ビルドガイド: ルブラン - LeBlanc

ルブラン: 6.24プレシーズン新型Leblanc 暫定メモ

執筆者: 彼岸過迄 (最終更新日: 2016-12-08 11:58:59)

1,120   3

8
0
100%
トップページ > ビルドガイド検索 - ルブラン > 【ビルドガイド】ルブラン: 6.24プレシーズン新型Leblanc 暫定メモ
6.22のアサシンアップデートにより大きく変更されたルブランの暫定的メモです。

主にスキルの変更と解説、立ち回りの感覚について書いています。
身内用に書き起こしたものなので、みなさんの経験を元に改良してください。

※6.24対応しました。

ルーン

  • 魔法防御貫通の印(III) 魔法防御貫通 +0.87
    x 9
  • 伸びゆくクールダウン短縮の紋(III) Lv毎にクールダウン -0.09%(Lv18で -1.67%)
    x 6
  • 伸びゆく魔力の紋(III) Lv毎に魔力 +0.17(Lv18で +3.06)
    x 3
  • 伸びゆく体力の章(III) Lv毎に体力 +1.33(Lv18で +24)
    x 7
  • マナ自動回復の章(III) 5秒毎のマナ自動回復 +0.41
    x 2
  • 魔力の神髄(III) 魔力 +4.95
    x 3

サモナースペル

マスタリー

0/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
5/5
5/5
0/5
5/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5
0/5

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初期アイテム

優位を取れた時

微不利、対面APが辛い時

対面AD

なるべく長く前線にいたい時

確定2手

以後、選択肢

ブーツ

忘れずに!(+コントロールワード)

最終ビルド

スキルについて
ルブランのスキルは大きく変更されました。
それに伴い、使い方もだいぶ変わっています。

まず一つずつ性能と仕様を解説。

Passive: シジルマリス
ルブランが敵ユニットにスキルでダメージを与えると、対象に4秒間「マリスの印」が付与される。
印は1.5秒経つと、ルブランが次に使用するスキルで爆発させて魔法ダメージを与えることが出来る。
マリスの印」は5秒間経たなければ同一の対象には付与できない。
魔法DM: 25 (+15Lv) (+0.8AP)

ルブランのバースト代名詞であるマリスがパッシブに変更されました。
マーク付与、起爆、ともに全てのスキルで可能になり、コンボルートを自由自在に選べるようになった。
ただし、起爆には1.5秒待たねばならず、かつ同じ相手には5秒間コンボができなくなる。この制限がかなり辛い。
必然的に相手の射程により長い時間待機する事になり、更に慎重な動きが必要になりました。

Q: シャターオーブ
対象に向かって光の玉を飛ばし、魔法DMを与える。
このスキルが「マリスの印」を爆発させると、そのユニットから最も近い印付きの敵ユニットにこのスキルが跳ねて飛んでいく。
ミニオンに対してはこのスキルのダメージが70%になる。
魔法DM(1Hit毎): 55/80/105/130/155 (+0.5AP) → 55/90/125/160/195
Cost: 40/45/50/55/60MN CD: 6s Range: 700


ライズのようにマークのついた敵をバウンドし、実質的AoEとして使えるようになりました。
それ以外は特に目立った変更はなし、単純な対象指定遠距離と考えても良さそう。
ハラス、逃げる相手のトドメなどにも使いやすい。

※6.24修正

(フルヘルスのミニオンにLv1のW,Qを使用した結果。前衛、後衛、砲台、全てフルヘルスからです。)
ミニオンへの追加ダメージが大幅に低下しました。
Lv2時点でミニオンは確殺できません、アイテムやルーンにもよりますが、Lv3-4になっても足りませんでした。
かわりに単体へのダメージが上昇したので遠距離スキルとしてはより使いやすくなったと思います。

W: ディストーション
指定地点までリープし、周囲にいる敵ユニットに魔法DMを与える。4秒以内に再度このスキルを使用すると元居た地点に戻る。
魔法DM: 85/125/165/205/245 (+0.6AP) 効果範囲: 250 移動速度: 1450
Cost: 70/80/90/100/110MN CD: 18/16/14/12/10s Range: 600


ブリンクおばさんたる所以。AoEにつき、パッシブのマークが複数人につけられます。
そこに をうてば、2連続AoEが決められる。この コンボは のウェーブクリアを支えてくれます。
スキルを2つ使いますが、パッシブのバーストダメージと合わせて簡単にミニオンを倒せるので、もうタワーに押しつけられる事もありません!
レーン戦でミニオンごと対面にマークをつけて、安全圏からCSを大量にとりつつ超痛いハラス、なんてこともできます。

E: エーテルチェイン
指定方向に鎖を放ち、当たった敵ユニットに魔法DMを与え対象と鎖で繋がれる。
1.5秒間対象と鎖で繋がっていた場合、対象に同様の魔法DMとSnare(1.5s)を与える。
魔法DM(1Hit毎): 40/65/90/115/140 (+0.5AP)40/60/80/100/120 弾速: 1750 鎖の範囲: 1000
Cost: 40MN CD: 14/13.25/12.5/11.75/11s Range: 925


