ビルドガイド: アッシュ - Ashe

アッシュ: アッシュと歩むゴールドへの道!【9.12】

執筆者: 深層水 (最終更新日: 2019-07-09 23:34:52)

2,936   7

20
2
91%
トップページ > ビルドガイド検索 - アッシュ > 【ビルドガイド】アッシュ: アッシュと歩むゴールドへの道!【9.12】
シルバーを抜けるためのADCアッシュガイドです。

【5/30】デイリーランキング3位ありがとうございます。
【6/1】デイリーランキング1位ありがとうございます。頑張ります。

更新履歴
5/29 更新開始。
5/30 用語解説を追加、集団戦とレーニングについての項目追加。
5/30 参考動画を追加。集団戦について加筆。
5/30 タイトル変更。
5/31 アッシュ愛を追加。
6/1 スキルドッジについての項目を追加。
6/12 ADC関連のパッチについての項目を追加。
6/12 筆者に関するアッシュのデータを更新。
7/9 ERTFビルドを紹介。

ルーン

栄華
リーサルテンポ
凱旋
レジェンド: 迅速
最期の慈悲
天啓
魔法の靴
ビスケットデリバリー
攻撃速度 +9%
アダプティブフォース +10
物理防御 +5

サモナースペル

スキルオーダー

パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

ビルド

最終ビルド


初手アイテム

コア

防御系アイテム

攻撃系アイテム

ERTFビルド

最終ビルド

ガイドについて
こんにちは、深層水といいます。

今回ビルドガイドを書いてみたいという興味本位で書くことにしました。

筆者は今シーズンからゴールドになったばかりなのですが、アッシュを使ってシルバーからゴールドに上がるために大事だと思うことをなるべくわかりやすく書いてみようと思うので、参考にしていただければと思います。

もっと上のレートの方からの指摘やアドバイスもコメントにてお待ちしています。

筆者OPGG↓
https://jp.op.gg/summoner/userName=Nalshur

アッシュに関するデータ↓
5/29現在
ゴールド I 22LP
90戦56勝34敗(勝率62%)
平均K/D/A 5.6/5.1/7.7 (KDA 2.58)
ボットレーンのパッチについて
パッチ9.12においてにバフが来ました。

についてはWのCD、は基本攻撃力が+2追加されました。
どちらもそこまで大きなバフではありませんが、使いにとってはありがたいバフと言えます。

今後もアップデートに応じてここを更新していきます。
長所と短所
の長所
- 1. Qとリーサルテンポによる高いDPS
- 2. 射程の長いWとAAによるレーニングの安定
- 3. Eによる視界のコントロール
- 4. 射程∞のRによる強力なCC
- 5. 徒歩勢のタンク、ファイターに対するパッシブのカイト性能

の短所
- 1. 非常に柔らかい
- 2. ブリンクを持たない
- 3. 自衛手段がRのスタンしかない
サモナースペル
フラッシュ
全ての場合において必須のサモナースペル。
ブリンクを持たないアッシュにとって、勝負所でこれがあるかないかでは天と地の差があります。
絶対に持ちましょう。約束です。

ヒール
ADCにとって最もベーシックな選択。
サポートを助けることができ、常に2v2の状況にあるボットレーンに置いて非常に有益なスペルと言えます。
筆者は基本的にこれを持ちます。

クレンズ
相手に等強力なCCが多い時に威力を発揮します。
ノックアップとサプレッションは解除出来ないので気をつけて。
はこれで消火することができます。

テレポート
筆者がこれを持つことはほぼありません。
メリットは、リコール後の復帰を早まりレーンが安定することと、リフトヘラルド等topサイドの戦いに関与するチャンスが増えることです。
しかし、ゴールド以下のランクにおいては、ADCのTPを生かしたプレイができるチームにはほぼ出会えません。
このランク帯では味方を助けるより自分が勝つことを優先したほうが勝ちやすいと考えています。よって選択肢に入ることはまずありません。
ルーン
キーストーン

リーサルテンポ
王道ルーンです。これのおかげでDPSが大幅に向上します。
これ以外はあまり選択肢に入りません。


を積む可能性について

に関して、1stアイテムのでライフスティールが得られるので、での回復はあまり必要としません。

に関して、は前述した自衛手段のなさにより、安定して同じ対象を攻撃することを少々苦手としています。
また、はショートトレードに非常に長けたルーンです。
しかし、がレーンでやりたいことは、ショートトレードではなく、を生かしたロングトレードか、と長い射程を生かしたポークです。
以上の理由からでDPSを高め、と合わせて序盤からDPSを出しに行く選択が非常に多いです。


