ビルドガイド: カタリナ - Katarina

カタリナ: 【12.12b】復活したLoLBuild.JP!!!超初心者向けカタリナ

執筆者: piltora (最終更新日: 2022-08-02 14:56:35)

9,745   8

40
4
91%
トップページ > ビルドガイド検索 - カタリナ > 【ビルドガイド】カタリナ: 【12.12b】復活したLoLBuild.JP!!!超初心者向けカタリナ
対応パッチ:v12.12~13

【更新】
2022/07/11 v12.12bマイクロパッチにてAPビルドバフ。それにともないディヴァイン関連は削除しました。また、各所読みやすいように修正。

2022/06/12 v12.11に更新。通称LoL2によりカタリナの勝率が少し落ちました。各所間違っていたところ、情報が古いところが多かったので書き直しました。

2022/03/21 嘘だよなLoLBuild.JP...お前ついに復活したのか...!?新パッチ対応に伴い色々と更新しました。
また、大量のスパムコメントについても対応していただけたようです!

LoLBuild.JP公式Twitter
2022/03/13 更新遅れました!新アイテム”シャドウフレム”やTPのナーフについて記載。バフナーフの更新内容と影響については下の方に追加。

ルーン

覇道
電撃
サドンインパクト
目玉コレクター
執拗な賞金首狩り
栄華
凱旋
最期の慈悲
アダプティブフォース +9
アダプティブフォース +9
物理防御 +6

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初手(ビルド詳細は目次より)

1コア

ミシック

MR貫通

防御

レイトゲームセット

その他セット

最終ビルド

イントロダクション
カタリナをシーズン10から使い始めました。
アイテム更新から誰も投稿していないので現状のカタリナの使い方を適当に書きました

本投稿はカタリナのスキルすら知らないガチ初心者向けです。中上級者は他へどうぞ。
現在では勝率ピック率ともに高水準で、初めてカタリナを使うなら今がおすすめです。

特徴・長所短所
カタリナはMIDレーン用のAPアサシンです。
操作難易度は高めですが、一定時間後の習熟曲線の傾きが急激に大きくなるので、ある程度使えばそこそこ使いこなせるようになります。
他のチャンピオンとはコンセプトがかなり異なるため、ヤスオのようにカタリナという別ゲーに慣れる必要があります。
しかしながら、そのロームのしやすさやロームへの依存性から、マップを見ることや対面不利における立ち回りまで、学べることは多いです。
ただしガチの初心者にはおすすめしません。まずは他のチャンピオンから入ることをおすすめします。

Pros
・ノーマナノーコスト
・かなり高いカムバックレシオとスノーボール性能
の意味わからん機動力、のCD解消と組み合わさったタワーダイブおよび生存力
・アサシンにあるまじきDPS、による戦闘継続能力で集団戦がむしろ得意でマルチキル発生率が高い
・ビルド幅が非常に広い
・アルティメットスキン級のレジェンダリースキン!!!!!!!!!!!!!!!!

Cons
・最序盤最弱レベルでCSはギブ
・1リコール前のレーニング段階で1v1に安定して勝てるマッチアップはほぼ皆無、Lv3以降も勝てるマッチアップはかなり少ない。
・一つの入力ミスでDPS低下
・CCに弱く、状況を冷静に判断してオールインする必要がある
・機動力が非常に高いため、カタリナに慣れると他のチャンプのミクロが下手になるかも
サモナースペル
○基本

TPナーフにより採用率が上昇。最もおすすめ。先に対象にを押してからと発動すると、一気に1150の距離を瞬間移動できる。また、フラッシュで短剣を拾える。

イグゾーストにより1v1性能が上昇。また、スローによりガンク合わせも強い。ファイター対面、特にMSが重要なヤスオなどに非常に有効。

○その他
:対面がハードCC持ちだったり、敵チームがCCまみれの場合は有効。
:序盤の性能ナーフにより大きく採用率が低下。あまり取る意味はない。
:かのうせいはむげんだい

ルーン
ルーンに関しては実際に使ってみて気に入ったものを採用する感じで大丈夫。
ブラインドピックではとりあえず電撃がおすすめですが、征服者になれたらそっちの方が相手を選ばないため強いです。

