ビルドガイド: ナミ - Nami

ナミ: 初心者におすすめ! レーンに勝たなくてもいい!?  ガーディアンナミ

執筆者: yosamutyo (最終更新日: 2019-03-01 01:46:28)

3,740   10

8
8
50%
トップページ > ビルドガイド検索 - ナミ > 【ビルドガイド】ナミ: 初心者におすすめ! レーンに勝たなくてもいい!?  ガーディアンナミ
このガイドはバージョン 9.4.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。
※注意※
このビルドガイドは「従来のエアリーナミ」ではなく、「あくまでも一つの選択肢として存在しうる」ガーディアンナミの紹介記事です。
普通のエアリーナミなんて有名ですし、わざわざ僕なんかが紹介するほどではないと考えます。
このガーディアンナミは「ナミしか使えないけど序盤有利を作り切れない方」や「試合状況や構成で従来のレーニングが厳しい」などといったピンポイントの局面で選択肢になるものです。

エアリービルドのほうがナミに適していることなんて、KRを見ればわかることです。

ルーン

不滅
ガーディアン
生命の泉
ボーンアーマー
生気付与
魔道
至高
強まる嵐
アダプティブフォース +10
アダプティブフォース +10
物理防御 +5

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


1st item

ハラスが苦手なあなたへ

好きな靴を選んでね

この順番に積みましょう

必要な時に積みましょう

最終ビルド

イントロダクション
ナミと言ったら…
☆レーンが強いチャンピオン!
☆レーン勝てるチャンピオン!
☆どちらかというとレイトゲームは強くない…

といったイメージがあります。

このガーディアン型はレーニングを耐えることができるタイプのナミになっています。
対面がオールイン系のチャンピオンでプレッシャーが強い時や、
レーニングで有利を作ることが難しい初心者にも扱いやすいナミになっています。
ナミというチャンピオン自体は初心者にも扱いやすいので、この形でナミのスキルになれてから、エアリー型を練習してみてもいいかもしれません

従来のエアリー型とこのガーディアン型、対面やプレイスタイルによって変更してみてください。

普通のナミはレーニングで敵にプレッシャーをかけていきますが、このナミは後ろでヒールやEして耐え忍ぶだけでも強いです。
もちろんハラスできるときはした方がもたまります。

エアリー型と比較したときの長所と短所
長所
①レーニングを必ずしも勝つ必要がなく、扱いが楽
②対面によって選択することができる。
③レイトゲームもしっかりとした仕事がある

短所
①当たり前だが、エアリーよりレーニングが強力ではない。
②天啓の靴を持つことができない。

などなど
ルーンの説明
 今回のコンセプト レーンを耐える点においてエアリーより優秀
対象指定スキルの多いナミとの相性も良い。

 このルーンあまり強くないですよね。割と消去法で選んでます。
不滅を採用するタンクサポートは普通この段ではを選択します。ナミはあまりHPが高くないため、採用していません。まあ好みで選んでもいいです。
を選択しない理由は書くまでもないよね?
また、ナミはCCが3つあるため、は発動しやすかったりします。

 不滅を採用するタンクサポートは普通この段ではを選択します。理由としてはメイジのハラスをある程度しのいで、オールインするための体力を保つためと、はハラスではがされて、欲しいときに必ずしもあるとは限らないからです。
しかしナミではを採用します。万が一オールインされた際、このルーンは強力です。もちろんを採用してもいいですが、この型のナミはADCの後ろに位置取ることが多いため、ボーンアーマーをポークではがされることが少ないです。そのため、デスを防ぎやすいにしています。

 ヒールすることの多いナミと相性が非常に良いです。てか、この段はぶっちゃけこれ以外弱いです。他のタンクでこれ以外を積むタンクサポートはサステイン、シールドがないやつらです。

 メイジサポートはアイテムビルドの都合上、CDRが余ることが多いです。このルーンをわざわざ採用する理由は、早い段階でCDRが欲しいということ、終盤にCDRがあふれた際APに代わることで、終盤に優秀なスタッツを得られることです。

 レイトゲームのスタッツが強いです。

ここで疑問に思うことが…「ルーンって序盤のレーニング有利に進める奴を選択した方がよくない?てかメイジサポで終盤のAPとかいるか???」
ってことですよね、実際、普通のエアリーメイジサポはマナフロ、追い風、追火を採用して、序盤を強化しています。