メインルーン

凱旋
主に集団戦での生存力が向上します。これのおかげでキャリーできる集団戦は数多くあります。

オーバーヒール
個人的に凱旋に比べると積む機会はかなり少ないですが、なしではないと思います。

レジェンド:迅速
血脈と天下を二分していますが、によるライフスティールの恩恵を早くから手に入れられるため、血脈ではなくこちらを採用します。

最後の慈悲・ 切り崩し
好みですが、ADC同士の殴り合いを考えるとの方が圧倒的に強いです。
レーニングを考えるなら、集団戦で相手にタンクが多いならを積みましょう。


サブルーン

魔法の靴
徒歩勢であるにとって、+5のMSは非常にありがたいものです。
また、装備が必要なADCにとって300Gのアイテムがタダで得られるのはとても恩恵が大きいです。筆者は必ず積みます。

ビスケットデリバリー
使えば序盤のレーンにおける貴重なサステイン、売ればゴールドになる優秀なルーンです。
持って損はありません。

疾駆
は非常に魅力的ですが、それと同じくらいアッシュにとって恩恵の大きいのがこのルーン。
Passiveのスローとの効果で延々と敵を追撃することが出来ます。
W→AAのハラスもやりやすくなり、一旦有利を握ったらかなりの威力を発揮します。

自信があるなら、迷ったらで良いでしょう。
スキル
パッシブ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
Q
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
W
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
E
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
R

レーニングにおいての唯一のハラス手段であるWを上げましょう。
次いでDPS向上のためのQ
最後にEとなります。

Passive
AAにスローが付き、このスローを受けた敵には、AAが追加ダメージを与えるようになります。
このパッシブのおかげで、アッシュはブリンクのない近接攻撃チャンピオン(例:)を相手にするのが非常に得意です。
クリティカルがダメージの代わりに強力なスローを与えるようになります。

Q
AAをタワー以外に4回使うと使用可能になります。
CDのない強力なASバフなので、敵チャンピオンと戦うときには必ず使いましょう。

W
非常に長射程で、レーンにおいて優秀なハラススキルです。
ルーンで疾駆を持っている場合、WからAAの追撃が確 実に行えます。

E
マップ上どこでも視界が取れる何気に超OPなスキル。
敵の情報を得たい時に使いましょう。CDは長いのでここぞというときに残しておくこと。

R
最低でも2秒、最長3秒のスタンに加え、射程が無限というロマンあふれるスキル。
ベースからmidに打ったらよく当たることがあります。
しかし、自分のレーンでキルを取って勝つ方が優先なので、積極的に狙っていきましょう。
集団戦勝てると判断したらこれで自ら戦いを起こすこともできます。
アイテム紹介
コアアイテム

ルインドキング・ブレード
ど安定な1stアイテムです。
昔はを積むビルドが一般的でしたが、現在は9割9分こちらを積みます。
パッシブの割合ダメージが強力なため、こちらがを持ったタイミングで、相手がを持っていない場合は大体戦えば勝ちます。Rでしっかり狙いましょう。
発動効果は敵にスローを与え、自身のMSを上げるので、追撃カイト等様々な場面で役立ちます。忘れずに使いましょう。

ブーツ類
好みですが、を持つことが多いです。
が居るときは迷わずを持ちましょう。

ルナーン・ハリケーン
2ndアイテムは大体これです。
ハリケーンの矢にもパッシブのスローが付くため、3人の敵にスローをばらまくことができます。

インフィニティ・エッジ
火力が欲しいならハリケーンの次に積みましょう。
Critダメージこそないものの、Passiveの追加ダメージがCrit率で増加するため、かなりのダメージを期待できるようになります。

ガーディアン・エンジェル
火力を手に入れたら身の安全を確保しましょう。
前述の通り自衛手段をほぼ持たないにとって、素材のストップウォッチと合わせて得られる生存力は非常にありがたいものです。