○キーストーン
最もおすすめの選択。レーンでの継続戦闘や集団戦に重きをおいた選択。Rだけ一瞬でスタックが貯まる。ショートトレードは弱いが、ロングトレードがものすごく強い。と相性がいい。
ショートトレードで大ダメージ、レーンのキルプレッシャーが圧倒的に高まる。1コンボで柔らかい敵を倒しきれるのでキャッチ性能が高い。ただし、DPSは征服者に劣るため、ファイター相手にはきつめ。
序盤はかなり弱くなるが、ハラスでゴールドがもらえるためすこしビルドが早く進む。後半は10%のダメージ上昇がかなり強く、しっかり発動できればとても強い。
電撃よりもレーンにおけるプレッシャーは少ないが、後半は電撃以上にスケールし、キルやアシストで
CD解消されるので集団戦向け電撃といったところ。電撃のほうがいいかも・・・
海外の変態がトップカタリナで積んでるのをみた。


○キーストーン以外
ー栄華ー
:キル、アシスト時に体力を回復する。パッシブと相性がよい。凱旋を入れる場合は絶対に積もう。
:体力が少ない敵へダメージが上昇する。アサシンの基本。
ー不滅ー
:相手からダメージを受けると少しずつ回復。ポークが辛い対面のとき。
:相手からダメージを受けるとその後連続した被ダメージを軽減。AAしてくる敵やワンコンボしてくる相手にどうぞ。
:ミニオンが死ぬたびに最大HPが増加。相手にCCが薄い場合はおすすめ。
:行動妨害耐性とスロウ耐性が増加。また瀕死のときは更に増加。逆にCCが濃い場合おすすめ。
ー覇道ー
を使ったあとに脅威と魔法防御貫通を獲得。
:キル・アシストの数でアダプティブボーナスを獲得。
:キル・アシストの数で非戦闘時のMSを獲得。
ー天啓ー
:時計が無料でもらえる。250G分の価値がある。ストップウォッチ単体なら650Gが無料でもらえることになる。
:アイテムを早期に買える。ファーストリコールの靴、1コア目のナッシャーが早く買えるのがデカい。
:ベルトのCDが早くなり、またサモナースペルヘイストもあるためフラッシュやイグナイトが高頻度で使える
スキル解説
【スキルオーダー】
Lv3まで共通:Q→E→W
Lv4以降初手APアイテム:Q→E→W
Lv4以降初手ADアイテム:E→Q→W

【スキル解説】
Passive  カタリナは2つのパッシブを持つ。

・貪欲なる暗殺者(Voracity)
アサシンであるカタリナのDPSが高い理由の一つ。AAおよびスキルを与えた敵が3秒以内に倒されると全スキルのCDが15s短縮。Rを除く全スキルのCD解消とほぼ等しい。そのため、集団戦ではオールインして誰も倒せなかった場合、その後何もできなくなるので注意。まずは確実に一人は仕留めよう。連続キルすれば集団戦で2,3回Rが使える。

・スティンガーロール(Sinister Steel)
及びで短剣を落とす。
短剣を拾うと周囲に大ダメージを与える。よく勘違いされているのが、このパッシブの射程距離である。短剣の周囲には範囲が表示されており、ここにカタリナが侵入するとカタリナを中心として周囲にダメージを与える。つまり、実際に表示されている範囲はカタリナが短剣を拾える範囲であり、範囲の端で拾えば最大550程度の射程がある。めっちゃ長いね。だからカタリナの短剣を踏むなっていうのは実は間違い。踏まなくても当たります。
この記事内での短剣はこのオブジェクトを指します。
APAD比例のAPダメージ(ADAP)。


Q - バウンドナイフ(Bouncing Blade)
対象指定でナイフを投げる。ナイフは近くの敵へ最大2回はねて同量のダメージを与える。
最初に対象指定した敵の350後ろに短剣を落とす。ここ大事。
跳ねる対象は短剣があたった対象から最も近いユニットで、対象が確定した後、ナイフが飛んでいっている最中ならフラッシュしてもついていくし、相手の視界がなくても跳ねる対象になる。
何回はねようが距離があろうが短剣出現までの時間は同じ。短剣の出現位置が壁に重なった時は最も近い位置に出現する。
AP比例のAPダメージ。