もちろん、このガーディアンナミでもそれらを選択してもよいですが、このナミのコンセプトはレーニングを勝つというより、耐えて、レイトゲームにつなげることです。

ちなみにこれらのルーンで得られるAPはのヒール量、のスロウにつながるため、普通に強いです。

一応選択肢として、

 序盤のマナ持ちが楽

 レーン復帰や寄りが強力。系アイテムとの相性も良い。

 体力を高く保ちやすいナミとの相性も良い。

 レーニングに重きを置くなら。

 靴の金を節約

 サステインを得ることにより、間接的にレーンを強力にする。マナももらえる。

 いろいろなCDRを得る。SSのCDRがもらえるのは強い。


といった感じで、ぶっちゃけ好きなの選んでください。u.ggのprobuildでも人によって選んでるの違います。
自分のスタイルと状況で選びましょう。





気づいた!耐えるだけならナミじゃなくてよくね?
って思った方に、他のヒールサポとの比較をしていきましょう。

 との比較

まず、ヒール量が圧倒的に違います。もちろんソナのにはシールドもありますが、それらを足してもナミのヒール量とほぼ同じです。だったらヒールのほうがいいよね。

というか、ソナは普通Q上げをします。Q上げをしたらレーニングを耐えるのが難しく、W上げをしたらハラスのダメージがしょっぱいです。
また、ガンク回避もナミが上です。ガンクセットアップもナミが上です。中盤以降のエンゲージ能力もナミのほうが上です。
ソナもレイトゲームは非常に強力ですが、序盤を安定して耐えるためにはナミのほうが上だと言えます。

 との比較

上げしたときのヒール量は優秀です。CDも短いので、単にヒールするだけならソラカのほうが上です。
しかし、ソラカはヒールするのに自信の体力をリソースとします。そのためにソラカはQを当てるわけですが、今回のコンセプトでは、レーニングをアグレッシブにいかないため、この型とソラカの優秀なハラス能力はあまり合っていません。

また、ソラカはエンゲージ、ディスエンゲージができないため、ユーティリティ面でナミに軍配が上がります。


その他 などとの比較。

このコンセプトではシールドよりヒールのほうがそりゃ耐えやすいでしょう。
アイテム
 でのハラスが苦手でワードができない…という方はを持ちましょう。扱いが楽です。
の方がAPを貰えるため、単にヒール量ではこっちの方が優秀です。

靴の選択。

 普通はこれ。レーン復帰や寄りが速くなります。

 早い段階からCDRが欲しい時これ。コアアイテム完成前からCDRがもらえます。

 安定感が増します。

アイテムを積む順番

完成以降です。靴は適宜どうぞ。

まず、 体力がもらえます。初手にを行くより安定感が増し、グローバルな援護もできるため、こっちを初手に積んでください。

その後 これを真っ先に行ってワードコントロールを得るのもいいですが、 が非常に強力なので、2手目に行きます。 もらえるスタッツも悪くないです。

その後は
バフがやはり強いや疑似サッシュのなど好みです。

普通はから、に行くことが多いのではないでしょうか。

まとめ
使ってみたところ、レーンでの安定感は抜群。終盤のヒール量もAPや系によって十分。
CCもあってのダメージも強い。

あれ、意外とナミってレイトゲーム強い???と思えました。

また敵に来たときはしぶとくレーニングを耐えてきて、大きな有利を取ることができなかったです。

初心者にも扱いやすいこの形、一度騙されたと思って試してみてください。ナミへの価値観が変わるかも?

2019/2/24現在。ひとまず完成。
加筆修正等考えています。 また、質問等ありましたらコメントお願いします。
スキル 使い方
 強力なAoECCスキルです。
このスキルをどんどん使っていくか、大事な時のために取っておくかですが、正直な話プレイスタイルによります。
仮にナミというキャラをアグレッシブなキャラだと考えるなら、どんどん振っていくのもよいのかもしれません。(的な?)
このビルド自体がどちらかというとパッシブなスタイルなので、このビルドだけで言うのなら使うべきではないです。ガンクセットアップや、回避などに取っておくべきです。
狙うときは、のスロウからや、で打ちあがったところに重ねるなどしていきましょう。

 ナミの肝です。
このスキルレベルを上げることで、サステインとハラスを両立します。単に味方をヒールするのももちろんいいですし、ハラスに使ってゴールドを稼ぐのもよい使い方です。ハラスしに行って捕まらないようにね。
自身に発動して、その後敵に当てる使い方もあります。
このビルドガイドに書いてある通りのアイテムやルーンだと、中盤から終盤ではヒール量は500を優に超えます。

 地味に強いスキル
ダメージとスロウがバカにならないです。味方のキャリーにつけてもいいですし、レーンでは自身につけてAA後、スロウ中の敵にを狙う使い方もあります。

 
エンゲージ、ディスエンゲージのバランスが取れています。出し惜しみすることなく、使っていきましょう。


レーン復帰時にキャリーにつけてあげると喜びます。を味方に当てても発動します。

執筆者

yosamutyo

自分が強いと思ったビルドしか紹介していません。自信があるから紹介しています。


コメント - 10件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:066a4c82
2019-02-26 09:03:05
レーン勝たなくていいとか思ってるサポート絶対来て欲しくないわ
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:cc666786
2019-02-26 12:38:12
>> 1
全ての局面のレーンで勝てるわけではないから、不利だと思ったときの耐える選択肢ってことだと思うよ。対面がオールイン系でプレッシャーが強いときとか、ナミ初心者向けって最初の方に書いてあるし、レーンを捨てるって意味じゃないと思う。