防御系アイテム

ブラック・クリーバー
相手のアサシンが怖いなら、の代わりに持ちましょう。
Qの多段ヒットAAがの自動効果に非常にマッチしており、ダメージ面でそこまで後れを取らないのに加え、HPを400くれるため、生存力が格段に上がります。どうしても不安なら買いましょう。

マーキュリアル・シミター
通称サッシュ剣と呼ばれるこいつですが、CCを避ける手段を持たないにとっては非常にありがたいアイテムです。
使えばCCを解除してくれるので、等、CCに捕まってしまう可能性があるときには持っておきましょう。

マルモティウスの胃袋
に人体消失マジックのごとく消し飛ばされてしまう。
そんな時にはぜひこれを積みましょう。魔法ダメージからの生存率が大幅に向上します。

ファントムダンサー
火力も出したいけど死にたくない、そんなときはこれを積みましょう。
ASとCrit率がもらえて、DPSをより高めることができます。
最近のアップデートにより、防御アイテムとしての面が強くなりました。
ただし、と同時に積むことはできないので注意しましょう。

攻撃系アイテム

ブラッドサースター
「回復しながら敵殴って殺せば死なないのでは?」
防御系アイテムを見ながらそんなことを思ったあなた。これを積みましょう。
強力なサステインと高いADが魅力です。

ドミニクリガード
相手が硬いならばこれを積みましょう。タンクを殺すには一番のアイテムです。

モータルリマインダー
相手のサステインが強力ならば持って損はありません。
この人たちには積むことをおすすめします。


ビルドの流れ
コアアイテムとして紹介したものは基本的に積めば間違いないと思います。


この流れはほぼ毎試合同じで大丈夫だと思います。靴を除くとあと2つアイテムを積むことになりますが、状況と好みに応じて決定してください。


・ブーツ類を積むタイミング
ルーンでを取っているので、12分には靴が届きます。
にするつもりならば早めにすることをおすすめします。
ならば、を優先させても構いません。
相手のスキルを避けるにはブーツが非常に重要なので、避けなければならないスキルがあるならブーツの進化を急ぎましょう。
ERTFビルドについて
7月現在、LCS C9のコス…ADCであるSneaky選手が考案した新ビルドが流行っているので紹介します。

その名もERTFビルドです。
その名の通りERとTFを買うビルドです。

長所
- ルーンでを選択することによるレーンの強さ。
- CD短縮を積めることによるスキルの回転。
- にらみ合いにおけるポーク性能。
- ERの効果でマナが切れない。
- TFで体力が貰える。

短所
- 従来のに比べDPSで劣る。
- を両方積むと高い。
- のサステインが得られない。

それでは詳しく見ていきましょう。
ルーンはを選択します。サブルーンは栄華で、の分のサステインをで補います。
従来通りを採用するパターンもあるようですが、の方が人気です。

長所なのですが、CDが非常に早いです。W2.4秒で上がります。
これにより、レーンでのハラスやブッシュチェックなどが頻繁に行えます。
なお、Wのスロウが2秒なので、敵はほぼ永遠にスロウを食らうことになります。
他の長所としては、ERによるマナ回復や、TFの素材であるによるレーンの安定性が挙げられます。
ADCにとって体力はとてもありがたいです。

現在諸事情によりLoLができず、筆者はこのビルドを試していないので、また試し次第更新することにします。
レーニングについて
のレーニングについてです。
のAAレンジは600と非常に長く、全チャンピオン中3位となっています。
このため、同じく射程の長いWと合わせてやや強めのレーニング性能となっています。
何故「やや」なのか。それはの持つ攻撃スキルの少なさにあります。そう、Wしかハラスに使えないのです。
エンゲージが出来るADCとしてよくと並んでが挙げられますが、こちらはハラススキルがQEの二つ、Wを使えばQのダメージも伸びるため、レーニングにおいてはよりも強力です。
さらに、はブリンクスキルを持たないため、ハラスを避けにくく、位置取りが難しいという欠点があります。

さて、のレーニングにおける長短は大体わかって頂けたかと思います。
ここから実際のレーニングの話に移るわけですが、何事もまず目標を決める必要があります。
これはだけではなく他のADC全般に言えることですが、レーニングにおける最大の目標は、
お金を稼ぐことです。
敵のADCより多くのお金を稼ぐことが、勝利への近道と言っても良いでしょう。