W - プリペレーション(Preparation)
自分の位置に短剣を投げて時間で減少するMS増加。短剣が地面に落ちるまでかなり時間があるので注意。

E - 瞬歩(Shunpo)
SHUNPO
対象指定でワープする。最も近い敵ユニットにダメージ。短剣をひろうとCDがスキルレベルに応じた割合で解消される。Eのスキルレベルが低い序盤は短剣を拾っても2秒ほどCDが残り連続SHUNPOできないので注意。
対象指定できるものは味方、敵、短剣、ブラストコーン、スクライヤーブルーム、ハニーフルーツ、J4の旗、クソ害獣のキノコ等々。リーシンみたいにワードには飛べない。
短剣を指定する場合は、短剣が地面に落ちきる前でもブリンク可能。
カイサのRのように出現位置を指定できる。Eのレンジ内に対象が入っていれさえすれば、対象の周囲へどこにでも飛べる。つまり、短剣の表示範囲にEのレンジがかすりでもすれば、短剣の好きな場所に飛べるということ。奥側を指定した場合、非常に長い距離をSHUNPOできる。
さらに、壁に重なった短剣の範囲にSHUNPOすると、最も近い位置に出現する。これを利用して壁際でWを使い、短剣の範囲ギリギリにEを使うと壁を超えることが出来る。もちろん短剣落下前にブリンクできる。この時、弾き飛ばされるため短剣は拾えないが、落下を待ってから壁超えするとなぜか拾えたことになる。
最も近くのユニットにダメージが入るため、短剣に飛ぶにしてもできるだけ敵の近くへ飛びたい。
集団戦のカタリナがイレリア以上にシュンシュンできるのは、短剣を拾ったときの解消とパッシブで全スキルCD解消されるため。
APAD比例のAPダメージ(AD>AP)。

R - デスロータス(Death Lotus)
周囲最大3体の敵チャンプに2.5秒間で最大15回ナイフを投げる。OHEが1攻撃毎に発生しレベルでスケール。(現環境では25/30/35%)
また、ADAPの混合ダメージであり、AA以外で唯一のADダメージ源。
ADダメージはAS比例を含むので、初手にを積むとOHE効果だけでなくASも腐らないため非常に強い。
コンボ
カタリナのコンボは他のチャンプと違い、これで固定というものがなく、状況に応じその場で自分で組む必要がある。
以下のコンボはありがちな状況で使えそうなコンボを書き出しただけのもの。覚える必要はまったくないこういうのもあるんだといった感じで見てほしい。(どうしても覚えたいのならのコンボを覚えておけばなんとかなる事が多い。)

○レーニング
AAーEーAA
最重要!
EのAAタイマーリセットを用いたコンボ。CSを取る時、コンボの最後、全部コレを入れよう。また、下記のコンボすべて、できるだけEのあとAAを入れよう(見づらくなるので重要なもの以外省略)
・WーミニオンにQーE
WでMS増加+後ろに短剣を残しておき、Qでラストヒットを取ってEで短剣へ退避する。どうしてもダメージを喰らいたくないときのCSの取り方。

EーWーQーAAーーーミニオン等にで戻る
対面がメレーで不利マッチアップのときなどに使う。敵がスキルを使ったのを見てからEWQで入り、AAを入れつつWの短剣を拾ってダメージ&EのCD解消。そして後方のミニオンへEでもどる。不利対面相手でも一方的に短時間でHPを削りガンクプレッシャーをかける事ができる。
・QーーーWーEーAAーE
・QーーーEー(AA)ーWー手前にE
相手の甘えを突くコンボその1。使用状況は、QでCSを取ったあと、その短剣の範囲に敵がいる場合。
Wで退避用の短剣を残し、Qで出した短剣へEで入り、AAを挟んでEでもとに戻る。ミニオンが手前にいる場合は、Eで入ったあとにWでMSを上げてスキルを回避しつつミニオンにEでもいいだろう。

○オールインEから入るコンボは、敵の手前にEで入ろう。もし敵の背後に飛ぶと直後のQが敵の退路とは逆に飛んでしまい追跡が困難になる。

・EーWーQーAAーEーAA
レベル3~5におけるオールインコンボ。イグナイト込で6~8割持っていける。征服者の場合はQを使わずにそのままAAをし続けスタックをためつつEのCDを待ち、その後QE-AAEAAと続くのもあり。(Eのレベルが低い場合、短剣を拾っても2秒ほどCDが残るため。)
EーWーQーRーEーAA
レベル6以降、多くの場合において使われるオールインコンボ。Eで相手の手前に入りWQを使用。すぐにRを詠唱し敵がQで出した短剣の範囲まで後退したらEで飛ぶ。
[派生]
E-W-Q-E-R:敵がブリンクを残しているとき。ブリンクでQの短剣まで後退したらEで飛び、Rを詠唱。
E-W-R-Q-E:敵がブリンクを残しているとき。瞬間火力は劣るがQを最後に投げることで相手の逃走経路に確実に短剣を落とす事ができる。