ついでに執筆者さんに質問です。この時のナミはWは味方単体に当ててヒールだけ、EはADCにかけることが多いかな?
ガーディアンナミを使ったことがないからスキルの使い方とかは聞いてみたいし、本文にも載せておいた方がいいかも。
3.
yosamutyo 登録済みユーザ
2019-02-26 15:58:52
2コメさんが言っている通りです。
このゲームはもちろんレーン主導権を取るに越したことはないですが、敵味方の構成、jgの位置、bot2v2のマッチアップなど、レーンに「勝たなくてはいけない」のか、「勝たなくても良い」のかその時その状況に分かれます。
このビルドはあくまでもそれらの選択肢を広げるためのものであり、さらに、ナミというチャンピオンでレーンの有利を取りきるのが難しい初心者にも扱いやすくなっているため、紹介しました。
ちゃんとKRでも使われてますよ
>> 1
4.
yosamutyo 登録済みユーザ
2019-02-26 16:04:10
>> 2
コメントありがとうございます。加筆しておきます。
また、スキルの使い方ですが、その時の状況によるとしか言えないですよね。
心がけていることは、
・ハラス出来るタイミングでは、やはりWを敵に当てる(または自身にあててから反射させる)
・後ろに引いて、味方をサステインする際は敵に跳ね返るタイミングでサステインする
・自身にEをつけ、トレードしたり、そのスロウからQを狙うことはあまりしない
です。マナフローバンドを行かない際はマナを使いすぎないようにしましょう。
また、エッジを積む場合は常に味方の後ろでWやEを付けてるだけではいつまでもワードは出来ないですよね。
詳しくは記事に加えておくので、また後日見に来てみてください
5.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:fa4c8f47
2019-03-01 00:16:08
6Lv以降のエンゲージ能力に関していえば明らかにソナの方が上だと思います。
ソナのMSアップはより長時間、しかも味方と自分にまとめてかかりますしUltも弾速が違うので・・・。


・最終ビルドにコントロールワードがない
・レーンではパッシブに動くのがコンセプトなのにignite

これら二点が気になりました
レイトゲームというのはバロンエルダーの取り合いなので、
サポートがコントロールワードを持たないのはチームにとって大きなマイナスです
無理やりビルド枠を開けたい際も靴を売るのがセオリーかと
6.
yosamutyo 登録済みユーザ
2019-03-01 01:37:33
>> 5
コントロールワードは正直持つのが常識なのでわざわざ書いてなかっただけです。
分かりにくくてすみません。
イグナイトの件ですが、ガンクセットアップでのプレッシャーはイグナイトのほうが勝りますし、その試合の状況(レーンで有利に立てた)などでイグナイトが必要な場面も多いので表示をイグナイトにしています。
もちろん集団戦ではイグゾーストは非常に強力なので、構成次第で選択することもあるでしょう。

ソナとのエンゲージ能力の差ですが、これは正直一長一短だと思います。
ソナはレイトゲーム非常に強力なサポートであり、MSバフと弾速に優れたRを持ちます。
ナミは通路でのカウンターエンゲージなどに強みがあります。
どちらがレイトに強いサポートですか?と言われれば、迷わずソナといいます。
僕も最初これをするならソナでよくないか?と思いましたが、
序盤のレーンの安定性やガンク面においてナミのほうが良いという結論になりました。
7.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:fa4c8f47
2019-03-01 04:01:16
ジーコンの枠がコントロールワードになりましたね、失礼しました。
エンゲージ能力というのは言わば「任意のタイミングで仕掛けられる」攻撃的な能力のことを指すので、あくまでも後手に回るディスエンゲージ能力と混同されている文脈に違和感を覚えたまでです。

Lv5までの時間帯は仰る通りピール・gank先導双方においてナミに軍配が上がるかと思います。
エアリーが弱い(AAしづらい)マッチアップにおいては有効なルーン選択なのではないでしょうか。
8.
yosamutyo 登録済みユーザ
2019-03-01 18:28:21
>> 7
そうですね。どちらも一長一短はありますが、敵をいなした後のカウンターエンゲージや味方のエンゲージに合わせる2枚目のスキルとしてナミは優秀かと思います。
普通のナミが使いづらいマッチアップでの選択肢になれば嬉しいです。
9.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:c5326906
2019-03-02 16:09:44
おまえ一見普通に見えて息が臭い
10.
yosamutyo 登録済みユーザ
2019-03-02 19:33:32
>> 9
もしかして会ったことありますか?

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!