ビルドガイド: ソラカ - Soraka

ソラカ: ソラカAPC/SUP【P4】

執筆者: ソラカママと一緒 (最終更新日: 2020-05-27 19:01:25)

1,058   0

13
4
76%
トップページ > ビルドガイド検索 - ソラカ > 【ビルドガイド】ソラカ: ソラカAPC/SUP【P4】
ランクでソラカbotしていいですかと聞くと、半分くらいNOといわれるので、何故ソラカbotをするのか簡易的にまとめました。
簡単に言えば、サポとふたりでサポアイテムを持つのが強いのと、ソラカはアイテムでスケーリングするチャンピオンで、スケーリングに3コア必要なのに、サポだとせいぜい2コア行く前に試合が終わるからです。

簡易的なので、時間があるときにまた更新します、apcついでにsupもまとめる予定です。

ルーン

不滅
ガーディアン
生命の泉
ボーンアーマー
生気付与
覇道
ゾンビワード
執拗な賞金首狩り
アダプティブフォース +10
アダプティブフォース +10
魔法防御 +6

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


sup

apc

最終ビルド

ガイドを読む前に(自己保身の項)
昔、野良でソラカbotを試していたこともありましたが、地雷なので辞めました。

この戦術はレーニングにおけるミクロの否定であり、逆にそこにlolのやりがいを感じている人にとって、この戦術は嫌悪の対象になる事が想定されます。(トップソラカがトップレーナーに嫌われるのと同様)
私はlolを暇潰し用のゲームとして楽しむ、エンジョイ勢としてプレイしています。真剣にlolに取り組んでいる方からすれば、その意味で私は手を抜いていることになります。
そんな私にとって、「ほどほどに手を抜きつつも、それなりに勝利を目指す」為に、「レーニングのミクロは適当にごまかし、勝利の為に重要度の高い集団戦を適度にこなす」ことを目標としたのが、この戦術です。

その意味でこれは雑魚の為の雑魚戦術であり、lolのうまい人からすれば価値のない戦術ですので、相手をする価値のないつまらない物です。
私はこの戦術を他人に認めてもらう為に書いたのではなく、あくまで私個人の趣味としてと、DUO相手のサポートへの解説用です。ついでとして、もし興味のある人が他にもいたら、その人に対しても開かれるものとしました。
ボットレーンでのdouble support item 戦術OP
サポートアイテムは5分で20cs(1レーンのウェーブの30%)とると、ペナルティがつきます。
なので、サポとBOTふたりでサポアイテムをもつと、ウェーブの60%のcsをとれます。

元々100%は取れないうえに、14Gの後衛ミニオンから優先的に捨てていけます。失ったゴールドは、サポアイテムでそれ以上に回収できます。
サポートアイテムが最終進化するまでに1000G稼げ、更に400Gのサポアイテムが素材換算で1700G近くのステータス(アテネの血杯でスペシのマナレジをAPに変換することが必要です)+視界をもったアイテムに成長します。

csを捨ててもいいことにより、レーニングにおいて副次的に以下の効果を得ます。
マナ節約・ハラスに集中・マップを見れる
立ち位置が自由なのでハラス・エンゲージを受けない
ソラカはプッシュしたくないので、一生レーンを引くことが出来る

そしてこれは以前のダブルスペシのようにレーンを勝つための戦術ではありません、いまのスペルシーフエッジは未進化だと素材換算で400G以下の価値しかないザコアイテムです。以上の理由から非常に安全なファームが可能で、対面がルシアンジンなどであれば、ただファームするだけで十分です。