敵の手前のミニオンや味方にEーWー敵にQーEーRーE
レーンプッシュしていて逃げた敵をキャッチするのに有効。ミニオンにEで飛んでWでMS増加し、逃げる敵にQを投げる。落ち着いてWの短剣を拾ったあと、Qの短剣までEで飛ぶ。
Qの短剣は敵にあたった位置から350後ろに飛ぶので、容易に追いつくことができる。
・Qーーー敵が短剣範囲に入った時EーRーーー続く
集団戦での様子見しながらのバックラインに飛び込むオールインコンボ。前衛にQを当て、後衛が短剣範囲に入ったらオールイン。

あとは状況次第で。フラッシュやベルトのブリンクで短剣を無理やり拾うことができるということも覚えておこう。
ビルドコンプ
とりあえず何積めばいいか教えろって人向けにざっくりとまとめました。状況に応じてアイテムの順番等入れ替えてね。
Normal

育っている場合&相手が全員柔らかい時
相手にCCが多いかつAPが濃い
育っているときの5コア目 or lv18でフルビルド

VS 3人以上タンクorブルーザー

時計が必要な時
相手がAD過多
相手がAP過多

VS ハードレーニング(対面が辛い、ロームが多い時)

相手が全員柔らかいかつCCも少ない
時計が必要な時
味方にAPがいる時
相手がAD過多
相手がAP過多
タンク過多

詳しいアイテム解説(タンクアイテム未記載)
【初手】
:基本はこれ。利点としてスノーボールしやすい、QでCSが取りやすい、ショートトレードが強いなどが挙げられる。。
:征服者の場合はこちらがおすすめ。ファイター対面。AAに依存する最序盤はDPSがめちゃくちゃ高くなる。
:ポークがひどい対面のとき。

【1stリコール】
:ゴールドがある場合最優先。ロームしやすくなり、ワンドを買った時と同じぐらいダメージも出る。
:850Gほどあるとき。ショートトレードが強くなり電撃と相性がいい。
:オールインダメージの上昇。初手ドラン剣等の場合、アダプティブがADになるためAAがより強くなる。
:メジャイにつながるのでこのタイミングでGoldが余ってるならより優先度が高いか。
:対ADの鉄板。ローム刺さりそうになく、対面がつらいADのとき。
:サイドにローム刺さりそうになく、対面がAPできついとき。

【ミシック】
Rの相性的に初手はナッシャー積もうね。
:瞬間火力は劣るが継続戦闘が強化、征服者との相性もいい。タンクも対応できる。一部ADアイテムを積んだ時などにもおすすめ。
:ミシック効果によりMR貫通により柔らかい敵を溶かせる。アクティブで機動力も確保。
:ADが増加するアイテムを1つでも積んでいるとバグ?が発生する。性能はベルトと同じ。後述。

【必須級レジェンダリー】
:オンヒット効果のため必須。特にRのダメージが顕著に上昇。初手ミシックではなく基本これ。
:基本的に3手目には積むこと。用途は使用後にE離脱、集団戦オールイン後に使用でアシスト確保など。
:対シールドアイテムとしては頼りないが、MR貫通の効果が強い。スノーボール中の3手目におすすめ。
:相手にタンクが多かったり、複数にMRを積まれているときはシャドウフレイムではなくこちらが4手目あたりにおすすめ。

【状況別レジェンダリー】
:育っているときは基本積んでいい。
:レイトゲームキャリー。もし試合が長引くなら5コア目以降に買ってみよう。ただ、他のアイテムと比べて優先度は低い。
:リフトメーカーと組み合わせよう。継続ダメージにより、一時離脱や入ったあとに時計といった状況でスタックがたまる。
:相手にAPが濃い場合。あるいは後入りオールインでも相手がカタリナのためにCCを温存しておりRなどを止められる時。
:キルアシストが入りやすいのでメジャイが溜まりやすい。ただし飛び込む特性上、腕前次第で紙くずになる。
:前はMRが高かったので序盤用に積めたけど今は微妙。一応後半は前より強い。オンヒットによってAPダメージが出る。

試合の運び方
○序盤
・ファースト
スキル取りは基本的に初手Q-E-W→Q-E-W上げ。初手アイテムがADや1stでシーンを買うなら、Q-E-W→E-Q-W上げ。

