ビルドガイド: イラオイ - Illaoi

イラオイ: 操作が簡単 Illaoiガイド

執筆者: さくらす (最終更新日: 2016-03-06 01:58:04)

4,550   0

5
1
83%
トップページ > ビルドガイド検索 - イラオイ > 【ビルドガイド】イラオイ: 操作が簡単 Illaoiガイド
このガイドはバージョン 6.4.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 攻撃力の印(III) 攻撃力 +0.95
    x 9
  • 物理防御の章(III) 物理防御 +1
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 攻撃力の神髄(III) 攻撃力 +2.25
    x 3

サモナースペル

マスタリー

5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
5/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スターティングアイテム

コアアイテム

対魔法ダメージ

状況次第

最終ビルド

はじめに
初めましてさくらすです。Season3からTop、Jung、Supを中心にプレイし、RankはGold中上位~Platぐらいです。

さて、LoLには様々なChampionが存在しますが、その中で私が今一番楽しいと思うチャンプがこのIllaoiです。

・レーンにGankしに来たJunglerとMid Lanerをまとめて返り討ち。
・直接大したことしてないのに勝手に触手で死ぬ対面Laner。
・敵に囲まれていたはずなのにあまり自分にダメージもなく、なぜか人数差のある集団戦に勝利。

などIllaoiにしかできない気持ち良いプレイがたくさんあります。

勝率が低く弱いと言われることがあるChampionですが、ビルドを変えればかなり改善されるでしょう。
長所と短所
長所

- 1. 基礎ステータスが高い。

ステータスが高いと強いのがこのゲームです。特に基礎攻撃力が高く、アイスボーンガントレットとの相性が抜群です。

- 2.Gankしてきた相手に大ダメージを与えることで他レーンを有利にしやすい。

触手による攻撃は範囲攻撃であり、Tankにビルドするため倒れるまでかなりの反撃を行うことが出来ます。
自身が倒れても他レーンやジャングラーがファームやドラゴンなどで有利を容易に取ることが出来、またレーンが多少不利になっても強力なQによってファームを継続することができます。

- 3.極めて高いタワーダイブ耐性。

タワーの下でも触手の攻撃による回復が自身の減少Healthに比例するため非常にしぶとく生き残ることができます。

- 4.Qによる安全なファーム。

高威力、広範囲、長射程なQ。ミニオンのHealthがほんの少しだけ残ってCSが取れなくならないように注意しましょう。

- 5.Qとアイスボーンガントレットによる高いプッシュ力。

対面チャンプが他のレーンに行っても素早くミニオンを処理することでタワー割りを素早く開始できて強力です。

- 6.Wとアイスボーンガントレットによる高いタワー割り性能。

アイスボーンガントレットのダメージはタワーにも有効であり、ASを上げなくても素早くタワーを破壊することができます。

- 7.バロン・ドラゴン・タワー前での集団戦の強さ。

触手が自身の周りに無いと弱く、触手が無い場所で戦闘させられることが多いですが、ゲーム中に何度かは必ず触手を大量に使える戦闘が発生します。大体そういう戦闘はゲームを大きく左右する重要な戦闘です。

- 8.対Illaoiに慣れていないプレイヤーが多い。

・触手の破壊に夢中。
・器状態でRecall。
・対Illaoiはチームメンバーの連携が必要だが、SoloQueueでは難しい。
・Eを受けてすぐに範囲外に逃げ、器になってくれる。
・Exhaustの存在を忘れる。
・集団戦でFocusを間違える。

- 9.操作とやることが簡単。

Illaoiの全てのスキルはとても操作が簡単です。
Tankですので多少のミスをしても簡単には死にませんし、攻撃のモーションも大きいので忙しい操作が苦手な人でもプレイできます。
集団戦でも機動性が低いので目の前の敵をQかWで殴るしか出来ないことが多く簡単が操作です。

短所
- 1. 機動性が低い。
Gank耐性は高い防御性能でどうにかなりますが、他レーンへの移動が遅いのが大きな欠点です。
基本的に自分が居るレーンをPushし続けることになります。

- 2. あらかじめ壁に触手を生やしておかないとベストの性能を発揮できない。

- 3. マナが少し足りない。
サモナースペル


これをTopレーンで選択するプレイヤーは少ないですが、Illaoiにとってこれは非常に重要なサモナースペルです。
・発生の早いCCを持たないIllaoiにとって、序盤戦の数少ない足止め手段。
・レーンをPushし続けるIllaoiはGankを受けやすく、その際にダメージが高いChampionに対して使用することで、高い基礎ステータスと回復力を持つIllaoiはGankを回避しやすく、Gankに対する抑止力にもなる。
・Exhaustを受けた相手に対してはUltや触手を当てやすい。
・後半戦に味方ADCを敵アサシンから守れる。
・後半戦に敵ADCと1対1しやすくなる。


安定のフラッシュ。必須です。
・フラッシュからのアイスボーン付きWでのキャッチは強力。
・Ultをベストな場所で使用することができ、Wを温存できる。(W使用後にUltを使用すると生成した触手がすぐに動かない。)

