ビルドガイド: アジール - Azir

アジール: Shurimaの技術は世界一ィィィィーーーー!

執筆者: みこちん (最終更新日: 2016-04-05 00:22:24)

7,950   1

21
5
81%
トップページ > ビルドガイド検索 - アジール > 【ビルドガイド】アジール: Shurimaの技術は世界一ィィィィーーーー!
このガイドはバージョン 6.6.1 の時に書かれたものです。ガイドが書かれた後に新しいパッチがリリースされています。
アイテム等が削除されていたり、効果が変更になっている可能性がありますので、ご注意下さい。

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 9
  • 伸びゆく体力の章(III) Lv毎に体力 +1.33(Lv18で +24)
    x 9
  • 魔力の神髄(III) 魔力 +4.95
    x 3
  • 攻撃速度の印(III) 攻撃速度 +1.7%
    x 8

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


スターティングアイテム

ファーストリコール

コア

シチュエーショナル

最終ビルド

イントロダクション
フレンドで中々 を使ってくれる人が増えないので、
使いの方が増えたらいいなと思って簡単にガイドを書いてみます。

私のSeason5はほぼ でRankedをやっていました。


は2014年9月16日 lol Season4 後半に実装されたメイジ兼マークスマンの少し変わったチャンピオンです。
普通のメイジは のように、スキルでバーストダメージを与える役割ですが、
はスキル+スキルを使った通常攻撃でダメージを与えるDPS(ダメージパーセコンド)チャンピオンです。

少し操作に慣れが必要ですが、使い込めば使い込むだけ自分のものにできるチャンピオンだと私は思っています。
このガイドを読んでみて、 を使いたいと思う人が増えてくれたら嬉しいです。
長所と短所
長所
- 1. 非常に長い攻撃射程
- 2. 高い機動力
- 3. ビルドとステータスによるオブジェクトに対する攻撃性
- 4. ロングレンジからのポークダメージ
- 5. DPSチャンプでありながらバーストを出すことも可能
- 6. 終盤になるにつれて強くなるLategameCarry力
- 7. 砂漠の皇帝って時点でカッコイイですよね

短所
- 1. 非常に脆いので判断ミスが死に繋がる
- 2. ある程度運用できるまでに練習が必要
- 3. スキルをガンガン使い過ぎるとマナが枯れる
サモナースペル

基本的に持つサモナースペルです。


フラッシュは絶対必要ですね。


私の場合、 が対面の場合のみ持つくらいです。
このような相手にはヒールではなくバリアーを持つことでレーニング初期から
優位を取ることができます。


ヒールと同じくらい候補にあがるサモナースペルです。
最近はかなり持つことが多いです。
主に相手チームがハードCCの場合に持ちます。
マッチアップであれば、 等だと思います。


のようなADアサシン相手の時に必須です。


対面がTPを持つチャンプの場合考えます。 等ですね
ルーン
赤 魔法防御貫通x9
黄 Lv毎に体力x9
青 Lv毎にクールダウンx9
紫 魔力x3

最近赤にアタックスピードx9を入れるのも流行ってますね。
筆者は魔法防御貫通の方でほぼプレイしていますが、
ASを入れるのも強いと思います。
マスタリー
闘争本能12 計略思想18 不撓不屈0
基本的にこのマスタリーです。

ここで書くことは私はポーションがビスケットになるではなく
を選択することを薦めます。

のマスタリーを取ることで序盤レーニングでの優位がかなり変わります。
レベル1、2の時点で相手のポーションを出来るだけ減らしましょう。

のキーストーンを発動させることが容易なので
上手く使いこないし相手にダメージをガツガツ与えていきましょう。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

どのようなマッチアップであっても基本的に変わりません。
R>Q>W>Eの優先度でスキルのレベルを上げていきます。

W→E→Qのコンボは焦らないで入力することが大事です。
日本サーバーでPingが低くなったことで目押しも楽になったと思います。



自軍、敵軍の両方のタワー跡地に対して使用可能なパッシブスキルです。
使用すると擬似タワーが完成します。このタワーはバカにならないくらい強いので
中盤のタワーシージの最などに有効活用しましょう。


メインの攻撃スキルです。Eと組み合わせることで移動スキルにもなります。
Wの兵士を召喚している状態でなければ使用できません。
レーン戦では基本的にWで召喚した兵士をこのスキルを使って敵に送り込み
そのまま殴る事でダメージを出していきます