カタリナは序盤のレーニングが弱く、多くのマッチアップにおいてCSはある程度捨てる必要がある。無理にCSを取るのではなく、HPを維持してサイドに寄れるようにすること。

CSはQで取り、ダメージとトレードになる場合は経験値だけ取る。相手のスキルがないor避けれられるならば、上記のW-E-Q-Eや、Q-E-WのコンボでもCSを取ることが出来る。コツとしては、まっすぐ歩いていくのではなく不意をつくように急に入ることで相手のスキルを喰らわずにCSを取ったりオールインやダメージトレードが出来る。(例えば、Qで出した短剣へEで入り、Wで加速。下がる素振りを見せ相手が油断したところでもう一度短剣へEで入る。)

電撃の場合は積極的にショートトレードを狙い、ソロキルもしくはガンクを呼んでみてもいい。Lv3がファーストスパイクなので、それまでにQなどでハラスできていれば柔らかい相手ならイグナイト込みで7割は持っていける。相手がフラッシュを吐いて追いつきづらいなら無理しないこと。
プッシュが強くロームしやすい対面の場合、レーン上にワードを置き、消えたらしっかりとピンで報告。
プッシュが出来る状況なら、TOP・BOT見てレーン状況やCCの有無でローム行けそうか判断したり、ジャングルの方に体を寄せる、ジャングルと一緒にサイドに行くなど、サイドに圧力をかけよう。体を隠すだけでも圧力になるので試してみよう。

・アイテム
アイテムの選択は、他レーンのマッチアップや状況に応じて変えよう。対面をソロキルできそうなのでコアの完成を急ぐのか、ソロキル出来ないもしくは不利マッチアップだがサイドにロームが刺さりそうだから靴を選ぶのか、刺さりづらそうなのでレーンを耐えて中盤以降を見るのかで変わってくる。

ファーストリコールでは850Gで。もしGoldがあれば1100Gのをおすすめする。短剣のAPレシオはレベルでスケールするため序盤は低い。QとEのAPレシオも非常に低く基礎ダメージ主体であるため、下手にAP素材を積むよりも初手靴のダメージも出るし、なによりMSが上がるのでサイドに寄りやすい。

もし、ガンクもロームも期待できないのなら、耐久アイテムを積んでレーンに居られるようにしよう。相手の構成がJGMID共にAPのときや対面のポークがきついとき、CCが濃いときは、対面がADチャンプなら、を積むのも有りだろう。

○中盤以降
どんなチャンプでも言えるが、特にAPカタリナは体が柔らかい+キルアシを取りやすい分シャットダウンを持ちやすい傾向にある。育っているからと調子に乗ってゴールドをばら撒くとスローになって負ける可能性が高いので理性を保つこと。
基本的にサイドを押すとき、Eは必ず残しておく。ブラストコーンなどの湧きを確認しておき、緊急時にEで逃げられるようにしておこう。マップを見つつ戦闘が起きそうなら即座に寄る。

戦闘が起こったらまず敵のCCを確認する。特に育っている場合、味方のエンゲージに合わせてすぐに入るとCCで固められる可能性が高い。しばらく様子を見て相手のCCがなくなったときや、オールインですぐにキルを取れる時に入ったほうがいい。薄情だと思われるかもしれないが、ダメージを出すことしかできないので仕方がない。時計があるなら入ってから時計でアシストを獲得して継続戦闘などもあり。
耐久力があるビルドなら何も考えずエンゲージに合わせてもいい。
の場合、の継続ダメージでスタックが貯まる。まずはダメージを与えてからスタックが最大になったら入る。時計を持っているなら入ってから時計でもスタックを貯められる。

カタリナはCCさえ喰らわなければ集団戦最強なので、フロントから入る場合はとにかく敵のCCを待って入ること。体を隠しておいて敵味方のエンゲージを待つのもあり。極端なことを言えば、相手が1体でもローヘルスならオールインタイミング。1キルorアシストでも入ればもう止まらない。

とにかく言葉で説明するよりも実際に使ってみて、何度もトライアンドエラーをしたほうがいいだろう。カムバックしやすいチャンプなので、序盤に相手を育てないよう気をつけていればフィードすることも少ない。
マッチアップ
正直言うとすべてのマッチアップがきつい。"レーニング"はあまり強くないチャンピオンだということを理解して使おう。

英語ですが、こちらにマッチアップのすべてが書いてありますのでご参照ください。
KATARINA MATCHUP SHEET (Googleスプレッドシートへ飛びます。)
作者:rongess1
Twitter / Twitch