なお、プロではソロQでbotソラカをする場合でも、ドラリンスタートしますが、おそらくこれはスタートアイテムとしてドラリンのステータスが強いのと、cs精度が高く、またPSが高いのでルーンでエアリー召喚を採用し、レーンドミネートを狙えるからだと思います。この戦術ではレイト寄りのルーンを採用し、レーン戦を捨てます。
少なくとも、ダイヤ以下のソロQでは、サポートにゴールドが分散するとしても、初手スペシスタートが正解です。ドラリンスタートするなら、レーン戦が終わった後も綺麗にミニオンのcsを食べて、ゴールドを必死に集めないと元が取れないです。
SUPではなくBOTでお金を集めて、3コア完成させに行く(SUPは初手レリック)
何故SUPにいかないのか?、アテネの血杯というアイテムがソラカにとってOPなのに、サポートで詰むとAP過剰・CDR不足・柔らかすぎだからです。
アテネの血杯にはマナレジスト25%を5APに変換する効果があり、スペシの最終進化にはマナレジ100%がつくので、スペシスタートすると初手に血杯を積むことを強要されます。ソラカはDPSなので生存のために耐久力が必要で、APを積んだら、さらにスキルを回すためのCDRが必要です。
スペシ最終進化+血杯+アイオニアブーツのだとAP過剰と若干のMRだけのビルドになり、ここにフォビドゥンアイドルを積んだあたりで、大体試合が決まってしまいます。
以上により、SUPではレリックスタートから初手シュレリアやアデセンなどを私は採用していますし、おそらく勝率もこちらのほうが高いはずですが、本来はアテネの血杯はソラカにとって非常に強力なアイテムです。ソラカはレベル13でQが4秒Wが2秒になるので、血杯のスタック→回復の回転でDPSを出すことができ、ウルトにも効果がのります。

アテネの血杯を生かすには、SUPではなくBOTに行き、さらにビルド完成が必要なのです。アテネの血杯のマナレジストをAPに変換する効果により、サポアイテムを積めば積むほど、積んだアイテムのコスパがよくなります。これが実質ラパドンデスキャップになります。

ソラカがスケーリングするには、血杯+リデンプション+シュレリアorアデセンorミカエルの3コア必要です、ブーツを含めてまずCDR40%必要で
す。血杯から積み、さらに最終的にリデンプションがスケーリングアイテムとして必要です。

リデンプションの回復量はレベルでスケールし、さらにフォビドゥンのステータスによってスケールします。
UNIQUE Activeに対して、+XX% Heal and Shield Powerの効果が300%に増幅される。
例としてシュレリアと生気付与を積んだリデンプションのアクティブは、HP40%未満の対象に対し、(本来の回復量)×1.75(25%が三倍に増幅される)×1.10回復します。生気付与は、5%のHeal and Shield Power+10%のスピリットピサージュとして掛け算される仕組みになっています。

そして3コア積んだ、これらのヒール系サポートアイテムのステータスを最も生かすことが出来るのがソラカです、Eのサイレンス以外の全てが回復に関与するので、Heal and Shield Powerが魔力貫通のように機能します。最後に敵に重傷を積ませるまでが仕事です、ソラカは最終的にcsもキルも集めないので、それを代わりに集めた他の味方にキャリーしてもらいます
チームに求めること・相性のいいサポート(適当)
オブジェクトを取れるチャンプが必要ですが、バロンをとらないで試合が終わることのほうが多いです。レイトゲームでソラカがファンネリングする為にスケーリングするチャンプがいるのが理想ですが、ソロQではレイトゲームに行かないほうが多いです。
ソラカはADCより、ガレンセトダリウスといったMSの必要なファイターと相性がいいです、つまり彼らがチームに一人いれば十分です。

よく相性のいいサポートをきかれるので。ハードcc持ち(サイレンスでチェイン)・生気付与を積んだヒール・シールド持ちと相性がいいです。生気付与を積めば、お互いに二回生気付与がかかります。
相方サポにはレリック・ショルターガードを持ってもらえば、ソラカにゴールドが集まりますが、大砲にレリックしながらcsをとるのはかなり難しいので、スペシがやりやすいです。

セナ…レーンでのダメージがAPとADに分散するのはメリット。
ソナ…ファームするだけで、レートゲームに勝てます。
ナミ…レーン気持ちよくなれます。

番外
ブリッツクランク…ソラカのサイレンスの上でブリッツのウルトのサイレンスを重ねると、相手は死ぬまで一生サイレンスになるバグがあるらしいです。相手に、死ぬか一生サイレンスになるかの究極の二択を迫ることが可能です。(未検証)→10.10で修正された?