の最も基本スキルです。スキルレベルを上げることで 自信のASも上がります。
何をするにも兵士を召喚しなければ始まりません。
序盤はスタック管理が重要ですので気をつけましょう。
このスキルは兵士を召喚する以外に、敵タワーに対して使用するとダメージを与えることが出来ます。


Wで召喚した兵士に対して飛びつくスキルです。
移動中に敵チャンピオンにぶつかった場合ダメージと自身に対してシールドが付きます。
Qと組み合わせることで移動スキルとして非常に長い距離を移動できるので、
練習して使いこなしましょう。


自身より少し後から盾を持った兵士の壁を出すことが出来ます。
この壁はフラッシュのようなワープ系ブリンクかCC無効の突撃系以外は通り抜けることができません。
使い方次第では戦況を一気にひっくり返すことが可能な素晴らしいスキルです。
基本的な使い方は自身及びマークスマンのピールに使うといいと思います。

敵陣に突っ込んでinsecする使い方もありますが、使う場合はキャッチしたら味方が敵を倒せるまたは、相当削れる。
自分は を持っている事が前提で行ったほうがいいと思います。
アイテムビルド

スターティングアイテムですね。
誰が相手でも基本です。


スティンガーかコーデックスかはその時持っているゴールドで決めています。
私の場合スティンガーを買えるゴールドを持っている場合はスティンガーを優先します。
ドランズリングを2つ持つことでレーニングでのマナが安定するのでリングは2つを推奨します。


この2つのアイテムが揃った時が のパワースパイクです。
を持った段階で既に十分強いのですが、 まで完成すると
相手の柔らかいチャンピオンなら数回兵士で突き刺すことでヘルスは一気に削れます。


対面がアサシン、相手がオールADのチームの時など、ほとんどのゲームで私は持ちます。


は兎に角死なずにダメージを出すことで存在感を発揮します。
を持つことでMRとAPを稼ぐことができ、
自身を狙いに来るアサシン、ファイターのMRを下げることができるので非常にオススメです。


コアビルドが揃うと相手チャンピオンが貴方を鬱陶しがり、MRを積み出すでしょう。
頃合いを見て は必須です。


or 、あるいは両方が要らないようなゲームで持ちます。
私は基本的にビルドがディフェンシブでもあるのであまり持ちません。


このアイテム自体は非常に高性能です。ですがコストが高く完成するまでに10分かかり、
他のコアアイテム2つのコストも高い では積み辛いアイテムです。
簡単なマッチアップリスト
Easy

Medium

Hard


よく見るMid相手について簡単に書きます。(とりあえず今は だけ・・・)

vs

この忍者が相手の場合、まずサモナースペルはを持ってください。
無くても勝てる場合もありますが、あったほうが安心です。
との相性が非常に高く現在とても強い部類のMidlanerですが
Lv1,2の時点では の方が優位です。特にLv1の時点で が持っている3つの を可能な限り削りましょう。

Lv1の を使ってミニオンをプッシュしつつ敵を攻撃すると良いです。
2つ目のミニオンウェーブが来たら、最初の1体目のミニオンを倒すことでLv2になります。
相手より先にLv2に先行し、 のスキルを使いHealthの優位を作りましょう。

ただしプッシュレーンの場合Gankには最大限注意してください。常に相手のジャングラーがどこにいるかを予想しながら。

のスキルが揃ってからは を避ける意識をしつつ、 が無いときなど積極的に攻めましょう。

を覚えたらここからは を使って対処します。
でインしてきた場合 を使い攻撃し の影に最終的に帰ります。
をつけながら自分のタワーに向かって して上げると大抵 の影に戻っていきますね。
で凌いだ場合、この時の は非常に刺しやすいです。
の影に戻る所を狙いましょう。これはvs にも使えます。
最後に
フレンドで 使ってくれる人が一人もいません。
ここまで読んでくださった方がいましたら
是非 を使ってみて欲しいと思います。
少し練習が必要かもしれませんがカッコイイですし強いですよ!

執筆者

みこちん



コメント - 1件
1.
なかぜん 登録済みユーザ
2016-06-26 16:30:26
これ見て皇帝使い始めました!

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!