また、Redditに有用な情報が多く記載されています。こちらもおすすめです。
Katarina Mains
Tips
【番外編:ADカタリナ】
AP寄りのミックスダメージ。スケールの理由からADカタリナはあまりおすすめしない。以下特徴
・短剣のダメージがAPはレベルスケールだがADレシオは固定のため、最序盤は強い。(APでもドラ剣スタートはおすすめ)
・序盤~中盤に育った場合、APを超えるダメージと耐久性を確保できる。
・Qの火力が低い。ファイタービルドの場合Rも弱い。カムバック率も低い。
・レイトゲームではAPに劣る。
・AAが強い&ディバインを積むため、タンク相手にも殴り勝てる。タンクが多いときはいいかも?
一応ビルドの候補を記載


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※ルーデンテンペストについて(バグ?)
のパッシブ「エコー」はCD10秒だが、Ver11.6において、
"チャンピオンにスキルでダメージを与えると、このアイテムのクールダウンが0.5秒短縮される(スキル1回の発動で、最大3秒まで)。"
の効果が追加されるバフを受けた。
この効果によってどういうわけかADアイテムを1つでも積んでいればR中にエコーが複数回発動するようになった。
カタリナのRのAD基礎ダメージは0で増加ADレシオのみ。つまりADアイテムを購入した場合、RにADとAPが乗るが、それぞれのダメージが別スキル判定になっており、何回もこの効果が発動していると考えられる。まあベルトでいいんだけどね
最後に
LoLBuildJP負けるな

執筆者

piltora



コメント 8件
1.
<削除されました>
2021-07-31 13:50:50
<削除されました>
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:0c2c36b7
2021-12-29 14:38:14
参考になりました!シーズン12ではシャドウフレイムが追加されましたがビルドに大きな変化はあったのでしょうか?
3.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:5e807363
2022-03-13 21:58:40
>> 19
返信遅れて申し訳有りません!
加筆しましたので是非そちらを御覧ください!
4.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:ca06112f
2022-05-03 16:52:43
初手ディヴァイン→ナッシャーでその後APのビルドってどう思いますか?
5.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d66e4b56
2022-05-13 02:31:09
>> 4
返信遅れました。
相手にタンクアイテムが多い場合は非常に強い選択肢だと思います。HPの増加・割合ダメージ・サステインとカタリナの弱い部分を補う素晴らしいアイテムです。
しかしディヴァインビルドの弱さとして、フルコンボ時の総ダメージの低さ、ディヴァイン単体ではRにダメージがないといったデメリットがあります。スキルを適切に使えなければダメージ不足になりますし、シーンの追撃パッシブの時間を狙って短剣を拾う等、フルで活かすにはテクニックが必要です。そのため、PSに自信があるのであればおすすめのビルドです。自信はないがディヴァインを積みたいのであればナッシャーかBORKから積むことをおすすめします。
最近流行しているディヴァイン征服者ビルドは、おそらく某氏による海外プレイヤーの解説動画が元であるとおもいますが、取り上げられているKatEvolved氏自身もそのビルドを乱用しているわけではなく、どちらかといえばプロトベルトでフルAPへ行くという選択肢が最も多いと思われます。
6.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:35d550bd
2022-06-10 10:49:38
AA E AA ではなくE AA E ですか?
あと E W Q AA E AA じゃなくてQ E W AA E AA じゃだめですか?
7.
<削除されました>
2022-06-11 17:48:53
<削除されました>
8.
piltora 登録済みユーザ
2022-06-11 17:56:57
>> 6
ご指摘ありがとうございます!おっしゃる通り、正しくはAA-E-AAです。訂正しておきます。
EWQ~のコンボですが、もちろんQEWでも大丈夫です。カタリナのコンボに正解はないと思います。

QEWコンボには様々な種類・シチュエーションがあると思いますが、基本的にはQの短剣をリスペクトできていない相手に対して、EW~と続くコンボかなと思います。カタリナを知っている相手にはあまり刺さらないかと。

EWQの場合、短剣がそれぞれ相手の前後に落ちるため、相手は避けるにしてもどちらか食らうことを選択せざるをえなくなること、Eから入るので反応しづらく予測が難しいことなどがメリットとしてあげられます。また、レンジがQ<Eのため、相手のミスを拾いやすいことや、相手のスキルショットをEで回避しつつオールインなどもありますね。レーニングやロームではこちらが有利かと思われます。



ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!