お金を稼ぐのにはどうすればいいか、CSを多く取ることです。
CSそのものが苦手という人はひたすら訓練するのみです。
トレーニングモードでスキルを使わず10分80CSを目指しましょう。

次に、相手より有利にレーンを進め、ゴールド差を付ける方法ですが、体力差をつけることです。
体力差があれば、相手へのプレッシャーは強まり、相手が取れないCSが出てきます。そうすれば相手より多くのCSを取り、ゴールド差をつけることが出来ます。
え?でも、はハラススキルが少ないのが弱点って言ってたじゃん!
そう思った人もいることでしょう。あるんです。が相手よりハラスで上回れる時間が。
その答えはレベル1です。レベル1でスキルを2個持っているチャンピオンは居ません。(例外:変身系チャンプ、ユーミ)
レベル1ならばも相手のADCもスキルは一つしかないのです。
そうなれば長い射程が確実に物を言います。
が苦手とするなどのサポートでも、レベル1で出来ることは多くなく、射程の長いは比較的安全に敵に対してハラスが行えます。
この時間に体力差を付けておくことで、レベル2以降の戦いでも多少の有利を取ることができます。
PassiveやWによる追撃が非常に強いので、少なくともWとAA2発くらいは相手に入れることができるでしょう。
なお、あまり敵を殴りすぎてしまうと、敵ミニオンの攻撃が痛いので、敵ミニオンの動きに注意しながら行いましょう。


次に、がレーンで気を付けるべきことです。
前述したようには逃げスキルを一切持ちません。そのため、などに捕まってしまうとかなり危険です。
当たってはいけないスキルをしっかりと理解し、避けるように心がけましょう。当たってしまっても焦らず自分のデッドラインを見極め、必要なサモナースペルを使いましょう。

ミニオンでブロックできるスキル(例:)の場合は、レーンを押して自軍のミニオンを多く保つことである程度対策ができます。ただし、ガンクを受けないようにしっかりとワードを刺しましょう。
集団戦について
レーンを出たADCは味方と協力して集団戦を戦うことになります。
その際チームがADCに求めていることについて話します。

ズバリ
1.生き残る
2.ダメージを出す
の二つのみです。

どちらかと言えば生き残る方が大事です。1キル1デスより0キル0デスの方が価値が高いと覚えてください。


ここでは、生き残りつつダメージを出す方法について書いていこうと思います。
前述の通りは非常に機動力に難のあるチャンピオンです。
ADCというのは近づかれるとあまりにも脆いため、常に敵とある程度距離を取る必要があります。
その際に必要な動きがカイトです。
なんのことはありません。
移動→攻撃→移動→攻撃を繰り返すだけです。
移動先は、安全な方向をその都度判断してください。
これをするかしないかでは生存確率が全く違います。
ただし、はASアイテムの多さ、Q、リーサルテンポのASバフによって、攻撃と攻撃の間隔がかなり短いです。
攻撃と移動は基本的に両方マウスの右クリックで行うので、かなり右手が忙しくなります。
マークスマン(ADC)はLoLで一番右手が忙しいロールです。練習しましょう。
トレーニングモードでダミー相手に移動 攻撃 移動 攻撃 移動を繰り返すだけでもかなり練習になります。
とにかくAAの間に立ち止まらないことを意識しましょう。
レーンCSを取る時からこれを行いましょう。立ち止まっている時間は無駄です。

カイト上達への近道ですが、上手い人のを見て真似しましょう。集団戦のmontageとかでも良いです。
動きだけ見て見よう見まねで真似していると、上手くなったような気がして気持ちが良いですし、実際に上手くなっています。
筆者はSeason9 LCK SpringのKZ Deftのを見て一目惚れしてアッシュを使い始めました。その時のイメージが未だに頭から離れず、実際のプレイに繋がっていると感じます。
上手くカイトしきった時の気持ち良さに勝るものはありません。
是非自分の理想のを見つけてください。

フォーカスについて
フォーカスについて話します。
フォーカスとは、攻撃の際誰を狙うかというものですが、の場合、レンジが長いとはいえ、逃げる手段をフラッシュしか持たないでリスクのある立ち位置は極力避け、殴れるものを殴るという感じで大丈夫です。
前衛のタンク、ファイターに対してカイトをして、もし相手のキャリー(midやadc)が殴れるような位置に来た場合はそいつを殴ります。