ヒール系サポと組むなら二枚ヒール。タンクと組むならTPもたせるといいかも。
今後更新予定(ルーン・ビルド選択)
ルーンはAPC/SUPともに、ガーディアン選択が推奨、エアリーや彗星はレーニングの強みを有利に還元するために高いPSが求められる。
ビルドは、完成アイテム=素材アイテム換算で150%で設定されていることを目安として(シーカーアームガードのフルスタックが150%で、アーデントセンサーもユニーク含めて換算すると150%程度になる、これらよりアテネの血杯やシュレリアリデンプションなども150%と想定できる)、CDRやHP、MRを優先に積んでゆく、APは弱め。

CDRは至高から、435G換算と計算し、そこからフォビドゥンの回復量増加効果のゴールド換算計算など目論む、期待しないで待て。

↓以下執筆中、試行錯誤中。
MSは帳簿上は25MS=300Gで、結果靴は帳簿上金銭換算130%だが、MSは実際にはそれ以上の価値があるステータス。完成サポアイテムの金銭換算におそらくマナレジが計算されていないと思われ、よってそれを血杯でAPに変換することで優れたゴールド効率を得ることが出来る。(最終的に証明したい仮説)
リンデプションのマナレジ150%は、必要ないサポートにとって0Gの価値しかなく、それを前提にアイテムパワーが調整されているとすれば、血杯を積むと、30AP得することになる。
アイテムの金銭効率考察
https://leagueoflegends.fandom.com/wiki/Gold_efficiency
このサイトが参考になりますが、完成アイテムの計算がよく間違っていることがあります。

ビルドを考える上で、完成アイテムの金銭効率が素材換算で150%だという目安が非常に重要です。完成アイテムが金銭効率で横並びなのであれば、ソラカにとって必要なステータスとアクティブ効果を持つ完成アイテムをビルドすればいいと自然に導かれるからです。
またルーンを金銭換算して、強さを比較することにも役立ちます。

アイテムについている「重複不可」のステータスは、それがあるとアイテムのゴールド効率が100%を超える/あるいは超えうるステータス、です。
前者は、脅威MR貫通CD、のような積むほどに効果が増えるステータス、後者はOn-hit damage(スキルにADレシオがなければ、ADを積むよりも効率がいい)やPercent movement speed(靴を履くとゴールド効率100%を超える)やHeal and shield power(フォビドゥンアイドルは何度も調整されている、後で検証する)を指します。
後者は「超えうる」けども、それを含んでも100%効率のアイテムとなっています。
また、1靴のMSも重複不可ですが、100%のアイテムと計算しないと、後述しますがアーデントセンサーやシュレリアの思念の金銭効率に整合性が取れなくなるので、これは100%のアイテムです。


エーテルウィスプを100%とすると、5Percent movement speed=197G
ソラカのブーツなし325MS×0.05=15.75MS
ブーツより1MS=12Gより15.75MS=189G
チャンピオンのMS次第で、197G前後になり、靴を積めばそれを超えます。

ただしBFソードがロングソード基準で107%で、1400Gにすれば丁度100%効率になりますが1stリコールで買えるかどうかのラインだったりするので、微調整がはいってる説を推します、あまり重要ではないです。

また、完成アイテムの金銭効率は151%だと考えます。
シーカーアームガードはフルスタックで単純に151%です。
普通10CD%はキンドルジェムから266Gとされているのですが、どう考えてもこれは安すぎます。(↑の通り100%を超えるアイテムだから)よってCDはルーンの至高よりAP20と等しい435Gであると仮定します。(AD12とすると420G)
すると、CD20%を持つナッッシャートゥースは3000Gで素材換算4535Gになります、これは151%です。(On-hit damageをリカーブボウ100%効率として導いている、ドラリンやルーンのAPによるスケールは含まない)
同じくCD20%を持つエッセンスリーバーから、マナ回復パッシブの価値を計算すると3300×1.51-4320=663Gとなり、大体妥当です。

ちなみに完成した靴は130%前後です。ルーンのレジェンドよりAS18%=テナシティ30とすると、AS靴は1415G、魔法靴は1440Gで、1100×1.3=1430です。1靴=100%ではなく、完成した靴を151%にしてから、逆算しようとすると、↑上述のようにシュレリアの思念のアイテムパワーがぶち壊れるので間違いです。