コンボルートが自由になったためか、実は大躍進した感のあるスキル。
のスキルでは一番当てにくいが、ダメージは最も大きい。かつ鎖の範囲が表示されるようになったので、うっかり取り逃がす事もなくなった。
ダメージ判定が2回発生するため、「 単発で が起爆できる」ようになっています。
ミニオンに止められてしまうのでレーン戦で当てるのは難しいですが、隙あらば狙う価値のあるコンボです。バーストが入ったという事は、相手はスネア状態。そこから更に殴るもスキルをぶち込むも自由自在!
のおかげでCCとバースト、両方を兼ねるようになったスキルです。

※6.24
単体ダメージが低下しました。
しかし のメインスキルであるCC等は変わらないので使っていけます。

R: 再演(ミミック)
スキルの内の1つをコピーして「分身」の囮を作り出し、一緒にスキルを使用する。「分身」は2.5秒後に消える。
Cost: 無し CD: 54/42/30s
再演: シャターオーブ(Q):
魔法DM(1Hit毎): 150/275/400 (+0.6AP)
再演: ディストーション(W)::ディストーション(W)とは別々の地点に戻ることができる。
魔法DM: 100/225/325 (+0.5AP)
再演: エーテルチェイン(E):
魔法DM(1Hit毎): 100/160/200 (+0.5AP)
シャドーローズ(R)

一番変更されたスキルです。今までのように「スキルの強化版を使う」のは同じですが、操作方法が違います。
今まで:Rを押すと、最後に使ったスキルの強化版が発動する。
現在:Rを押すと、全てのスキルが強化される。任意のスキルを使うとRはクールダウンに入る。
つまり、R>(強化したいスキルキー)の順番で押します。(強化Wを使いたい時:R>W)

通常スキルがCD中であっても、Rによる強化スキルは発動できます。
Wで戻ってきてCD中になった直後に、R>Wで再び突進、というのも可能です。
の帰還はRで行います)

強化スキルは発動すると同時に一瞬ステルス状態になり、分身を生み出します。
分身は同時に判定のないみせかけのスキルを発動し、Altキーでの操作が可能になります。2秒ほどで消えますが、相手の攻撃判定を吸うので方向指定スキルの壁にもなれます。

RRと連続でキーを押すと、指定地点に分身を発生させます。
これはマップ中どこにでも生む事ができ、操作はできず自動的に行動します。
分身は発生地点から最も近い敵チャンピオンに歩いて近づいていき、最後に本体が使ったスキルを模倣して消滅します。このスキルにはダメージなどはなく、ただのみせかけです。
しかし8~9秒というかなり長い持続時間があり、場所を選べば数秒間ずっと相手の行動を抑制できます。
サイドプッシュしている の背後から歩かせてオブジェクト破壊をやめさせる、Gankしようとしているジャングラーの前から歩かせてビビらせる、BOTを押している相手の前方ブッシュから出して追撃を遅らせる――――などなど使い道は多種多様です。
この分身を生かすには「ソロで相手をビビらせる」ぐらい育っていないといけません。腐らない事が更に大事になりました。
※分身はスキルを発動した直後に消滅します。相手の目の前のブッシュに生んでも、ブッシュの中からスキルを撃ってしまい、相手に顔を見せる事なく消えてしまいます。なるべく「歩かせる」ようにしましょう。

クールダウンが特殊です。
通常のRとシャドーローズはCDが分けられています。
まず通常のRは上記に記されたとおりのCDですが、RRで発動するシャドーローズにも別のCDが設定されています。
スキルアイコンの右上についている●がそのCDです。これが明けていないとRRを押しても「そのスキルは使用できません!」と出て不発になります。
また、シャドーローズのCDが明けていても、通常のRが使用可能でなければ当然RRは押せません。
スキルオーダー
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

↑のようになってはいますが、これはアテにしないでください。
コンボルートが自由になったので、スキルオーダーも個人で決められるようになっています。

基本、 が最優先、移動の要である が優先、というのは同じでしょうが、 の扱いは個人の趣味が反映されると思います。
対象指定で当てやすく射程もそこそこ長くバウンドする
フルで当たればダメージが大きく、REがクッソ楽しい
どちらを選んでも問題ありません。あなたにピッタリなルブランを作りましょう。

それに伴い初手も悩みどころです。
は相手の位置に関係なくハラスができる。どうせレベル2までバーストできないんだからAA>Q>AAでしてやろう、という開き直り選択。
はAoEとして、逃げとして、突撃として使える便利な選択。
は相手がミニオンに隠れるだろうに当てられるかどうか甚だ疑問ではあるが、レベル1時点でパッシブが使える唯一の選択。

