキルがないため、Qで捕まえてEでじわじわと削ってRで食べよう。この戦術ぐらいしか息をしない。

カミール
【難易度】普通
Eで飛んできたら自分の足元にQを置くだけの簡単なお仕事。ただし、Qの確定ダメージがつらいので、長い殴り合いは禁物。また、Wの外側の扇型に当たると回復してスロウを食らうので、内側に当たるか外側より外にいよう。基本的に逃げ性能の高いカミールだが、Wのサイレンスでを使えなくさせられるので、ガンク合わせの時やQが当たった時にWを打つことでかなりのダメージを与えられる。また、パッシブのシールドは魔法ダメージがついてしまうが、Rのダメージは貫通するのでプレッシャーをかけられる。レーン引いてラストヒット取りに来たらQ打つ感じで大体勝てる。

執筆者

いたえもん

チョガス愛


コメント - 1件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:9e1f28f3
2018-12-27 17:41:22
いいビルドガイドだと思います。
fullapチョの指南として使わせて頂きました(*`・ω・)ゞ

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!