この観点を承知して、ソラカで積みうるサポートアイテムの金銭効率を以下で見ていきましょう。
サポートアイテムの金銭効率
↓フォビドゥンアイドルを計算中、更新待ち

フォビドゥンアイドルからHeal and shield powerの金銭換算を計算します。
このアイテムは何度か調整がきていてぐちゃぐちゃになっています。
一番弱い時は800Gでcd5とH&S5%とマナレジ50でした、これを100%とするとH&S5%=330Gです。
今はCDR10に増やされ、同時にアデセンに含まれるH&S8%→10に、ミカエルは15→20に修正されました、つまり今はH&Sの金銭換算がH&S5%=330Gから75~80%程度に下げられ、H&S5%=247~264Gです、中間の255Gとしておきます。
結果的にフォビドゥンアイドルは金銭効率100%を超えるアイテムになっています、これをもし100%とすると、H&S5%=115Gになってしまい、330Gだった頃から下がりすぎです。この方法を採用します。

そこからアーデントセンサーの金銭効率を計算してみましょう。
1305+435+250+510+ms8%=315+ユニーク効果=2300×1.51だと想定すると、ユニーク効果は658Gとなります。
アデセンのユニーク効果は味方一人につけたときに1レベで375G、18レベで1250G相当です、中間の9.5レベルで812Gです。
アデセンはゲーム後半に積まれるアイテムで、味方一人には必ずかかるものとすると、金銭効率が151%を超えるように見えます。
それを回避するには、マナレジ50%=250Gを計算から省く必要があります。

何故フォビドゥンアイドルに調整がいっぱい入ってるかというと。
H&Sはソラカやカルマにとっては強力ですが、他のヒール系サポからすると微妙なステータスなので、フォビドゥンを100%以上のアイテムにしないと、彼らにとって弱すぎるアイテムになってしまいます。
また、これを積むヒール系サポはソナなどを除いて、後半マナレジが全く不要なステータスになります。(知識不足で違ったらすいません)しかしレーニングで素材としてフォビドゥンアイドルを持っている段階では、このマナレジが有効に機能します。完成アイテムになる頃にはマナレジが不要になります。
なので、フォビドゥンを100%以上に設定する代わりに完成アイテムの金銭効率の計算からマナレジは除外するように調節した説を推します。

サポートアイテムをソラカにとって金銭換算していくにあたって、マナレジストとHPレジストの扱いを考えなければなりません。(サポアイテムにはこれがよくついてます)

マナレジはソラカにとって中盤以降、完全に無駄なステータスです。ソラカはマナが楽なチャンプなので、スペシスタートだと1stリコールでフェアリーチャームを積んでも2ndリコールするまでの間しか役に立ちません、レリックスタートだとこちらはマナレジがついていないので、こちらは1stリコールで積んでからレーン戦終了まで役に立ちますが、終れば不要なステータスになります。(ソラカでマナフローバンドは不要)
故に完成アイテムのマナレジは価値を持たないステータスなので0と換算し、別に血杯を積んでAPに変換した場合の金銭効率を併記します。

ソラカのHPレジストは全チャンプ中圧倒的最低で、レベル1で5秒かけて2.5HPで回復で、以降レベルアップごとに0.5HP増えます。一方ダリウスは1レベで10HP+0.95HP×レベルアップ。ソナが5.5+0.55×レベルアップ。なので再生の珠やクリスタルブレーサーをレーニングで積んでもザコいです。ソラカがレベルアップしていけば、レベル1程のゴミステータスではなくなり、ソラカはWで他人にHPを移せるのでHPレジストを増やすと詰め替えポーションぐらいにはなります。レベル10で100%レジスト(=300G)積むと、60秒で84HPサステインが増えますが、詰めかえポーションが150G×1.5=225Gで250HPなのを考えて、HPレジストは額面×1/3をかけて金銭効率換算します。
ユーミルルbotに密かに可能性感じてます
無限の可能性

執筆者

ソラカママと一緒



コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!