ここで一つ参考の動画を載せます。上手く行った集団戦の例です。

誰を殴っているか、またどのような動きをしているかに注目して見てください。
まず一番近くにいるを溶かし切ります。
そこからに対してカイトをしています。その二人しか安全に殴れる圏内に居ないからですね。
ところが、そこでが左上から接近しているのが見えると思います。この時ゾーイはEとQを味方のに使い切っているので、筆者のは相手のキャリーであるに標的を移します。これがとても重要です。
もしもここでを殴っていなかった場合、に時間をかけている間に横からダメージを受けることになります。すぐさまに標的を移したことにより、体力を削り切り、戦いに参加できないような状況を作ることに成功しています。

このように、その時の状況に応じて柔軟に攻撃対象を変えるのが重要となります。
スキルドッジについて
が特に気を付けるべきCCを避ける方法について話します。
は、瞬時にスキルをかわす手段をしか持っていません。
よってスキルを避ける方法は
1. サイドステップ
2. フラッシュ
の二つになるわけです。

この二つを効果的に使ってデッドを防ぎダメージを出すのに大切なことがあります。
それは、相手のスキルを頭に入れることです。

全部とは言いません。絶対に当たってはいけないスキルは最低限戦う前に考えておくようにしましょう。
分かりやすいのは強力なCCです。など、まあ上げればキリはないですが、とにかく当たったらまずいと判断したスキルに関してはを使用してでも避けてください。
頭に入れておくだけで意外と反応できるようになります。1,2個であればかなりかわせる確率が高まるはずなので、是非実践しましょう。

次にサイドステップに関してですが、これもの場合と同様です。
避けなければいけないスキルを頭に入れて、落ち着いてかわすのみです。
これは集団戦というよりも少数戦において非常に重要です。
スキルを避けられるようになるだけでガンクされにくくなり、少数戦での勝率がぐっと高まることでしょう。

また、どうなると自分が死ぬのかを常に考えましょう。生き残る方法を考えるよりも死ぬ状況を考えて、そうならないようにを必要に応じて使用します。
味方との連携について
SoloQを戦う上で何よりの懸念材料はコミュニケーションです。
顔も合わせたこともない味方と確実に連携をとることが勝利に繋がります。

どうすれば連携が取れるのか。
ピンを鳴らしましょう。

これだけです。
集団戦をしたければ自分のRと敵に全力でON MY WAY!!!(向かいます)を鳴らしましょう。

さらに、ADCの誰もがこんな経験をしたことがあるでしょう。
相手のがレーンから消え、あれ~?などと呑気にレーニングを行い、気づいたらmidが死んでいる。

<bot ping plz

その通りです。ピンは出しましょう。少しうるさいくらいで丁度いいです。
出しても味方が引かずに死んだらそれは仕方ありません。

もし相手のサポートがロームしているような様子を感じた場合、
サポートと一緒に速やかにレーンを押してカバーに向かいましょう。
レーンを押してからです。

レーンから動く際は何事もレーンをタワーまで押してからにしましょう。
トライブッシュなどにワードを置く際なども、押し込んでから行く方が望ましいです。

あと、サポートをやる方にお願いです。ロームはレーンを押してからお願いします。
貴方がウェーブを押さずにロームをしている間、botレーンのADCは(´・ω・`)こんな顔をして貴方を待っています。
資料映像
個人的に上手く行ったが反省の余地もあるシーンを上げていきます。
これからアッシュを上手くなりたい人の参考にはなるかと思います。

GOOD POINT!
AAとAAの間にしっかり移動することで、ベイガーやオーンのスキルを避けているのが分かると思います。
BAD POINT...
焦って前フラッシュをしたせいでデッドしてしまいました。にとっては唯一のブリンク手段です。慎重に使いましょう。

GOOD POINT!
エイトロックスに対して常に距離を取るような方向にカイトが出来ています。
さらに、HPの減っているタロン、シンジャオに対してフォーカスを向けることで凱旋の発生を急ぎ、生き残ることに成功しています。
もしっかり安全な位置へ逃げるために使えていますね。
BAD POINT...
そもそもの立ち位置がよくありません。シンジャオに直接入られるような立ち位置には立たないようにしましょう。
味方を壁にするような意識がADCをプレイする上でとても重要ですね。
LEARNING POINT!
カイトの際のマウスカーソルの動きに注目してください。
地面と敵チャンピオンを交互にクリックしているのが分かると思います。
これがカイトの操作の基本になります。是非参考にしてください。
用語解説
・カイト
いわゆる引き撃ち。攻撃、後退、攻撃、後退を繰り返し、距離を取りつつ応戦する。