さて、みなさんはどうしましょう。
サモナースペル
ここらへんはあんまり変わりません。


これを選ばずなんとする。


後述するように殺しきれない事が多くなったので、駄目押しに必須。
とかはこれがあっても殺せませんけど。
アイテムビルド
RのCDが長くなり、コンボをどこからでも始められるようになったので、CDRの重要性は更に上がりました。
Wでの逃走しかり、シャドーローズの分身しかり、RそのもののCDしかり……より便利に動くためには30%以上のCDRが欲しいところです。



安定の初手候補。基本このどちらかを選びます。
最終的には両方積みますが、レーン戦がどれだけ辛いか、優位を取っているかによります。


ヤバくなったのは だけではありません、敵ADへの対策にはやはりこれ。
殺す能力はかなり下がりますが、無駄にはならないでしょう。


未だに試す機会に恵まれませんが、パッシブの影響でそれなりに前に出る との適正が考えられます。
ただCDRが付かないのでだいぶ動きにくくなるとはおもいますが……テストしてくれる方募集。

※試してきました。
結論:体力もマナも魔力も増えた結果、かなり長く前線にとどまれるようになりました。
相手のビルドによりますが、火力についてもアビサルかモレロのどちらかを加えれば十分です。
ただ、CDRが足りない、圧倒的に足りない。回転が良くなる時間が後半に寄るので集団戦をかなり意識したビルドです。
ちなみにテスト時はRoA、アビサル、モレロと完成したのは20分頃でした。



安定の追加プラン。
ヴォイド、帽子は言うまでもない。 は下がったバーストを補ってくれるうえ、前線でちょろちょろし、相手を追い掛けるためにも使えるので現在の には合っていると思われます。
はソロキルより集団戦や、自分が逃げ切るためにも使う消極的な感覚になります。


いくらAAで殴る機会が増えたとはいえ、これを積むほどではないような……。


あとは安定と信頼のアイテムで攻めましょう。ワードは大事、とっても大事。
コントロールワードは3つ持てるようになったので、常に切らさないよう補充しましょうね。
どうなったのか

よくなったところ
- 1. コンボが自由になった
- 2. バーストダメージを出せるチャンスが増えた
- 3. (コンボにWが必須ではなくなったので)相対的に機動力や攪乱性能が増した

つらくなったところ
- 1. 相手のヘルスが多いと殺しきれない事が多い
- 2. 前をうろつく時間が増えて脆くなった

体感的にはこんな感じです。特にバーストダメージの低下が辛いです。

「ワンコンアサシンメイジから、バーストの出せるDPSメイジになった」
という感想がピッタリな感覚です。

スキル射程や分身などを使い、ダメージを出し続ける感じでいきましょう。
ルブラン対策
ルブランガイドに書くべき事かどうか悩みましたが、要請があったので「対面がルブランだった時の対策」について雑感をこちらに。

まず、以前のルブランは「マリスついた、じゃあ突撃してくるな準備しよ」と次の行動が完全に予測できてしまうチャンピオンでした。
だからこそブリンクなどで翻弄してキメにいったのですが、今のルブランは違います。

マークがどのスキルからでも付くうえ、どのスキルでも起爆できる。更に厄介なのはRの分身と一瞬のステルス。
いつ攻めてくるか予想がつきにくいうえ、反射的にスキルを撃ったらルブランの思い通り――対面からすればあれほど嫌らしいアプデもないでしょう。

そんなルブラン対策ですが、あくまで個人的な感想ではありますが「ヘルスを積む」のが一番刺さる気がします。
感覚的にはワンコン火力が下がった といった感じを想定した対策です。
バーストできるといっても1回の起爆のダメージが以前より大幅に下がったうえ、起爆後は5秒間そのダメージが出せなくなる。
更に追撃するならより長時間相手の射程内に留まらなければならず、CCなど受けようものならそのまま頓死か逃走するしかなくなります。
なので、「1回のバースト+通常スキル1~2回でも死なないヘルスを確保する」のが最大の対策ではないかと感じました。

MRに関しても防御面なので同じ効果が期待できるとは思いますが、ルブランチームのAD・AP人数によって選び分けるとよさそうですかね?

他にも「こんな対策あるよ」というのがあったら教えて下さい。こっちも対策するので(本音
さいごに
まだまだ時間がたっていないので判らない事、とんちんかんな所も多いはずですが、取り急ぎこんなもんです。

みなさんのルブランガイドをお待ちしております。

執筆者

彼岸過迄

Mage、Ranged大好きなsup厨。
一番苦手なのはTankyなmelee。


コメント - 3件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:9fb8ee3a
2016-11-12 13:59:56
待ってました!
2.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d66276f0
2016-11-13 04:57:57
なんでスペルシーフエッジなんですか?
3.
彼岸過迄 登録済みユーザ
2016-11-13 05:50:44
>2
ほんとですわ、なんでこんなの入れたんだろ……。
修正しておきました、ty

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!