ビルドガイド: バード - Bard

バード: bard is not bad

執筆者: ふかぴよん (最終更新日: 2016-03-13 01:05:20)

573   1

2
2
50%
トップページ > ビルドガイド検索 - バード > 【ビルドガイド】バード: bard is not bad
このガイドはバージョン 6.5.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 混合防御貫通の印(III) 物理防御貫通 +0.9 / 魔法防御貫通 +0.62
    x 9
  • 魔法防御の紋(III) 魔法防御 +1.34
    x 9
  • 体力の章(III) 体力 +8
    x 9
  • 物理防御の神髄(III) 物理防御 +4.26
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
5/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


最終ビルド

イントロダクション
ここではBronze IVくらいのプレイヤーがBronze V向けにガイドを書いています。
長所と短所
長所
BardはEnagage、RoamによるGank、Peelに特化しています。
LaningではDisengage系や柔らかいSupportに対して有利です。(Qの仕様上、Trundleに対しても強い)
30分以降からPower Spikeを迎えます、集団戦ではTrundleやBraum並の影響力を得られるでしょう。

短所
Laningが3-6あたりがゴミに等しい。
Buildを性能上APをある程度積まなければならないのに、方向指定のQや特殊な仕様のE、さらに逆CarryのUltを持つ高難易度Championです。
サモナースペル
サモナースペル

優秀なPeel能力を持つBardにExhaustはよっぽどのことがない限り不要です。

上記のとおりです。
スキル

チャイムが50秒毎に2個ずつ、自身から一定の範囲内に出現する(2回目と3回目は1個のみ。また、試合開始から35秒で出現し始め、5分経過する>と敵ジャングル内にも出現し始める)。チャイムを取得すると、非戦闘時のMSが増加(7s)し(5回までスタック)、経験値20 + 経過時間(毎分1XP。5>分以降) を取得し、最大MNの12%を回復する。チャイムは10分経つと消滅する。
(Wikiより引用)
拾うと最大マナの12%を回復OP Passiveです。
これがLaningのクソみたいなマナ効率を取り返す唯一の手段です。
また微量の経験値とAAの火力向上を望めるのでRoamの際にきちんと集めよう。


CDR45%で3.85秒ごとに1.8秒のStunを叩き込める最強Skillです。Bardが30分以降にPowerSpikeを迎えるのはこれとAAの火力のおかげと言っても過言ではないです。Laningにおいては1lvlでAAと組み合わせ強力なダメージ交換が可能になります。どのSkillにもいえますが精度を高めましょう。


Heal量は大したことはないがMS増加がなにげに強い。lvlによってMSはスケールしないので後回しで可。


LaningではJunglerと連携しDeward済みのBushから敵の裏へ回り込もう!Bardは意外と認知されていませんがQの拘束時間やUltを考慮すると相当Engage能力を持っています。これは唯一Bardの強みの中で序盤から生きます。6lvl以降は積極的にJunglerを呼びましょう。


TowerやDrag,BaronまでZhonya状態になる最強最悪のSkill。これで味方をアサシンから守るも良し、敵の後衛を止めるも良し、味方のみ止めて集団戦に負けるも良し!
アイテム

一択


当たり前なのでSupportですが必須です。これを に派生させるわけですが、中盤を見据えるなら 、早めにPowerSpikeがほしいなら です。
のメリットであるアイテム欄が一つ空く、という点においてBardはそこまでItemの種類を必要としない為特にその点は考慮しなくていいでしょう。Active Itemを多く持つのでその点では相性が良いです。
のメリットは を買えることですがこのItemは度重なるNerfで強力ではありますが必須ではありません。現状どちらのItemもCDR10%なので好きな方を選べばいいです。


これもまた に派生させるわけですが、どちらもコスパに優れたItemでBardと相性も良いので上記のSightStone問題が解決したらARがどうしても必要な状況はこちらを優先して買ってください。
派生先ですが を強くおすすめします。理由としてはAPが積めるからです。BardをPlayする以上は”力”を追い求めてください。


つづいてこの派生先ですが、 があります。
おすすめとしては です。理由はAPが・・・と言いたいところですが、本当は をおすすめします。
理由は現状ADCのCritが50%を超えてしまい、最大限までItemの性能を引き出せないことが多いです。なので味方ADCに合わせて上げるのがベストでしょう。


ADCにこびりついた頑固なCCもこれでササっとひと拭き!

※相手にADが多い時は適当にARを獲得してください。

おまけ編

https://www.youtube.com/watch?v=Gc7FPyWw2Jk
レーニング
基本的にレーニング(序盤)は弱いです。
組み合わせによって有利不利がハッキリするChampionなのでADCと共に6lvlまで耐えしのぎましょう。
6lvl以降は強力なRoam能力を生かしてgankはもちろん、MSを活かしてマップコントロールを意識しましょう。
マナに余裕があるなら後方にWに貯めていきましょう。
まっちあっぷ vs さぽーと
にがてなもの

こういうこわいひとたち

とくいなもの

こういうかわいいひとたち

ばか

すたんするかべをだす
まっちあっぷ vs えーでぃーしー
にがてなもの

こういうとおいところからなぐるひとたち

とくいなもの
ばーどもれーにんぐよわいのでとくになし

ばか
<ここにQをうて!

執筆者

ふかぴよん

えっ、今日は全員カレーライス食っていいのか


コメント - 1件
1.
ふかぴよん 登録済みユーザ
2016-03-12 03:21:19

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!