========


Illaoiは触手の命中に大きくダメージが左右されるためIgniteは使いにくいです。


多くの場合十分にプッシュしてからリコールできるため、レーン帰還のためにはTeleportは不要です。
また遠くにTeleportした場合、そこには触手は生えておらずIllaoiのベストを発揮出来ません。
機動性やCCが強いわけではないので、敵Championを捕まえることやUltのためのポジショニングも困難です。

Exhaustより優先して選択する理由はあまりありません。
1対1が強いQuinnなどのMarksmanが対面の場合は、持つ価値があるかもしれません。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R


Lv1ではQを取得します。Qがあれば離れた位置のミニオンも倒しやすいです。多くのミニオンや敵Championを巻き込めばLv2先行しやすいです。
Lv2ではWを取得します。Eを取得しても命中させることは困難ですし、体力の高い魂を倒しきることはできません。Illaoiをよく知っているプレイヤーならば、Eを使った瞬間に飛び込んでくることも考えられます。
Lv3ではEを取得します。Illaoiはスキル間の関係が非常に強いため、3つのスキルが揃って本領発揮です。

以降、全ての触手の攻撃力に関係するQを優先するのは当然ですが、EよりWを優先して上げていくことになります。
Wはアイスボーンガントレットとの相性が非常に優秀であり、キャッチや逃走での要となるためです。



触手が生える位置は決まっています。覚えましょう。
また触手が生えるまでのタイマーを見ることも重要です。簡単に壊される位置に生やさないようにしましょう。


モーションが大きく当てにくいスキルですが、他Championのスキルと同様にCSを取っている相手や戦闘に夢中になっている相手には簡単に当たります。また相手がミニオンの近くにいる場合にはミニオンとChampionがスタックして回避が困難であることも覚えておきましょう。


クールダウンが短くUltでさらに短くなるWはアイスボーンガントレットとの相性が抜群です。
またWで攻撃した対象に向かって触手が攻撃するため、対象以外に触手で攻撃することも可能です。ファームやハラスに上手く活用しましょう。
レーン戦では触手を破壊しようとする相手を攻撃すればお手軽ハラスになります。こちらがPushしている状態で相手が反撃すれば相手は触手とミニオンからの攻撃を受け、反撃が無ければ一方的なハラスになります。


非常に強力ですが当てるのが困難なスキルです。魂に対して十分にダメージを与えられるタイミングや当てやすいタイミングで使用しましょう。
自分のタワー下で当てた場合、タワーは魂を攻撃し、簡単に体力を削ることが出来ます。
Wを壁に生えた触手の近くにいるChampionに対して使った場合、間にミニオンが少ないため当てやすく、相手がこちらを攻撃してきた場合は更に当てやすくなります。触手が近くにあるため、Eが命中した場合は触手が動きます。


十分に敵チャンプを引き付ける、もしくは敵チャンプの真ん中に入ってから使用しましょう。
Tankにビルドしていればベストな位置で使用でき、触手による回復も活用することができます。Wを温存しやすくもなります。

ビルド
可能な限りTankになるようビルドします。

コアアイテム


・不足しがちなマナを補える。
・Wでの攻撃時にスローを与えると触手を当てやすい。
・CCを手に入れることで敵Championのキャッチが可能になる。
・Wのクールダウンが短いため、非常に活用しやすい。さらなるクールダウン低減も同時に手に入れられる。
・逃げ性能も少し上がる。
対面が物理ダメージ中心の場合は真っ先に購入しましょう。
魔法ダメージが多くてもできるだけ早く購入しましょう。

========


対面が魔法ダメージ中心の場合はこれを購入しましょう。これを購入してもまだ厳しい場合は を購入しますが、できるだけ早く を目指しましょう。


でArmorを稼いだ後にこれでHealthを稼ぐとバランスが良い。基本攻撃力が上昇することで のダメージも上昇します。Healthが減っている状態でシールドが発生すると触手の回復が生きとても強力です。


さらなるMRが欲しい場合やゲームに勝っている場合に購入します。
自身以外のレーンに設置すれば複数のレーンを強くPushでき、自身とチームメイトがPushしているレーンに設置するとタワーを攻撃しやすくなり、攻撃されても容易に迎撃し守ることができます。
は似たARMRの上昇があるが、復活した頃には味方や敵はそこに居ない。)

========

あまりビルドしないアイテム


これらのアイテムをビルドすると十分に固くなるまでに時間がかかってしまいます。
Illaoiはアイスボーンガントレット無しに物理ダメージを与え続けることは困難ですし、プッシュ力も十分に持っています。


と比較すると少し防御能力が不足しています。 と比べるといやらしさが足りません。
与えるスローもアイスボーンガントレットと被ってしまいます。

執筆者

さくらす

TopとJungleがメイン。
Rankedはシンガポール鯖で遊んでます。


コメント - 0件
まだコメントが投稿されていません

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!