・サステイン
回復のこと。ライフスティール、スキルの効果、ポーションなど全ての回復を表す。

・CC
行動妨害。スロー、スタン等基本的なものからサプレッション、ブラインドまで、ありとあらゆる種類がある。

アッシュ愛について
ここから先は読みたい人だけが読めば良いと思います。

前述の通り、筆者はDeftのを見た事が、本格的にをメインチャンプにするきっかけとなりました。
(現在そのきっかけの試合のハイライトを探しているのですが、何せ時間が経っているので難航しています。見つけたら貼ります。)

の何が好きか、と言われるとズバリデザインとモーションです。
アートが美しい上にAAモーションやスキルのアニメーションがとても好きです。
特にPROJECT ASHEが好きなのですが、理由は例の試合でDeftが使っていたからです。
それ以前にもプロシーンでの好プレーを目にする機会は多く、PROJECT ASHEが人気スキンということもあり、イメージが強いということもあります。
日本で言うとV3 esports Masyo選手のも好きですし、Day1選手のもなかなか良いです。
上から目線になってしまいますが、プロの使うアッシュというのはとても美しいと思います。
それは何故か、はダメージのほとんどをAAに頼っていますし、ダメージスキルがWしかありません。
また、のような爆発力、のような機動力もありません。
そんな中でダメージを出すには、地道にAAで前線から溶かしていくカイト能力が何よりも大事なのです。
AAでしっかりとダメージを稼ぎつつ、敵のスキルを避け、集団戦を戦っていくプロのプレイは本当に綺麗です。

憧れること、イメージを持つことは確実に自分の成長にも繋がるでしょう。
もし、このガイドを読んだあなたが、をメインチャンプとせずとも、それはそれで良いのです。
大事なのは「こうなりたい」というイメージと意思です。

是非、あなたのソウルチャンプが見つかりますように!
更新予定
・マッチアップ

執筆者
S8シルバー S9現在ゴールドのADCメインです。
とりあえずアイロンブロンズシルバーを抜けたい方のためのガイドを書きます。


コメント - 7件
1.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:d2021629
2019-05-31 18:20:16
サポートはどういったチャンピオンがオススメですか?duoの時に相性のいいチャンピオンを教えて欲しいです><(現在s2)
2.
深層水 登録済みユーザ
2019-05-31 18:49:43
>> 1
ブラウムと組んでルーンで疾駆を持てば、ブラウムのQからアッシュのMSも上がるので、ブラウムのパッシブ発動が非常にスムーズに行えます。
また、レベル6の強力なCCを生かしてヴェルコズやザイラ、ブランドなどとキルを狙っていくのも強力です。

アッシュは防御面に大きな弱点を抱えているので、味方を守るのが強いブラウムが味方に居ると心強くはありますね。
3.
深層水 登録済みユーザ
2019-06-01 18:11:50
相性の良いサポートについて補足ですが、アッシュは自分自身がサポート的な要素を持つため、基本的にどんなサポートとでも上手くやっていくことができます。
ただし、やはり防御に難があるのでピール力のあるサポートがいると安心ですね。
4.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:945545f3
2019-06-02 00:28:12
疾駆は自分の行動阻害じゃないと駄目だったと思われる
5.
深層水 登録済みユーザ
2019-06-02 18:12:24
>> 4
すみません、確認してみたところ確かにそうでした。
ブラウムのQが入るとアッシュのAAも必ずと言っていいほど入るので、相性は変わらず良いですね。
指摘ありがとうございます。
6.
名無しサモナー 匿名ユーザ ID:b6b1c97c
2019-07-10 13:48:40
結構うまいからすぐダイヤいけそう
7.
深層水 登録済みユーザ
2019-07-10 16:28:01
>> 6
とても嬉しいです。ありがとうございます。
メンタル面とレーニングが弱点だと思うので、頑張ります。

ビルドガイドの感想をお気軽に投稿ください!